「教えて!ピックアップ」リリース!

昔 (1)The bird is flying in the sky now.
  (2)He is playing tennis in the park now.
のような文は (1)第2文型 (2)第3文型 とならったと思います。
しかし今 現在分詞の部分は 「形容詞句の扱い」 (1)(2)両方 be動詞is で状態を表している。だから両方第2文型である と考えた方が 実用の範囲が広くて 絶対便利なんですが、やっぱり(2)を2文型にするのは間違いなんですか?これってNative speakersの知らない日本方式学習法ですよね、だから賛否両論なくせに学習には一応便利なもんだからさわりしかやらない。
なんだったら (2)を第2文型としたって どってことないきがするのですが・・・ご意見が欲しいです。よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

補足しますと


>進行形は無視する
結果、(2)は第3文型ということになります。

普通、と申し上げたように、学校文法的な考えではです。

実際のところ、進行形は考えないというか、わざわざ問題に出すことはありません。
(そもそも、文型を問題にする、というのは高1くらいですが)

考え方としては、不定詞句、動名詞句のような発想で、

playing tennis in the park をまとめて分詞句として
C として、SVC とする、という発想はあり得ます。

しかし、文法上は進行形の be 動詞は助動詞扱いであり、
be ~ing セットで述語としますので、
進行形をもとに戻して文型を考える、というのが理屈的には適っています。

普通の be 動詞のような状態を表わすのとは別に考えます。
結局、英語の進行形というのは特殊で、比較的新しく作られたものです。

これは受動態で be を使う場合も当てはまります。
分詞は形容詞的に考える人が多いので、be は状態、分詞は形容詞とすると
おっしゃるような第2という考えにはなってしまいます。

こういういろんな考えがある、と読み知ることは必要かもしれませんが、
やはり悩む必要はありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

悩む必要はないんだろうな~~と思いながら 一人でもんもんとしているより、どなたかのご意見を2,3伺って ある程度 納得したら悩むのやめようと思ってました。本当にありがとうございます。

お礼日時:2015/01/18 17:40

1。

 下記では、S+V+C が第2文型、S+V+O が第3文型だそうです。 
 http://www.eibunpou.net/01/chapter3/3_1.html
 ですから、お習いになった通り(1)第2文型 (2)第3文型 だと思います。

2。 やっぱり(2)を2文型にするのは間違いなんですか?

 はい、でも僕に言わせれば、間違いならどうするの、で終わりです。

3。これってNative speakersの知らない日本方式学習法ですよね、

 はい。

4。だから賛否両論なくせに学習には一応便利なもんだからさわりしかやらない。なんだったら (2)を第2文型としたって どってことないきがするのですが・・・

 はい、日本の何とか試験で実験されるといいと思います。

5。ご意見が欲しいです。

 僕は意見はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

上記のご回答が立派にご意見としていただきましたっ!(笑)このようなご回答ややりとりで納得する場合もあるんです。ふふふ・・・ なんだか納得しました。

お礼日時:2015/01/18 17:42

普通には(1)は第1文型です。


進行形は be 動詞の役割を考えず、
進行形でない形の文型と同じとします。

(1)なら The bird flies in the sky. で考える。

もし、(1)を第2とするのなら、(2)も第2でいいです。
ただ、(2)の場合、目的語の処理などが厄介なので、
進行形は無視するのです。
だから、結局、(1)も第1とするしかありません。

あるいは、進行形では文型を考えない、とする立場もあります。

おっしゃりたいような be 動詞の考えは別にかまわないと思います。
あくまでも文型というのは考え方次第で、あれこれ悩むことはありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そうでした、(1)は第1文型でした。

進行形はこういった考え方に当てはめてはいけない し 当てはめた文献が極端にすくないわけなんですね。 

お礼日時:2015/01/18 17:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング