【3月6日実施】システムメンテナンス実施のお知らせ

入学して半年ですがまだ友達ができません。学校ではいつも一人でいるようで、今まで4,5回位友達と遊んだだけです。(休み時間、相手の子から誘われて)
自分からはなかなか声をかけられない子です。
一年生にもなると放課後約束して毎日のように遊びに行く子が多いのに、それどころか、学校でも友達と遊んでないようでとても心配です。本人も友達がほしいようですが・・・。
近所にも子供がおらず、いつも家で遊んでいます。

学校以外での友達はいるのですが、家にきて遊んでるのを見てると友達と遊びを色々工夫しながら上手に遊んでいるのですが学校では、きっかけがつかめないようで・・・

同じような経験をお持ちの方アドバイスよろしくお願いします。

A 回答 (8件)

ご心配ですね。

でも、tako2003さんのお子さんに対する愛が感じられます。子どもは誰でもいいから、自分を愛している人がいると、安心して、だんだん羽ばたくようになるものです。もっともっと愛してあげてくださいね。
大人でも内気な人はたくさんいます。急に性格を変えるのはムリというものです。徐々に気長に変えるしかありません。
自信を持てるように、思いっきり誉めて育ててあげてください。しかし、甘やかしてはいけません。いつも「自立する」ことを頭に入れて、手出しをなるべくやめて、見守ってあげてください。子どもは暗示に弱いので、tako2003さんが誉めて自立させるように洗脳すれば、きっと花開くときがきます。
我が家は4人も子どもがいて、頭を抱えることがしょっちゅうです。そんな時、「有名人はたいてい、子どものとき変人だった」「芸能人に人と話せなかった子ども時代を語る人が多い」なんて事を思うようにしています。
「今」がカンペキである必要なんてドコにもありません。「おとな」になるために、エネルギーを蓄積しているお子さんかもしれません。長い目を持って、暖かく見守ってあげてくださいね。きっと、愛に包まれて育てば、優しい自分の考えをしっかりと持った大人になります。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます。siwasiwa4さんのおっしゃるように気長に待とうと思っているのですが、先日同じクラスのお母さんと話してた時、うちの子は友達と遊びたくてしょうがない子で毎日遊んでるけど○○君(うちの子)はどう?と言ったりするのです。(友達いてないのを知っていて)

>「今」がカンペキである必要なんてドコにもありません。「おとな」になるために、エネルギーを蓄積しているお子さんかもしれません。長い目を持って、暖かく見守ってあげてくださいね。きっと、愛に包まれて育てば、優し
い自分の考えをしっかりと持った大人になります。

siwasiwa4さんのこのアドバイスとても素晴らしいですね。私もまさにこの通りだと思いました。他人なんかに惑わされずに大きな気持ちで子供の自立めざして頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。

お礼日時:2003/10/05 14:12

#7です。

補足欄へのご記入、有難うございました。
ウチの子の例で、何かお役に立てるのでしたら…と思い、
少々お恥ずかしながら、ご返答させていただきますね。

> 本当にうちみたいに自分から声の掛けれないぐらいの
> お子さんだったのでしょうか?

 …生活上最低限必要なことや、どうしても自分が伝えたいことなどは、
  ちゃんと口に出して言える、、、程度の子でした。
  でも、自分からお友達に「一緒に遊ぼう」とは誘えぬタイプでした。
  また、どちらかというと外遊びや運動が苦手で、
  それよりも、一人で本を読んだり、絵を描いたりが好きなので、
  休み時間等一人でいることに、余り苦を感じてなかったようです。
  そういう点でも、友達作りに多分に関係してたと思います。

> 性格がまるっきり変わったのか、
> おとなしいなりにも友達がたくさんできるものなのか
> ということも知りたいです。

 …どちらかというと、後者の方ですね。
  人間、そうスグにまるっきり変わることは、
  やはりむずかしいでしょう。

  でも、全然変わらなかったということもないですね。
  今振り返ってみると、性格が変わったから友達が出来たのではなく、
  複数のお友達と、積極的に遊べるようになったことで、
  除々に彼女の性格の方が、変わってきたんだと思います。

