毎月1万円を住宅ローンの返済に回すか、外貨預金の積立に回すか考えているのですが、
住宅ローンに回した場合の利回り(仮想)の計算がわかりません。
下記の条件で返済した場合、積立預金と比べてどちらがお得か教えていただけないでしょうか。

●住宅ローンの条件
 借入額 1800万円 35年返済 金利2%(全期間固定)に設定
 通常の返済額にプラスして1万円を毎月繰り上げ返済。手数料などは0とします。

●比べる積立預金の条件
 積立額毎月1万円 金利2%(実質金利) 為替変動は考えません。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

変動要因を一切無視すれば、どちらの場合も損得ナシです。



ただ、変動要因を無視するのは無茶ですので、変動要因をどう捉えるかでしょう。
住宅ローンの返済と積立預金。
前者には金利変動のリスクはありませんが、後者にはあります。
現在2%の金利は上がるリスクも下がるリスクもあります。
ただ、上がった場合にはそちらの商品に振り替えればいいだけですし、下がった場合は住宅ローンの繰上返済に帰ればいいだけですので、実質損失はありませんね。

また、後者には為替リスクも存在します。
こればかりはあなたがどう考えるか次第ですね。

前者のリスクというと、返済した金額は返ってこないというものです。
仮に今後、世の中の金利全般が上昇した場合、積立預金にしてあればいくらでもさらに利回りの高い商品に返ることはできますが、住宅ローンの繰上返済をしてしまえば、そのお金を使って運用することはできなくなります。

といったところで為替リスクをどう考えるかですが、基本的には住宅ローンの繰上返済よりも積立預金が良いように思います。
ついでに言えば、35年固定の2%という住宅ローンは、これ以上はないというくらいの好条件です。
少しでも返済は遅くして運用に回すべきだと思いますし、今なら住宅ローン控除もあるはずですから残高を減らすことが損になる可能性もあるのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
大変参考になりました。 

 住宅ローンの契約が先日あり、とりあえず変動にて返済をはじめる
事にしました。(固定2%は仮定でしたので)

>残高を減らすことが損になる可能性もあるのでは?

なんとなく気にかかっていたのがまさにこれでした。
金利が低い間はローリスクの運用で廻し、金利の上昇が
明らかになった時点で繰り上げ返済に廻すのがいいと思っています。

運用することで素直に繰り上げ返済した場合に比べて若干のマイナスが出たとしても
手元資金あるという安心感を得られたのであれば納得できそうです。
手元にまったくお金がなくて高い金利で借り入れしたのでは本末転倒ですよね。

お礼日時:2011/04/14 16:10

大雑把に言えば、利息=金額×利率×日数です。


今回の場合には金額も利率も日数も同じですから、計算される利息は一緒です。
住宅ローンに適用した場合には支払う貸付金利息が減額され、積立預金にした場合には新たな預金利息が手に入るとなるのです。
ですから、使途をどちらに回されても一緒です。
しかし、積立が滞ってもペナルティはありませんが、返済が滞るとペナルティが発生しますので、この点だけは考えておく必要があります。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

仮に住宅ローン期間の一番初めに1万円を繰り上げ返済すると
1万円を金利2%で35年間預金したのと同じことになるのでしょうか?

1万円+35年分の金利を今使うか、35年後に使うかの違いということ
でしょうか?

補足日時:2011/04/08 16:13
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q長期国債の利回りについて 利回りの意味

長期(10年)国債利回りについて素人からの質問です。
8月6日利率1.7% 価格101.45円 利回り1.535%
8月7日利率1.7% 価格101.67円 利回り1.520%
とある場合、7日のほうが価格は高いので、6日よりも7日のほうが
買い手が多かったと解釈してよいのでしょうか?
毎日、新聞に国債の利回り等掲載されますが、
国債購入希望者は利回りを見て、利回りの上がり下がりで翌日の購入を考えたりするのでしょうか?
つまり、
利回りが高い=買い手が増える=価格が上がる=利回り下がる=
売り手が増える=価格下がる=利回り上がる=買い手が増える=
価格が上がる=利回り下がる。。。
という流れになっているのでしょうか?

購入希望者が利回りを見て、翌日の国債購入に生かすために算出されるのでしょうか?利回りを掲載する意味というか、、。
先日から同じような質問をしておりますが、やっぱりまだわからなくて、、。
分かりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

まず、質問者様は、「短期金利」と「長期金利」の違いについてご理解いただけているでしょうか?
というのも、見出しのエントリの内容と質問の内容に、幾分か乖離している点が散見されているのが気になります。

>長期国債の利回りについて 利回りの意味


>国債購入希望者は利回りを見て、利回りの上がり下がりで翌日の購入を考えたりするのでしょうか?
つまり、
利回りが高い=買い手が増える=価格が上がる=利回り下がる=
売り手が増える=価格下がる=利回り上がる=買い手が増える=
価格が上がる=利回り下がる。。。
という流れになっているのでしょうか?


タイトルでは長期金利の利回りの意味についてのようなので、ここを幾らか補足しておきます。

少し、この部分を掘り下げて説明させていただきます。
平たく言えば、金利とは需要量と供給量がバランスする水準に落ち着くという、
市場のメカニズムの一環であることにはかわりません。

ここで、金利をレンタル料に例えると、需給関係のほかにも、そこには「時間」という軸が加わります。
現代の社会では、各種金融機関が提供するサービスの対価、債権の共倒れによる保証料などの余地が加わります。
つまり、「金利」とは「元本使用の対価とその存続期間に比例して、利率を一定にしたうえで、支払われる金銭及び、その代替物」ということです。

まず、「短期金利」と「長期金利」について軽く整理しておきます。

■短期金利とは?

・資金を調達してから返済するまでの期間が一年以下のもので、
銀行を例にとると、銀行から借りている期間のことを指します。
代表例として、
オープン市場で取引される無担保コールのオーバーナイト物や、CD3ヶ月ものなどが挙げられます。

短期金利の代表が日本の金融政策の花形でもある、
「無担保コール翌日物金利(無担保コールのオーバーナイト物)」です。
これは金融機関が当日の資金の過不足を調整するために行う、
当日から翌日にかけての資金の貸し借りのことで、
この金利を調整することにより、日銀は金融政策を実行できるようになります。
実は、このオーバナイト物より少し長い金利(二週間前後)も、
オーバーナイト物に強く影響されているのです。

■長期金利とは?

・短期金利と反し、資金を調達してから返済するまでの期間が一年を超えるものが「長期金利」であり、
国債をはじめとした債券利回りや、長期プライムレートなどがその代表例です。

長期金利は短期金利のように限定的に金融政策の影響を受けるものの、
先に述べたように、需要と供給の市場メカニズムによって決められ、
将来の短期金利の推移や、物価の変動によって大きく影響されます。


ここで株式投資に邁進している人間の多くが、そもそもなぜ投資をし、
何を根拠に投資をしているのかを考える必要があります。
答えは単純で、もっとお金がほしいから、そして将来価値を見出して投資しているのです。

質問者様の投稿にも触れられていますが、新聞などで常に長期金利の動向が報じられているが、
これは債券市場の親玉である長期国債の利回りに基づいています。

それは債券を売るという行為が長期資金を調達するということであり(供給と需要の関係)、
債券を購入するという行為が運用するということである(需要と供給の関係)からです。
つまり、債券相場の動きが長期金利の動きをそのまま表すのです。


日本に限らず、通常は長期金利の方が短期金利よりも金利水準が高くなる傾向があるのですが、将来的な予想によっては逆転することが見られます。


さて、結論を述べてしまえば、No.1様が触れているように、
利回りそのものを見て投資判断しているのではなく、
「債券相場により長期金利は決定づけられ、債券相場が値上がりすれば長期金利は低下し、下がれば長期金利は上昇する」ということです。
要するに、「長期金利を考える際に、債券相場と連動する」ということで、
質問者様がここで投稿した質問の内容そのものに誤解があるということです。
細かなことにつきましては下記を参考になさってください。

≪参照≫

http://www.boj.or.jp/type/exp/seisaku/expchokinri.htm(日銀より)


ここでは割愛しますが、他にも、
(1)「固定金利」と「変動金利」、
(2)「名目金利」と「実質金利」
も相反する対象であり、興味がありましたら調べてみるのもいいと思います。

(1)は主に住宅ローンを考慮する際の目安の座標で、
(2)はインフレを考慮する際に目安として活用します。

こんにちは。

まず、質問者様は、「短期金利」と「長期金利」の違いについてご理解いただけているでしょうか?
というのも、見出しのエントリの内容と質問の内容に、幾分か乖離している点が散見されているのが気になります。

>長期国債の利回りについて 利回りの意味


>国債購入希望者は利回りを見て、利回りの上がり下がりで翌日の購入を考えたりするのでしょうか?
つまり、
利回りが高い=買い手が増える=価格が上がる=利回り下がる=
売り手が増える=価格下がる=利回り上がる=買い手が...続きを読む

Q毎月の残高が全て積立定期預金に積み立てられるような預金があったらいいの

毎月の残高が全て積立定期預金に積み立てられるような預金があったらいいのですが、そんな預金を扱っている銀行はないですか?昨年、太陽光発電を設置し、毎月、売電専用口座にしている普通預金の口座に貯まっていくのをじっと見てるだけというのも勿体ない気がしてきましたので、質問させて頂きました。

Aベストアンサー

三菱東京UFJ(旧東京三菱)のスウィングサービス(スーパーパック)に有った気がします。

確か普通口座⇒定期口座への振込みパターンが4つあって、毎月決めた日に
 (1):定額を普通口座⇒定期口座へ振り込み
 (2):2段階型。普通預金の残高が○○円以上残高があれば、××円振込む。△△円以上残高があれば、□□円振込む。
 (3):予め金額を決めて、それ以上の分を振り込む。(ex:100万円と決めた場合、残高が123万あったら23万を定期に振り込む。普通預金の残高が100万円無ければ振込みは発生しない)
 (4):(3)の金額が0円で設定するのと同じ発想。普通預金の残高を全て定期に振り込む。

あなたが希望しているのは(4)だと思います。
ただ、最低金額はあった気がします。残高が1円しかないのに振込みが発生するかは不明です。

Q公社債利回り

公社債利回りというときの利回りは額面額に対する利回りをゆうのでしょうか?
それとも債権価額(時価)に対する利回りをいうのでしょうか?

Aベストアンサー

両方あります。
利回りにはいろんな種類があります。

額面金額に対する利回りを考えるのは債券の発行時ですね。
発行時には普通、額面金額で取得するからです。
発行時に額面金額で取得して満期まで保有した場合の利回りを「応募者利回り」などと呼んでいます。

時価に対する利回りを考えるのは、発行後に流通市場で取得する場合です。
取得後、満期まで保有した場合の利回りを「最終利回り」などと呼び、
途中売却する場合の利回りを「保有期間利回り」などと呼んでいます。

ごく普通に既発債の利回りというときは時価に対する最終利回りのことです。

「債券 利回り 種類」といったキーワードでWeb検索すると解説サイトがいろいろヒットします。

Q外貨普通預金→外貨定期預金

(手数料は考えないで結構です)
たとえば
1$=150円で購入した外貨があるとします。(外貨普通預金)
今現在1$=100円だとします。
この時期に外貨定期預金に移行するのべきではないのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

御自由にどうぞ、しかし、50円の為替差損(円ベース)は何も変わりません。

Q利回りの計算

利回りの計算方法を教えてください。
例えば、収益マンションを建てるとして、建築費と諸経費で1億とすると、賃料はいくら上がれば収支が合うのか、利回りは何%なら、利回りがいい、と言えるのでしょうか?

Aベストアンサー

利回りの計算方法
利回り(%)=利益÷建築費と諸経費(1億)×100

賃料はいくら上がれば収支が合うのか、利回りは何%なら、利回りがいい、と言えるのでしょうか?

利回りは最低でも10%以上ないと、利回りが良いとはいえません。
利回りが15%以上なら、かなり良い方だと思います。

実際には、単純に利回りのみで良い悪いを決めるのは、正直難しいと思います。
例えば物件を建てた始めは、新築で人気もあり利回りが良くても築年数が経つにつれ、人気はなくなり一般的に利回りが下がることもあるからです。

Q外貨普通預金と外貨定期預金はどちらがお得~?

外貨普通預金と外貨定期預金はどちらがお得~?
Gooのみなさんよろしく~!

Aベストアンサー

資金の性格にもよります。
しばらく、放置できるのでしたら、外貨定期の方がいいです。
ただし、急激な円安が来て差益を狙いたくても解約はできません。

それに外貨預金は手数料が高い(普通の銀行は米ドルで往復2円)
ので、注意が必要です。

金利を稼ぎつつ機動性の高い、しかも外貨預金より手数料が安い外貨MMFの方がいいですよ。

Q不動産投資の利回り

基本的なことで申し訳ありませんが、利回りというのが今一つ解りません。
年○%の利回りと言われますが、その計算方法を教えて下さい。
例えば、銀行から2000万円借りてワンルームMを購入、家賃8万円の場合
(返済期間や金額も関係するのでしょうか。?)
利回り=?

Aベストアンサー

利回り表示に粗利益に対するものと実質的なものの二つのパターンが使用されているようです。

この場合の粗利益利回り=8×12ヶ月÷マンション購入価格

実質的利回りは
8万円×12ヶ月から銀行からの借入金利を引き、税金の効果を考慮(加算)して利回りを計算しているようです。

Q住宅ローン預金連動型の外貨普通預金について

住宅ローン預金連動型に預けてある円普通預金500万を外貨普通預金に変更しようか悩んでます。(円普通預金だと借り入れと同等額まで利息が付かない為、外貨普通なら利息が付きます)この預金は、10年以上使う予定はありません。豪ドル、米ドル、ユーロ、ニュージーランドドルの四択です。(組み合わせは 自由)どなたか おバカな私に良きアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

住宅ローン預金連動型の外貨預金は通常の債権やMMFと比べて利回りが非常に低いですよね。本来なら高い利回りは為替リスクに見合ったものになるのですが、銀行側のマージン+住宅ローン金利代のせいで利回りが低く設定されています。なので、円高に振れると利回りを含めても元本割れになる可能性が通常よりも高くなってしまいます。
今は暴落しなさそうなのは米ドルぐらいなのでいまするなら米ドルですかね・・・
正直、500万円をリスクゼロの円預金でもこのご時世ではありだと思いますよ。長期金利も上がってきているのでもう少し我慢してもいいのでは・・・

Q配当利回り

ホームページ上で「配当利回り」を見るのですが、サイトによって利回りの数値が異なるのですが、何ででしょうか?

例えば、
https://www.kabumap.com/index.html
ここの、配当利回りで検索する数値と、
http://quote.yahoo.co.jp/
では、違う数値です。

これはどうしてなのでしょうか?

Aベストアンサー

これは配当利回りには
・「実質配当利回り」
・「予想配当利回り」
の2種類あるからです。

配当は決算の状況に応じて増えたり(増配)、減ったり(減配)します。自分が買った株価に対して支払われる
配当が確定している場合には実質配当利回りになりますが、配当が確定していない状況では予想配当利回りで
表示されているケースがあります。

■例
支払が確定している配当金 20円
今期の決算後、支払われると予想される配当金 30円
(それぞれ1株あたり)

それぞれ購入時の株価が1,000円だとすると、
実質配当利回り 2%
予想配当利回り 3%
になります。

過去の配当利回りが高いからといって何も考えないで
株を買ってしまうと、決算が悪く減配や無配になるケースがあります。

その配当利回りは過去のものなのか、今期の予想に基づくものなのか注意してみましょう。

Q定期預金・積立定期預金・貯蓄預金の違い??

銀行に預けているお金が少し増えて来たので金利を利用してお金を増やそうと考えています。現在はすべて普通預金です。
そこでいろいろと銀行のHPを調べたのですが定期預金・積立定期預金・貯蓄預金の違いがいまいちよく分かりません。
ある銀行に当分使うことのないお金(つまり預けっぱなしのお金)が50万円ほどあり、
それとは別にバイトの給料振込み用の銀行があり、1ヶ月の給料を全て使うわけではないのでその銀行には毎月5~6ずつ貯まっていく感じです。

普通預金から金利の良い預金方法に変えたいのですが定期預金・積立定期預金・貯蓄預金の違いと効率の良い預金方法がどれか教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

あなたがおっしやる、「効率の良い預金方法」とは、たとえば、「少しでも有利に預金を運用したい」のか、それとも、「毎月、少しずつ預金をつみたてていきたい」のか、で答は変わります。

最近では、「普通預金」にほうっておいても、残高によっては、「1年ものの定期預金」なみのお利息がつく商品もあります。
「One's Plus」(三井住友銀行)や「スーパー普通預金」(三菱東京UFJ銀行・旧東京三菱店)…など。
ただし、それぞれ一定の条件がありますので、詳細はあなたが利用される、もしくはご利用予定の銀行などに、お問い合わせください。

●「定期預金」
1ヶ月ものから10年ものまで、銀行によっては5年ものまで、いろいろあります。
また、「期日指定定期預金」(1年据え置き、最長3年)、「6ヵ月据え置き定期預金」(最長5年)、
「変動金利型定期預金」(6ヵ月ごとに金利を見直し)などもあります。
(一部の商品は、銀行によってお取り扱いをしていない場合があります。)

●「自動つみたて定期預金」
毎月、一定額ずつ「定期預金」(銀行によっては、「期日指定定期預金」)で、普通預金から自動振り替えで積み立てていくもので、1本1本の定期預金を使いたいときに、払い戻したり、まとめて払い戻すこともできます。
口座振替だけでなく、窓口やATMで随時のお預け入れもできます。(口座振替を行なわないこともできます。)

●「貯蓄預金」
普通預金と同じように、キャッシュカードが発行され、ATMで出し入れ自由の預金です。一定の残高以上は、普通預金より有利なお利息です。
ただし、決済機能がありませんので、配当金・お給料のお受け取りや、公共料金の自動支払などには、お使いいただけません。
(一部の銀行などでは、「貯蓄預金」のお取り扱いを、行なっていないところも、あります。)

以上、ご参考までに。くわしくは、お取り扱い銀行のHPをご覧ください。

あなたがおっしやる、「効率の良い預金方法」とは、たとえば、「少しでも有利に預金を運用したい」のか、それとも、「毎月、少しずつ預金をつみたてていきたい」のか、で答は変わります。

最近では、「普通預金」にほうっておいても、残高によっては、「1年ものの定期預金」なみのお利息がつく商品もあります。
「One's Plus」(三井住友銀行)や「スーパー普通預金」(三菱東京UFJ銀行・旧東京三菱店)…など。
ただし、それぞれ一定の条件がありますので、詳細はあなたが利用される、もしくはご利用予定...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報