IS-LM分析のことで頭の中が混乱しています。
どなたか教えてください。
一応、以下のことは理解ができます。
(1)投資の利子弾力性が大きいほどIS曲線の傾きは緩やかになる。
(2)限界消費性向が大きい場合にもIS曲線の傾きは緩やかになる。
(3)IS曲線の傾きが緩やかである場合には財政政策の効果は小さくなる。
ここでわからなくなっているのですが、
(1)と(3)は整合的だと思うのですが、(2)と(3)は整合がとれないのでは???と。
限界消費性向が大きいということは乗数過程を通じた有効需要増加への影響も大きいですから、当然に財政政策の効果も大きいですよね?
私は一体どこを間違えて理解しているのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

IS曲線の傾きは、MPCのみならず、資本の限界効率にも依存します。

したがって、IS曲線に関しては、MPCだけでつまり投資乗数だけで、財政政策の効果は一義的に決められません。また、かりにISが緩やかな傾きであっても、LMがいわゆる流動性のわなにはまっている場合には大きな効果をもちます。財政政策の効果は、両曲線の位置関係・形状に依存しますので、あらためて、参考にされた本を教えてください。おそらくこちらの手元にもその本がありますので、もしかしたら、あなたの読み違い・読み落としを確認できるかもしれません。
 ちなみに、ISLMの生みの親であるヒックスは、これがケインズ解釈としては、間違いであったとのちに深く反省し、後悔することになります。それでも、いまだにマクロ経済学の基本になっているのは嘆かわしいことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

>IS曲線の傾きは、MPCのみならず、資本の限界効率にも依存します。
「限界消費性向大=ISの傾き緩やか」と短絡的に理解したのが問題だったのですね。

>ISが緩やかな傾きであっても、LMがいわゆる流動性のわなにはまっている場合には大きな効果をもちます。
これは「LMが水平になるのでクラウディングアウトがゼロになるため」という理解でいいんですよね?

>あらためて、参考にされた本を教えてください。
すみません。私が参考にした本は証券アナリスト試験用の市販されていないテキストです。
つまり試験対策的には「限界消費性向大=ISの傾き緩やか」としておけばマルがもらえるみたいです。

お礼日時:2003/10/14 13:24

NPG1969のMPCについて費用だと勘違いしました.


NPG1969さん,不親切という言葉すいませんでした.
「MPC」の話は,質問の2)そのものです.
    • good
    • 1

>極論になってしまうのですが、


>もしISだけで考えれば(貨幣市場との均衡を考えなけれ>ば)、(1)も(2)も財政政策の効果は大きいという理解で>よいのですよね?

もちろん ISだけのシフトでは、1)も2)も財政政策のΔGの効果であるΔYの効果はプラスです。
しかも、原因はともあれ、
ISが緩やかな場合のΔY = ISが急な場合のΔY
であることを忘れないで下さい。
図では、その2つの曲線が描けますね。水平軸Yでのシフトが同じに書きます。

そこから適当にどんな傾きでもいいのでLMを右上がりに書きます。新しい均衡点では、利子率が上がっているはずです(クラウディングアウト)。

3)では、LMと均衡点では、ΔGの効果は1)2)ともΔYはプラスですが、
ISが緩やかな場合のΔY < ISが急な場合のΔY
となります。

ちなみに
流動性のわなが有る場合は、LMの水平な部分になるので、
財政政策の効果は有効に(金融政策は無効)なります。その場合、IS曲線のシフトだけ考えればいいので、さきほどの
ISが緩やかな場合のΔY = ISが急な場合のΔY
となります。
    • good
    • 0

あれから復習しました。


まず、はじめに質問者は教科書的なことを聞いていると思いますよ。
NPG1969さんの意見はMPCをもってくるなど少し不親切です。マクロ動学最適化の文脈で、投資関数が利潤フローの割引現在価値を最大化する話ならば、費用が影響するのは当たり前の話ですが、ここでは静学の45度線分析の世界の話ですから、MPCは質問者をさらに混乱させる気がしませんか?さらに、資本の限界効率と投資の限界効率は区別するべきであり、最適投資率を決定するのは、投資の限界効率mと利子率が一致するというのがケインズ投資理論の骨格です。のちにラーナーが問題を指摘して以来、現代の教科書で資本の限界効率を出す方はいません。資本の限界効率表からは、最適な資本ストックを決定することはできても、最適な投資は決定できないのは周知の事実だからです。いわゆるハーベルモの問題っていうやつです。
そこで質問者が1)投資の利子弾力性が大きいほどIS曲線の傾きは緩やかになる というのは、まさに、この投資の限界効率の話そのものの話しなのに、資本の限界効率も影響があるっていうのは話がすこし飛躍しすぎだと思いました。

さて、Gの支出によって、IS曲線だけの効果を見れば、緩やかでも急でもYの増加分は変わりません。つまり限界消費性向の上昇などどんな理由により緩やかだろうが、そうでないだろうがIS曲線だけで考えれば無差別です。
つぎにLM曲線の均衡で考えると、クラウディング効果があり、1)の効果が大きいので、ISが緩やかなほうが、そうでない場合にくらべて、ΔYが小さくなります。図を書いて確かめてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

重ねて、ご回答ありがとうございます。
「さて、」以下はよく理解できます。
(逆に前段部分は私には難しすぎてよくわかりませんでした)

極論になってしまうのですが、
もしISだけで考えれば(貨幣市場との均衡を考えなければ)、(1)も(2)も財政政策の効果は大きいという理解でよいのですよね?

お礼日時:2003/10/17 10:12

下のものです.ちょっと,気になったもので....


LMの効果を考えてませんでした.

確かに,IS曲線だけで財政支出の効果,
Yの増分(ΔY)を考えると,IS曲線がゆるやかであれば
,急なIS曲線と比べれば,ΔYは大きいはず.

これは,乗数でΔY=(1/1-c)ΔG(G:財政支出の増分)の話で,消費性向が0.5(ISが急)⇒0.9(ISが緩やか) になれば,
仮に,もともとのYの値を100としておいて,
(1)IS急:ΔY=(1/1-0.5)10=50 
だから,100+50でYの均衡点は150
(2)IS緩やか:ΔY=(1/1-0.9) 10=100
そのときの均衡点は,200.

ここまではよかったんですよね.

しかし,

LM曲線で,クラウディングアウト効果を考えると,
IS曲線が,急だろうが,緩やかだろうが,
同じ,財政支出 ΔG=10の効果によって,
そのIS曲線とLM曲線の均衡点は,LM曲線上を動くので,急なISと,緩やかなISの場合ともΔYは,同じはず.
ΔY=20だとして,その均衡点を,Y=120としておこう.

クラウディングアウトが発生したとき,
(1)ISが急な場合のYが  本来150のはずが ⇒120になった.
(2)ISが緩やかな場合のYが 200 ⇒120になった.

だから,
3)の解釈は,
「IS曲線の傾きが緩やかである場合も,
,急である場合とも,クラウディング効果によって
その財政政策の効果は同じになってしまうが,その効果は緩やかな場合のほうが,より小さくなってしまう.」

ということではないかな????
間違っていたらごめんです.

やはり,気になるので一応,参考にした本は,教えてください.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
もう一度、頭の中をよく整理してみます。
>やはり,気になるので一応,参考にした本は,教えてください.
すみません。私が参考にした本は証券アナリスト試験用の市販されていないテキストです。

お礼日時:2003/10/14 13:26

こんにちは.



3)は財政政策の効果は大きくなるの間違いでは?
教科書はどの本ですか?
気になるな.
よかったら調べてみるので教えてください.
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIS-LM分析と限界消費性向の関係について

経済学の初学者なので、かなり低レベルな質問で申し訳ありません。
IS-LM分析で、限界消費性向が変化すると、均衡点はどう変化するかということがよくわかりません。
いろいろ調べてみて、限界消費性向が高くなると、IS曲線が水平に近くなるということだけはわかりましたが、なぜそうなるのかというのがわかりません。
低レベルな質問で申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

限界消費性向は、財市場の45度線分析において、総需要の傾きを表しますから、限界消費性向が上昇すると、総需要の傾きが上向きます。
総需要の傾きが上向くと、利子率が国民所得に与える影響が増します。
(切片の上昇に対して均衡点のシフト幅が大きくなる)

IS曲線は、45度線分析の均衡点と利子率との関係を表したものですから、限界消費性向が大きくなればなるほど、利子率の下降幅に対して国民所得のシフト幅が大きくなるので、水平に近くなっていきます。
(利子率に対して弾力的になっていく)

Q純粋交換経済の計算問題の考え方

純粋交換経済の計算問題を解いてみたのですが、あっているかわかりません。間違いを教えてください。また、全くわからなかったところもあるので考え方を教えていただけると助かります。

消費者が2人およびx財およびy財の2財が存在する純粋交換経済を想定する。消費者Aの初期賦存は Xa=1, Ya=9、消費者Bの初期賦存は , Xb=9, Yb=1で与えられています。また、それぞれの消費者の効用関数を Ua=XaYa、Ub=XbYb、 とするとき、以下の問いに答えよ。
という設定です。

1.競争的市場でx財およびy財の取引が行われるときの均衡相対価格および限界代替率を求めよ。

財市場の均衡は Xa+Xb=10, Ya+Yb=10
それぞれUaとUbの効用最大化を考える。Uaの制約がPxXa+PyYa=Px+9PyでUbも同様。
MRSa、MRSbとの連立方程式をそれぞれ解いて、Py/Px=1
限界代替率はそれぞれMRSに代入。

2. パレート最適の集合(直線あるいは曲線)を求めよ。
MRSa=MRSb より、Ya/Xa=Yb/Xb で、初期賦存を代入してXa=Yaより X=Y。

3. 両者の需要曲線とオファー曲線を求めよ。
限界代替率=価格比でYa/Xa=Px/Py 、Yb/Xb=Px/Py、制約PxXa+PyYa=Px+9Py、PxXb+PyYb=9Px+Py かと思ったのですが、
どうすればよいかわかりませんでした。

4. 効用フロンティアを求めよ。
参考書からはMRSa=MRSb より、Ya/Xa=Yb/Xb で、初期賦存を代入するというように読み取れたのですが、これでは問題2と同じになってしまう気がします。
どうやって求めればよいのでしょうか?

よろしくお願いします。

純粋交換経済の計算問題を解いてみたのですが、あっているかわかりません。間違いを教えてください。また、全くわからなかったところもあるので考え方を教えていただけると助かります。

消費者が2人およびx財およびy財の2財が存在する純粋交換経済を想定する。消費者Aの初期賦存は Xa=1, Ya=9、消費者Bの初期賦存は , Xb=9, Yb=1で与えられています。また、それぞれの消費者の効用関数を Ua=XaYa、Ub=XbYb、 とするとき、以下の問いに答えよ。
という設定です。

1.競争的市場でx財およびy財の...続きを読む

Aベストアンサー

>
均衡でのXa,Yaをそれぞれ求めて代入すると具体的な値 Xa=5, Ya=5と具体的な値が出てきてMRS=1 になるということでよいのでしょうか。

問題が何を求めているかによるでしょう。あなたが計算したのは、均衡における、主体aのMRSの値です。主体aの限界代替率とは、無差別曲線の傾きの値なので、無差別曲線上のどの点(消費の組)にあるかによって値が異なる。同じことは、たとえば、需要の価格弾力性を求めよという問題についてもいえる。たぶん「取引が行われるときの」という形容が問題についているので、「均衡」におけるという意味でしょう。ですから、あなたの解答でよいのでしょう。

最後の問の効用フロンティアですが、効用フロンティアとは、パレート最適配分の集合をUa-Ub平面に表わしたものです。
Ua=XaYa
Ub=XbYb
Xa+Xb=100
Ya+Yb=100
そして契約曲線(パレート最適集合)は
Ya=Xa (*)
であるから、(*)を上の式に代入すると
Ua=XaYb=(Xa)^2 (**)
Ub=XbYb = (100-Xa)(100-Ya) = (100- Xa)^2 (***)
(**)より Xa=√Ua
これを(***)の右辺に代入すると
Ub = (100 - √Ua)^2
を得る。これがこの経済の効用フロンティアということになる。Ua-Ub平面において非線形の右下がりの曲線であることがわかる。

>
均衡でのXa,Yaをそれぞれ求めて代入すると具体的な値 Xa=5, Ya=5と具体的な値が出てきてMRS=1 になるということでよいのでしょうか。

問題が何を求めているかによるでしょう。あなたが計算したのは、均衡における、主体aのMRSの値です。主体aの限界代替率とは、無差別曲線の傾きの値なので、無差別曲線上のどの点(消費の組)にあるかによって値が異なる。同じことは、たとえば、需要の価格弾力性を求めよという問題についてもいえる。たぶん「取引が行われるときの」という形容が問題についているので、「均...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報