  またウチの子の周りには、幸いにも(?)入学当初から、
  世話好きの女の子数名の「お付き」がいました。
  担任の先生からも、我が子は「姫」と呼ばれてたくらいです(汗)
  ですから、超ノロマでマイペースでコミュニケーション下手でも、
  黙ってても色々手伝ってくれる子が傍にいたので、
  遊び以外の部分では、あまり不自由なく過ごせてたようです。
  それに、何故か「出来ない=かわいい」といった扱いをされたり、
  得意のお勉強や絵など作品等で、賞をいただいたりが
  しょっちゅうなので、クラス内でも決して埋もれることなく、
  それなりに一目置かれ、そこそこの人気を保ってるようです(^^;)

> クラスの人気者って活発な子だと思うのですが

 …たしかに、一般的にはそういう傾向にあると思います。
  でも100%、そんな子ばかりとも限らない、、、とも思いますよ。

  お口が達者な子は、ひょんなことから敵をつくりがちだったり、
  あまり目立たなかった子が突然、思いもしないようきっかけで、
  ヒーローになってしまったりすることもあると思います。

  低学年のうちは特に、担任の先生のご指導方法や、
  クラスの雰囲気の影響も、多分に受けていると思いますね。
  一人ひとりの良い点を、いつも皆の前で誉め、決して貶さず、
  本当に個性を重んじ伸ばそうとしてくださるようなクラスだと、
  弱者?に対しても、優しい目で見てくれるような子達が、
  ちゃんと育つのかも…と、最近思います。
  双子それぞれクラスが別なので、色々影響の差を実感しますね(苦笑)

  かといって、学校ばかりに頼っていてもいけないと思ったので、
  前回ご紹介した「お誕生日会 作戦」以外にも、自分なりに色々考え、
  常に努力はしましたよ。
  その中で、特に「アレやって良かったナ~」と思えるのは、
  ベテラン教諭からご助言いただいて始めた「朝散歩」です!
  
  元々は屋外が少しでも好きになるきっかけづくりで始めたのですが、
  これが意外や、ウチの子の「隠れ活発?」部分を引き出したようで、
  それまで「姫」だったような子が、ジメジメとした薄暗い所で、
  ダンゴムシを数十匹捕まえ、得意気に学校に持って行ったり、
  カエルやイモリを、怖がらずに素手で捕まえることが出来たり…
  「うえっ、スゲェ!」「どこで捕まえたの?」
  こうなると低学年ですから、一挙に皆の注目が集まったんですねー。

  今でも、どちらかというと屋内遊びの方が好きな子ですけど、
  朝散歩を始める前よりは、屋外でも遊べるようになりましたね。
  朝30分程度、親と手をつないで近所を歩くだけのことなんですけど、
  ピンと張り詰めた朝の空気の中で、唯一残る繋いだ手の温もり…
  普段は気付かないような、道の片隅にまで目がいったり、
  自然に親子の会話が弾んだり、食に興味が薄く遅かった子が、
  朝食をバクバク食べてくれるようになったり、、、
  ウチにとっては、いいことづくめでした(^^)♪

あなたの息子さんにも、きっときっと、ある日突然、
パァ~ッと、息子さんらしい花開く時がやってくる、と信じてます!
ホラッ「世界にひとつだけの… 一人ひとり違う種を持つ♪」ですから。
何かひとつでもお役に立てるきっかけになれば、幸いに存じます。
度々長文で、失礼致しました…。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度の御回答ありがとうございました。
読ませて頂いて、周りの環境が良かった事、それと自身の努力の両方で花開いたのですね。よくわかりました。
私も色々考えてみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/08 00:36

本来、子どもが自分で切り開いていく世界、と分かっていながらも、


親としてはやっぱり、ご心配ですよね…。

我が家も、双子の娘が1年生だった、ちょうど今頃、
私の同様の心配がピークに達し、色々な作戦を練っておりました。
もちろん担任の先生にも、何度かご相談はしてみてたのですが、
結果イマイチ。親子で乗り越えていくべき壁…と悟りました(苦笑)

で、その中で一番効いたと思われるのは「お誕生日会 作戦」!
初冬にお誕生日があり、本人も会を開いて友達呼びたいと言ったので、
(何よりも、本人に「お友達を作りたい」という意思がなければ、
ちょっとむずかしい話ですが。
その辺のことを認識させるのも、結構重要ポイントだと思います。)
早々と、誕生日の2ヶ月程前から「呼ぶお友達探し」を命じ、
あれやこれや親が手出しするのではなく、ゆっくりと時間をかけながら、
そーっと背中を押してやって見守る程度の距離を保つよう心掛けました。

数日経ち、呼びたいお友達の名前がぼつぼつとあがり始めました。
しかし、その後が難航…なかなか進まず、本人に諦め感が漂ってきた頃、
今度は、具体的アドバイスを提示してみました。
 ゛お誕生日会の本番前に、呼びたい子とは必ず一度は遊び、
 お互いの家の場所がわかる位、少し仲良くなっておけば?″と。
何故かというと、お友達とのコミュニケーションが不足してた分、
押す力にもイマイチ欠けてたようで、
なかなかそれをきっかけとしたような「一緒に遊ぼう」という一言が、
本人の口からもお友達の口からも、出てこなかったからです。

そのアドバイスをするやいなや、
「本当は、あの子を誘ってみたかったの。電話番号聞いてくる。
(帰宅後に連絡を取り合う等、必要とすることが多いので)」とか、
「(おうちの方向が違うので)今までは一緒に帰れなかったけど、
今日は、別れる途中の道まで、初めて一緒に帰ってきた。」とか、
「○○さんは習い事たくさんあって、本当は○曜しか遊べないんだけど、
(その○曜日以外は、本人も別の習い事があって、遊べない状態)
今度、習い事がお休みの時には、遊ぼうねって言ってくれた。」とか、
かなり積極的な具体的行動が見られるようになり、
数日後、とうとう2名のお友達を自分の家に連れて来ることに成功!
もちろんお誕生日会にも呼び、その後も仲良く遊ぶ姿は続きましたし、
これを機に、転校してきたお子さんを中心とした新しいお友達を、
自分だけの力で、どんどん作っていくことも自然と出来るようになり、
お蔭様で、半年ほど経った頃には、全く心配いらなくなりました(^^;)

> 優れている所は意思の強いところと、勉強のできるところですが

 …双子ということで、2人共ほぼ同じような環境で育ってきたのですが、
  これが不思議と、おたくの息子さんに似た「意思が強く」
  「勉強できる」タイプの子だけが、お友達作りが苦手!
  ウチの場合、そっちの子は非常に「真面目」でもあるので、
  他人の曲がった点を、見逃したり許すことが決して出来ず、
  少々口うるさいので、今考えると煙たがられてたような気もします。

  それにホラッ、昔から「優等生タイプ」って、
  超人気者か、ちょっと嫌われ者かの、どちらかじゃないですか~!
  私は、そう割りきってしまっていますし、
  本人には「すごいね~」「やれば出来るんだよねー」
  「頑張り屋の○○ちゃん、だぁい好き♪」と、誉めまくってます。
  幸いにも、今や彼女は、前者の方に属するようですしね(笑)

> クラスの子が集まる公園等は残念ながらないんです

 …現代っ子の、典型的なスタイルの中でお育ちのようですね。
  今の時代、特に屋外スポーツ系の習い事等していない男の子は、
  誰かのお子さんの家で遊んでいるケースが、非常に多いです。
  (野球やサッカー等をやってるお子さん達は、学校の校庭開放とか、
  練習できる場所などで、自然と集まってることが多いです)

  ですからどうしても、家が近いとか、通学路が同じでよく知ってるとか、
  お母さんが働いておらずいつも家にいて、開放的雰囲気だとか、
  必要以上にうるさくなく、根掘り葉掘り聞かない親だとか、
  自分の持ってない楽し気な魅力的オモチャがあるとか、
  おやつを出してくれる家だとか…
  子どもにとって行き易い家、ってあるんだと思います。
  あそうそう、団地やアパート住まいのお子さんにとっては、
  マンションのオートロックシステムがよく理解できなくて、
  家に来るのを、二の足踏んでた子もいましたっけ。

  お友達がよく集まりがちなお家のお母様などに伺ってみて、
  そういう環境面を見直してみるのも、一つの手段ではないですか?
  ウチは、未だにゲーム機類を買い与えておりませんので、
  そういった点では、非常に不利ではありましたが、
  どうしてもそこだけは曲げたくなかったので、その分、
  ボードゲーム類を充実させ、他のお子さんの家にはないような、
  楽しい遊び道具を揃えるよう、ちょっと気を使ってあげました。
  また、どうしても機械もので遊びたがる友達には、PCを開放し、
  「こんなゲーム知ってる?」と、とっておきのお気に入りサイトを教え、
  「続きは、また今度遊びに来た時、やらせてあげるネ」と、
  逆に、相手をすっかりその気にさせてしまいます(苦笑)
  tako2003さん家流のやり方でいいのですから、
  楽しい環境作り、是非お子さんと一緒に考えてみてくださいね!

  また、屋外で遊ぶ際には、自転車にスムースに乗れるか?も、
  コミュニケーションの一環として、結構大事みたいです。
  もしブレーキをかけたりするのが、あまり上手でなければ、
  ちょうど良い機会ですから、ちょっと特訓しましょうね(^^)

最後に、お勉強好きな子だからこそ、こんな言葉をかけてあげました…
「お友達と遊ぶことも、大事なお勉強のひとつだよ」
せめて低学年のうちは、最優先してあげようと思ってます。
焦らずくじけず、長い目で見守りながら、
共に乗り越えていきましょうね♪蔭ながら、応援してます(^^)

この回答への補足

たくさんのアドバイスありがとうございます。確か前にも答えて下さいましたね。その時にも思ったのですが、お子さん内向的なタイプでお友達作るの苦手でと言う事ー。それが数ヶ月でお友達もたくさん出来てしかも超人気者ということはわたしにとっては何か信じられないのですが・・。本当にうちみたいに自分から声の掛けれないぐらいのお子さんだったのでしょうか?もう少し詳しく教えていただけたらありがたいです。それと性格がまるっきり変わったのか、おとなしいなりにも友達がたくさんできるものなのかということも知りたいです。クラスの人気者って活発な子だと思うのですがそのへんはどうなのでしょうか?すみませんしつもんばっかりで・・。

補足日時:2003/10/06 11:34
    • good
    • 3

1~2年生の頃って、仲良しグル~プ自体がないので、


毎日遊ぶ人が変わってました。

いつも一人で居るタイプの子も、毎日一人で居る事はなかったと思います。

数人で担任教師に遊んでもらってたり。
同生活班のメンバ~で遊んだり。
転校生と仲良くなったり。

ある意味、暇な今の内に、お稽古事、薦めてあげてはいかがですか?
ピアノとか水泳とか、いいと思いますよ。
運動神経が良いなら、サッカ~等も。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
>数人で担任教師に遊んでもらってたり。
担任の先生は子供達と遊ぶことはないように見受けられます。
そうですね。習い事させるのもいいですね。

お礼日時:2003/10/05 20:39

 学校の先生に相談してみてはいかがですか?いろいろな教師がいるのでなんともいえませんが、子供同士の人間関係を意識して作っていってくれる人もいますよ。

生活科の時間、その他の教科でもグループでやる課題も増えていると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。先生にも勿論真っ先に相談しました。発表もしっかり出来てるし、クラスにも徐々に馴染めてるようだし・・ということで、大丈夫ですよー。と言われます。
>子供同士の人間関係を意識して作っていってくれる人もいますよ。
具体的にはどういうことでしょうか?

お礼日時:2003/10/05 07:34

♯2です。

お礼ありがとうございます。 
残念ながらしていません。ほったらかしですが、適当に友達を作り、どうにか遊んでいるようです。 当方公園にはほとんど行きませんが、たまに行くといつも思うのは、近くにもいないのに、自分に限らず知らない子がどんどんしゃべってくることです。自慢をする子、あそぼって言う子、ずっとこっちを見てる子とか、、、。子供にもまとわりついて?うっとうしいくらいです(笑)。 川とかで小魚を取ってるとすごいですね。懸命に取っている親は少ないので、自分のところがいつも一番取れる、そっとしておいてと思っても、回りの子供が自分にどんどんくっついてくる。で子供同士が遊びだす。知識、情報を得たい、自分の遊びにつなげたい、人にそれを自慢したいなどあるのでしょうか。 
こんな経験から先ほどの回答をさせていただきました。 
あと、そうですね公園に行かなくなった子が多いんですね、家でゲームかな。残念ながらうちチビもそうです。はまってませんが、、。 ただこれも「おれ○○持ってるからうちでやろうよ」とかではじまった友達も多いですよ。 
一般的には、親が干渉しないという回答ばかりだと思いますのでお恥ずかしいですが、同クラスの親同士が少し知り合いなら数家族でキャンプとか。共同作業と未体験ゾーンなので確実に友達になるとおもうんですが、、。 ゲームも流行のを買うと(ただしカセットをどんどん買わないという条件付で)自分の持ってないのをやりたくなるし、相手もお子様が待ってるのをやりたくなると思います。 これも ゲーム を利用するわけですが、利用というより子供たちがすでにそれを自然に使って友を増やしていっているわけです。自分はゲーム大嫌いな(じっとしていられないタイプ)30年前の子供としてはゲームより外で遊べ、と思いますが時代に勝てない、というか流れに乗るしか今の社会すぐに脱落するような気がします。
以上、これまた私見で申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます。うちも自宅から少し離れた所に公園があり休みの日には主人と3人で野球やサッカーをしに行きます。でもほとんど誰もきません。来たとしても声を掛け合う事もなく別々に遊んでるという感じです。あ、でも前1回サッカーしてると入れてと言って一緒にしたことがあります。そのあと一緒に2人で遊んでました。その場限りでしたが。でもこういう機会が増えたらいいなと思っています。yo-shiさんの言われるように親の働きかけも大事だと思います。だってほっといたらずっとこのままのような気がするので・・・。色々とアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2003/10/05 07:05

計画的なので、あまりお勧めできませんが、。

当方社会人(小2と4歳のチビもち)としての「戦略」です。
声がかけれない、としたら声をかけてもらうしかないです。あときっかけを作る。ひとりと友達になればその子のグループの輪の中に入れるので、、。 お子様に何か人より優れているところはありませんか、極論すればおもちゃでもいいので人が持ってない物を持ってるとか、それをクラスメートがいる放課後の公園で披露する。興味がある子が声をかけてくる。そこから広がっていくと感じますが、、、。ただ声がかかりやすい環境設定が必要です。もちろんお子様には説明せず、「あそこの公園で遊ぼうか、あれ持っていこう。とか、○○の得意なあれで遊ぼうか、とか誘って親子で遊ぶ(ふり)、あとはお母さん(お父さん?)が注意しながら見ていて、位置とか、他の子が興味を抱く環境を設定、修正していくということです。子供って素直で、面白いものはストレートに興味を示すので自分(だけ?)は、この方法もよし、と考えます。
他の方で、頑張れば何とか、本人が積極的に、なりゆきにまかせる、先生に相談、とかいろいろ良い意見が出ると思いますので、これは遊び程度に思って読んでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
クラスの子が集まる公園等は残念ながらないんです。
yo-shiさんもこのような方法でされたのですか?機会があれば参考にしたいと思います。人より優れている所は意思の強いところと、勉強のできるところですが、友達作りにはあまり関係ないでしようか?

お礼日時:2003/10/04 01:53

推測でものを言いますので、違っていましたら申し訳ないのですが・・・


まず、学校以外での友達、というのは、小学校に入学する以前からの友達だと思うのですが、それは子供さんがひとりで見つけてこられた友達なのでしょうか。
それとも、お母さんが連れてこられた(お母さん同士が仲が良かった)友達なのでしょうか。
「この子は自分から声がかけられないから」といって、お母さんが「仲良くしてね」と声をかけて連れてこられたのでは、子供さんが自分から声をかける練習ができないのでは、と思います。
友達はお母さんが連れてくるもの、と思っているかもしれません。
また、子供さん自身が、本当に友達を必要としていないのかもしれません。
私自身、小学校3年生になるまでは、休み時間は図書室にこもりっきりで友達はひとりもいませんでした。
家の近所にはひとりかふたり、仲のよい子がいましたので、それで特に必要としなかったのかもしれません。
まあ、いないよりはいたほうがいいだろう、とは思っていましたが。
4年生になって、学校で読む本がなくなったので、休み時間が退屈になったからでしょうか、友達ができるようになりました。
中学校では生徒会長までしましたので、学校中のみんなが友達みたいなものでした。
友達がいないことよりも、友達がいないのは悪いことだ、おかしい、ヘンだ、と思われるほうが子供にとってはプレッシャーになると思います。
深刻ないじめにあっている、というのならともかく、「おとなしい」というだけでしたら、子供さんを信じて任せてみられてはいかがでしょうか。
何年か過ごして、集団生活に馴染む練習をすることも必要だと思います。
また、馴染めなないなら馴染めないなりに、自分のスタンスを自分で決められないと、もっと大きくなってから困ると思うのですが、いかがでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
>それとも、お母さんが連れてこられた(お母さん同士が仲が良かった)友達なのでしょうか。
「この子は自分から声がかけられないから」といって、お母さんが「仲良くしてね」と声をかけて連れてこられたのでは、子供さんが自分から声をかける練習ができないのでは、と思います。

どうしても自分から言えないので、そのまま様子をみても友達と関わる機会を逃してしまうので私から声をかけざるを得なかったです。でももう1年生なので、長い目で見てみようと思います。

お礼日時:2003/10/04 01:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています