3月決算の会社の中間決算は9月ですが、中間配当がある場合、何月何日頃にどこから何が送られてくるのでしょうか?

A 回答 (3件)

株式配当通知書に、受領印を押すところがありますから、そこに住所・氏名を記入し、届出印を押して、銀行または郵便局へ本人が持っていけば、現金化できます。



印鑑は届出印となっていますが、3文判でも大丈夫です。

本人が行けないときは、裏面に委任状が有りますから、そこに記入すれば、代理人が受け取れます。

会社によっては、郵便局では受け取れない会社もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

9月中間決算の場合、通常、何月何日頃から現金化出来るのでしょうか?
また、時効は何年ですか?

お礼日時:2001/05/15 00:22

>9月中間決算の場合、通常、何月何日頃から現金化出来>るのでしょうか?


通知書が届いた時から現金化できます。>


>また、時効は何年ですか?
10年間で時効になります。
ただ、通知書に記載されている期間を過ぎると、銀行・郵便局では現金化できなくなります。
この場合は、会社の株式事務を代行している信託銀行に請求することになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

くわしいご回答をありがとうございます。
何でもご存知なので、ビックリしてしまいます。

お礼日時:2001/05/16 21:07

株主となっている企業から、株式配当通知書が11月下旬から12月初旬に送られてきます。


当該企業の中間決算後の株主総会で、利益処分案が可決された後になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

株式配当通知書は、誰がどこに、他に何の書類と一緒に持っていけば現金化出来るのでしょうか?
はんこは三文判でもよいのですか?
教えてくだされば幸いです。

お礼日時:2001/05/14 22:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q決算期変更(3月→6月)に伴う短期決算(4月→6月)について

どなたか教えてください。

当社は現在3月決算なのですが来期より決算期を6月に変更する予定です。
それに伴って今年は、4月から6月までの3ヶ月決算をする予定なのですが会計処理は四半期決算と同じでよろしいのでしょうか?
当社は非上場で会社法だけですが、IPOを目指しており有報も作成しております。

方針を決定するにあたり早期に調査しなければいけないのですが、いろいろ探しても文献等がみつからなくて。。

どうか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

3カ月決算で行くということであれば、基本的には通常の決算を行えば良いです。税務上の限度額計算はほとんど月割計算になります。
注意しなければならないのは減価償却計算が、四半期決算の場合とは異なった処理になります。
一括償却資産については、四半期決算ではその四半期に所得したものについては全額損金算入とし、過年度取得分についてだけ月割計算するかと思いますが、3カ月決算ではその期間取得分も3/36の損金算入です。
定率法償却での償却限度額は、通常の償却率×3/12ではなく
通常適用耐用年数×12/3の年数の償却率が適用されます。
たとえば通常6年の耐用年数の資産には6×12/3で24年の耐用年数の償却率が適用されます。

Q3月決算法人で、4月末に決算賞与を支給したいのですが。

勉強不足で恐縮ですが、たしか数年前から4月中に支払う決算賞与も損金に算入できるというのをちらっと見ました。
決算状況を見てから、4月中に一時金として、従業員に渡したいのですが、この場合の仕訳は、
  従業員賞与○○/未払費用○○ でよろしいでしょうか?
また、当社は、6月12月にも、スズメの涙 程度の賞与を支給しており、賞与引当金も計上予定(支給対象期間対応で)です。今年はたしか6分の1しか損金として認められないのですね(泣)
仮に、この両方を計上するとなると、税務上はどのようになりますか?
初めての決算賞与なので、処理がわかりません。というか6月12月があまりにも少なすぎて、何とかして決算賞与が出せるようにしたいと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

仕訳としてはそれでいいです。
決算未払賞与を損金計上する際は、以下の用件を満たす必要があります。
1)支給を受けるすべての従業員に支給額を通知すること(出来れば文書で通知し全員に確認印をもらった方がよい)
2)決算日から1か月以内に支払うこと
税務署に認容された例と否認された例が↓サイトにありますので、ご覧下さい。
http://www.kfs.go.jp/service/MP/03/02/0305.html

賞与引当金については、支給対象期間基準(賞与規定はありますよね)で計算した繰入限度額の1/6が損金に算入出来ます。

Q仮決算による中間決算における法人税・県税(県民税と事業税)・市税(市民税)の申告書の配布について

 ghq7xyです。今年の4月から派遣社員として今の派遣先へ赴任して税務などを担当しています。初めての中間申告につき質問します。

 さて、法人税・県税(県民税・事業税)・市税(市民税)について、毎年中間申告・納付を行なうわけですが、原則として予定納付により、前年度の年税額の半額を納付します。
 しかし、今年度は急に売上が落ちて予定納付では資金繰りが苦しくなるおそれが高いため、仮決算を行なうことになりました。

 そこで質問ですが、中間申告の時には確定申告のときと同様、税務署、県税事務所、市役所からそれぞれの申告書用紙と納付書用紙が送られてくるはずですが、中間申告時に送られるものは予定納付の申告書しか送られないのでしょうか。また予定納付の申告書しか送られない場合は、どうすれば仮決算の申告書を入手すればいいのでしょうか。郵送で請求する場合、切手を貼った返信用の封筒を同封する必要があるでしょうか。あと、直接取りに行く場合はパンフレットのように玄関前に置いてあって、自由に取っていけるものなのでしょうか。

 ちなみに派遣先の中間決算日は9月30日、すなわち法人税、住民税、事業税の中間納付期限は11月30日になりますので、まだ気が早いのですが、中間決算でバタバタする前に知っておこうと思うので、宜しくお願いします。

 ghq7xyです。今年の4月から派遣社員として今の派遣先へ赴任して税務などを担当しています。初めての中間申告につき質問します。

 さて、法人税・県税(県民税・事業税)・市税(市民税)について、毎年中間申告・納付を行なうわけですが、原則として予定納付により、前年度の年税額の半額を納付します。
 しかし、今年度は急に売上が落ちて予定納付では資金繰りが苦しくなるおそれが高いため、仮決算を行なうことになりました。

 そこで質問ですが、中間申告の時には確定申告のときと同様、税務署、...続きを読む

Aベストアンサー

原則として、前年の法人税額が20万円を超えると、翌年の中間で、半額を納付する予定納税の義務が生じます。これに代えて、実際に中間決算を行い、申告・納付を行うことができますが、このときに使用する申告書は、予定納税の申告書とは別のものになります。

予定納税用の申告書ですと、実際の申告額を記入する欄に代えて、前年の半額を記入する欄しかありません。
従って、実額で中間決算を行う場合には、確定申告時と同様の用紙を使用し、住所・法人名欄と税額の計算欄との間の「平成○○年○○月○○日平成○○年○○月○○日事業年度分の  申告書」のところに、「中間申告書」と記入して提出します。

用紙は、直接取りに行ってもらうことができます。税務署は、大体は法人課税の入り口のところに置いてあります。わからなければ、中の人に声を掛ければ教えてくれます。また、県については、所轄の県税事務所の法人事業税の係、市については、法人市民税の係にそれぞれ行けば、手渡してくれます。

税務署以外は郵送でも気軽に送ってもらえます。先ほどの窓口に、会社名などを言えば、大体は返信用なしで送ってくれます。
税務署は、基本的には取りに来て欲しいと言います。どうしてもと頼めば、切手を貼った返信用封筒を送ることによって、送ってくれると思います。

原則として、前年の法人税額が20万円を超えると、翌年の中間で、半額を納付する予定納税の義務が生じます。これに代えて、実際に中間決算を行い、申告・納付を行うことができますが、このときに使用する申告書は、予定納税の申告書とは別のものになります。

予定納税用の申告書ですと、実際の申告額を記入する欄に代えて、前年の半額を記入する欄しかありません。
従って、実額で中間決算を行う場合には、確定申告時と同様の用紙を使用し、住所・法人名欄と税額の計算欄との間の「平成○○年○○月○○日平成○○年○○...続きを読む

Q中間決算特有の決算処理ってありますか?

中間決算と本決算は、少し処理の仕方が違うという話を耳にしたのですが・・・そういう説明のあるサイトとかあったら、教えてください。

Aベストアンサー

原則的には本決算も中間決算も同じだと思います。ただし未公開企業では、本決算並の取り組みをすることが大変ですので、少しラフな決算手続きをするのことが多いと思います。たとえば、中間決算では賞与引当金や退職給与引当金の処理はやらないとか、期末では仮受金や仮払金の本勘定への振替をきちんとやるけど、中間では仮勘定のままにしておくとか、全社・全部門の事務手続きが煩雑になるような作業は省略して、とりあえずのもので決算書を作成することがあるかと思います。決算書を見る人が一般投資家であれば、本決算と同じように中間決算処理をしなければならないと思いますが、銀行など日頃から顔をよく合わせ、口頭で説明すれば理解してもらえる相手のために作成する場合、未公開企業であれば、多少処理を簡便にしておいても大丈夫だと思います。

Q中間決算・半期決算・申告について

会計・税務の基本的なことで大変恐縮ですがご教示下さい。
私の勤める会社は現在第2期のベンチャーであり、資本金1億6千万円、この9月の半期決算は数千万円の利益が出る見込みです。資本金については今期になってから1億ほど増資しています。(新株予約権含む)
前期は設立1年目ということもありマイナス所得でしたので、法人税は均等割額以外は納付していません。消費税は当然納付済みです。
また、数年後の株式公開を目指し、主幹事証券会社とは常時ミィーティングを行っており、監査法人とも契約済です。(この半期決算は監査法人による監査はパスする予定です)
これらの内容に基づいて、この半期決算で行う税務業務というのは、どのようなことがあるでしょうか?
予定申告と中間申告ということも聞いたことがありますが、どのような違いがあるのでしょうか?
もし選択制であり、予定申告を選ぶとすると、前期の納税はなかったのでこの半期は法人税は納めなくていいのでしょうか?
それとも、株式公開という目標もあることですから、中間決算(仮決算)を行ない、決算値を確定・納税もするべきなのでしょうか?

色々と書いてしまいましたが、基本的なことで大変申し訳ありませんが、アドバイスお願いします。

会計・税務の基本的なことで大変恐縮ですがご教示下さい。
私の勤める会社は現在第2期のベンチャーであり、資本金1億6千万円、この9月の半期決算は数千万円の利益が出る見込みです。資本金については今期になってから1億ほど増資しています。(新株予約権含む)
前期は設立1年目ということもありマイナス所得でしたので、法人税は均等割額以外は納付していません。消費税は当然納付済みです。
また、数年後の株式公開を目指し、主幹事証券会社とは常時ミィーティングを行っており、監査法人とも契約済で...続きを読む

Aベストアンサー

上場を目指すとのことですから、会計的には、中間決算をすべきでしょう。税金も本来あるべき税額を試算して計上するのが本来の会計となります。
しかし、税務的には、予定納税を選択し(この場合は、消費税のみ納付することとなります)資金負担を軽減します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報