大きさが等しく位相が120°ずつ違う平衡3相電流の瞬時値の和は零になることは、ベクトル的にも瞬時値の式からも理解できるのですが地絡、漏電していなくて各相の大きさと位相が少し違う場合もあると思いますがいつでも各相の総和は零になるのでしょうか。ZCTから考えると零にならないといけないと思いますが、どういう理論で零になあるのか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

電気は閉回路にならないと流れないと言う理論とでも言いましょうか。


流れた電流は必ず戻るから、行きと帰りで総和は零になります。

ある瞬間を見た場合交流も直流も電流の流れは同じです。
単相2線式だと片方の線から電流が流れ、負荷を介してもう一方の線に戻ってきます。
この時それぞれの線に流れる電流値は同じで向きは逆となるので総和は零です。

3相3線も同じで、3本の内1本(もしくは2本)の線から電流が流れ、
負荷を介して残りの2本(もしくは1本)の線戻ります。
単相の時と同様に、流れた電流と戻る電流は同じ値で、向きが逆なので総和は零となります。

漏電していると戻るはずの電流が他のルートから電源に戻ってしまい、
漏電点から漏洩電流が戻る点(一般にB接地)の間の総和は零になりません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエクセル 最大値、最小値

エクセルでの質問です。
種類  結果
A     15
A     10
B     3
C     8
C     12
C     5
D     8
の様な表から各種類の結果の最大値と最小値を取り出したいのですが、種類が1000種類程ありうまく手間がかかって出来ません。
最大値、最小値をまとめた表は、エクセルで出来ないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ピボットテーブルを使ってみたらどうでしょう。

Q電流の瞬時値のグラフを書きたいんですが、周期T、角周波数ω、位相角θの秒単位を教えてください。

式が与えられている電流の瞬時値iの周期と、位相角θを時間単位での出し方を教えてください。

I=5.2+j4.3 A
∴i=√2*6.75 sin(ωt+0.22π) A

この式からグラフを書きたいんですが、周期[s]と位相角θ[s]とω[rad/s]が分からないので出し方を教えてください。

Aベストアンサー

その電流の値から周波数を求めることは不可能です. なぜなら, それは「電流の大きさ」と「ある基準からの位相差」しか与えてくれないからです.
そんな値がどこからともなく出てくるはずはありませんから, 何らかの回路を考えているはずですよね. その回路が線形回路であれば, 「基準」(交流電流かもしれませんし交流電圧かもしれません) の周波数をそのまま使うことができます (線形回路に正弦波を入れると, 電流や電圧の周波数は変化しません).

Qエクセルvlookup関数で値を取得したいリストの行数が多すぎてエクセ

エクセルvlookup関数で値を取得したいリストの行数が多すぎてエクセルで表示できない
単純にa列をキーにしてb列の値を取得したいですがリストの行数が65***行以上でエクセルで開くと欠落します。リストはcsvでオープンしないで値を取得することはできますか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

面白半分でユーザー定義関数を作成してみました。
A1に検索する値があるとして、B1に次の様に入れます。頭の1は検索する値がcsvの何列目かを示し、末尾の2は引用する列番です。
=extVlookup(1, A1, "C:\sample.csv", 2)
10万行のcsvで試験してみましたが、予想通り遅くて実用的ではないです。
'Microsoft ActiveX Data Object 2.x Libraryに参照設定要
'Schema.iniを同じフォルダーに作成しないと「抽出条件でデータ型不一致」のエラーになる事がある
'Schema.iniの内容例
'[sample.csv]
'ColNameHeader = False
'CharacterSet = OEM
'Format = CSVDelimited
'Col1=F1 Char Width 255
'Col2=F2 Char Width 255
Function extVlookup(searchColNo As Long, searchVal As Variant, fileFullPath As String, refColNo As Long) As Variant
Dim filePath As String, fileName As String
Dim strSQL As String
Dim CN As ADODB.Connection
Dim RS As ADODB.Recordset
Dim lastBackSlashPos As Long
Dim errFlag As Boolean

fileFullPath = UCase(fileFullPath)
If Right(fileFullPath, 4) <> ".CSV" Then
extVlookup = CVErr(xlErrValue)
GoTo errorHandle
End If
Set CN = New ADODB.Connection
lastBackSlashPos = InStrRev(fileFullPath, "\")
fileName = Mid(fileFullPath, lastBackSlashPos + 1, Len(fileFullPath) - lastBackSlashPos)
filePath = Left(fileFullPath, lastBackSlashPos)
CN.Provider = "Microsoft.Jet.OLEDB.4.0"
'見出し行を対象としない
CN.Properties("Extended Properties") = "Text;HDR=NO"
CN.ConnectionString = filePath
CN.Open
'Schema.iniと矛盾するとNG
If IsNumeric(searchVal) Then
strSQL = "SELECT * FROM " & fileName & _
" WHERE [" & Replace(fileName, ".CSV", "#CSV") & "].F" & CStr(searchColNo) & _
"=" & searchVal & ";"
Else
strSQL = "SELECT * FROM " & fileName & _
" WHERE [" & Replace(fileName, ".CSV", "#CSV") & "].F" & CStr(searchColNo) & _
"='" & searchVal & "'"
End If
Set RS = New ADODB.Recordset
RS.CursorLocation = adUseClient
RS.Open strSQL, CN, adOpenStatic, adLockOptimistic
If RS.RecordCount <> 1 Then
extVlookup = CVErr(xlErrValue)
GoTo errorHandle
End If
extVlookup = RS.Fields(refColNo - 1)
errorHandle:
If RS.State = 1 Then RS.Close
Set RS = Nothing
If CN.State = 1 Then CN.Close
Set CN = Nothing
End Function

面白半分でユーザー定義関数を作成してみました。
A1に検索する値があるとして、B1に次の様に入れます。頭の1は検索する値がcsvの何列目かを示し、末尾の2は引用する列番です。
=extVlookup(1, A1, "C:\sample.csv", 2)
10万行のcsvで試験してみましたが、予想通り遅くて実用的ではないです。
'Microsoft ActiveX Data Object 2.x Libraryに参照設定要
'Schema.iniを同じフォルダーに作成しないと「抽出条件でデータ型不一致」のエラーになる事がある
'Schema.iniの内容例
'[sample.csv]
'ColNameHeader = False
'...続きを読む

Q単相交流の位相を120度ずらす方法は?

ある周波数を持つ単相交流の一次回路があるのですが、二次回路で位相を120度ずらして基本波、120度、240度の三相を作りたいと考えています。(まあ普通の三相交流にしたい訳です)但し三相モーターを回したいという目的ではありません。

因みに一次、二次回路共に高電圧なため単相→三相用のインバーターは使用できません。
それなら位相がずれた一次回路を3個作って、二次回路で集合させればと言われそうなのですが、スペース的にも金銭的にもトランスが入った一次回路自体を3個も作る余裕がありません。

うーん・・・困ってます!

Aベストアンサー

単相交流を三相交流に変換する方法ですが、電圧を取り出すだけで良いのか、電力を取り出すのかによって方針が違います。
(1)三相電圧をつくる方法
単相交流1-2間に負荷C1+rと負荷R+C2を接続します。C1=C2=Cとする。
r=1/(2X1.732XπXfXC)
R=1.732/(2XπXfXC)
単相交流の端子1(C1とRの接点)と両負荷の中点の三点が三相電圧を形成しますが、負荷電流を流すと位相がずれて成立しなくなります。
(2)三相電力をつくる方法
A.単相モーターを回して三相発電機で発電する。
B.整流平滑し直流にして三相インバータで交流にする。
高電圧のためインバータを使用できないとありますが、降圧トランスと昇圧トランスを組み合わせてでも検討する必要があります。

Qエクセルの下部にデ-タ-の個数、最大値、最小値を表示させるには?

お早うございます。
エクセルの画面で、最下部(正式名所はわかりません)で右クリックすると、デ-タ-の個数、最大値、最小値等を選択できると思いますが、その表示をどの様にすれば表示する事が出来るのでしょうか?
出先のパソコンのエクセルには表示されずに困っています。
どなたか教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

ステータスバーのことですね
ステータス・バーのオートカルク値の表示部分を右クリックし、メニューから表示したい値を選択する。

Excelで関数を使わずに、素早く合計値などを確認する
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/875autocalc/autocalc.html

Q三相平衡負荷て何ですか。

力率98%5000Wの三相平衡負荷を線間200Vの三相三線式配電線につないだ時の線電流を求めよ。
とある課題というか宿題です。正直答えはどうでもいいんです。多分、自力で解けると思いますので。でも、問題の意味が分からないのは、それ以前です。ということでどなたか教えてください。「三相平衡負荷」て何ですか?ついでに聞いてしまうと「線間200Vの三相三線式配電線」普通の三相200Vですか?

Aベストアンサー

「三相平衡負荷」とは、単に3つの負荷が同じということです。異なるものを不平衡負荷といいます。
電源は対称三相交流電圧などと言ったりします。

>「線間200Vの三相三線式配電線」普通の三相200Vですか?
はい、いいと思います。記号であらわすと「3φ3W」です。

Qワード、エクセルのページ設定の初期化の値

ワード、エクセルのページ設定の値を
初期の値にしたいので

初期の値を教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

【ワード】
  ▼文字数宇と行数タブの
     文字数 と 字送り
     行数   と 行送り

  ▼余白タブ
     上:    mm
     下:    mm
     左:    mm
     右:    mm

【エクセル】
  ▼余白タブ
     上:
     下:
     左:
     右:
     ヘッダー:
     フッター:

Aベストアンサー

私の環境では

ワード
 文字数:40
 字送り:10.5pt
 行数:36
 行送り:18pt
 余白
  上:35mm
  下:30mm
  左:30mm
  右:30mm

エクセル
 上:2.5
 下:2.5
 左:2
 右:2
 ヘッダー:1.3
 フッター:1.3

です。



再インストールしたほうが早い場合も多いですよ。

Q90°位相シフターの原理について教えて下さい。

よく回路の本で90°位相シフターというものが出てきますが、
これの原理について教えて下さい。
単純にコンデンサを挟んだだけでも位相を遅延することは出来そうな気がしますが、
それだと周波数特性が一定ではなくなってしまいます。
何かフィードバックをかけて行っているのでしょうか?
また、可変位相シフターみたいなものが売られているのでしょうか?
いくつか書籍を見てみたのですが、原理については述べられていませんでした。
どなたか教えて下さい。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

・おっしゃる通り、C-R 分圧回路がいちばん単純な「位相シフタ」でしょうね。
 「周波数特性(振幅)が一定ではなくなってしま」うのは確かですが、そもそも 90 度になるのは一周波数なので、問題視されません。
 どうしても振幅特性を一定にしたければ、オールパス特性の回路にします。
 [参考ページ]
 http://www.nfcorp.co.jp/techinfo/dictionary/032.html
>移相器

・一周波数ではなくある帯域内での 90 度位相シフトは、単一回路では不可能。
 どうしても 90 度位相差の信号対を作りたければ、オールパス特性の二回路で構成し、両者の位相シフトの差を帯域内で 90 度に近似させます。
 [参考ページ]
 http://210.155.219.234/90deg.htm
>広帯域 90 度位相差のRC回路網
 

Qエクセルの「値の貼り付け」ボタンについて

こんにちは いつもお世話になっています。

 エクセルのテキスト形式での貼り付けについて教えてください。
ツールバーに「値の貼り付け」のボタンを作ってあります。エクセルで文字列が入ったセルをコピーして、別のセル上で「値の貼り付け」ボタンを押すと正常に効きます。
 しかし、たとえばIEで文字列をコピーしてエクセル上で「値の貼り付け」ボタンを押しても何も反応がありません。編集-「形式を選択して貼り付け」でテキスト形式を選ぶと正常にテキスト形式で貼り付けされます。
 HTMLデータではボタンが効かないということなのでしょうか。それとも、固有のトラブルでしょうか。原因、対策を教えてください。

Aベストアンサー

>それとも、固有のトラブルでしょうか。原因、対策を教えてください。

その機能の対象では無いからでしょう。
同じ事を手動で行って見てください。コピー元の違い(エクセル内部と外部)異なるダイアログボックスが表示されますよ。

対策を取るなら、コピーデータが内部か外部かを判定して貼り付けコードを変える事でしょうけど、私には判定方法が解りかねます。
他の方法としては”PutInClipboard メソッド”を使うと、クリップボードのデータをテキストに置き換える事が可能のようです。
詳細はヘルプを参考にしてください。

記録マクロでもコードが異なりますし、ヘルプの解説も「Worksheet オブジェクト」と「Range オブジェクト」に分かれます。

---------------------------------------------------------------
IE(外部データ)からの値貼り付け
ActiveSheet.PasteSpecial Format:="テキスト", Link:=False, DisplayAsIcon:= False

help:Worksheet オブジェクトの PasteSpecial メソッド
指定された形式で、クリップボードの内容をシートに貼り付けます。他のアプリケーションからデータを貼り付けるときや、あるいは特別な形式でデータを貼り付ける場合に使います。

---------------------------------------------------------------
エクセル内部の値貼り付け
Selection.PasteSpecial Paste:=xlPasteValues, Operation:=xlNone, SkipBlanks:=False, Transpose:=False

help:Range オブジェクトの PasteSpecial メソッド
クリップボードのデータを、指定されたセル範囲に貼り付けます。

--------------------------------------------------------------

>それとも、固有のトラブルでしょうか。原因、対策を教えてください。

その機能の対象では無いからでしょう。
同じ事を手動で行って見てください。コピー元の違い(エクセル内部と外部)異なるダイアログボックスが表示されますよ。

対策を取るなら、コピーデータが内部か外部かを判定して貼り付けコードを変える事でしょうけど、私には判定方法が解りかねます。
他の方法としては”PutInClipboard メソッド”を使うと、クリップボードのデータをテキストに置き換える事が可能のようです。
詳細はヘルプを...続きを読む

Q位相を90°以上遅らせるにはどうしたら良いですか?

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5657747.html

上記の質問でコンデンサを複数を繋げても位相を90°以上遅らせることが出来ないという回答を頂いているのですが、
とすると180°とか270°といった位相分遅らせたい場合、
どうすれば良いのでしょうか?

特にパッシブな素子を使った場合、どうすれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

コンデンサもインダクタも位相が回るのは電圧と電流の間の関係です。
電圧の位相を基準として電流の位相が進むとか遅れるとか言っている
のです。

したがって、多段にして大きく位相を遅らせるには、たとえば
1.入力電圧を電流に変換し
2.電流に対して電圧位相が遅れる素子(コンデンサ)にその電流を与え
3.これにより遅れた位相の電圧を電流に変換し
4.上記2~3を繰り返す

ことにより、位相はいくらでも遅らせることができます。電圧を
電流に変換する部分に抵抗を使います。

結局出来上がった回路は直列抵抗と並列コンデンサからなる
いわゆる積分回路(の連鎖)となります。

電圧/電流の変換が必須なので、積層セラミックコンデンサ
のようにコンデンサ自体がたくさん重なっていてもそれだけで
位相が遅れるわけではありません。

ただし、パッシブな素子だけでこれを行うと1段で位相を90度
遅らせるためにはコンデンサの両端の電圧をほとんど0にしなくては
ならず、出力は極端に小さな出力になってしまいます。

OPアンプなどを使ってミラー積分回路を構成すればこの問題は
解消されます。その代わり直流での動作が不安定になります。
結局直流安定度を確保するために低周波での精度を犠牲にして
設計しているのが実情です。

コンデンサもインダクタも位相が回るのは電圧と電流の間の関係です。
電圧の位相を基準として電流の位相が進むとか遅れるとか言っている
のです。

したがって、多段にして大きく位相を遅らせるには、たとえば
1.入力電圧を電流に変換し
2.電流に対して電圧位相が遅れる素子(コンデンサ)にその電流を与え
3.これにより遅れた位相の電圧を電流に変換し
4.上記2~3を繰り返す

ことにより、位相はいくらでも遅らせることができます。電圧を
電流に変換する部分に抵抗を使います。

結局出...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報