海外の企業から商品の引き合いがあり見積もりを出そうと思うのですが、先方の引渡し条件が国内の指定運送業者への納入となっております。
つまり先方がその運送業者(いわゆる乙仲)に委託して輸出通関を行うとのことです。
但し、先方は日本国内には支店や日本法人を持っていません。
我々サイドは国内納品なので通常なら商品代金に5%の消費税を加えて請求致しますが、このような場合は非課税で請求するべきなのでしょうか? 先方は外国法人で日本に拠点が無いため輸出後に消費税を還付できないと思うのですが・・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>我々サイドは国内納品なので通常なら商品代金に5%の消費税を加えて請求…



消費税の課税要件に、
・買い手 (売り手) が日本人であること
なんてのはありませんから、お考えのとおりで良いです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6105.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6210.htm

>このような場合は非課税で請求するべきなのでしょうか…

百歩譲って、課税対象でないとしても、「非課税」ではなく「免税」です。
非課税、不課税、免税それそれ意味が違いますのでね。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6205.htm

>先方がその運送業者(いわゆる乙仲)に委託して輸出通関を…

その運送業者が消費税の課税事業者であれば、その運送業者が還付手続をすれば良いだけです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6551.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0

運送業社に対して先方が依頼するか御社が依頼するかは関係ありません。


免税取引(消費税が免除される取引)として御社が処理するには、輸出申告において御社が荷送人となり申告書の控えを保有してる事が必要です。

もし荷送人が先方か運送業社であるならば、御社の売上は国内取引となり課税売上として処理しなければなりません。

ですから支払者が外国企業であったとしても、消費税を含めた税込金額を売価として先方に請求する必要があるという事です。(請求しないと内税として御社が被る事になります)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外Wifiレンタル

8日間フランスへ海外研修に行くのに 海外用Wi-Fiレンタルを予約する予定です。
イモトのWi-Fiにしようと思っていますがちょっと不安になったので
教えて頂きたいのです。

(1)5人までつなげれるとのことで 5人でシェアするんですが
データー使用量は無制限ではないとのことですが
使用できるデーター量はどれくらいでしょうか?

(2)5人でシェアするのは大丈夫でしょうか?
※使用目的はラインやツイッターに写真数枚程度アップする。
地図として使用、通訳アプリを買い物や食事の際使用する程度にしようとは思っています。

(3)ホテルやWifiスポットでまめに設定し直した方がいいでしょうか?
またその際に安全な費用のかからないWifiを選択する方法は?
※Wifiを自動で選択していて 結果高額な請求が来たという話もネットで見たため不安です。

その他注意点や他に良いレンタル会社があれば教えてください。
※みんな学生のため5人で割り勘にしたいのが条件です

Aベストアンサー

イモトのは借りたことはないけど、グローバルWifi 、テレコムスクエアは借りたこと有ります。借してくれるルータは、中国製の多分似たり寄ったりの機種。値段で選んで構わないです。

データ量は書かれてたいるような使い方なら大丈夫。動画を視聴したりビデオ通話をしなければ問題ありません。ギガ単位の何時間もデータ転送したこと有り、警告のメールが来たりしましたがまったく使えなくなることはありませんでした。五人で使っても写真を同時にアップロードするとかすれば多少遅くはなるかと思いますが問題なく使えます。

ルータは設定を変える必要ありません。レンタル時に渡されるルータの使用説明書にしたがってルータとWifi 接続するだけです。あとはルータが自動で適切な携帯電話回線と接続することでインターネットを使えるようになります。

利用料金が高額になると言う話は、携帯やスマホの携帯電話回線を使うデータ通信機能をあらかじめ無効にしておけば大丈夫です。

Q確定申告書の消費税及び地方消費税の合計額と会計システムでの納税額(消費税及び地方消費税合算)との差額について

今年4月から経理を担当することになりました。新米なのでいろいろ教えて下さい。まず、会社では会計システムで消費税を計算し納税額(消費税及び地方消費税の合計)を計算できるソフトになっており、100円未満の端数は雑収入として処理しています。それを元に税務署から届いた「課税期間分の消費税及び地方消費税の確定申告書」に記入していますが、100円未満の端数を切り捨てることから、会計システムでの納税額と申告書での消費税及び地方消費税の合計税額に100円差額が生じています。申告書の額で納税すると全体の納税額に100円不足となります。システムでの納税額を記入するのか、申告書の計算どおりに記入すべきか悩んでいます。皆さんはどのように考え対応しますか。

Aベストアンサー

消費税の税抜経理を行っている場合の雑収入なり雑損に計上すべき端数金額は、申告書で計算された納税額と帳簿上の仮受消費税・仮払消費税との差額であって、会計ソフトで計算するのではありません。申告書で納税額を算出する前に雑収入に計上しているようですが、それが間違いです。
ただし、会計システムが申告書における計算方法とまったく同じ方法で計算している場合、両者は一致するはずなので、結果に差が出るのであれば、申告書の記入が間違っているのかもしれません。


根拠通達「消費税法等の施行に伴う法人税の取扱いについて(平成元年3月1日直法2-1)」
(仮払消費税等及び仮受消費税等の清算)
6  法人が消費税等の経理処理について税抜経理方式を適用している場合において、消費税法第37条第1項((中小事業者の仕入れに係る消費税額の控除の特例))の規定の適用を受けたこと等により、同法第19条第1項((課税期間))に規定する課税期間の終了の時における仮受消費税等の金額から仮払消費税等の金額(控除対象外消費税額等に相当する金額を除く。)を控除した金額と当該課税期間に係る納付すべき消費税等の額又は還付を受ける消費税等の額とに差額が生じたときは、当該差額については、当該課税期間を含む事業年度において益金の額又は損金の額に算入するものとする。

消費税の税抜経理を行っている場合の雑収入なり雑損に計上すべき端数金額は、申告書で計算された納税額と帳簿上の仮受消費税・仮払消費税との差額であって、会計ソフトで計算するのではありません。申告書で納税額を算出する前に雑収入に計上しているようですが、それが間違いです。
ただし、会計システムが申告書における計算方法とまったく同じ方法で計算している場合、両者は一致するはずなので、結果に差が出るのであれば、申告書の記入が間違っているのかもしれません。


根拠通達「消費税法等の施行に...続きを読む

Qオーストラリアへ海外旅行に行きますが、海外用のwifiをレンタルせずにいく場合について質問です。 ・

オーストラリアへ海外旅行に行きますが、海外用のwifiをレンタルせずにいく場合について質問です。
・旅行先ではぐれた!などの緊急事態の際
・どうしてもネット今つかいたい!という時

上記の場合は、どのような手段がとられますか?
できるだけ金額は低い方法を教えて頂きたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

携帯のない昔に戻ればよいだけです。

まず、日本の携帯を緊急用に通話に使うのは恐ろしくお金がかかります。

日本の携帯は当たり前ですが、電話番号は日本でしか通用しません。国際ローミングは「電話を掛ける」はできても「受ける」ことはできないのです。

受けるためには、日本へ電話する必要があります。ですからオーストラリアに居る自分がオーストラリアにいる友人に日本から持って行った携帯で連絡をしようとするとこうなります。

自分が友人の日本の携帯に国際電話をする→日本の携帯会社(ドコモなど)が国際電話を受けて友人のいる国に転送する→友人のいる国で国際ローミングで電話を受ける(この場合は日本からかかってくるので受けられます)

このとき質問者様は自分の国際電話と国内での転送までの通話料金、友人は国際転送代と現地ローミング代(外国は受話も通話料がかかります)を払います。

とても莫大な費用で、私はハワイでこれをやりましたが、二人分の合計で3000円を超えました。10分は話していないと思います。

ということで、日本の携帯同士で連絡を取り合うのは非現実的というか、お金がいくらあっても足りません。それならタクシーでホテルに戻ったほうが安いです。

現実的な方法はいくつかあります。
メールやLINEなどのネット環境があれば使えるアプリなどがあれば、wifiのあるところ行けば連絡がとれます。あらかじめどういうところにwifiが飛んでいるか、確認しておきましょう。日本よりも多くの場所でつかえるはずです。

特にホテルとレストランはかなり使えるはずですので、ホテルロビーなどは使いやすいでしょう。

また、ネットを使いたいならネットカフェもあります。

はぐれた待ち合わせだけに限って言えば、ホテルのフロントに伝言を預けることもできます。ホテルのフロントに名刺がありますので、それをもらっておきましょう。また、タクシーで帰るときもそれを見せれば連れていってもらえます。

携帯のない昔に戻ればよいだけです。

まず、日本の携帯を緊急用に通話に使うのは恐ろしくお金がかかります。

日本の携帯は当たり前ですが、電話番号は日本でしか通用しません。国際ローミングは「電話を掛ける」はできても「受ける」ことはできないのです。

受けるためには、日本へ電話する必要があります。ですからオーストラリアに居る自分がオーストラリアにいる友人に日本から持って行った携帯で連絡をしようとするとこうなります。

自分が友人の日本の携帯に国際電話をする→日本の携帯会社(ドコモなど)...続きを読む

Q仮払消費税が仮受消費税を上回る消費税の確定申告

教えてください。
3月11日に発生した東日本大震災・大津波で被災した法人です。
会計年度は4月から3月末です。
平成23年度の売上は殆ど見込めない状況にあり、施設が流失したものですから、年度内に建物外の復旧に大きな額を支出します。
この場合の例として、1年間の仮払消費税が10,000,000円となって、仮受消費税が500,000円とした場合に差額が9,500,000円となりますが、大雑把な例として9,500,000円は確定申告後に還付されるものでしょうか。
なお、本年度は中間納付がないものとしてご指導ください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>大雑把な例として9,500,000円は確定申告後に還付されるものでしょうか…

今年 (期) 分が本則課税で申告することになっているなら、基本的には還付されます。
950万丸ごと還付かどうかは、細かく吟味しないと何とも言えませんけど。

簡易課税なら還付はありません。

Q振込で支払えるレンタルWifi(海外用)

急遽来月イタリアに1週間ほど滞在することになりました。

ツアーに知人なし(一人)で参加するため、現地での色々な情報収集を
iphone4を持参して行いたいと思っています。

そこでレンタルwifiを日本から持参しようと思ったのですが、
インターネットで調べる限り、支払い方法がカードのものばかりで
困っています(クレジットカードを持ってないので・・・)。

何社か法人だと振込みで支払えるところはありましたが、
個人的な旅なので個人名義で借りる予定です。

どなたか振込みなどで支払えるイタリア用のレンタルWifiを
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください><

Aベストアンサー

海外で使うレンタルwifiは、帰国して返却して料金が請求される後払いですので、クレジットカード払いになってしまいます。クレジットの方がレンタル会社はほぼ確実に料金を回収できますから。
料金を前払いできるようであれば、現金も有りうるかと思います。
レンタルのWifiの会社に問い合わせしてみては、いかがでしょうか。
もし、前払いできるとしたら、契約期間の料金に保証金を加える形になるかもしれませんが。

移動中にネットを検索するのであれば、レンタルのWifiアダプタが必要ですが、ホテルの部屋だけでiphoneを使おうとするなら、レンタルwifiは利用しなくてもよろしいです。
ホテルのLANサービスを利用すればよろしいです。
ホテルのLANサービスで、有線の場合がありますので、その際は有線LANを無線で飛ばす機器がありますので、取り寄せる必要があります。
まずは、宿泊するホテルの情報を調べてみてはいかがでしょうか。

海外へ行かれるのなら、クレジットカードは、必需品と言われていますが、作成できないのでしょうか。
クレジットカードを持っていないと、多目の現金を両替しておかないといけませんから。

海外で使うレンタルwifiは、帰国して返却して料金が請求される後払いですので、クレジットカード払いになってしまいます。クレジットの方がレンタル会社はほぼ確実に料金を回収できますから。
料金を前払いできるようであれば、現金も有りうるかと思います。
レンタルのWifiの会社に問い合わせしてみては、いかがでしょうか。
もし、前払いできるとしたら、契約期間の料金に保証金を加える形になるかもしれませんが。

移動中にネットを検索するのであれば、レンタルのWifiアダプタが必要ですが、ホテルの部屋だけ...続きを読む

Q海外輸入したものを国内で売るときの消費税は?

こんにちは。
先日、海外から商品を輸入したのですが、商品の請求書とは別に運送会社からの請求書が届いたのですが、これを国内の取引会社に請求するときはどのようなかたちで請求したらよいのでしょうか?
例えば、
物品仕入代金\100,000(海外からの仕入なので非課税?)
運送会社からの請求内容が、
課税対象外計\50,000
課税計\30,000
消費税\1,500
だった場合、売上時には、どのような請求明細を作成したら良いでしょうか?
ちなみに物品に対する利益は\20,000とします。
どなたか教えれ下されば幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>国内の取引会社に請求するときはどのようなかたちで…
>売上時には、どのような請求明細を作成したら良いでしょうか…

ごく普通に、売上高の 5%を消費税として上乗せします。

>物品仕入代金\100,000(海外からの仕入なので非課税?)…

非課税でなく「不課税」ですね。
これは、あなたが仕入れるときは消費税の課税要件を満たしていない不課税取引ですが、いったんあなたのものになったあとは、国内取引ですから課税対象になります。
あなたが課税事業者なら、消費税の申告をする際には、仕入れには消費税が含まれず売上げのみに含まれているとして、5%まるまる納税することになります。

>ちなみに物品に対する利益は\20,000とします…

ちょっと意味がよく分かりませんが、たとえば、多くの家電製品は海外で生産されていますが、入管時点でいくら、国内の運賃ほか諸経費がいくら、メーカーの儲けがいくら、販売店の儲けがいくらなどと内訳の出た請求書など見たことがありません。
あなたが売りたいと思う値段の請求書を、書けばよいだけの話です。

Q海外で使えるレンタルwifiの後日請求についての質問です。

先日ヨーロッパへの渡航時に、2カ国で使える設定で○○社よりwifiをレンタルしました。
帰国後1週間したところ、「設定の2カ国以外で使用されており、90,000円の超過料金が発生しているので、請求書を送る前の確認です。」と電話連絡がありました。
また、本来の請求金額は90,000円だが、特別に19,800円で良いと言っています。
「陸続きの2国を電車及びバスで移動したので、他の国での使用はありえません。」と説明したところ、「日本国内でwifiの電源を入れたのでは無いか?」と言われました。
確かに帰国時に電源が入っていた可能性はありますが、そのような説明はレンタルする際にまったくありませんでした。
(もしかしたら、分厚い説明書には書いてあったかもですが。)

腑に落ちない気持ちで一杯ですが、こちらの非となるのでしょうか?
同じような経験された方はいらっしゃいますか?
どなたか教えて頂けましたら、幸いです。

Aベストアンサー

非になるかどうかは「請求書を確認するから送れ!」でえぇのとちゃうん???
なんでへぇ〜へぇ〜と
>請求書を送る前の確認です。
これで動揺するんやろ???
あんさんは言われるがママでえぇんでっか?

Q仮払消費税が仮受消費税を上回った場合の会計処理について

お世話になります。
現在、平成17年度の決算処理を行っておりますが、仮払消費税(150万)の額が仮受消費税(100万)より多く、また、その差額が中間納付(3回で40万)分より多い場合の経理処理を教えてください。
                  

Aベストアンサー

判りやすいと思って、1本にしただけです。
中間消費税の分と仕訳を分けた方が良ければ
どちらでも構わないですよ。

ただ、
>(残高を残して)
と言われる点、
仮払金は未収入金との振替でゼロになりますよね。

Q海外レンタルWIFIルータの重量

観光中は携帯して歩くので、重さが気になります。
あちこちのレンタルルータサイトを見ても、重量がよく解りません。
最近のは軽い、とか書いてあっても、実際何グラムなんでしょう?

スマホの重量は200グラム弱です。
ルータもそのくらいと考えていいでしょうか?
充電切れ対策として、充電器(乾電池とかの)ももつとすると、全体でどのくらいの重さになるのでしょう?

小柄な女性が一日、持ち歩くのに、気軽に歩ける程度の重さなのか不安です。

Aベストアンサー

重さは、レンタルをするお店、もって行く国によって機種が異なったりします。
大きさのイメージは携帯電話1個分、重さもそれくらいです。

レンタルWIFIのバッテリーに注意。
WIFIルーターのバッテリーは半日程度しか持ちません。
必ず、モバルバッテリーを持っていく事。
複数の人間に何度も使われている事と、WIFIルーターはバッテリーの持ちが元々、悪いです。

レンタルWIFIのトラブルに注意。
契約した国以外で電源を入れないこと。(別料金が発生する時がある)
契約した国に着いたら、動作をすぐに確認すること。
 (空港などには無料WIFIがあるところが多いので、不具合があった場合、業者に連絡が取れるから)
自分の携帯の「モバイルデータ通信」は出国時の飛行機に乗った時にOFFしてOFFになっているか確認する。

そんな感じです。

Q弥生会計の消費税集計表で消費税額に誤差がある場合の修正方法を教えてくだ

弥生会計の消費税集計表で消費税額に誤差がある場合の修正方法を教えてください。

弥生会計 04 スタンダードを使用しています。
消費税集計表の売上集計で、課税売上(税抜)15,533,418 に対し、消費税が 621,320 となります。
弥生会計では国に収める4%で計算するそうなので、単純に計算すると、621,336 となるはずではと思うのですが・・・。
免税売上はゼロ、非課税売上は44,510です。
設定等が間違っているとすれば、修正方法を教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>消費税集計表の売上集計で、課税売上(税抜)15,533,418 に対し、消費税が 621,320 となります。
弥生会計では国に収める4%で計算するそうなので、単純に計算すると、621,336 となるはずではと思うのですが・・・。

・確かに15,533,418×4%=621,336となりますが、消費税額の計算に当たっては、課税売上の千円以下を切り捨てて税率を掛けることとなっています。
したがって、15,533,000×4%=621,320となりご質問の数値とは合致するように思われます。

消費税の申告に当たっては、「仮受消費税と仮払消費税の差額」と「未払消費税」に開差(ほとんど)が生じますが、この開差は雑収入(損失)等で処理するのが一般的のようです。

なお、小生、弥生会計に触ったこともないので的外れの回答でしたらゴメンナサイ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング