(骨粗鬆症の程度だと思いますが)、お風呂やベッドへの移乗で人を宙に浮かして運ぶリフトがありますがこのような機器を骨粗鬆症の人が使っても骨は折れないのでしょうか?非常に不安です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

リフトを使用したというだけで骨折するということはありません。

問題は、状況に応じたリフトや吊り具の選定と、その正確な操作・利用です。医師あるいは福祉用具の専門家に相談なさる事を強くお勧めいたします。

人的に介助したとしても、ちょっとしたバランスの崩れなどから、思わぬ力、付加がかかることで事故になる可能性もあります。リフトであれば、一定の個所に一定量の付加がかかる訳で、きちんと使えさえすればとても安全なのですが、吊り具の装着やリフト操作を充分に理解していなければ、やはり事故に繋がります。

介護機器の展示などをしているところで、実際に触れてみる事ができれば良いのですが、お近くにありませんか?介護教室などを定期的に開いているような公共施設が、きっとあると思うのですが…。参考URLからご確認下さい。
特に吊り具はその種類によって使用感が全然違ってきますので、体感してみるのが一番です。吊り上げるときも、途中まで上げたら一旦ストップして、肩を抜いてあげる(締め付けるような力を逃がす)など、そうした細かい部分での作業の必要性も理解できるようになると思います。

参考URL:http://www.techno-aids.or.jp/center/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2004/02/05 11:34

#2です。


用具の選定等について補足します。

参考URLより、
 ・吊り上げ式天井走行リフト
 ・吊り上げ式床走行リフト
 ・吊り上げ式リフト用吊具
で調べてみてください。

参考URL:http://www.techno-aids.or.jp/howto/index.htm
    • good
    • 0

お年寄りの方は、ほとんどの女性が骨粗鬆症だと思っていいと思います。



そして、圧迫骨折というものは、「トン」と椅子に座っただけでなることもあるんです。

リフトで移乗しても、人が抱えて移乗しても、なるときはなるものかもしれません。

ただ、気持ち的にリフトが心配なのであれば、二人で移乗介助した方がいいかもしれませんね。

ちゃんとした回答になってなく、すみません。

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/iryou/kaigogaku/ka1c230 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2004/02/05 11:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q骨粗鬆症治療のカルシウム剤の服用と、狭心症、心筋梗塞の因果関係

骨粗鬆症治療によるカルシウム剤ビタミンD剤の服用と、狭心症、心筋梗塞の因果関係ってあるのでしょうか。カルシウム剤については、それになってしまう可能性が高くなると耳にしました。本当でしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

たしかに、カルシュウムは血圧を上げて狭心症の発作を起こす薬理作用はあります。
しかし、医者が診断して処方した薬でしたら、そのような事が無いように配慮されていますから問題ありません。
もちろん、医者に狭心症を隠すような事をしている場合は別ですが。
処方でなくて、勝手にカルシユウム剤を服用すると、そのような事になってしまう可能性はあると思います。
薬剤でなくて、たんなるカルシュウムを多く含む食品でしたら、心配は無いそうです。
健康食品と称する、実体は薬品になっている物は危険です。

Q認知症の方でベッドから車椅子に移乗するときどうしてもこわがってベッドの

認知症の方でベッドから車椅子に移乗するときどうしてもこわがってベッドの手すりにしがみついてしまったり、廊下で車椅子移動している最中に急にそばにある手すりにつかまったりして

Aベストアンサー

こんにちは。
文面からして質問内容が続きそうなのですが、どうしたら手すりなどにつかまらない様になるのか?の回答がほしいんですね。

まず、認知症の方以外でも、その様な行為と言うか行動はよく見られますよね。普通に判断すれば、恐怖感からとか不安感から現れる行動と思います。

で、この方は認知症・・・コミュニケーション不足と思います。一日中不安と闘っている方です。何かにしがみ付きたい!心のよりどころがない!との思いから、この様な行動と考えるのも一つの解決案かと思います。

きっと、回答者さんとのコミュニケーションが図れていないのと、その方を理解していないんじゃないのかな?

慌てずゆっくりと、決して焦らず、高齢者さんのスピードで、コミュニケーションを図る事から始めれば如何でしょうか?(焦ればその気持ちは相手へ確実に伝わります)

それと、その方の様々な情報の収集が重要かと思います。その場の行為を見ての解決は、認知症の方には通用しない事が沢山あるからです。

例えば、もしかすればその行為が、単なる不安からくるものじゃなく、若い頃従事していた仕事に似た動きかもしれませんし、性格的な事もありますからね。

要するに、認知症の方に対しては、「その方を知る」事から始めましょう。ビックリする事が分かってくると思いますよ。

こんにちは。
文面からして質問内容が続きそうなのですが、どうしたら手すりなどにつかまらない様になるのか?の回答がほしいんですね。

まず、認知症の方以外でも、その様な行為と言うか行動はよく見られますよね。普通に判断すれば、恐怖感からとか不安感から現れる行動と思います。

で、この方は認知症・・・コミュニケーション不足と思います。一日中不安と闘っている方です。何かにしがみ付きたい!心のよりどころがない!との思いから、この様な行動と考えるのも一つの解決案かと思います。

きっと、回答...続きを読む

Q骨粗鬆症で簡保生命保険に入れますか?

骨粗しょう症でエビスタというお薬もらっている51歳の者です。
骨折はしたことがありません。
簡保生命保険に入れるでしょうか?

骨粗鬆症になったら他の会社の保険にも入れないでしょうか?
ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

骨粗鬆症自体は、特別な病気ではありませんが、
問題は、骨折しやすくなるということと、
骨折した場合の入院期間が長くなるということで、
保険会社にはリスクがあることになります。

ですが、それも程度によるのです。
例えば、軽度であり、適切な治療をしていれば、
無治療で骨粗鬆症になっている人よりも、むしろ、
リスクは低いということになります。

なので、どのように判断するかは、
病気全体の問題というよりも、個別の問題ともいえます。
骨粗鬆症だから、どうなる……とは、単純に言えないのです。

Q移乗について。

肥満体形(80キロ程度)の全身麻痺の方を一人で移乗介助することは可能ですか?
当方女です。出来れば介護職の、女性の方回答お願い致します。
正直今まで色んな利用者さんの介助に入りましたが、これは無理だと思いました。
実際試してみましたが無理でした。

もし可能ならコツを教えて頂きたいです。

Aベストアンサー

身体介護の方法は
ボディメカニクスのように、「力学的原理を活用」したものや
古武術式介護技術のように、「介助をする側の身体の動かし方」に注目したもの
キネスティクのように、「介助を受ける側の動きの感覚」に注目した介助方法などあります。

この場合、古武術式介護で対応できるかもしれません。

Q骨粗鬆症?

以前、子供と添い寝中、横向きから起き上がった時、左側を下に寝ていたのですが肋骨にピシっとした傷みが走り、その後ちょっとした動作でも痛くて治らないので、病院に行きレントゲンを撮ってみてもらったところ、写真ではわからないが、肋骨の先がヒビ入っているかもしれないと言われました。最初の診察のみで、治療(薬など)というものも特になく固定するサポーターというのかベルトのようなものを買わされました。しばらくは傷みはあったものの自然に治ったようです。そしてまた最近、今度は右側の肋骨(アンダーバストのあたり)が痛み出し、息を吸ったり、くしゃみをしたりの時に特に痛いので、もしやまた・・・?と思っています。
お聞きしたいのは、
(1)ヒビ程度の骨折はレントゲンではわからないこともあるのか。
(2)思い当たるようなキッカケがなくても骨折はあるのか?
(3)骨密度を測るのにはいくらくらいかかるのか(病院によって金額が違うのか)
(4)骨粗しょう症だった場合の治療について、治療方法、通院の頻度、期間、どんなことでもかまいません。

子供がまだ小さいのと、お金があまりないので自力でなんとかしたいのですが、アドバイスなどよろしくお願い致します。

以前、子供と添い寝中、横向きから起き上がった時、左側を下に寝ていたのですが肋骨にピシっとした傷みが走り、その後ちょっとした動作でも痛くて治らないので、病院に行きレントゲンを撮ってみてもらったところ、写真ではわからないが、肋骨の先がヒビ入っているかもしれないと言われました。最初の診察のみで、治療(薬など)というものも特になく固定するサポーターというのかベルトのようなものを買わされました。しばらくは傷みはあったものの自然に治ったようです。そしてまた最近、今度は右側の肋骨(アン...続きを読む

Aベストアンサー

骨粗鬆症の治療は、その程度によると思います。
日常生活の中で気をつけるよう指導を受けるだけの
場合もありますし、内服を行う場合もあります。
骨を形成する際には、もちろんカルシウムも必要
ですが、他の栄養素も必要です。また、適度な運動や
日光にあたることがよいと言われています。専門医で
適切な指導を受けられるのがよいのではないでしょうか。
肋骨のヒビですが、X線写真にはっきりと写らないこと
もあります。サポーターなどで固定するのは一般的な
治療だと思いますので、その点については主治医を
信頼されてよいと思います。肋骨の骨折について受診
された際に、ついでに相談されれば、改めて別の病院へ
かかるより安いと思います。たぶん、初診料がいらない
と思いますので。
骨密度の検査方法には、かかとの骨で超音波を用いて
計測するものや、腕の骨でX線を用いて計測するものが
あります。詳しく調べる場合には、大型の機器を使用
しますが、これは、中小規模の医療施設にはないことが
多いです。その設備がある病院へ紹介してもらうのが
よいかと思います。
治療コストについては、低コストで治療したい旨を
主治医に相談されてはいかがでしょうか。できるだけ
お金のかからない方法も提案してもらえるのではないで
しょうか。
年齢と共に骨密度は下がっていきます。これは、健常者
でも同じ事ですので、今後のことを考えると、自覚され
ているのであれば、一度検査を受けられるのがよいと
思います。不安を抱えたままでおられるのも大変だと
思います。

骨粗鬆症の治療は、その程度によると思います。
日常生活の中で気をつけるよう指導を受けるだけの
場合もありますし、内服を行う場合もあります。
骨を形成する際には、もちろんカルシウムも必要
ですが、他の栄養素も必要です。また、適度な運動や
日光にあたることがよいと言われています。専門医で
適切な指導を受けられるのがよいのではないでしょうか。
肋骨のヒビですが、X線写真にはっきりと写らないこと
もあります。サポーターなどで固定するのは一般的な
治療だと思いますので、その点について...続きを読む

Q車いすから移乗で上半身を持ち下半身を引きずる

車いすから狭い場所(トイレなど)での移乗で上半身を抱え下半身を引きずる方法は何と言う方法ですか?

Aベストアンサー

「下半身を引きずる」って、力任せに体を持ち上げているだけですか?
それだけ聞くと、間違った介助方法に思えます。

ボディメカニクスやキネスティク、古武術式介護技術などいろいろな身体介護技術の方法がありますので、もっと適切な方法があると思います。

Q骨粗鬆症 薬に頼らない改善方法

47歳男ですが、先日転倒し第5腰椎を圧迫骨折し、骨粗鬆症と診断されました。

薬物治療を開始すると主治医は言っておりますが、骨粗鬆症の薬の副作用が怖いです。
骨粗鬆症と診断された後は、毎日日光浴をしながらウオーキングとカルシウムのサプリメントを取ってます。

薬を飲まずに、食事と運動で改善したいと思っておりますが、主治医はそれでは追いつかないと言っております。

薬に頼らない方法はありますか。

Aベストアンサー

骨粗鬆症の治療では食事・運動療法と薬物療法を併用して行うことが多いです。
質問者さんの場合、既に食事や運動に気を遣っていて
そのうえで主治医さんに「それでは追いつかない」と言われたとのことなので
思い切って薬物療法に踏み切った方が良いのでは、と思います。
副作用はどんな薬にもつきものです。納得できるまで、主治医さんにじっくり説明してもらってください。

Q車椅子からベッドへの移乗方法

早速質問です。
以下の条件での車椅子からベッドへの移乗方法をいくつか教えてください。

高齢者で左半身麻痺があり、支えれば立ち上がれるが、一人では移動することができない。
車椅子でベッドまで連れて行き、ベッド上で楽な姿勢をとり、休ませてあげたい。

介護者は1人の場合でも、2人の場合でも構いません。
ベッドは両脇に隙間があり、人が通ることができます。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

そうですね。旨く言う事が出来ないのですが、支え立ちできるのであれば、
ベットの脇に車椅子を止め、(位置は車椅子の手すりがベットの脇にくる、もしくは斜めに。出来るだけベットに近づけた方がいいかもしれません)立ち上がらせて下さい。この時、介助される側の両足の間に、軸となる自分の足を入れてください。(自分のやりやすい方で構いません)その体勢の状態は抱き合う形になると思いますが、そのまま、軸としている足は余り動かさず、空いている方の足を使って、そのまま、介助される側の方がベットに腰掛けられる位置まで回転します。そしたら、1回ベットに腰掛け、お尻を軸に、両膝の裏と背中(いわゆるお姫様抱っこの状態)に手を差込み、寝かせられる事が出来ると思います。この時、初めに
車椅子のブレーキをかけることと足置きを上に上げる事を忘れないようにして下さい。移動中、車椅子が邪魔になるようでしたら、行儀悪いかもしれませんが、足で追いやるとやりやすいかもしれません。
左半身麻痺という事でしたが、寝ている状態で右になる方で移動(トランスと言いますが)が楽ではないかと思います。
もし、書店行く機会あれば、参考書も売っていると思います。福祉関係のコーナーで、ホームヘルパーとか介護福祉等にあると思います。「トランス」とか「移動」などの索引に載っているかと。
これは1人でやる時の方法ですので、安全に気をつけてやって下さい。

そうですね。旨く言う事が出来ないのですが、支え立ちできるのであれば、
ベットの脇に車椅子を止め、(位置は車椅子の手すりがベットの脇にくる、もしくは斜めに。出来るだけベットに近づけた方がいいかもしれません)立ち上がらせて下さい。この時、介助される側の両足の間に、軸となる自分の足を入れてください。(自分のやりやすい方で構いません)その体勢の状態は抱き合う形になると思いますが、そのまま、軸としている足は余り動かさず、空いている方の足を使って、そのまま、介助される側の方がベットに...続きを読む

Q30台前半で、骨粗鬆症

まだ30台前半(女)なのですが、重度の骨粗鬆症になってしまいました。
これまでは健康がとりえだと思っていたのですが、
おととし出産し、その後腰の骨折から(転んだりしたわけではないのですが)、
骨粗鬆症が発覚しました。
いずれ第二子を産みたいと思っているので、本格的な治療が出来ずにいます。
(薬療法をすると、第二子に奇形などのリスクがあるそうです)

若い方で、骨粗鬆症に悩んでいらっしゃる方はいませんか?
今も腰や背中が痛くて、育児や家事が思うように出来ません。
どうしたらよくなるのでしょうか?
骨粗鬆症で有名な病院などご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただければ幸いです。
とにかく、不安で不安でこちらに投稿させていただきました。
お詳しい方がいらっしゃったらアドバイスいただけませんでしょうか?
どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 必ず良くなられますよ♪ 気休めで云っているのではなく、某栄養療法研究グループの高齢女性たちのデータ(オステオアナライザーによる骨密度測定)で、戸籍年齢よりも平均10歳若い数値を示していたのを見たからです。

 ただ、どんな食生活をなさっていたのか? 骨粗鬆症以外に別の疾患を抱えておられるのか? その疾患故に骨粗鬆症を患っていることもあるのです。大きな病院でも調べ得ない検査を重ねて、その中から真の原因を探し出して治療してくれる医師が、質問者さんにとって最良の主治医になると思います。勿論、そうした治療によって骨だけではなく健康体を取り戻すことができて、第二子も平均値を超えた健康児として出生されます。
 
 胎児は母体から得られる栄養次第で、未熟児にもなり、発達障害児にもなり、健康優良児にもなるものです。

http://www.clinic-hygeia.jp/embarrasses/07.html  clinic HYGEIA

 女性の身体を熟知した女医さんが上記URLで「骨粗鬆症」について明解な説明をしています。

 どの医師も、骨粗鬆症にはカルシウム剤とビタミンD3剤を薦めますが、それだけでは治らないのが「骨粗鬆症」です。
 URLの女医さんは、食事(栄養)によって体が造り替えられること学び、あらゆる病に栄養療法を取り入れて治療にあたっています。

 必ず良くなられますよ♪ 気休めで云っているのではなく、某栄養療法研究グループの高齢女性たちのデータ(オステオアナライザーによる骨密度測定)で、戸籍年齢よりも平均10歳若い数値を示していたのを見たからです。

 ただ、どんな食生活をなさっていたのか? 骨粗鬆症以外に別の疾患を抱えておられるのか? その疾患故に骨粗鬆症を患っていることもあるのです。大きな病院でも調べ得ない検査を重ねて、その中から真の原因を探し出して治療してくれる医師が、質問者さんにとって最良の主治医になると思います...続きを読む

Q移乗介助の方法で脳性マヒの人を車椅子へ

質問します。
脳性麻痺が強くて、緊張から体がカチカチにこわばる人を、うつぶせで寝ている状態から 車いすへの移乗介助をするときの手順が知りたいです。
ご本人の状態は脳性マヒがあって緊張が強い人で体重は45キロくらいです。
移乗介助はほとんどやったことがないのですが、今度一人でやらないといけなくなったのでやり方を教えてほしいです。

Aベストアンサー

おそらく、うつ伏せで休まれているために、移乗するために、一度仰向ける必要があり、
その際に体が強ばるのでしょう。
意図とは違うところで筋肉が強ばってしまうのと、
介助者への緊張のため、必要以上に体がカチカチになってしまわれるのだと思います。
尚のこと、急いで体位変換や移乗を行うと事故を起こしますよ。
幸い、質問者さまはご利用者さまより随分体が大きいようなので、
その体格を生かし、
なるべく少ない回数でうつ伏せ→仰向け→端座位→移乗を行うのが
よいでしょうね。
できるだけ、大きな筋群を腕全体から手のひらで支えながら
体位変換、移乗されると安定します。
強ばりは一時的に起こるものです。

>介助に時間がかかるほど緊張が強くなるようです。
介助者がもたもたすれば緊張するのは誰しも同じですよね。
介助に時間をかけるのとは違うのです。
大きな筋群を固定して行う安定した介助と一動作一動作での間合いは
利用者の移動・移乗には絶対に欠かせません。
一度安定した体位変換、移乗をして差し上げると、
回を重ねる毎に緊張の時間が減っていくことを
あなたご自身が感じることが出来ると思いますよ。
イメージ出来ましたでしょうか・・・・・

おそらく、うつ伏せで休まれているために、移乗するために、一度仰向ける必要があり、
その際に体が強ばるのでしょう。
意図とは違うところで筋肉が強ばってしまうのと、
介助者への緊張のため、必要以上に体がカチカチになってしまわれるのだと思います。
尚のこと、急いで体位変換や移乗を行うと事故を起こしますよ。
幸い、質問者さまはご利用者さまより随分体が大きいようなので、
その体格を生かし、
なるべく少ない回数でうつ伏せ→仰向け→端座位→移乗を行うのが
よいでしょうね。
できるだけ、大き...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報