もうすぐ某大手の子会社の最終面接があります。その会社も大変魅力的なのですが、どうしても親会社も受けたいです。
日にち的に子会社の内定が出た後に親会社の書類選考の発表があります。
その際に子会社から親会社に「内定者のリスト」は一般的に伝わっているものなのでしょうか??

A 回答 (1件)

> 子会社の内定後に、親会社への応募は可能ですか?



もちろん、職業選択の自由がありますから、応募することは可能です。

> その際に子会社から親会社に「内定者のリスト」は一般的に伝わっているもの~

当たり前になりますが、やっぱり、各会社のルールと習慣次第です。

かつて勤務していた職場は大手グループ会社の内の一つでしたが、
親に当たる会社には、人事異動など事前に知らせていましたよ。

けれど、さすがに内定者リストまでは知らせていませんでしたが、
世にはいろんな会社もあるし、貴方が内定を頂いた会社グループのルールや習慣などについては、
やっぱり、どなたも確実なところは何とも言えないと思います。

いずれにせよ、ご健闘を祈ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えてくださって非常に助かりました^^ありがとうございました!

お礼日時:2011/04/15 19:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親会社 子会社

会社法の条文なのですが
親会社についての定義と
子会社についての定義が各々定められています。

実質的な支配関係があるのかどうかで判断する
というのは分かるのですが
定義を見ていると
親会社の裏返しが子会社
子会社の裏返しが親会社と読めないのですが

親会社があれば片方は必然的に子会社
子会社があれば片方は必然的に親会社という関係ではない
のでしょうか。

親会社だけが存在、
子会社だけが存在という場合があるんでしょうか。

支配関係を判断するくらいで
あまり重要ではないかもしれませんが
どうも釈然としないのです。

Aベストアンサー

例を挙げると、
外国会社を日本の株式会社が支配しても、その株式会社は外国会社の親会社ではありません。
しかし、日本の株式会社が子会社として支配しうる会社は内国会社に限られませんので、外国会社は日本の株式会社の子会社となります。

会社法施行規則2条3項2号では「会社等」の定義に外国会社が含まれます。
3条1項の子会社の規定では「他の会社等の財務・・・を支配し」となり、
2項の親会社の規定では「株式会社の財務・・・を支配し」となっています。

他にも、民法上の組合をある株式会社が支配している場合その組合が子会社となるのに対し、
この株式会社は親会社とならないという例が考えられます。

親会社・子会社関係にある会社を集団的に規制するのではなく、
「親会社に対する規制」と「子会社に対する規制」が
行われているためこのようにズレているのではないかと思います。
こうなると2条4号で「その他・・・支配している法人として」と定めている意味がわかりにくいですね。
今後変化しうるのでしょうか。

Qある親会社と合併による子会社?両方の面接を予約しま

ある親会社と合併による子会社?両方の面接を予約しました。
しかし子会社の方は勤務地が遠くて、面接を辞退しようか悩んでいます。
その場合親会社での選考の影響はありますか?

Aベストアンサー

面接受けたから、イコールその会社に入社ってなるわけじゃない。
親会社にも印象がいいのは、その会社の子会社も受けさせていただいたっていう
アピールじゃないのかな。
志望動機としても、あげれるでしょう?
受けたとこで、必ず受かるご時勢じゃないんだから
勤務地が云々で、辞退することはないと思う。
辞退するなら、受かってから考えればいいこと。

Q子会社から親会社への転職は不可能?(28歳)

こんにちは、みなさん!!

【質問】子会社から親会社へ転職する事は不可能ですか?親会社では
募集しています。

【質問の背景】親会社から子会社への出向や、転職は、よくあり
ます。しかし、子会社から親会社への転職は聞いた事がありませ
ん。しかし、親会社では募集をしていて、受けたいなと思います。

子会社にいる、人が親会社の人より、実力が低いという事は得に
ないと思います。ただ、タイミングで子会社の門をたたいて採用
されたにすぎません。親会社も、子会社の人間が仕事ができない
とは思っていないはずです。

親会社でもできない人間は子会社へ飛ばすという事もある
はずです。しかし、給与基準が子会社と親会社では違います。そう
いう観点からこんなできない人でも親会社にいるなら私も行きたいと
思ってしまいます。

私は仕事で親会社と密接につながっています。ですから、実際には
親会社の普段、連絡などしている部署に転職したいと考えています。

しかし、会社的にはそのような事はできないのかと考えています。
一般的にはどうなのでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

こんにちは、みなさん!!

【質問】子会社から親会社へ転職する事は不可能ですか?親会社では
募集しています。

【質問の背景】親会社から子会社への出向や、転職は、よくあり
ます。しかし、子会社から親会社への転職は聞いた事がありませ
ん。しかし、親会社では募集をしていて、受けたいなと思います。

子会社にいる、人が親会社の人より、実力が低いという事は得に
ないと思います。ただ、タイミングで子会社の門をたたいて採用
されたにすぎません。親会社も、子会社の人間が仕事ができない
...続きを読む

Aベストアンサー

現在の子会社を一度辞めて別の企業や派遣で働いてから親会社なら行けるかも知れません。

子会社→親会社の直行の転職は考えられません。
回答者が採用担当なら書類審査で落ちますし親会社から子会社にチクリかねませんよ。
リスキーな選択です。

Q弟が某大手ゼネコンの内定をもらいました。

来年の春就職で、少々親のコネもあります。
本人は設計部希望だったのですが、
決まった先は現場担当だそうです。
そこに決めてしまって、この先設計部への移ることは可能でしょうか?
一応、国公立の大学院卒(見込)なのですが、現場から設計への移動はかなり難しいでしょうか?
でもこの機会を逃してしまうのとこのご時世ですから中々ほかに良い就職先が決まるかどうかは定かではなく、本人も相当悩んでいます。

Aベストアンサー

全然可能ですよ。
というか、全くの素人が現場の知識もなく設計するほうが
問題です。一般的には年1回、面接があって、希望部署とか
聞かれるはずですから、その時に希望してみては?
私の知る限りでは、技術研究所とかでなければ、通常現場経験を
踏んでから設計に行くパターンが多いですね。
現場が肌に合わず、この段階で会社を辞める人もたくさん見てきましたが・・・

Q子会社の社内規程内で「親会社からの指示に従う」旨の条文を記載して良いのでしょうか?

100%子会社の社内規程を作成中です。親会社から「子会社の社内規程に、親会社の指示に従う、判断を仰ぐ、業務報告を行う」旨の条文を記載しろと言われています。
親会社は日本、子会社は、親会社の100%子会社ではありますが、完全別法人の米国企業です。
子会社として採用し、就労している社員が大半です。
子会社の社内規程内に、例えば「親会社営業本部の指示に従う」と記載することに少なからず抵抗感があるのですが、どうなのでしょうか?
100%子会社の場合は、たとえ別法人であったとしても、「親会社の各部署の指示に従う」と社内規程に記載して、何の問題もないのでしょうか?
「親会社からの指示は仰ぐのは業務上は有り得る事」だとしても、子会社社内規程に親会社からの命令に従う旨の内容が記載されてしまうと、子会社で採用されている社員からすれば、「一体、誰に雇われているのかわからなくなってしまう(指揮・命令系統が別法人から出ることになるため)」ような気がするのですが・・・。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本社と子会社間の協定では そう書くのは当然です。
そして、それを受けて 子会社では 親会社の意向を受けて業務を執行します。
会社としての業務規定に書くのは 当然のことと思います。
しかし、その指示等は経営陣にすべきであって、個々の社員にすべきものではありません 個々の社員には子会社の経営陣からの指示という流れです。
よって、子会社の社員の就業規則なりに書くのは問題があります。

Q数回の面接後、内定を出すというのは具体的に最終の面接官の判定が大部分をしめるのでしょうか。

数回の面接後、内定を出すというのは具体的に面接官の判定が大部分をしめるのでしょうか?

本日、企業の最終面接を受けてきたのですが、自分的に全力を出し切れなかった気がして、受かった気がしていないのですが、
内定というのは最終面接の面接官によってすべてが決定するのでしょうか??

総合的にあなたの将来などを考えて合否をだしますと、面接の途中で言っていたのですが、
総合的って、何で誰が総合的に判断するんだ??と思いまして。

ちなみに最終も人事の方が面接官だったみたいで、1対1の面接でした。

今は落ちたイメージしか湧かずがっかりしてます。
総合判定が何かわかりませんが、もし最終だけがすべてではないという場合は可能性も少しは残っているかもと
薄い希望をいただいています。

回答いただけたら幸いです。

Aベストアンサー

これは、いずれ結果が分かるんですから、考える必要ないと思うのですが(^^)。
要するに、最終面接がうまくいかなかったから、
心配でしょうがないということですね。

最終面接がすべてということはないですよ。
それまでの面接で、もっとも合格に近い人から、
もっとも不合格に近い人までが、最終面接に臨んでいる訳です。

ただし、そのときの状況にもよりますが、
普通は、「ほぼ確定」の人が僅かと、「その他大勢」という括りです。
「その他大勢」は多少の差はあれど、僅差です。
これは当然、最終面接での判断で合否が決まります。

「総合的に」というのは、あなた個人の実力だけでなく、
最終的な合格候補者を並べてみて、
例えば、出身校のバランス、社内の配置予定部署・職種と、
候補者達の向き・不向き等を考えてということです。

2人がボーダーライン上にいるとして、
すでに同じ学校の出身者が3人入る予定だから、
違う学校の方の子を採用しようとか、

あと一人は営業職だから、営業向きの方の子にしようとか、
そういうことです。需要と供給の関係というか。

いずれにしても、どんな回答をもらっても、解決しないでしょう。
実際に採用が決定されるまでは。

これは、いずれ結果が分かるんですから、考える必要ないと思うのですが(^^)。
要するに、最終面接がうまくいかなかったから、
心配でしょうがないということですね。

最終面接がすべてということはないですよ。
それまでの面接で、もっとも合格に近い人から、
もっとも不合格に近い人までが、最終面接に臨んでいる訳です。

ただし、そのときの状況にもよりますが、
普通は、「ほぼ確定」の人が僅かと、「その他大勢」という括りです。
「その他大勢」は多少の差はあれど、僅差です。
これは当然、最...続きを読む

Q子会社から親会社への利益どのようなものがもらえるのでしょうか?

