プロが教えるわが家の防犯対策術!

閲覧ありがとうございます
民俗学を学ぶ意義とはなんでしょうか?


また民俗学を学ぶことによって生じる

メリット、デメリットとはなんでしょうか?

回答よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

民俗学ってよくわかりませんが、


梅棹忠夫さんみたいな方が友達にいたら楽しいだろうなと思います。
世界を知る、日本人を知る、他人を知る、自分を知るというようなことかもしれません。
知らなかったらそれで済んでしまったのに知ってしまうと、
なんてことがメリットであり、デメリットかなというのが感想です。
この辺の学問というのは、工学系おたくにとって理解を超えています。
    • good
    • 0

>民俗学を学ぶことによって生じるメリット



民族学は日常生活の文化を民間伝承の資料を学ぶことであり、歴史、宗教と深く結びついています。 歴史が時の権力者に都合の良いように捻じ曲げられた『勝ち組による歴史』であるのに対し、『負け組に残された敗者復活戦』である点を挙げたいと思います。 

各地に伝わっている民謡や子守唄には『意味不明』なものが少なくありません。 きっと時の為政者によって滅ぼされた者たちが伝えたかった真実が残されているのです。 

特に日本には天皇制が依然として残っており、我が国の歴史には『皇国史観』というベールが掛ったままです。 例えば、大阪の堺市には仁徳天皇のお墓だと伝えられている『前方後円墳』があります。 中は公開されていません。 これは、大陸からやって来た騎馬民族の支配者である可能性は大きいのです。 何故なら古代の東アジアの支配者はおしなべて騎馬狩猟民族なのです。 日本列島だけが例外である可能性は少ないのです。 

日本伝統の大相撲が今モンゴルの力士に席巻されており、ゴルフの世界でも韓国選手にはなかなか勝てません。 いつでも機動力に富んだ狩猟民族が個人競技になると強いのです。 民俗学を学ぶと歴史学の裏側が見えて来るのです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宗教学・民俗学を独学してみたいです

今年(テレビを通じてですが)初めて京都の五山の送り火を見ました。

とても綺麗だと感動するとともに、私は無宗教なのですがとてつもない親近感と何か神聖なものを見ているような感覚を味わいました。

その時に、きっと外国の方が同じ送り火を見ても綺麗だとは感じても私が感じた神聖なものを見ているような感覚は味わわないではないんだろうか?この感覚は土着の日本人ならではのものなのではないのか?日本人って何?宗教って何?と疑問を抱きました。

それからというもの今までまったく興味のなかった民族と宗教に関心が出てきて、独学で学べないかと
近所の図書館に行って本を借りて読んでみたりしているのですが、どうも難しく感じてしまって中々先に進めません(因みに借りているのはミルチア・エリアーデ著の世界宗教史です)。

そこでみなさんに独学する上でお勧めの宗教学・民俗学の入門書や本、勉強する上で知っておいたほうがいい知識などありましたら教えて頂きたいのですが。

勉強の流れとしては、《そもそも宗教とは何なのか→宗教学的見地から見て民族とは何なのか→日本に見られる宗教→日本人とは?》とまず宗教・民族を大まかに勉強したあと細かく具体的に日本の事に結び付けていく予定です。

大学に行くというのは無しの方向で、でも趣味として本格的に学びたいと思っているので、お願いします。

今年(テレビを通じてですが)初めて京都の五山の送り火を見ました。

とても綺麗だと感動するとともに、私は無宗教なのですがとてつもない親近感と何か神聖なものを見ているような感覚を味わいました。

その時に、きっと外国の方が同じ送り火を見ても綺麗だとは感じても私が感じた神聖なものを見ているような感覚は味わわないではないんだろうか?この感覚は土着の日本人ならではのものなのではないのか?日本人って何?宗教って何?と疑問を抱きました。

それからというもの今までまったく興味のなかっ...続きを読む

Aベストアンサー

大学に行くこと無しということですが、通学することなしに学べるところもあります。

放送大学などは、一科目だけでも学べます。
↓こっちは大学院の方ですが、、、
http://72.14.235.104/search?q=cache:KvKLZx6KJ5MJ:www.u-air.ac.jp/hp/kamoku/daigakuin/bunka/s_8910162.html+%E6%94%BE%E9%80%81%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%80%80%E5%AE%97%E6%95%99&hl=ja&ct=clnk&cd=5

大学の方で、前宗教関連のものがあったんですが、今調べてみたら見つかりませんでした。
人気なかったのでしょうか・・・。

日本文化については大学の方でも開講しているようです。


他にお勧めなのが、
http://encul.impress.tv/host/pj/sgb/
XYZ日本史 ってビデオ。
プロモーションビデオだけ観て「欲しい!」って思ったのですが、高額で、中古探している情況です。

日本の歴史なのですが、大陸の思想(宗教)の影響を受け、それが現代に受け継がれていると思えるので、必見のビデオだと思えます。
空海などもかなり日本の文化に影響を与えたと思えます。


他は、、、、異形の王権 とか。
http://www.amazon.co.jp/%E7%95%B0%E5%BD%A2%E3%81%AE%E7%8E%8B%E6%A8%A9-%E5%B9%B3%E5%87%A1%E7%A4%BE%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC-%E7%B6%B2%E9%87%8E-%E5%96%84%E5%BD%A6/dp/4582760104

もののけ姫の世界と同じ感じです。
何故部落問題が現代にあるのかなど、見えてきます。
非人とは誰のことだったのか、遊女の原型は。。。など。


宗教じゃないじゃないか と思うでしょうけど、これは日本というものが一体どんなものか考える上で必須の情報だと思います。
大和朝廷が他の部族を支配していき、そして天皇を神とする文化ができていく。


あとは、、、、
http://www.amazon.co.jp/%E9%BE%8D%E3%81%AE%E6%96%87%E6%98%8E%E3%83%BB%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%81%AE%E6%96%87%E6%98%8E-%E5%AE%89%E7%94%B0-%E5%96%9C%E6%86%B2/dp/4569617352/ref=sr_1_2/503-1321990-7001566?ie=UTF8&s=books&qid=1191755469&sr=1-2

日本には大きくわけて二つの文明がある というもの。


他に、
http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E7%8B%90%E3%82%92%E4%BF%A1%E4%BB%B0%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E6%9D%BE%E6%9D%91-%E6%BD%94/dp/4061498290/ref=sr_1_1/503-1321990-7001566?ie=UTF8&s=books&qid=1191755532&sr=1-1

エジプトの文明がこんなところまで大陸を伝ってやってきている。
かなり興味深い一冊でした。


で、日本人ってなに?
多神教のようで一神教。
どうしてかは、これらの本を読めば少しわかってきます。


日本は山を神としたり、神が住んでいると敬虔的に思う思想がありますよね。
山を神聖な場所と思うのは日本人だけじゃない。
山という象形文字に隠された秘密。


上に紹介した本を読めば、なぜ日本人は山を崇拝するのかわかってきます。


あと参考になるのがもののけ姫という映画。
負けた方はオロチとか呼ばれ、成敗されたと物語に記される。
勝った方は負けた方を奉ったりしている。
面白い文化だと思います。


あ、そうそう、
http://www.amazon.co.jp/%E5%88%9D%E7%89%88-%E9%87%91%E6%9E%9D%E7%AF%87%E3%80%88%E4%B8%8A%E3%80%89-%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%BE%E5%AD%A6%E8%8A%B8%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8-%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC/dp/4480087370
にも日本の宗教に関することが出てきます。


なんでこんな風習があるのかってことありますよね。
実はちゃんと意味があるようなんです。
金枝篇を読むと「へーーー」ってわかってきます。
ただ、、、長いので読むのが辛いです・・・。

大学に行くこと無しということですが、通学することなしに学べるところもあります。

放送大学などは、一科目だけでも学べます。
↓こっちは大学院の方ですが、、、
http://72.14.235.104/search?q=cache:KvKLZx6KJ5MJ:www.u-air.ac.jp/hp/kamoku/daigakuin/bunka/s_8910162.html+%E6%94%BE%E9%80%81%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%80%80%E5%AE%97%E6%95%99&hl=ja&ct=clnk&cd=5

大学の方で、前宗教関連のものがあったんですが、今調べてみたら見つかりませんでした。
人気なかったのでしょうか・・・。

日本文化...続きを読む

Q民俗学を勉強できる大学

私は大学では民俗学を学びたいのですが、些かマイナーなので歴史学や文化学に組み込まれていて上手く大学が探せない状況です。
そこで、民俗学を勉強できる学科がある大学を教えて欲しいのです。
(○○学科の「中」で学べる、というので結構です。メインじゃなくて構いません)
出来れば、関西の共学がいいです。国公立、私立問いません。
条件が多いですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2の者です。
ひょっとしたらもうご存知かもしれませんが、割と簡単に検索できるところを見つけました。
よければ参考にしてください。

参考:リクルート進学ネット

参考URL:http://shingakunet.com/cgi-bin/shingaku.cgi?DUMMY=000&SYSTIME=20050315023316&SCRIPT=scl_gakkou_guide.cgi

Q志望理由書の添削お願いします。出来れば明日までに。

法政大学文学部日本文学科の自己推薦入試を受けます。その志望理由書の添削をお願いします。

書く内容は、これまでの読書経験や日本の文学・言語・芸能への関心を踏まえて、
 ○日本の文学または日本語学に関わる何を、なぜ学びたいか
 ○なぜ本学の日本文学科を志望するのか
 ○自分の「人物」アピール
 などの内容を盛り込む。記述する順序は問わないそうです。
文字制限は1600文字です。

回答は具体的にお願いします。


 私は将来、編集者として働きたいと思い、法政大学文学部日本文学科を志望しました。
 私は本を読むことが好きで、人を感動させる本を読むたびに、自分も本作りに関わり、読者に感動を届けたいと思うようになりました。編集者という仕事に興味を持つに至ったきっかけは、「13歳のハローワーク」(村上龍/著)を手にした時に、編集者に関する記述に出会ったことです。まさに自分がやりたい仕事だと思いました。しかし、より詳しく調べると、自分の思い描いていたような仕事ができるのは大手出版社社員など一部の人間だけで、その他多くの編集者は労働時間の割には少ない給料で、膨大なデスクワークを抱え、休日出社も少なくない状況が現実だということを知りました。それでも夢を叶えたいという思いは消えず、自分の望む仕事のできる大手出版社就職を目指すようになり、多くの編集者を輩出している貴学への入学を志望するに至りました。一口に編集者といっても、書籍や雑誌の形態が異なればその仕事内容も変わりますが、その中でも私は文芸誌など、物語に関わる本の編集者を第一志望としています。そして、そのためには文学について広く深い知識と理解を持てるように、様々な側面からアプローチをかけるべきだと考えています。日本文学は奥が深く、古典、中世、近・現代など、学ぶべき事は挙げればきりがないほどです。それらを専門に研究する教員が大勢いらっしゃる貴学で、是非とも学びたいと思っています。
 また、文学だけでなく、言語の複雑さや体系、理論、表現技法などについての授業もあり、私の学びたいことの多くが日本文学科のカリキュラムが一致しています。さらに、日本文学科には「編集実務」「メディアと社会」の他、「表現と著作権」など、編集に関わる専門科目が多数揃っており、ゼミ中心の少人数制の授業で、教員からの細かい指導を受けられるなどの点で、魅力を感じました。
 私の印象に残っている本の一つに、「ぼくらの七日間戦争」(宗田治/著)があります。一九八五年発刊の中学生の少年少女が主役の作品です。この作品は、私にとって自身の成長とともに印象が変わった作品でもあります。小学生の頃、初めてこの作品を読んだときは、大人の言いなりにならない、自由な主人公たちに胸がすっとするような気持ちを抱きましたが、ただそれだけでした。しかし、高校生になって改めて読み返した時、昔は気にとめていなかった当時の教育体制や社会問題などが数多く取り上げられていたことに気づきました。自分が知らなかっただけで、こんなにも深い背景が隠されていたのかと衝撃を受けました。この作品はシリーズ化されており、作品ごとに違ったテーマと背景が描かれています。おそらく、私が読み取れたのは、作者の伝えたいことの一部でしかないでしょう。貴学で学ぶことでその作者の思いを十全に読み取れるようになりたいと思います。
 また、私の人間形成には前述の本だけでなく、多くの作品が大きく影響していると感じています。自分と違う価値観に寛容な性格や、多数派の意見に流されにくい気質などは、本によって培われたものだと自身では感じています。他にも、一度頼まれた仕事はきちんとやり遂げる責任感の高さや、自分の主張は曲げないが、他者からの正しい指摘には素直に順応するところなどもあると思っています。人間関係の中で培われたものもありますが、その根幹を担っているのは本が大半です。
 私がこれまで出合ってきた、人に大きな影響を与えることができるような本を作るために、編集者になることを切望しています。貴学に入学できた暁には、多彩なカリキュラムと優秀な教員の方々のもとで自分の知識を磨き、コミュニケーションの輪を作り、濃密なキャンパスライフを送りたいと思っています。そして、それらすべてを編集者になるための糧とし、夢を叶えたいと考えています。



以上です。アドバイス待ってます。

法政大学文学部日本文学科の自己推薦入試を受けます。その志望理由書の添削をお願いします。

書く内容は、これまでの読書経験や日本の文学・言語・芸能への関心を踏まえて、
 ○日本の文学または日本語学に関わる何を、なぜ学びたいか
 ○なぜ本学の日本文学科を志望するのか
 ○自分の「人物」アピール
 などの内容を盛り込む。記述する順序は問わないそうです。
文字制限は1600文字です。

回答は具体的にお願いします。


 私は将来、編集者として働きたいと思い、法政大学文学部日本文学科を志望しました。...続きを読む

Aベストアンサー

読み始めた印象としては
とても良いなと感じます。

内容そのものはご本人様次第と思いますので
細かいところだけ。
(私個人の好みでの回答です)

~~~~~~~~~~~~~~~~

第2段落と第3段落が長すぎるので
それぞれ二分割して頂いてはいかがでしょうか。


>手にした時「に」、編集者「に」
「に」が続くので言い替える方が好きです。

>労働時間の割には少ない給料で、膨大なデスクワークを抱え、休日出社も少なくない状況
これは消して、「大変な仕事」というだけの内容にする方が良いと思います。

>自分の望む仕事のできる大手出版社就職
「大手」は消した方が良いかもしれません。

>そのためには文学について
「には」または「は」を外す方が良いかもしれません。

そんなのりで、私の好みでお話申し上げると、細かい話ばかりになるので
途中ですが個々で終わりたいと思います。
お許しください。
逆に言えば、全体としてはそれだけ良くかけていると思います。


人気Q&Aランキング