【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

毒物劇物取扱資格の本を読んだのですが、扱う薬品などは

危険物資格とかぶる部分がかなりありました。

大きな違いは危険物資格では気体は扱えない所と毒物資格では石油類を扱えない所くらいですね。

甲種危険物資格を取得しなくても乙4類と毒物劇物資格さえあれば大半の薬品が扱えるのでは

無いでしょうか?


みなさんの意見もお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

両方とも化学系の資格ですからかぶるところは多いんですが、方向性がまず違いますから。



危険物取扱者は消防庁の資格で 自分自身が燃えるか、他の物を燃やすか、または発火しやすい・消火しにくいものの取り扱いにかかわる資格です。

劇毒物は厚生労働省の所管で 人体に大きな影響を与える毒性を持ったものの取り扱いの資格です。
だから、場合によっては「両方の資格がいる」ことになります。

硝酸とかフェノールみたいにどちらでも規制されるものもありますが、「消防の規制」「劇毒物としての規制」両方をクリアしなくてはいけません。(試験で出る法規は全く内容が異なります)

たとえば大量の硫黄の保管は乙種六類か甲種が必要です(劇毒物でないので、劇毒は不要)

あと、劇毒は「責任者」資格なので、事業所に一人いれば全員が資格持っている必要はありません。
危険物は取り扱う人間が持っているか、最悪免許持っている人が立ち会わないといけないので意味合いがだいぶ違いますよ。
    • good
    • 10

こんばんわ、No.2です。



要は、何の仕事をするときにその資格が必要かです。

例えば、乙と甲ではレベルがかなり違い扱う量自体も違います。

ちなみに、有機溶剤取り扱い主任者の免許?(講習を終了したという資格?)も取得しました。

ご参考まで。
    • good
    • 3

危険物取扱資格は主にガソリンスタンドにお勤めの方が


持っていたら有利な資格です。
毒物劇物取扱資格は大学とか薬品の研究所などで役に立つ資格です。
私は工業高校の化学工業科出身なので、乙4は取りました。
毒物劇物取扱資格は申請するだけで貰えます。
    • good
    • 5

はじめまして、よろしくお願い致します。



簡単に

どちらも、免許の主催?が違います。

仕事の用途によって、免許がいります。

ちなみに、両方もってます。

ご参考まで。
    • good
    • 6

その2つの資格は性質がことなります



実験などで取り扱いするだけなら
劇物毒物は劇物・毒物にあたるものを販売・営業するために必要な資格で
毒物や劇物を使用して何かを加工や実験するのには資格は必要ありません

危険物資格は資格がないと取り扱いできないので
重要なのは危険物資格かと思います。

もういちど本をしっかり読んでみてくささい^^
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化学メーカーの社員が取るべき資格

よろしくお願いいたします。

昨年の4月に大きく分けると化学の属するメーカーに就職いたしました。
最近ある程度業務についてはなれてきて、多少違うことに力を入れることができるような余裕がうまれたこともあり、資格を取ろうと考えております。
現在保有している資格は、大学卒業とともに得た毒劇物だけです。(公的資格でどうやって証書などを受け取るのか分からないので放置してありますが。)

ざくっとお聞きしますが、化学屋が取っておいた方がよい資格には何があるのでしょうか?
一応危険物の甲種は取得しておこうと思っています。
そのほかに、取っておいた方がよい資格について教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「大きく分けると化学の属するメーカー」という意味がわかりませんが、化学工場で働く場合に必要となる学卒エンジニアの資格についてはつぎのものがあります。

(1) 危険物取扱者(甲種)
(2) ボイラ技士(一級又は二級)
(3) 高圧ガス保安責任者(甲種)
(4) 有機溶剤作業主任者
(5) 特定化学物質等作業主任者
(6) エネルギー管理士(熱)
(7) 公害防止管理者(水質、大気)
(8) 衛生管理者

(1)から(3)は化学工場で働く場合は必須です。(3)はちょっと難しいですが、(1)と(2)は大学を出ていれば難しくありません。(4)と(5)は労働基準協会の主催する講習会を受講すれば、ほとんど落ちることはありません。(6)と(7)は管理職となる人は持っていた方がよい資格です。(8)は事業所に一人は有資格者がいなければならない規定になっているので、持っていると有利(有資格者があなた一人の場合、少なくともリストラされることはありません)。
まず確実な(4)、(5)を取得し、(1)、(2)、(3)の順に取得していかれたらどうでしょうか。というのは化学系の資格の内容には共通点があるので、易しいほうから受験して知識を増やしていけば、難しい資格も取りやすくなるからです。
その他の資格として
技術士(化学部門)は私も持っていますが、「さすが」と尊敬してもらえます。ただしあまり実務的な利点はありません。
特級ボイラ技士は持っていると、各工場で引っ張りだこです。今の職場をクビになってもすぐに就職口が見つかる優れものです。
最近、大学院も一般に公開しているところがあり、働きながら博士号をとることができます。これも「さすが」と尊敬してもらえます。すでに博士号をもたれているのならごめんなさい。

「大きく分けると化学の属するメーカー」という意味がわかりませんが、化学工場で働く場合に必要となる学卒エンジニアの資格についてはつぎのものがあります。

(1) 危険物取扱者(甲種)
(2) ボイラ技士(一級又は二級)
(3) 高圧ガス保安責任者(甲種)
(4) 有機溶剤作業主任者
(5) 特定化学物質等作業主任者
(6) エネルギー管理士(熱)
(7) 公害防止管理者(水質、大気)
(8) 衛生管理者

(1)から(3)は化学工場で働く場合は必須です。(3)はちょっと難しいですが、(1)と(2)は大学を出ていれば難しく...続きを読む

Q毒物劇物取扱者試験の勉強についてです

今年毒物劇物の試験を受けたいと思っています。
一般の毒物劇物取扱者を受験したいと思います。
テキストと問題がセットになった教本を購入しました。
合格した方は、どのような勉強方法をしたのか教えていただきたいです。
工業化学は高校でやっていたので、少しだけは知識あります。
効率的な勉強方法、一日何時間くらいやれば効率がよいのか、おしえていただきたいです。
ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

過去の問題だけを5年分丸暗記して本試験を受けました。このとき分かったのですが、本試験ではほとんど過去の問題がそっくりそのまま出題されているのを見てびっくりしました。

こんなに簡単な試験は初めてでした。

テキストなんて触る必要もありません。ただひたすらに何回も過去の問題を解くことを繰り返すだけで楽勝で合格することができます。

勉強方法は毎日2~3時間程度を10日間もやれば十分です。

難易度は、危険物乙4の数分の一程度と思ってください。



>工業化学は高校でやっていたので、少しだけは知識あります。

これはあまり関係はないです。とにかく過去に出題された問題を解いて丸暗記するのみです。

Q危険物と毒劇物の資格の違い

資格で毒劇物取扱責任者と危険物取扱者は違う全く資格なのでしょうか?それとも言い方が違うだけなのでしょうか?

Aベストアンサー

両方の資格を持っています。

毒物劇物の方は、大学卒業時に、自動的についてきました。
特に勉強してないので、内容は、よく分かりません。

危険物の方は、大学卒業した人が受験できる「甲種」を受けました。
難しい。問題の出し方が、いやらしい。
3度目の受験で、合格できました。

毒物劇物は、免許証がありません。
会社で、必要書類に名前を記入する時に、卒業証書を見せるだけです。

危険物には、運転免許証のようなカードがあります。
 

Q2級ボイラー技士の難易度はどの程度ですか?危険物乙種4類より難しいですか?

タイトルの通りなんですが、
2級ボイラー技士の難易度ってどのくらいのものなのでしょうか?
内容が違うので比較は難しいと思いますが、
危険物乙種4類と比べてどちらが難しいですか?
毎日何時間何日勉強すれば合格できそうでしょうか?
ちなみにボイラーや機械の知識は全くありません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そうですね~。
レベルは大差ないと思います。
私は両方持ってますが、機械の構造的なものがあったためか幾分、ボイラーの方が取り易かったです。
勉強していて面白く、飽きないのはボイラーの方だと思いますよ。
危険物の方は、似た様な内容が多く、変化に乏しく勉強し難い感じを憶えました。

