どのような道が私道であるのかを判断する基準ってなんでしょうか?
たとえばピロティーのように建築面積に入っているところでも通り抜ける事が出来れば私道として認められるのかどうかの判断基準はどのようになっているのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

建築基準法の42条に定義ありますが、最終的には行政が決定します。

どう見たって道路だろうというものが、法43条の但し書きに該当するものをいくつも見てきました。ただ道路と呼ぶには、基準法42条に定めるものに該当しなければなりません。但し書きに該当するものは「みち」と記入し道路とは書きません。
道路とは公衆の用に供するということが必要条件です。建築基準法制定当時、公衆の用に供されていれば道路となったと思います。それが、行政の所有になるものが、公道。個人の持ち物であれば私道。基準法上の扱いは一緒です。
    • good
    • 0

建物がたっている部分は少なくとも建築敷地であって道にはなりえません。


個人で所有しているけれど建築敷地には含まれず、誰もが通れる状態が「私道」ではないでしょうか。
地目は「公衆用道路」でないときも私道ということがありましたし、
建築基準法上の道路でなくても私道です。
    • good
    • 0

建築基準法による私道は



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%81%E9%81%93# …

とあります

この回答への補足

わたくし。の道路ということですね。道路の基準を調べてみましたが
道路法や建築基準法の道路の基準はややこしくてよくわかりませんでした。
具体的な例だとどのようなものが私道と認められるかが知りたいです。
よろしくお願いします。

補足日時:2011/04/10 22:28
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q囲繞地所有者の私道通行権の継続

囲繞地所有者の隣人が家を建て替えたとき、親父の代に「無償」での私道通行権を「口約束」で認めてもらい建築許可を得たそうです(隣人の話で書類等の証拠無し)。市役所で聞いた話では、図面さえあれば通行許可を得た旨の確認は全くしないとか(囲繞地だから当然?)。

親父が死亡し この私道を私が相続しました。 生前、口約束の件は全く聞いておりませんでした。
このような場合、囲繞地所有者の「無償」通行権は自動的に引き継がれるのでしょうか。
 
掃除をし 暑い盛りに草刈りをし、固定資産税を自分で払いながら 無償で隣人の通行を許しているのが、ばかばかしいのです。

所有者が変わったので、せめて上記費用相当分でも有償化する形で、隣人に私道通行権を認める再契約を要求するのは法的に不可能でしょうか? ←口約束でも約束だからダメ? しかし所有者が変わったときの事までは約束してないと思われる。
法的に要求可能でも、有償再契約に応じない場合、現在2m巾x40m長の通路ですが、例えば1m巾に狭めてしまう様なことは可能でしょうか? こうすると庭が40平米広がるメリットが生じます。

囲繞地所有者の通行権を否定出来ないことは分かっております。また、建基法等の指定は全く有りません。

以上、ばかばしさ気分を晴らす為に、良い方法アドバイスよろしくお願い致します。

囲繞地所有者の隣人が家を建て替えたとき、親父の代に「無償」での私道通行権を「口約束」で認めてもらい建築許可を得たそうです(隣人の話で書類等の証拠無し)。市役所で聞いた話では、図面さえあれば通行許可を得た旨の確認は全くしないとか(囲繞地だから当然?)。

親父が死亡し この私道を私が相続しました。 生前、口約束の件は全く聞いておりませんでした。
このような場合、囲繞地所有者の「無償」通行権は自動的に引き継がれるのでしょうか。
 
掃除をし 暑い盛りに草刈りをし、固定資産税を自分で...続きを読む

Aベストアンサー

もともと、通行権は、一年に一度通行料を払うのが原則です。
民212 「 ・・・支払わなければならない。・・・」

代替わりを理由に、通行料の支払いを求めましょう。

Q建築基準法の適用?「建物」の定義?

建築基準法が適用される「建物」の定義とは、なんでしょうか?たとえば、ある程度の規模以上の建物を造ると、行政への申請義務が発生するのでしょうか?

Aベストアンサー

建築基準法の2条に定義されています。
屋根と壁もしくは柱を有するものとなっています。
申請は、地域、地区によって異なります。たとえば、都市計画地域、準都市計画市域外であれば工事届のみで建築確認申請は不要。また、防火、準防火地域以外での10m2以内の増改築、移転の確認申請は不要になります。(新築はそれ以下でも必要)
建築物の他、工作物(看板や塀など)も規模や高さで申請が必要になります。
参考 データ検索
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxsearch.cgi
(建築基準法第2条で検索)

Q私道の日常通行について質問です。 私の家は正面が公道、片側が私道に面しております。 ただし、正面の公

私道の日常通行について質問です。

私の家は正面が公道、片側が私道に面しております。
ただし、正面の公道からは階段で3mほど登らなくてはならず、私道側は坂が急ですが広く玄関からはほぼフラットでアクセスできます。

私道の持ち分はもっていませんが、近所の方からの情報では固定資産税は免除されているそうです。
固定資産税の免除理由から不特定の人の通行が可能なはずですが、公道に面している家を持つ私が日常的に使用する事は法律上違反になるのでしょうか?

ご存知の方ご教授ねがいます。

質問ですが、日常的には私道側を

Aベストアンサー

私道の所有者に確認する 日常的に使うのなら 一言 断り入れるのが常識ですな 相手がどの様な返事するか 貴方の出方次第と常日頃の付き合い方に依りますな
 固定資産税 免除されて居ても持ち主に権利はあります

Q建築基準法の特殊建築物の定義について

建築基準法の特殊建築物の定義について
店舗併用住宅(木造2階建て)を建設予定で、既に建築確証取得済みです。
今頃になって、市役所の建築指導課から「既に着工されているかも知れませんが、当該建物は、県のまちずくり・・・・条例に該当するため、着工の1ヶ月前までに届け出の義務があります。・・・」と連絡がありました。
大きな部分としましては、道路から店舗入り口をバリアフリーに、(入り口段差もゼロ)する必要があります。
設計はバリアフリーにはなっていないため、現在苦慮しているところです。
罰則規定はないとのことですが、やはり条例にしたがうべきかと思っています。
そこで、確実な根拠を知りたいため、特殊建築物の定義について是非ご教授願います。
県条例では「建築基準法2条2項に規定する特殊建築物」とあります。
法2条2項の「・・・その他これらに類するもの」は通達等どこかに定義さてているのでしょうか?
あるいは担当行政庁の解釈によるものでしょうか?
やはり店舗併用住宅は特殊建築物に該当するのでしょうか?

※市に直接問い合わせれば済む内容ではあるのですが、条例を制定している県に問い合わせたところ上記の回答があり、ただし市に委託?しているため全ての判断は市によるとの事で、事前に理解しての望みたいため、あえて質問させていただきました事を、ご理解願います。

建築基準法の特殊建築物の定義について
店舗併用住宅(木造2階建て)を建設予定で、既に建築確証取得済みです。
今頃になって、市役所の建築指導課から「既に着工されているかも知れませんが、当該建物は、県のまちずくり・・・・条例に該当するため、着工の1ヶ月前までに届け出の義務があります。・・・」と連絡がありました。
大きな部分としましては、道路から店舗入り口をバリアフリーに、(入り口段差もゼロ)する必要があります。
設計はバリアフリーにはなっていないため、現在苦慮しているところです。
...続きを読む

Aベストアンサー

一般な事で言えば、一戸建住宅以外の建物は、建築基準法の特殊建築物と考えて間違いありません。
建築基準法に定めている特殊建築物の定義で不特定多数の人が出入りする建物は、特殊建築物となります。
質問の場合、店舗部分がこの規定に該当するために特殊建築物となるのです。
店舗の部分に問題ありと言う事です。
バリアフリーにするのかしないのかは、建物の規模や間取りなどが分かりませんのでお答えできません。
さしあたっては、所轄の市に問い合わせて工事するようにしましょう。
ご参考まで

Qビラ配りは、いくら儲かるのでしょう?

ビラ配りの仕事が取れそうなんですが、いくらで仕事を受けたらいいのかわかりません。ビラ配りの相場を教えてください。例えば、一枚あたりの単価や一万枚ならどれくらいで配れるのかなど、ビラ配りをされたことのある経験などもあればお願いします。

Aベストアンサー

単にビラ配りのアルバイトで言うと、高校生の頃に1度やったことがあります。一日の日給で8千円くらいで、3日間連続してやりました。
配ったのは大きめのダンボール2箱分くらい。でもノルマはなく、私の登録した会社は一人一枚ずつ配り、一日が終わればそれで終了というやり方でした。一日必ず何枚配るとかは強制されませんでしたね。ただしビラを捨てて遊びに行ってしまう人もいるそうで、見張り役の社員さんも一緒に配るということになってました。これがまたチェックが厳しくて、いちいち一人一枚配るのが面倒で一人2、3枚ほど配ろうとすると、すかさず注意されたのを覚えています。

Q欠陥住宅だという判断基準

はじめまして。 欠陥住宅について質問させてください。 

新築一戸建てにすんで約2年がたちました。 並びには数件あるのですが、どこの家も あっちもこっちもなおしたと話を聞きます。 例えば、我が家は 押し入れの中の木のヒビ。 床下収納の蓋のべにやが飛び出てきた。 お風呂場の浴槽のパッキンが浮いてきた。 くらい。
よそのおうちの状態をきくと床下収納は同じくなおした。 道路が近い為 だんだんと 傾いてきてる。 車庫部分の地面コンクリートのヒビ。外壁の吹き付けのはがれ。 一番ひどいのは雨漏り。

軽い症状のものは 不動産屋に連絡するとすぐになおしてくれるのですが ちょっと ひどいものは なかなかなおしてくれない。 

ということなのですが、一般にいう欠陥住宅というのはどこからどこまでの範囲のことを言うのでしょうか? 今書いて事は 欠陥に入りますか? 私はさすがに雨漏りは 完璧に欠陥とは思うのですが...

不動産屋が取り扱ってくれない場合の対処方法を教えて下さい。 お願いします。

Aベストアンサー

ちょっと厄介な感じですね。お話の内容からして
普通一般(欠陥住宅ではない)ではない様です。

<結論から・・一般論で>
一体の建売住宅に様々な欠陥があるというのは、客観的に見ても明らかであるので立証のうんぬんは言うまでもない状態なのですが、施工・販売業者がわかって
いながら修繕対応をしない。モラルはもちろん、瑕疵担保責任、性能保証も守れない法律違反行為です。

という訳で通常なら訴訟に持ち込めば、たいていは
皆さんに有利な方向の処置命令が下る訳ですけども
‘ここまで‘と‘ここから‘が厄介。

まず、客観的な事実を論ずる為に、専門化による調査書類作成・弁護士の選定・費用相談・訴訟手続・結果
もしくは示談和解となるまでに時間と労力がかかります。(最低でも1~2年ぐらいかな)

さらに有利な結果が出たところで、相手の業者に支払い能力又は施行能力がなければ、この時点でアウト!
(もちろん責任者はその会社の社長、刑事責任を問われますが、被害者には何の得にもなりません。)

相手業者も商売はやっていけませんが、責任元である
会社が潰れれば、すべて‘おじゃん‘になってしまう訳です。とても難しいですね、その会社がある程度
の規模の会社であり、信用性や社会性を重視する会社であれば、社長や事業部長宛に抗議の訴えを見せれば
ナンとかなるかもしれません。しかし、小さい吹けば
飛ぶような会社の場合は察して知るべしです。

とりあえず、その会社のトップの方に事実を知らせる
ことから行うのが第一歩の始まりでしょう。

(追補)
欠陥住宅の定義については長くなってしまいます。
施行要領や作業工程が守られていないもの。
材自体の品質や強度・機能が守られていないもの。
仕上げ(仕上りや寸法・機能等)が×なもの。
これについては、さらに細分化されるので専門化に
伺って見るのがいいかと思います。
話しを伺う限り、雨漏り、塗幕面の剥離、ヒビは度合いによりますが・傾き・→言うまでもなく欠陥住宅です。

ちょっと厄介な感じですね。お話の内容からして
普通一般(欠陥住宅ではない)ではない様です。

<結論から・・一般論で>
一体の建売住宅に様々な欠陥があるというのは、客観的に見ても明らかであるので立証のうんぬんは言うまでもない状態なのですが、施工・販売業者がわかって
いながら修繕対応をしない。モラルはもちろん、瑕疵担保責任、性能保証も守れない法律違反行為です。

という訳で通常なら訴訟に持ち込めば、たいていは
皆さんに有利な方向の処置命令が下る訳ですけども
‘ここまで‘と‘ここ...続きを読む

Q固定資産税 私道分を返してほしい。

類似の質問があったのですが、ちょっと具体的な状況を質問したいと思います。

京都市で38年間、私道を宅地として登録してあり、固定資産税をおさめてきました。

どうも、インターネットで調べると、こちらから申告すると5年分は地方税法で還付されるらしいということもわかりました。

ですが、最長20年間という話も散見され、返してもらえるものなら返してほしいと思っています。

購入時の書類を見ると、
「宅地○○m2 (ただし私道を含む)」という記載がありました。


http://www.city.kyoto.lg.jp/gyozai/cmsfiles/contents/0000077/77571/henkanyouryou.pdf
にその規定っぽいものがあるのですが、説明を役所に聞きに行ったところ、

「宅地を事業所などに登録してしまったときなどが対象で、道路というのは申告してもらう必要がある。こちらのミスではない」
という内容のことを言われ、5年分の返還だねと結論付けられました。

これって、どうにもならないものでしょうか。こちらのミスと結論されてしまうのでしょうか。

類似の質問があったのですが、ちょっと具体的な状況を質問したいと思います。

京都市で38年間、私道を宅地として登録してあり、固定資産税をおさめてきました。

どうも、インターネットで調べると、こちらから申告すると5年分は地方税法で還付されるらしいということもわかりました。

ですが、最長20年間という話も散見され、返してもらえるものなら返してほしいと思っています。

購入時の書類を見ると、
「宅地○○m2 (ただし私道を含む)」という記載がありました。


http://www.city.kyoto.lg.jp/gyozai/c...続きを読む

Aベストアンサー

どんな理由(市役所のミスだとしても)であれ、5年以前はダメです。
指摘しなかった人が悪い。かえせません。できません。
と、してやったりて感じで、にこやかに言われると腹が立ちますね。
5年以内の返金の話はとても親切なんですがね。
ただ、返した結果、車庫証明が取れないということに気がついても、
これも手遅れ、何事にもそうして来た先輩の理由があるものです。
ご注意あれ。

Q建築基準法上の「4M接道」規定について

教えて下さい。

人に聞いた話ですが、建築基準法上の道路に二方向
以上接している場合で、片方が幅員4M道路の接道が
とれていたので、もう片方の4M未満の道路(42条
2項道路)は、現況の中心から2Mの線での、いわゆる
「セットバック」は不要だった、とのことです。

このケースは、法規上問題ないのでしょうか?
建築確認、および、検査済証は取得できるのでしょうか?
通常セットバックが必要かと思うのですが、どのような
条件で、緩和されたと考えたら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

二項道路ならセットバックは通常必要です。
セットバックとは「昔から道路として使われていた道ならば仮に狭くても公共性があるのだからゆくゆくは消防車などが通れる4mに拡幅したい。その為にそこに建物があると面倒だから新築するならそれを機会にして少し下がって貰おう」という趣旨です。
その趣旨からすろと、ある敷地が二項道路以外にも接道しようがしまいが、特定の敷地のそのような事情とは関係のない定めです。

それが一般論ですが、場所によって何かの特例があるのかも知れませんから、市の建築主事に確認してみて下さい。もし特例があるなら説明してくれるはずです。人づてではそれが正しいかどうかは断定出来ませんので。

Q私道の行き止まりにある宅地の相続税評価方法

私道の行き止まりのある宅地の相続税評価をしたいのですが、アドバイスを宜しく願います。

1.私道について: 幅員4m、長さ43mで路線価17万円の公道に4m接道している。私道に路線価は無し。途中で直角に折れ曲がっており、2区画に分筆されている。地番は2つ有り。共有者は隣接家屋の5人。

2.宅地について: 東西14m、南北20mで280m2、 道路には私道で4m接道しているのみ。

上記条件の宅地を評価するに当たり、特定路線価を申請しない、以下の方法を考えてみました。

まず、私道の修正路線価を以下の如く求めました。(国税庁のHPを参考にしました。)

1)奥行補正=0.92 (43m、住宅地)
2)間口狭小補正=0.94 (4m、住宅地)
3)奥行長大補正=0.9 (43/4=10.75)

 17万円(正面路線価)x0.92x0.94x0.9=13.2万円(百円以下切り捨て)

 この、私道の評価額13.2万円を宅地を評価する元の価格とします。

宅地の評価額を以下の如く求めました。

 1)間口狭小補正=0.94 (4m、住宅地)
 2)奥行長大補正=0.96 (14/4=3.5)、住宅地

13.2万円(私道の価格)X0.94x0.96x280(地積)=3335.2万円(宅地の評価額)

上記のような方法で宅地の相続税評価をして宜しいでしょうか?

また、この場合、私道も相続税の対象となると思いますので、以下の通り私道の相続税評価額を求めてみました。

13.2万円x172(地積)x0.3x0.2(持分)=136.2万円

よって相続税評価合計は、3335.2万円(宅地部分)+136.2万円(私道部分)=3471.4万円
となると考えますが、合っているでしょうか?お詳しい方、アドバイスを頂ければ幸いです。

私道の行き止まりのある宅地の相続税評価をしたいのですが、アドバイスを宜しく願います。

1.私道について: 幅員4m、長さ43mで路線価17万円の公道に4m接道している。私道に路線価は無し。途中で直角に折れ曲がっており、2区画に分筆されている。地番は2つ有り。共有者は隣接家屋の5人。

2.宅地について: 東西14m、南北20mで280m2、 道路には私道で4m接道しているのみ。

上記条件の宅地を評価するに当たり、特定路線価を申請しない、以下の方法を考えてみました。

まず、私道の修...続きを読む

Aベストアンサー

まず私道の評価ですが、L字に曲がっているので、「不整形地」の評価になります。
特定の複数の人によって利用されているので、計算して出てきた価額の30%で評価です。


奥の宅地ですが、私道の評価額をもとに計算するのは、何とも言いがたいです。私個人的にはちょっと違うんではと思います。
公道には接していないが公道すぐ脇の宅地と、私道の一番奥の宅地とでは使い勝手が全然違うかもしれません。それを同じ路線価で評価してしまう、ということになってしまいますよね。

土地の評価方法は財産評価通達で定められていますが、私道の奥の宅地をどう評価するのかについてはそのものズバリの評価方法は示されていません。特定路線価を付してもらってというのが一般的ではあると思いますが、これは法律ではありませんので必ずそうしなさい、という訳でもないと思います。第三者を納得させることができるような合理的な評価方法であれば問題はないと思います。

Q急いでいます! 構造計算添付の判断基準?教えて~

教えてください! 鉄骨造、平屋、110m2作業所 倉庫140m2二つの用途があり おのおの構造的にEXPJにて分割されています。 建築確認には、構造計算は必要でしょうか?

Aベストアンサー

お礼の中の補足に付いて
>質問の仕方がまずかったのですが 確認申請に構造計算書を
>添付しなければいけないのかどうか?その判断基準はどうなのかを
>聞きたかったのです。
回答は、#4の通りで必要と言う事です。
添付書類は下記の通り
構造計算書、の他に、基礎伏図、基礎詳細図、柱伏図、梁伏図、軸組図、鉄骨詳細図、柱・梁部材リスト、主要接合部リスト等の構造図一式の添付必要です。
以上経験者より


人気Q&Aランキング

おすすめ情報