[PR]ネットとスマホ まとめておトク!

お世話になります。

市販薬も医療費控除の対象になるというのを知ったのですが・・・
どのくらいの範囲まで控除対象にしてもらえるのでしょうか?

たとえば・・・

バファリンやセデスなどの頭痛薬、風邪薬全般、太田胃酸やキャベジンなどの胃腸薬、正露丸やストッパなどの下痢止め、目薬、アリナミンなどの栄養剤、湿布薬、マキロンなどの外傷薬、ナイシトールやコッコアポのような脂肪に効果のある薬・・・

同じ胃腸薬でもAはOK、BはNGなどあるのでしょうか?

結構、病院に行かず、市販薬でどうにかしてしまうことが多く、バカにならないので・・・できれば医療費控除で申告したいといつも思うんです・・・。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

2 治療又は療養に必要な医薬品の購入の対価(風邪をひいた場合の風邪薬などの購入代金は医療費となりますが、ビタミン剤などの病気の予防や健康増進のために用いられる医薬品の購入代金は医療費となりません。


http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.htm

つまり、

>アリナミンなどの栄養剤…
>ナイシトールやコッコアポのような脂肪に効果のある薬…

これらはだめ。

>バファリンやセデスなどの頭痛薬、風邪薬全般、正露丸やストッパなどの下痢止め、目薬、…
>湿布薬、マキロンなどの外傷薬…

これらは本当にそのとき病気になっていて買いに行ったのならセーフ。
買い置きならアウト。

>太田胃酸やキャベジンなどの胃腸薬…

病気治療のためと胸張って言えるならセーフ。
何となくお腹に良さそうだからと呑んでいるだけならアウト。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。
わかりやすく具体的に教えてくださり、ありがとうございます。

薬・・・
買い置きはNGですか~!
そのへんはうまく言わないとダメですネ!

持病があって病院に行くと毎月1万くらいかかったりするのですが、どうしても行けなかったりしたときに、医療費控除にちょっと足りない!とかいうことがあり・・・そういうときに、病院に行ってくれない子供がよく買う市販薬でどうにか!と思うのですが。

ありがとうございました。
来年の確定申告はがんばってみます。

お礼日時:2011/05/17 17:08

何でもOKですが



バカにならないほど購入されるんですか?

年間10万円以上
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
うちは所得が低いので、10万超えなくても大丈夫そうなんです。

お礼日時:2011/05/17 17:02

対象になるのは医薬品だけじゃないですかね。


栄養剤とかは病気の治療ではないから無理だと思います。
脂肪に効果があるものも同様かと・・・
10万円超えてからの分ですから相当買ってないとたいして戻ってこないとは思いますが・・・

一応レシートを全部まとめて取っておいて10万超えたら税務署で相談したらどうでしょう?
仕分けしてくれるんじゃないですか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
うちは所得が低いので、10万まで買っていなくても大丈夫みたいなんです。
その他に持病があって病院に通って、薬も処方されていて、それが毎月1万くらいにはなりますので。

そうですね!
これからはレシート、まとめて取っておこうと思います。

お礼日時:2011/05/17 17:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告の高額医療費の薬局での医薬品について

確定申告の高額医療費


高額医療費として申請できる中に薬局で買った医薬品も入りますよね?

でも、予防のための薬はだめで治療のための薬なら返ってくると本などには書かれています。

で質問なのですが最近病院の検査で内蔵脂肪と中性脂肪値が高く糖尿病の初期だと言われ痩せるようにといわれました。

で先生は最近、小林製薬から出された内蔵脂肪用の薬ナイシトールを飲んだらいいと薬局での購入を勧められまし。
この薬は確定申告のさいに医療費に入れることはできるのでしょうか?

かなり高額なのでそれによって購入を検討しなくてはいけません。みなさん教えて下さい。

Aベストアンサー

ナイシトールを医療費控除に適用させたことがあります。

医師のすすめでナイシトールの服用を始めました。
医療費控除に添付したレシートにはナイシトールとしか記載されていなかったので、税務署員に健康増進のための服用ではないかと誤解されないよう説明書を作成のうえ添付しました。
この説明書には、医師がナイシトール服用をすすめたこと・すすめた年月日・医院の名称と所在地・ナイシトール総購入数・自己の署名・自己の捺印を書きました。

Q第三類医薬品は医療費控除になりますか?

