期末棚卸し時に貯蔵品の仕分けが分からなくなりましたので質問です。
今まで
 ○○○○期首商品棚卸高  貯蔵品○○○○
 
 ○○○○ 貯蔵品     期末商品棚卸高○○○○

 という仕分けをしてきました。
今期 40万ほどの包装材料を購入して消耗品として仕分けました。

棚卸し時にどうすればよいのでしょうか
○○○○ 貯蔵品  消耗品費○○○○
 と 仕分けるとありましたが 今まで間違った仕分けをしていたのでしょうか
 似たような質問を読んでも分からなかったのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

今まで間違った仕分けをしていたのです。

正しくは、

期末決算で、
(1)商品の在庫は、
〔借方〕商品○○○○/〔貸方〕期末商品棚卸高○○○○
(2)貯蔵品の在庫は、
〔借方〕貯蔵品☆☆☆/〔貸方〕消耗品費☆☆☆
と仕訳します。

今期、40万円の包装材料を購入して消耗品費として仕分け、
〔借方〕消耗品費400,000/〔貸方〕現金400,000

期末に15万円の包装材料の在庫があるのなら、

〔借方〕貯蔵品150,000/〔貸方〕消耗品費150,000
と仕訳します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり間違っていたのですね。
ありがとうございます
すっきりしました

お礼日時:2012/08/14 14:14

購入時の仕分けで適用させた勘定科目によって、


次の展開は変えられていくのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。購入時の勘定科目の仕分け
で次の展開は変えられていくとはどうすればよいのでしょうか?

お礼日時:2012/08/14 14:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q印紙売却の消費税について教えて下さい

会社で経理を担当している者です。

貯蔵品計上してある印紙を他社に売却する事となったのですが、
課税扱いとなることは知っているのですが、
実際には仕訳をどのようにしたら良いか判らず悩んでいます。

売る側の会社と買う側の会社、両方の経理仕訳を教えて下さい。

印紙額面は合計100,000円で、郵便局から購入し貯蔵品に計上してあります。
購入する側でも貯蔵品として扱う場合
下記の様になるのかな。と思っていますが自信が有りません。
間違っていますでしょうか?

宜しくお願いします。


【売却側】
現金 105,000    / 貯蔵品 100,000
            / 仮受消費税 5,000

【購入側】
貯蔵品 100,000   / 現金 105,000
仮払消費税 5,000

Aベストアンサー

A.郵便局から収入印紙額面10万円分を購入したとき:
〔借方〕貯蔵品100,000/〔貸方〕現金100,000

B.この収入印紙額面10万円分を他社へ10万円で売却したとき:
〔借方〕現金 100,000/〔貸方〕貯蔵品 95,239
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕仮受消費税 4,761
〔借方〕雑損失 4,534/〔貸方〕貯蔵品 4,761
〔借方〕仮払消費税 227/

C.この収入印紙額面10万円分を他社へ105,000円で売却したとき:
〔借方〕現金 105,000/〔貸方〕貯蔵品 100,000
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕仮受消費税 5,000

b。この収入印紙額面10万円分を他社へ10万円で売却したときの他社の仕訳:
〔借方〕貯蔵品 95,239/〔貸方〕現金 100,000
〔借方〕仮払消費税 4,761/

c。この収入印紙額面10万円分を他社へ105,000円で売却したときの他社の仕訳:
〔借方〕貯蔵品 100,000/〔貸方〕現金 105,000
〔借方〕仮払消費税 5,000/

Q期末・期首の棚卸商品の仕分けについて

商品に関する期末期首において

----
決算時に、期首の商品在庫10,000円を振り替えた。
期首商品棚卸高 10,000/商品 10,000|期首分振替
----
決算時に、商品の期末棚卸を実施した結果、10,000円の在庫があった。
商品 10,000/期末商品棚卸高 10,000|期末分振替
----
 とあるのですが、この仕分けをしたことによって、貸借対照表にどう関係するのでしょうか?
商品も棚卸高も、同じ資産の部だと思うのですが、これらは、何のための仕訳なのでしょうか?

今、残高試算表平成17年期首(1月)において、
【棚卸資産】
商品 13,488,901円となっています。

先日棚卸残高を確認したところ、13,333,112円、ありました。

これを平成17年決算の当期残高が
【棚卸資産】
商品 13,333,112円にしなければならないのですが、昨年期首から商品に関する仕訳をしていないので、期首の13,488,901円となっています。
どのような仕訳をすれば、正しい処理になるのでしょうか?

---------------------------------

また、17年度の総勘定元帳を見ると、
商品仕入 2,634,496円となっていました。

ということは、平成17年度の商品売り上げは
13,488,901+2,634,496-13,333,112=2,790,285円
ということですが、

商品売り上げの総勘定元帳を見ると、5,261,070円とありました。

全然計算があっていないのですが、これは明らかな間違いなのでしょうか?

商品に関する期末期首において

----
決算時に、期首の商品在庫10,000円を振り替えた。
期首商品棚卸高 10,000/商品 10,000|期首分振替
----
決算時に、商品の期末棚卸を実施した結果、10,000円の在庫があった。
商品 10,000/期末商品棚卸高 10,000|期末分振替
----
 とあるのですが、この仕分けをしたことによって、貸借対照表にどう関係するのでしょうか?
商品も棚卸高も、同じ資産の部だと思うのですが、これらは、何のための仕訳なのでしょうか?

今、残高試算表平成17年期首(1月)におい...続きを読む

Aベストアンサー

決算書の作成に必要な仕訳として商品勘定から期首、期末の振替仕訳が必要になります。これを結果で示すと次のようになります。

貸借対照表
 流動資産の部
  商  品  13,333,112(金額が期末のものに変わる)

損益計算書
売  上  高                5,261,070

売上原価
期首商品棚卸高 13,488,901
当期仕入高     2,634,496
        ----------
  計        16,123,397
期末商品棚卸高 13,333,112    2,790,285 
        ----------  ----------
  売上総利益                2,470,785

Q貯蔵品勘定への振替金額は税込or税抜どちら?

決算修正仕訳で切手の棚卸を例に質問します。

例えば@80円の切手が200枚期末に残っていたとします。
この場合

(1) 貯蔵品15,238|通信費15,238

(2) 貯蔵品 16,000|通信費   15,238
              |仮払消費税 762

税法的に(1)or(2)どちらが正しいのでしょうか? 
因みに、今勤務している会社は(1)で処理しています。
しかし、(1)の仕訳では仮払消費税が762円過大に
計上されたまま確定消費税を計算する事にはならないのでしょうか?


また参考になる税務通達等あれば教えて下さい。

Aベストアンサー

郵便切手等に係る消費税の経理処理については、使用時に消費税を計上することを原則としながら、購入時に消費税を計上することも認められていますので、次の仕訳例を参考にしてください。
なお、経理処理については、税込経理と税抜経理方式がありますが、税抜き経理方式により仕訳を行っています。

★使用時に消費税を計上する方法(実務ではほとんど行いません)
---購入時---
(借)郵便切手あるいは貯蔵品 24,000 (貸)現金 24,000

---使用時---
(借)通信費 7,620 (貸)郵便切手あるいは貯蔵品 8,000
(借)仮払消費税 380

---決算時---
貯蔵品として16,000残っていますが、仕訳は行いません。


★購入時に消費税を計上する方法(実務で行っている)
---購入時---
(借)通信費 22,858 (貸)現金 24,000
(借)仮払消費税 1,142

---使用時---
仕訳は行いません。

---決算時---
郵便切手として16,000残っていましたので、貯蔵品に振り替えます。
(借)貯蔵品 16,000 (貸)通信費 15,238
          (貸)仮払消費税 762

★重要
経理ソフトによっては、期中に税込経理(仮払消費税は計上しない)を行って、月末等に自動的に税抜処理(仮払消費税を計上する)を行うものなどがありますので、使用ソフトのマニュアルを良く確認してください。

郵便切手等に係る消費税の経理処理については、使用時に消費税を計上することを原則としながら、購入時に消費税を計上することも認められていますので、次の仕訳例を参考にしてください。
なお、経理処理については、税込経理と税抜経理方式がありますが、税抜き経理方式により仕訳を行っています。

★使用時に消費税を計上する方法(実務ではほとんど行いません)
---購入時---
(借)郵便切手あるいは貯蔵品 24,000 (貸)現金 24,000

---使用時---
(借)通信費 7,620 (貸)郵便切手あるいは貯蔵品 8,000
(借)...続きを読む

Q経理の仕事 貯蔵品の棚卸し業務

建設会社の経理部財務課で働いてるものです。
最近決算業務の貯蔵品の棚卸し業務というものを任されました。
詳しい内容は、営業所に保管してある、切手や印紙等を決算前に棚卸をしてもらいそれらをチェックするというものです。
この業務においてのツボ、また、もっとも注意しなくてはいけない点がありましたら教えていただきたいです。

Aベストアンサー

日常の管理は別の担当者さんが行い、mintan_001さんは決算棚卸のみをご担当なさる、ということでしょうか。

そうであれば、帳簿と実地の突合は当然として、枚数数えを2~3回は行うこと、1ヶ所に保管されているとは限らないこと(例えば営業所員の机の引出しに入っているなどがあり得ること)が、パッと思いつくところです。

担当者の棚卸作業を横でチェックするのか(立会をするのか)、自らカウントしてチェックするのか(確認をするのか)によっても、ポイントが若干異なってくるように思います。

Q地方公営企業の消費税等資本的収支調整額とは?

詳しい方、教えてください。
地方公営企業の決算書を見ると、「資本的収入額が資本的支出額に不足するは・・・消費税等資本的収支調整額で補てんした。」と書いてあることがあります。

この消費税等資本的収支調整額とは、
(1)式「税込み純利益-税抜き純利益-貯蔵品仮払消費税仕入控除額」若しくは
(2)式「4条仮払消費税等額-4条仮受消費税等額-控除対象外消費税」で算出することができるということはわかりました。

しかしながら、どのような理屈で上記の計算式により消費税等資本的収支調整額が算出されるのかがわかりません。

(1)式では貯蔵品仮払消費税仕入控除額を引く理由がよくわかりません。(2)式では、これで消費税の還付額が算出できると思うのですが、これを補てん財源としてしまって、翌年度に影響が出ないのか?等と疑問に思ってしまいます。

本などで調べてみても、計算式が載っているのみだったりして、よくわからないのです。

消費税等資本的収支調整額とはそもそもどういう考え方のものなのか、どうして補てん財源として使用できるのか、(1)式の貯蔵品仮払消費税仕入控除額を引く理由、(2)式の還付額を補てん財源とできる理由、その他この件について、恐れ入りますが、教えてください。

詳しい方、教えてください。
地方公営企業の決算書を見ると、「資本的収入額が資本的支出額に不足するは・・・消費税等資本的収支調整額で補てんした。」と書いてあることがあります。

この消費税等資本的収支調整額とは、
(1)式「税込み純利益-税抜き純利益-貯蔵品仮払消費税仕入控除額」若しくは
(2)式「4条仮払消費税等額-4条仮受消費税等額-控除対象外消費税」で算出することができるということはわかりました。

しかしながら、どのような理屈で上記の計算式により消費税等資本的収支調整額が算...続きを読む

Aベストアンサー

消費税資本的収支調整額は税込決算と税抜決算の差ということが出来ます。

企業会計は損益計算書も貸借対照表もすべて税抜き表示を行いますが、議決予算は税込みであるため対比させる決算報告書についても税込みで報告されます。

税抜きであれば消費税という項目が出てこない(仮受、仮払消費税を除く)のですが、税込み表示にすることにより、収益的支出の予算の中に消費税支払額の項目が計上されたり、資本的収支において消費税資本的収支調整額が出てくることになります。

この仕組みを理解するためには、税込み決算額と税抜き決算額を節ごとに並べて対比されることが一番の近道です。

Q期首棚卸と期末棚卸

初歩的なことでスミマセン。。。
昨年までパソコンで管理していてパソコンが壊れてしまい昨年度の確定申告のデーターが全て無くなってしまいました。。。
前年度分の期末棚卸の額と今年度申告する期首棚卸額は同じでなくてはいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

税務署に行けば(本人が必須)代理人の場合は委任状も必要です。
過年度の申告内容を教えてくれるかと思います。

Q消費税等資本的収支調整額とは?

詳しい方、教えてください。
地方公営企業の決算書を見ると、「資本的収入額が資本的支出額に不足するは・・・消費税等資本的収支調整額で補てんした。」と書いてあることがあります。

この消費税等資本的収支調整額とは、
(1)式「税込み純利益-税抜き純利益-貯蔵品仮払消費税仕入控除額」若しくは
(2)式「4条仮払消費税等額-4条仮受消費税等額-控除対象外消費税」で算出することができるということはわかりました。

しかしながら、どのような理屈で上記の計算式により消費税等資本的収支調整額が算出されるのかがわかりません。

(1)式では貯蔵品仮払消費税仕入控除額を引く理由がよくわかりません。(2)式では、これで消費税の還付額が算出できると思うのですが、これを補てん財源としてしまって、翌年度に影響が出ないのか?等と疑問に思ってしまいます。

本などで調べてみても、計算式が載っているのみだったりして、よくわからないのです。

消費税等資本的収支調整額とはそもそもどういう考え方のものなのか、どうして補てん財源として使用できるのか、(1)式の貯蔵品仮払消費税仕入控除額を引く理由、(2)式の還付額を保全財源とできる理由、その他この件について、恐れ入りますが、教えてください。

詳しい方、教えてください。
地方公営企業の決算書を見ると、「資本的収入額が資本的支出額に不足するは・・・消費税等資本的収支調整額で補てんした。」と書いてあることがあります。

この消費税等資本的収支調整額とは、
(1)式「税込み純利益-税抜き純利益-貯蔵品仮払消費税仕入控除額」若しくは
(2)式「4条仮払消費税等額-4条仮受消費税等額-控除対象外消費税」で算出することができるということはわかりました。

しかしながら、どのような理屈で上記の計算式により消費税等資本的収支調整額が算...続きを読む

Aベストアンサー

なかなか回答がつかないようですね...

「税金」のカテゴリーで再度ご質問されてはいかがでしょうか?

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/goo_oshiete.php3?c=482

Q前年度で棚卸をしなかったので期首商品棚卸高がわかりません

個人事業で今年初めて青色申告します。
全くの初心者です。

前年度は利益がなかったので申告はしませんでした。
恥ずかしながら簿記の知識もなかったので棚卸というものをしていませんでした。
期首商品棚卸高はどうしたら良いでしょうか。
期末商品棚卸高だけの記入で良いのでしょうか。
伝票から大体の金額を割り出したりした方が良いのでしょうか。

自宅で一人の小さな事業なので金額は少ないです。
教えて頂けると助かります。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

言葉は悪いですが、今となっては書類(実地棚卸表)をでっち上げるしか有りません。
在庫額は、期中に紛失や破損などの損失が無い限り、次の等式が成り立ちます。
 期首在庫+当期入庫=期末在庫+当期出庫
で、この式を変形すると
 期首在庫=期末在庫+当期出庫-当期入庫
つまり、2番様が書かれている方法を取ればよい事になります。

Q消費税増税前に何をすればいいですか?

来年消費税がおそらく8%に増税されると思います。
そこで、いまのうちに節税となるような対策をなにかできればと考えています。
何をするのがいいでしょうか?

ぱっと思いついたのが、来年の増税後に購入するだろう材料や備品などをいまのうちに購入しておくことです。
しかし、材料は資産となってしまうし、備品を大量に買ったとしても貯蔵品扱いにされてしまったら意味がないし、さらには消費税の計算(売上の消費税-経費の消費税)では増税前も増税後も結果は同じではないかと思いました。

となると、他に何かやっておくべきことあるのでしょうか?

Aベストアンサー

いわゆる"節税"的な対応はあまりないと思います。

自身でもおっしゃっていますが、消費税は間接税なので、売上時に顧客から預かった税金を申告して納税する、というものですし、逆に仕入などで支払った消費税は税額控除するわけですしね。

ただ、大きな設備投資などでの資金面の話としては増税前に対応することがあるかもしれません。

今回の増税に関する改正について、経過措置が設けられていて、たとえば、長期の請負工事等において、今年の9月30日までに契約締結し、税率が上がる(予定の)来年4月以降に完成・引き渡しがされるものなどは旧税率(5%)の税率が適用される、というものです。

また、リース契約などのような賃貸借に関しても経過措置の適用がある場合もあります。

そういう意味では、仕入や貯蔵品のような棚卸資産等ではなく、直接に回収につながるわけではない固定資産などの投資については資金負担を減らす意味で早めの対応を検討する余地はあるかもしれません。

参考URL:http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/shohi/kaisei/201304.htm

いわゆる"節税"的な対応はあまりないと思います。

自身でもおっしゃっていますが、消費税は間接税なので、売上時に顧客から預かった税金を申告して納税する、というものですし、逆に仕入などで支払った消費税は税額控除するわけですしね。

ただ、大きな設備投資などでの資金面の話としては増税前に対応することがあるかもしれません。

今回の増税に関する改正について、経過措置が設けられていて、たとえば、長期の請負工事等において、今年の9月30日までに契約締結し、税率が上がる(予定の)来年4月以降に完成...続きを読む

Q期首、期末の棚卸しですが、これであっていますでしょうか?

棚卸し資産の帳簿の付け方について少し伺いたいのですが、2007年度の
期末棚卸しで200万円分の商品が残っていて、2008年度の期末棚卸しで
商品300万円分残っていた場合。また2007年度で棚卸し資産に計上した
商品の内50万分の商品が2008年度の期末棚卸しで残っていた場合なんで
すが・・、どうでしょうか?

借方              貸方
期首商品棚卸高         商品
200万              200万
--------------------------------------------
借方              貸方
商品              期首商品棚卸高
150万              150万     
---------------------------------------------
借方              貸方
商品              期末商品棚卸高
250万              250万

Aベストアンサー

三分法では、

商品の期末在庫の計上は、
〔借方〕商品OOOO/〔貸方〕期末商品棚卸高OOOO
です。

この在庫OOOOには、当期に仕入れた商品も、前期の商品も、前々期の商品もぜんぶ含まれます。

ですから質問のケースでは、

--------------------------------------------
借方              貸方
期首商品棚卸高        商品
200万              200万
--------------------------------------------
借方              貸方
商品              期末商品棚卸高
300万              300万
--------------------------------------------

で良いのです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング