どのような道が私道であるのかを判断する基準ってなんでしょうか?
たとえばピロティーのように建築面積に入っているところでも通り抜ける事が出来れば私道として認められるのかどうかの判断基準はどのようになっているのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

建築基準法の42条に定義ありますが、最終的には行政が決定します。

どう見たって道路だろうというものが、法43条の但し書きに該当するものをいくつも見てきました。ただ道路と呼ぶには、基準法42条に定めるものに該当しなければなりません。但し書きに該当するものは「みち」と記入し道路とは書きません。
道路とは公衆の用に供するということが必要条件です。建築基準法制定当時、公衆の用に供されていれば道路となったと思います。それが、行政の所有になるものが、公道。個人の持ち物であれば私道。基準法上の扱いは一緒です。
    • good
    • 0

建物がたっている部分は少なくとも建築敷地であって道にはなりえません。


個人で所有しているけれど建築敷地には含まれず、誰もが通れる状態が「私道」ではないでしょうか。
地目は「公衆用道路」でないときも私道ということがありましたし、
建築基準法上の道路でなくても私道です。
    • good
    • 0

建築基準法による私道は



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%81%E9%81%93# …

とあります

この回答への補足

わたくし。の道路ということですね。道路の基準を調べてみましたが
道路法や建築基準法の道路の基準はややこしくてよくわかりませんでした。
具体的な例だとどのようなものが私道と認められるかが知りたいです。
よろしくお願いします。

補足日時:2011/04/10 22:28
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q囲繞地所有者の私道通行権の継続

囲繞地所有者の隣人が家を建て替えたとき、親父の代に「無償」での私道通行権を「口約束」で認めてもらい建築許可を得たそうです(隣人の話で書類等の証拠無し)。市役所で聞いた話では、図面さえあれば通行許可を得た旨の確認は全くしないとか(囲繞地だから当然?)。

親父が死亡し この私道を私が相続しました。 生前、口約束の件は全く聞いておりませんでした。
このような場合、囲繞地所有者の「無償」通行権は自動的に引き継がれるのでしょうか。
 
掃除をし 暑い盛りに草刈りをし、固定資産税を自分で払いながら 無償で隣人の通行を許しているのが、ばかばかしいのです。

所有者が変わったので、せめて上記費用相当分でも有償化する形で、隣人に私道通行権を認める再契約を要求するのは法的に不可能でしょうか? ←口約束でも約束だからダメ? しかし所有者が変わったときの事までは約束してないと思われる。
法的に要求可能でも、有償再契約に応じない場合、現在2m巾x40m長の通路ですが、例えば1m巾に狭めてしまう様なことは可能でしょうか? こうすると庭が40平米広がるメリットが生じます。

囲繞地所有者の通行権を否定出来ないことは分かっております。また、建基法等の指定は全く有りません。

以上、ばかばしさ気分を晴らす為に、良い方法アドバイスよろしくお願い致します。

囲繞地所有者の隣人が家を建て替えたとき、親父の代に「無償」での私道通行権を「口約束」で認めてもらい建築許可を得たそうです(隣人の話で書類等の証拠無し)。市役所で聞いた話では、図面さえあれば通行許可を得た旨の確認は全くしないとか(囲繞地だから当然?)。

親父が死亡し この私道を私が相続しました。 生前、口約束の件は全く聞いておりませんでした。
このような場合、囲繞地所有者の「無償」通行権は自動的に引き継がれるのでしょうか。
 
掃除をし 暑い盛りに草刈りをし、固定資産税を自分で...続きを読む

Aベストアンサー

もともと、通行権は、一年に一度通行料を払うのが原則です。
民212 「 ・・・支払わなければならない。・・・」

代替わりを理由に、通行料の支払いを求めましょう。

Q建築基準法の適用?「建物」の定義?

建築基準法が適用される「建物」の定義とは、なんでしょうか?たとえば、ある程度の規模以上の建物を造ると、行政への申請義務が発生するのでしょうか?

Aベストアンサー

建築基準法の2条に定義されています。
屋根と壁もしくは柱を有するものとなっています。
申請は、地域、地区によって異なります。たとえば、都市計画地域、準都市計画市域外であれば工事届のみで建築確認申請は不要。また、防火、準防火地域以外での10m2以内の増改築、移転の確認申請は不要になります。(新築はそれ以下でも必要)
建築物の他、工作物(看板や塀など)も規模や高さで申請が必要になります。
参考 データ検索
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi
(建築基準法第2条で検索)

Q私道に対する通行権の設定

親から相続した土地は過去はアパートがあり現在は更地です。そこへは他人名義の私道を通らないと行けません。私道以外の接道はありません。私道に対する私の持ち分は0です。私道は隣接する住人が数人で持ち分を持っています。私道は公衆用道路として登記されています。市役所からは2項道路と認定されています。

私道を今後も問題なく通行できることと私道の工事などが行えることの証明ができるのなら土地を買うと第三者からの申し出があり、以下2つの方法を考えました。

1.私道の持ち分の一部を売ってもらう
2.承役地として通行権・工事掘削権を私道に設定してもらう

1はメドが付きました。2については所有者全員の承諾が必要でしょうか?

上記以外でもどんな方法がベストなのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

持ち分を売ってもらえるなら通行権は自動的に取得できるし、工事掘削権も有ると思って良いと思いますよ。

共有している私道は、お互いさまなので、工事する際に挨拶をする事と元に戻す事をちゃんと行えば問題は無いと思います。

余計な権利を設定することは逆に嫌がられますよ。

Q建築基準法の特殊建築物の定義について

建築基準法の特殊建築物の定義について
店舗併用住宅(木造2階建て)を建設予定で、既に建築確証取得済みです。
今頃になって、市役所の建築指導課から「既に着工されているかも知れませんが、当該建物は、県のまちずくり・・・・条例に該当するため、着工の1ヶ月前までに届け出の義務があります。・・・」と連絡がありました。
大きな部分としましては、道路から店舗入り口をバリアフリーに、(入り口段差もゼロ)する必要があります。
設計はバリアフリーにはなっていないため、現在苦慮しているところです。
罰則規定はないとのことですが、やはり条例にしたがうべきかと思っています。
そこで、確実な根拠を知りたいため、特殊建築物の定義について是非ご教授願います。
県条例では「建築基準法2条2項に規定する特殊建築物」とあります。
法2条2項の「・・・その他これらに類するもの」は通達等どこかに定義さてているのでしょうか?
あるいは担当行政庁の解釈によるものでしょうか?
やはり店舗併用住宅は特殊建築物に該当するのでしょうか?

※市に直接問い合わせれば済む内容ではあるのですが、条例を制定している県に問い合わせたところ上記の回答があり、ただし市に委託?しているため全ての判断は市によるとの事で、事前に理解しての望みたいため、あえて質問させていただきました事を、ご理解願います。

建築基準法の特殊建築物の定義について
店舗併用住宅(木造2階建て)を建設予定で、既に建築確証取得済みです。
今頃になって、市役所の建築指導課から「既に着工されているかも知れませんが、当該建物は、県のまちずくり・・・・条例に該当するため、着工の1ヶ月前までに届け出の義務があります。・・・」と連絡がありました。
大きな部分としましては、道路から店舗入り口をバリアフリーに、(入り口段差もゼロ)する必要があります。
設計はバリアフリーにはなっていないため、現在苦慮しているところです。
...続きを読む

Aベストアンサー

一般な事で言えば、一戸建住宅以外の建物は、建築基準法の特殊建築物と考えて間違いありません。
建築基準法に定めている特殊建築物の定義で不特定多数の人が出入りする建物は、特殊建築物となります。
質問の場合、店舗部分がこの規定に該当するために特殊建築物となるのです。
店舗の部分に問題ありと言う事です。
バリアフリーにするのかしないのかは、建物の規模や間取りなどが分かりませんのでお答えできません。
さしあたっては、所轄の市に問い合わせて工事するようにしましょう。
ご参考まで

Q私道の維持・管理と利用権(通行権?)について

国道に接する、6メートルの幅で奥行きが100メートルの私道(奥は行き止まり)に、9世帯の戸建の人が共有持分を持ち住んでおります。

住居は国道から35メートルほど入ったところから奥側に建っており、国道と接する私道の入口から35メートルまでは片方は田んぼ、もう片方は更地でした。

最近になって、大手の不動産屋さんが私道の片側に接する35メートルまでのところの更地の全てを購入し、分譲開発し数戸の戸建の建物が建設されました。

その内、1棟の建物がこちらの私道に面し駐車場をつくり、車の出入りに日常利用しております。この道路が私道だと認識しているのかも不明です。

この度、私道が傷んできたので修繕・舗装しようと思うのですが工事費がかかります。私道の持分を持っている9世帯の人には費用分担の賛成を得ているのですが、持分を持たないで私道を利用している、後から来た住人に費用負担を求めることは可能でしょうか?

また、大手の不動産屋が、その購入した更地と接する道を私道だと認識しながら設計図をかき、分譲開発し、家を新築した人に、当然に他人の私道を利用させる行為は正しいものか教えてください。

国道に接する、6メートルの幅で奥行きが100メートルの私道(奥は行き止まり)に、9世帯の戸建の人が共有持分を持ち住んでおります。

住居は国道から35メートルほど入ったところから奥側に建っており、国道と接する私道の入口から35メートルまでは片方は田んぼ、もう片方は更地でした。

最近になって、大手の不動産屋さんが私道の片側に接する35メートルまでのところの更地の全てを購入し、分譲開発し数戸の戸建の建物が建設されました。

その内、1棟の建物がこちらの私道に面し駐車場をつくり、車の出入りに日...続きを読む

Aベストアンサー

>また、大手の不動産屋が、その購入した更地と接する道を私道だと認識しながら設計図をかき、分譲開発し、家を新築した人に、当然に他人の私道を利用させる行為は正しいものか教えてください。

 我が家の近所でも同じようなことがありました。
 ただ、基礎工事が始まった段階でしたので、私道所有者との話し合いの結果、通行不可となりました。
(購入者が使用料の負担を嫌がったため)
 不動産屋としては、購入者が私道の所有者と交渉するとことになっていたが、どうも連絡が上手くいっていなかったと言って逃げたようです。

>その内、1棟の建物がこちらの私道に面し駐車場をつくり、車の出入りに日常利用しております。この道路が私道だと認識しているのかも不明です。

 たぶん、認識してはいないのではないでしょうか?
 または、私道とわかっていても、維持費のことなど頭にないのかもしれません。

 私道の通行に対して所有者の方が何も言わなければ、無償で通行を認めているという期間が長くなり、相手方にとっては有利になります。

 相手の方に、やんわりと「こちらの私道の修繕・補修を行うことになりましたので、通行料としての費用負担をお願いします。今後も通行料をお願いしたい。」とお伝えになってはいかがでしょうか?
 先の回答にありましたが、他に出入りできる道がありますので、相手方が無償での通行権を主張するのは難しいと思います。

 費用負担を拒否されたら、今後は通行を控えていただくように伝えるべきですし、費用負担を承諾されたら、持分はなくとも今後も通行を承諾しなければならないでしょう。
 (つまり、通行料はいらないから、使用を拒否したいというのは、いまさら無理ということ)

 相手の方は、きっと不動産屋に文句を言うと思いますので、不動産屋を通して負担金額(今後の通行料も含めて)お決めになったらいかがでしょうか?
 
 

>また、大手の不動産屋が、その購入した更地と接する道を私道だと認識しながら設計図をかき、分譲開発し、家を新築した人に、当然に他人の私道を利用させる行為は正しいものか教えてください。

 我が家の近所でも同じようなことがありました。
 ただ、基礎工事が始まった段階でしたので、私道所有者との話し合いの結果、通行不可となりました。
(購入者が使用料の負担を嫌がったため)
 不動産屋としては、購入者が私道の所有者と交渉するとことになっていたが、どうも連絡が上手くいっていなかったと言って...続きを読む

Q建築基準法上の「4M接道」規定について

教えて下さい。

人に聞いた話ですが、建築基準法上の道路に二方向
以上接している場合で、片方が幅員4M道路の接道が
とれていたので、もう片方の4M未満の道路(42条
2項道路)は、現況の中心から2Mの線での、いわゆる
「セットバック」は不要だった、とのことです。

このケースは、法規上問題ないのでしょうか?
建築確認、および、検査済証は取得できるのでしょうか?
通常セットバックが必要かと思うのですが、どのような
条件で、緩和されたと考えたら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

二項道路ならセットバックは通常必要です。
セットバックとは「昔から道路として使われていた道ならば仮に狭くても公共性があるのだからゆくゆくは消防車などが通れる4mに拡幅したい。その為にそこに建物があると面倒だから新築するならそれを機会にして少し下がって貰おう」という趣旨です。
その趣旨からすろと、ある敷地が二項道路以外にも接道しようがしまいが、特定の敷地のそのような事情とは関係のない定めです。

それが一般論ですが、場所によって何かの特例があるのかも知れませんから、市の建築主事に確認してみて下さい。もし特例があるなら説明してくれるはずです。人づてではそれが正しいかどうかは断定出来ませんので。

Q私道に面した保育園に通行権はあるか?

私の知り合いがやっている保育園は、二方向避難経路確保として、一方が公道に面し、もう一方が私道に面している場所にあります。両方に玄関があるのですが、土地は旗型地で、公道に面している方は非常に狭くなっており、かつその公道が大変危険なので、私道に面した玄関から入れればと言っています。保育園をその場所に移転した時に、保育園への反対があり、その一環として私道の通行を拒否されているようです。現在は、近隣とも上手くやっているようです。保育園の建物には、土地と建物の所有者(私道の所有権はない)のオフィスもあります。保育園の土地・建物の所有者は、私道を通行していいことになっているそうです。
現在は、3人の私道の所有者の一人だけが、通行に反対していて、他の所有者も、その様子見という感じです。このようなケースで、保育園の園児や父兄、保育者などが私道を通行する権利は認められるでしょうか?

Aベストアンサー

質問者さんが言われる「私道」が登記の上でも公衆用道路となっている法律上の私道であれば、通行できるというのが原則です。

平成9年12月18日の最高裁判所の判例で
「敷地所有者が右通行を受任することによって通行者の利益を上回る著しい損害を被るなどの特段の事情がない限り、敷地所有者に対して右妨害行為の排除及び将来の妨害行為の禁止を求める権利を有する」
というものがあります。
この判例によると、その幼稚園の利用者がその私道を通行することによってその土地所有者が受ける損害が、幼稚園の利用者が通行によって受ける利益よりも著しく上回らない限り、利用者は通行妨害を排除する権利があるということです。

もちろんこれは、その「私道」が法律上の私道である場合で、そうではなくて別の建物の敷地内の通路である場合は別です。この場合には通行を認める地上権が認められていなければなりません。

Q欠陥住宅だという判断基準

はじめまして。 欠陥住宅について質問させてください。 

新築一戸建てにすんで約2年がたちました。 並びには数件あるのですが、どこの家も あっちもこっちもなおしたと話を聞きます。 例えば、我が家は 押し入れの中の木のヒビ。 床下収納の蓋のべにやが飛び出てきた。 お風呂場の浴槽のパッキンが浮いてきた。 くらい。
よそのおうちの状態をきくと床下収納は同じくなおした。 道路が近い為 だんだんと 傾いてきてる。 車庫部分の地面コンクリートのヒビ。外壁の吹き付けのはがれ。 一番ひどいのは雨漏り。

軽い症状のものは 不動産屋に連絡するとすぐになおしてくれるのですが ちょっと ひどいものは なかなかなおしてくれない。 

ということなのですが、一般にいう欠陥住宅というのはどこからどこまでの範囲のことを言うのでしょうか? 今書いて事は 欠陥に入りますか? 私はさすがに雨漏りは 完璧に欠陥とは思うのですが...

不動産屋が取り扱ってくれない場合の対処方法を教えて下さい。 お願いします。

Aベストアンサー

ちょっと厄介な感じですね。お話の内容からして
普通一般(欠陥住宅ではない)ではない様です。

<結論から・・一般論で>
一体の建売住宅に様々な欠陥があるというのは、客観的に見ても明らかであるので立証のうんぬんは言うまでもない状態なのですが、施工・販売業者がわかって
いながら修繕対応をしない。モラルはもちろん、瑕疵担保責任、性能保証も守れない法律違反行為です。

という訳で通常なら訴訟に持ち込めば、たいていは
皆さんに有利な方向の処置命令が下る訳ですけども
‘ここまで‘と‘ここから‘が厄介。

まず、客観的な事実を論ずる為に、専門化による調査書類作成・弁護士の選定・費用相談・訴訟手続・結果
もしくは示談和解となるまでに時間と労力がかかります。(最低でも1~2年ぐらいかな)

さらに有利な結果が出たところで、相手の業者に支払い能力又は施行能力がなければ、この時点でアウト!
(もちろん責任者はその会社の社長、刑事責任を問われますが、被害者には何の得にもなりません。)

相手業者も商売はやっていけませんが、責任元である
会社が潰れれば、すべて‘おじゃん‘になってしまう訳です。とても難しいですね、その会社がある程度
の規模の会社であり、信用性や社会性を重視する会社であれば、社長や事業部長宛に抗議の訴えを見せれば
ナンとかなるかもしれません。しかし、小さい吹けば
飛ぶような会社の場合は察して知るべしです。

とりあえず、その会社のトップの方に事実を知らせる
ことから行うのが第一歩の始まりでしょう。

(追補)
欠陥住宅の定義については長くなってしまいます。
施行要領や作業工程が守られていないもの。
材自体の品質や強度・機能が守られていないもの。
仕上げ(仕上りや寸法・機能等)が×なもの。
これについては、さらに細分化されるので専門化に
伺って見るのがいいかと思います。
話しを伺う限り、雨漏り、塗幕面の剥離、ヒビは度合いによりますが・傾き・→言うまでもなく欠陥住宅です。

ちょっと厄介な感じですね。お話の内容からして
普通一般(欠陥住宅ではない)ではない様です。

<結論から・・一般論で>
一体の建売住宅に様々な欠陥があるというのは、客観的に見ても明らかであるので立証のうんぬんは言うまでもない状態なのですが、施工・販売業者がわかって
いながら修繕対応をしない。モラルはもちろん、瑕疵担保責任、性能保証も守れない法律違反行為です。

という訳で通常なら訴訟に持ち込めば、たいていは
皆さんに有利な方向の処置命令が下る訳ですけども
‘ここまで‘と‘ここ...続きを読む

Q分譲地の私道と通行権?

家の工事をする必要が出たのですが、
工事車両の進入について、不動産屋ともめています。

12軒の家が並ぶ分譲地で、環状の道路の周りに区画があって、家が並んでいます。
道路は全て私道になっていて、それぞれの家の持ち主は、自分の家の前数十メートル(環状道路の一部)と、環状道路と公道の間の道路の一部を私道持分として持っています。
ちなみに私の家は、環状道路の入り口と正反対側にあり、事実上、誰も前の道を通りません。

工事をするために、家の前の私道(私の持分)に工事車両を止めて工事をしようとしたら、管理している不動産屋から待ったがかかってしまいました。

少なくとも、車両を止める場所は自分の土地ですし、
事実上、そこにずっと車を止めても、誰も困る人はいないです。
勿論、万が一困る人がいれば、一時的に車両を移動することは可能です。

このような状況で私道に工事車両を止めておくのは、どういう問題があるのでしょうか?
また、問題を解決するにはどうしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

私道持分は2種類あり、
私道全部を持分按分してもっている場合と、前面道路部分をもっている場合とありますが、基本的にどちらも私道とはいえ、道路です。

工事車両をとめて工事をすることに意義があるかどうかは、
その分譲地がすべて完売しているような状態であれば、不動産屋がとやかくいうのはおかしいような気がしますが、すべて完売されていない場合は、不動産会社も私道持分を按分してもっています。
正確には売主がもっているのですが・・・

ですので、自分の土地といえば土地なのですが
土地でないといえば土地ではないのです。

そこに車を止めても誰も困る人がいないかどうかは質問者様が決めるのではなく客観的に決める必要があるでしょう。

・どうして、その不動産会社がまったをかけてきたのか

この理由をきちんときいてみましょう。

あまり納得がいかない場合は、その業者の看板に
「鳩」のマークがあれば、宅建協会
「うさぎ」のマークがあれば、全日本不動産協会
へ連絡して、業者名と、こういったトラブルがあった旨を伝え、
解決法を聞いてください。

宅建協会
http://www.zentaku.or.jp/

全日本不動産協会
http://www.zennichi.or.jp/

私道持分は2種類あり、
私道全部を持分按分してもっている場合と、前面道路部分をもっている場合とありますが、基本的にどちらも私道とはいえ、道路です。

工事車両をとめて工事をすることに意義があるかどうかは、
その分譲地がすべて完売しているような状態であれば、不動産屋がとやかくいうのはおかしいような気がしますが、すべて完売されていない場合は、不動産会社も私道持分を按分してもっています。
正確には売主がもっているのですが・・・

ですので、自分の土地といえば土地なのですが
土地で...続きを読む

Q急いでいます! 構造計算添付の判断基準?教えて~

教えてください! 鉄骨造、平屋、110m2作業所 倉庫140m2二つの用途があり おのおの構造的にEXPJにて分割されています。 建築確認には、構造計算は必要でしょうか?

Aベストアンサー

お礼の中の補足に付いて
>質問の仕方がまずかったのですが 確認申請に構造計算書を
>添付しなければいけないのかどうか?その判断基準はどうなのかを
>聞きたかったのです。
回答は、#4の通りで必要と言う事です。
添付書類は下記の通り
構造計算書、の他に、基礎伏図、基礎詳細図、柱伏図、梁伏図、軸組図、鉄骨詳細図、柱・梁部材リスト、主要接合部リスト等の構造図一式の添付必要です。
以上経験者より


人気Q&Aランキング

おすすめ情報