Try not to~とDon't try to~の
使い方についてお伺いしたいのですが、

たとえば
Try not to do that.と
Don't try to do that.とでは意味(ニュアンス)が違う
のでしょうか。またどのように使い分けたらよいでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>禁止というニュアンスではなく、アドバイスのような気持ちで


>~しないようにしなさいと言いたいときは、Try not to の方がよいのでしょうか。

#3にいただいた補足を拝見しました。何を「禁止/アドバイス」したいかによります。

例えば、#2欄にお書きになった補足を例に説明してみましょう。「夜更かししないようにしたら?」とアドバイスしたいときには「Try not to stay up late.」がいいです。一方で、その状況で「Don't try to stay up late.」と言ったら「(家族の帰宅を待ったり、仕事を片付けようとして)無理に夜更かしちゃ、よくないよ」というアドバイスにもなるわけです。

つまり、前者は「夜更かしをしない」という努力を「しなさい」と言っていて、後者は「夜更かしをする」という努力を「してはだめ」と言っているわけです。結果的には両方とも「夜更かしは、禁止ではないが、しないに越したことはない」というアドバイスをしているわけですが、前者は夜更かしを「しないようアドバイス」をしていて、後者は夜更かしを「する努力を禁止」しているわけです。

例えばこんなふうに使えます。
Aさん「あー眠いなぁ」
Bさん「You watch too much late-night TV. Try not to stay up late. Even when your husband hasn't come home yet, don't try to stay up late.」

理屈で説明するとややこしく感じると思いますが、「何をtryするか」を頭の隅に置きながら、例文をいくつか作る練習をすると身につくのではないかと思いますよ。
    • good
    • 2

#1さんに同感ですが、私から見れば二者はまったく違います。



Try NOT TO EAT. 食べないようにしろ。
→できれば食事をしないほうがいいが、無理に食べるのを我慢する必要はない、というニュアンス。

DON'T TRY to eat. 食べようとするのはよせ。
→食べようなんて考えちゃだめだ。そんな無茶なこと、とんでもない、というニュアンス。

以下、“”で括った部分が「try」に相当する訳語です。

Try not to do that.それをやらないように“頑張れ”。
→やったらやったで仕方がないが、できればやらないほうがいい、というニュアンス。

Don't try to do that.それを“試そう”などとはするな。
→そんなこと、やったらとんでもない、というニュアンス。

つまり前者の“やっちゃいけない度”が10%だとしたら、後者の“やっちゃいけない度”は100%です。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
禁止というニュアンスではなく、アドバイスのような気持ちで
~しないようにしなさいと言いたいときは、Try not to の方が
よいのでしょうか。

補足日時:2011/06/03 05:29
    • good
    • 0

☆ こんな感じでしょうか?



Try not to do that.「そうしないように努力する」

<愛煙家に>

A: I think I have to reduce the number of cigarettes I smoke a day.
But when I am thinking hard about something, I find myself chain-smoking.
B: Oh, try not to do that.
Why don't you give up smoking once and for all?

A: 私は、1日に吸うタバコの数を減らさなければならないと思います。
しかし、一生懸命に何かについて考えているとき、私は気が付くとチェーン・スモーキングになってるんですよ。
B: ああ、そうしないようにしないといけませんよ。
この際、きっぱりと喫煙をやめませんか?

Don't try to do that.「そうしようとして頑張らないようにする」

<病欠後職場復帰した人に>

A: I tend to work overtime because I want to catch up with others in the office as soon as possible.
B: Don't try to do that, or you might lose your health again and as a result it might take more time to recover your health.

A: できるだけ早くオフィスのみんなに追いつきたいので、私は残業する傾向があります。
B: そうしようとしないでください、さもないと、あなたは再び健康をそこなうかもしれません、そして、その結果、あなたの健康を回復するのにより多くの時間かかるかもしれません。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
たとえば、夜更かしが好きで、朝いつも眠そうな人がいるとします。
その人が、あー眠いなぁと言った時、助言?のつもりで(禁止というより
アドバイスのつもりで)、tryを使って、夜更かししないようにしたら?と
言いたいときは、Try not to stay up late.でよいのでしょうか。
それともDon't try を使うのでしょうか。両方使えるのでしょうか。

補足日時:2011/06/03 05:27
    • good
    • 1

あくまでも主観です...。

実際には殆ど違わないと思いますが...

Try not to ~ の場合は、"to" の後に来る活動(動詞)を抑制するようなニュアンスが強いように思います。

Don't try to ~ の場合、"Do NOT TRY" という風に、TRY すること自体を抑制しているように感じます。

Try NOT TO EAT. 食べないようにしろ。
DON'T TRY to eat. 食べようとするのはよせ。

Try NOT TO RUN. 走らないようにしろ。
DON'T TRY to run. 走ろうとするのはよせ。

Try NOT TO SPEAK. 喋らないようにしなさい。
DON'T try to speak. 喋ろうとするのはよしなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>Don't try to ~ の場合、"Do NOT TRY" という風に、TRY すること自体を
抑制しているように感じます。

なるほど。tryすることをやめるようなニュアンスなのですね。
大変勉強になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2011/06/03 05:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q”Try to not....”は文法的に間違いですか?

英語に詳しいかたがいらっしゃいましたら、アドバイスをお願いします。

"Try to not....."という英語は文法的に間違いですか?
例えば、ダイエットを決意し、「ジャンクフードは食べないようにするよ」と言いたいとします。
私は"I'll try to not eat junk food"という文が浮かんでくるのですが、
文法的には"I'll try not to eat junk food"と言うべきなのでしょうか?

学生の頃、英語圏で数年間暮らした事があるので日常会話はできるのですが、
日本の高校や大学には行っていない為、文法重視の「受験英語」を習った事がありません。
私の周りにいたネイティブ達は、"If I was you..."とか、"You did good!"などの英語を使っていて、
その中で私は英語を覚えていったのですが、
帰国してから、ちょくちょく「それ、文法間違ってない?」と指摘されます(T_T)
("If I was you"も、ホントは"If I were you"ですよね)

日本で「ら抜き言葉」が一般化されているように、
どこの国でもネイティブは文法など気にせず話しているのかもしれませんね…。


本題に戻りますが、Try to not...ではなく、
文法的にはTry not to...と言うのが正しいのでしょうか?
日常ではTry to not...でも全然問題無いのは分かっているのですが、
文法的にどうなんだろう?と気になったので、質問させていただきました。
無知でお恥ずかしい限りですが、どうぞよろしくお願い致します。

英語に詳しいかたがいらっしゃいましたら、アドバイスをお願いします。

"Try to not....."という英語は文法的に間違いですか?
例えば、ダイエットを決意し、「ジャンクフードは食べないようにするよ」と言いたいとします。
私は"I'll try to not eat junk food"という文が浮かんでくるのですが、
文法的には"I'll try not to eat junk food"と言うべきなのでしょうか?

学生の頃、英語圏で数年間暮らした事があるので日常会話はできるのですが、
日本の高校や大学には行っていない為、文法重視の「受験...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

在米12年目のものです。

質問の答えですが、アメリカでも古い考えの文法(まあ、伝統的な英文法=規範文法)の規則においては、Try to not +動詞は「文法的」には間違っているといわれています。不定詞のルールとして、「to + 動詞」は分離してはいけないというルールがあるからです。ですので、そういった文法にもとづいた質問の答えとしては、Try to not +動詞の形は間違っているということになります。ただ、口語英語としては、「間違え」にはなりません。逆に、そういった英語を使うことで、個人個人の伝えたい意味を強調させることが出来るという理由で、使われています。ですので、「to + 動詞」の間に、副詞があっても、notがあっても、特に問題はないということです(まあ、実際に教科書でもそういう使い方は、たくさん見られますしね)。でも、お堅い試験で、文法的にあってるかどうかを聞かれた場合は、間違っていると答えなければ、正しい文法の知識がないということで減点はされますが(笑)

日本では、昔ながらの伝統的な英文法の規則を教えていますので、現代に使われている英語のことは、学校ではあまり教えられていません。ですので、規則正しい書き言葉のような英語が実際の英語であると勘違いしてしまってもしょうがないことですし、文法的にあっている英語だけの知識ばっかりがあるので、英語圏で日常的に使われている英語でも、「文法的に間違っている」と指摘することだけしかできないというのも本当のところだと思います。もし、日常英語を良く知っていたら、すらっと聞き流すところだと思いますけど、でも、それでも、間違っている英語をしゃべっているという知識があるひとは、間違っている英語を使っているとこころの中では思っているでしょうね。でも、得に英語を第2ヶ国語として使っている人が、文法的に正しくない英語を使ってしまうと、英語を知らないと誤解されてしまうことがあるというのも本当です。ただ、その外国人の周りに正しい英語を使わないネイティブのひとばっかりいる場合は、そういう英語を学んでしまうこと、また、そういう英語が普通であると思ってしまうのも自然であると思います。

でも、いつも、伝統的な英文法の知識があるということは、やはりプラスになります。それは、日本で、ちゃんと尊敬語、謙譲語の知識があるのと同じですし、また、そういった知識があれば、教養があるとみられるのも本当でしょう。

けれど、日常会話で、いつも文法的に正しい英語を使っているひとが多いかかというと、そうではありませんよね?また、教科書でさえ、文法的に間違っている文章が載っていることがいっぱいあります。ですので、そういう文章を読みなれていて、それで、急に文法的に間違っているといわれても、ぴんとこないというのは、当然かなとも思います。

それから、私の夫はアメリカ人ですけど、夫も文法的に間違っている英語を使う事はあります。それで、私が直すと、むかついていますけど(笑)でも、言葉というのは、相手に言っている意味を伝えるのに使うものです。また、言葉は時代がかわるにつれて、少しずつ形をかえていきます。ですので、文法のルールが少しずつ変わっていってもおかしくないのではないかなって思います。

けど、今回のことで、伝統的な英文法のことが分かったようですので、これを機会に、もう一度、文法の勉強をされると、また、おもしろいと思いますよ。そうすると、どれだけ、ネイティブのひとが伝統的な文法のルールに反した英語を普段からしゃべっていて、また、人に失礼のないように、文法的にいかにもあっているかのようにしゃべていて、実は完全に間違っているような言葉をしゃべっているのかも分かるようになります。

どこの国のひとでもそうだと思いますけど、伝統的な規則正しい文法のルールに従ってしゃべっているひとは、あまりいません。それに、そういった言葉を口語としてしゃべっているひとは、逆に奇妙がられるでしょうね(笑)ただ、外国語を習うときは、話が違います。ですので、日本では、日本語では文法的に間違っている日本語を普段からしゃべっているけど、得にそういう言葉においては厳しくなく、でも、英語のような外国語に対してだけ、妙に文法に厳しくなる。ちょっと変ですよね?(笑)

こんにちは。

在米12年目のものです。

質問の答えですが、アメリカでも古い考えの文法(まあ、伝統的な英文法=規範文法)の規則においては、Try to not +動詞は「文法的」には間違っているといわれています。不定詞のルールとして、「to + 動詞」は分離してはいけないというルールがあるからです。ですので、そういった文法にもとづいた質問の答えとしては、Try to not +動詞の形は間違っているということになります。ただ、口語英語としては、「間違え」にはなりません。逆に、そういった英語を使...続きを読む

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

Qcould be と would be の違い

could be と would be のニュワンスの違いを教えていただけますでしょうか。
couldはcanの過去形で、 wouldはwillの過去形であることは分かるのですが、
仮定法的な感じで使う時がどう違うのかが分かりません。
例えば、That would be nice! と That could be nice! では、意味はどう
違うのでしょうか?
私的には、wouldの方は「そうなるといいね~ 」という感じで、
couldの方は「それは素敵に違いない!」というような少し強い感じでしょうか?!
最近海外ドラマを見て英語の聞き取りの勉強をしているのですが、
結構に日常会話にcould、 wouldが、仮定法的な感じでよく使われています。

分かる方、ご解説いただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じような英語のQ/Aサイトに違いを説明する回答があり、ベストアンサーがこれでした。

Would" expresses the idea of "willingness" ,  and  "could" expresses the idea of "ability"

ですから《That would be nice》はこちらの良くなって欲しいという意思が加味されています。

一方、《That could be nice》の方は現状の諸条件を勘案すると、将来《nice》である可能性が極めて大きいといった可能性の予測が入っています。

他の文章で説明します。

●Would you please drop me here?
●Could you please drop me here?

前者は『ここで降ろして頂けると好都合なのですが、同意頂けませんでしょうか?』 相手と喧嘩中なら降ろしてはくれないでしょうね。 運転者のご機嫌を伺っているのです。

後者は『ここで降ろして頂けると誠に好都合なのですが、交通事情など周りの諸条件からして可能でしょうか?』 例えばいくらお家の前であっても高速道路上だったら不可能ですね。 そういう一時停止の可能性の有無を聞いていると判断出来ます。 

参考URL:http://answers.yahoo.com/question/index?qid=20090209230529AAjApFB

同じような英語のQ/Aサイトに違いを説明する回答があり、ベストアンサーがこれでした。

Would" expresses the idea of "willingness" ,  and  "could" expresses the idea of "ability"

ですから《That would be nice》はこちらの良くなって欲しいという意思が加味されています。

一方、《That could be nice》の方は現状の諸条件を勘案すると、将来《nice》である可能性が極めて大きいといった可能性の予測が入っています。

他の文章で説明します。

●Would you please drop me here?
●Could you pleas...続きを読む

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q"ask for" と "ask to"の違い

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、"ask for" と "ask to"の意味的な違いがよくわかりません。

例えば、以下のような例文があった場合、
 ・I want to ask you to do that.
 ・I want to ask you for doing that.
どちらも同じ意味として考えてよいのでしょうか?
また、そもそも"ask for"の場合は動名詞が続くことはなかったりしますか?

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

for ~は「~を求めて」で後には求める「もの」か
help, permission のような動作を表す名詞が来て,
動名詞はあまり見かけません。

ask for ~で熟語にもなっていますが,
ask O for ~もよく用いられます。

以前,入試の整序問題で
ask her for help
ask for her help
どちらも可能なものがありましたが,
正解はどちらのつもりだったのでしょう。
(site:us では前者が優勢)

be surprised to 原形
be surprised at ~ing
なんかも悩みますが,
こういう場合は不定詞にするのが基本でいいと思います。

Qlookとtake a lookのニュアンスの違いを教えてくださいm(・0・)m

『見る』を辞書で調べると、look.take a look. have a look などが書いてあるのですが、それぞれのニュアンスの違いがわかりません。なんとなくでもいいので、違いがあれば教えてください。

Aベストアンサー

日本語では動詞で表現するものを英語では名詞で表現すると
よく言われます。

take a look, have a look とすると、名詞 look の前に
色々と修飾語を加えることができ、表現する上で都合が良いからです。

take a look なら「ちょっと見てみる」、
take a long look なら「じっくりと見る」

動詞を修飾するのに、いっぱい副詞をつけるのは
わかりにくく、表現しづらいのです。

Q違いを教えて!keep on ~ing と keep ~ing

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういうニュアンスに変化するのかが、どうもしっくり理解できません。

また、「on」を使っても特に意味自体に変化はなさそうな例文も↑のサイトからいくつも見られました。(例えば、「keep on listening/聞き続ける」や「keep on going/行き続ける」などたくさん。)

どういう時に「on」を使うのか、教えていただけないでしょうか。

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういう...続きを読む

Aベストアンサー

沢山ご回答がありますね。

keep (on) ~ing は on があってもなくても同じ意味で 単純に「し続ける」という意味です。
on は 副詞で「(ある動作を)続けて」という意味をもち これを入れるとより継続的に繰り返している感じになります。
まあそれゆえ日本語で捕らえると「しつこい」という意味を含むことになるかもしれませんね。

御参考になれば幸いです。

Qtoward と towardsの違い。

例えば、彼女に対してという時は、toward herでいいのでしょうか?

どういうときに、towardsを使いますか?

Aベストアンサー

towardはアメリカ英語、towardsはイギリス英語です。

基本的な意味は「~の方へ」「~に対して」という方向を表わします。

She was so kind toward(s) me.「彼女は私に対してとても親切だった」 のように、良い意味でも使えますし、
They took cruel measures toward(s) their colonies. 「彼らは植民地に対してひどい手段をとった」のようなagainst的な使い方もできます。

Go toward(s) the door.
であれば、「ドアの方へ行け」です。

the first step toward(s) world peace だと、「世界平和への第一歩」です。

QDon't you~?とDo you~?の違いについて

Don't you~?とDo you~?の用法がよくわかりません。

例えば、Don't you have a toothache?(意味:歯が痛くはありませんか→歯が痛いのでしょう)ととあるプリントには載っているのですが、「歯が痛くはありませんか」から「歯が痛いのでしょう」への意味の移行がよくわかりません。

Don't you~?≒Do you~?の関係が成り立つのでしょうか?
Don't you~?の使い方がよくわかりません・・・。

Aベストアンサー

こんばんは

Don't you think so?
を例にとって考えると分かりやすいかも知れません。
「そう思いませんか?」と聞く人の気持ちの中には
(きっとあなたはそう思うでしょう/思うはずだ)
と、相手に対して、同意、確認、確信を求める心理があります。
例えば、日本語でも
「税金が高すぎるのです。そう思いませんか?」(ね?そう思うでしょう?)
「病は気からですよ。そう思いませんか?」(そう思うでしょう?)
「楽しんで生きた人が勝ちだ。そう思いませんか?」
(そう思いますよね?)
なので、
Don't you have a toothache?
「歯が痛くはないのですか?」(痛いでしょう?痛いですよね?)
と移行するのだと思います。
また、(文脈にもよりますが)
Can't you keep still?
「じっとしてられないの?」→(じっとしてなさい)
のように叱責への移行もあります。


参考まで

Qネイティブがよく言う ”I mean”, ”Yon know”の意味を教えて下さい。

ネイティブの方が話しをする時に頻繁に、
"I mean・・・"
"You know・・・"
という上記の言葉をよく話しているのを聞きますが、
日本語でいうと、どのような意味合いになるのでしょうか?
いくつか例文を交えて説明していただけると有難いです。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

I mean・・・
今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。

I like this book. この本好きなの
It's interesting for me. おもしろいんだよね
I mean, the story was good, and characters, too.
ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね

You know・・・
意味はないです。単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。

You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, too much talked to my client.
あのね 今日すっごい忙しかったよ、あのね、一生懸命仕事してさ、お客さんといっぱい話したしさぁ。

一度覚えると使いやすい言葉ではありますが、多用すると聞き苦しい感じがします。
また両方ともカジュアルな会話で使いますので、使うときは周りの人が使っているかどうかよく確認してからのほうがいいかもしれません。

I mean・・・
今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。

I like this book. この本好きなの
It's interesting for me. おもしろいんだよね
I mean, the story was good, and characters, too.
ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね

You know・・・
意味はないです。単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。

You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, t...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報