Hope springs eternal.ということわざがありますが、
Hopeが主語 springsが述語の第1文型という解釈の仕方でよいのでしょうか?
又、eternalは本当はeternallyなのでしょうか?

A 回答 (5件)

前回、最後と申しましたが、一応ご質問にお答えしておきます。



>英和辞典に補語を取るように書かれていない動詞も補語を取れるのでしょうか?
(S)=(C)の関係が成り立つのなら、その(C)を足してもいいです。

それから私の初回の説明の反省です。
>Hopeが主語 springsが述語の第1文型という解釈の仕方でよいのでしょうか?
→第1文型に(C)があとこら付け加えられたという説明が一番正確な説明でしょう。
私がかたくなに(S)(V)(C)と申し上げたのはできあがった結果のとしての文型であったと申し上げます。
正確には、「第1文型+(C)」の結果としての(S)(V)(C)ということです。
でなければ
「(S)(V)(O)(O)+(C)」とか「(S)(V)(O)(C)+(C)」なんていうのが基本文型としては存在しないですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/22 22:58

すみません。

表記が正しくなかったので追加訂正です。最後です。

●考えようによっては第2文型(S)(V)(C)、第5文型(S)(V)(O)(C)にも合成することもできると思います。
(S)(V)(C)→→→→→"He became sick." + "He was drunk badly"
="He became sick drunk badly."「彼はひどく酔っ払ったまま病気になった。」
(S)(V)(O)(C)→→→"He painted the wall white." + "He was drunk badly"
="He painted the wall white drunk badly."「彼はひどく酔っ払ったまま壁を白く塗った。」



(S)(V)(C)→→→→→"He became sick." + "He was drunk badly"
=(S)(V)(C)+(C)→"He became sick drunk badly."「彼はひどく酔っ払ったまま病気になった。」
(S)(V)(O)(C)→→→"He painted the wall white." + "He was drunk badly"
=(S)(V)(O)(C)+(C)→"He painted the wall white drunk badly."「彼はひどく酔っ払ったまま壁を白く塗った。」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/21 23:00

>全ての自動詞は、補語をとって第2文型になりうるのでしょうか?



すべての自動詞を検証したわけではないので・・・。しかし文脈に矛盾がなければ、まず大丈夫でしょう。自動詞と言わず、補語(C)のない文型[(S)(V)(O); (S)(V)(O)(O)]にも敷衍できると思いますよ。自分で検証していかれればいいと思います。補語が名詞の場合は、よほど大昔の文学作品でない限り、できないと思ってよいでしょう。補語が形容詞・形容詞に準ずる語(形容詞句、現在分詞、過去分詞)は大丈夫です。

【検証方法】
(S)=(C)→→→→→"He was drunk badly."「彼はひどく酔っ払っていた。」

(S)(V)→→→→→→"He studied"「彼は勉強した。」
(S)(V)(O)→→→→"He drove a car."「彼は自動車を運転した。」
(S)(V)(O)(O)→→→"He gave her a gift."「彼は彼女に贈り物を渡した。」

●合成後
(S)(V)(C)→→→→→"He studied drunk badly."「彼はひどく酔っ払ったまま勉強した。」
(S)(V)(O(C))→→→"He drove a car drunk badly."「彼はひどく酔っ払ったまま自動車を運転した。」
(S)(V)(O)(O)(C)→→"He gave her a gift drunk badly."「彼はひどく酔っ払ったまま彼女に贈り物を渡した。」

●つまり「合成」という言葉を使ったということと、上の(S)(V)(O)(O)(C)の形でお分かりと思いますが、五文型の中にもともと存在する形ではないということもお分かりだと思います。

●考えようによっては第2文型(S)(V)(C)、第5文型(S)(V)(O)(C)にも合成することもできると思います。
(S)(V)(C)→→→→→"He became sick." + "He was drunk badly"
="He became sick drunk badly."「彼はひどく酔っ払ったまま病気になった。」
(S)(V)(O)(C)→→→"He painted the wall white." + "He was drunk badly"
="He painted the wall white drunk badly."「彼はひどく酔っ払ったまま壁を白く塗った。」

最初からこういう説明をすればよかったのですが、思いつくのに時間が少しかかりました。勉強も説明も両方難しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

英和辞典に補語を取るように書かれていない動詞も補語を取れるのでしょうか?

お礼日時:2011/11/21 23:00

●少し説明が雑でしたね。

もっとわかりやすく?説明いたします。もともと(S)(V)(C)であったのです。その時の(V)は"be動詞"なのですが、あとでほかの動詞に変わったという説明の方が妥当でしたね。以下の具体的な説明を一応お読みください。

>Hopeが主語 springsが述語の第1文型という解釈の仕方でよいのでしょうか?
→いいと言えばいいのですが、やはり結果としては、(S)(V)(C)なんです。
→最初は、もともと"Hope is eternal."「希望は永遠である。」という構造であったのです。その "is"を"springs"に変えただけなんです。
「希望は永遠である(永遠に続く)。」その状態で「希望が沸き上がる。」がプラスされたと考えたほうがいいでしょう。「途切れることのない永遠に続く希望が沸き上がる。」という日本語の方が分かりやすいでしょう。前回の説明とは順序が逆になりますが、同じことなのです。

それで"Hope springs eternal."の訳を「希望は永遠の状態で沸き上がる。」つまり「希望は(絶対に途切れることなく)永遠に(永遠の状態のまま)沸き上がる。」となるのです。日本語としては分かりにくいですね。

●前回の例を出しましょう。
"He was happy."+"He died"="He died happy."となるのです。
「彼は幸せだった。」+「彼は死んだ」=「彼は幸せのまま死んだ。」
"She was very tired."+"She came home."="She came home very tired."
「彼女はとても疲れていた」+「彼女は帰宅した」=「彼女はとても疲れた状態で帰宅した。」

●こういう英語は誰でも作ることが出来るのです。
まず"be動詞"でつながった英文を考えます。
"He was running."+"He came to me."="He came to me running."
「彼は走っていた。」+「彼は私のところへやって来た。」=「彼は走って私のところへやって来た。」
** この"running"は分詞構文の付帯状況と説明されていますが、[He=running]というふうに主格補語ともとれるわけです。
"I was wet to the skin."+"I got to the bus stop."="I got to the bus stop wet to the skin."
「私はびしょ濡れだった」+「私はバス停に着いた。」=「私はびしょ濡れでバス停に着いた。」

●もしよろしければ、補足欄で、ご自分で上のように英文を作ってみてください。

>又、eternalは本当はeternallyなのでしょうか?
→だいたい同じ意味になりますが"spring"という動作を永遠に繰り返しているようなニュアンスに取れなくもないです。状態を強調したければ"eternal"にしたほうがいいでしょう。もともと"Hope is eternal."という状態のわけですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございました。
全ての自動詞は、補語をとって第2文型になりうるのでしょうか?

お礼日時:2011/11/19 22:57

>Hopeが主語 springsが述語の第1文型という解釈の仕方でよいのでしょうか?


第2文型(SVC)です。
>又、eternalは本当はeternallyなのでしょうか?
この場合は"eternal"しかありません。

Hope springs eternal.
(S)=Hope
(V)=springs
(C)=eternal
「希望は湧き上がる。どういう状態で湧き上がるかと言うと永遠の状態で。」
** "Hope springs."+"Hope is eternal."が合体したような文です。
http://eow.alc.co.jp/Hope+springs+eternal/UTF-8/

参考にしてください。
He died happy.「彼は幸福のうちに死んだ。」
He died happily.2つの意味があります。["happily"は副詞です。]
「彼は幸福のうちに死んだ。」「幸運にも彼は死んだ。」(苦しんでいたのでしょう。)

She came home very tired.「彼女はとても疲れた状態で帰宅した。」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/19 22:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q第3文型と第5文型の目的語

第3文型・第5文型の目的語は、
間接目的語でしょうか。
直接目的語でしょうか。
それとも、どちらでもないのでしょうか。

Aベストアンサー

間接目的語・直接目的語という言葉は
第四文型で SVOO と2つそろった場合に
前者「~に」を間接目的語,
後者「~を」を直接目的語
と呼ぶのに用いられますので,
一つしかない SVO,SVOC の場合には
そのような区別はしません。

