48%の苛性ソーダ100lを10tの水に混ぜて62.5%の硫酸で中和するのですが
硫酸の量がわかりません。
計算方法と量を教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 htms42様、62.5%の硫酸で中和するのは、48%の苛性ソーダ水溶液そのものではなく、48%の苛性ソーダ水溶液100lを10tの水で希釈した水溶液です。


 20℃において、48%の苛性ソーダ水溶液の密度は約1.5065g/cm3ですから、100lの質量は150.65kg、これを10tの水で希釈すると、その濃度は

150.65[kg]×0.48÷(150.65[kg]+10000[kg])=0.007123878766・・・

約0.71%に過ぎませんから、それほど危険という訳ではないと思います。(尤も、希釈後の濃度の値は、計算する上で必要な数値ではありませんが)

 水溶液150.65kgの内の48%が苛性ソーダの質量なのですから、苛性ソーダの質量は、

150.65[kg]×0.48=72.312[kg]

 苛性ソーダの組成式量は39.9971g/molですから、72.312kgのmol数は

72312[g]÷39.9971[g/mol]≒1807.9(3)[mol]

 硫酸は2価の酸なので、1価の塩基である苛性ソーダを、2分の1のmol数で中和する事が出来ます。

1807.9(3)[mol]÷2≒903.97[mol]

 硫酸の組成式量は98.078g/molですから、903.97molの純粋な硫酸の質量は、

98.078[g/mol]×903.97[mol]≒88660[g]

 使用する硫酸の濃度は62.5%なのですから、その質量は

88.660[kg]÷0.625≒141.85[kg]

という計算から、必要な硫酸の量は、141.85kgという事になります。
 尚、62.5%硫酸の密度のデータは見つける事が出来ませんでしたが、濃度約62.53%硫酸の15℃における密度は、約1.53g/cm3だそうですから、必要な体積は92.7l付近になると思います。

【参考URL】
 20℃の水酸化ナトリウム水溶液の濃度と密度などの関係
  http://ks001.kj.utsunomiya-u.ac.jp/~cej/v8n1/ash …

 強酸の密度と濃度(15度)
  http://www.geocities.jp/kagakulabo/conc.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返信ありがとう御座います。
素人の私にも分かり易く丁寧にご説明頂いたので助かります。
有難う御座いました。

お礼日時:2011/04/10 10:26

こういうことをしなければいけない理由が分かりません。


48%の苛性ソーダというのはほとんど飽和溶液と言っていいものです。
使わずに捨てるということなんでしょうか。
100Lというのは凄い量です。

市販の濃硫酸は96%ですから63%というのはほとんど濃硫酸と言っていいでしょう。
水酸化ナトリウムの飽和溶液を濃硫酸で中和する、・・・結構こわいことをやることになります。
ここにこういう内容の質問をするぐらいですから、・・・心配なことです。
    • good
    • 0

48%のNaOH 100Lに含まれるNaOHの量(モル数)は


100*液比重*1000*0.48/40
です。硫酸はこの半分のモル数必要なので
100*液比重*1000*0.48/40*0.5*98 (g)
がひつようであり、濃度が62.5%であれば
100*液比重*1000*0.48/40*0.5*98/0.625 (g)
となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返信ありがとう御座います。

お礼日時:2011/04/10 10:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q苛性ソーダと硫酸水で中和しおうと思うのですが、分量がわかりません。

苛性ソーダと硫酸水で中和しおうと思うのですが、分量がわかりません。

大体でいいのですが、計算の仕方を教えてください。

2NaOH+H2SO4→NaSO4+2H2O
の反応でいいですよね。

苛性ソーダを1M3に1kg使用した水溶液に 35%の硫酸水で中和したいのです。

この硫酸水をどれぐらいの量を入れたらいいでしょうか?

昔はこんな計算は簡単にできたようなきがするのですが・・・

全く忘れてしましました。

すいません

Aベストアンサー

化学反応はモルで計算しなければ分量があいません。

NaOHの式量=40なので、
1kgの物質量=1000/40=25〔mol〕

35%の硫酸の密度は1.26〔g/mL〕くらいなので、
1Lでは1260〔g〕になります。
このうち35%がH2SO4なので、
H2SO4〔g〕=1260×0.35=441〔g〕
H2SO4の分子量=98なので、
H2SO4〔mol〕=441/98=4.5
よって、濃度は4.5〔mol/L〕になります。

反応式より、NaOH:H2SO4=2:1 で反応するので、
硫酸の体積をχ〔L〕とすると、
25:4.5χ=2:1
χ=2.78〔L〕

ただし、この中で使った35%硫酸の密度が推定値(有る程度正しいはず)
なので、正確な値は密度を調べて計算してください。

Q強アルカリ水溶液を中和したいのですが・・・

苛性ソーダのフレーク状を水に溶かした液を中和して排水したいのですが、中和剤に何を使うと良いのでしょうか?
なるべく詳しく教えてください。
取り扱いのなるべく安全なものでお願いいたします。

Aベストアンサー

「濃硫酸、ビン入りですよねたしか。 」
工業用なら18リットル30kgであるはずです

「ビンから直接流し入れれば良いのですか? 」
濃硫酸を直接中和につかうと非常に調整しにくいので
濃硫酸のビンで扱いやすいものであれば直接、ポリタンクで重く扱いにくいにら小分けして置き、別のタンク又は容器に水を貯めその中に濃硫酸を全体の量(重さ)の5~10%なるように調整してその溶液を中和に使用します

くれぐれも濃硫酸の中に水を入れてはいけません反応が早すぎて熱が急激にあがり水蒸気爆発を起こします
大量の水のなかにすこしづつ濃硫酸をいれてください
又たの方も書かれていますがゴム手・ゴーグル等はしたほうがいいでしょう

「排水できる許容数値なるものってどれくらいでしょうか」

pH5.8~8.6以内で調整してください

だいたいでもいいですが100リットルに相当する苛性ソーダの量(重さ)は分かりませんか?だふん相当する濃硫酸の量も計算でだいたいでると思います、計算は私は遠慮しておきます

後中和のさいの攪拌は相当しないといけませんできたら攪拌機など機械でがベストです

「濃硫酸、ビン入りですよねたしか。 」
工業用なら18リットル30kgであるはずです

「ビンから直接流し入れれば良いのですか? 」
濃硫酸を直接中和につかうと非常に調整しにくいので
濃硫酸のビンで扱いやすいものであれば直接、ポリタンクで重く扱いにくいにら小分けして置き、別のタンク又は容器に水を貯めその中に濃硫酸を全体の量(重さ)の5~10%なるように調整してその溶液を中和に使用します

くれぐれも濃硫酸の中に水を入れてはいけません反応が早すぎて熱が急激にあがり水蒸気爆発を起...続きを読む

Q水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)の濃度計算について

水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)についての質問です。

99%、フレーク状の水酸化ナトリウムを使用して、48%の濃度の
水酸化ナトリウム水溶液を10リットル作りたいのですが、
比重などが関係して、計算方法が解りません…

確か48%の水酸化ナトリウム水溶液の比重は1.5g/cm3で
99%の方の比重は、2.13g/cm3だったと思うのですが
どなたか、分かりやすく計算方法を教えていただけないでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、この手の問題を考える時は、単に「%」ではなく、何の%なのかをきちんと確かめるようにして下さい。
以下、%は、質量%のこととして説明します。
そうでないなら、説明が全く変わります。

48質量%の水酸化ナトリウム水溶液の比重が1.5g/cm3なので、10リットルであれば15kg。
その水溶液に含まれる水酸化ナトリウムは、7.2kgです。(15×0.48=7.2)

一方、フレーク状の水酸化ナトリウムの濃度が99質量%ということは、フレーク状の水酸化ナトリウム7.27kgを用意すれば、その中に含まれる水酸化ナトリウムが7.2kgになります。(7.27×0.99≒7.2)

フレーク状の水酸化ナトリウム7.27kgを用意し、そこに水を7.73kg加えれば、水溶液全体の重さが15kgでその中に含まれる水酸化ナトリウムが7.2kgになります。
つまり、48質量%の水酸化ナトリウム水溶液が10リットルになります。

Q硫酸を水で希釈した場合のpH値が、希釈のパーセンテージごとに一覧表にな

硫酸を水で希釈した場合のpH値が、希釈のパーセンテージごとに一覧表になった物を探しています。
もしくは、Excelなどで数式を入れて表を作成できるなら、それでも良いです。
どなたかご存じないですか?

Aベストアンサー

濃硫酸は100倍に希釈してもpHは1より小さく、
1000倍に希釈してもpHは2より小さくなります。

濃硫酸は98%がH2SO4で、水の電離が少ないので、濃度が高いときの
pHの値は無意味になります。最低でも10倍希釈以上でしょう。

(第一段階) H2SO4 → HSO4- + H+
(第二段階) HSO4- → SO42- + H+
第一段階は完全電離と考えられますが、第二段階は濃度が高いと電離度が
低くなりますので、計算はちょっとややこしくなります。

簡単には、1000倍希釈のpHが1.6~1.8くらいになります。
あとは10倍希釈する毎に1ずつ大きくなります。
※ただし、pH5くらいまで。

Q塩酸(35%)、苛性ソーダ(25%)が漏洩したら

教えてください。
ローリーにて上記の薬品を納入しているとき
客先の側溝、土壌に事故で漏洩させてしまった場合
緊急対応としてはどのような手順で対応していけば良いのでしょうか

手順を知りたいです。

(いろいろなケースがあるでしょうが)
中和させる薬品で適している物も教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ISO9000の関連でしょうか?

塩酸については塩化水素のMSDSがあります。

http://www.jaish.gr.jp/mms_s_shsi/mms_s_shsi/9900

水酸化ナトリウムについては下記にICSCの記述があります。

http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss0360c.html

塩化水素のMSDSを抜粋します

6.漏出時の措置

人体に対する注意事項

    換気。

特別個人用保護具:自給式呼吸器付完全保護衣を着用する。

安全管理・ガスの検知:検知管(塩化水素用)。

防災活動に無関係のすべての人々を風上側に遠ざける。

危険地域から避難する。

環境に対する注意事項

濃厚な排液を河川等に排出しない。(魚類の致死量 25mg/L)

除去方法

   遠方から噴霧注水を行い、排水は土砂等で安全な場所に導く。

   石灰乳などの溶液で中和し多量の水で希釈する。

細かな噴霧水を用いて気体を除去する。

二次災害防止策

下水溝に入った流出物により、腐食性混合気が生じることに注意する。

参考URL:http://www.nihs.go.jp/ICSC/

ISO9000の関連でしょうか?

塩酸については塩化水素のMSDSがあります。

http://www.jaish.gr.jp/mms_s_shsi/mms_s_shsi/9900

水酸化ナトリウムについては下記にICSCの記述があります。

http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss0360c.html

塩化水素のMSDSを抜粋します

6.漏出時の措置

人体に対する注意事項

    換気。

特別個人用保護具:自給式呼吸器付完全保護衣を着用する。

安全管理・ガスの検知:検知管(塩化水素用)。

防災活動に無関係のすべての人々を風上側に...続きを読む

Q濃硫酸1m3を中和するのに必要な苛性ソーダの量

濃硫酸98%(比重1.84g/ml) 1m3 を中和するために使用する苛性ソーダ48%(比重1.5)の量がわかりません。
中和に必要な苛性ソーダの量と計算方法を教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

体積が1000Lで比重が1.84なので、質量は1840kgであり、そのうち98%がH2SO4なので
1840*0.98 (kg)のH2SO4を中和できればいいことになります。これを硫酸の式量で割るとH2SO4のモル数になり、H2SO4は二価なのでさらに二倍したものがH2SO4の当量数、つまり必要なNaOHの当量数になります。
1840*0.98/98*2
これにNaOHの式量をかけると必要なNaOHの質量になり、さらに0.48で割るとNaOH水溶液の質量になります。
1840*0.98/98*2*40/0.48
これを比重で割ればNaOH水溶液の体積になります。

Q苛性ソーダと硫酸の中和反応時間について

工場排水にpH13.5の苛性ソーダ廃液があり、それを濃硫酸(98%)でpH調整しpH12.5にするフローがあります。
苛性ソーダ廃液の流量は500m3/hで排水路を流れています。
その排水路へ濃硫酸を添加しています。

濃硫酸の添加位置から5m下流にpH計(1)が設置されており、pHを入力とするフィードバック制御(制御設定値がpH12.5)で濃硫酸の添加量を調節しています。
廃液は濃硫酸の添加位置からpH計(1)まで到達するのに3秒かかりますが、この3秒間で苛性廃液と濃硫酸が完全に反応していないのでは? という現象がたまに出ます。
というのは、pH計(1)のさらに20m下流にあるpH計(2)とpHが大きく違うということがあるからです。
(pH計(1)でpH12.5なのにpH計(2)でpH4ということがたまにある)。

濃硫酸添加からpH計(1)まで、排水路は十分に撹拌されているとして、気になるのが苛性ソーダと濃硫酸の反応時間です。
3秒という短時間では完全に反応しきっていないのでしょうか?
完全に反応するのに必要な時間はどれくらい必要なのか?

1ケ月に1回の頻度でこの調整を行う都合上、頻繁に確認できなく所見のある方からの意見をいただきたいと思います。

宜しくお願い致します。

工場排水にpH13.5の苛性ソーダ廃液があり、それを濃硫酸(98%)でpH調整しpH12.5にするフローがあります。
苛性ソーダ廃液の流量は500m3/hで排水路を流れています。
その排水路へ濃硫酸を添加しています。

濃硫酸の添加位置から5m下流にpH計(1)が設置されており、pHを入力とするフィードバック制御(制御設定値がpH12.5)で濃硫酸の添加量を調節しています。
廃液は濃硫酸の添加位置からpH計(1)まで到達するのに3秒かかりますが、この3秒間で苛性廃液と濃硫酸が完全に反...続きを読む

Aベストアンサー

強酸と強塩基の反応で中和反応の時間は瞬時といってよいでしょう。
むしろ二つの溶液が完全にまじりあう時間が問題でしょう。下流で測定するといっても速い流れの中では添加した硫酸が帯状となって流れていくことが充分に考えられますね。濃硫酸を希釈して流す、十分に撹拌するなどの操作が必要でしょう。

Q硝酸、硫酸の中和方法

彫金でシルバーアクセを作っているものです。
以下の用途で硝酸、硫酸を購入しようと思っています。
・硫酸(希硫酸)・・・ロウ付け時の銅酸化物の除去
・硝酸(希硝酸)・・・銀の腐食を利用したエッチング

質問:使用後硫酸、硝酸の中和方法を教えてください。
   過去の質問で硫酸の中和は重曹で可能とありました
   が、(1)どれくらいの量が必要でしょうか?
   また、(2)中和後の液体は下水へ流してもよいので
   しょうか?
   (3)保存に際して注意する点などありましたら教えて
   ください。
   
   

Aベストアンサー

再々登場の rei00 です。

補足を読み直してみて,少し気になる点がありましたので追加アドバイスです。

「薬局できいたところ硫酸98%、硝酸67%のものがあるということなのでそれらを購入しようとおもうのですが・・・・」という事ですが,これらは濃硫酸と濃硝酸です。

お書きの使用濃度「硫酸1:水10,硝酸7:水3の割合」で使用されるとすると,「硝酸」は購入したそのままで,「硫酸」は10倍希釈で使用する事になります。

で,おそらく薬局で手に入るのは 500 ml ビンだと思いますので,希釈液 250 cc 位使用であれば,かなりの量を使い残す事になると思います。

また,参考 URL にあげた住友化学のペ-ジの「硫酸」,「硝酸」,「混酸」の記載を御覧になればお分かりになると思いますが,これらはいづれも「毒劇物取締法」の「劇物」に指定されている危険な薬品です。

当然,その取り扱いにも化学的知識を持っている事が必要になります。例えば,硫酸の希釈一つとっても単純に濃硫酸に水を加えると大けがする事になります。

失礼ですが,takanorik さんのご質問やお礼の内容を拝見しますと,これら薬品を取り扱われる事に関して,必要な知識をお持ちかどうか心配になります。どなたか経験者の方と一緒に行われた方がよいように思います。

参考URL:http://www.sumitomo-chem.co.jp/kiso/koyaku.html

再々登場の rei00 です。

補足を読み直してみて,少し気になる点がありましたので追加アドバイスです。

「薬局できいたところ硫酸98%、硝酸67%のものがあるということなのでそれらを購入しようとおもうのですが・・・・」という事ですが,これらは濃硫酸と濃硝酸です。

お書きの使用濃度「硫酸1:水10,硝酸7:水3の割合」で使用されるとすると,「硝酸」は購入したそのままで,「硫酸」は10倍希釈で使用する事になります。

で,おそらく薬局で手に入るのは 500 ml ビンだと思いますので...続きを読む

Q水酸化ナトリウムと硫酸の反応

水酸化ナトリウムと硫酸が反応するとき、

NaOH+H2SO4→NaHSO4

のようにNaHSO4で止まってしまうのに対し、

例えばカルシウムなどで
Ca(OH)2+H2SO4→CaSO4
となり、Ca(HSO4)2とはならない理由を教えてください。

Aベストアンサー

>水酸化ナトリウムと硫酸が反応するとき、
NaOH+H2SO4→NaHSO4
のようにNaHSO4で止まってしまうのに対し

これはNaOHが少ないからです。
十分な量のNaOHがあれば次のように反応します。
2NaOH + H2SO4 → Na2SO4 + 2H2O

ひょっとしたら、HClの発生の間違いではないでしょうか?
NaCl + H2SO4 → NaHSO4 + HCl
この反応は気体発生(反応系から無くなる)のために、不完全な形で反応が進行します。

物質量が泡泣け得ればどんな反応も不安定な中間生成物が発生します。
2C + O2 → 2CO
CH4 + O2 → C + 2H2O

Q水酸化ナトリウム水溶液のpH値について教えてください。

水酸化ナトリウム水溶液のpH値について教えてください。

まず、2%水酸化ナトリウム水溶液とは、2%の水酸化ナトリウムの入った水溶液でよろしいんですよね?
4gの水酸化ナトリウムの入った水溶液のpH値はpH10ということは分かったのですが、
計算すると0.4%水酸化ナトリウム水溶液ということでいいのでしょうか?

またさらにこれを水(pH7とした場合)で薄めた場合のpH値の計算方法も教えてください。

初歩的な質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

計算自体は良いかと思います。

ということで気付いたことを2つほど。

・解答の記述方法にも気を配りましょう

記述式の解答を書く場合、読んでもらう人がいるということを忘れないで下さい。
たとえばはじめの方で書いていなかった水溶液の体積(1L)もそうですが、
質問者様にとっては記述の必要のないくらい当たり前のこと
と思っても、読んでいる人からすると飛躍している印象があるところがあります。
また、読んでもらうような代物でないとしても、あまりにも省略すると
自分で記述していて自分で勘違いすることもあります。

例えば、
> 水酸化ナトリウムは40g/molなので、4gだと0.1mol。  …1
> mol濃度は0.1/1で0.1。 …2
> pOH=log(1/mol濃度)で1  …3
> pH=14-pOHで13.0  …4

2行目で計算しているのは何のモル濃度でしょうか?また単位は何ですか?
3行目でpOHを計算しているところを見ると、2行目ではOH-のモル濃度を
計算しているようですが、そうすると、一つ重要なことを書き忘れています。
水酸化ナトリウムのモル濃度とOH-のモル濃度は一致するのでしょうか、
ということです。
また3行目の式で、(1/mol濃度)と表記していますが、自分は初見では
1/molという単位に換算した濃度と読めてしまい、これは何を意味しているのだろう?
と思ってしまいました。実際にはモル濃度の逆数のことを意味しているのでしょうけれど、
式の中に言葉があるのは不自然です。そしてこれについては(1/x)として
式の外に(x…OH-のモル濃度)と記したほうが読む方の勘違いは少なくなりますよね。

・この問題の有効数字はいくつですか?

log2なりlog5なりを電卓で出せば、数字は何桁か出てきます。
でもそこまでの桁数で表記しなければならないものなのでしょうか。
逆に、pH=13.69897と書いていますが、最後の桁の数字まで信憑性のある
数字なのでしょうか?時間があれば、そのあたりも考えてはいかがでしょうか。

計算自体は良いかと思います。

ということで気付いたことを2つほど。

・解答の記述方法にも気を配りましょう

記述式の解答を書く場合、読んでもらう人がいるということを忘れないで下さい。
たとえばはじめの方で書いていなかった水溶液の体積(1L)もそうですが、
質問者様にとっては記述の必要のないくらい当たり前のこと
と思っても、読んでいる人からすると飛躍している印象があるところがあります。
また、読んでもらうような代物でないとしても、あまりにも省略すると
自分で記述していて自分で勘違いす...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報