今賃借対照表について勉強している大学生です。
30年前に100万円で取得した土地が現在時価1億円になった、賃借対照表価額はどちらを取ることが「真実性の原則」にあてはまるか?
という問題で困っています。
僕は取得原価だと思ってるんですが・・・
できればなるべく詳しく教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 こんにちは、ghq7xyです。

「真実性の原則」か、懐かしいなあ。(笑)私は去年、税理士試験の財務諸表論に合格した者でして、よく勉強しました。
 結論から先に申し上げますと、取得原価です。
 資産の評価は、原則として、取得原価ですよね。土地は対象外ですが、有形固定資産は取得原価を基に減価償却を行いますからね。
 もし、棚卸資産などは取得原価より時価が下がった場合は、低価基準を適用している場合は時価にまで評価額を下げて、評価損を計上することが認められていますね。例えば、棚卸資産の評価は原価基準か低価基準になります。
 但し、時価が著しく下回った場合は全ての資産について、回復する見込みがある場合を除いて、時価にまで強制的に評価損を計上しなくてはなりません。固定資産では臨時償却などですか。
 さて、本論とは脱線しますが、時価主義会計について解説します。時価主義会計は金融商品に適用されるものですよね。具体的には有価証券やデリバティブ取引(オプション取引やスワップ取引など)、外貨建取引(為替予約など)などに適用されるものですよね。これらは、決算日の時価で評価を行います。また、約定日基準によるので、実際手元になくても、有価証券を購入する契約が結ばれているならば、それの評価も行います。
 有価証券は次の4種類に分類し、扱いが異なります。
  (1)売買目的有価証券
  (2)満期保有目的の債券
  (3)子会社株式及び関連会社株式
  (4)その他有価証券
 (1)は洗替法では取得原価、切放法では簿価と時価とを比較した差額を帳簿上、有価証券評価損益勘定に記録し、損益計算書上は営業外収益に有価証券評価益として、又は営業外費用に有価証券評価損として表示します。
 (2)は確実に満期まで持つことが条件でして、満期まで持つかどうか不明の場合は(4)のその他有価証券として扱います。満期保有目的の債券は額面金額と取得原価との差額を金利の調整項目として、償却原価法により、取得原価に上乗せします。定額法や利息法によって徐々に上乗せする金額を決定します。
 (3)は会社支配を目的に所有するものなので、時価によって価値が変動することは認識しませんので取得原価のままが原則です。但し、時価のある株式については時価が著しく低下した場合は時価にまで強制的に評価を下げ、時価のない株式について実質価額が著しく低下した場合は相当の減額を行う必要があります。
 (4)は時価のないものは原則として取得原価で、実質価額が下がった場合は相当の減額を行います。時価のあるものについては時価により評価を行いますが、差額については帳簿上有価証券評価差額勘定に記録し、評価差額を資本の部に益の場合も損の場合も計上する方法と、益の場合は資本の部にその他有価証券評価差額金として貸借対照表上に表示し、損の場合は有価証券評価損として、当期の営業外費用と見る場合があります。
 参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

企業会計原則によると、



(資産の貸借対照表価額)
貸借対照表に記載する資産の価額は、原則として、当該資産の取得原価を基礎として計上しなければならない。

と、されていますから、cuervoさんの言われるとおりです。

今までは日本では大蔵省の企業会計審議会というところが作成した、企業会計原則というものがあり、これが日本の会計制度を支えてきました。
ただ、今後は急速にすすむ経済のグロ-バル化に対応するための措置で、連結決算や時価会計、またコ-ポレ-トガバナンス(企業統治)という、いままで商法にはなかった新しい考えも導入されます。
金融商品と販売用不動産は時価会計の対象となります。

時価会計については、下記のへージを参考にしてください。


時価会計来期から
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/dr/20000331md01 …

取得原価主義会計と時価会計の違いは何ですか? 
http://www.reinet.or.jp/jp/16-jika_kaikei/16A-2. …

「資産」というものは
http://fukudacpa.hoops.ne.jp/jika.html
 
    • good
    • 0

「真実性の原則」というのは、企業会計原則に出てきますね。

資産の貸借対照表価額について、次のように規定されています。
 「貸借対照表に記載する資産の価額は、原則として、当該資産の取得原価を基礎として計上しなければならない。」と。
このように、真実性の原則は、企業会計の全体に及びます。ですから、全体を読まないと、答えは出てきません。今後、時価主義会計が導入されれば、また、この規定も変わります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q連結貸借対照表と単独貸借対照表どっち?

貸借対照表でソニー、松下、シャープを比較したいんですが、
連結貸借対照表と単独貸借対照表どちらで比較すればいいですか?

Aベストアンサー

近年の比較なら、連結です。

Q賃借対照表のマイナス部分について

表題にありますとおり賃借対照表にマイナスが発生しています。
昨年家を購入して一部を自営業として使用しているので、その部分の費用のみを減価償却にすることにしたのですが、借入金を記入していない為にマイナスが発生した、までは分かったのですが、借入金を使用分で算出して、何と仕分け帳に入力したらいいのか分かりません。貸方、借り方共にご指導頂ければ助かります。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

貸借対照表ね。
左は現金や土地・建物  / 右は借入金と自己資産

ですね。

Q賃借対照表について

賃借対照表の額がとても高額に表示されます。
会計ソフトを使って、入力もきちんとしているつもりなのですが、どこがどうなってこのような額になるのかわかりません。
元入金なども自分で計算したのと違う高額な数値が表示されています。
画面上で帳簿のリンクや総勘定元帳のリンクへ飛ぶと、私が入力した額が表示されます。
資産の部と負債の部は同じ額になっていますが、どう考えてもおかしい数字に見えます。
アドバイスいただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

日商3級の簿記レベルの問題を起こしておられると、
質問文や回答補足・お礼から、失礼ながら勝手に推測し、
アドバイスを寄せさせていただきます。

「現金預金の入力と、振替伝票の入力で2重入力をしてしまう。」
という初歩の間違いをされると質問されている事態に陥ります。
現金出納帳で入力すれば、
現金から預金への入力は預金出納帳では、2重入力になるのですが、
3級の初歩でこの事が理解できずにつまずく方はおられます。
1つの取引の仕訳入力は1回でいいと言う原則が、
現金出納帳入力、預金出納帳入力などバラバラに順番に入力すると、
おかしくなります。
現金・預金の取引・元帳が合っていない事には、
貸借対照表を合わせる前段階が合っていないという事を理解して、
問題の解決に当たって下さい。

ちなみに、賃借(ちんしゃく)ではなく、
貸借(たいしゃく)対照表ですので、間違いなく覚えて下さい。

Q損益計算書、賃借対照表の記入について

個人事業主で初の青色申告者です。
Macのフリーソフトを使い、経理を行っていますが、
損益計算書、賃借対照表の記入について不明な部分があるので質問させていただきます。

●損益計算書
所得税青色申告決算書の損益計算書の金額部分で
合計残高試算表のどの金額を記入すればよいのかわかりませんでした。

項目は、
勘定科目、開始残高、貸方合計、借方合計、終了残高、比率(%)となっています。
前回質問させていただいた地代家賃を前払費用にしているので、貸方に金額が入力されている状態です。
なので、地代家賃の箇所は、貸方合計と終了残高と合計したものが借方合計に計算されています。

損益計算書の金額欄には、貸方合計、借方合計、終了残高のどの項目の金額を記述すればよいのか教えてください。

●賃借対照表
所得税青色申告決算書の賃借対照表の金額部分で
合計残高試算表のどの金額を記入すればよいのかわかりませんでした。

項目は、
勘定科目、開始残高、貸方合計、借方合計、終了残高、比率(%)となっています。

期首、期末それぞれどの項目がくるのか教えてください。
試算表と対照表を見比べて、なんとなく、期首が貸方合計、期末が終了残高かなと予想しています。

回答する際に不備がありましたらご指摘ください。
どうぞ宜しくお願いします。

個人事業主で初の青色申告者です。
Macのフリーソフトを使い、経理を行っていますが、
損益計算書、賃借対照表の記入について不明な部分があるので質問させていただきます。

●損益計算書
所得税青色申告決算書の損益計算書の金額部分で
合計残高試算表のどの金額を記入すればよいのかわかりませんでした。

項目は、
勘定科目、開始残高、貸方合計、借方合計、終了残高、比率(%)となっています。
前回質問させていただいた地代家賃を前払費用にしているので、貸方に金額が入力されている状態です。
な...続きを読む

Aベストアンサー

質問の意図・この画像を添付した意図は何なのでしょう?すでに貸借対照表・損益計算書に分かれていますよね?質問の内容はこれで解決しているのでは?
なお、期首残高は前期(前年分)末(新規開業の場合には事業開始時)の金額であり、この表ではわかりません。

Q関連会社株式の貸借対照表価額について

簿記の世界では、投資有価証券は期末評価にて時価評価をしてその投資の成果を公表しなければなりませんが、

関連会社株式については、その評価を常に取得原価をもって貸借対照表価額としてよいとなっています。

これによって、なにか粉飾決算や財テクに活用できる盲点となりえないでしょうか?

たとえば、完全に投資目的として関連会社株式を持つなどです。
机上の勉強しかしていないため、何かぼんやりした感じではあるのですが、何かそのようなことに用いられる盲点であるような気がします。

もちろん、悪用をする気はありません笑
知的好奇心で質問しております。

Aベストアンサー

簿記勉強中のものです。
関連会社株式(関係会社株式)は、売買に事業上制約があるため、貸借対照表価額は取得原価にしていたと思います
関連会社の株式を投機目的で売っちゃったら、他の株主から訴訟起こされるかも知れなかったと思います(うろ覚えです…)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報