たとえば社債の発行に関して、ローンチは○月○日です。なんて使うのですが。
よく意味がわかりません。
英語で書けば、"Launch"で(会社などを)起こすとか(船を)進水させるなどの
意味のようですが、起債の場合はどんな意味なんでしょうか。
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「2/28/2001」
この記載をみると「発行(する)」との意味ですね?

念のため「英辞郎」で「Launch」を検索すると、
=====================================
【名】 艦艇大型ボート、進水、打ち上げ、発射
【他動】 進水させる、~を水に浮かべる、発射する、
送り出す、始める、着手する、売り出す、《野球》打つ
======================================
一方、「起債」に関しては、
======================================
起債
bond floatation // bond issuance // bond issue // debt issue // floatation of a loan // floated loan // flotation of a loan // flotation of loan // issuance of bond // issue of bond // issue of bonds // loan floatation // loan flotation
起債する
float a loan // issue bonds
起債つなぎ融資
temporary loan before bond flotation
起債をする :(~するために)【起債をする】
raise a loan (to)
起債市場
bond floatation market // bond flotation market // bond issuing market // bond market // bond underwriting market // flotation market // investment market // issue market // primary market
起債調整
coordination of bond issues
=======================================
「issue」も使用するようです?

ご参考まで。

参考URL:http://www.ir-aiful.com/j_html/j_news/newsreleas …
    • good
    • 0

こんばんは。


覚えがある限りなのですが、
最近はやったビジネス小説に
”トップレフト”というのがあります。
(ベストセラーリストに載ったこともあるはず)
その中で、現役の金融マンの方がローンチを実行されている描写が最初の方にありますので、
ご参考までに。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシムシティー2000について(ローンチ・アルコロジー)

現在、シムシティー2000をやっています。
そしてローンチ・アルコロジーを建設したんですが
これって本当に飛び立つんでしょうか。
また、謎ってなんなんでしょう?
エンディングはないんでしょうか。
気になるので教えてください。

Aベストアンサー

「こうなったら飛ぶ」という具体的なアドバイスはできないのですが…。
私の経験では。
1.cityをほぼ限界まで発展させる
2.建物を壊してローンチ・アルコロジー変える
3.ローンチ・アルコルジーの収容人数が限界に達したら、また建物を壊してローンチ・アルコロジーを建てる
4.2~3を延々と繰り返す
マップの6割くらいがローンチ・アルコロジーになったら飛び立ちました。

Q商法や税法などの疑問点(社債発行費などについて)

よろしくお願いします。2年目の経理担当者です。

簿記を覚えるために学校に行きいろいろと習ったのですが、例えば「社債発行費」は3年で償却するとか、開業費は5年で償却することになっているとか学校ではならいました。ところが、指導していただいてる会計士の先生とのやり取りの中で「別に1年で全部、費用化しちゃってもいいですよ」といわれました。間違っているかも知れませんが、商法のルールでは3年償却で、税法上では別に1年でやってもいいよ、みたいな趣旨のことを言われていたような気がします。

私の会社は中小企業で非公開です。ここで疑問なのですが、社債発行費は3年と商法(たぶん)で定められている、のはわかりますが、それを違反する上のケースはいいのか? 罰則既定はないのか? またOKだというなら、何が目的でこういったルールが存在するのか? 誰もそんなルール(社債発行費=3年)守らないんじゃないのという疑問があります。

ひょっとして会計士の先生は、うちの会社が小さく、その金額そのものも小さく大きな影響を与えないのでいいですよ、といっているのかもしれません。

一連のライブドア・フジのやり取りの中で「それは商法違反の可能性がある」というコメントを聞きますが、あっちの違反は別途に罰則の規程があったりするんでしょうか? 商法に違反⇒逮捕 とかってありますか?

会社的な規模の差や、公開・非公開の差なのか、あるいは私が何かを混同しているのか、どなたかアドバイスをいただけますでしょうか。よろしくお願いします。

よろしくお願いします。2年目の経理担当者です。

簿記を覚えるために学校に行きいろいろと習ったのですが、例えば「社債発行費」は3年で償却するとか、開業費は5年で償却することになっているとか学校ではならいました。ところが、指導していただいてる会計士の先生とのやり取りの中で「別に1年で全部、費用化しちゃってもいいですよ」といわれました。間違っているかも知れませんが、商法のルールでは3年償却で、税法上では別に1年でやってもいいよ、みたいな趣旨のことを言われていたような気がします。
...続きを読む

Aベストアンサー

社債発行費等の繰延資産は将来の複数事業年度わたって、その支出の効果が発現すると期待されます。しかし、その効果がどの程度であるか明確にはわからず、また、合理的な費用配分の方法を見つけることも難しいです。

そのため早期償却の意思が働き、商法においては3年"以内"に毎期均等額"以上"の償却をすることと定められています。

法人税法においても同様に、支出のあった事業年度の損金の額に全額算入することを認めています。

よって、社債発行費を1年で償却したとしても、違法であるとはいえません。

ライブドア・フジテレビに関する商法違反はフジテレビの新株予約権の発行が不公正発行および有利発行にあたるのではないか、という問題です。

これは、商法の条文にもしっかり規定されており、ライブドアも、現在、裁判所に発行差止請求をしている状態です。

仮に、裁判所がライブドアの差止請求を認め、なおもフジテレビが新株予約権を発行しようとした場合には、もちろんフジテレビは罰せられることになるでしょう。

商法の罰則規定は商法486条以下にあるので参照してみてください。

社債発行費等の繰延資産は将来の複数事業年度わたって、その支出の効果が発現すると期待されます。しかし、その効果がどの程度であるか明確にはわからず、また、合理的な費用配分の方法を見つけることも難しいです。

そのため早期償却の意思が働き、商法においては3年"以内"に毎期均等額"以上"の償却をすることと定められています。

法人税法においても同様に、支出のあった事業年度の損金の額に全額算入することを認めています。

よって、社債発行費を1年で償却したとしても、違法であるとはいえませ...続きを読む

Q「ビバ」とはどういう意味か?。

 「ビバ」
 という言葉がありますが、どういう意味でしょうか?。
 
 用例
 ビバ!埼玉
 ビバ!兄弟

 などなど・・・。

Aベストアンサー

イタリア語でバンザイですね。「viva」

Q転換社債(転換社債型新株予約権付社債)

基本的なことですが、以下の例文の意味がわかりません。

20X1年4月1日、L社(決算日は3月31日)は額面1000円の転換社債を額面100円当たり100円で100万円発行した。この転換社債も転換価格は100円で、転換請求期限の20X2年3月31日までに、普通株式10株(1000円÷100円)に転換することができる。転換社債の保有者が転換を望まない場合は、同日、1000円(額面)の現金で償還される。尚、L社は20X2年3月31日償還を迎えるゼロクーポンの普通社債をすでに発行しており、20X1年4月1日において、こちらは額面100円当たり95円で取引されている。

そもそも、転換社債の額面1000円というのが良くわかりません。転換社債には額面1000円というものは存在しないと勝手に思っているのですが、私の認識違いでしょうか。

非常に困っています。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

転換社債には、最低取引単位として10万円、50万円、100万円の3種類の券種が使われています。

私も昔、実際に設定時に買ったのは50万でしたよ

実際に流通している額面には(東証へ上場している額面)
額面10万円、額面50万円、額面100万円、額面200万円、額面300万円、額面400万円又は額面500万円が存在します


他の上場だと
実際にのを貼り付け
7. 社債に関する事項
(1) 社債の総額 金3,000,000,000円
(2) 各社債の金額 金100,000,000円の一種
1億円のも存在するの額面は一概にいえません

このCBで言えば
額面1000円ってことになりますね

ただ、額面1000円は実際には発行する時は小さくする、事務経費が割合が増加するので現実には存在はしませんが・・・・
発行することはコストの問題を度外視しれば可能です

過去に実際の発行された最小は10万円だと思いますすので
机の上の空論の話ですね

転換社債には額面1000円というものは存在しないと勝手に思っているのですが、私の認識違いでしょうか。

 存在することは可能ですが・・・現実的には存在しない言うことですね
 机の上の問題なので気にしなくて良いです
 

転換社債には、最低取引単位として10万円、50万円、100万円の3種類の券種が使われています。

私も昔、実際に設定時に買ったのは50万でしたよ

実際に流通している額面には(東証へ上場している額面)
額面10万円、額面50万円、額面100万円、額面200万円、額面300万円、額面400万円又は額面500万円が存在します


他の上場だと
実際にのを貼り付け
7. 社債に関する事項
(1) 社債の総額 金3,000,000,000円
(2) 各社債の金額 金100,000,000円の一種
1億円のも存在するの額面は一概にい...続きを読む

Q中国人がチャオチー、チャオチーと言っていました。 チャオチーって中国語でどういう意味ですか?

中国人がチャオチー、チャオチーと言っていました。

チャオチーって中国語でどういう意味ですか?

Aベストアンサー

ハオチーじゃないの。
おいしいって意味だったと思う。

Q社債発行費の償却(決算日)

 精算表を完成させるにあたって、一部分がどうしても解からないので教えてください。

 会計期間1年
 修正前T/B残高:社債発行費6,000

 「社債発行費は、前期首に社債を発行した際のものであり、商法規定の最長期間にわたって、毎期均等額の償却をしている。」

 この場合の仕訳の解答が、社債発行費償却 3,000 / 社債発行費 3,000 となっているのですが、なぜでしょうか。
 社債発行費の償還期限は3年ですので、6,000÷3=2,000 ではないのでしょうか。
 よろしくお願いします。 

Aベストアンサー

>「社債発行費は、前期首に社債を発行した際のものであり、商法規定の最長期間にわたって、毎期均等額の償却をしている。」

この説明で、当会計期間が社債を発行してから2期目の決算であることが読みとれます。当然、社債を発行した前期にも社債発行費償却を行っています。

まずは、社債発行時の社債発行費を求めるのが先決です。

社債発行時の社債発行費=修正前T/B残高÷(残年数÷償却期間)
           =6,000÷(2÷3)
           =9,000

よって、1年当りの社債発行費償却は3,000となります。

仮に、この条件と全く同じ場合だった場合、次のような問題文を作ることもできます。

修正前T/B残高:社債発行費3,000
社債発行費は、前々期首に社債を発行した際のものであり、商法規定の最長期間にわたって、毎期均等額の償却をしている。

Q意味を研究する事って

こんばんは。
今、授業で「認知意味論」を学んでいます。私は「意味を研究する事に意味があるか」という質問に答える事になったのですが、意味が無いと言ってしまうと授業が成り立たないので意味があると答えるべきだと思いました。
しかし、その根拠となる事柄がなかなか思いつきません。「どんな語にも意味があり、言語活動は意味を伝達する事であるから」ということだけでは、意味を研究する意味の根拠としては乏しいと思うのです(語の持つ意味が重要だとしても、言語によって意味は違い、その全てを網羅するのは不可能に近く、また、ある一つの言語に限っても、類似した意味の区別をつけることは困難、つまり意味というものは曖昧なものだから。)
そのような訳で、意味を研究する事の意味はどこにあるのか、皆様の考えをお聞かせ願いたく、質問しました。
また、私は専門家ではないので難しいことは分かりません。もし上の私の考え方でおかしなところがあれば訂正頂ければ助かります。

Aベストアンサー

意味論というのは定義が難しくて定義も様々ですが、共通して確認できる前提としては、意味というものは社会的な性質を持っているということです。要するに、言葉の意味とは事物の中に隠れているものが発見され命名されるのではなく、人間がその言語を通して事物に意味を与えていくものだということです。

将棋をさす時にある駒が足りなければ、そこらの石でも牛乳瓶のふたでも、何でも代用することができますが、これは駒そのものが重要なのでなく、将棋というゲーム全体の関係性の中においてその駒に与えられた意味が重要だからです。逆にいえば、ある駒を見つめていてもその駒の持つ意味というものは決して理解できません。

これと同様に、意味というものは全体の関係性の中で言葉に付与されるものですから、孤立した単語を眺めていても決して浮かびあがってくるものではありません。言葉の持つ意味とは、他の単語との関係の中に捉えられる、ある体系内の価値である、という風に認識できるでしょう。言語とは網のようなもので、意味とはその中の流動的なひとつのマスに過ぎません。これが意味論の根本的なスタンスと言って良いでしょう。
そう考えると、ご質問にある「言葉の意味を考える」ことは、すなわち社会制度としての言語の意味のネットワークを考える、ということに直結するわけですから、文化・社会・歴史全般にわたる広がりを持つという意義もわかるでしょう。裾野が大変に広いわけです。

言葉がご指摘のように曖昧な意味を担っていて、周辺のぼやけというかある幅を有することも事実ですが、先の意味から考えればこれは逆に、意味が他律的に周囲との関係の中で定まるものであるがゆえに、意味の中心が存在せず、せいぜい最大公約数的なものしか認識できない、という風に言えるでしょう。

要するに、明快な意味が定義できないから駄目なのでなく、そこをスタートとして、それなのに曲がりなりにも意味が通じ合うのはどういうことなのか、という風に意味の意義を求めてみてはどうでしょうか。
「言葉はモノの名称リストではなく、我々の世界認識の結果である」というのが、現在の言語観の基本です。

また、意味というものは意外と動的なもので、単純なものではありません。意味論の初歩でデノテーションとコノテーションを学ばれることと思いますが、例えば『ユダヤ人は所詮ユダヤ人さ』というせいりふの意味を考えてみると、最初のユダヤ人は「ユダヤ民族に属する人」という外示的意味(デノテーション)を指すのに対し、あとの方のユダヤ人とは「狡猾でずるいやつ」という共示的意味(コノテーション)を担っています。

これはひとつの些細な例にすぎないのですが、コノテーションを深く知れば、表現を通じて人間の意識というものを知ることにもつながります。言葉の意味は一定しないもので、常に既成の意味体系に限定されていく人間の意識が、言語の表現作用を通じて解放されていく様がコノテーションには見られるからです。
意味というのは世界の分節化であり限定性を本質的にもつものですが、それに抗って新しい意味生産を行うこと、つまり、言語の網の目の改変、という点で言葉の意味をたどることは人間の意識や思考方法そのものを見つめることに直結します。無意識のレベルで言葉の音と意味がどのように関わりひとつの語として紡がれるのか、というプロセスを研究する人達もいます。

さらに、認知意味論というのは特に人間が意味を認識する過程を問題にするわけですから、意味を考えること、ひいてはどうやってその意味が認識されているのか、ということは人工知能や認知哲学など広い分野に活用されるべき知識です。
例えば、海に浮いているメッセージボトルを見たとき、我々はすぐにそこに何らかの意味があることがわかるのですが、これはなかなか容易なことではありません。内部情報(中の紙に書かれている意味)を理解する以前に、外部情報(例えば「この文章が日本語で書かれている」といったこと)、さらにフレーム情報(つまり「このボトルの中には意味のある情報が入っている」ということ)が適確に理解されなければなりません。
「これは意味のあるモノである」という情報それ自体もメタ情報として意味を担っているわけで、実は語やモノの意味を理解することはそれ以前に多くの意味の解釈を必要としているのです。我々にとっては無意識の作業ですが、そういった事柄が我々の頭の中でどのように認識し処理されているのか、大変興味深い研究テーマだと思います。その困難さは、人工知能にこれらの行為を代替させようとした時にどれほどの困難が伴うことかを想像してみればわかることでしょう。

※少しご質問の内容とはずれがあるかもしれませんが、あまり意味論を理解していない回答が多いようなので、敢えて考え方のヒントとして書いてみました。ご参考までに。

意味論というのは定義が難しくて定義も様々ですが、共通して確認できる前提としては、意味というものは社会的な性質を持っているということです。要するに、言葉の意味とは事物の中に隠れているものが発見され命名されるのではなく、人間がその言語を通して事物に意味を与えていくものだということです。

将棋をさす時にある駒が足りなければ、そこらの石でも牛乳瓶のふたでも、何でも代用することができますが、これは駒そのものが重要なのでなく、将棋というゲーム全体の関係性の中においてその駒に与えられ...続きを読む

Q金融機関が社債発行を勧める本当の理由。

 こんばんは。いつもお世話になります。
当方、中小企業、いや零細の卸売業なのですが、最近長期借入をしている金融機関から、借入金の一本化と長期安定の資金調達として、間接金融の銀行借入から直接金融の社債発行に転換したらどうか、としきりにアプローチされております。
 社債を発行するような規模の会社でないことは、金融機関も認めていますが、「こういう話を持ち出せるのは、うちの支店でも10企業くらいしかない。」などとおだてているのです。
 私としては、社債など無理して発行しなくても、必要な時に銀行が融資してくれたら、何にも面倒なことはないし、社債を発行するメリットが見いだせません。
銀行さんは、決算書の見栄えがいい、とも言っていましたが、別にそんなことに必要性も感じません。
長期借入金が社債となると、バランスシートの見かけは良いですか。それとも銀行の真の目的は何なんでしょうか。 教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いわゆる私募債だと思われます。
一定の条件、純資産額がいくら以上、自己資本比率が
何%以上とか、などの条件に合致すれば保障協会から、90%までの保障が与えられるそうです。
また、通常の借入金の利息のようにコミッションはないのでしょう。
何にしても、銀行は中小の企業に対しては「不良債権」になることを極端に恐れていろいろな嫌がらせをします
からね。
この場合は、銀行さんが取りはぐれのないことを確実にできているから薦めているのでしょうね。

Q悪い意味からいい意味へ、またその逆。

こだわる、という言葉は本来「そんなことにこだわるな」というようにネガティブな意味だったものが「味にこだわる」というようにポジティブな意味でも使われるようになってしまいました。「すごい」や、最近では「やばい」も本来悪い意味がいい意味でも使われるようになったと思います。悪い意味からいい意味、いい意味から悪い意味に変化した言葉を他にあれば教えてください。またこういう変化のことを専門用語では何といいますか。(意味の昇華?意味の降下?)

Aベストアンサー

「素晴しい」(すばらしい)現在ではほとんどの場合いい意味で、「大変優れている」「程度がはなはだしい」時に使いますが、古くは良くないことに対して、「ひどい」「とんでもない」の意味で使いました。辞書には「この女ゆゑにやア素晴しい苦労をして」という例文が載っています。また大正時代の新聞の関東大震災の写真の説明に「素晴しい被害」という表現を見つけて驚きました。

Q新株予約権付社債の発行は誰が決めますか?

未公開の株式会社です。
取締役が2名います。
取締役会はありません。

新株予約権付社債というのがあります。

この会社で新株予約権付社債を発行できますか?
発行できるなら誰が発行を決定できますか?

Aベストアンサー

代表取締役が株主総会を招集し、
株主が社債を発行するか否かを決定します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報