肋骨を骨折して激痛です。歯医者さんで以前もらったポンタールという鎮痛剤は効くのでしょうか?
整形外科に行って見てもらったのですが、2箇所、折れている、とのことでした。
しかし保険証を持っていなかったので、金銭面を考慮してくれたのか、鎮痛剤は出されませんでした。
バンドをしてもらっただけです。

時折耐え難い痛みが走ります。家にある鎮痛剤か市販のものでなんとかならないかと思い、質問いたしました。

よろしく御願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

アリです。

ポンタールは消炎・鎮痛・解熱に広い範囲で使えます。
用法・用量ですが、添付文書によると、
[通常、成人初回500mg、その後6時間毎に1回250mgを経口投与する。]
となっています。
ポンタールにはカプセル125mg、カプセル250mg、錠剤250mg がありますので、
お手元のポンタールが何mgのものかをよく確認してから服用してください。

参考までに、ポンタールに医家向添付文書のURLを貼っておきます。
詳細はこちらでご確認ください。
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/4305 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
持っているのは250mgです。
追記までご丁寧な回答にとても感謝します。
ご親切にどうもありがとうございました!
本当に助かりました!!

お礼日時:2011/04/11 23:34

回答#1です。

追記です。

市販のものでしたら、ロキソニンSがいいでしょう。
本来は1回1錠が基本ですが、非常に耐え難い強い痛みの場合、頓服として
1回2錠飲むことができます。
(処方薬のロキソニンの添付文書に書いてあります)
ポンタールが足りなくなった場合のことを考えて、追記しました。お大事に。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 肋骨・胸骨骨折<外傷>の症状や原因・診断と治療方法

    肋骨・胸骨骨折とはどんな外傷か  肋骨骨折は、胸部外傷のなかで最も多くみられる損傷形態です。肋骨の折れるメカニズムには2種類あり、ひとつは外力が直接肋骨に作用してその部位が折れるもので(直達(ちょくたつ)外力)、もうひとつは外力が加わった部位から離れた場所で肋骨が折れるものです(介達(かいたつ)外力)(図31)。  前者では肺損傷を、また後者では心・大血管損傷を合併する可能性が高いとされています。一般...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qポンタールの小児への処方

11ヶ月の子供が発熱したので、小児科で受診しました。
風邪、と言う診断で薬を処方されたのですが、解熱剤(座薬・スルピリン)とは別に風邪薬として3種類を調剤されたものを処方されました。
その中にポンタール細粒が入っていたのですが、ポンタールといえば、インフルエンザ脳症との関連もあって、小児科では使われないと思っていました。
もちろん今は季節的にもインフルエンザではないので、その点は問題ないと思うのですが「なぜわざわざポンタールを?」と疑問です。
他の解熱剤よりもポンタールが優れている点があるのでしょうか??

もちろんお医者さんに直接聞けばよいのですが、ちょっと聞ける雰囲気でもなかったので・・・・。
何かご存知の方、私見でも構いませんので回答お願いいたします。

Aベストアンサー

結論からいいますと、スルピリン、ポンタールとも子供にはお勧めできません。
スルピリンはrei000さんのおっしゃるように、体質によってはアレルギーがでるため、十分に問診してから処方することになっています。また、本来スルピリンは成人対象の薬剤です。
ポンタールはインフルエンザ脳症で問題になった薬です。そのほか、酸が強いので、水で大量に服用しないといけません。仮に食道に一部付着すると、そこが潰瘍になる場合もあります(業界ではポンタール潰瘍という言葉もあるくらい)。
いずれにせよ、大した問診もせず、このような薬を子供に処方する病院は、よいとはいえませんね。できるのなら、今後は病院を換えることをお勧めします。

医薬品開発をしている立場からの回答でした。

下のURLはrei000さんのお薬110番よりかなり専門的ですが、病院で処方される薬の副作用情報や添付文書などが検索できます。厚生労働省の出先機関の医薬品機構という国がやってるHPです。

参考URL:http://www.pharmasys.gr.jp/

Q痛み止めについて

カロナール、ロキソニン、ポンタールの中で、強い順番を教えてください。

Aベストアンサー

回答が無いようなので、

一般的には、強い順に、
 ロキソニン 60mg錠
 ポンタール 250mg錠
 一段落ちて
 カロナール 200mg錠
です。

ロキソニンは解熱、鎮痛、消炎作用バランスよく、
ポンタールも同上、やや消炎作用が弱い感じ
カロナールは全く別のタイプの薬で、消炎作用がありません
(消炎=炎症を抑える、赤く腫れたのをおさえる)

何れの薬も、激しい痛みには著効しますが、
ジワジワと微妙に痛いタイプには、
あまり効果的とも云えないので、
飲み過ぎによる、副作用に注意が必要です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報