親会社 子会社の関係について 当社で一部の部門を子会社化しようと思うのですが 子会社から親会社に どのようなお金が子会社からもらえることになるんでしょうか?またどのようなお金を親会社はもらうことができるのでしょうか 親子で何か契約を結べばいいのでしょうか? どのような利益が親会社にはあるのでしょうか?わかるかた教えていただけますか?

Aベストアンサー

親会社が子会社の株式を100%持っていれば配当金として
利益を得る事ができます。
他の例として、(1)給与計算など事務を親会社でやっていれば事務手数料が
考えられます。(契約書は用意する必要があります)
(2)事務所等資産の名義が親会社であれば、賃借料。
(3)商品の売買があれば、それぞれの売り上げ・仕入れ。

Q最終面接で行われることが多い役員面接は、形式的なものであってもう合否が

最終面接で行われることが多い役員面接は、形式的なものであってもう合否が決まっているケースとしっかり選考するケースとではどちらが多いのでしょうか?

Aベストアンサー

合否が決まっているということはなく、ヘマをやらかせば当然不採用ではありますが、形式的な顔合わせ程度の位置付けとされている場合が多いです。
というのは、余程判断が難しいケースでなければ、何人かの候補者の中から書類選考、1次面接、2次面接等を通じて適任者を選考するのは下々の者であって、下々の者が選考した候補者を承認/却下するのが役員というように、それぞれ役割が異なるからです。
端的には、スタッフ1名の採用に自身のリソースを割けるほど役員は暇ではないということですね。
もちろん、会社によっては役員が直々に選考プロセスに加わることもあります。あくまでも一般論としてご理解ください。

Q親会社と子会社、それぞれ具体的にどういう仕事をする?

親会社と子会社、それぞれ具体的にどういう仕事をする?

製造業で、親会社と子会社、それぞれ具体的にどういう仕事が多いですか?
親会社はやはり技術的な仕事より子会社をまとめたりする業務が多いですか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

製造(SE)です。
親会社は営業・企画・管理業務を中心に。
子会社は実務を中心に行います。

親会社と子会社では扱う物件規模が異なることが多いです。
親会社では兆、数百億、数十億の物件を営業・企画・受注し、自社で実務を行うか、子会社または協力会社に分割発注、管理します。子会社では数億、数千万、数百万の物件を営業・企画・受注し、自社で実務を行うか、孫会社または協力会社に分割発注します。

当然、親会社社員の方が責任・報酬ともに多くなりますし、それだけの能力が要求されます。数十億のプロジェクトを立ち上げ、スケールマップを描き、メンバを管理するのは並大抵の人ではつとまりません。一方、数百のそれはそれほどプレッシャー無くできるでしょう。

Q某大手損保業務職で内定をいただきましたが・・・

某大手損保の業務職で内定をいただきました。
しかし、今とても悩んでいることがあります。
それは「損害サービス部門」に配属されたらどうしようというものです。
配属は4月になるまでわかりませんよね。
配属面談のようなものがあり、
私は営業事務の方へ行きたいのですが、
希望はやはり希望であり100%叶うものではないようですし。
損害サービス部門の辛さは本当によく耳にします。
入ってからもし、ここに配属されたら・・・と考えると、もう一つ内定をいただいている小さな商社の一般職の方へ行った方がいいのか、本当に悩んでいます。給料や勤務地も大手損保の方が恵まれているので。
これは自分自身で決めなくてはならない問題だと思うのですが、
同じような悩みを抱えておられる方、
または損保で働いている方々のご意見を一度聞いてみたいと思い、質問させていただきました。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

私も大手損保の業務職で内定をいただいています。
もしかして同じ会社かもしれませんね!
私も「損害サービス部門」はとても不安です。
精神的にタフな人じゃないとやっていけないとか聞きますが、私はむしろ精神的に弱いんです(^^;)
でも、先輩によっては「損害サービス部門の仕事が合っていて楽しい」と感じる人もいるようです。
それに、やっぱり大手ってことで、内定もらったときに周りから「スゴイね」って言われて嬉しかったです。(本当はそんなにすごくないんですけど…笑)
だから、私はとりあえずそこで仕事してみようと思ってます。
やってみないとほんとにどれだけ辛いのかってことはわかりませんし。
仕事が辛くても人間関係がうまくいけばそんなに悩まないとも思いますし…。
他の会社に行ったほうがいいかってことは、今の時点では難しい問題ですよね。
じっくり考えて結論をだしてください。
全然アドバイスにもなってなくてごめんなさい!


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング