TOEIC IP テストというのがありますが、IPとは何の略ですか?

またもしご存知の方がいらしたら伺いたいのですが、過去問から作られているそうですが、難易度は現在のTOEICテストよりやさしいのでしょうか。点数が高めにでるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 


団体特別受験制度(IP: Institutional Program)
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2011/04/11 03:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2文字で略するなら、どう略しますか?

COMBO
TIME
RATE
をそれぞれ2文字に略するとすれば、一般的にどう略しますか?

CM
TM
RT

でしょうか?

Aベストアンサー

COMBOはCOまたはCB TIMEはTM RATEはRAだと思います。

QTOEICのIPテストと公開会場のテスト

先日ある機会がありIPテストを受験しました。ですが、スコアーは偏差値みたいに得点化されるということを聞きました。となると、たまたま私が受験した際に、周りの他の受験者が英語が苦手な人が非常に多かったとすると、私のスコアーが異常に高得点になることも可能なのでしょうか。やはり全国の受験者がいて、母体も大きい公開会場で受ける方がいいのでしょうか。今、申し込むべきかどうかで迷っています。 大学生時代に、自分も含め、周りが英語専攻の学生ばかりが受験したTOEICの会場もありましたが、そのときは自分では出来たと思ったのに、スコアーは思ったほどではありませんでした。 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

まず、TOEICのスコアは得点方式で偏差値ではありません。

http://www.toeic.or.jp/toeic/about/about03.html
を見ていただければわかると思いますが

Section I (Listening) 最低5点~最高495点
Section II (Reading) 最低5点~最高495点
Total Score 最低10点~最高990点

と構成されており、得点によって自分の能力(ランク)が
わかるようになっています。

英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストであり、世界約60ヶ国で実施されているのに
会場の受験者の偏差値を用いては国際的な評価を得るのに
全く意味を成さないテストになってしまいますよね。

評価の基準は常に一定であり、受験者の能力に変化がない限りスコアも一定に保たれます。
これにより受験者は正確に現在の英語能力を把握できるのです。

団体受験であろうがなかろうが会場がどこであろうが
極端な話会場に受験者があなた一人しかいなかった場合でも評価は一定です。

>自分では出来たと思ったのに、スコアーは思ったほどではありませんでした。

それは会場にいた他の受験者とは全く関係ありません。

なお、TOEICのWEBサイトでは
第一回からの公開テストの平均点と得点分布が出ています。
http://www.toeic.or.jp/toeic/data/index.html

参考URL:http://www.toeic.or.jp/toeic/about/index.html

こんにちは。

まず、TOEICのスコアは得点方式で偏差値ではありません。

http://www.toeic.or.jp/toeic/about/about03.html
を見ていただければわかると思いますが

Section I (Listening) 最低5点~最高495点
Section II (Reading) 最低5点~最高495点
Total Score 最低10点~最高990点

と構成されており、得点によって自分の能力(ランク)が
わかるようになっています。

英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストであり、世界約60ヶ国で実施されているのに
...続きを読む

Q(R)とTMとSMと商標と登録商標

(R)とTMとSMの違いってなんですか?
それぞれ何の略ですか?

商標と登録商標の違いって何ですか?
法的な効力にどのような違いがありますか?

Aベストアンサー

(R)"マルアール"のRはregistrationの頭文字です。
TMはtrademarkの略です。SMはservice markの略です。

日本では(R)やTM、SMについての規則は特に有りません。また、(R)とTMとSMについての法律的な区分けは特になされていません。

米国では(R)は「米国特許庁に登録してある」という意味です。

TMは商品に付けるマークでSMはサービスに対して付けるマークです。これらは特に米国特許庁への登録は必要ではなく誰もが勝手にTMやSMの表示を行う事が許されています。実際にTMやSMの文字を見かけたとしても、(R)やそれに準ずる表示がなされていなければ米国特許庁に登録してあるかどうかは分からないという事です。

(R)は日本では「登録商標」という事になります。これは、日本の特許庁に商標登録されているという意味を示します。単に商標といった場合には特許庁への登録がなされていないかもしれません。
ただし、登録されていないからといってその商標を使用して良いとは限りません。その逆に登録してあるからといってその商標に対して登録者が権利を持ち続けられるとは限りません。

(R)"マルアール"のRはregistrationの頭文字です。
TMはtrademarkの略です。SMはservice markの略です。

日本では(R)やTM、SMについての規則は特に有りません。また、(R)とTMとSMについての法律的な区分けは特になされていません。

米国では(R)は「米国特許庁に登録してある」という意味です。

TMは商品に付けるマークでSMはサービスに対して付けるマークです。これらは特に米国特許庁への登録は必要ではなく誰もが勝手にTMやSMの表示を行う事が許されています。実際にTMやSMの文字を見かけたとしても、(...続きを読む

QTOEIC 公開テストとIPテストの問題の内容

公開テストとIPテストの問題内容が違う、と聞いたことがあるんですが、本当ですか。(そんなことあるんでしょうか。)

Aベストアンサー

公開テストは2006年5月からリニューアルされました。
IPテストは来年からリニューアルで、今はまだ従来型だと思います。
えーと、IPテストは2007年4月以降リニューアルの予定だそうです。
新旧テストのスコアの価値(レベル)は同じになるよう調整されているとのこと。

実際に問題を解く感じは若干違うと思います。
リスニングに英国、豪州、カナダ発音が入ったことと(それほど強いアクセントはないです)、リーディングの読む部分が増えた感じ。
長文が得意な人には有利かも。

http://www.toeic.or.jp/toeic/new/new03.html

参考URL:http://www.toeic.or.jp/toeic/new/index.html

QTM SPEEDER 569 TP・・・FW用シャフト

純正で、TM SPEEDER 569 TP・・・FW用シャフト
といえば、「r7 TP FW」にしか差さっていないと思うのですが、
このシャフトが純正(新品購入)で初代Vスチールに差さっている事はありえるのでしょうか?

TMは、テーラーメイドの略
TPは、ツアープリファードの略

シャフトにTPの記載があり、
(よく見かける、赤とシルバーのツートンカラー(OEM版?)です)
TPモデルにしか、オリジナルで差さらないと思っているのですが、
初代Vスチールに差さっていた、こんな事ありえるのでしょうか?

Aベストアンサー

ボクの記憶では、初代と2代目まではMASシャフトがオリジナルだったと思います。
昨年の3代目がRE*AXのフジクラモデルですね。

SPEEDER569…フジクラ特有の撓り戻りという観点から757や最強?といえる553が
ラインナップされ、人気の757の特性を軽めにしたのが569だったと記憶しています。
この569は片山プロや青木プロがドライバーで使用していることで有名でしたね。
時期的には初代と合致しますのでもしかしたらオリジナルがったのかもしれません。
今でもツアースペックを含め在庫品がある人気モデルであることは確かですね。

あくまでも記憶による回答でした^^;

QTOEIC公開テストとIPテストのスコアについて

公開テストとIPテストのスコアの差はどのくらいあるのでしょうか?
たとえば、IPテストで650点くらいだったら、公開テストでも650点くらいの点数になるのですか?
TOEICの公式ホームページの統計を見ますと、ここ数年、IPテストの平均が445点くらいで推移しているのに対して、公開テストの平均は550点くらいで推移しています。母集団の数は同じくらいです。
ここの掲示板の過去ログを調べましたところIPテストのほうが公開テストよりも簡単で公開テストの点数はIPテストの点数より50点ほど下がると書いてありました。
それが、事実なら統計と矛盾しているように感じられます。

Aベストアンサー

自分は公開・IPどちらも受験経験ありますが、解いていてどっちがどうというのは感じたことはありません。
同じような点になりますよ。回ごとの変動は出ますが。

IPを受けた1年後に公開テストで70点下がったことがありますが、団体テストを受けた1年後に公開テストで40点アップしたこともあります。
テストの質よりも自分の英語力のアンバランスさが要因かな?と考えています。解きやすい問題と解きにくい問題があったとか・・・。

学校や職場で受ける場合、希望者を募って行うこともあれば、強制的に受けさせる場合もありますが、いずれにしても、公開テストよりも英語の不得意な人が混ざる傾向にあると思います。

公開テストは、就職を考えてとか必要がある人を除いては、英語に興味ある人・もともと勉強している人が受ける傾向にあると思いますが、団体テストは必ずしもそうとは限りません。

私の勤務先では新入社員全員に受験させていました。
英語ができないと入れない会社ではないので、参考程度なのだろうと思いますが、そういう場合は「英語なんか苦手~」とか「特に興味はない」という人も受けないといけないので、苦行ですね!

団体テストのほうがある意味「不特定多数」(英語の不得意な人も入る)なんじゃないでしょうか。
そうすると、受験者の人数は同じくらいでも質は変わってくるでしょう。

過去に出題された問題の使いまわしですが、最近は公開テストでもあるみたいです。3月に受けたら見たことのある問題が・・・・(笑)
初めて見る問題より確かにラクです。
ただ、公開テストは5月からリニューアルされるので、どうでしょうね。出題方法が変更される部分はそのまま使うことはできないんだろうな。。

採点を調整して新方式と従来方式で能力に差が出ないようにするそうですけどね。

http://www.toeic.or.jp/toeic/qa/index.html#09
http://www.toeic.or.jp/toeic/new/new03.html

自分は公開・IPどちらも受験経験ありますが、解いていてどっちがどうというのは感じたことはありません。
同じような点になりますよ。回ごとの変動は出ますが。

IPを受けた1年後に公開テストで70点下がったことがありますが、団体テストを受けた1年後に公開テストで40点アップしたこともあります。
テストの質よりも自分の英語力のアンバランスさが要因かな?と考えています。解きやすい問題と解きにくい問題があったとか・・・。

学校や職場で受ける場合、希望者を募って行うこともあれば、強制的に...続きを読む

QFIFAワールドカップTMの「TM」って?

質問のタイトル、ずばりそのままの質問です。

公式ホームページを見たりいろいろと自分なりに検索してみたのですが、
どこでもごく当たり前「TM」と略語で表記されているだけですのでここで質問させて頂きます。
自分としては
1.トーナメントの略
2.トレードマーク(商標)のこと
と考えていておそらくどちらかで間違いは無いとは思っているのですが・・・。
できれば参考URLなども教えていただけたらありがたいです。

よろしくお願いします (__)

Aベストアンサー

トレードマークですね。
過去の回答が詳しいです。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=288087

QTOEICのIPと公開テストについて

TOEICのIPと公開テストではスコアが変わってくるものなのでしょうか?
IPよりも公開テストの方がスコアが良かった、IPより公開テストの方がスコアが悪かった、っといった経験をされた方、その事について詳しい方、教えて下さい。

Aベストアンサー

違いはありません。

私はそれぞれ複数回受験したことがありますが、結果を並べてみてどっちがどうという差異はなかったです。

IPのほうが簡単とかいう説もあるようですが、どこかで読んだのは「教え子たちにやってみてもらったが、逆にIPのほうが悪いときもあるし、どうとも言えない」という話でした。

IPテストは過去問題を使っているとか読んだことがありますが、この間公開テストで、見たことのある問題が出ていました。
公開テストでも過去に使った問題が出るんでしょうかね~?

それで、今度公開テストはリニューアルされますよね。
IPテストのリニューアルは2007年以降の予定とのこと。
だから形式がちょっと違います。
ただ、スコアは調整するので新旧テストのレベルに違いは出ないとのことです。

そもそも単純に「正解で何点」と点数をつけるテストではなくて特殊な計算方法でスコアを出しているので、公開もIPも変わらんでしょう。

テスト結果とは別に、写真入り認定証が発行されるかされないかの違いはありますが。

参考URL:http://www.toeic.or.jp/toeic/new/new03.html

違いはありません。

私はそれぞれ複数回受験したことがありますが、結果を並べてみてどっちがどうという差異はなかったです。

IPのほうが簡単とかいう説もあるようですが、どこかで読んだのは「教え子たちにやってみてもらったが、逆にIPのほうが悪いときもあるし、どうとも言えない」という話でした。

IPテストは過去問題を使っているとか読んだことがありますが、この間公開テストで、見たことのある問題が出ていました。
公開テストでも過去に使った問題が出るんでしょうかね~?

それで、今度公...続きを読む

QTMS化について

フェニルピルビン酸(ベンゼン環にCH2COCOOHが付いた化合物)をTMS化処理すると、なぜか2ヶ所がTMS化されるようなのです。本来なら一つだけあるカルボキシル基がTMS化されるはずなのですが、GC-MSの結果を見ると、ちょうど2ヶ所がTMS化されているような開裂パターンを示します。これは一体どういうことなのでしょうか。ちなみに使っているTMS化剤は東京化成工業のBSTFAです。

Aベストアンサー

2ヶ所が TMS 化されているのは間違いありませんか?GC-MS ですので分子量を見れば1ヶ所か2ヶ所かはすぐ分かると思いますが。

さて,2ヶ所が TMS 化されているのならば,それは CH2CO がエノ-ル化して TMS 化されていると考えられます。つまり,Ph-CH=C(OTMS)-COO-TMS ができているわけです。

Q団体特別受験制度(IPテスト)と新TOEIC

新TOEICと団体特別受験制度(IPテスト)のどちらを受験しようか迷っています。テスト内容がかなり違うので、やはりどちらかを基準にして勉強しないといけないでしょうか。
両方に通用するような都合のいい勉強の仕方はないでしょうか。
また、今後を考えますと、新TOEICを受験しておく方が転職などの際には役に立ちますか?
まだTOEIC自体を一度しか受験したことがなく、テスト自体もそこまで把握できていない状態で、質問ばかりしてしまってごめんなさい。
どうぞよきアドバイスをお願いいたします!

Aベストアンサー

IPテストもそろそろ新方式になりますよね?4月からですか。
これから先に申し込むなら新方式でもいいのでは??
http://www.toeic.or.jp/toeic/new/index.html

身もふたもない言い方をいたしますと、聴けて読めて、いろいろな英語に慣れている人ならば、どちらにも対応できます。

新旧で大きく違うのは、リスニングテストがアメリカ発音だけでないこと。
イギリス発音、オーストラリア発音に慣れてないと少々聴きづらいです。個人的にはオーストラリア発音に不慣れです。
それとリーディングテストが長文化したこと。
長文に慣れている人のほうが有利です。

うーむ。どちらかというと、新方式で練習しておいて旧方式を受けるほうが、逆よりは楽なのかもしれません。
新方式のほうが多様性があるので。

ただ、根本的に要求される英語力はそんなに変わらないと思います。
個人的に「前のほうが簡単だった」とか「新しいほうが簡単に感じる」とか得意不得意はあると思いますけど。
主催者によると、スコアは調整されるので新旧で成績の価値は変わらないとされています。たしかに全体的な成績を見ると、どちらがどうという変化はないみたいです。
2006年3月まで旧方式、第122回の5月から新方式です。
   ↓ 

参考URL:http://www.toeic.or.jp/toeic/data/data01.html

IPテストもそろそろ新方式になりますよね?4月からですか。
これから先に申し込むなら新方式でもいいのでは??
http://www.toeic.or.jp/toeic/new/index.html

身もふたもない言い方をいたしますと、聴けて読めて、いろいろな英語に慣れている人ならば、どちらにも対応できます。

新旧で大きく違うのは、リスニングテストがアメリカ発音だけでないこと。
イギリス発音、オーストラリア発音に慣れてないと少々聴きづらいです。個人的にはオーストラリア発音に不慣れです。
それとリーディングテストが長...続きを読む


人気Q&Aランキング