稽古中に他流派や他の武道、格闘技をことあるごとに、けなしてバカにしてる師範や館長をどう思いますか?

うちの道場がそうなんですが、自分の昔やってた武道をけなされたことがあり、正直その武道を教えてくれてた師範まで馬鹿にされた気がしてかなり腹立ちました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

まだそういう人っているんですねえ。


最近はいろんな流派を行き来する人が多いから、あんまりそういう話聞かないのに・・・

まあ、私も他の流派の文句言う人とか、差別する人とか見たことありますよ。でも空手の実力があったから、聞こえないふりしてました。その館長や師範に実力があって指導が上手なら、我慢してでも習ったほうがいいですよ。その道場で強くなれるのに、人格がどうこうですぐにやめちゃうのはもったいないかもしれない。実力がないとか技術的に合わないなら辞めたほうがいいでしょうけどね。

ま、空手やるのは自分ですからね。空手だけ習って、それ以外のことは気にしないってのでいいと思いますよ。十分実力がついて、もう一人でもやってけるなと思ったら、その人たちから離れるのもいいでしょう。みんなそうしてます。
    • good
    • 1

勉強不足と言うか・・内弁慶なダケでしょう・・・


武道では無く、喧嘩レベルでの思考から抜け出せない方ではないでしょうか?
例えば、
合気道ならば「鎧で組討」から続いてきた歴史的背景の武道ですし、
空手なら、「武器を持てない民族の徒手格闘術」とゆう歴史的武道ですから
そもそも武道の発生理論が違いすぎます。(新しい武道は知りませんが・・・)

それに名のある先生ほど、他の武道を尊敬しています。
その証拠に武道の創始者などの逸話では、他武道の先生との交流はとても多く深いです。
それだけ認めあっていたと言う証拠でしょう・・・。

質問者様がどのような武道の道場に通われているかはわかりませんが、
ことあるごとに他の武道をけなしているのでしたら、未だ理論も理解できずにいると言う事になり
正直、その様な道場では武の道は見えずらいのではないのでしょうか・・・。

生意気なコトを書きました、スミマセン・・。
    • good
    • 0

実際どのような批判かは分かりませんが、


>>自分の昔やってた武道をけなされたことがあり
ということで、あなたも間接的に批判されたため、その師範や館長の言葉が感情的に聞こえているだけかも知れません。
けなす、バカにするは、多分に主観が含まれていますから、あなたの主観や師範の主観がはいってしまえば、こちらはどうにも判断できません。
(まあ、稽古中に他流派を比較に持ち出すことは、あまり意味のある行為だとは思いませんけど。)

例えば、プロレスを格闘技として捉えられるか、これはかなりの議論を呼ぶことでしょう。
実際に格闘技でない面もあるため、それを批判することは、言葉が過ぎることを除けば問題はないでしょう(他者からの反論はあるでしょうけど)。
他流派にしても、空手に対するその道場の基本姿勢によっては批判の対象となるでしょう。

このような世界には、守・破・離という言葉があるのですから、徹底的に師範の言葉を受け入れるのが最初の筋でしょう。
それを消化した後、どうしても受け入れられないのなら、教えに背けばいい。
そして離れて独自のものを作り出すにしろ、新たな何かに師事するのもあなた次第、だと思いますよ。
    • good
    • 0

そのような人は武道に限らず何処にでもいるものです、


自分の知識だけで判断してるのでしょう、無視して相手にしない方がいいですね。

gadovoaさん、気が付いてないかも知れませんが「伝統系でしょうか?」とか「直接当てている人は」とかあなたも質問者の方の話の中の人と同じ態度を取ってますよ?
私は伝統派ですがうちの本部長は極真会館の故・大山館長と面識があり、
決して批判等はしませんでした。
私自身も極真の友人がいてお互いに認めあって一緒に練習をしてました。
試合ルールだけを知識として語って話をしない方がいいと思います。
(もし近くにそのような伝統派の人がいたらお詫びします、申し訳ない。)

理由を言って辞めても良いかも知れませんね、
もしかして相手も間違いに気が付くかも知れませんし。
本当に強い人はみんな腰が低いものです。
そんな言葉は無視して稽古しましょう。
    • good
    • 0

伝統系でしょうか?



直接打撃でない先生って
結構そういう人いますね。

理屈っぽいというか、
的外れというか。
自分のやっている流派のルールが基準で考えているんですよね。

No2さんの意見と同じく、
強い人や直接当てている人は
相手に敬意を持っているものです。(これもまぁ人によりますが)

自分が強くなるということと、
先生の話は関係ないので、
先生を無視して練習に邁進してください。
    • good
    • 0

伝統派にフルコンに古流、さらに空手に限らず格闘スポーツなど、どこにでもそういう程度の小人物はいます。


ですが、本当に強い人は他流派・他武道に対する敬意を持っています。
上が情けないのならば、あなたが後輩に道を示せば良いと思います。
    • good
    • 0

20代の頃空手の指導員をしていた経験がある者です。



空手は柔道や他の武道と違って組織のまとまりが無く試合ルールも様々、流派会派も様々です。

その為、技術の内容も団体ごとに違いがありゴチャゴチャしています。

団体ごとに自分たちの技術が一番であるとの自負心は持って当たり前ですが過剰なプライドを持っている指導者、トップも多いのが事実だと思います。

他の武道や他の格闘技をバカにするのは自身の団体の技術しかしらず他の物に対して一知半解な知識しか持っていない為なのではないでしょうか?

ちなみに私はボクシングもしていましたがやはり空手とは別物でした。

世の中には、そう言う指導者も居るものなんだと思って聞き流しましょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q空手の段位と呼称について

今所属している空手の流派では、3段を先輩、4段を先生、5段を教士、6段を師範と呼んでいます。これって練士、教士、範士という剣道など他の武道にある呼称と普段使う呼び名を混同していますよね。他の流派を見ると指導員のある一定ランク以上の人を師範って呼んでいるみたいですが、となると師範は範士でなくてもいい訳ですか?それから師範代と言うのは、どういう人に使われるのでしょうか?この段位にはこの呼称、と決まっている流派ってご存じですか?剣道なんかでは段位と呼称は別々にとるみたいですね。つまらないことと思いますが、すごく気になっています。どなたかすっきりさせていただけませんか?

Aベストアンサー

数年前まで全国規模の大きな道場に通っていた者です。

少なくともうちには、段位ごとの呼称はありませんでしたね。その支部のトップが「師範」。No.2が「師範代」。その他の黒帯で、子供や、初心者相手に基本動作を教えるのが「指導員」。って感じでしたね。でも、普段は師範、師範代は「先生」。黒帯は「○○さん」で呼び方統一でしたね。師範とかの呼称とかも、会報みたいのを出す時に、「肩書きに雰囲気を出すだけ」と言っていたのを覚えています。

元々空手の発生は琉球の王家の直系男子か、親衛隊に秘技として子々孫々代々伝わってきたものが明治頃?に流出して今日の空手の礎になったのだというのを聞いたことがあります。なのに、各段位の呼称が剣道と同じというのは、いまいち腑に落ちないですね。元々源流のもの自体に段位や、呼び方はあったのか。仮にあったとして、沖縄の方言を意訳のような形に置き換えたものなのか。はたまた、誰かが便宜上剣道から流用したものなのか。んー、後半は回答になっていですね、失礼しましたm(_ _)m(苦笑)

Q空手の師範

空手の師範、最高師範、主席師範とかいろいろありますが、どの師範が一番上なのですか?
他にも館長代行とか指導員とかありますが、色々な会派、流派がありいちがいには言えないと思いますが 他にどんな位があるのか沢山知ってみえる方教えて下さい、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

流派によりマチマチだと思います。師範免状を授与された人が師範ですね。
主に町道場などで館長と呼ばれている方がそうです。

会社に例えると宗家:社長、師範クラス:支店長・・・
流派により宗家がいなければ、主席師範が社長であったりします。
宗家が社長(二代目)で先代に仕えていた人を最高師範に持ってくるケースもありますね。会社で言えば相談役ですか・・・

流派で色々ですね^^;


館長代行・・・これも難しい・・・
役から言えば(大雑把ですよ~)

宗家→最高師範→師範→師範代→指導員→準指導員
若しくは宗家制度がない場合は
主席師範(最高師範)→師範→師範代→指導員→準指導員

館長は「道場の責任者」で宗家が館長と呼ばれている場合もあります。道場で二番目に偉い人が館長代行でしょうね。流派での順位ではありません。

説明が下手ですみませんm(__)m

Q空手道場の責任者のえこひいきに困っています

いつもお世話になっております。
小学生の息子を持つ父です。
息子は3年間、ある道場で空手を習っているのですが(週に4日ぐらい通っています)、最近、責任者の人格を疑うようになりました。
その責任者、自分の誕生日を2、3日前から大きな声で皆に教えてプレゼントをなにげなくねだったり。その結果、誕生日の当日沢山の高そうな花が保護者から沢山送られていたり、子供たちが何かをプレゼントしたりしていました。うちは何もあげませんでしたが・・・また、家族中で通っている家族の子供を明らかに他人が分るぐらい露骨に可愛がったりしています。
試合では、ひいきの子供が勝てるような組み合わせ・・・自分の勘違いだといつも思うようにしてきました。
入門も最近多いですが、退会も多いようです。正直、入れ替わりが激しいと思います。有能な先生も最近突然いなくなりました。強かった子も、突然いなくなりました。
正直、交流試合ではうちのポープ全員負けました・・・
責任者の精神が軟弱だから弱いのかなとも思い始めました。
このような道場、どのように思われますか?是非、ご意見をが聞きたいです。
私自身は息子のために、道場を変えたいと思ったのですが、息子が「絶対に辞めたくない」と言っています。
”自分は先生のひいきには値しないけど、仲の良い友達がいたり、楽しい時があるからのようです。”
親の権限でやめさせるか、子供の主張を優先させるかの選択になった場合、やはり子供の主張を取ろうと思います。
この選択についてのご意見もお聞きしたいです。

もしも、道場を変える選択が出た場合、どんなところを基準に道場を選べばよいのでしょうか?

沢山の質問、恐縮です。
どうぞ宜しくお願いいたします。

いつもお世話になっております。
小学生の息子を持つ父です。
息子は3年間、ある道場で空手を習っているのですが(週に4日ぐらい通っています)、最近、責任者の人格を疑うようになりました。
その責任者、自分の誕生日を2、3日前から大きな声で皆に教えてプレゼントをなにげなくねだったり。その結果、誕生日の当日沢山の高そうな花が保護者から沢山送られていたり、子供たちが何かをプレゼントしたりしていました。うちは何もあげませんでしたが・・・また、家族中で通っている家族の子供を明らかに他人が分...続きを読む

Aベストアンサー

>このような道場、どのように思われますか?
先生と呼ばれる職業はやはり聖職者であってほしいという願がありますよね。
さらに、厳しい修行を要するような場所では自分がやっていることは最高基準であり、
教える人は師と仰げるような人格者であって欲しいと思います。でないと厳しい修行は続きません。
しかしこれは教えてもらう側の勝手な思い込みなんです。
だから大人と違い、適応の早い子供はそんなことより「楽しければ良い」のです。
そういうわけで通常の習い事とは違い、先生が指導不適格者だった場合、
やはり親の判断でやめさせることが多いのです。出入りが激しいのはそういうことでしょう。

基本的に格闘技の先生は「脳筋」(脳みそまで筋肉で出来ている単純でスポコン的な人)
と呼ばれる場合が多く高い教養を持っていて、人格者である人は少ないです。
特に実戦格闘技を謳うような場所では更にそういう人は少ないですよね。
空手のような団体は剣道や柔道と違い、一種閉塞された団体なのでサークル的な「身内」
のような感じで団体が運営される感があると思います。

指導については人間である以上特定の人を可愛がったりすることはあり、
他人の感じ方によっては指導者は平等に扱っていたとしても、エコヒイキに見られる場合もあります。
ただ指導者の多くはやはり他人の子供を預かっているという「責任」を持っているので、差別的な扱いは無いと思います。可愛がり方が多いのは別として。

>試合では、ひいきの子供が勝てるような組み合わせ・・・自分の勘違いだといつも思うようにしてきました。
これは勘違いではなく実際にありうる話ですが、でも考え方が違います。勝てる子は誰と当っても勝てます。いつも負ける子がせめて一勝したいからと、さらに弱い子と対戦しても、結局はそこまでです。
小学生の格闘技は先天的な部分が多く「生まれ持った闘争本能(犬と同じ)が高く、個体としての成長が早い方が絶対的に有利なんです。だからこの問題はここだけではなく、どの道場へ行っても起こりうる話です。

>やはり子供の主張を取ろうと思います。
子供の主張が正しいとは限りません。
もちろん楽しいから行きたいという意見の尊重は間違っていないと思います。
しかし、子供の判断が常に正しいことはないですよね。
子供は目先のことしか分かりません。大局的に物事を考えるのは親しかいません。
従って親が上手く正しい道に方向修正させることも大事なんです。
いやそれが親の仕事です。

実を取るか花を取るかは親の生きてきた経験に基づく判断なので他人が決めるべきことではありません。
ただ、私なら道場でやっている内容、ブランド名、将来性等を総合的に考えてダメなら他に移るのも良いかと思います。

>もしも、道場を変える選択が出た場合、どんなところを基準に道場を選べばよいのでしょうか?
遥かにベースアップできると期待できる場合。全国に道場を展開している(ブランド名も)。先生の教えが良い。試合数が多い。見学に行った時、統制は取れているが楽しそう。そして何より役に立つ。
この役に立つというのは様々な意味で捉えてください。

空手も大事ですが、ボールを持つ感覚は小学生のうちに身につけとくべき運動神経の一つです。
できれば質問者様が時間あるときは子供とボール遊びもしてコミュニケーションをとってはいかがでしょうか。格闘技を小さい頃から始めた子供は何故か中学校、若しくは高校で球技系の部活に入る確立が経験上多いですよ。

>このような道場、どのように思われますか?
先生と呼ばれる職業はやはり聖職者であってほしいという願がありますよね。
さらに、厳しい修行を要するような場所では自分がやっていることは最高基準であり、
教える人は師と仰げるような人格者であって欲しいと思います。でないと厳しい修行は続きません。
しかしこれは教えてもらう側の勝手な思い込みなんです。
だから大人と違い、適応の早い子供はそんなことより「楽しければ良い」のです。
そういうわけで通常の習い事とは違い、先生が指導不適格者だった場合、...続きを読む

Q空手の道着のお洗濯について

おはようございます。最近子供が空手を始めたのですが、道着は毎回洗濯するものでしょうか?
空手の先生から「何度か洗うと柔らかくなりますよ」と教えていただいたので毎回洗濯していますが、3ヶ月経ってもなかなかいい具合に柔らかくなりません。
空手を習っている方はどのくらいの頻度でお洗濯をしていらっしゃるのでしょうか?
洗濯後に硬い道着をうまく伸ばせなくて、しわくちゃになるのでアイロンをかけたところ更に硬い感じになってしまいました(~_~;)。
もしかして夏用の柔らかめの道着というものもあるのでしょうか?
どなたか道着のいいお洗濯方法のアドバイスを頂ければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
40代前半♂です。
空手を始めて10年近くなりますが、稽古後、道着は必ず洗濯します。
それと、道着を柔らかくするには、通常の洗濯をする前に(袖を通す前に)お湯につけることです。
私はどのようにしたかというと、まず、お風呂で熱いお湯に漬けてそのまま冷めるまで放置し、冷めてからもう一度熱いお湯に漬けて放置したら最初からかなり柔らかくなりました。
何回か洗濯しても柔らかくはなりますが、水で洗うと糊が固まってしまうようですよ。
今からでも熱いお湯に漬けて試してみてください。
柔らかい生地の道着も売っていますが、少々お高いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報