That's good.
That sounds good.

上の二つの違いってなんでしょうか?使い分け方を教えてください!
また、その使い分け方はfunnyやniceになった場合も使えるんでしょうか?
That sounds good. と Sounds good. は省略しただけでおなじですよね?

回答お待ちしてます。

A 回答 (2件)

That's good. ...『良いね』


...良いと思って言っている.

That sounds good. 『良い感じ』『良いように聞こえる』
...良いように感じて言っている

⇒Feels good『良い感じ』これは体感ですね.

この違いです.

口癖というのもありますし,あまり違いはありません.

That sounds goodの省略形が,Sounds goodです.

良い匂い!というのは,
Smells good !と言います.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

簡単でわかりやすかったのでベストアンサーにしました。回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/31 23:33

That's good. は、何かは分りませんが、ある結果が示されたことに対して 「それは結構だ」 「それはよろしい」 と言っています。



That sounds good. の方は、何か口頭で言われたことに対して 「それは結構だ」 「それでいいみたいだ」 と言っています。発言された 「ことば」 の 「内容」 について言っていると思われます。sound ですから、単なる 「音」 に対する評価である場合 (たとえば何かの楽器の音程が合っているかどうか、実際に鳴らして聞いて確かめてもらうという場合など) もあるかもしれませんが、文脈がないので、「発言内容」 と摂るのが一般的ではないかと思います。

Sounds good. は That sounds good. を簡略にした表現で、口頭で話す場合などに用いられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/31 23:34

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(C) 下線部のthatはどういうところから来たthatでしょうか...ちょっと言い方が入り組んでい

(C) 下線部のthatはどういうところから来たthatでしょうか...ちょっと言い方が入り組んでいて意味がくみ取れませんでした
(D)これは「もし」どちらかが一方の原因となっていたら、二つの間に何かしら関連性がある、と言っているのですよね?

Aベストアンサー

この部分を見る限りは、
from the claim that ... and the claim that ...
「~という主張と~という主張から(を理由として、判断して)
をはさんで、
concludes that ...
「~ということを結論づける」

そうですね、だから take for granted「当然」なんでしょう。

Q次の1~4の空欄に入るものを教えてほしいです。 That's the good news. The

次の1~4の空欄に入るものを教えてほしいです。

That's the good news. The bad news is that there is (1) much material that it can be difficult to find (2) is most suitable for you. And since anyone is free to publish on the Internet, there is (3) material that is not particularly good. The Internet is, unfortunately, (4) world's​ greatest junkyards.

(1)①as ②over ③so ④not

(2)①that ②where ③such ④what

(3)①many ②a little ③a lot of ④a few

(4)①one of ②top of ③one of the
④top of the

Aベストアンサー

so
what
a lot of
one of the

Q関係代名詞のthatの省略。

今、中学生に英語を教えているのですが、あれ?と思ったことがありますので質問いたします。

遠い昔の記憶だと、関係代名詞でwhoやwhichを使った場合、関係代名詞の直後にbe動詞が来た場合、関係代名詞とbe動詞とまとめて消せる(省略が可能)だと習ったのですが、thatも関係代名詞に使えて、しかもそのthatはいつでも省略が可能だというふうに習ったと記憶していました。

が、今教えるのに使っているテキストには、
「・関係代名詞の省略ができるのは、目的語のはたらきをするときだけ。このとき後ろには《主語+動詞》の形が続く。」
とあって、

I want a book which you bought.(私はあなたが買った本がほしいです。)
は、関係代名詞語のあとが《主語+動詞》なので「目的語のはたらき」をしているから省略できる!
とあり、

I saw a house which stood there.(私はそこに立つ家を見ました。)
は関係代名詞のあとが《動詞~》なので「主語のはたらき」をしているから省略ができない!
とあるのです。


で、この後の方の例で、もしこれが
I sow a house that stood there.
と、thatを使っていた場合、省略可能だったのでは?と考えていたのですが、テキストの「目的語のはたらきをするときだけ。」の文言が気になって、自信がなくなりました。

thatを使った場合、いつでも省略が可能なのでしょうか?
それともテキスト通り、先行詞=目的語のはたらきをしている時だけしか省略してはダメなのでしょうか?
教えてください、お願いします。

今、中学生に英語を教えているのですが、あれ?と思ったことがありますので質問いたします。

遠い昔の記憶だと、関係代名詞でwhoやwhichを使った場合、関係代名詞の直後にbe動詞が来た場合、関係代名詞とbe動詞とまとめて消せる(省略が可能)だと習ったのですが、thatも関係代名詞に使えて、しかもそのthatはいつでも省略が可能だというふうに習ったと記憶していました。

が、今教えるのに使っているテキストには、
「・関係代名詞の省略ができるのは、目的語のはたらきをするときだけ。このとき後ろには...続きを読む

Aベストアンサー

いつでも、じゃないです。
関係代名詞で that だけそういう特殊なわけじゃないです。

目的格の場合か、
主格でも関係代名詞の直後にbe動詞が来た場合、関係代名詞とbe動詞とまとめて消せる(省略が可能)
の場合です。

that だから
I saw a house that stood there.
の that が省略できるわけではありません。

QItとThatの使い分けについて3つの質問

1) It could be.
2) That could be.

1)の表現がありますが、2)の使い方もありますか?
ありの場合は、意味の違いを教えて下さい。

1) that's true.
2) It's true.

1)の表現がありますが、2)の使い方もありますか?
ありの場合は、意味の違いを教えて下さい。

1) Does it make sense?
2) Does that make sense?

1)の表現がありますが、2)の使い方もありますか?
ありの場合は、意味の違いを教えて下さい。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

itは三人称単数のものを受けて使われ、thatは前の文を受けて使われます。
したがって、意味も状況によって異なります。

Q英語について質問です。 Wow youre goodこの意味と Good thing i added

英語について質問です。
Wow youre goodこの意味と
Good thing i added you :) you :))この意味を、日本語になおしてください。

Aベストアンサー

ああ、あなたは素晴らしい人。

あなたに祝福がありますように。

All Good Things Will Be Added Unto You

https://www.google.co.jp/webhp?sourceid=chrome-instant&ion=1&espv=2&ie=UTF-8#q=%E7%8A%AC%20%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%AC

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報