いよいよ公開!ア・ゴースト・ストーリーのみどころ紹介!

 私は今就職活動をしている者です。まだ一次試験もとおってないので余計な心配といわれてもしかたないんですが、学習塾に勤めるというのは具体的にどんなもんなのか知りたいんです。
 できれば実際に学習塾に勤めていた(または現在も勤務中の)方やアルバイトをしたことがある方の意見をお聞きしたいです。
 パンフレットには載っていない裏事情なんかがわかるととても嬉しいです。
 直接塾の名前をだすと問題があるかもしれないとの指摘を以前受けましたので名前はだせませんが、主に北海道で活動している学習塾です。

 どんな塾でもいいのでどしどし回答していただけると嬉しいです。
 よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

主観ですが・・・


メリット:(1)生徒たちと一生の付き合いができることがある。
     (2)いろんな意味で気持ちが結構純粋になる。
     (3)感動を味わえる。
     (4)なんとかしてあげたいという使命に燃えることができる。
     (5)生徒がかわいい。
     (6)給与に男女の差がない(実力がものを言う)
     (7)朝、ゆっくり寝れる。(または、午前中、他のことができる)
     (8)バイトの学生講師といろいろ人生を語れる。
     (9)生徒に諭すゆえに、自分の性格・道徳を見直せる。
     (10)生徒の学習指導が、存分にできる。(学校のような制約がない)
     (11)生徒がよくおやつや弁当を分けてくれる(笑)
などでしょうか。

デメリット:(1)夜が遅いので、疲れやすい。また、帰り道が危ない。
      (2)晩御飯が遅いので、体脂肪がつきやすい。
      (3)塾業界には変なやつも多い。(世間で通用せず学歴だけあるやつ)
      (4)純粋な分、大人になれないやつもいる。
      (5)中小の塾が多いので、昇給率はあまりよくないかも?
      (6)生徒がむかつく。 
      (7)同僚と飲んでも、すぐ終電の時間になる。(飲み屋もすぐ閉店)
      (8)女性が出産すると、続けるのが難しい。
      (9)営利な部分と、教師の部分との兼ね合いが難しい。
      (10)なんと言っても、教え方の工夫が難しい。
などでしょうか?私の友人の塾では、育休や産休があるそうです。利用されている人は多分、フルタイムの社員ではなくて、準社員みたいな形で雇用されているひとたちじゃないですかね(社会保険がついているパート社員かな)。
基本的には楽しいそうな職場なようですよ。そこはね。
会社の愚痴がいえるとか、言えないとか、女性に対する無言の退職の圧力なんかは、塾業界がどうというより、その会社や、その職場によるところが大きいですので、どんな業種の仕事につかれても、あったりなかったりしますよね。
 大きなお世話でしょうが、もしあなたが、とりあえず就職をしようと考えておられるのであれば、塾よりは、普通の会社のほうがいいと思いますよ。どんな仕事も大変で、厳しいでしょうが、塾の講師は適当にはできないし、やってはいけない職種のように思います。逆にすごく希望されているのなら、是非やってみるべきではないでしょうか?
        
    • good
    • 1

私も北海道の複数の塾ででアルバイト、社員を含めて計7年ほど勤めておりました。

その間塾は3社ほど経験しております。多分あなたの勤めようとしているところにもいたのではないかと思います。
まず講師希望で入ってくる人を見ていて思ったことは根本的にこの仕事が「合う人」「合わない人」がいることです。私はこんな楽しい仕事はないと思ったし、深夜の仕事も休日返上もあまり気になりませんでした。今はこの業界から離れてますが休日出勤や残業はいやですので、やはり仕事の楽しさに関わってくるのではないかと思います。
合わない人とはどういう人かというのはこれといったパターンがないので何ともいえませんが、まず1番は生徒と接するのが仕事ですから生徒との接し方がうまくいかないと全てダメでしょう。生徒は子供とはいえよく観察してますし評価する目は確かですよ。
少しでも支離滅裂なこといったり知ったかぶりするとバレるし信用も失います。わからないことはわからないと素直に言えるほうが信頼されます。
また教室に入ったら自分が最高責任者です、自分の一言一言が生徒にとっては重要な言葉なのです。それだけに正直いって気分もいいですし、やりがいもあります。

年をとった先生がいないということでしたが、やはり僕のいたときはバブル期の前後でしたのでちょっと経験をつめば独立なんかもできましたし、そういう先生も結構いました。でも今はなかなか難しいでしょうけどね。

あなたは女性だということですが、はっきりいって塾では永年勤めるものだとは思ってないはずです。いままでもそういう女性はあまりいなかったので・・・。
    • good
    • 0

結構デメリットな回答が多いので、何かメリットは…と考えたのですが(^^;)


やっぱり、No.3の方と同じ…って感じでしょうか。。。

数字とか機械が相手ってのではなく、人間相手ですから、メンタルな面で大変な
所もありますが、数字の様に一つの正解が返って来るってのではなく、色々な表情?が返ってくるので、
面白さや喜びもありますよ♪

昇級・・・昇給の事ですかね?
それは本当にそれぞれなので相場ってのは全くないと思います。

私がいた所も一応練習?みたいなのもありましたが
先輩講師の前で実際の講義をして「そこはもっと強調して注意を引かないと…」
ってな感じでした。
それにどれだけ自分色をつけていくかって感じでしょうか。
慣れてくると、自分の体験談を織り交ぜたり、ちょっと笑いをとってみたり…

最初の頃に一番ツライなぁって思ったのは
仕事の愚痴とか、職場では言えないし学生時代の友人達とお互いに
話をしたいのですが、何せ時間帯・休日が違うので逢えず
ストレスの発散の仕方に苦労しました。。。

「結婚したら辞めろと言う無言の圧力」って言うより
結婚して続けていくのは不可能に近いって感じなので
産休や育児休暇の制度もないのかも知れませんね。

頑張って下さい。
    • good
    • 0

私も学習塾で講師をしていた経験から回答いたします。


塾の仕事ははっきり言って大変でした。私はバイトだったので営業はありませんが
常勤講師は、生徒を入塾させる為に必死でしたよ。一人でも多く生徒を獲得しないと
上からきつく言われます。塾講師は営業職でもあることを覚えておいてください。

勤務時間は遅くまでやってましたね。毎晩23~1時に塾を出ていました。
もちろん女だから早く帰宅できるという事はないですね。

講習会の時期なんかは、もっときつく朝から深夜まで労働させられます。
期間の終わりなんかは、みんな死にそうになってますから…
労働基準法も全く関係ないようですね。

あと女の先生は、生徒になめられる危険性が高いです。一度なめられたら
もう授業は成り立たなくなりますよ。(学級崩壊?)
よく泣いて帰ってくる先生を見かけます。これで辞める先生もいますよ。

かといって、ガミガミうるさい先生も嫌われますね。
この度合いが難しいですが、これは講師になってから覚えていってください。

若い人が多いのは、やっぱりすぐ辞めていく先生が多いからではないでしょうかね。
独立していく先生もいますが…。
あの仕事は、若くなきゃできないし一生働く所ではないという感じがしました。

私も現在就職活動中ですが、塾業界はバイトだけでもうたくさんといった感じです。
それだけきつい仕事です。結婚してからは働けるかと言ったら難しいかも知れませんね。
勤務時間の問題もありますし、夫がそれでもいいと言うなら別ですが。

と、ここまできつい事を書きましたが

良かった事もたくさんありますよ。生徒とのふれあいが一番平和な時間でした。
授業しているときが、いちばん楽しいですよ。「成績あがったよ」っていう
言葉が一番癒されました(^^

これが、私の塾講師をしていた感想ですね。全ての塾がそうではないと思いますよ。
全く参考にならないと思いますが、このような塾もあるという程度で。
    • good
    • 0

私は以前進学塾でアルバイトをしていましたので、参考まで。


ある程度大きな塾になりますと、講師を始めとして、教材を作るスタッフや講師を指導する人、塾を運営する人などさまざまな人がいます。
どの分野になるか分かりませんが、私のいたところではどの職種に関しても歳を取った人はいませんでした。
つまり、ある程度の年齢になったら転職もしくは独立しているということでしょうか?
まず最初にこれが気になったところです。
次に、勤務時間ですが、平日は昼始まりが多い様です。昼から始まり、会議や受付業務などがあります。夕方に授業が始まり夜終わります。その後ミーティングなどがあり夜11時から12時頃終わります。土日は朝から夜までがほとんどです。ちょっと時間的には変則なので厳しいです。
ただやりがいのある仕事であることは確かで、楽しい仕事かとは思います。
もう少し心配されていることが分かると回答しやすいのですが。

この回答への補足

 具体的に何を心配しているのかというのを補足させていただきますと、昇級の率って相場はどれくらい?というのがまずあります。それとpappaさんがおっしゃるように自分が塾に通っていた頃は年輩の方がほとんどいなかったように思うんです。特に女の人は20代の方しかいないような状態でした。私は女なので一体いくつくらいまで働けるものなのかが気になるんですよね。産休や育児休暇の制度はないとのことでしたので結婚したらやめろという無言の圧力なんでしょうか...。あとは授業の仕方の練習(?)をやるようなんですが、その時の雰囲気なんかも知りたいです。
 答えていただければ嬉しいです。

補足日時:2001/05/01 23:33
    • good
    • 0

 学習塾の中にもいろんな職種がありますが、nekokkoさんの志望しているのは講師ですか?


