48%の苛性ソーダ100lを10tの水に混ぜて62.5%の硫酸で中和するのですが
硫酸の量がわかりません。
計算方法と量を教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 htms42様、62.5%の硫酸で中和するのは、48%の苛性ソーダ水溶液そのものではなく、48%の苛性ソーダ水溶液100lを10tの水で希釈した水溶液です。


 20℃において、48%の苛性ソーダ水溶液の密度は約1.5065g/cm3ですから、100lの質量は150.65kg、これを10tの水で希釈すると、その濃度は

150.65[kg]×0.48÷(150.65[kg]+10000[kg])=0.007123878766・・・

約0.71%に過ぎませんから、それほど危険という訳ではないと思います。(尤も、希釈後の濃度の値は、計算する上で必要な数値ではありませんが)

 水溶液150.65kgの内の48%が苛性ソーダの質量なのですから、苛性ソーダの質量は、

150.65[kg]×0.48=72.312[kg]

 苛性ソーダの組成式量は39.9971g/molですから、72.312kgのmol数は

72312[g]÷39.9971[g/mol]≒1807.9(3)[mol]

 硫酸は2価の酸なので、1価の塩基である苛性ソーダを、2分の1のmol数で中和する事が出来ます。

1807.9(3)[mol]÷2≒903.97[mol]

 硫酸の組成式量は98.078g/molですから、903.97molの純粋な硫酸の質量は、

98.078[g/mol]×903.97[mol]≒88660[g]

 使用する硫酸の濃度は62.5%なのですから、その質量は

88.660[kg]÷0.625≒141.85[kg]

という計算から、必要な硫酸の量は、141.85kgという事になります。
 尚、62.5%硫酸の密度のデータは見つける事が出来ませんでしたが、濃度約62.53%硫酸の15℃における密度は、約1.53g/cm3だそうですから、必要な体積は92.7l付近になると思います。

【参考URL】
 20℃の水酸化ナトリウム水溶液の濃度と密度などの関係
  http://ks001.kj.utsunomiya-u.ac.jp/~cej/v8n1/ash …

 強酸の密度と濃度(15度)
  http://www.geocities.jp/kagakulabo/conc.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返信ありがとう御座います。
素人の私にも分かり易く丁寧にご説明頂いたので助かります。
有難う御座いました。

お礼日時:2011/04/10 10:26

こういうことをしなければいけない理由が分かりません。


48%の苛性ソーダというのはほとんど飽和溶液と言っていいものです。
使わずに捨てるということなんでしょうか。
100Lというのは凄い量です。

市販の濃硫酸は96%ですから63%というのはほとんど濃硫酸と言っていいでしょう。
水酸化ナトリウムの飽和溶液を濃硫酸で中和する、・・・結構こわいことをやることになります。
ここにこういう内容の質問をするぐらいですから、・・・心配なことです。
    • good
    • 0

48%のNaOH 100Lに含まれるNaOHの量(モル数)は


100*液比重*1000*0.48/40
です。硫酸はこの半分のモル数必要なので
100*液比重*1000*0.48/40*0.5*98 (g)
がひつようであり、濃度が62.5%であれば
100*液比重*1000*0.48/40*0.5*98/0.625 (g)
となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返信ありがとう御座います。

お礼日時:2011/04/10 10:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q防毒マスクの保管について

防毒マスクの保管庫について教えてください。
防毒マスクの保管にスチール製で除湿や殺菌灯の付いた保管庫を利用しています。保管の際の注意事項には、どのようなことがあるのでしょうか?
防塵マスクの保管についての注意事項は、「口に当たる方を下向きに」ですが、これは防毒マスク保管庫でも同じ注意が必要なのでしょうか?
そもそも防毒マスク保管庫と防塵マスク保管庫はどこが違うのでしょう?
もしも、ご存知の方がいらしたら、御教えください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

緊急用品なので現在使用している、もしくは発生する恐れのあるガスに対応した「薬品部」が付いているかどうか確認する事が大切です。
防塵マスクと違うのはその点でしょう。
「殺菌灯」はゴム、プラスチック部分を痛めるので、あまりお薦めできません。
よほど頻繁に使用するとか、多人数で使用するとかで、汚れる場合のみ意味がありますが、防塵マスクならいざ知らず、防毒マスクは一回使用したら「薬品部」を新品と交換するので、「清潔」にする意味は無いと思います。
長期間使用せずにしまう時は、通常「口」にあたる「防毒薬品収納部」をはずして、別に密封した容器(ポリ袋でも良い)に入れておきます。

Q苛性ソーダと硫酸水で中和しおうと思うのですが、分量がわかりません。

苛性ソーダと硫酸水で中和しおうと思うのですが、分量がわかりません。

大体でいいのですが、計算の仕方を教えてください。

2NaOH+H2SO4→NaSO4+2H2O
の反応でいいですよね。

苛性ソーダを1M3に1kg使用した水溶液に 35%の硫酸水で中和したいのです。

この硫酸水をどれぐらいの量を入れたらいいでしょうか?

昔はこんな計算は簡単にできたようなきがするのですが・・・

全く忘れてしましました。

すいません

Aベストアンサー

化学反応はモルで計算しなければ分量があいません。

NaOHの式量=40なので、
1kgの物質量=1000/40=25〔mol〕

35%の硫酸の密度は1.26〔g/mL〕くらいなので、
1Lでは1260〔g〕になります。
このうち35%がH2SO4なので、
H2SO4〔g〕=1260×0.35=441〔g〕
H2SO4の分子量=98なので、
H2SO4〔mol〕=441/98=4.5
よって、濃度は4.5〔mol/L〕になります。

反応式より、NaOH:H2SO4=2:1 で反応するので、
硫酸の体積をχ〔L〕とすると、
25:4.5χ=2:1
χ=2.78〔L〕

ただし、この中で使った35%硫酸の密度が推定値(有る程度正しいはず)
なので、正確な値は密度を調べて計算してください。

Qおすすめの防毒マスクを教えてください。

おすすめの防毒マスクを教えてください。

有機溶剤を取り扱うにあたり、防毒マスクの購入を検討しております。

女性用のものを探しているのですが、

1)フィット感
2)軽さ
3)呼吸しやすさ

で、できれば1)~3)すべてを網羅しているものがいいのですが、
お勧めの防毒マスクはありますでしょうか。

女性用のものを現在使用しているがこんな感じだとか、
感想等でもかまいません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

3Mと重松が来たので、興研を入れときましょう。(笑)
http://www.koken-ltd.co.jp/boudokumask.htm

基本的に、吸収缶が1つのものより2つのもののほうが呼吸は楽です。
その分重くなりますから、顔に強く締め付けるような感じになります。
視界も大きくなるので、手元が見にくくなります。

顔の小さな人や女性向けに、通常サイズの他に「小型」「Sサイズ」といったものもあります。
ただし、吸収缶は同じものを使うため、顔にかかる負担は変わりません。
全面型のほうが目や顔面も保護できますし、圧迫面が広いため、多少楽になります。
隔離式だと腰に付けた呼吸器&(専用の)吸収缶を通した空気がポンプで送られてくるため、呼吸がさらに楽になります。
価格も張りますけどね。

肌の弱い人は面体(顔に接するゴム)で湿疹のようになることがあります。
ちょっと高くなりますが、シリコンゴム製の面体がお勧めです。

Q苛性ソーダと硫酸の中和反応時間について

工場排水にpH13.5の苛性ソーダ廃液があり、それを濃硫酸(98%)でpH調整しpH12.5にするフローがあります。
苛性ソーダ廃液の流量は500m3/hで排水路を流れています。
その排水路へ濃硫酸を添加しています。

濃硫酸の添加位置から5m下流にpH計(1)が設置されており、pHを入力とするフィードバック制御(制御設定値がpH12.5)で濃硫酸の添加量を調節しています。
廃液は濃硫酸の添加位置からpH計(1)まで到達するのに3秒かかりますが、この3秒間で苛性廃液と濃硫酸が完全に反応していないのでは? という現象がたまに出ます。
というのは、pH計(1)のさらに20m下流にあるpH計(2)とpHが大きく違うということがあるからです。
(pH計(1)でpH12.5なのにpH計(2)でpH4ということがたまにある)。

濃硫酸添加からpH計(1)まで、排水路は十分に撹拌されているとして、気になるのが苛性ソーダと濃硫酸の反応時間です。
3秒という短時間では完全に反応しきっていないのでしょうか?
完全に反応するのに必要な時間はどれくらい必要なのか?

1ケ月に1回の頻度でこの調整を行う都合上、頻繁に確認できなく所見のある方からの意見をいただきたいと思います。

宜しくお願い致します。

工場排水にpH13.5の苛性ソーダ廃液があり、それを濃硫酸(98%)でpH調整しpH12.5にするフローがあります。
苛性ソーダ廃液の流量は500m3/hで排水路を流れています。
その排水路へ濃硫酸を添加しています。

濃硫酸の添加位置から5m下流にpH計(1)が設置されており、pHを入力とするフィードバック制御(制御設定値がpH12.5)で濃硫酸の添加量を調節しています。
廃液は濃硫酸の添加位置からpH計(1)まで到達するのに3秒かかりますが、この3秒間で苛性廃液と濃硫酸が完全に反...続きを読む

Aベストアンサー

強酸と強塩基の反応で中和反応の時間は瞬時といってよいでしょう。
むしろ二つの溶液が完全にまじりあう時間が問題でしょう。下流で測定するといっても速い流れの中では添加した硫酸が帯状となって流れていくことが充分に考えられますね。濃硫酸を希釈して流す、十分に撹拌するなどの操作が必要でしょう。

Q防塵マスク・防毒マスク

防塵マスク・防毒マスクの機能、構造の違いについて至急教えてください お願いします

Aベストアンサー

こんばんは。
防塵マスクは、ほこりをろ過するフィルターが取り付けてあります。
防毒マスクは、簡易型(防毒面)では有毒ガスを吸収する物質を詰めた吸収カンという物がついています。
毒ガスの種類によって吸収カンは違うので、いく種類かあります。
シビアな環境、あるいはガスの種類が不明な時は水中眼鏡の大きいような物を付けてアクアラング見たいな仕掛けで空気をボンベから供給し、外気と呼吸気を分けてしまいます。
しかし有毒ガスは皮膚からも吸収される場合が多いので顔だけでなく、気密性のぶかぶかの服の中にホースやボンベで空気を吹き込んで与圧し、身体中、外気の接触を断つ物もあります。

Q苛性ソーダと水を混ぜたときの化学反応は??

苛性ソーダと水を混ぜたときの化学反応は何というのですか?おしえてください!!!!

Aベストアンサー

? 水と水酸化ナトリウムでは、「化学反応」は おきませんけど…

溶解熱により、激しく発熱しますし、水酸化ナトリウム自体、潮解性はありますけど。

Q水和剤用の防毒マスクってありますか。

園芸をしています。農薬に粉剤、乳剤、水和剤、フロアブル剤などいろいろありますが、これら使用時に有効な防毒マスクをおしえてください。(よければ品名まで)

Aベストアンサー

>有機ガス用のマスクでこれらのものは吸着、ろ過されるのでしょうか。
されません。

動噴では1-10ミクロンのりゅうどの水滴を撒き散らします。ですから有機ガス用フィルターを通りぬけてしまいます。又.一部の有機ぶしつは蒸発しますので.粉塵用フィルターに引っかかってもその後.蒸発して「フィルターのみついているもの」を通り抜けてしまいます。

したがって

有機ガス用ろ過缶(フィルター付き)

(商品名なので意味は深く考えないでください)を使用します。意味は粉塵用フィルターがついている活性炭フィルターです。
粉や水滴は粉塵用フィルターに引っかかって中に入ってこられません。又粉塵用フィルターの所で有機物が蒸発したとしても有機ガス用フィルターがついてますからこれに引っかかって中に入ってきません。

動噴では比較的速い速度で水滴が飛んできますので.目を保護するためにも中濃度用防毒マスクを使用してください。顔に密着していてフィルターを通った空気だけが目に触れますから.目がはれたりしません。低濃度用では目の保護が不完全ではれたりしますから。

あと.マスクをはずす時は.最初に手や衣類についた農薬をたたいて(私は2人でお互いに専用のホウキではらう).手を洗ってからマスクを外します。その後マスクを水洗いして.付着した農薬を洗い落とします(日陰で良く乾かさないとゴムがすぐ駄目になる)。有機ガス用フィルターは一般に湿気に弱いので使用後は直ちに蓋をしてしまいます。

>有機ガス用のマスクでこれらのものは吸着、ろ過されるのでしょうか。
されません。

動噴では1-10ミクロンのりゅうどの水滴を撒き散らします。ですから有機ガス用フィルターを通りぬけてしまいます。又.一部の有機ぶしつは蒸発しますので.粉塵用フィルターに引っかかってもその後.蒸発して「フィルターのみついているもの」を通り抜けてしまいます。

したがって

有機ガス用ろ過缶(フィルター付き)

(商品名なので意味は深く考えないでください)を使用します。意味は粉塵用フィルターがつ...続きを読む

Q3.0ml/lの水酸化ナトリウム 40mlを中和するには1.2ml/lの硫酸が何ml必要か。

こどもからきかれたことなのですが、わかりませんでした。

3.0ml/lの水酸化ナトリウム 40mlを中和するには1.2ml/lの硫酸が何ml必要か。

という問題です。
ご教授ねがいたいのですが…

Aベストアンサー

水酸化ナトリウムはNaOHと一価の塩基で、
硫酸はH2SO4と二価の酸なので、
求める硫酸の量を@とおくと、
酸及び塩基に含まれる水素イオンと水酸化イオンの量は等しいので、
1×3.0×40÷1000=2×1.2×@÷1000

が成り立ちます。
両辺の最初の項の整数は価数を表します。
÷1000、これは単位[ml]を[l]になおすものです。

一応は高校生なんですが、最近習ったやり方によるとこんな感じです。

Q防毒マスク痛い 興研のシングルタイプの防毒マスクを仕事で使用しています。有機溶剤を使用するので中毒防

防毒マスク痛い

興研のシングルタイプの防毒マスクを仕事で使用しています。有機溶剤を使用するので中毒防止につけています。しかし体を守るうえ仕方ないにしても着用していると、アゴが我慢ならないほど痛くなってしまい着用していられません。

仕事で使用してる方で問題なく使用できている方何か対策等知っている方が居ましたらご教授してお願い致します…。

Aベストアンサー

お疲れ様です。私も同じ体験をしました。私の場合はサイズが合っていなかったと思っています。大小試しましたが駄目でしたが、中間サイズMにしてから痛みは緩和しました。
国産は大小2サイズしかありませんが、外国製は3サイズあって顔のサイズを測ることもできるのでお試しを。

Q濃硫酸1m3を中和するのに必要な苛性ソーダの量

濃硫酸98%(比重1.84g/ml) 1m3 を中和するために使用する苛性ソーダ48%(比重1.5)の量がわかりません。
中和に必要な苛性ソーダの量と計算方法を教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

体積が1000Lで比重が1.84なので、質量は1840kgであり、そのうち98%がH2SO4なので
1840*0.98 (kg)のH2SO4を中和できればいいことになります。これを硫酸の式量で割るとH2SO4のモル数になり、H2SO4は二価なのでさらに二倍したものがH2SO4の当量数、つまり必要なNaOHの当量数になります。
1840*0.98/98*2
これにNaOHの式量をかけると必要なNaOHの質量になり、さらに0.48で割るとNaOH水溶液の質量になります。
1840*0.98/98*2*40/0.48
これを比重で割ればNaOH水溶液の体積になります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング