プロが教えるわが家の防犯対策術!

恥ずかしながらこの年になるまで、あらゆる生物が持つすべてのDNAが右巻き螺旋だということを知りませんでした。

この地球上には右巻きの渦と、左巻きの渦があります。
地球の自転から生じるコリオリの力が北半球と南半球では逆に作用するからですね。

しかし、地球上のすべての生物のDNAは右巻き螺旋だということを聞き、なぜなのか疑問に思います。
鳥も魚も人間も広葉樹も針葉樹もトカゲも細菌も、、、ですよね?これは不思議ですよね。

ひょっとして、生命の誕生はただの一回だけの事象で、そのとき偶々右巻き螺旋だったDNAが延々と何十億年もコピーされているということの証左なのでしょうか?

それとも、なにか、生命現象では右巻きと左巻きで根本的な機能差があり、機能差において優位な右巻きが選ばれる必然があったのでしょうか?

訊くは一時の恥、訊かざるは一生の恥。
是非、皆さまのお考え、お教えを請いたいと存じますので、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

右巻きらせんになるのはDNAの構成要素である核酸一つ一つが同一の光学異性体であるためです。


その点タンパク質の構成要素のアミノ酸が一方の光学異性体だけからできているのと同じです。

ちなみに、右巻き二本らせんが最も安定ですが、右巻き三本らせん、左巻き二本らせんなども見いだされています。
ただしそれらは生物から見ると「病的」な環境でのみ安定であり、生物の生殖や生長には役立ちません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>左巻き二本らせんなども見いだされています。

別の惑星にハビタブル・ゾーンがあって、最初に発生した生物が「左巻き二本らせん」であるという、SFを考える場合、そのSFの中では、破綻無く生物の進化、あるいは適者生存のプロセスが想定できるものでしょうか?

お礼日時:2011/12/31 13:38

決定的な考察はできませんが、複合粒子の結合の問題というのは、結局のところ素粒子のスピンとかポテンシャルによる束縛状態とかに由来するのではないですか。

ポストゲノム科学という領域がありますが、素粒子の実験施設を有していなければ始まらない分野です。
分子間の最も強力な結合を果たした条件がDNAの形状を定めたのではないかと推測します。DNAの最初の仕事が光合成の情報の触媒であると考えれば、光の射し込みによる影響が一定の方向づけあるいは秩序付けを促したのではないかと思われますが、下記の二つめのURLのように高濃度の塩分の環境を与えると螺旋が左巻きに変化するらしいですから、条件にはいろいろな要素が絡み合っていそうですね。
さらにエントロピーの高い汚染物質満杯の原始的生命環境での中性子とかクォークとかハドロンとかについて考えなくてよいのでしょうか。そのような視点はエネルギー理論を巻き込むことになるでしょう。秩序を作り上げるダイナミクスは何だろうという視点であり、一般相対性理論まで駆使して高エネルギーの相互作用を説明しなければなりませんから。
いずれにしても、レセプターとアクセプターの関係上、何らかの影響を受けたときの分子の傾きと水素原子との距離によって、理想的な結合が限定選択的に起こり、淘汰をぬけたと考えるのが合理的なのではないでしょうか。素人の駄弁ですがお許しを。

参考:
http://www.riken.go.jp/lab-www/spectroscopy/rike …
http://www.sbsp.jp/sbdt/activity/ken024/chatake. …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございます。

大工には理解しにくい専門領域に入ってしまったようです。

仮の結論として、この地球環境は右巻きには都合良い世界だが、左巻きには生きにくい世界になっているということと理解しました。それが具体的にどう良くて、どう悪いのはか専門的すぎて良く理解できませんでした。

ヒノキとヒバとは決定的に違うという事は判っておっても、どう違うかは専門的でしょう。これと同じですね。

お礼日時:2012/01/07 12:31

L体のt-RNAはD体のアミノ酸と結合しやすいという報告もあるようです。


DNA-蛋白世界((D体の糖を持つ)右巻きDNAとL体アミノ酸の世界)はD体の糖によってがっちりと拘束されているようにも見えます。

「ノヴム・オルガヌム」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%B4% …

専門知識有無とは関係なく感覚的に私は右巻きDNAの話題に感動しなかったのですが、感動!されたのですよね。それはどういう感動のされ方なのでしょうか。それも鍵になると思うのです。名立たる科学者たちもこの話題に感動しているのでしょうし。
素人の私は生命のDNAがことごとく右巻きでも自然だと思いますよ。DNAなんだから。
全宇宙が右巻きだけとか発見されたらエエっ!と感動します。

物質的世界を考察する場合は時間がありますから、静止的な数学的対称性には注意がいると思います。

ちなみにエントロピーに支配されているのですよね、我々の生きているこの世界は。すると惑星・地球の存在は宇宙空間において自然な存在なのでしょうか
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>それはどういう感動のされ方なのでしょうか。それも鍵になると思うのです。

まず、右か左は二者択一の偶然の結果だとすれば、なぜ両方が50%ずついないのか、が疑問・感動でした。
つぎに、必然の結果であれば、それはコリオリの力に影響さえるのではないかと思い(便所の水流からの連想)、南半球と北半球で同じ結果になるのはなぜかという、疑問・感動でした。

でも、要するに専門知識に欠けるが故の疑問・感動だったようです。

お礼日時:2012/01/07 12:22

>そのとき偶々右巻き螺旋だったDNAが延々と何十億年もコピーされているということの証左なのでしょうか



その通りです。
最初が偶々右巻きだったからです。
DNAのコピーは大変な作業です。
こんなの、逆巻きにするのはとんでもないオバカ労働です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2012/01/07 12:22

1.偶然と言うならその理由、説明をして人間社会に


 納得してもらわないといけない。

2.右巻きDNAしかない理由、原因を説明して
  多くの人に賛成してもらわないといけない。

”2”ができないために”1”と言うのであれば
それこそ詭弁です。

ところで、D型糖体はどうして右螺旋になるの?
左螺旋も可能ではないの?と突っ込んでみる。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/01/07 12:31

お礼ありがとうございます。

詭弁というのを人を騙すという意味で受け取られたのであれば申し訳ありません。暦遊びが一周期して振り出しになりました。おめでとうございます。

人に対して使っているのではありませんし論理の中に含まれる詭弁性は宗教家以外の誰にとっても良いものではありません。ここでの詭弁は公正な自然の結論に到達しにくくさせる設定とでも言っておきましょうか。質問にも回答にも詭弁はあります。「なぜ右巻きだけなのか分かりません」だけなら詭弁とも言えませんが詭弁が含まれています。質問行為は尋ねる事ですが、質問の前提は決められている事だから、その点は回答と立場は同じです。ましてやある程度、答えをお持ちの質問者さんの場合は回答者と立場は変わりません。
私は詭弁や言葉遊びをするつもりはまったくありません。言葉遊びの否定は言葉遊びに加わらないとできないように思います。

左右対称の原理に従って、生物学的必然性や偶然性の提示を求められても無理だと思います。偶然という結論を導く為のトートロジー的設定のような気もします。最初から結論は偶然という他ない設定ではありませんかね。
ヒトに右手と左手があるのはなぜですかという中の左右は事実としてある左右なのです。なぜみんな肝臓は右にあるのですかならばどうなるでしょうかね。逆に、左に肝臓がくるのは対等な対称移動になりえませんよね。必然性があると推測できます。そもそも肝臓にしてみれば右も左もないのです。ここでの左右はヒトを正中線で分けた時に生まれる左右です。絶対に生じる左右です。
たとえば「なぜ右巻きだけ」という部分ですが。
あるべき、ないし、あってもいいはずの左巻きがないのはなぜだという含意があれば、その前提の中で議論を進めさせるような詭弁になってしまいます。数学ではないので、設定に、数学的左右対称の必然性は、組み込めないと思います。
右も左もなくていいのではありませんか、というのが解決の方向だったらどうします。それこそそういう発想の転換が科学の醍醐味ではありませんかね。そういうのがなければ、私にとっての科学は、用語と式を覚えた記憶装置が演算処理するだけのつまらない機械的作業になってしまいます。いつも公理が批判の対象にさらされ続けているのが科学であり、そこが数学と異なる面白さだと思います。公理を批判するも何も、DNAの2次構造に関して、右巻きあれば対等に左巻きもあるという図式が成り立つ事を証明しないといけません。

幾何学者的視点から右巻きという観察まではいいと思いますが、それから右巻き左巻きを対にした幾何学的な議論を始めるのは、幾何学的詭弁だと思いませんか。
アミノ酸の光学異性体ならば幾何学的詭弁とはいいません。そもそも有機化学の異性体の概念は幾何学的な観念で構成されているからです。DNAの右巻き左巻きはその異性体を元にできた作品の形に過ぎません。共通した形なのです。その形のある側面に右巻きを観察することはできても、DNAという存在としては幾何学的対称性がないのです。そう思いませんか。ちょっと他のいい例が思い浮かばなくて申し訳ないのですが、つないでいけば右巻きにしかならないパーツをつないでいって右巻きになるのは必然でしょう。
ここでなぜ右巻きだけなのかと言い始めるのが詭弁になるかどうか、それを検証するための必要な課題を私なりに考えて、先ほど【1】【2】【3】と挙げてみたのです。数学で言えば、ある大きな問題を証明する為に小さな証明問題の解決が必要になって、その方が有益で安全な結論を得られるというのがあるじゃないですか。

そのご本を読んでいないので、文脈などまったく分かりませんが、だから右巻きしかないとか、右巻きしかないのがその証左であるとか、いうのはたぶん関係ない物事を結びつていると思います。類推の誤謬とか言うのですかね。ご本の法則が間違っていると言いたいのではなくて、右巻きはそれとは違うだろうという事です。読んでいない人の意見ですけどね。
数学の規則性や物理の理論をすべてに適用するのは詭弁なのです。適用すればいろんな対象に便利に使えるというのが数学や物理です。あくまでそういうものです。何かを予測したり、何かを実現したりする時の計算式になります。計算式が先にあって、自然がそれに合わせて動くのではありませんよね。誤差があれば計算式側の問題なわけです。まったく無関係な法則から得られた計算式を応用する事自体は可能です。しかしある法則の計算式を応用できたまったく掛け離れた分野の対象に対して、元の法則に関する世界観まで適応されるものではないのです。そもそも、その計算式は、元の法則に関する世界にとっても、その数学自体はあくまで無機的な数学である訳ですから、なおの事です。数学の汎用性は世界観まで媒介するものではないのです。


>「この疑問は、必然と偶然、世の中の何が必然的結果であって、何が偶然の産物なのかを理解するカギにもなるような気がしています。」

「偶然・必然」は「なぜ右巻きだけか」とは独立した問題ですが、本題を解決する為の課題の一つという事ならば、最初の回答でも触れてあるように、(ほぼ)差がない状態(設定・原因)から、(右左のように区別が生まれる)差のある状態(結果)が導かれると人はそれを偶然と表現するのです。設定次第なのです。そしてこれは数学や理論物理学以外の科学では、必然的に結果が出た後でなされる議論です。議論に先立って、結果が出た状態から、何について、どこまで遡って考えるかを決めなければならないと思います。たとえば糖のD体が先にあるものと仮定した上で、右巻きという結果あるとすれば、糖のL体が自然界に作られない限り、右巻きは必然なのです。それについてご本でどのように触れられているのでしょう。話がボーンと飛躍しているんじゃないでしょうか。だから右巻きのみだについての説明自体が、混沌の中から偶然的に生まれているのではありませんかね。糖がD体だけしかないと書いたのでは読者受けが悪いというのもありますね。しかしこのテーマを熱力学にするのは適応の間違いだと思いますね。原子までバラバラすればまだ分かりますが、その原子が生体分子を構成してしまえば、生命である以上、DNAで以上、決まった形を取るのは確率的ではなく同義反復的な必然なのです。
DNA。DNAは二重螺旋です。DNAの二重螺旋は右巻きです。DNAの二重螺旋は右巻きだけです。ここら辺からほとんど言葉遊び幾何学遊びになってきていると思うのですが。DNAの二重螺旋が右巻きだけなのは熱力学の○○に従っている。となるとさらに熱力学遊びが加えられているのではないでしょうか。


★あまり詭弁の語感に拘泥なさらずに公正な、つまり質問者さんにも回答者にも一般性のある質問の解決がお望みであれば、私の【1】【2】【3】についてご検討されてみて下さい。小さな証明問題を解かずに議論を進めるのは遊びになってしまうと思うのですよ。

今年周期もよろしくお願いします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

質問にも詭弁ってのがあるのですか。

私の原質問が詭弁であったためにお怒りを買ってしまったのであえればお詫び申し上げます。

ご回答は、生命に先行して環境に存在した糖にはD体なるものしかない。
したがって、DNAが右向きになるのは、生命誕生時の環境からみて必然であり、おなじ環境なら何度生命が誕生してもDNAは必ず右巻き螺旋になるであろう、とのことだと理解しました。

お礼日時:2012/01/01 04:36

お礼ありがとうございます。

棟梁の方は集合論の専門家ですか。

あまりDNAの二次構造の右巻き左巻きは議論になっていませんよね。だいたい話題と投稿は以下リンクの内容に納まっているように思います。
「6.生命の誕生と粘土」(橋爪秀夫さん。物質・材料研究機構)
http://wwwsoc.nii.ac.jp/cssj2/seminar1/section06 …

【1】右巻きDNAの誕生と、D体の糖の誕生は、どちらが先なのでしょうか。
【2】糖の光学異性体ではなく、DNAの2次構造をテーマに偶然・必然を議論するのは有意義でしょうか。
【3】自然に存在するDNAの右左はコインの裏表の関係にあるのでしょうか。

【1】については浅学の私にまとまった考えはなく誰かに教えてもらいたいと思っているところです。
前の回答は、L体の糖がなく、D体の糖ならば、DNAは、必然的に右巻きになるという意味です。

とくに【3】についてどう思われますか。
完成した唯一無二の芸術作品を、幾何学者がながめて、これには左巻きはないのか?と言い出しただけではありませんか。幾何学的に対称的な左右があるのであって、作品は一つ、右も左もないとおもうのですが。
★右が完成しなければ左が必然的完成しますか?必然的にそういうことになる時に右左を対にして【右左は偶然】というのではありませんかね。その対になっている場合、ちょっとした差が元、つまり偶然ということになります。右左は観念上の対です。

DNAは右巻きのみだと耳打ちされるまでは、DNAはDNAただ一つだけだったと思います。知った後も、ただ一つなのです。知って確率が上がるのは確率論(数学)の世界(観念上の整合性)なのです。

言葉遊び・数学遊び・論理遊びという観念上の整合性を保つ為の議論に過ぎないのではありませんかね。DNAとして成立したのが一種類あって、調べたらこういう構造で、さらにそれを右左という対称の観念で観察したら右だった、というだけなのではありませんか。右と左は観念上の存在であり、そう見てしまっている、ある生物的存在には対称になる対はないと思います。左巻きDNAを合成しても、それは、幾何学的以外に、対称的な存在ではないのです。自然にフィボナッチ数列や黄金率をあてはめるのがあるじゃないですか、それと似た幾何学的詭弁だと思いますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詭弁かどうかは回答に対する評価であって、質問には詭弁ってのは無いのじゃありまへんか?

1986年のイリヤ・プリゴジンとイザベル・スタンジェールが著した「混沌からの秩序」という本の、第5章の6「分岐と対称性の破れ」というところに、DNAが右巻き螺旋だけしかないことが触られています。
私は生物化学の詳しいことは分からないのですが、熱力学第二法則にもかかわらず、生物には自己組織化してゆく力があって、その力には対称性を破る性質もあるのかなと不思議に思います。

この疑問は、必然と偶然、世の中の何が必然的結果であって、何が偶然の産物なのかを理解するカギにもなるような気がしています。


私は単純に、素朴な疑問をもっただけで、皆さんから詭弁や言葉遊びのフィードバックを貰う事を期待していません。

熱力学第二法則が正しいにも関わらず生命が自己組織化してゆくことをキチンと解明できると、神が人間をつくったとか、神は人間には猿とは異なる役目をあたえたなどと狂信的な事を言う人々に対するアンチテーゼにもなると思っています。

お礼日時:2011/12/31 22:28

くだらない質問が多い中、この質問は


面白い質問だと思います。

と言うか、私は、DNAが右巻きと言うのを初めて知った。
そうなると、その理由や原因は?となるのだが
答えるのは難しい。

専門家でも答えられないのではないか?

右巻きか左巻きかは確立1/2なのだがさりとて偶然とは
思われない。(ただ、未解決で答えられないと言うだけで。)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2012/01/07 12:32

質問への回答ではありませんが、右巻き螺旋を別の向きから見れば左巻きになるというのは間違いです。


添付図は上段の DNA を 180 度回転させたものを下段に載せてありますが、どちらも右巻きです。
言わずもがなとは思いますが念の為。
「DNAが右巻き螺旋だけ! なぜですか?」の回答画像7
    • good
    • 0
この回答へのお礼

図示までいただき、ありがとうございます。

右巻きと左巻きが違うのか同じなのか、よくわからないままに何十年も過ごす人は、私以外にも沢山います。その何十年かを節約できる図ですね!!!

お礼日時:2011/12/31 13:47

上から見て右巻きのDNAもしたから見ると左巻きのDNAになるのは


確かですよ。

なので、図表示する時、習慣に従って右巻きDNAを
表示しているのではなかろうかね。

我々人間は右利きが圧倒的に多いのでね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。

右巻きの意味が分からなくなったときには、「右巻きらせん」を”右ネジ”と同じよう「時計回りに回すと進む」「反時計回りに回すと緩む」と言い直すとよくわかります。

お礼日時:2011/12/31 13:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDNAはなぜ2重らせん?

DNAの二重らせん構造を発見した人が死去した、というニュースを見ました。
ここで不思議に思ったのですが、なぜDNAは二重らせん構造なのでしょうか?塩基と塩基が結びつくだけなら、はしご状でも不思議ではないですよね。
それに、なぜ2重らせん構造だというのがわかったのでしょう?
素人の疑問なのでおかしな質問かも知れませんがよろしくお願いします

Aベストアンサー

DNAが二重螺旋構造をとっているのは、より小さい体積でより多くの遺伝情報を載せるためだと言われています。DNAの長さが同じだった場合、はしご状よりも二重螺旋構造の方が体積は小さくなります。また、途中でからまったりねじれたりしないこと、転写を行う際にきちんと一本鎖になれることなどが条件として挙げられます。
なぜ二重螺旋だということが分かったかと言うと、実際に分子量と体積を比較し、上記のような条件を満たす構造を考えた結果、でてきた結論が二重螺旋だったからです。ちなみに、最初に二重螺旋構造を提唱したのはワトソンとクリックではなく、そこで働いていた数学者の女性です。その女性が様々な条件に合う構造を探した結果、二重螺旋の可能性が強いと判断したのです。そしてワトソンとクリックが実際にそれを証明し、今では二重螺旋の発見者はワトソンとクリックということになっています。

Q原核生物と真核生物の違い

原核生物と、真核生物の違いについて教えてください(><)
また、ウイルスはどちらかも教えていただけると嬉しいです!

Aベストアンサー

【原核生物】
核膜が無い(構造的に区別出来る核を持たない)細胞(これを原核細胞という)から成る生物で、細菌類や藍藻類がこれに属する。

【真核生物】
核膜で囲まれた明確な核を持つ細胞(これを真核細胞という)から成り、細胞分裂の時に染色体構造を生じる生物。細菌類・藍藻類以外の全ての生物。

【ウイルス】
濾過性病原体の総称。独自のDNA又はRNAを持っているが、普通ウイルスは細胞内だけで増殖可能であり、ウイルス単独では増殖出来ない。



要は、核膜が有れば真核生物、無ければ原核生物という事になります。

ウイルスはそもそも細胞でなく、従って生物でもありませんので、原核生物・真核生物の何れにも属しません(一部の学者は生物だと主張しているそうですが、細胞説の定義に反する存在なので、まだまだ議論の余地は有る様です)。



こんなんで良かったでしょうか?

Qpoly-Aとは

poly-Aとはなんでしょうか?
あとpoly-A付加シグナルについても教えてください。

Aベストアンサー

プロセッシングが完了し完成したmRNAの3'末端には、50~200塩基ほどのアデニン(A)ヌクレオチドが付加されています。これがpoly-A tailです。poly-A tailはmRNAに安定性をあたえ、翻訳を促進する働きがあると考えられています。

mRNAは、まず遺伝子のプロモーターからエクソン、イントロンを含め連続的に転写され、転写の終結部は最後のエクソンよりかなり下流に及びます(真核生物では転写終了位置を示すシグナル配列のようなものは見つかっていません)。
この一時転写産物はイントロンを削除しエクソンを連結するスプライシング、5'末端に一個の7-メチルグアノシン(7-m G)を付加(cap構造といいます)するcapping、3'末端にpoly-A tailを付加するpolyadenylationを経て成熟mRNAになります。

poly adenylationは、最終エクソン内のAAUAAAという配列(polyadenylation signal ポリアデニル化シグナル, poly-A additional signal ポリA付加シグナル)を認識するpoly-A polymerase ポリAポリメラーゼによって行われます。この酵素はポリアデニル化シグナルの10~30塩基下流で一時転写産物を切断するとともに、鋳型に依存せずにアデニンを付加します。なお、ポリアデニル化シグナルには例外も知られています。

参考URL:http://opbs.okstate.edu/~melcher/MG/MGW2/MG234.html

プロセッシングが完了し完成したmRNAの3'末端には、50~200塩基ほどのアデニン(A)ヌクレオチドが付加されています。これがpoly-A tailです。poly-A tailはmRNAに安定性をあたえ、翻訳を促進する働きがあると考えられています。

mRNAは、まず遺伝子のプロモーターからエクソン、イントロンを含め連続的に転写され、転写の終結部は最後のエクソンよりかなり下流に及びます(真核生物では転写終了位置を示すシグナル配列のようなものは見つかっていません)。
この一時転写産物はイントロンを削除しエクソンを連...続きを読む

Q原核生物と真核生物

原核生物と真核生物の遺伝情報発現機構の相違点について分かることがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

結構たくさんあるのですが。

まず、転写。原核生物も真核生物もはRNAポリメラーゼがDNAを転写しますが、原核生物はイントロンを含まないmRNAができます。真核生物はエキソン(タンパク質コードする領域)とイントロン(コードしない領域)を含むmRNA前駆体なるものを作ります。この前駆体はスプライシングという操作を受けて、イントロンが切り離されます。さらに、5'末端にキャップ構造を、3'末端にアデニンがたくさん連なったpolyAを付加されます。これで真核生物のmRNAが完成します。

原核生物は核を持たないので細胞質で直接転写が行われ、その場でリボソームにより翻訳されます。しかし、真核生物は核で転写が行われるため、リボソームが翻訳をするためには核の外にmRNAが出ないといけないのです。キャップ構造は、核の外に出ていいよというシグナルの役割を果たすといわれています。

また、原核生物ではひとつのmRNAが複数の関連のあるタンパク質を同時にコードしているポリシストロン性が見られますが、真核生物では通常ひとつのmRNAからは一種類のタンパク質しかできません(モノシストロン性)。原核生物はこうして複数のタンパク質を同時に発現することですばやく環境に適応できます。

非常に簡単な説明でしたが、詳しいことはご自分でお調べになってくださいな。がんばってください!

結構たくさんあるのですが。

まず、転写。原核生物も真核生物もはRNAポリメラーゼがDNAを転写しますが、原核生物はイントロンを含まないmRNAができます。真核生物はエキソン(タンパク質コードする領域)とイントロン(コードしない領域)を含むmRNA前駆体なるものを作ります。この前駆体はスプライシングという操作を受けて、イントロンが切り離されます。さらに、5'末端にキャップ構造を、3'末端にアデニンがたくさん連なったpolyAを付加されます。これで真核生物のmRNAが完成します。

原核生物は核を持た...続きを読む

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

QRNAの選択的スプライシングとプロセシングはどのように違うのでしょうか

RNAの選択的スプライシングとプロセシングはどのように違うのでしょうか?

生物学が苦手で教科書を読んでも違うような感じだけど…でもなんか一緒に思えたりして悩んでいます。教えて頂けると有り難いです(´;ω;`)

Aベストアンサー

プロセシングは幅広い言葉で、DNAから転写されたRNAが、
機能する形になるまでに、切ったり貼ったりする過程全てを
指します。
スプライシングは限定的で、イントロンを含むRNAが、それを
切り出して両側がくっつく事を指します。

Qアミノ酸のL型、D型の区別そ仕方

****CH3
****|
 H2N─ C─COOH
****|
****H 

上の構造式はアラニンですが、これがL型かD型かを判断するのに困っています。
定義では不斉炭素を中心にカルボキシル基を上に書いた場合に、アミノ基が左側にくるのがL型です。しかしこの定義のまま動かしてみると、

   COOH
****|
 CH3─ C─H
****|
****NH2
このようにアミノ基が下になってしまうため、判断に困っています。
アドバイスをお願いいたします。

(注意!:記号*は構造式を書くときに軸をそろえるために付けたものです。)

Aベストアンサー

D型とかL型というのは光学異性体を区別するための記号です。グリシン以外のアミノ酸の場合は、中心の炭素原子に4つの異なる基が結合しているために光学異性が生じます。

炭素原子の4つの単結合は、正四面体の中心に炭素原子があるとすると、正四面体の4つの頂点の方向に向かっています。つまり、実際の形は構造式に描かれるような十字型ではないのです。
(参考)
http://www.geocities.com/yoshihitoshigihara/isei.htm

さて、ご質問のようにアミノ酸の構造式を十字型に描いてある場合は、なんとなく描いてあるのではなく、意味があります。これはフィッシャー投影式といいます。

フィッシャー投影式では、「左右の結合は紙面より手前に出ている」「上下の結合は紙面の向こう側に出ている」というのがルールです。このルールにより、正四面体型の構造を、紙面で表示できます。

アミノ酸をフィッシャー投影式で描いた場合、上にカルボキシル基、下に側鎖を書いたときに、左にアミノ基が来るのがL型、右にアミノ基が来るのがD型です。

では、「上にカルボキシル基、下に側鎖」となっていないときに、どうするかです。フィッシャー投影式のルールから考えると、ご質問のように90度回転させてはいけません。90度回転させると、「紙面の手前」と「紙面の向こう」が逆になりますから、D型がL型に、L型がD型に変わってしまいます。
(180度の回転はOKです)

どうすればよいのかといえば、できることは次の2つです。
(1)3つの基を循環的に入れ替える(いわゆる三角トレード)。
(2)二組の2つの基を、両方同時に入れ替える。

ご質問の上のフィッシャー投影式ですと、上の(1)を適用して、「COOHを上に移動、CH3を下に移動、Hを右に移動」という形で循環的に入れ替えると、左にアミノ基が来てL型であることがわかります。

よくわからなかったら、分子模型を作ってみるとよいと思います。

D型とかL型というのは光学異性体を区別するための記号です。グリシン以外のアミノ酸の場合は、中心の炭素原子に4つの異なる基が結合しているために光学異性が生じます。

炭素原子の4つの単結合は、正四面体の中心に炭素原子があるとすると、正四面体の4つの頂点の方向に向かっています。つまり、実際の形は構造式に描かれるような十字型ではないのです。
(参考)
http://www.geocities.com/yoshihitoshigihara/isei.htm

さて、ご質問のようにアミノ酸の構造式を十字型に描いてある場合は、なんとなく...続きを読む

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。

QN末端?

内容は、タイトルの通りです。
今生物の問題集をやっているのですが、
N末端って何ですか?
また、アミノ酸の名前や構造式をN末端から書け、とあるのですがどういうことですか?

Aベストアンサー

「アミノ末端」といったらわかりますか?
アミノ酸の基本構造は
NH2-CH(R)-COOH
ですね。
アミノ基NH2がアミノ末端、カルボキシル基COOHがカルボキシル末端(C末端)です。

ちなみに、タンパク質はアミノ酸のカルボキシル基に次のアミノ酸のアミノ基が結合していって合成されます。
タンパク質全体として、一方の端がN末端、もう一方がC末端です。タンパク質合成の向きN末端->C末端の向きが、遺伝子の向き(mRNAの向き)5'->3'に対応します。

QL体とD体

糖はD体、アミノ酸はL体の異性体で構成されますが、異性体のD体とL体の見分け方を教えてください。

Aベストアンサー

 構造式を見てDとLを見分ける方法についての質問と解釈して解答します。
 D、L表示法は糖やアミノ酸の絶対配置が求められる以前からある表記法です。(+)-グリセルアルデヒドにD、(-)-グリセルアルデヒドにLを接頭 辞としてつけます。DかLか見分けたい化合物(糖やアミノ酸)に含まれる不斉炭素のうち、IUPACルールにおいて最も番号の大きい不斉炭素の絶対配置がD-(+)-グリセルアルデヒドと等しい場合にD体とし、L-(-)-グリセルアルデヒドと等しい場合をL体とします。因みにD-(+)-グリセルアルデヒドはFischer投影式において、上がCHO、右がOH、左がH、下がCH2OHとなる構造です。
 もうひとつ言っておくと、L体の糖やD体のアミノ酸もちゃんと存在します。血液型を決める多糖の構成成分にはL-フコースがあり、哺乳動物の脳にはD-セリンとD-アスパラギン酸が存在し、脳の高次機能に関係しているのではないかと考えられています。


人気Q&Aランキング