確定申告の医療費控除対象について質問です。

VICKS(のど飴)や、栄養ドリンクについては、ビミョウなところと思いますが、第三類医薬品になっていればOKと考えて良いでしょうか。判断基準を教えて下さい。それとも判断はあいまいで、風邪薬と一緒に買ったものはOKで、頻繁に飲む栄養ドリンクは第三類医薬品でもNGとかなんでしょうか?

また判断基準について、税務署に確認すればよいでしょうか。

Aベストアンサー

市販薬については分類には関係なく、病気の治療目的なのか、それ以外の目的(予防、栄養補給等)なのかというのが判断基準です。

No.1122 医療費控除の対象となる医療費|所得税|国税庁
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.htm

基本的に栄養ドリンク類はたとえ第二類医薬品として販売されている物であっても、単なる栄養補給や疲労回復、健康増進を目的とするもので治療目的とはみなされないため医療費控除の対象とはなりません。
栄養ドリンクであっても医療行為の一環として医師から処方されたものであれば対象ですが、市販薬ではまず対象外と考えていいでしょう。

のど飴も同じような位置づけになり、基本的には治療目的とは見なされず対象外ですが、医者からの指示で購入、服用するなら対象とされます。
ただし、こちらも医者として本当に治療に必要なら市販ののど飴ではなくトローチ剤等を処方すると思われますから、医者の指示で市販ののど飴を購入というケースがあるのかどうかは不明です。

Q医療費控除の対象となる薬

医療費控除をしようと思っています。
薬局で買った薬なども控除対象になると聞いたのですが、
いろいろ調べてみたのですが下記の品が対象となるかどうか
よくわかりませんでした。
教えていただければ助かります。

・コンタクトレンズ洗浄液
・ばんそうこう
・湿布(サロンパスみたいな)
・腹痛薬(正露丸)
・胃痛薬
・目薬

また、保険会社から受け取った手術給付金は、控除から差し引く保険金となるのでしょうか?
確定申告の用紙等みても「生命保険」というような書き方しか見当たらない気がしたので、
「手術給付金」はどうなのか、と思いました。
普通に考えれば、医療に対して受け取った保険金なのですから
差し引くべき金額となるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

【コンタクトレンズ洗浄液・眼鏡・コンタクト】
医療費控除上、眼鏡やコンタクトレンズなどの購入費用については、医師の処方の元での治療目的のために直接必要な物のみが医療費控除の対象となっており、通常の近視、遠視、乱視、老眼等は対象外となります。
その対象となる治療とは眼科医会で次の治療にかかるものと定められているようです。
 ・弱視 ・斜視 ・変性近視 ・白内障手術後 ・角膜炎 ・緑内障手術後 ・虹彩炎 ・角膜外傷 ・視神経炎 ・網膜色素変性症 ・網脈絡膜炎 等々。

上記疾患にかかるコンタクトレンズの維持・管理に必要なコンタクトレンズ洗浄液であれば医療費控除の対象となるでしょう。

【腹痛薬(正露丸)・胃痛薬】
市販薬は普通は薬事法において許可されている「医薬品」になりますよね。
医療費控除上、一般に市販されている薬については「治療又は療養に必要な薬事法に定めた医薬品の購入」であれば対象となります。
ですので、大丈夫です。ただし、レシート等でお薬の名前等医薬品であることが明記されていることが必須です。

【ばんそうこう・湿布(サロンパスみたいな)・目薬】
これらを町の薬局等で購入した場合には、「治療又は療養に必要な医薬品の購入」の対価であると判断することが困難なため、医療費控除の対象とすることは難しいです。
これらが明らかに医師の指示による購入であれば可能ですが、通常は「直接、治療又は療養に必要」という事実を具体的かつ客観的に証明出来ないため、医療費とみなすことはできないとされています。

>また、保険会社から受け取った手術給付金は、控除から差し引く保険金となるのでしょうか?
受け取った手術給付金が、「手術の対価として支払った医療費」を補填する性格のものであるなら差し引くべき保険金となります。

【コンタクトレンズ洗浄液・眼鏡・コンタクト】
医療費控除上、眼鏡やコンタクトレンズなどの購入費用については、医師の処方の元での治療目的のために直接必要な物のみが医療費控除の対象となっており、通常の近視、遠視、乱視、老眼等は対象外となります。
その対象となる治療とは眼科医会で次の治療にかかるものと定められているようです。
 ・弱視 ・斜視 ・変性近視 ・白内障手術後 ・角膜炎 ・緑内障手術後 ・虹彩炎 ・角膜外傷 ・視神経炎 ・網膜色素変性症 ・網脈絡膜炎 等々。

上記疾患にか...続きを読む

Q確定申告でうがい薬・冷えピタって戻ってきますか?

薬は市販に買って物でも戻ってくると聞いたんですが、うがい薬・冷えピタって薬?ではない気がしたのでどうなんだろうと思い質問させてください。

Aベストアンサー

>うがい薬・冷えピタって薬?
医療費控除の対象となる市販薬などについては、直接治療に当てられるものであれば対象となり、そうではないものは対象となりません。
うがい薬は通常は健康増進、予防に用いられるものですから対象とはなりません。ただし治療目的であるということが明確に示せるのであれば、対象となる可能性はあります。
冷えピタについては、高熱が出たために使用するものであれば対象となりえます。

なお、医療費控除とは、医療費として支出した分だけ所得から差し引くことが出来る、つまりその分税金が安くなるというだけですから、支出したもの全額が戻るわけではありません。

Q医療費控除の対象となるもの

医療費控除の対象となるもの

本年、入院し医療費控除を申請しようと思っています。そこで下記のものについて、医療費控除の対象となるかどうかご教授ください。

・ドラッグストアで購入した風邪薬、のどスプレー
 ドラッグストアで購入した薬も対象にできると聞いたのですが、どのようなものが控除対象に
 できて、どのようなものが控除対象にできないのか基準があれば、ご教授ください

・インフルエンザの予防接種の費用

・急病で救急車で病院に運ばれた際の帰りのタクシー代金
 お産の時などの交通費が控除対象になると聞いたことがありますが、上記の場合はどうでしょうか。

Aベストアンサー

医療費控除の対象は治療や診療のための費用です。風邪をひいた際に治療のために購入した医薬品である風邪薬なら控除対象になりますが、置き薬として購入したものや予防のためのものは対象外です。うがい薬は予防用であって対象外なので、のどスプレーも治療との因果関係が不明瞭で対象外でしょう。

インフルエンザの予防接種は治療ではないので対象外です。

タクシー代については、自分や家族が運転できない、公共交通機関が使えないなどの必要性があり、かつ領収書があるのであれば認められるでしょう。

下記のサイトにケース別に詳しく掲載されていますので参考に。
http://www.iryouhikoujyo.net/

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.htm

Q建物の解体・取り壊し費用の科目名を教えて下さい。

表題の通りですが、
色々な例を調べていますと3通りあります。
1)解体・取り壊した建物の除却損に含める。
2)取り壊した後に改めて新築し建物の取得原価に含める。
3)修理費等の費用として処理する。

税理士の例題解答では
1と2が出てきます。
実務的には3もあるようです。

その使い分けを教えていただけませんか。
特に2について
解体された建物と新築された建物との関与の程度なのかな
とも思うのですが、いかがでしょう。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

なるほど…問題を見た限り、回答が「除却損」となるポイントは…。

「老朽化したため、取り壊し」

の、一点のみです。

「老朽化したため、取り壊し」ということは、「既存の建物には資産価値が無い(評価額0円)」と解釈できます。
この「価値が無い資産」を帳簿から外す(処分する)行為は「固定資産の廃棄」と位置づけられ、処分時に発生した損失は費用に計上することができる…とされています。
故に、取り壊し後に新規に建物を取得する場合であっても、回答は「除却損」ということになります。

いやいや、なかなか良くできた例題ですね。
取引日付や経過日数は、おそらく減価償却費の算定や月数按分の算出。
それと「引っかけ」の意味もありそうです。

この例題のように、簿記の試験問題には余計な情報が含まれていることが多く、全体を見すぎてしまうと逆に訳が分からなくなってしまいます。
回答のポイントは、だいたい一つか二つですので、それを見極めることが重要になります。

以上、参考になれば幸いです。
長文、駄文ご容赦ください。

Q薬局で購入した医薬品で、湿布は対象になるのですか?領収書はどの程度記載

薬局で購入した医薬品で、湿布は対象になるのですか?領収書はどの程度記載されている必要があるのですか?

Aベストアンサー

確定申告時の医療費控除の事を言っておられるのでしょうか?
湿布薬に限らずほとんどの薬は、一昔前は医者からもらって、医療費控除の対象になっておりました。
薬の買い方が変わって、医者から買わず、薬局で買ったとしても、同じ様に医療費控除の対象になると思います。
薬だけに限らず、マッサージ代等も治療費として、また、往復の電車賃も、医療費控除の対象です。
(車で通院の為の駐車料金は控除対象外です)
基本的に、治療に要した費用は控除対象ですが、健康増進や健康診断の為の費用は控除対象外です。
国税局参考URL
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1122.htm
・・・・・
当方は、青色申告しておりますが、○○薬局や△△ドラッグストアーからの領収書は、ほとんど医療費控除にあげております。
税法上レシートも領収書と認められますが、レシートは感熱紙を使っているので消える恐れがある為、手書きの領収書をもらう様にしております。
品名は、例えば、「湿布薬、風邪薬 (他)」等と、具体的な種類や品名を数個あげて、金額がはる時は「他」で逃げております。
念の為に、レシートは保存しておりますが、提出は領収書だけです。
領収書がなければ、レシートでもOKです。
税理士経由で確定申告しておりますが、特に何も言われないので、OKだと思います。
・・・・・
脱税はダメですが、節税は多いにしましょう。
頑張って下さい。

確定申告時の医療費控除の事を言っておられるのでしょうか?
湿布薬に限らずほとんどの薬は、一昔前は医者からもらって、医療費控除の対象になっておりました。
薬の買い方が変わって、医者から買わず、薬局で買ったとしても、同じ様に医療費控除の対象になると思います。
薬だけに限らず、マッサージ代等も治療費として、また、往復の電車賃も、医療費控除の対象です。
(車で通院の為の駐車料金は控除対象外です)
基本的に、治療に要した費用は控除対象ですが、健康増進や健康診断の為の費用は控除対象外です。...続きを読む

Q正露丸のレシートは医療控除に適用されますか?

先日ドラッグストアで正露丸を購入しました。
今年は医療費が10万円超えていますので還付申告を
するのですが、正露丸のレシートはその中に入れても
大丈夫ですか?

Aベストアンサー

「薬局で購入した市販薬」も医療費控除の対象となる医療費となりますので、
今回の正露丸領収書も大丈夫ですよ。

http://www.kameda.or.jp/kamedamc/t7_4.html

参考URL:http://www.kameda.or.jp/kamedamc/t7_4.html

Q医療費控除 対象になりますか?

細かいところがよくわかりません。わかるモノだけでも結構ですので、回答よろしくお願いいたします。
1.熱さましの冷却シート
2.オブラート
3.のど飴
4.子供のフッ素(歯科)
6.コンタクトレンズを作る際の眼科受診
7.ハイチオールC(効能;しみ・そばかす・日やけなどの色素沈着症・全身倦怠・二日酔・にきび、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけ)

Aベストアンサー

順番に答えていきますね

1.熱さましの冷却シート 
なりません 

2.オブラート
なりません

3.のど飴
これが微妙なんですが 医師の診断書?など一筆書いてもらわないとならないでしょう

のど飴を舐めていないと日常に支障をきたすなど

4.子供のフッ素(歯科)
これも微妙ですが おそらくなりません
栄養剤とおなじく予防するものとみなれる可能性があるからです

歯医者で支給されたものはなります

6.コンタクトレンズを作る際の眼科受診
これはなります 診療ですから
健康保険が使えなかったらなりません

7.ハイチオールC
治療目的での購入ならなります
予防ならダメです

もしいわれたら治療のためっといってください


余談ですが
カゼ薬・目薬・ガーゼなどの治療のための薬も医療費控除の対象になります


逆に治療のためでもサロンパス・栄養剤などはなりません
 

Q法人税・消費税修正申告納付の仕訳

税務監査が入り、前期分の法人税及び消費税の修正申告を
納付しなければならなくなりました。
処理後の仕訳の方法を教えていただけますでしょうか?

修正申告分法人税納付
法人税充当額 / 預金

修正申告分消費税納付
未払消費税 / 預金
それとも、租税公課など他の科目がよいでしょうか?

Aベストアンサー

消費税については、消費税に関する経理方法が税抜経理か税込経理かで取扱いが異なります。
税込経理の場合には回答No.1の方の回答にあるとおり損金経理を行うことになりますが、税抜経理の場合には、No.2の方が書いてあるとおり、その修正税額の発生原因に沿った計上が必要になります。
計上方法がわからなければ税務調査を担当した税務職員に確認すべきです。
税務調査で指摘があったときには、それについて今期はどのように経理すべきか、また今後同じようなことが発生した場合にどのように処理すべきかを徹底的に確認し、誤りをなくすことが必要です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報