料理が好きなので、最近my包丁が欲しいなぁと思っています。
包丁メーカー?やブランドには全く詳しくないのですが、
おすすめの包丁などあったら教えて下さい。
普段の料理(和洋中)使い用です。できれば名入れもしたいです。
一生ものとして使っていきたいなと思っています。

宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ご家庭で汎用に使われるなら、鋼材は錆びにくいステンレス系で、両刃洋包丁の牛刀や三徳包丁がいいですねー(^^



正本や有次や杉本は鍛冶屋さんが手打ちした和包丁は良い物を売っていますが、ステンレス系の洋包丁にも強いとはいえません。無いわけじゃないけど、割高感があります。
私は正本の牛刀を持っていて、切れ味もバランスも良く確りした頑丈な包丁ですけど、錆びやすいハガネを割り込んだ物です。手入れがめんどくさいからそんなに活躍機会は多くないです。

木屋は洋包丁も多いです。やっぱりちょっと割高感がありますが。
ステンレス製の18センチほどの牛刀を持っていますが、使用機会はいちばん多いです。
これは買った物じゃなくて、木屋だから特別良いとは思ってるわけじゃありませんが、スーパーや量販店で売ってる3000円ぐらいの包丁より造りはキレイです。


もし私が包丁を持ってなくて、一本買うんだったら。

堺石籐V金1号牛刀210ピット仕上げ
http://item.rakuten.co.jp/ehamono/c/0000000509

グレステンの家庭サイズ牛刀もこれぐらい値段だったらお買い得だと思います。
http://www.glestain-net.jp/catalog/default.php?c …

もうちょっと安いのだったら、藤次郎のサーモン型210mm
http://oishii-chubou.shop-pro.jp/?pid=19961433


予算がたっぷりあって、いばりの効く高級ブランドが良ければ、子の日のNENOXシリーズなんていうのもあります。
値段表示していませんが、3~5万円ぐらい。
http://nenohi.co.jp/you.html#sd_area


牛刀と三徳の違いについてはこちらを参考にしてみてください。
http://hamonotogiya.blog75.fc2.com/blog-entry-11 …

この回答への補足

回答ありがとうございます。
選択肢も多く、参考になりました^^。

もしご存知でしたら意見を頂きたく。。^^
最近「ツヴィリングJ.A.ヘンケルス」の三徳包丁も
気になっているのですが、、どう思いますか??
私は包丁を研いだりはあまりしないと思うので^^;
ステンレス系もいいのかもしれないと最近思ってます。

補足日時:2011/03/21 19:28
    • good
    • 13

予算やどれくらいの切れ味を求めるのかにもよりますが、どんなに高級な包丁であっても、使えば切れ味は落ちていきますから、いい包丁を購入するのであれば、自分で研ぐことを覚えるか、定期的に研ぎに出すか、研ぐこともセットで考えた方がいいです。



家庭用であれば、ステンレス(V金10など)やセミステンレス(パウダーハイスなど)の素材を使ったものがいいと思います。ステンレスというのは錆びづらいの意味ですから、その種類は数多く、素材の善し悪しもピンキリですから「V金10」など、材料名が明記してあるものがいいですよ。「メスと同じ素材」などの謳い文句は眉唾だと思って下さい。医療用のメスは使い捨てです。

種類は三徳か牛刀のいずれか、好みで選べれればいいと思います。

名入れをしてくれる店を載せておきます。但し、包丁の材質によっては不可の場合もあります。

http://www.ippintei.com/page031.html

http://hamono.ocnk.net/
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「研ぐ」ことも念頭に置かないといけないようですね。
勉強になりました。URL参考にさせていただきます。

お礼日時:2011/03/21 19:05

杉本や有次、正本は私のような素人でも知っている有名な包丁ブランドですね。


名入れはしていただけるのか、ちょっとわかりません。

私は欲しいけれど手入れがめんどくさいので、
関孫六のステンレスと鋼がサンドイッチになっている牛刀を使ってます。
和洋中で普段使いでしたら、三徳か牛刀を選ぶと無難だと思いますよ。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私もこまめに手入れするほうではないと思うので^^;
ステンレス系や、ステンレスと鋼、などの
タイプがいいかもしれません。検討してみますね^^。

お礼日時:2011/03/21 19:22

昔、勤めていた会社(建設資材商社)がなぜか、包丁を扱っておりました。


木屋の包丁という、凄い高級なものだった記憶があります。
ホームページもあると思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「木屋」というブランドも有名みたいですね。
ちなみに読み方は「もくや?」でしょうか^^;?

お礼日時:2011/03/21 19:22

こんばんは



有次さんの包丁は
重さもあり使いやすいですよ
http://www.kyoto-nishiki.or.jp/omise/zakka/tenpo …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
URL参考にさせて頂きます^^。

お礼日時:2011/03/21 19:23

きっと他にも回答が付くでしょうが、個人的オススメは「京セラ」のセラミック包丁。


http://www.kyocera.co.jp/prdct/fc_consumer/kitch …

10年以上使った今でも柔らかいパンがスッと切れます。
鋼と違って錆びることもありません。手入れが非常に楽で衛生的です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
鋼だとお手入れが大変そうで、、。
「手入れが楽で衛生的」な点に惹かれました。

お礼日時:2011/03/21 19:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現在、良く切れる包丁は何製でしょうか?

現在、良く切れる包丁は何製でしょうか?
ダマスカス包丁って本当に切れるのでしょうか?

使用用途は、数キロの魚を裁く用に使います。

一番、切れる包丁を教えてください。
今度、プレゼントに使用します。

大切な方にプレゼントするため、予算はかまいませんが、
「良く切れる」を重視で教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まだ質問が開いているので、切れ味について補足します。
刃物の善し悪しに関与する直接の要素は、切れ味とその切れ味が保てる事で、包丁の形、使う鋼材、焼きれなどの熱処理、そして研ぎがこれに関与します。

●切れ味
刃物の仕組みはくさびです。どの様な材料であれ、そのくさび性能によって切れ味が決まります。刃が鋭利(良く研がれている事)である事が前提ですが、簡単に言えばくさびが鋭角なほど刃物は鋭利です。
最も鋭利な刃物はカミソリでしょう。ですが余りに鋭利過ぎると簡単に刃こぼれしたり鈍ったりで、刃の方が負けます。ですから用途に応じて適切な角度が選ばれます。

調理包丁の中で最も鋭利な刃付けは、刺身を切る柳刃包丁です。それでも鋭利さが足りないので、引き切る事によって実質的に刃を鋭利に扱います。垂直断面より斜め断面の方が角度が鋭利になると言う意味です。

逆に出刃は頑丈さを優先するので、厚手に作り、くさびの角度も大きく作られています。

以前テレビで調理に日本刀を使っている場面が放映されていました。
「さすがに日本刀は良く切れるんですね。」
アナウンサーはその様に言ってましたが、私はバカな事を言うと思ってました。あれは単なるこけおどしでしかないでしょう。日本刀はそんなに切れません。
実践に使った刀の刃は、ボロボロになったそうです。戦国時代の刀は実践に耐える様に切れ味より頑丈さが優先され、兜も叩き割れる程だったそうです。

●切れ味の持続性
最初いくら鋭利でも軟らかい金属では簡単に刃先が鈍ります。ですから焼きを入れて硬くなる炭素鋼か合金鋼が使われます。しかし硬さと強靱さは反する関係なので、焼戻しでそれが調節されます。これが鍛治師の腕の見せ所です。

そして材料を切る事による摩耗などで、また刃先の錆びによって刃は次第に鈍らになって行きます。その切れ味を戻すのが研ぎです。切れ易さと共に研ぎやすさ(砥石馴染みとも言います)が重要です。余りに硬過ぎる材料では研ぎが掛けられません。

まだ質問が開いているので、切れ味について補足します。
刃物の善し悪しに関与する直接の要素は、切れ味とその切れ味が保てる事で、包丁の形、使う鋼材、焼きれなどの熱処理、そして研ぎがこれに関与します。

●切れ味
刃物の仕組みはくさびです。どの様な材料であれ、そのくさび性能によって切れ味が決まります。刃が鋭利(良く研がれている事)である事が前提ですが、簡単に言えばくさびが鋭角なほど刃物は鋭利です。
最も鋭利な刃物はカミソリでしょう。ですが余りに鋭利過ぎると簡単に刃こぼれしたり鈍った...続きを読む

Q一生ものの包丁にふさわしいものは?

一生ものの包丁にふさわしいものは?

よろしくお願いします。
うまくはないですが、料理をしております。
実家からもらってきた包丁も欠けたりしてきまして、この際
新しい、良い包丁を買おうかと思っております。

せっかくですので一生(は無理にしてもかなり長期間)使えるような包丁を買おうかと思いつきました。

セラミックだとか、タングステン鋼だとか、一体型、ヘンケル、関孫六とか色々あるのを見ましたが、
どういう(メーカー名も含めて)包丁が最高・最強の包丁なのかわからなくなってきました。

皆様の知識を教えて頂けませんか?
どういう製品、メーカーの包丁が一生物にふさわしい、トップランクの包丁なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

回答に際して、以下の点を確認させて下さい。
・質問者さんは男性ですか、女性ですか? (包丁のサイズが変わります)
・欲しい包丁はどの種類ですか (包丁と言っても様々なものがあります)
・砥石はきちんと当てられますか? (必須の技術です)
ここでは男性が様々な料理に使う包丁を考えておられる前提で回答します。

●包丁の種類
洋包丁なら牛刀です。男性用には24cmの牛刀がお進めです。女性の多くは大き過ぎて怖いと言われますが、この大きさでないと使いにくいです。レストランのシェフや肉屋さんが使っているのもこのサイズです。
牛刀と同じ形で小型のペティナイフは、果物を切ったり皮を剥くなどの細工用に便利です。
それ以外の洋包丁は扶養です。

和包丁は刺身を切るなら、柳刃包丁が欲しいと思います。素人でも1尺以上のサイズでないと刺身は切れません。でも極めて高価です。短いものを買う位なら、牛刀で間に合わせた方が便利です。

●メーカー
牛刀は輸入物としてはヘンケル、ドライザックなど様々なものがあります。形は日本のものより立派です。持っていると気分がよいのですが、切れ味は日本の方が勝ります。お進めは杉本でしょうね。
和包丁は杉本も含めて、有名法超メーカー(実は販売店)のものは高価です。合羽橋で長なくても構わないから、堺の鍜冶師が打った無名の包丁を選ぶのがベストです。

●材質
重要です。素人はステンレス系を選んで下さい。炭素鋼は錆びてしまいます。上記の牛刀ならCM鋼(クロム・モリブデン鋼)が錆びずに良く切れてお勧めです。
わ包丁もプロは白紙1号と言いますが、素人遺髪変えません。銀紙3号、V金8号、シャガール鋼の錆びにくい鋼材を選ぶのがベストです。

●砥石
砥石は包丁の友です。砥石なしに包丁は使えません。セラミックス製の砥石をお勧めします。なおプロが使う包丁も、案外と堅くはないのです。なぜなら堅過ぎると砥石の乗りが悪いからです。

回答に際して、以下の点を確認させて下さい。
・質問者さんは男性ですか、女性ですか? (包丁のサイズが変わります)
・欲しい包丁はどの種類ですか (包丁と言っても様々なものがあります)
・砥石はきちんと当てられますか? (必須の技術です)
ここでは男性が様々な料理に使う包丁を考えておられる前提で回答します。

●包丁の種類
洋包丁なら牛刀です。男性用には24cmの牛刀がお進めです。女性の多くは大き過ぎて怖いと言われますが、この大きさでないと使いにくいです。レストランのシェフや肉屋さんが使っ...続きを読む

Qミソノかグレステンか、杉本か!?

こんにちは。
27cmステンレス筋引きを購入予定で、どこのメーカーにしようか悩んでいます。
今のところ候補として有力なのが、ミソノ、グレステン、杉本です。
知識や使用経験のある方、ぜひアドバイスをお願いします!

今後プロとなることを目指して、洋食の世界に入りました。
そこでまずは包丁を揃えようと思い、筋引きとペティの購入を考えています。
たくさんの包丁を使い分けるのではなく、極力多くの仕事を筋引き一本でこなせるようなスタイルを目指しています。

人気が高くて安いミソノ440か、硬くて窪みに特徴のあるグレステンか、和食や中華では人気の老舗杉本か、本当に悩みます。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわー(^^

個人的な好き嫌いだけど、その三択で私だったらグレステンかなー。
ただ、グレステンは別に硬くないですよ。ゴリゴリ砥いで整形したことがあるけどふつーでした。ミソノのUX10だってそんなに硬くないはずです。
割込みじゃない洋包丁はそんなに硬くできません。全体が同じ硬さなのでロックウェル硬度でHRC60以上なんて硬さにすると割れちゃうリスクがあります。

杉本は手打ちの物ならほしいけど、ステンレスだとCM(たぶんクロモリ)になって、これは、ホームページの説明から推測するに利器材を型抜きして焼入れして刃付けした量産品だと思われます。グレステンとかミソノとおんなじ。それだったら杉本にする意味があんまり無いかなーという気がします。
ハガネを推奨するわけではありません。本職だったらステンレス系という選択は正解だと思います。

ミソノも良いメーカーです。コストパフォーマンスならミソノの方が優れていると思います。440シリーズでも全く問題なく良い仕事をしてくれるでしょう。

研ぎやすさは、どれでも大きな違いは無いと思います。
27センチはちょっと長いから刃線を歪ませないように注意して砥いでください。

こんにちわー(^^

個人的な好き嫌いだけど、その三択で私だったらグレステンかなー。
ただ、グレステンは別に硬くないですよ。ゴリゴリ砥いで整形したことがあるけどふつーでした。ミソノのUX10だってそんなに硬くないはずです。
割込みじゃない洋包丁はそんなに硬くできません。全体が同じ硬さなのでロックウェル硬度でHRC60以上なんて硬さにすると割れちゃうリスクがあります。

杉本は手打ちの物ならほしいけど、ステンレスだとCM(たぶんクロモリ)になって、これは、ホームページの説明から推測するに利器...続きを読む

Qオススメの和包丁ブランド教えて下さい!

とてもお世話になった友人の結婚祝いに、包丁を贈る事になりました。

「新婚さんに刃物はNG」という説もありますが、ご本人からのリクエストということもあり、~1万円くらいで質の良い和包丁を探しています。

私はグローバルの包丁を3本持っているのですが、使い勝手が良いのでぺティーナイフばかり使っています。(研いでもすぐ切れなくなってしまうので和包丁に移り気してますが…)

…なので、自身の経験と価格的な理由から、小出刃か鰺切包丁を贈ろうかと考えています。お勧めのブランドや手にっとって選べる都内の刃物店を教えていただきたいです。

ちなみに、和包丁のメンテナンスが大変であることは相手方に了承済みです。(むしろ「手間を楽しみたい」というタイプの方です)

予算に余裕があれば砥石もセットで贈ろうかとも考えていますので、加えてアドバイスいただけるとうれしいです。

包丁についてはまったくの素人で、今回自分なりに調べてみて奥の深さに驚きました!ミーハーな質問でお恥ずかしいのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 築地の有次(ありつぐ)
http://www.aritsugu.jp/index.htm
 日本橋の木屋
http://www.kiya-hamono.co.jp/

などいかがでしょうか。和包丁では有名ブランドです。
砥石についても的確なアドバイスが受けられると思います。

Q包丁購入相談、量販されている青紙スーパーって買いですか?

お世話になっています

自宅で使用する三徳包丁を新しく購入使用と思っているのですが、
鋼の材質で最上級レベルの「青紙スーパー」ってありますよね。
「青紙スーパー」で包丁の値段を調べていたら、安いもので5000円位~12000円位
だったのですが、個々の鍛冶屋のページをみてみると、
ほとんど同じような作りになっています。
ここで疑問なのですが、
「青紙スーパー」包丁を安く売っている鍛冶屋等は、青紙スーパー割込の包丁の形した元となる鉄板を
金属会社(日立金属?)から購入して、電動ヤスリと砥石で
磨いて、柄をつけているだけなのでしょうか?
手作りとうたっているけど、ほとんど手作りじゃないのですかね?
ただの大量生産された包丁なのでしょうか?

よく似た青紙スーパー包丁例↓
http://www.ehamono.com/houtyou/kitchen/ao_sup.html
http://www.toyokuni.net/hou3suten/index.htm
http://www.hamono-net.com/catalog/products/p-19.html

「青紙スーパー」じゃなくても手作りと思われるものは、
もっと高い感じがするのですが・・・
白紙でももっと高いものもあるし、そもそも青紙の原価って白紙の3倍くらいあるのですよね?

包丁を買うなら、鋼にこだわらず鍛冶屋がちゃんと手打ちしたものがほしいのですが、できれば安く購入したいです。
でも、大量生産のホームセンターで売っているようなのは掴みたくないです
お勧めの鍛冶屋も教えていただきたいです

ちなみに現在の購入候補は
http://saitouhamono.com/Santoku.html
の「唐津厚広 青鋼割込鍔付 刃渡165ミリ」5900円です
この包丁ってどうでしょうか?

最後に包丁は自分で砥石で研ぐ予定です
ステンレスは研ぎにくいので購入候補から外しています

お世話になっています

自宅で使用する三徳包丁を新しく購入使用と思っているのですが、
鋼の材質で最上級レベルの「青紙スーパー」ってありますよね。
「青紙スーパー」で包丁の値段を調べていたら、安いもので5000円位~12000円位
だったのですが、個々の鍛冶屋のページをみてみると、
ほとんど同じような作りになっています。
ここで疑問なのですが、
「青紙スーパー」包丁を安く売っている鍛冶屋等は、青紙スーパー割込の包丁の形した元となる鉄板を
金属会社(日立金属?)から購入して、電動ヤスリ...続きを読む

Aベストアンサー

>>★厚い材料を鍛造して本体身の部分だけ薄くする方法がとられます。
>>とても軽くて、かつ薄いため良く切れます。
>は「利機材を鍛造」のことですよね?
 そうです。鍛造用の素材は厚さが5~8mm程度あります。
 なぜそうなのかというと、基本的に和庖丁タイプの柄をつけるため、それだけの厚みが必要なのです。

>>★必要な強度をもつ材料を切り抜いて(プレスカット)作りますから、
>>柄の部分と本体部分の厚さが同じです。
>は「鍛造用鋼材を鍛造」のことですよね?
 いいえ、洋タイプの柄をつけるためには、厚みが一定でないとまずいのです。したがって少なくとも柄の部分は鍛造できないです。
 (不可能ではなく、実際には鍛造された洋庖丁もありますが、工程が複雑になり、わざわざしないということ)
 すくなくともこの部分は鍛造されていない。洋庖丁タイプの柄をつけるためには、あの幅では薄くないと重くなりすぎます。

 分かりにくいので、ちょっと説明を変えます。
 洋タイプの柄をつけるためには、ある程度の幅が必要です。その幅で鍛造用の素材を均一に打ち伸ばすことは難しい。逆に言うと、柄の首部分の強度を出すために厚みがないため幅が広いから洋タイプの柄をつけるしかないということです。

>たぶん、その庖丁を手に取られたら驚かれると思いますが、重たいです。鍛造の庖丁の倍の重量はある。
とありますが、「その包丁」とは「「唐津厚広 青鋼割込鍔付 刃渡165ミリ」5900円」(※1)のことでしょうか?
 はい、つば付きということは、洋タイプの柄ですから、鍛造ではない。軽く打ち伸ばしてはありますが、鍛造用のものを打ち伸ばしたのとは身の部分の厚みが異なります。
_____________
                    \
___      身(この部分)   \
    |                   \
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
>ここは、鍛冶屋じゃないってことなのでしょうか?
 申し訳ありませんが、これはお答えできません。

>切断と刃付けは専門業者が行いますが・・・
の専門業者とは、質問欄で挙げた刃物屋等に当るのでしょうか?
 違います。鍛造(鍛冶仕事)は小さな工場でも、機械式か手のハンマーがあればできますが、鋼材のプレス機は、とっても高価ですから、もう工場です。それを専門にする業者が何軒かありますが、それでもプレス形自体が高価なため、早々自由に形が作れるわけではありません。どうしても、特定の業者に集中せざるを得ません。手作業で切ることはできますが、コストが・・・・。一日数本しかできないようでは、とてもじゃないけど、ん千円で売れるようなものは作れないです。

>>日本で、利機材を使って庖丁を作れるのは・・・
>とありますが、「作れる」と言うのは鍛造できるということですか?
 プレス加工で作れるところ。安価に大量に作れるところという意味です。
 純然たる、利機材以外での本来の鍛造なら炉と金敷きとハンマーがあればできる

>例えば上記の「鍛冶屋トヨクニ(※2)」(土佐)に青紙スーパー(利機材ですよね?)の包丁がありますが、この包丁の流通(製作)の流れは下記のようになるのでしょうか?
> 日立金属が利機材を作り→関市が利機材から包丁の形にカット、焼入れ?、刃付け→日立金属で焼きいれ?→(※2)で銘入れ&販売?

 想像ですが、日立金属が利機材を作り
  →関市が利機材から包丁の形にカット、研削してあらかたの形
   →日立金属ないし、そこで焼入れ?
    →刃付け
      →柄付け、銘入れ、箱・・・発売元の依頼で色々な銘を入れる。
       →販売?

利機材=複合材(鉄鋼鉄)(ステン鋼ステン)など。利器工具を作るために板材まで整形されたもの
鍛造用利機材=上記と同じだが鍛造に耐えられる組織と、厚さを持つ
鍛造=鋼材をハンマーで打って伸ばして作る昔ながらの作り方と
     ある程度の厚さまで整形された材料を好みの厚さまで打ち伸ばす。
 古来、鋼は鍛冶屋は仕入れていたので、それが単なる鉄のブロックから、板材に変わっただけ

鍛造材と利機材からプレスカットはできる。
  鍛造された後は厚みが一定でないのと、小さいのでちょっと難しい。
鍛造材から鍛造できる鍛冶屋はいっぱい居る?・・・そうもいないでしょう。
利機材からプレスカットは関市と武生ぐらい。設備がいる。
  今のように一日の日当くらいで庖丁が買えるのは大量生産のおかげ
巌流一刀斎=鍛造用利機材を鍛造?だと思う。

 たとえば、和庖丁は、堺ですべて作られるものは、よほどの高級品を除いて、今では少なく、あらかたは高知周辺で作られて堺で刃付けから製品まで完成される。また、堺には、関のような設備を持つ企業は存在しないため、家庭用のあの形の庖丁はできない。
 このように、日本中をまたがった分業が行われているのが実情です。

・・・私は、西日本の事情しか知らないので、関東以北については、また別の産地も多いので詳しくは知りません・・・
 

>>★厚い材料を鍛造して本体身の部分だけ薄くする方法がとられます。
>>とても軽くて、かつ薄いため良く切れます。
>は「利機材を鍛造」のことですよね?
 そうです。鍛造用の素材は厚さが5~8mm程度あります。
 なぜそうなのかというと、基本的に和庖丁タイプの柄をつけるため、それだけの厚みが必要なのです。

>>★必要な強度をもつ材料を切り抜いて(プレスカット)作りますから、
>>柄の部分と本体部分の厚さが同じです。
>は「鍛造用鋼材を鍛造」のことですよね?
 いいえ、洋タイプの柄...続きを読む

Qステンレス包丁と鋼の包丁はどう違うのでしょうか

20代の男です。一人暮らしに先立ち、食器をそろえています。
どうせならいい包丁が欲しいのですが、ステンレスのものと鋼のものではどう使い分けるのか知りません。
私が知っているのは「家庭ではステンレスで職人さんや料理屋では鋼」程度のことです。

ステンレスの包丁と鋼の包丁ではどう違うのでしょうか? 鋼は素人には必要ないのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして、包丁と研ぐことが好きな者です

錆びにくくするためのクロムを一定量以上含有しているものを
ステンレスと呼びます。錆びにくいというメリットがある一方で
鋼よりも切れ味が劣ると言われています
ただ、ステンレスと言っても、その種類は多くプロの使用に
耐えるものから、包丁の形をしているだけのものまであります
から、プロでもステンレスの愛用者は多いですよ。
一方、家庭でも鋼の包丁を使っている人も沢山いますよ

ステンレスは、切れ味には劣るが手入れが楽。鋼は、切れ味に
優れるが手入れを怠ると錆びるというのが一般的な考え方です
但し、どちらも研がなければ切れ味は落ちるのは同じですね
鋼は研ぎやすく、ステンレスやセミステンレス(ハイス鋼等)
包丁は、種類によって研ぎづらいものもありますので、その
ような場合は研磨力に優れるセラミック製の砥石をお試し下さい
お勧めは、シャプトンです

これから買うのであれば三徳もしくは牛刀を一つとペティナイフ
を一つ、違った素材(ステン、ハイス、青紙など)からを選んで
みては、どうでしょうか?
私もお勧めのサイトを載せておきます
http://item.rakuten.co.jp/honmamon-r/c/0000000269/

はじめまして、包丁と研ぐことが好きな者です

錆びにくくするためのクロムを一定量以上含有しているものを
ステンレスと呼びます。錆びにくいというメリットがある一方で
鋼よりも切れ味が劣ると言われています
ただ、ステンレスと言っても、その種類は多くプロの使用に
耐えるものから、包丁の形をしているだけのものまであります
から、プロでもステンレスの愛用者は多いですよ。
一方、家庭でも鋼の包丁を使っている人も沢山いますよ

ステンレスは、切れ味には劣るが手入れが楽。鋼は、切れ味に
...続きを読む

Qダマスカスの包丁のメリットはなに?

 よく、ダマスカスの包丁・・という宣伝文句を見ます。
 でも、大切なのは刃先であって、ダマスカス、などというのは
 飾りじゃないの?実用的にはなんの意味もない気がします。

 結構な一流品がダマスカス、として売られていますが
 ダマスカスのメリットがどこにあるのか教えて下さい。

 もし、なんの意味もないのにデザインのためにダマスカスに
 して値段の差別化をしているんだったら、メーカーとして
 どうなのかな??と思ってしまいます。

Aベストアンサー

 ダマスカス鋼(もどき)・・・本物のダマスカス鋼の製法は現存していませんので神話の世界ですが、現在販売されているダマスカス鋼はその表面の模様を模倣したものに過ぎません。
>ニッケルダマスカス鋼シリーズでは、ニッケルの配合の違う2種類のステンレス鋼を幾重にも鍛造して現れる優美な波紋が特徴で、この鍛造工程により心材の超硬質合金鋼の緻密さと均一性を向上させ、一層の切れ味の良さに貢献します。
 を正確に読んでみましょう。
ニッケルダマスカス鋼シリーズでは、
(理)ニッケルの配合の違う2種類のステンレス鋼を幾重にも鍛造して
  (果) 現れる優美な波紋が特徴
  (果)この鍛造工程により心材の超硬質合金鋼の緻密さと均一性を向上させ、
     (果)一層の切れ味の良さに貢献します。
ですね。

>藤寅工業
 これが、ちゃんとしたメーカーか否かは判断しかねますが(^^)

 刃物という難しい世界は、神話が混入しやすいということ。サプリメントや健康食品、水など・・・。DHCがちゃんとしたメーカーかと言われると????と同じです。

Q包丁に寿命はありますか

11年前に買った左利き用の包丁が砥いでも徐々に切れなくなってきました。

安価な砥石ではダメなのかと思ってまた別のをハンズで買って来てから砥いだんですが、
トマトなどになると以前のように綺麗に切れません。
使う前に毎回砥いでるんですが、とにかく切れ味が鈍く、たまねぎの薄スライスなどもできなくなってきました。

これはもう別の砥石を買ってもダメなもんでしょうか。

※砥ぎ方はネットでいくつも見てやったので砥ぎ方の回答はもういいです。

この包丁はもう寿命なんでしょうか。

Aベストアンサー

ステンレスですか?
砥いでも切れなくなるということはないと思いますから、砥ぎ方か砥石でしょう。
砥ぎ方の回答は求めていないということなので、砥石の「シャプトンの#1000(オレンジ)」あたりをお勧めします。

ご存知のようにステンレスはすぐに切れ味が落ちますから、頻繁に砥ぐ手間を考えたら和包丁を買った方がいいと思います。
切れ味もいいし砥ぐ頻度も少なくなると思います。

Q本割込包丁とグローバルステンレス包丁どちらが切れ味がいいでしょうか?

もともと、本割り込みの三徳包丁(貝印、2000円)を持っていたのですが、こちらのサイトをみていたら、グローバルの包丁(ペティナイフ、ステンレス、5000円)が欲しくなり、購入してみました。

結果、そんなにびっくりするほど、切れ味がよいというわけではなく、本割り込みの三徳包丁と同じくらいの切れ味だったのですが、そんなものなのでしょうか?
しかも、グローバルのほうは、柄と歯の付け根の部分が細くて、そのあたりを握るようにもって使うと、手が痛いです。
ただ、グローバルのほうは、ちょっと引くようにして切ると、切れ味がいいのを感じましたが、押して人参などをザクザクきるときは、切れ味はふつうで、結構、力がいりました。

グローバルは結構お高かったので(^^ゞ、どんなところで違いを感じれるのか、皆様のご意見が聞きたいです。
グローバルのほうが、耐久性がいいのでしょうか?あまりとがなくてもいいのでしょうか。
両方を使用された経験のあるかた、使用感などを教えてください。

Aベストアンサー

割り込みの包丁は中心部が鋼、それを両側からステンレスなどで挟み込んでいる物が殆どです。
切る部分が鋼なので切れ味はステンレスより良いはずです。

切れ味を追求するなら鋼の包丁をお薦めします。
ただし鋼はステンレスに比べて錆易い・軟らかいので刃が鈍りやすいという特徴があります。
お手入れが楽で、研ぐ回数を少なくしたい方にはステンレス製がお薦めですね。

また、ステンレス製の包丁はメーカー出荷時には研ぎが若干甘くなってる場合があります。
輸送時の破損回避など理由はメーカー毎に違うようですが・・・
もし気になるようであれば、一度メーカーに研ぎに出してみては如何でしょうか。
GLOBALなら1本1000円程度でエクストラシャープにしてくれると記憶してます。

普段のお手入れ方法としてですが・・・
(1)トマトを薄切りする時に滑るようになったら簡易シャープナーで数回研ぐ
(2)年に1~2回メーカーに研ぎに出す
これで切れ味をある程度キープしながら長く使えるかと思います。

Q包丁 価格帯いくらぐらいのがいい?

長年使っています、包丁の切れ味がいまいちです。
たぶん素材はオールステンだと思うのですが。
切れ味が悪いのは包丁とぎのほうなのかな?
包丁とぎは100金ショップで買ったもので、包丁は
倉庫市みたいなところで 特価700円ぐらいだったと思います。
柄のところもステンレスなので 見た目には安くはみえなかった
のですが。

主婦のみなさん、包丁はおいくらぐらいのを使っていますか?

おすすめの包丁はありますか?素材は?
(ステンレスや白いやつなどいろいろありそう。)

おすすめの包丁の価格帯は?

イケアの包丁は いかがですか?

包丁とぎは 100金のでいいでしょうか?

できれば安くていいやつがほしいです。

以上です。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

時々は台所に立つ既婚男性です。

夫が刃物フェチ気味なので、妻に内緒で隠している包丁を含めると、われながら呆れることに、20丁前後の在庫を抱えております。
値段も、780円から2万円ほどまでいろいろあります。

が、妻が日々愛用しているのは、980円のSK材というハガネ材をステンレスで挟み込んだ安物の包丁です。
このハガネ材割り込み包丁、刃先が錆びやすいことを除けば、切れ味、刃持ちのいずれをとっても、5000円以上のステン包丁をはるかに上回ります。
もちろん、愚夫が定期的にスネ毛が剃れる程度には研いでいますので、トマトの皮も難なく剥けます。

ところで、ステンレス包丁の利点と言えば、錆びにくいこと以外にはほとんどありませんから、その切れ味を保つには、とにかく錆びやすいハガネ包丁以上に頻繁に研いでやるしかないのです。
でないと、ちゃんと刻んだつもりのネギが長く繋がっていたということになりかねません。

で、どうしてもステンレス包丁をご希望なら、かなり高くはなりますが、No.2さんもお書きになっているように、「柄までオールステンレスの一体型」であるかどうかが、良質な鋼材を使っているかどうかの一つの目安となります。
ただ、「一体型」までいかなくても、刃の付け根の部分(口金)が柄をカバーするようになっている包丁も、まず信用して構いません。
こちらだと「一体型」よりはお安く、5000円未満で買えます。

とにかく、ステンレス包丁で優れた切れ味、刃持ちを出すには、マニア向けのカスタムナイフ用鋼材を使わざるをえなくなり、そうなると最低でも一万円以上になってしまうのだとご理解ください。

ということで、私としては、できれば千円台から買えるハガネ材割り込みの包丁を選び、余裕が出た分で砥石を購入なさるようにお勧めいたしたいところです。

なお、トマトの皮をストレスなく剥けるような切れ味を求めるなら、ステン包丁・ハガネ材包丁のいずれにせよ、やはり中砥(♯800)と仕上砥(♯2000以上)の二つの砥石が欲しいところです。
が、そこまで望まないなら、中砥で研ぐだけでも、野菜やお肉を切る分には、切れ味に関しては全く不満を感じないはずです。

時々は台所に立つ既婚男性です。

夫が刃物フェチ気味なので、妻に内緒で隠している包丁を含めると、われながら呆れることに、20丁前後の在庫を抱えております。
値段も、780円から2万円ほどまでいろいろあります。

が、妻が日々愛用しているのは、980円のSK材というハガネ材をステンレスで挟み込んだ安物の包丁です。
このハガネ材割り込み包丁、刃先が錆びやすいことを除けば、切れ味、刃持ちのいずれをとっても、5000円以上のステン包丁をはるかに上回ります。
もちろん、愚夫が定期的にスネ毛が剃れ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報