 私も就職面接の際、学習塾に務めていた先輩に聞いた話ですが、塾のタイプによって実情は随分違うようですよ。
 日常の学習レベルアップを主体にしているところであればある程度フレンドリーな雰囲気らしいですが、進学率アップのための塾の場合は対象にする生徒の人数も多いし、苦労もまた大変なようです。特に進学塾の実情は男性社会で、もしもnekokkoさんが女性で講師を志望している場合はそうとう覚悟をした方が良いでしょう。
 どちらのタイプの塾にしても、「子供に勉強を教えること」よりもむしろ、「子供や親の不安を解消し、やる気を持続させること」こそが大変なようです。
 マイナス面ばかり書いてしまったようですが、「大変なだけにやりがいはあるし、子供(や両親)とともに苦労して目標を達成できると我がことの様に嬉しい」という話も聞いています。どんな仕事にも共通して言えることでしょうが、苦労のない仕事は喜びや満足感も与えてはくれませんからね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塾の一般事務の仕事って?

「塾の一般事務」のアルバイト募集をしていたので応募しました。
まだ連絡はきてないのですが、質問です。

「原則として週1の勤務で、15:30~21:30
時給900円」らしいのですが、
塾の一般事務って具体的にどんな仕事をするのでしょうか?
時給900円って結構高いですよね…?
こんなに高いと、ものすごくしんどい仕事させられたら
どうしようとか思います。でも週1の勤務だし…。

塾の事務されている(されたことのある)方、ご意見下さい。

Aベストアンサー

元塾講師です。

一般事務…ということで、授業運営や個別指導など、授業に関わる類の仕事はないと思いますよ。
考えられるのは…事務作業とお客様対応、ですかね。

事務作業は…
・授業で使用する教材プリントなどの準備
・依頼されたプリント類などの印刷
・事務作業
・片付け
・清掃
とか。

お客様対応だと…
・電話対応(一般客からの問い合わせ、会員父兄からの連絡など)
・来客対応(一般客及び授業終了後のお迎えの父兄対応など)
・(もしあるのなら)電話での勧誘、ご連絡など。

とかでしょうか。

スキルがあるのならば、住所録などの入力作業…などもあるのでしょうが、メインとなるのは上記の2点くらいでしょうかね。

電話にしろ通常の接客にしろ、サービス業として、お客様対応がしっかりできれば大丈夫…だと思います。

Q教職に就かない人の教員免許の必要性について

来年度大学卒業予定ですが、教員免許を取得するか辞めるか決断を迫られています。(提出物の関係で)
これまで教員免許の取得を目指して来ました。
教員になるつもりはなく、卒業に必要なわけでもなく、取れるものは取っとけという気持ちからです。

大学の教授や教職関係のスタッフからは、「なるつもりがないならやめた方がいい」という意味のことをよく言われます。教員になりたくてそれを最優先できる人こそ受けるべき、就職したいならそれを優先させるべきだと。
友達も、教員になる気のない人は次々とやめていき、そういう人で取っている人はほとんどいません。
一方、親世代は「取れるものは取っとけ」みたいな感覚があるようで…。
気持ちとしてはやめたい方向に傾いています。
10年経つと失効しますし、今後やりたいことや人生計画(笑)を考えると、10年以内に教職に就くとも思えません。
資格なら他に取りたいものもたくさんあります。
あまり良いことではないと思いますが、建前上でも「教員になる!」という意志を表明すれば実習も免許の取得も許されはするみたいです。ただそこまでして取りたい気もしません。

現代において、教員にならなくても教員免許を持っていた方が有利な場面ってあるのでしょうか。
もしそういう場合があり、必要性を感じられたら続けたいとも思っています。

来年度大学卒業予定ですが、教員免許を取得するか辞めるか決断を迫られています。(提出物の関係で)
これまで教員免許の取得を目指して来ました。
教員になるつもりはなく、卒業に必要なわけでもなく、取れるものは取っとけという気持ちからです。

大学の教授や教職関係のスタッフからは、「なるつもりがないならやめた方がいい」という意味のことをよく言われます。教員になりたくてそれを最優先できる人こそ受けるべき、就職したいならそれを優先させるべきだと。
友達も、教員になる気のない人は次々とやめてい...続きを読む

Aベストアンサー

元大学関係者です。みなさんが書かれていることについてですが、No6さんの
おっしゃっていることが全てです。

以前は教員免許は取得すればそのまま有効だったのですが、現在では10年た
てば失効します。失効を防ぐためには免許状の更新講習を受けなければなりま
せん。これは前の安倍内閣のときに改正されました。この更新講習は普通は5
日間、大学等の所定機関において講習を受けなければなりません。当然費用も
自己負担です。

それに受講対象者が限られています。普通運転免許状のように免許をもってい
るものが全て受けられるわけではありません。受講対象者は下記の通りです。
(以下文科省hpより)

4.1 受講対象者(※新免許状・旧免許状共通)

 更新講習の受講対象者(講習を受講できる者)は、普通免許状又は特別免許
 状を有する者で、以下に該当する者です。
(1) 現職教員(校長、副校長、教頭を含む。ただし、指導改善研修中の者を除く)
(2) 実習助手、寄宿舎指導員、学校栄養職員、養護職員
(3) 教育長、指導主事、社会教育主事、その他教育委員会において学校教育
    又は社会教育に関する指導等を行う者
(4) (3)に準ずる者として免許管理者が定める者
(5) 文部科学大臣が指定した専修学校の高等課程の教員
(6) 上記に掲げる者のほか、文部科学大臣が別に定める者
(7) 教員採用内定者
(8) 教育委員会や学校法人などが作成した臨時任用(または非常勤)教員リスト
    に登載されている者
(9) 過去に教員として勤務した経験のある者
(10) 認定こども園で勤務する保育士
(11) 認可保育所で勤務する保育士
(12) 幼稚園を設置する者が設置する認可外保育施設で勤務している保育士

です。ですから普通で言えば一般サラリーマンは更新講習すら受講することが
できません。教員になりたいという意思が強ければいいのですが、そうでなけ
れば、時間の無駄です。

教員免許更新制(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/koushin/08051422.htm

参考URL:http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/koushin/08051422.htm

元大学関係者です。みなさんが書かれていることについてですが、No6さんの
おっしゃっていることが全てです。

以前は教員免許は取得すればそのまま有効だったのですが、現在では10年た
てば失効します。失効を防ぐためには免許状の更新講習を受けなければなりま
せん。これは前の安倍内閣のときに改正されました。この更新講習は普通は5
日間、大学等の所定機関において講習を受けなければなりません。当然費用も
自己負担です。

それに受講対象者が限られています。普通運転免許状のように免許をもってい
る...続きを読む

Q教師になることのメリット・デメリット

教育学部を受験しようかと考えている者です。
工学部と迷っているのですが、どちらかというと技術者よりも教師になりたい気持ちがあります。
しかし、教師になると、大変な点、嫌な点もあるような気もしています。
できれば現役の教師の方や、かつて教師だった方に伺いたいのですが、教師になることによるメリット、デメリットを包み隠さずできるだけ多く教えてください。(デメリットも把握して、納得してから教育学部を受けたいです。)
ご回答お待ちしています。

Aベストアンサー

経験者です。
どんな職業も同じだと思いますが、他人の経験や意見を聞いても、
自分にとっては、おそらく参考程度のものでしかないと思います。
下に教師という職業の特徴を書いてみますが、メリット、デメリットのどちらに捉えるも質問者の方の自由ですよ。
なぜならあくまで私個人の感想ですから。

・今の時代、ほとんど採用がない。
・狭い世界の中で生きている。
 →失礼ながら世間知らずがほとんど。
・個人の教育観が違うため、全体の指導に一貫性を保ちずらい。
・職場環境が保守的な場合、建設的な意見は起こしずらい。
 →民間でも同じですね。
・理屈で解決できないことを理屈で解決しようとする。
 →教師の職業病かもしれない。
・他人に厳しく、自分に甘い。
 →生徒達には当然嫌われる。
 →民間では通用しませんね。
・ナルシストになってしまいやすい。
 →どこにでもいますが、自分では気づかないので、困ったものです。
 →よって他人の意見を素直に受け入れようとしない。
・世間の風当たりが強い。→警察官、議員、医者などもそうですね。
・部活動などで休日がない人もいる。
 →不平不満を言わずにやってる人もいます。
 →女性の多くや主婦の立場にある人は、理屈や権利をコネルだけでやろうともしない人が多い。
・日の丸、君が代を嫌う人、平和教育を好む人が多い。
 →個人の思想の問題でもあります。が、私はあえてノンポリ主義。
 →平和を教える必要性はあるが、過度は子供にとって暑っくるしい存在である。
・昔のエリート感覚から脱皮できない人もいる。
・権利を拡大解釈して主張したがる。
 →頭が良いのか、悪いのか・・・?
・起きてはならない職場の内部告発などが起こってしまう。
 →ノーフェアな投書などによって。
 →信じられませんが事実ですね。
 よって人間関係は希薄になりやすい。
・子供達の安全と命を守るのも、仕事の一つ。
・教師をやってて良かった。教員冥利につきる。と思うことが、たまにはいくつかある。
・毎日子供達に囲まれ、心が歳をとりにくい。
・年齢などによる上下の関係がない。
 →あるのは教頭、校長の管理職との関係だけ。
・社会的地位は確保できる。
・公務員として採用されれば、食いっぱぐれがない。
・大人になった子供達と、酒が飲める日が来る。
・人間が仕事の対象となる。
 →子供が好きなら、就いても損はしない。
・仕事の主体は自分にあるので、やりがいのある仕事といえる。
 →アイデアの実践もしやすいが、その責任も自分にある。
・良き仕事仲間も存在する。
 →どこにいても仲間はできますが。

私のアドバイスは、やってみなければ解りませんよ。ということです。人それぞれですからね。
でも、ぜひ教師になりたい。というお気持ちが一番大切ですね。

ちなみにデパートなどでの研修は、子供達のいない夏休みなどにも所属校に勤務することが義務づけられたため、教員が自分の意志と考えで、社会研修として届けを提出して行っているものですね。
評価されるべき事だと思います。
教員の世間知らずは賛同ですが、この実践に至るまでの世間の人たちの間違った解釈は、本来の定義とは違うと思われます。
まあ、どう解釈するもその人の自由ですが、経験者としては、こんな前向きな先生は擁護してあげたいですね。

経験者です。
どんな職業も同じだと思いますが、他人の経験や意見を聞いても、
自分にとっては、おそらく参考程度のものでしかないと思います。
下に教師という職業の特徴を書いてみますが、メリット、デメリットのどちらに捉えるも質問者の方の自由ですよ。
なぜならあくまで私個人の感想ですから。

・今の時代、ほとんど採用がない。
・狭い世界の中で生きている。
 →失礼ながら世間知らずがほとんど。
・個人の教育観が違うため、全体の指導に一貫性を保ちずらい。
・職場環境が保守的な場合、建設...続きを読む

Q学校の常勤講師で数年の生活はできますでしょうか?

24歳のサラリーマン(男)です。現在社会人2年目です。

28歳に会社を辞めて、中学校の数学教師になりたいと思っていますが、26歳には結婚をして、同時期に子供を生みたいと考えています。

28歳で教員採用試験が受かるのがベストなのですが、数年は常勤講師としての生活も考えられます。
中学校常勤講師で、妻と子供一人の生活をまかなっていけるものなのでしょうか?
講師として働く場所は、土地が高くない田舎の地方で働こうと思っています。

特に経験者の方がいたらご教示願います。よろしくお願い致します。


※28歳で辞める理由は、教員採用試験より「民間企業で5年働いた経験がある場合」という特別経験枠(社会人経験枠)がある都道府県がいくつか存在するので、それを活用できたら良いという思いからです。

Aベストアンサー

●待遇
常勤講師は、有期限である以外は、基本的に待遇は「教諭」と同じかと。ただし、教員の経験年数などが勘案される関係で、同年齢の教諭よりは、結果として少なめになる可能性はあるでしょう。とはいえ年齢相応の給与はもらえると思って良いと思います。


●一般受験
教員採用試験は、一発で合格・採用されるとは限りません。一般受験でいいので、今年から挑戦される気はございませんか?それでもし、5年連続落ち続けたら(失礼!)、それから社会人枠受験に切り替えても良いのではないでしょうか。


●経験者枠
採用試験に落ちても常勤講師で採用され、それも2~3年勤続したら、経験者枠で受験できる場合が多いです。社会人枠よりも合格しやすいような気がしますが如何。


●常勤講師の採用
ほとんど書類選考です。いかに各学校長の目にとまるかがポイント。指導できそうな部活動はありったけ書きましょう。履歴書の内容にインパクトがなければ、常勤講師の座も遠のきます。なお、勤務地などに条件を付けたら、採用される可能性は当然、下がります。理想は「勤務地不問」。

また、一度、常勤講師で採用され、問題なく?一年を勤め上げられたら、次年度の常勤講師に優先的に?採用されます。正規教諭で埋まらない穴は、まず最初に、前年度の常勤講師で埋められるだけ埋めていきます。それでも埋まらなかった枠に、ほかの登録候補者をあてる、という感じになりますので。

小学校の教諭だと人手不足で、常勤講師に登録したら即?採用らしいです。

ただ、最大の難点は、3月末になってはじめて「四月から勤務してもらえないか」と話が来る場合がほとんどだということ。ほかに仕事を持っていたら、「んな、急に今の仕事を辞めるわけにもいかんし!」と辞退せざるを得ないケースも。


●社会人経験枠
教育現場とどれくらい関連性をアピールできるか、ポイントにはなってくると思います。これって、その道のプロを教育現場に呼び込もう、という発想でできていると思いますので。なので、英語や工業(高校)、商業(高校)などに科目限定している自治体も多いような気がします。実際にこの枠から採用される数は少ないと思われます。


●一芸枠
ほかに、自治体によっては一芸枠?みたいなのもあります(北海道など)。全国大会出場レベルの、何か実績があれば採用されるとか、英検一級とか持っていると、別途考慮してもらえるとか。


●私学
コネがないと難しいと言われる世界ですが、意外と?公募しています。
http://www.shigaku.or.jp/koubo/index.htm

常勤講師か非常勤講師しか募集していませんが、受験者はほとんどいないようで、再募集をかけている学校も見かけます。公立の常勤講師よりも、とりあえず教壇に立てる可能性は高いような気はします。ただし給与は常勤講師で、ボーナス無し、一律で大卒の初任給くらいだと思っていた方が良いかと。勤務状態が良ければ、その学校の正規教諭への昇格が期待できると思います。

残念ながら私学での経験年数は、公立の採用試験の、経験者枠受験のための経験年数にはカウントされない自治体が多いかと思います。それでも、経歴としてはそれなりに評価してもらえるとは思います。

●待遇
常勤講師は、有期限である以外は、基本的に待遇は「教諭」と同じかと。ただし、教員の経験年数などが勘案される関係で、同年齢の教諭よりは、結果として少なめになる可能性はあるでしょう。とはいえ年齢相応の給与はもらえると思って良いと思います。


●一般受験
教員採用試験は、一発で合格・採用されるとは限りません。一般受験でいいので、今年から挑戦される気はございませんか?それでもし、5年連続落ち続けたら(失礼!)、それから社会人枠受験に切り替えても良いのではないでしょうか。


...続きを読む

Q退職してから仕事を探すと面接官の印象良くないのでしょうか?

今、求職中です。友人から聞いたのですが、退職してから仕事を探そうとすると面接官の印象が悪くなるという話を聞きました。本当なのでしょうか?友人曰く「通常は次の仕事を決めてから退職するのに、退職してから仕事を探し始めるというのは不自然」とのこと。しかし、退職してからのほうが時間的な余裕もとれ集中して転職活動できると思い、私はあえて離職して仕事を探しています。まずかったでしょうか?また、あまりそれが良くないようであれば、上記の理由を面接官に話せばわかっていただけるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

人事やってます。
結論から言いますと、あまり気にした事はないですね。

長期にわたる無職期間があれば、その間、いったい何をやってたのだろうか?と気にはなります。
しかし、退職されるには様々な事情があると思います。スキルアップの為、会社が倒産した為、中には親や祖父母の介護の為、中には産休中に会社の支社が無くなってしまい転勤は不可だから退職した人もいるわけで。

また、在職中に面接に来られて、いついつから就労可能です、と言われて、内定出したら、すいません、退職出来なくなりました、とか、昇任したので、退職することやめました、なんて言われたケースもあります。

そのご友人がどういう経緯でおっしゃられたかはわかりませんが、一概には言えないと思います。

在職中に次の仕事を見つけてから転職するのが失業期間も無いのでベストですが、退職してから、再就職先を探してるからと言って、悪い印象を私見ですが持ったことはないです。反対に在職中の方へは、在籍中の企業とは円満退社可能ですか?って事は確認しますが。はい、大丈夫です、退職手続き中ですって言っておきながら、上記のような人も何人もいましたし。

それに退職してから応募してくる方のほうが在職中に応募してくる人よりはるかに多いのが現状でもあります。

人事やってます。
結論から言いますと、あまり気にした事はないですね。

長期にわたる無職期間があれば、その間、いったい何をやってたのだろうか?と気にはなります。
しかし、退職されるには様々な事情があると思います。スキルアップの為、会社が倒産した為、中には親や祖父母の介護の為、中には産休中に会社の支社が無くなってしまい転勤は不可だから退職した人もいるわけで。

また、在職中に面接に来られて、いついつから就労可能です、と言われて、内定出したら、すいません、退職出来なくなりまし...続きを読む

Q内定承諾書の期限を延期したい(長いです)

先々週の水曜日ある会社から内定を頂き、先週の火曜日に内定通知書と承諾書が届きました。しかし内定諾書の提出期限がたった1週間しかないのです。

しかも、2人の保証人(1人は親権者以外)の実印での押印と印鑑証明の添付をしなくてはならず、また度々連絡が遅れたりという事があったので本当にこの会社でいいのか迷っています。

また内定を頂いた時に、他社の選考をやめるような旨の事を言われ、私もその時そこが第一希望だったので他社に選考辞退の電話をしました。しかしその時に、内定の事を知りながらも面接を受けさせてくれる企業があり、今ではそちらが第一志望になってしまいました。

内定承諾書の提出期限が5月31日、最終面接が6月1日です。

一度は内定辞退も考えましたが、内定取消しも覚悟の上で提出期限を延ばしてほしいという事を伝えようと思うのですが、どこまで正直に伝えるべきか迷っています。

辞めたほうがいいというような意見でもかまいませんので、どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)私の就職活動時代の話
(2)私の現職の会社の姿勢
(3)一般論
3つの視点で回答いたします。

(1)私の就職活動は20世紀と21世紀の境目ですので多少時代は変わったと思いますが、私も同じように内定を確保しながら別の会社を受けました。
このときの経験では、先に内定した会社にその旨を伝えて納得のいくまで就職活動をし、結局複数の内定を確保した後に、大いに考えた結果としてはじめに内定した会社に入社しました。
まともな会社でしたらその辺の多少の交渉には応じてくれますのでご安心を

(2)その後、ステップアップのために転職して現職にいますが、現職の会社で採用活動のお手伝いをしています。
現職でも、学生さんのその手の交渉には多少は応じています。

(3)一般論ですが、内定承諾書に提出機嫌を設けるのは企業側の事情です。
企業としては、優秀な学生の採用数をはじめに目標設定します。
そのため、まだ採用活動を続けるか否かの判断をするために、ある一定の期限を設けて内定者の確定をしたいという事情があります。
(期限を設けないといつまでたっても何人が入社意思を示しているのかわかりませんから)
しかしながら、これは企業側の事情から来る学生への要望であり、学生にも事情と要望を主張する権利があります。
企業によっては、自社の事情を強く要求するところもあるでしょうが、基本的には学生にも主張する権利がありますので、まずは要望を正直にいうことをお勧めします。

また、極論ですが、仮に内定承諾書を出したあとに内定辞退をしても現実的には法的問題になることは稀です。
企業も辞退者や、留年者がある程度いることは想定しています。
ただ、どこの人事部さんもこの時期は採用目標を達成するためにがんばっていますので、とりあえず承諾書を出して後から辞退するよりも、まずは正直に事情を話して交渉してみることをお勧めします。

納得のいく就職活動をがんばってください

(1)私の就職活動時代の話
(2)私の現職の会社の姿勢
(3)一般論
3つの視点で回答いたします。

(1)私の就職活動は20世紀と21世紀の境目ですので多少時代は変わったと思いますが、私も同じように内定を確保しながら別の会社を受けました。
このときの経験では、先に内定した会社にその旨を伝えて納得のいくまで就職活動をし、結局複数の内定を確保した後に、大いに考えた結果としてはじめに内定した会社に入社しました。
まともな会社でしたらその辺の多少の交渉には応じてくれますのでご安心を

(2)その後...続きを読む

Q採用内定取消の電話がきました…

というより、内定辞退を示唆する電話がきました。
企業側の取消理由は
 私のレスポンスが悪く、自分のことしか考えておらず、そしてその企業に行きたいと思っていない
ということでしたが、
逸脱した程レスポンスが遅かったことはなく
内定承諾書も入社までに送ってくれば良いということでしたので、内定通知書頂いてから2週間経っていますが、今月中に送れば良いかと思っていましたし
入社予定日を半月程早めて欲しいと言われても家族(夫や両親)と相談したりするのは当然だし、その返事のメールが相手に届いていなくても、まだ1週間しか経っていません。
確かに、他社と比較していた期間は内定受諾の催促の電話に出なかったこともありましたが…それでも内定は貰いました。
また、他社から最終面接のお知らせなどがきていたのを断ってその会社の内定を受けたのですから、行く気がない、ということはこちらとしてはありませんでした。
でも、今日電話を貰い、あなたの考えは当社とは全くあいませんね、という水掛け論をした後に、考えなおすならウチにきてもいいけど来てもあなたやり辛いだろうし、辞退したら?
みたいなことを言われ、あまりの身勝手さに損害賠償請求したいのですが、内定受諾書を送り返してない上、入社予定日まで30日以上ありますので、ネット上で調べた限りはこちらから裁判を起こさない限りは泣き寝入りしかない、ということですが、
どなたか良い方法がありましたら、教えていただけませんでしょうか。

というより、内定辞退を示唆する電話がきました。
企業側の取消理由は
 私のレスポンスが悪く、自分のことしか考えておらず、そしてその企業に行きたいと思っていない
ということでしたが、
逸脱した程レスポンスが遅かったことはなく
内定承諾書も入社までに送ってくれば良いということでしたので、内定通知書頂いてから2週間経っていますが、今月中に送れば良いかと思っていましたし
入社予定日を半月程早めて欲しいと言われても家族(夫や両親)と相談したりするのは当然だし、その返事のメールが相手に...続きを読む

Aベストアンサー

内定は様々な種類があり、後日入社式云々の・・・と言うような「もう就職決まりました」と言う意味合いの文章であれば法的に労働契約締結と扱われる可能性があります。
他方はこれに該当しません。

また内定とは「解約権留保付労働契約」と言う意味を持ち、経営者に労働者の解雇権が存在します。
そして、労働契約の予約の意味もあります。

つまり、内定通知があったとしても、余程の事で無い限り賠償はありません。

あと決定的であったのは内定受諾書の未送付で、法的拘束力はありませんが、一種の正式契約とする企業が多いですから企業からすれば「契約破棄」と見なす場合もあるでしょう。

あと通知後、3週間経っていると言うのはビジネスではレスポンスが遅いなどのレベルではありません。
通知が届いて親、夫に相談して一週間以内に出すのが普通です。
入社予定日を早めることですが、これに関しても即日回答(現時点での予定日を聞くなどして後日回答の旨を伝える)が原則です。

会社に行く気が有る無しは伝えなければ分かりません。

経営者は親しい人でも相談相手でもありませんから、こちらからの発信が無ければ来る気が無いと思います。

もし待ち合わせの場所に来て下さいと友人に言って友人から返事が無ければ来ないと思うはずです。

これで「行く気だったのに!」と言われた方は呆れます。絶対に。

この様なことから解決策は残念ながらありません。
もし貴方が迅速丁寧に応答していれば非は無く、内定通知の内容によっては裁判に勝てる確率はあったはずです。

ですが、そのような応対が下手な企業には就職すべきではありません。
着実に顧客も減り何れは倒産するはずですから。

内定は様々な種類があり、後日入社式云々の・・・と言うような「もう就職決まりました」と言う意味合いの文章であれば法的に労働契約締結と扱われる可能性があります。
他方はこれに該当しません。

また内定とは「解約権留保付労働契約」と言う意味を持ち、経営者に労働者の解雇権が存在します。
そして、労働契約の予約の意味もあります。

つまり、内定通知があったとしても、余程の事で無い限り賠償はありません。

あと決定的であったのは内定受諾書の未送付で、法的拘束力はありませんが、一種の正...続きを読む

Q塾の受付事務の仕事

求人雑誌に塾の受付事務(アルバイト)の募集があったので
応募したいと思っているのですが、
塾の受付事務のアルバイトってどのような仕事なのでしょうか。
(社員の方との違いはあるのでしょうか?)
ちなみに、チェーン展開していて私の住む県や近郊では
割と有名な塾なので規模は大きいと思います。

経験のある方、ご回答お願いします。

Aベストアンサー

質問者さんの検討されている塾とは異なるかもしれませんが、昔ちょっとだけ個別指導の学習塾で事務の仕事をやっていました。塾の受付ということですが、電話対応が主だと思います。内容は入塾希望者への案内や生徒の保護者からの要望(欠席の連絡、通塾パターンの変更など)、本部からの連絡などです。圧倒的に多いのは保護者からの電話です。学習相談やクレームなどは責任者である社員の人が対応することですからアルバイトの場合は単に電話を取り次ぐだけでいいと思いますが、欠席の連絡や振り替え(通塾日を別の日に替えること)などの対応はさせられると思います。同じ名字の子などもいるので、ある程度生徒の名前などを覚える必要があります。

あとは通塾する生徒本人から直接いろんな要望(通塾日の変更など)を受け付ける場合もあると思います。何を言いたいのか分らない子供も多いので理解するのに大変なこともあります(笑)。

Q塾講師は一生続けられる仕事ではないのか

現在、中小の電気関係の会社につとめていますが、昔からあこがれていた教育産業につきたいと考えております。
27歳です。

よく、塾講師は収入がすくないとか、40、50代になったらできないとかいわれていることを聞いています。
でも、基本的にお金に執着はなく、30代で年収300万あればいいと思っていますが、一生続けられる仕事かどうかだけが心配です。
40、50代になったら、首になってしまうということはあるのでしょうか?

夢をかなえて塾講師になるべきか、つまらないが安定している今の仕事をつづけるべきか悩んでいます。
どなたかアドバイスください。

Aベストアンサー

40代、50代のプロの塾講師もいます。
ただ、勤め先の塾自体が、いつ潰れるかわからないでしょう。
塾というのは会社自体が安泰ではありません。
せっかく勤めたところでも、倒産してしまったら、そのあと再就職するのは難しいと思います。年齢が上にいくほど。
よほど実力のあるカリスマ講師になるなら別ですが。
塾や予備校の事務員という選択肢もあります。
教育に関われるし、収入もまあまあだし、50代になっても続けられます。
ただこの場合も、勤務先が倒産した場合にまったくつぶしが効きません。
教育産業というのは・・・・こう言ってはなんですが、一般社会とかなり隔絶されたところにあります。
勉強はできたけれど社会に適応できない人が多いです。
だから教育界から一般社会への転職というのは、かなり難しくなるということです。
一生の仕事とするには、かなりリスキーだと思います。

ただ、予備校などでもあるのですが、サイドワークとして講師をしている人もいます。
通常は会社勤めをしていて、週に2日くらい、授業をしています。
質問者さまも今からアルバイトでその道を開拓していくという方法もあるかと思います。
参考になさってください。

40代、50代のプロの塾講師もいます。
ただ、勤め先の塾自体が、いつ潰れるかわからないでしょう。
塾というのは会社自体が安泰ではありません。
せっかく勤めたところでも、倒産してしまったら、そのあと再就職するのは難しいと思います。年齢が上にいくほど。
よほど実力のあるカリスマ講師になるなら別ですが。
塾や予備校の事務員という選択肢もあります。
教育に関われるし、収入もまあまあだし、50代になっても続けられます。
ただこの場合も、勤務先が倒産した場合にまったくつぶしが効きません。
...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報