期末棚卸し時に貯蔵品の仕分けが分からなくなりましたので質問です。
今まで
 ○○○○期首商品棚卸高  貯蔵品○○○○
 
 ○○○○ 貯蔵品     期末商品棚卸高○○○○

 という仕分けをしてきました。
今期 40万ほどの包装材料を購入して消耗品として仕分けました。

棚卸し時にどうすればよいのでしょうか
○○○○ 貯蔵品  消耗品費○○○○
 と 仕分けるとありましたが 今まで間違った仕分けをしていたのでしょうか
 似たような質問を読んでも分からなかったのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

今まで間違った仕分けをしていたのです。

正しくは、

期末決算で、
(1)商品の在庫は、
〔借方〕商品○○○○/〔貸方〕期末商品棚卸高○○○○
(2)貯蔵品の在庫は、
〔借方〕貯蔵品☆☆☆/〔貸方〕消耗品費☆☆☆
と仕訳します。

今期、40万円の包装材料を購入して消耗品費として仕分け、
〔借方〕消耗品費400,000/〔貸方〕現金400,000

期末に15万円の包装材料の在庫があるのなら、

〔借方〕貯蔵品150,000/〔貸方〕消耗品費150,000
と仕訳します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり間違っていたのですね。
ありがとうございます
すっきりしました

お礼日時:2012/08/14 14:14

購入時の仕分けで適用させた勘定科目によって、


次の展開は変えられていくのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。購入時の勘定科目の仕分け
で次の展開は変えられていくとはどうすればよいのでしょうか?

お礼日時:2012/08/14 14:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q期末・期首の棚卸商品の仕分けについて

商品に関する期末期首において

----
決算時に、期首の商品在庫10,000円を振り替えた。
期首商品棚卸高 10,000/商品 10,000|期首分振替
----
決算時に、商品の期末棚卸を実施した結果、10,000円の在庫があった。
商品 10,000/期末商品棚卸高 10,000|期末分振替
----
 とあるのですが、この仕分けをしたことによって、貸借対照表にどう関係するのでしょうか?
商品も棚卸高も、同じ資産の部だと思うのですが、これらは、何のための仕訳なのでしょうか?

今、残高試算表平成17年期首(1月)において、
【棚卸資産】
商品 13,488,901円となっています。

先日棚卸残高を確認したところ、13,333,112円、ありました。

これを平成17年決算の当期残高が
【棚卸資産】
商品 13,333,112円にしなければならないのですが、昨年期首から商品に関する仕訳をしていないので、期首の13,488,901円となっています。
どのような仕訳をすれば、正しい処理になるのでしょうか?

---------------------------------

また、17年度の総勘定元帳を見ると、
商品仕入 2,634,496円となっていました。

ということは、平成17年度の商品売り上げは
13,488,901+2,634,496-13,333,112=2,790,285円
ということですが、

商品売り上げの総勘定元帳を見ると、5,261,070円とありました。

全然計算があっていないのですが、これは明らかな間違いなのでしょうか?

商品に関する期末期首において

----
決算時に、期首の商品在庫10,000円を振り替えた。
期首商品棚卸高 10,000/商品 10,000|期首分振替
----
決算時に、商品の期末棚卸を実施した結果、10,000円の在庫があった。
商品 10,000/期末商品棚卸高 10,000|期末分振替
----
 とあるのですが、この仕分けをしたことによって、貸借対照表にどう関係するのでしょうか?
商品も棚卸高も、同じ資産の部だと思うのですが、これらは、何のための仕訳なのでしょうか?

今、残高試算表平成17年期首(1月)におい...続きを読む

Aベストアンサー

決算書の作成に必要な仕訳として商品勘定から期首、期末の振替仕訳が必要になります。これを結果で示すと次のようになります。

貸借対照表
 流動資産の部
  商  品  13,333,112(金額が期末のものに変わる)

損益計算書
売  上  高                5,261,070

売上原価
期首商品棚卸高 13,488,901
当期仕入高     2,634,496
        ----------
  計        16,123,397
期末商品棚卸高 13,333,112    2,790,285 
        ----------  ----------
  売上総利益                2,470,785

Q経理の仕事 貯蔵品の棚卸し業務

建設会社の経理部財務課で働いてるものです。
最近決算業務の貯蔵品の棚卸し業務というものを任されました。
詳しい内容は、営業所に保管してある、切手や印紙等を決算前に棚卸をしてもらいそれらをチェックするというものです。
この業務においてのツボ、また、もっとも注意しなくてはいけない点がありましたら教えていただきたいです。

Aベストアンサー

日常の管理は別の担当者さんが行い、mintan_001さんは決算棚卸のみをご担当なさる、ということでしょうか。

そうであれば、帳簿と実地の突合は当然として、枚数数えを2~3回は行うこと、1ヶ所に保管されているとは限らないこと(例えば営業所員の机の引出しに入っているなどがあり得ること)が、パッと思いつくところです。

担当者の棚卸作業を横でチェックするのか(立会をするのか)、自らカウントしてチェックするのか(確認をするのか)によっても、ポイントが若干異なってくるように思います。

Q期首棚卸と期末棚卸

初歩的なことでスミマセン。。。
昨年までパソコンで管理していてパソコンが壊れてしまい昨年度の確定申告のデーターが全て無くなってしまいました。。。
前年度分の期末棚卸の額と今年度申告する期首棚卸額は同じでなくてはいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

税務署に行けば(本人が必須)代理人の場合は委任状も必要です。
過年度の申告内容を教えてくれるかと思います。

Q消耗品 消耗品費 簿記仕訳

決算整理前の合計試算表には
消耗品 借方13 貸方13
消耗品費 借方60

損益勘定の借方に消耗品費50
繰越試算表の借方に消耗品10

とあります。どのような仕訳でこうなるのか教えてください。
ちなみに問題では、決算整理前の合計試算表の消耗品の貸方と消耗品費の借方が、空白になっていて、そこを答える問題です
お願いします!

Aベストアンサー

こんにちは。

本問は、期中には消耗品費勘定を用いて記帳し、期末に未使用分を消耗品勘定に振替えるという決算整理の方法を取っているものと考えられます。

消耗品勘定借方13は前期末の未使用分として当期に繰り越された分です。これを先ず期首に、

消耗品費 13  /消耗品 13

という仕訳を行なって消耗品費勘定へ組入れています。これが、
決算整理前合計試算表における
消耗品 借方13 貸方13
という意味です。

期首のこの振替の結果消耗品費勘定には13が計上されていますが、更に期中に消耗品を購入しています。金額は60-13=47です。
消耗品費  47  /現金など  47

これで期中における消耗品費勘定の合計額が60になります。

ここまでが期中、すなわち決算整理前合計試算表に計上されている金額です。


ここから、

損益勘定の借方に消耗品費50
繰越試算表の借方に消耗品10

を用いて、決算整理仕訳、つまり

消耗品 xx  / 消耗品費 xx

と言う仕訳を作成します。今分かっているのはこの決算整理仕訳を行なった後の消耗品勘定及び消耗品費勘定の残額です。それが損益勘定と繰越資産勘定に計上されています。つまり、

消耗品 10  / 消耗品費 10

が求める決算整理仕訳です。


ところで、

>ちなみに問題では、決算整理前の合計試算表の消耗品の貸方と消耗品費の借方が、空白になっていて、そこを答える問題です//

答えさせる試算表は決算整理後残高試算表ではないですか?決算整理前合計試算表だったら、既に

>消耗品 借方13 貸方13
消耗品費 借方60//

と出ているはずですから。私の指摘通り決算整理後残高試算表でしたら、問題として理屈が分かります。
そして、その問題を解答するヒントとして、損益勘定と繰越試算表は決算整理後残高試算表の金額を基に作成されるという事を付け加えておきます。

こんにちは。

本問は、期中には消耗品費勘定を用いて記帳し、期末に未使用分を消耗品勘定に振替えるという決算整理の方法を取っているものと考えられます。

消耗品勘定借方13は前期末の未使用分として当期に繰り越された分です。これを先ず期首に、

消耗品費 13  /消耗品 13

という仕訳を行なって消耗品費勘定へ組入れています。これが、
決算整理前合計試算表における
消耗品 借方13 貸方13
という意味です。

期首のこの振替の結果消耗品費勘定には13が計上されていますが、更に期中に消耗品を購入して...続きを読む

Q未使用消耗品は棚卸資産に含めるって

期末商品棚卸高にも未使用の消耗品を含めるのでしょうか?
開業して初めての申告なのですが、税務署から頂いた「青色申告決算書の書き方」を見ると貸借対照表の棚卸資産の説明には未使用の消耗品を含むと記載されていますが・・・
期末商品棚卸高の説明には、未使用の消耗品のことがふれられていないので。
期末商品棚卸高と棚卸資産は、全く違うものなのでしょうか。
確定申告をすませたいのでお願い致します。

Aベストアンサー

棚卸資産とは棚卸しを行って資産として計上すべきものの総称であり、商品だけが棚卸資産なのではありません。
http://kanjokamoku.k-solution.info/04e/

「期末商品棚卸高」という勘定科目は損益計算書の科目です。「棚卸資産」は貸借対照表の科目なので同じものではありません。また、「期末商品棚卸高」はその名の通り棚卸資産のうちの「商品」の棚卸高を計上するもので、消耗品は含みません。
原価である商品の棚卸高については、三分法により売上原価を算出する必要上、損益計算書の期末棚卸高の欄にそのまま表示しますが、管理費である(原価でない)消耗品については、期末棚卸高は損益計算上は表示されず、経費の消耗品勘定から直接減算します。「青色申告決算書の書き方」にも、「消耗品費から除外した未使用の消耗品」と書かれています。
損益計算上は別個のものでも、貸借対照表の表示上は、これらを合計して「棚卸資産」に計上することとされています。会社であれば商品の棚卸高は「商品」に、消耗品の棚卸高は「貯蔵品」に計上するものですが、個人の所得税の申告の場合にはこれらを一括して「棚卸資産」に計上すればよい、ということにしているようです。
もちろん、会社の場合のように別個に計上しても間違いではありませんし、会計事務所が作る決算書では、会社方式で別個になっているところが多いはずです。

棚卸資産とは棚卸しを行って資産として計上すべきものの総称であり、商品だけが棚卸資産なのではありません。
http://kanjokamoku.k-solution.info/04e/

「期末商品棚卸高」という勘定科目は損益計算書の科目です。「棚卸資産」は貸借対照表の科目なので同じものではありません。また、「期末商品棚卸高」はその名の通り棚卸資産のうちの「商品」の棚卸高を計上するもので、消耗品は含みません。
原価である商品の棚卸高については、三分法により売上原価を算出する必要上、損益計算書の期末棚卸高の欄にそのまま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報