試験勉強は問題集中心で効率よく覚える事が重要ですが、教本の良し悪しで合格を左右される場合もありますので、しっかり選んだほうがいいですよ。
私は弘文社の本で数種類の資格を合格しています。
ここの本は、お薦め出来ると思います。

受験のアドバイスとしては、書き込み等は鉛筆を用い、消しゴムで消せないような物は使わない事です。
覚えてから消そうとしても消せません。

参考書をざっと流して一度読み、問題集を解きます。
分からないところを徹底的に調べます。
これの繰り返しです。
何度も解いていると出る箇所がわかってきます。
とにかく、問題集がボロボロになるまで解く事です。
毎日2時間の勉強で、1~2ヶ月もあれば合格できるレベルになるでしょう。
2級ボイラーは実務経験が無ければ、講習を受けなければなりませんが、分かってますよね_?

そうですね~。
レベルは大差ないと思います。
私は両方持ってますが、機械の構造的なものがあったためか幾分、ボイラーの方が取り易かったです。
勉強していて面白く、飽きないのはボイラーの方だと思いますよ。
危険物の方は、似た様な内容が多く、変化に乏しく勉強し難い感じを憶えました。

試験勉強は問題集中心で効率よく覚える事が重要ですが、教本の良し悪しで合格を左右される場合もありますので、しっかり選んだほうがいいですよ。
私は弘文社の本で数種類の資格を合格しています。
ここの本は...続きを読む

Q危険物取扱乙4、企業から見たらしょぼい?!

今現在、トルエンなどを取り扱う職場で派遣社員として働いています。
既婚・子無しの主婦で、今年中には子供をと思っているのですが、その後(出産後)もまたこういった化学系の職場に復帰したいと考えていまして(今の仕事がすごく楽しい!!!)、危険物取扱の資格取得を考えています。
乙4は高校生でも取れるような比較的とり易い資格のようですね。ということは、逆に言えば乙4くらいでは資格のうちに入らないのかなぁ、とも思うのですが、どうなのでしょうか。
せめて化学系で働くなら○○○はとったほうがいいよ、というものももしあれば教えてください。

ちなみに、高校は私立の女子高で、短大も生活学科という、まったく化学とは縁がない人生でしたので、基礎は全くといっていいほどありません。
(でも勉強はしたくてたまらないので、努力は惜しみません。)
あと、いくら勉強したいといっても、学校入り直すほどの余裕はありませんのであしからず(苦笑)

Aベストアンサー

トルエンは消防法の危険物4類と毒劇物取締法
によって規制されているので

危険物の
http://www.shoubo-shiken.or.jp/kikenbutsu/index.html

他に毒物劇物取扱責任者
http://www.umekkii.jp/data/career/poison/intro/

もお勧めします

次にステップアップして公害防止管理者(水質又は大気)4種を受けるのが一般的です

http://www.jemai.or.jp/japanese/qualification/polconman/index.cfm

毒物は工業高校の化学系は試験免除
公害防止管理者 2・4種は工業高校の化学系卒程度
の難易度です

Q乙4種危険物取得しましたが、ガソリンスタンド以外でどのような所でこの資

乙4種危険物取得しましたが、ガソリンスタンド以外でどのような所でこの資格使えますか?これに付加した資格取ったら結構就職に有利なんてあったら教えてください

Aベストアンサー

私も乙4持ってます^^

タンクローリーの運転手になりたくて取得したんですが、取得と引き換えに運転免許取消;…なので、ボイラー技師2級を取ってボイラー管理に就きました。

乙4だけなら、やはりGS・ローリー運転手など一般的には限られますが、工場に就職すると「危険物貯蔵庫・貯蔵所(重油タンクなど)」の管理責任者とか、他にも給料への手当ての部分で+αを見込めますよ。

あとは、私のようにボイラー資格と合わせたり、または「電気工事系」とか「ビル管理系」など、設備関係を揃えることで、就職でも幅が広がりますよね。

ちなみに「オーム社」という出版社があるのですが、ここは危険物や電気・ボイラー・ビル管理その他の資格に関するエキスパート(教科書はここが多い)で、参考書から月刊誌まで幅広く出してますから、参考になると思います。

特に月刊誌の、「設備と管理」と「電気と工事」は、見てみる価値がありますよ☆


★オーム社
http://www.ohmsha.co.jp/

Q危険物取扱乙4類の試験ってかなり難しいんでしょうか。合格率ってどれくら

危険物取扱乙4類の試験ってかなり難しいんでしょうか。合格率ってどれくらいですか。

Aベストアンサー

一般的には言えません。
あなたがどういう環境にある人かが分かりません。

高校生でしょうか、大学生でしょうか。
社会人でしょうか。化学系の仕事についておられる方でしょうか、全く化学には関係のない仕事についておられるのでしょうか。

レベル的には高等学校の化学、物理の基礎がわかっていれば十分です。
でも合格率は低いです。
高校生を相手にしていましたがほとんど勉強せずに受けに行っています。資格があれば就職に有利になるかもしれない、バイトで有利になるかもしれないというぐらいの動機がほとんどでした。彼らがまず受けるのが第4類です。合格率は低いです。1桁台だろうと思います。

#2にあるように乙全体での合格率が38%、乙4類で32%、その他の類で50%です。この数字から乙4類の受験者の数は他の類(1、2、3、5、6)全体の受験者の数の2倍であるということがわかります。第4類は液体状の可燃物(油、その他)ですから火災に一番イメージがつながりやすいです。とにかく受けてみようという人は皆第4類を受けています。他の類はその物質が関係するような環境にある人が主に受けます。第4類でも仕事で必要という人の場合、他の類と似た合格率だろうと思います。(第4類を持っていて他の類を受ける場合は試験が一部免除になります。合格率が高くなる理由の1つかも知れません。)

仕事に必要であるという方は気持ちの持ち方が違うだろうと思います。何度も行くわけには行きませんから受けるからには通るつもりで行くということになります。テキストを手に入れて勉強して、ある程度勉強が進んで、これならいけそうだと思ってから受験申し込みをやるでしょう。でも、まず申し込んで、試験まで後何日となってからテキストを読み始める高校生が結構います。通るわけがありません。

一般的な化学系の資格ではありません。消防庁の資格です。火災の原因になるかもしれないという物質についてのものです。普通の辞典には載っていない特殊な物質でも、どこかの事業所でその物質が原因の事故が起これば危険物の指定に入ってくるという場合もあります。そういう物質は解説本ごとに構造が異なるというようなことも起こってしまいます。名前しかわからないので構造は推定になってしまうのです。
中学レベルだと思われる内容に特殊な内容が混ざっていると思うような項目もあります。
そういうレベルの違いには一切無頓着に、ただ覚えて済まそうとしている人もかなりいます。そういう人は試験が済んでしまうとややこしいことと一緒に簡単なことも忘れてしまいます。

私はガソリンも灯油もアルコールも生徒の目の前で燃やして見せています。どうやったら消えるかもやっています。火のついたテンプラ油に水をかけるとどうなるかというのも見せています。
危険物の資格を持っている人でもガソリンを燃やして、消したという経験のある方はあまり多くはないだろうと思っています。
でも就職やバイトで有利になるかもしれないというのは「何らかの責任を問われることもある」ということです。資格は取ったら終わりというものではありません。

一般的には言えません。
あなたがどういう環境にある人かが分かりません。

高校生でしょうか、大学生でしょうか。
社会人でしょうか。化学系の仕事についておられる方でしょうか、全く化学には関係のない仕事についておられるのでしょうか。

レベル的には高等学校の化学、物理の基礎がわかっていれば十分です。
でも合格率は低いです。
高校生を相手にしていましたがほとんど勉強せずに受けに行っています。資格があれば就職に有利になるかもしれない、バイトで有利になるかもしれないというぐらいの動...続きを読む

Q毒物劇物取扱者の試験に役にたった問題集を教えて!

今年の夏に「毒物劇物取扱者」の試験を受ける者です。
現在は「毒物劇物取扱者 合格教本」技術評論社 
竹尾先生&花輪先生 著を読んでいってます。
去年受験された方、もしくは今勉強中の方に質問です~!
「問題集」でやってよかった!役に立ったなど何かいいものありますか?
(受験する都道府県の過去問は2年分は入手済)
ぜひよろしくお願いしますー!

Aベストアンサー

基本的に問題集は受験地の過去問が最強です。毎年、同じような構成、カテゴリ、問い方で
出題されることが多いからです。それを分析するのが、この試験に最短で楽に受かるコツです。
ちなみに、この資格は各都道府県で独自(九州は統一問題)の出題であり、傾向も結構違いま
すので、参考で他の都道府県の問題もやってみたいのなら、「薬務公報社」が毎年、全国の直
近の過去問が収録された問題集を出していますので、それを手に入れるのもいいです。(少し
値が張りますが・・・)あと、参考書なら「弘文社」の「これだけはマスター!基礎固め毒物
劇物取扱者試験」も多くの受験者が使っている定番的なもので、広い当試験の範囲を頻出問題
や物質に絞って、学習しやすくまとめてありますのでおススメです。

Q毒物・劇物の覚え方を急ぎでお願いします!

来月9日が試験日です。数ある毒物・劇物をみなさんは
どのように覚えられたのでしょうか!?ちなみに自分は
今性状は、色の特徴・臭いの特徴・変化の特徴・・・
貯蔵法は、特徴あるものたとえば水の中に保管とか
石油の中に保管とか・・・から覚えていってます。
あとは基の種類事とか、周期表からハロゲン族とか
希ガスとかアルカリ金属とか・・・しかし~!数が
多くて厳しいです。カードに書いてまとめてやってますが
最近は解毒・治療法などまた廃棄法などもけっこうでて
ます。困ってます~!色鉛筆を使ってビジュアルでも
覚えようとしておるのですが・・・ぜひ皆様のいい方法を
教えてください!お願いします。

Aベストアンサー

おっしゃる通り、この試験で問われる毒物・劇物の種類は非常に多く、正面から覚えようと
すれば、数ヵ月では足りません。しかし、実際にはどの都道府県でも、およそ出る毒劇物の
範囲やカテゴリーはある程度絞られており、反復して類題が出る傾向も伺われます。(恐ら
くは受験地での需要の多さに比例したモノです。まぁ、中には1、2問は意表を突くマイナ
ーなものも出ますが・・・)また、基礎化学については高校レベルの化学の基礎知識レベル
の問題を中心に若干、実務向けに改編・応用した設問が出ます。これらの程度を知るために、
まずは受験地の「過去問」を入手しましょう。担当課に問い合わせれば閲覧や複写サービス
が多くのところでは受けられると思います。あと、膨大な範囲を全国平均的な(この試験は
九州の統一問題以外は都道府県ごと独自に実施されています)頻出度別に勉強するためには
参考書が必要です。おススメは「弘文社」の「これだけ!」シリーズです。これを使えば、
ご質問の勉強が流れに沿ってできますので、悩むことは無くなります。ただ、「実地試験」
は受験地ごとに、かなり傾向が違いますので、前述のとおり、複数年分の過去問から分析す
る必要があります・・・

おっしゃる通り、この試験で問われる毒物・劇物の種類は非常に多く、正面から覚えようと
すれば、数ヵ月では足りません。しかし、実際にはどの都道府県でも、およそ出る毒劇物の
範囲やカテゴリーはある程度絞られており、反復して類題が出る傾向も伺われます。(恐ら
くは受験地での需要の多さに比例したモノです。まぁ、中には1、2問は意表を突くマイナ
ーなものも出ますが・・・)また、基礎化学については高校レベルの化学の基礎知識レベル
の問題を中心に若干、実務向けに改編・応用した設問が出ます。これ...続きを読む

Q毒物劇物取扱い者の仕事

お世話になります。 毒物劇物取扱い者の仕事は、具体的になにをするのでしょうか? 勤務先・ニーズは? 当方、免許所持者ですが役立てたく思案中です。宜しお願い致します。

Aベストアンサー

化学関係の事業所で製造や販売、運搬や輸入などをしたり、大学や研究所などでも必要な場合があると
思います。また意外な所では、農協さんで農薬や化学肥料等を販売する場合、含まれる成分や取扱量に
よっては必要なこともありますし(そのため、試験の区分に「農業用品目」というのがあります)病害
虫駆除業者など該当する毒劇物を使用する場合も必要なことがあるでしょうね・・・


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング