水産庁の発表ではコウナゴ以外は放射性物質の基準値以下なので安全
と言ってますが、本当に安全なのでしょうか?
ヨウ素131とセシウムだけが対象になってますが放射性物質ってもっとたくさん
の種類があり危険性のあるものがあるんですよね。例えばストロンチウム90と
か。そのような物質もちゃんと調査、検出の対象にされているのでしょうか?

ヨウ素、セシウムが基準値以下だから安全といった単純な答えで大丈夫なの
でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

海の魚は、勿論、危険性はあると思います。



放射性物質に付いては、ヤフーブログの春の足音さんが、日本人の知らない放射性物質に付いて、重大発表をしています。非常に参考になりました。こちらで、このブログを知りました、感謝しています。

http://blogs.yahoo.co.jp/harunoashioto2010/12036 …

http://blogs.yahoo.co.jp/harunoashioto2010/12036 …

福島第一原発、放射性物質放出100分の1に…原子力安全委という記事も興味深いです。

http://blogs.yahoo.co.jp/harunoashioto2010/12035 …

このブログを読むと、東京電力発表が信じられないという事が理解できますよ。

昨日は、チュルノブイリ25周年だそうですが、現在も、まだ、多くの奇形の乳幼児が誕生しているそうで、外国のニュースがでていましたが、その写真を見て背中がこおりましたよ。

今になって公表した放射性物質の飛散予測 という記事には、本当の放射線の飛散状況が、克明にでています。
アメリカ本土まで、すっぽりと覆っている放射性物質の写真にも驚きました。

http://blogs.yahoo.co.jp/harunoashioto2010/12032 …

この春の足音さんは、これが、日本の未来だといっていますが、そうならない方法もこれから伝授してくれるそうです。

一見の価値ありです。

水や食物に悩む人は、是非、眼を通してください。
    • good
    • 0

放射性ヨウ素、セシウムは揮発性があるので埃、水蒸気に乗って


ふらふらと空気中を舞い、風に乗っていろんな場所に飛んで行く為に
この二つの放射性物質が注目されているのです。
またセシウムは水溶性のため、水に溶けて魚介類に吸収され蓄積されます。

>水産庁の発表ではコウナゴ以外は放射性物質の基準値以下なので安全。

ではないと思いますよ。
蓄積という言葉に注意してください。
最初は安全基準値以下であっても蓄積されて年間放射線量基準値の
1ミリシーベルトにはすぐに達します。体内被曝です。
外よりの放射線物質は洗い流せますが、
一度体内に取り込まれた放射性物質は簡単には外に出てくれません。
セシウムの場合100日から200日、体内にとどまり被曝を続けます。

他の放射性物質はもちろん原子炉内で作られていますが、
簡単に外には出ない性質のものです。
プルトニウムなどが原子炉建屋近郊で検出されていますが微々たる量です。
またストロンチウムなどの放射性物質はラボで分析、解析を、
行ってはじめて発見されるものでその解析は1週間くらいかかるとのことです。

今、蒸気と一緒に大量の放射性物質が空気中に放出されていますが、
東電はこのことに対して、何も言っていません。

3月11日の事故より途方も無い放射性物質を
1~4号機の原子炉は大気に放出しています。
自衛隊のヘリが原子炉冷却の放水のためであってさえ、
原子炉建屋に近づくことができなかったことを憶えておられると思いますが、
それほど高い放射性物質が建屋より放出されていたのです。

収束にはまだまだ程遠い現時点で、放射性物質の放出が低くなったと思いますか?

少し過敏すぎるくらいが丁度いいのです。

中国、ロシア、米国の放射能に対する反応を、新聞などで読まれたと思いますが
決して過剰の反応ではありません。余りに日本人がボケているだけです。

東電の社員が辞職して、海外へ移住をするというニュースを
読まれたと思いますが、東電の社員であるがゆえに外部に出ていない、
情報をキャッチされての決断だったと思います。

何が安全であるかは投稿者さんの考え方一つです。自分で決めてください。
    • good
    • 0

政府の発表が信用できないので



どんな数値を出されても一緒ですね。。

この回答への補足

自治体が出す安全基準も信用できないのですか?
福島県伊達市の鶏肉からは放射性物質は検出されず安全だと
自治体が言ってました。
これもどこまで細かく検査しているかわかりませんよね。

補足日時:2011/04/28 20:10
    • good
    • 0

規制値以下であることが確認されいるので今のところ安心です。

主食ではないので、たまに食べるだけだと思います。
それよりも福島県内の放射能の高い地域の子供たちが心配です。空気も水も土もすべてある程度汚染されているのですから。
    • good
    • 0

地域の農産物、魚介類、風評被害で安全で新鮮野菜と言ってますが、新鮮仁摩違い無い


本当のデーター公表もせず、安全は信用出来ない、信用出来ない政治ですので、
他県の商品購入します、補償はあくまで東電に損害要求が基本、不安商品売る事は
今後全部信用されなく成る。
    • good
    • 0

随分とタイミングのいいことと感心します。




原発がどんなものか知ってほしい
http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html

これを読んでいますが、少し気になる点がありました。
------------------------------------------
放射能垂れ流しの海
 冬に定検工事をすることが多いのですが、定検が終わると、海に放射能を含んだ水が何十トンも流れてしまうのです。はっきり言って、今、日本列島で取れる魚で、安心して食べられる魚はほとんどありません。日本の海が放射能で汚染されてしまっているのです。
 海に放射能で汚れた水をたれ流すのは、定検の時だけではありません。原発はすごい熱を出すので、日本では海水で冷やして、その水を海に捨てていますが、これが放射能を含んだ温排水で、一分間に何十トンにもなります。
 原発の事故があっても、県などがあわてて安全宣言を出しますし、電力会社はそれ以上に隠そうとします。それに、国民もほとんど無関心ですから、日本の海は汚れっぱなしです。
 防護服には放射性物質がいっぱいついていますから、それを最初は水洗いして、全部海に流しています。排水口で放射線の量を計ると、すごい量です。こういう所で魚の養殖をしています。安全な食べ物を求めている人たちは、こういうことも知って、原発にもっと関心をもって欲しいものです。このままでは、放射能に汚染されていないものを選べなくなると思いますよ。
 数年前の石川県の志賀原発の差止め裁判の報告会で、八十歳近い行商をしているおばあさんが、こんな話をしました。「私はいままで原発のことを知らなかった。今日、昆布とわかめをお得意さんに持っていったら、そこの若奥さんに「悪いけどもう買えないよ、今日で終わりね、志賀原発が運転に入ったから」って言われた。原発のことは何も分からないけど、初めて実感として原発のことが分かった。どうしたらいいのか」って途方にくれていました。みなさんの知らないところで、日本の海が放射能で汚染され続けています。
------------------------------------------ 以上、転載です。

しかし、今まで被曝した魚介類を知らずに食していて、今更TVなどで報道された被曝された魚介類があるから、食さないと言うのは問題があるようにも伺える。
    • good
    • 0

 今んところ安全でしょうね。

ヨウ素131とセシウムだけが対象になってるのは、放出量が圧倒的に多いからでしょ? ヒトへの危害性で重要なのは毒性×量が基本で、量が基準値以下ならまず安心ってのは日本政府の専売特許じゃなくて世界の常識です。
 問題はその「量」の数値が信用できるかどうかということ。安全と安心とは違いますので、お疑いなら食べないほうがいいかと。
 なお余計な話ではありますが、日本海には旧ソ連の原潜が何隻か沈んでいるという情報があります。また原潜の解体予算がなく、相当期間汚染水を垂れ流していたという事実(だから日本が処理プラント船(スズラン)を供与したんだけどね)もあります。加えて、韓国や中国は長年化学物質を海に垂れ流しらしい。
 こうなると日本海側の魚も安心はできませんわな。
    • good
    • 0

「万全」ではないけど「安全」だと思います。



「農薬」だって「ニコチン」だって「排気ガス」だって安全ではない。

人にもよるんだろうけど、それらはあんまり気にしないで生活している。

なんでも敏感過ぎると思う。「狂牛病」「鳥インフルエンザ」・・。「今年のインフルエンザが流行すると大変なことになる。って報道は毎年される。でも大変なことにならないでしょ?

あまりマスコミが騒ぎ過ぎるのはどうかな・・?

「食糧が危険」って報道して、「次のコーナーは『まだ間に合うゴールデンウィークの宿』の特集です。」はあ・・・。

テレビ見ててあきれませんか?

報道が過剰過ぎる。基準値が厳しく設定され過ぎている。と自分は思います。
    • good
    • 0

10年20年単位といった長期的に見れば問題もあるかも。


ですが、ではこれが外国の魚なら安全か?と聞かれたら分かりませんし、極論すればロシア産の魚とかどうなの?とも思います。
野菜等と同様、気にしたらどこまでも気になる。
といったところでしょう。
どうしても気になるなら、日本海側の魚を食べるのもひとつの手ではあります。
    • good
    • 0

今年は安全です



来年はコウナゴ食べてる魚が取れますから危険です。

物質は調査しています。
公表はしてないけど^^
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q母乳育児。美味しい白身魚、野菜の煮物のレシピ

3ヶ月の男の子がいます。
完母で育てています。
白身魚や野菜の煮物が母乳によいと聞いて、献立に下記を取り入れるようにしていますが、そろそろ飽きてきました。

たらのホイル焼き
たらのムニエル
たらの煮付け
タイの煮付け
筑前煮
肉じゃが
かぶと鶏の煮物
ひじきの煮物
切り干し大根の煮物
高野豆腐の煮物

ほかに美味しい白身魚料理、野菜の煮物(できれば肉なし)はありますでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

オーブンでシンプルに焼いただけの野菜はおいしいです。
おくら、ベビーコーン、かぼちゃ、ししとう、ぷちとまと、レンコン、ズッキーニやなんでも。とにかく水っぽかったり、えぐみのある野菜以外なら、ちょっとオイルをつけて塩こしょうで焼くだけですが、とてもおいしくいただけます。
あと、煮物ではありませんが以前友人に勧めたものでは、にんじんとおくらとインゲン(それぞれ適当な大きさに切ってざっとゆでたもの)のおしょねーず(醤油とマヨネーズ)に鰹節をふったものが好評でした。色の濃い野菜が母乳にはよいようです。

あと、鯛のもしアラが手に入るなら頭の部分(半割)に軽く塩を振ってグリルで焼いたものはとてもおいしいです。塩分控えめにしたかったら、こしょうとレモンがいけます。

野菜の煮物で我が家の定番は、青梗菜(ちんげんさい)と厚揚げです。豆腐も多分母乳にはよいと思いますが、油分あるので、さきにさっと湯通しして下さいね。

Q土壌の中の有害化学物質は、盛り土をすれば本当に安全か? 福島原発事故の除染作業は、水で放射性物質をま

土壌の中の有害化学物質は、盛り土をすれば本当に安全か?
福島原発事故の除染作業は、水で放射性物質をまるで風で埃を飛ばすのと同じことをやってた。
こんな誰にでも分かる様な、デタラメな事ばっかやってる。
化学者は何故声を上げ無いんでしょうか?
真実を言うと、国から科学予算が貰えなくなるからですか?

Aベストアンサー

他に有効な手立てがない。国に楯突けばその後の自分の立場が悪くなる。どうせ他人が棲む土地だからどうでもいいし、今まで原発予算でいい思いをしていたのだから仕方がない。国民だって、報道しなければ直ぐに忘れるし、適当に時間を過ごしていれば放射線は少なくなっていくのだから適当でいい。そう考えても不思議ではないし、誰もそんなこと気にしていません。そこに近寄らなければいいだけで、原発問題はもう風化しています。

Q魚の煮物の作り方

魚の煮物を作る際に、煮る前一旦熱湯にくぐらせますがあれは何故ああするのでしょうか?
熱湯へくぐらせるのはどんな魚を煮るときも必ず行う作業なのでしょうか?

Aベストアンサー

魚の臭みを抜くためです。
先に薄く塩を振って30分ほど寝かせておいてから熱湯をかけ、
その後煮立たせた煮汁に入れると
魚の嫌な臭みがなくなります。

白身魚などの癖のないものは
すぐに煮汁にいれてもいいと思いますが、
ひと手間かけるだけで
仕上がりがちがいます。

Q放射性物質の基準値が、怪しい

「直ちに健康が出るレベルではない」
「少量を食べたからといって健康に影響はない」
と、いやと言うほど聞かされてますが、、、
4000世帯には水道水の基準値が安全レベルを超えたのに、報告されたのは7日後。
知らずに飲んでしまった乳児は?
「数回飲んだ程度なら影響ない」
でも当初、血相変えてペットボトルを一世帯につき3本づつ配布していたのに?
どうも納得いかない。
万が一基準値超えても、安全であるとは決して言わないで、「ただちに健康には、、、」とか、「一年に○○食べてもレントゲン1回分」とか。
まわりくどすぎてわかりにくいです。
そしてなにより疑問なのは、
風評被害とは、まったく害のないものが敬遠されてしまうことであって、事実、少量であれ汚染されているもに対してそれを拒否するのは、風評被害ではないと思う。
ちょっとならいいじゃん食べろって?お断りします。
報道番組で横一列にならんだタレントたちが福島県産のいちごをおもむろにつかんで、
「あま~い」「一粒一粒が大きい~」など、放射線物質の基準値とは全く無関係な感想を発している姿をみて、いよいよ日本もおしまいかなと情けなくなりました。
タバコを吸う、吸わないと同じで、食べる食べないは個人の自由だと思います。
けど、ちゃんと放射性物質の数値をきちんと告示してください。
うまくごまかさないでください。
なぜほうれん草を検査するとき一枚一枚念入りにこすり洗ってから測定するのですか?
洗ってからの測定値だということを知らない人が大勢いますよ。
家庭では普通は洗うから?一枚一枚?こすって?(私は流水もしくはボールに水をためて束でザブザブ数回ゆすいで調理します。一枚一枚洗うの常識ですか???)
だったら洗う前と洗った後の数値の違いを公表してください。
洗う前の、そのまま測定した数値を知らせてください。
ある番組では、洗う前と後では、測定値が半分だったと報告してました。
さらに、基準値を最初の二倍に設定し直すのはルール違反です。最初の基準値はじゃあなんだったのですか?洗ったうえに基準値を倍にして測定したら、最大測定誤差は4倍、ですよ!
こんなトリックにひっかかりたくありません。
食べない選択もさせてください。
正しい情報を得られる方法、ご存知のかた、お願いします。

「直ちに健康が出るレベルではない」
「少量を食べたからといって健康に影響はない」
と、いやと言うほど聞かされてますが、、、
4000世帯には水道水の基準値が安全レベルを超えたのに、報告されたのは7日後。
知らずに飲んでしまった乳児は?
「数回飲んだ程度なら影響ない」
でも当初、血相変えてペットボトルを一世帯につき3本づつ配布していたのに?
どうも納得いかない。
万が一基準値超えても、安全であるとは決して言わないで、「ただちに健康には、、、」とか、「一年に○○食べてもレントゲン1回分」と...続きを読む

Aベストアンサー

基準値の問題などもさることながら、最大の問題点はこの手のデータが少ないということです。
この手の事故は繰り返しテレビでも報道されているように福島でやっと三例目です。実際はソ連の「ウラル核惨事」などもありますが、それのデータは寡聞にして知りませんので。
 しかも、広島、長崎の原爆から得られたデータでもかなりのバラツキがあるとおり、いわゆる「放射能の害」についても分からないところがあります。

 例えば、長崎原爆による被曝者を追跡調査したデータでは、総計で50ラド~100ラド(ラドは古い単位ですし、シーベルト自体が「恣意的でナンセンスな単位」とも言う研究者もいるぐらいですので厳密には換算できないのですが、だいたい1ラド=1シーベルト)の線量を被曝した方に関しては非被曝者(すなわち被曝していない人)よりも死亡率が有意に低かったとのデータもあったりします。意外なことなのですが。
 また、閾値(これ以上の量の放射線を浴びたら発症率が有意に増加するという数値)というものも重視されておりまして、チェルノブイリで得られたデータだそうですが、白血病の閾値に関しては35ラド程度との研究結果もあります。同じ研究者のデータですが、乳がんは8ラドが閾値との結果もあります。
 あとは身近なところですが、流行の岩盤浴なども所によっては3シーベルト毎時という線量を叩き出すところもあります。三〇分の岩盤浴を三十日行うだけで白血病の閾値を超えてしまうので、温泉好きかつお暇のある方なんかはすぐに白血病にでもなってしまいそうですが、岩盤浴で被曝して白血病になったとはあまり聞きませんね。
 要するに、35ラド以上浴びたら有意に白血病患者が増加するという研究もありますし、35ラド以上を浴びても白血病どころか乳がんにすらならずまったくの健康体で生きている人もいます。50ラド~100ラド浴びても大丈夫という研究すらあります。


 何が言いたいかと申しますと、基準値自体が曖昧模糊、その害も曖昧模糊な現状では誰も何も言えないということです。

 ちなみに、正しい情報を得られる方法ですが、ヨウ素やセシウムなどの放射性同位体に関しては「経口摂取した場合の実効線量係数」を公表しているNPOがあります。これはだいたい科学的に正しい数値が判明しておりますので信用がおけるとし、後はご自身のお好きな基準値をIAEA基準値などから設定し、それと照らし合わせながら、ご自分で安全な線量を計算するのが最も良い方法だと思います。

基準値の問題などもさることながら、最大の問題点はこの手のデータが少ないということです。
この手の事故は繰り返しテレビでも報道されているように福島でやっと三例目です。実際はソ連の「ウラル核惨事」などもありますが、それのデータは寡聞にして知りませんので。
 しかも、広島、長崎の原爆から得られたデータでもかなりのバラツキがあるとおり、いわゆる「放射能の害」についても分からないところがあります。

 例えば、長崎原爆による被曝者を追跡調査したデータでは、総計で50ラド~100ラド(ラドは古...続きを読む

Q魚の煮物、内臓は捨てるものですか?

母に尋ねると、お魚の内臓は大抵取り除いて調理するそうです。皆さんも、煮物にするとき、内臓は捨てちゃうのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして!
いわゆる魚好きと言われる人は,
ほとんどの魚の場合で,
内臓を取り除くようなことはありません.
ただし内臓に癖があり臭いが強い,
たとえば「バリ」
(画像)http://www.fishingworld.co.jp/blog/news/archives/2008_7_3_486.html
の場合内臓にも強い臭みが増しますから,内臓を取り除きますが,
ただし肝臓は非常に美味しいものです.

アジやマトウダイ・コノシロ・サバなどは,
鱗を取り除きその後鰓を洗い,
一匹丸ごと煮付ける努力をしています.
なお煮付ける場合,
鍋に入らない魚体は,極力内臓を傷つけないように,
総排泄口より尻尾の先の方で包丁を入れるように分割してから煮付けます.

内臓にはその魚種独特の旨味があり,
魚好きの私には絶対に捨てるものではありません.

秋刀魚は内臓に旨味があります.
焼くにしても煮付けるにしても,
ほろ苦くさらに多量の脂肪が含まれております.
絶品のこの味の良さを知らない人は,
魚の味を知らない人物だと認識しています.
私の場合は内臓を頂いて片身を食すと,
妻が内蔵を残してくれた秋刀魚と交換し,
内臓だけを食べるのが普通の食生活です.

魚体の大きなシイラ・サワラなどは,
内臓を一緒に煮付けて食べると非常に美味しいですよ.
その際に,内臓にある肝臓に付いている濃い緑色系の苦味を持つ胆嚢(たんのう)は,
同食者の好き嫌いで,潰さない様に細心の注意をして取り除きます.
その際に胃袋に入っている小魚などは取り除きます.
内臓はあまり長く加熱をすると硬くなりますので,
火が通ったぐらいで食するのが最高です.
そのために魚体に火が通った頃合に,内臓を投入し煮付けます.

肉食中心の現在,魚食文化の衰退がこの質問にも現れていると感じます.
内臓の美味しい魚種や調理法はここですべてを披露する事ができません.
ぜひ魚屋でお魚の食べ方を習ってみて見ませんか.

参考URL:http://www.fishingworld.co.jp/blog/news/archives/2008_7_3_486.html

はじめまして!
いわゆる魚好きと言われる人は,
ほとんどの魚の場合で,
内臓を取り除くようなことはありません.
ただし内臓に癖があり臭いが強い,
たとえば「バリ」
(画像)http://www.fishingworld.co.jp/blog/news/archives/2008_7_3_486.html
の場合内臓にも強い臭みが増しますから,内臓を取り除きますが,
ただし肝臓は非常に美味しいものです.

アジやマトウダイ・コノシロ・サバなどは,
鱗を取り除きその後鰓を洗い,
一匹丸ごと煮付ける努力をしています.
なお煮付ける場合,
鍋に...続きを読む

Q海水の放射性物質(ヨウ素)の基準値を教えてください

ニュースで
「海水に放射性ヨウ素が、基準値の●●●●倍検出されました」
とありますが
海水における放射性物質の基準値はいくつなのでしょうか?
放射性ヨウ素を含め、海水における放射性物質の基準値を教えてください。

Aベストアンサー

原発の排水口近くの海水の放射性ヨウ素の基準値は、40ベクレル/リットルです。

Q魚の煮物を作る時に、酒を抜くとどのくらい味に

影響がありますか?また、私は一滴も酒を飲まないのですが、これは逆に体に悪いことですか?

Aベストアンサー

私も大下戸ですが料理酒は吟味したものを使っています。
料理酒の効果は、煮崩れを防ぎ、臭みを消し旨みを引き立てることですが
口に合わないと思われるなら無理に使わなくてもいいと思います

調理に必要なのは酒に含まれる旨みや風味のほうです。
煮込む料理ならアルコール分は調理中に飛んでしまいますし
そうで無い場合は先に煮切ってアルコール分を飛ばしてから使います。
出来上った時にはアルコールはまったく残っていません。

日本酒の役割と使い方
http://www.houmei.com/topics-zatugaku-020125.htm

Q放射性物質の半減期は安全の目安といえるのか?

原発がらみの報道で「ヨウ素131の半減期は8日と短く…」といった具合に半減期という言葉が出てきます。
ざっと見た感じでは半減期が過ぎれば大丈夫であるかのように語ってる印象があるのですが、実際はどうなんでしょう?

1、
単純に考えれば放射能を持つ物質が半分に減るだけで、残りの半分は元気に放射線を出し続けるわけだし、その残りが半分になるために更に半減期の時間が必要であり、いつまでたってもゼロにはならないはず。
少なくとも危険な量の2倍あるなら半減期過ぎたって安全ではないでしょう。(危険な量の目安も曖昧ですが)

2、
物質によっては半減期を過ぎて崩壊したとしても別の放射性物質になっていたり、周囲にあった物体が放射線により放射化している場合がある。

3、
放射能を完全に失ってもヨウ素やセシウムなどといった物質としては健在である。
それらの化合物が化学的に及ぼす影響については?
(劣化ウラン弾は内部被曝の危険性とは別に重金属としての汚染も問題視されてます)


マスコミや専門家はこういった要素も踏まえたうえで安全と語っているのでしょうか?
無視していいレベルの問題なのでしょうか?

原発がらみの報道で「ヨウ素131の半減期は8日と短く…」といった具合に半減期という言葉が出てきます。
ざっと見た感じでは半減期が過ぎれば大丈夫であるかのように語ってる印象があるのですが、実際はどうなんでしょう?

1、
単純に考えれば放射能を持つ物質が半分に減るだけで、残りの半分は元気に放射線を出し続けるわけだし、その残りが半分になるために更に半減期の時間が必要であり、いつまでたってもゼロにはならないはず。
少なくとも危険な量の2倍あるなら半減期過ぎたって安全ではないでしょう。(危...続きを読む

Aベストアンサー

結論から言いますと半減期だけでそれぞれの放射性物質の危険性は評価できません。出す放射線の種類で内部被ばくや外部被ばくの違いもありますし、出す放射線の種類が同じでもエネルギーが違うので人体に与える影響は異なります。ヨウ素131やセシウム137がいつも話題になるのは核分裂反応で生じる原子(核分裂生成物)中、これまでの研究の中で人体の特定の器官に蓄積されたり、半減期が数十年という長期にわたって被ばくする危険性があるため、クローズアップされます。今回ヨウ素131が検出されたということはほかに多くの放射性物質が大気中や海に放出されています。ご心配の通り、本当はそんな物質のほう質定量分析もしないといけない。ただ、そこまでは大学の研究室を動員しないとできないと思います。
ただ、大雑把にいって、半減期の短い放射性物質のはが短時間にたくさんの放射線を出しますから、そばにいない、体に取り込まないという注意が必要です。

Q梅干しの煮物(?)

梅干しの煮物(?)
亡くなったおばあちゃんが昔、梅干しの煮物を作ってくれました。
子供だった私もパクパク食べられるくらい甘くて柔らかく、とにかく大好きだった記憶があります。
魚などと一緒に煮ているのではなく梅干しだけの煮物でした。
それを食べたくて、砂糖と醤油で煮てみましたが全く違う味になります。
周りの人に聞いても、梅干しの煮物なんか聞いた事がない!と言われ、あれはおばあちゃんのオリジナル料理だったのかな…とも思っています。
どなたか、梅干しの煮物の作り方を知りませんか?

Aベストアンサー

梅干を甘く煮付けるというのは、紀州の方では結構あるようですよ。

まあ、梅干というと「辛酸っぱい」というのが普通の概念ですから、中々地域外では通用しにくいようですが。

それはさておき、レシピですが。

梅干の元々持っている塩分によってちょっと違います。

我流にいくと、梅干を酒もしくはみりんと水の半々にしたもので梅干の2倍くらいの量で鍋にかけます。
沸騰したら、中火で十分です。
10~15分煮ると梅干の塩分が汁に溶け出してきます。
ポイントは鍋をあまりかき回さないことです。梅が煮崩れしますので。
酒等を使うのはエキス濃度を予め高くすることで、梅のエキスをなるべく出さないようにするためです。

煮汁を捨て、再び煮る。これを繰り返し、煮汁の塩分を御好みの量まで減らします。
大体本漬け梅干だと、5回位でしょうか?
減塩梅干ならたぶん2、3回で済むと思います。

なお、この煮汁は別鍋に移して煮詰めることで「梅塩汁」として利用できます。この時は風味が飛ばないよう弱火でじっくり煮詰めてください
煮物の隠し味や臭み取り、普通の塩をこの梅塩汁と置き換えることで風味付けに使えますよ。
とあるすし屋では、白身の握りはこちらでいただくという店もあります。


なお、前回答者様の「水出し法」は常温では痛む可能性もあります(特に減塩梅干の場合)ですのでやるなら冷蔵庫でしたほうが賢明と思います。もしくは流水でとなりますか。
もちろん前回答者様の「水出し法」もメリットはあります。それは「煮崩れしにくい」ことです。
私の方法は時間が少なくて済む、梅のエキスが飛びにくい、煮出した煮汁の再利用ができるといったところかな?

さて、煮あがった梅を汁を切り、できれば軽く乾かしてから、砂糖や濃い口醤油で煮れば完成です。
おばあ様のレシピということはもしかしたら白糖ではなく、ザラメ、三温糖、黒糖の可能性の方が高いでしょうか?
なお、紀州の方ではにんにくを一緒に炊いたり、醤油の代わりに味噌を使ったりというのもあるようです。

以上、簡単ですが、ご参考になりましたでしょうか?

梅干を甘く煮付けるというのは、紀州の方では結構あるようですよ。

まあ、梅干というと「辛酸っぱい」というのが普通の概念ですから、中々地域外では通用しにくいようですが。

それはさておき、レシピですが。

梅干の元々持っている塩分によってちょっと違います。

我流にいくと、梅干を酒もしくはみりんと水の半々にしたもので梅干の2倍くらいの量で鍋にかけます。
沸騰したら、中火で十分です。
10~15分煮ると梅干の塩分が汁に溶け出してきます。
ポイントは鍋をあまりかき回さないことです。梅が煮崩...続きを読む

Q海に流出している放射性物質と冷却水の注水について

ニュースを見る限り福島第一原発(1号機~4号機)では
現在冷却システムが作動せず冷却水が循環していないと思うのですが
注水している冷却水は海に棄てているのでしょうか?
もしそうだとすると放水口で高濃度の放射性物質が計測される理由は
冷却水に放射性物質が溶け出しているのではと思ったのですが
その事に言及しているニュースを見たことがありません。
それともまったくの見当違いでしょうか。

Aベストアンサー

正解です!
海水を注入したのは、燃料棒を冷やすためで、今は米軍が運んできた真水が注入されています。燃料棒のある圧力容器を含む配管系は本来密閉構造ですから、注入された水は、排出されなければ圧力容器が壊れます。
報道は最初から注入に関するのことばかりでしたね。被覆の破れた燃料棒を冷やした水は、高濃度の放射性物質を含んでいます。この汚染された排水を管理しないと外部に放射線物質が拡散してしまいます。保管された使用済み燃料に対する放水の水も同じで、蒸発で大気に出ていくか、施設敷地内にあふれ出て行くしかない状態です。

燃料棒を冷やした水は、当初「圧力容器から漏れている」と受身の表現でしたが、実際は排出していたと思われます。おそらく、汚染された排水が敷地外に出ていって問題になるまでに、本来の冷却機能が復旧できると考えていたのでしょう。ところが排水による施設内の汚染が酷くて、作業ができないレベルになっていしまい。冷却系統の復旧が難しくなっています。

燃料棒の冷却のため注水は継続しなければならず、今は高濃度の排水が敷地内にあふれ、地下水脈や、ピット、トレンチ、地震による割れ目などの経路を経て、最終的に海へと排出されています。この状態になるのは、暗黙の了解で関係者や専門家は避けていた節があります。海水の汚染が無視できなくなると、「割れ目から漏れていました。高濃度の放射能が検出されました。」と受身の表現で、他人事のように報道するようになってきていますね。

注水は燃料棒のこれ以上の破壊による放射能の拡散を防いではいますが、結果として排水によって現状のように放射能を外部へ拡散させています。冷却系が復旧するまで、「注水→外部への排水」は続けざるを得ない状態です。このため、蒸発による大気汚染、排水による地下水、海水の汚染は拡がるばかりです。マスコミを通じての、健康に与える基準値変更という気休めで鎮静化を図っていますが、物理的に飛散拡散した放射性物質は、回収もコントルールもできません。普通の人は、放射性物質から距離を置くしか方法がないです(飲食物、汚染地域に近付かない)

本来の冷却設備の復旧が困難であれば、汚染水を排出せず貯水施設に溜めて、これを冷却し、循環するようにすれば、外部への汚染が少しでも減少すると思いますが、難しいのでしょう。今は排水を抑え、出来る限り施設敷地内で処理できるようにして、本来の冷却機能を早急に復旧してくれることを願っています。(20キロ圏内がデッドゾーンとならないためにも)

正解です!
海水を注入したのは、燃料棒を冷やすためで、今は米軍が運んできた真水が注入されています。燃料棒のある圧力容器を含む配管系は本来密閉構造ですから、注入された水は、排出されなければ圧力容器が壊れます。
報道は最初から注入に関するのことばかりでしたね。被覆の破れた燃料棒を冷やした水は、高濃度の放射性物質を含んでいます。この汚染された排水を管理しないと外部に放射線物質が拡散してしまいます。保管された使用済み燃料に対する放水の水も同じで、蒸発で大気に出ていくか、施設敷地内に...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報