したがって,どちらでもない,ということになります。
しかし,目的格を「与格」「対格」と分ける立場では
間接目的語は「与格」,直接目的語は「対格」となり,
SVO,SVOC の O は「対格」ということになりますので,
直接目的語と言えなくもありません。
単純に「~を」の部分だから直接目的語。
(reach, attend, enter のように,日本語で「~に」となるというのは別問題)

Q後置修飾 主語と述語の関係

文法書にて
形容詞や分詞は名詞に対する修飾語として使われます。
名詞←形容詞(分詞)の形であれば必ず
名詞と形容詞(分詞)の間に、主語と述語の関係がかくれています。

ちょっとわかりづらい英文がありましたので質問させていただきます。
The villagers had a feast celebrating the harvest.

celebrating the harvestがfeast 祝祭を後ろから修飾していると考えればそれでいいんですが、 
a feastと celebrating は述語と目的語のように思います。

A man standing over there is my father
A man (who is) standing over there is my father
これだと主語と述語の関係がありますし、前から英文を読めますが、
質問文だと後ろから読んで再度前にもどるように思います。(収穫を祝う→祝祭)
どうもしっくりきません。

Aベストアンサー

単純なことです。

お示しの文では名詞←形容詞の名詞が主たる文の主語でもある、
文法書の例文は名詞←形容詞の名詞が主たる文の(主語でなく)目的語である。
その違いです。

どちらも、この名詞←形容詞の関係のみにおいて、
名詞と形容詞の間に主述関係が成り立つ、ということであり、
主たる文において、主語なのかそうでないのか、は関係ありません。

これは文から切り離して

a feast celebrating the harvest
a man standing over there

において、
A feast celebrates the harvest
A man stands over there
という SV 関係が成り立っている、という点で同じです。

A man standing over there にしても、日本語的には後置修飾で
「あそこに立っている→人」です。

A man standing over there is my father 
を前から、
人、あそこに立っている、は私の父だ。

とするのなら

The villagers had a feast celebrating the harvest.
だって、
村人は祝祭を持った、(その祝祭は)収穫を祝う。

と同じように前から見ることができます。

A man standing over there is my father 
の場合に、man が is my father という主たる文に対しても主語だから、
男性は、無効に立っていて、私の父親だ」
としやすいだけのこと。

feast, man のような名詞は、後の形容詞(分詞)との関係で、主述の主の関係であると同時に、
主たる文の、主語なり、目的語なりの役割を果たすはず。

この2つを区別しないといけません。

関係代名詞でつなぐような場合にもこれを混同することはよくあることですが...

単純なことです。

お示しの文では名詞←形容詞の名詞が主たる文の主語でもある、
文法書の例文は名詞←形容詞の名詞が主たる文の(主語でなく)目的語である。
その違いです。

どちらも、この名詞←形容詞の関係のみにおいて、
名詞と形容詞の間に主述関係が成り立つ、ということであり、
主たる文において、主語なのかそうでないのか、は関係ありません。

これは文から切り離して

a feast celebrating the harvest
a man standing over there

において、
A feast celebrates the harvest
A man stands over the...続きを読む

Qhopeの文型

次の英文の空所にhopeを補った場合、不適当なものはどれか?で選択肢は
I( )to see you again.
I( )you to attend themeeting.
I()hope that myson will become adoctor.
I( )it will not raintomorrow.
で、正解はI()you to attend themeetingです。○はIhope toVとIhope thatで×がIhope A to doで、want型は取れないそうなのですが、wantはtoVをとり、×もtoVをとるんですが、Aがなければいいという解釈でいいんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 hope は hope to do や hope that 節は可ですが,hope 人 to do という形では使えません。

 一方,want は want to do の他,want 人 to do で,「人に~してほしい」という意味で使えます。しかし,want that 節という言い方はできません。

Q主語述語のない英文ってあるんでしょうか?

Any book of which we say to ourselves, when we have done with it,‘That is a good book', we find to be so by virtue of the writer's personality which we have been in contact with: we say so, possibly, because we find that our own self has been affected, even though for a while.
意味は解るのですが、私にとっては非常に奇妙な英文です。どれが主語でどれが述語なのか・・・会話などでは文法に関係なく、心に浮かんだ気持ちを次々と羅列していくようなことも体験しておりますが、書かれた英文では余りお目にかかったことがありません。
一部を抜粋した英文だからか、私がこういう英文に慣れてないから違和感を感じるのか、それとも we find to be so のwe、we sayのweが主語なのか、どうもよく分かりません。どなたかこの英文を解剖して教えて下さいませんか。それから、「:」はどういう時に、どんな意味で使うのかも教えていただけませんか?

Any book of which we say to ourselves, when we have done with it,‘That is a good book', we find to be so by virtue of the writer's personality which we have been in contact with: we say so, possibly, because we find that our own self has been affected, even though for a while.
意味は解るのですが、私にとっては非常に奇妙な英文です。どれが主語でどれが述語なのか・・・会話などでは文法に関係なく、心に浮かんだ気持ちを次々と羅列していくようなことも体験しておりますが、書かれた英...続きを読む

Aベストアンサー

[1-1]【Any book{of which we say to ourselves, when we have done with it, ‘That is a good book'}】, [1-2]【we find to be so by virtue of the writer's personality {which we have been in contact with}】: [2-1]【we say so, possibly, {because we find that our own self has been affected, even though for a while.} 】


会話文ではない文章に主述のない文章などほとんどないと考えてください。
以下に、構文の推測の過程の一例を説明します。


●まず、コロン(:)があることに注目します。上の文章は[1]と[2]の二つから構成されているようだ、と推測します。[2]は別の文にしてもいいところですが、コロン(:)でつなげて付加的説明あるいは言い換えなどを述べることができます。

●次に[1]の主節と主語、述語を探します。まず、第一候補は冒頭のany bookです。すぐとなりのof which節に修飾されているのは間違いないけれども、コロンの前まで行ってもこれを受ける述語が見つかりません。この時点で候補から脱落です。先頭の名詞が主語でない場合には、主節の目的語か補語であることが考えられます。

●次の主節主語候補は、'that is a …'のthatとwe findのweですが、引用符のないweの方が有力そうです。従って主節述語はfindのようです。

●we findを見るとto不定詞があるので、SVO(to be)Cの形(OをCであるとわかる)のようです。しかしwe found以下には目的語らしいものがないので、冒頭のany bookを目的語にとれば全てがおさまりそうです。

●あとはany bookにかかる関係代名詞節の中に、副詞節when節が挿入されていることを見ぬけばOKです。


「読み終えたときに「いい本だった」口をついて出るような本は、……の美徳からそのように思えるのである。おそらく、……と分かるから口をついて出るのだろう」

[1-1]【Any book{of which we say to ourselves, when we have done with it, ‘That is a good book'}】, [1-2]【we find to be so by virtue of the writer's personality {which we have been in contact with}】: [2-1]【we say so, possibly, {because we find that our own self has been affected, even though for a while.} 】


会話文ではない文章に主述のない文章などほとんどないと考えてください。
以下に、構文の推測の過程の一例を説明します。


●まず、コロン(:)があることに注...続きを読む

Q主格主語、形式主語、無生物主語??

少し頭がパニックになってるので教えて下さいませm(_ _)m


TV games are popular with both children and adults. Role-playing games where
the player can become completely involved are the popularkind of game.
They can be good way to relax,have fun and forge about your problems.

この文章はロールプレイングゲームを客観的に説明した無生物主語の文章だとおもうんですが、
They can be の
゛They゛
゛これら゛は、代名詞Itの複数形とゆうことは分かるんですが、コレは主格主語なので形式主語としてItを使ったら文法上バツになりますか?

That Those などの指定代名詞では、置き換えることは出来ませんよね?

Aベストアンサー

Itは単数扱いなので複数を受けることはできません。
ちなみにTheyは代名詞です。They=Role-playing games を指す代名詞です。
代名詞は前に述べた事柄を指すのに対して形式主語は後ろに形式主語に対する真主語があります。なので形式主語としてItを使ったら文法上バツになります
That Those などの指定代名詞では、具体的な内容を指す代名詞なので一般的な内容Role-playing games をさすことはできません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報