先日、主人が頭を強く打って脳挫傷が3箇所、そのうちの1箇所が出血していて手術しそのあと脳低体温療法をしました。今、事故から13日目です。意識は戻ったのですが前の記憶(私や子供の存在など)が全くないようです。脳のリハビリで回復方法(死んだ脳は回復しないと言いますが・・・)が何かあれば教えていただきたいのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

お役に立つかは解りませんが・・・。



脳挫傷による記憶の欠損と言う症状に、効果的なリハビリかどうかは全く解りません。

私は40歳男です。2年前に脳梗塞になり、右脳の細胞が広範囲に死滅しました。

発症時の症状
・高次脳機能障害(短期記憶の欠落)(注意障害)(左半球空間認知消失)
・左半身麻痺(指先がピクリ位には動いた)
・言語障害(ろれつが回らない・言葉が浮かんでこない)

現在
・高次脳機能障害 2年前よりは大分マシ・・・記憶の欠落はたまにある、注意障害が残っていて平行作業が極端に苦手。
・半身麻痺 意識を集中すれば、大体は動く・・・が、力は弱いし細かい作業は無理。日常生活にはほぼ影響なし。
・言語障害 自分で言わない限り、言語障害があったとは気づかれない。言葉は時々思い出せない。
・毎日 車乗ってます。(安全運転でね)

入院中は、病院のリハビリメニューに沿ってやっていました。
一日5千歩きなさい・・・と言われたら1万歩いたりはしてましたが・・。

その手の脳の障害は、本当に人それぞれで、「必ず回復するもの」ではありません。

私自身昔の記憶は全てありますが、記憶が(親・兄弟)無くなって戻らなく退院されて行く方もいらっしゃいました。

病院側としても何とも言えない時期ではないでしょうか?

因みに焦ってあれこれやっても、必ず回復するものでもありません。
ただただ時間がかかります。

麻痺ひとつとっても、動かす訓練をしてもうまく動かなかったのに・・・

ある日朝ベットで目を覚ました時に自然にやった「背伸び」。
あれ?動くぞ! ってのもあります。(自由自在ではないけど)

話しがそれましたね。
(記憶の回復自体出来るのか?がまず疑問ですが・・・脳細胞は復活しませんから
手足を動かす命令系統を再構成するのとは、全く別ですよね)

質問に疑問で返して申し訳無いです。(;´・∀・)ゝ”

半年後に退院した私がやっていて、これは脳の刺激になるなっーと思ったものを上げます。体力面のものは除きます

・毎日ブログを書いていた(要は日記ですね)、文章を構成する力自体が弱くなっているので
短い日記でも最初は時間がかかりました。

・任天堂 DS で「脳トレ」をやっていた。(ゲームだと思って馬鹿にしてはいけません。実際に病院でリハビリの先生とやるような内容のものが多数なんです。<作業療法とかで>)

・クロスワードパズルも良いと聞いた事があります。

・音楽が好きなら、音楽を聴く。 歌を歌う(カラオケとか)。
<音楽療法をご存知ですか?やっている所はほとんど無いと記憶しています>
私が入院中に、軍歌を聴いて(( ;゜д゜))アワワワワと驚くほどシャキッと回復して行ったおじいちゃんが居ました。
歌を歌う位で・・・・と健常者の方なら思うかもしれません。
でもそんな簡単そうなことも脳に障害を持つととても難しい事なのです。
・リズムを取る
・声量を出す
・歌詞を読み取り発音する
・音程を合わせる
この副業作業のなんと難しいことか!!

私からはこんなところですね。
もっと良い回答が来ることを期待しています。

 
    • good
    • 7

 基本的にはまだ脳浮腫のある段階ですから、どの程度回復するかの判断は難しいのではないかと思います。


 この脳浮腫は手術や頭部外傷、脳梗塞などの脳血管障害などで起こってきます。通常3~4週間で軽快してきます。逆に言えばこの期間は単純に回復しうる期間です。またこの脳浮腫とは関係無く逆行性健忘というのが頭部の打撲で起こり得ます。これはCTなどで異常がない程度の傷害でも、事故(受傷)のかなり前までの記憶を失う事があります。時間と共に次第に健忘の範囲は短くなってきますが、完全に回復しないこともあります。
 脳のリハビリというのは確立したものはありませんが、本人の記憶に強く残っているような(そう思われる)ことをなるべく話しかけてあげることが一つのリハビリになるかと思います。音楽にしろ、昔話にしろ、本人が将来こうしたいと思っていた夢などについても話しかけてみてください。
 脳梗塞で全く反応がなかった患者が2ヶ月以上過ぎて少しうなずくくらいまで回復したこともあります。希望を持って常に話しかけてあげてください。聞き慣れた声、言葉のほうが病院関係者のことばよりも脳に対する刺激は強いのですから..
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。
気長にがんばっていこうと思います。希望をもって・・・・。

お礼日時:2001/04/24 20:50

まだ、受傷後2週間ですから、今後次第に記憶が回復するものと


考えられます。記憶は古い記憶や、何度も繰り返して見たり聞いたり
しているものはよく覚えているものですから、ご主人が昔からよく
馴染んでいらっしゃる物や人の写真、歌、音楽など、記憶を呼び起す
ヒントになるようなものを示したり、なじみの場所に行ったりすることに
よって、記憶の糸を手繰り寄せるように思い出すことができる可能性
があります。時間をかけて、根気よく、焦らないで(周りの人も本人も)
思い出すきっかけをつかむように努めれば、月単位で、改善が認め
られるのではないでしょうか。専門病院に入院していらっしゃるので
しょうから、主治医はじめ、スタッフの方たちの意見も参考にされ、
いろいろ試みてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

貴重なご意見、ありがとうございます。この2週間、あまりの環境の変化(主人の姿も含め)いろんな部分で不安になり焦りが出てきてると思います。早速参考にさせてもらい、呼びかけだけでなく聞いていた曲を聞かせたりして(骨折もあるためまだ動けないので)気長にがんばろうと思えることができました。

お礼日時:2001/04/23 06:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q癌の脳転移、脳に水がたまっていればあと3か月?

祖母の癌が再発しました。
元々乳がんから始まり、手術で数年落ち着いていたのですが、今年骨転移が見つかりました。
そして昨日、脳転移がみつかりました。

ドクターからは「もし脳内に水がたまっていたら余命3週間」と宣告されたそうです。
(でも昨日は時間が足りず、水がかまっているかどうかの検査は受けられず・・・。)
ネットでできる限り検索して探したのですが、脳の転移で頭に水がたまるという症状がみつけられませんでした。
似たもので水頭症というものがあったのですが、それは「予後はとてもよい」と書いてありました。

「頭に水がたまることで余命が変わる」というのは、どういういみなのでしょうか?
なぜ脳転移で脳に水が溜まり、余命が変わるのか教えてください。

Aベストアンサー

残念ながら手遅れです。
安心して天国にいけるように、不安を取り除いてあげてください。

Q交通事故の脳挫傷と早期リハビリについて

私の母(61歳)は横断歩道を歩行中、車に跳ねられて脳挫傷を負いました。今、事故発生から55日目です。

事故後3週間ずっと意識不明の重体でしたが、
4週目から指が動き、目を開け、5週目から聞き取りにくい声で自分の名前を言える程になりました。
6週目には簡単な質問には答えました。(誕生日、私や父の名前)
しかし、時間軸と記憶等の整合性がとれず回答が混乱していることも多いです。言葉もはっきりしませんし、目はずっとうつろです。
7週目には食事介助をすれは食事もとれるようになりました。

その間ずっと寝たきりなので、事故後3日目より毎日家族でマッサージを続けていましたが関節が少し固まっています。
6週目から、足のマッサージと座る練習が始まりましたが1日20-30分と、短い気がします。
更に、言語のリハビリをして欲しいのですが、ほったらかしのようです。
本来、言語聴覚士がリハビリをするものではないのでしょうか?
実際、言葉を話し出してから回復の度合いが頭打ちなのです。
刺激は家族が毎日2-3時間面会に行って、
マッサージやら声掛けやらを必死にやっているだけです。
現在の病院は大病院で、急性期の脳を診るのには適していましたが、リハビリは相当弱いようです。

脳の傷の方は、急性期も過ぎ、何も薬は投与していないし
体中のチューブは全部とれました。
もう少し身の回りのことができるようになればリハビリ専門の病院に移そうと、主治医からは言われているのですが、転院予定日は後1ヶ月も先のようです。

転院先は決まっているので、今この病院にいる必要性がないのであれば、一刻も早く転院させ、積極的なリハビリをさせたいのですが、どう切り出して良いか分かりません。
(あるいは、この私の思いはただのお先走りなのでしょうか?)

なにか、よいアドバイスがあればお願いいたします。

私の母(61歳)は横断歩道を歩行中、車に跳ねられて脳挫傷を負いました。今、事故発生から55日目です。

事故後3週間ずっと意識不明の重体でしたが、
4週目から指が動き、目を開け、5週目から聞き取りにくい声で自分の名前を言える程になりました。
6週目には簡単な質問には答えました。(誕生日、私や父の名前)
しかし、時間軸と記憶等の整合性がとれず回答が混乱していることも多いです。言葉もはっきりしませんし、目はずっとうつろです。
7週目には食事介助をすれは食事もとれるようになりま...続きを読む

Aベストアンサー

リハビリに関しては、運動療法は理学療法士、作業療法は作業療法士、言語は言語療法士という専門の領域があるのですが、コスト的な面もあって一般の病院でこれらの療法士がそろっている病院は少ないですね。
急性期のベッドサイドのリハビリを看護婦がしているところもありますしし。
受入先が決まっていると言うことですが、そちらの受け入れ状況は整っているのでしょうか。
状態が安定しているようでしたら、受入先の状況を確認して主治医と話し合ってみればいかがでしょう。
関節の拘縮は後遺症の中でも後々の生活に大きく影響するものです。
動かせる範囲で動かしてあげてください。

Q頭に水がたまり脳が委縮と診断され動揺

去年の12月から唇の右側にしびれた感があったので、先日脳神経外科を受診しました。年齢も52歳にもなれば物忘れもあって脳の委縮と血管の詰まりの有無も一緒に診てもらいました。MRIの画像を見て先生から、左側に水がたまっていてその分脳が年齢よりも委縮していると言われました。心配いらないけど年に一度経過観察をして、なるべく頭を使うよう言われました。先生に心配いらないといわれてもショックです。今回初めてこのサイトを知り、以前回答にあったように神経内科を受診したほうがいいですか。ところで、、この水ってなんでたまるのですか。脳の委縮と言われて気をつけることを教えてください。

Aベストアンサー

頭の水は多分髄液と思われます。
脳を頭のなかで浮かべている水です。
私の父も脳挫傷により脳が萎縮し髄液が上手く循環しなくなり、水が溜まり過ぎる状態になりました。
水頭症と呼ばれるものです。歩行が困難になったり、尿意や便意が分からなくなったりします。
ですが、その髄液を流す手術をしました。おかげで今は通常に戻りました。
これはひとつ脳のパターンですが、今のところ心配ないと言われているならばご自身やご家族で生活するなかで、以前よりは言動に注意を払いながら生活されるとよいと思います。
高次脳機能障害、水頭症、パーキンソン病、このあたりの病気についても調べて知っておいた方がよいと思います。

Q脳梗塞回復期の父をリハビリ専門病院へ転院させたい

主人の父(80代)が脳梗塞で左半身麻痺です。要介護3の認定を受けています。急性期を過ぎて(発症して丸2ヶ月)、リハビリを積極的にしたい時期なのですが、今の入院先では10分程度のリハビリしかありません。

本人も家族も積極的なリハビリを希望しております。また、時期を逃したくありません。自宅近くの老人保健施設の入所待ちをしていますが、空きそうにありませんしリハビリの評判もイマイチです。

それで、リハビリ専門病院を探しましたら「回復期リハビリテーション病棟」のある病院がありました。入院してリハビリを受けれるし、脳卒中患者が7割程度ということで、ここに転院させたいと思っています。
しかしこのリハビリ専門病院に問い合わせると、現在の入院先を通してくれということでした。

そこで、今日ナースステイションで師長さんや看護士さん達がいらっしゃる場で相談しましたが、なかなか聞く耳を持ってくれません。現在の入院先の直系の老人保健施設を勧めるばかりです(そこは場所的にも、費用的にも難しい)。

今度、院長に転院の件を直談判することになるのですが、なんとか話がうまく進むよう、心構えとか、病院の繋がりの裏事情?など教えて下さい。また、看護士さん達から反対されましたが、正当?な理由が考えられるのであれば教えて下さい。

話がそれますが、「治療が済んでリハビリだけの状態になった患者は、病院の利益がなくなるので、入院先を追い出される」というようなことを聞いたのですが、もしそうであれリハビリ専門病院はどうやって経営が成り立っているのでしょうか?父のような「治療は済んでいて、リハビリだけ必要」な場合は、リハビリ専門病院に入れるのでしょうか?それとも老人保険施設に入るしかないのでしょうか?

因みに、自宅に帰っても高齢で腰の弱い母しかおりませんので、デイサービスなどを利用するにしても自宅生活は無理です。

主人の父(80代)が脳梗塞で左半身麻痺です。要介護3の認定を受けています。急性期を過ぎて(発症して丸2ヶ月)、リハビリを積極的にしたい時期なのですが、今の入院先では10分程度のリハビリしかありません。

本人も家族も積極的なリハビリを希望しております。また、時期を逃したくありません。自宅近くの老人保健施設の入所待ちをしていますが、空きそうにありませんしリハビリの評判もイマイチです。

それで、リハビリ専門病院を探しましたら「回復期リハビリテーション病棟」のある病院がありま...続きを読む

Aベストアンサー

#4です。度々失礼します。
すみません。諦めるようお勧めしたつもりではなかったのですが、言葉が足りず申し訳ありませんでした。

よろしければまず、先方の病院に再度連絡をとってみてください。
「発症2か月を経過しているため、回復期リハビリテーション病棟は本来ならば受入れ対象外だそうですが、条件(自宅退院前提、期間限定など)次第では相談にのってもらえる余地があるでしょうか?」と確認。
ここで「あります」との回答が貰えたら、その条件を確認。
そこで折り合いが付きそうでしたら、今度は主治医(院長が主治医でなければ、院長直談判は逆効果の場合があります)に相談です。
「発症2か月を経過しているが、先方では相談に乗ってくれると言っている。ただし先生からご紹介いただかないと話が進まないとも言われた。本人、家族ともやる気はあり、在宅での生活を希望している。今後これ以上の回復が見込めないのであれば諦めざるを得ないとは思うが、可能性があれば賭けてみたい。なんとか御検討いただけないものか…」
不本意?かもしれませんが、なるべく丁重に、丁寧にお話ししてみてください。

ご入院中の病院に医療ソーシャルワーカーがいるようでしたら、間に入ってもらうと話が通り易くなったりする場合もあるのですが…
ご参考になれば幸いです。

#4です。度々失礼します。
すみません。諦めるようお勧めしたつもりではなかったのですが、言葉が足りず申し訳ありませんでした。

よろしければまず、先方の病院に再度連絡をとってみてください。
「発症2か月を経過しているため、回復期リハビリテーション病棟は本来ならば受入れ対象外だそうですが、条件(自宅退院前提、期間限定など)次第では相談にのってもらえる余地があるでしょうか?」と確認。
ここで「あります」との回答が貰えたら、その条件を確認。
そこで折り合いが付きそうでしたら、今...続きを読む

Q脳のMRI で、脳を撮影したら、鼻の付近に水が

脳のMRI で、脳を撮影したら、鼻の付近に水が溜まっているのが、映っていました。
医師は蓄膿ではないか?と言ってみえました。
特に、耳鼻科にいくように指示はありませんでした。
どうすればいいのか?

Aベストアンサー

水がたまっているように見えたのが副鼻腔であれば、いわゆる蓄膿でしょうが、その水っぽい部分が鼻腔であれば、鼻粘膜が厚く見えているのかもしれません。
そもそも、現在副鼻腔炎・蓄膿の症状はあるのでしょうか。それがあれば耳鼻科受診を考えられたほうが良いと思いますが。

Q交通事故で脳挫傷、その後、脳梗塞。因果関係は?

以下のような症例についてお詳しい方からの意見を伺いたく、よろしくお願いします。

患者は70代の女性。自動車交通事故に巻き込まれました。診断は脳挫傷(右脳)、くも膜下出血、肋骨骨折。事故直後に脳神経外科に入院、容体が安定してきたので3週間後にリハビリ病院に転院しました。

ところが転院2週間後、意識の薄れが収まらないため念のためCT、その後MRI画像を撮り、脳梗塞(左脳)との診断を受けました。そこでリハビリ病院から急遽、脳神経外科に再転院。現在は再び容体が安定しつつあるので、近々もといたリハビリ病院に再々転院の予定です。

私が伺いたいのは事故と脳梗塞との因果関係についてです。交通事故の被害者であるため、治療費はすべて保険会社が支払っていましたが、脳梗塞を発症してからは「脳挫傷は事故によるものだが、脳梗塞は事故とは無関係なので支払わない」と、保険会社は主張しています。また総合病院の脳神経外科の主治医も、「脳挫傷の位置(右脳)と脳梗塞の位置(左脳)が違うし、脳梗塞は事故後1ヶ月以上たってから発症しているので、脳梗塞と交通事故との因果関係はないと考えています。しかしこれを判断するのは保険会社なので、ご家族と保険会社の間で話し合いをして下さい」とのことでした。

しかし今まで70年間、一度も脳梗塞を起こしたことのない人(患者は数年前、物忘れを気にして自分で医者に行きMRI診断を受け、大丈夫とのお墨付きをもらっている)が突然、しかも交通事故の1ヵ月後というタイミングで、事故と無関係な脳梗塞を発症するものだろうか?、仮に直接の因果関係はないとしても脳挫傷による入院・リハビリ生活が引き金となって、脳梗塞を起こしたのではないか?、もしかしたら保険会社から医者に何か変な物でも渡っているのではないか??、などと疑心暗鬼になっています。

因果関係があるとしたらその立証責任は患者側にあるので、法律にも医療にも素人の私が訴訟を起こすのは難しいとは思いますが、お詳しい方のご意見を参考までに伺いたいと思います。なお念のため、今回の事故の件では弁護士を立ててあり、弁護士にもこれまでの経緯は逐一報告してあります。

以下のような症例についてお詳しい方からの意見を伺いたく、よろしくお願いします。

患者は70代の女性。自動車交通事故に巻き込まれました。診断は脳挫傷(右脳)、くも膜下出血、肋骨骨折。事故直後に脳神経外科に入院、容体が安定してきたので3週間後にリハビリ病院に転院しました。

ところが転院2週間後、意識の薄れが収まらないため念のためCT、その後MRI画像を撮り、脳梗塞(左脳)との診断を受けました。そこでリハビリ病院から急遽、脳神経外科に再転院。現在は再び容体が安定しつつあるので、近々も...続きを読む

Aベストアンサー

sodenosita先生のおっしゃるところは全く妥当だと思います
「頭部外傷(=ケガ)」と無関係な、独立した脳梗塞は珍しくない
これは本当です。昔から日本人の死因の三位以内、一位から三位に下がったとはいえ近年は 脳卒中の8割が脳梗塞です。交通事故よりはるかに確率は高いわけです。

それはそれとしてもっと深く突っ込んで考えて、頭部外傷と関連する脳梗塞の報告論文は有るのか無いのか?
有ります

例えばちょっと古いけどこの論文(リンク先では要約しかありませんがわたくしは全文持って読んでます)
http://www.ajronline.org/cgi/content/abstract/154/6/1293

要約でも触れてますが、本文の冒頭では
「外傷後脳梗塞は頭蓋脳外傷後の合併症として知られている。多彩な複数のメカニズム(脳血管攣縮・血管圧迫・ヘルニアや偏移をきたすような近隣の圧排性病変による減衰・直接の血管損傷・塞栓症・脳全体の低かん流 等)がこの合併症に関連しているのかもしれない。」
と述べて13の参考文献を示してます。

ちなみに著者はメリーランド大の診断放射線科学の教授で
外傷放射線科診断学のプロ中のプロですな
http://www.umm.edu/doctors/stuart_e_mirvis.html

他にも関連する論文はいっぱいあります。

今回のケースで関連性が有るといえるかいえないかは
質問文からの情報では不足で詳細な経緯やCT画像がほしいところです
可能性はなくはないと思います

sodenosita先生のおっしゃるところは全く妥当だと思います
「頭部外傷(=ケガ)」と無関係な、独立した脳梗塞は珍しくない
これは本当です。昔から日本人の死因の三位以内、一位から三位に下がったとはいえ近年は 脳卒中の8割が脳梗塞です。交通事故よりはるかに確率は高いわけです。

それはそれとしてもっと深く突っ込んで考えて、頭部外傷と関連する脳梗塞の報告論文は有るのか無いのか?
有ります

例えばちょっと古いけどこの論文(リンク先では要約しかありませんがわたくしは全文持って読んでます...続きを読む

Q脳に腫瘍か水

母がドックに行ったところ脳に腫瘍があると言われました。ただ、水が溜まっているのかもしれないとも言われました。(その可能性の方が高いようです。)場所は小脳のようです。今のところ症状はないようです。水又は腫瘍の場合、それぞれどういった治療をするのでしょうか?手術した場合、後遺症なども残るのでしょうか?今度精密検査をする予定ですが、少し不安なのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

腫瘍のほうは分かりませんが、水のほうはたぶん「くも膜のう胞」ですね。
自分は前頭葉にあります。

ここからはたぶん医師の方が話してくれると思いますが、予備知識程度に。
「水」ではなく、詳しくは「脳脊髄液」です。
脳脊髄液が袋で包まれたものがくも膜のう胞です。
小脳の場合は「小脳のくも膜のう胞」といいます。(そのままですね)
完全な袋で包まれており、大きさが変わらないものと、袋が完全ではなく大きくなるものがあります。この場合は手術が必要です。(自分は医師に、もし手術をするなら切開か脳に管を通すという方法を言われました。)
後遺症は分かりません。
自分は2年に一回MRIを受けていますが、お年のようなら半年または一年に一回は受けたほうがいいでしょう。

医師の方は「水」の可能性が高いとおっしゃったようですが、自分もそう思います。「くも膜のう胞」は多くの人が気づかないだけで、検査をしてはじめて気づく人が結構いるらしいです。

Q主人の脳挫傷のことで・・・

主人の脳挫傷のことでお尋ねしたいことがあります。

転落事故で頭を強打し、脳挫傷と診断されました。
主治医からは「薬で散らせる程度の小さな傷です」と言われました。
入院~今現在までデパゲンという抗てんかん薬を処方されました。
今は朝一回だけ飲んでいる形です。
長くなりましたがここからが質問です(三つあるのです)。

1.顔の眉と眉の間から口元にかけて
小さな赤い発疹がいくつもできています。これはデパゲンの副作用ですか?
以前はこういう発疹はありませんでした。

2.後頭部に鈍痛を感じるそうです。事故時、首もしきりに痛がって
おりましたがそれを誤解して、後頭部だと感じているのでしょうか?
それとも脳挫傷のせいでしょうか?

3.記憶がまだ途切れ途切れではっきりと思い出せない状態です。
人の名前や家族などは思い出せるのですが、入院前2ヶ月~今現在まで
起こった出来事が途切れ途切れです。少しずつは思い出してきているようですが
2~3日前に起こったことなどを現実のことかどうか理解できない、
忘れているなどの症状があります。これらも脳挫傷からきている可能性は
あるのでしょうか?
長々となりましたが、専門家の方々の意見もお伺いしたいです。
よろしくお願い致します。

主人の脳挫傷のことでお尋ねしたいことがあります。

転落事故で頭を強打し、脳挫傷と診断されました。
主治医からは「薬で散らせる程度の小さな傷です」と言われました。
入院~今現在までデパゲンという抗てんかん薬を処方されました。
今は朝一回だけ飲んでいる形です。
長くなりましたがここからが質問です(三つあるのです)。

1.顔の眉と眉の間から口元にかけて
小さな赤い発疹がいくつもできています。これはデパゲンの副作用ですか?
以前はこういう発疹はありませんでした。

2.後頭部に...続きを読む

Aベストアンサー

1.に関しては、kawakawaさんの回答通りです。実際に患者さんにデパケンを投与している経験から言わせていただきますと、極まれに薬疹が出ることもありますが、おっしゃっているような形の発疹が出ることはまずないと考えます。
2.に関して、後頭部に感じておられる鈍痛は、頚性頭痛や緊張型頭痛が最も考えやすいと思われます。
3.に関して、健忘や記名力障害が認められるようですが、まず間違いなく脳挫傷の影響であると考えます。デパケンの長期投与で痴呆様症状が出ることがあるとされていますが、文面からはその可能性はほとんどないように思われます。

いずれにせよ、担当医の方にご質問されるのが最良と考えます。お大事に。

Q妊娠4週間の子供の脳に水がたまるそうです。

知人が現在妊娠中なのですが、こんなことを心配しています。

1、妊娠4週間の子供に障害がある可能性がある。
2、わかっているのは脳関係の障害
3、水が脳にたまる?とか言っていた
4、出産する人は看護士なので言っていることはほぼ正しいと思う
5、障害の可能性は高いらしい

です。似たような経験をお持ちの方で出産したかたなどいましたら是非アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

本当に4週目でしょうか?
私、7週目でも赤ちゃんが確認できなかったんですが。
安定期とか過ぎないとわからないんじゃないですか?
14もしくは24・34週とかの聞き間違いじゃないでしょうか?
4週だとまだ「胎芽」の状態で、魚みたいな形です。
8週ごろから脳が分化されていくはずなんですが・・・。

Q脳挫傷は完治するのでしょうか??

はじめまして。

今から7年前に交通事故で脳挫傷、肝・肺挫傷、骨盤骨折、仙尾骨折などの傷を負いました。
脳外科でも『保存的治療』、整形外科でもリハビリによる『保存的加療』で2ヶ月ほど入院しておりました。
退院するときにMRを撮ってもらったのですが、そのときの脳の画像には脳全体に小さな点が無数にあり、医者に『これはずっと残ります』と言われました。

3年程前になりますが、頭痛がひどくて別の病院の脳外科で7年前の事故で脳挫傷だったことを伝えてMRを撮ってもらったんです。
ですが、『本当に脳挫傷だったの?凄くキレイな脳だよ』と言われたんです。。

脳挫傷は完治しないと聞きますし、実際入院していたところの先生には『残る』と言われていたので。。。

その時は人間の治癒力ってすごいなぁ。。なんて感動したんですが今頃になって、『あれは他の人のMRの画像だったり・・』なんて思い出して気になって仕方がありません。。。

もう一度MRを他の病院で撮ってみればいいのですが、お金や時間のコトを考えると、まずはどなたかにそんな事もあるのかお伺いしてからにしようかと。。。

もし完治するのであれば、後遺症の『記銘力障害』も治っているという事ですよね???

ご回答宜しくお願い致します。

はじめまして。

今から7年前に交通事故で脳挫傷、肝・肺挫傷、骨盤骨折、仙尾骨折などの傷を負いました。
脳外科でも『保存的治療』、整形外科でもリハビリによる『保存的加療』で2ヶ月ほど入院しておりました。
退院するときにMRを撮ってもらったのですが、そのときの脳の画像には脳全体に小さな点が無数にあり、医者に『これはずっと残ります』と言われました。

3年程前になりますが、頭痛がひどくて別の病院の脳外科で7年前の事故で脳挫傷だったことを伝えてMRを撮ってもらったんです。
ですが、『本...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

脳挫傷とは、外傷により脳皮質が硬膜や頭蓋骨にぶつかり、脳実質の挫滅が起きた状態であり、
内部に点状出血や浮腫、壊死を伴う不可逆性組織損傷のことを言います。

あなたがご覧になった「脳全体に白い点々が無数にあり」というのは、
その点状出血を差しているものと思われます。

脳に限らないのですが、体内で起こった出血による血腫は、
時間の経過とともに成分変化が起きます。
どういったシーケンス(撮像条件のひとつ)だったのか解かりませんが、
画像上では受傷直後、白くはっきり見えた血腫は、時間経過と伴に見えなくなっていきます。
すなわち、3年も経っていれば、点状出血は見えなくなって当然です。

しかし、不可逆性(元に戻らない)な組織損傷は、文字通り元に戻りません。
医師の「これはずっと残ります」という言葉は、この「損傷」を差すものと思われます。
損傷があっても細胞の栄養がされていれば、画像上正常組織と同じです。

壊死した細胞(つまり梗塞)でもあるのでしたら、それはそれで周辺組織と区別できます。
(白く見えるか黒く見えるかは、シーケンスに依る)

実際違う病院で検査されたようですので、厳密に言うと同じシーケンスでも、
施設や装置、細かい撮影条件などによって、画像は変わります。

また頭部撮影の基準線というのがあり、
これは一般に施設によって変わるといったものではありませんので、
#1の方には申し訳ありませんが、撮影位置が多少ずれたからといって、
脳に広範に点在していた物が、全く見えなくなることはありません。

いずれにしても「他人の写真だった?」という心配は、稀有でしょう。

※医師ではありませんので経験者としましたが、
 脳神経外科勤務経験ありの診療放射線技師です。

こんにちは。

脳挫傷とは、外傷により脳皮質が硬膜や頭蓋骨にぶつかり、脳実質の挫滅が起きた状態であり、
内部に点状出血や浮腫、壊死を伴う不可逆性組織損傷のことを言います。

あなたがご覧になった「脳全体に白い点々が無数にあり」というのは、
その点状出血を差しているものと思われます。

脳に限らないのですが、体内で起こった出血による血腫は、
時間の経過とともに成分変化が起きます。
どういったシーケンス(撮像条件のひとつ)だったのか解かりませんが、
画像上では受傷直後、白くはっ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報