水晶やダイヤモンドのような透明の石がありますよね。
こういうものの中身、分子構造といいますか、それはどうなっているのでしょうか。
例えばダイヤモンドも炭も、
分子構造としては炭素原子が繋がっているだけですよね。
なのに、かたや透明、かたや真っ黒、というのは何故なんでしょう?

また、紫水晶やサファイアやルビーのように半透明の石の場合はどうなのでしょうか。

教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 水晶、サファイアなどは、共有結合性の強い結晶です。

物質は、最外殻電子軌道がすべて埋まった状態が安定になります。この軌道を埋めるように、互いの電子を共有しています。水晶は、ご存じのように透明ですし、工業的に使用しているサファイアも透明です。
 これに対して結晶内に不純物が入ると、電子数が本来の安定な数からずれてしまいます。この電子は不安定なため、外部からエネルギーが加わると励起状態に移行します。励起状態に成るには、でたらめなエネルギ量ではなく、それぞれに特有なエネルギー量が加わる必要があります。自然光には色々な波長が含まれていて、波長はエネルギに相当します。従って、これらの結晶に光を当てると、不純物の電子が励起するに必要な特定の波長だけが結晶内で吸収され、その他の光は透過して出てくるために色が付いて見えます。また、光が透過するため、半透明と云う認識になります。これらの着色に関係する不純物による欠陥を、カラーセンタ(着色中心)と呼びます。カラーセンタは不純物として同じでも、電子の価数によって励起状態が変化するため、水晶に鉄が入っても価数により黄色と緑の発色に分かれます。また、結晶の成長領域でも発色が異なる場合があります。中には、このカラーセンタを2種類持つ結晶も存在します。アレキサンドライトは、自然光と蛍光灯で色が違って見えます。
 話として、共有結合結晶を例に取りましたが、他の物質の着色も殆ど電子の励起に必要なエネルギーレベルによる着色で説明できると思います。結晶での例外は、オパールの着色です。これは、細かい結晶の粒が集まったものです。これらの細かい結晶粒が回折格子を形成して、あのような発色になります。どちらかというとホログラムと同じ着色機構です。

 纏まりのつかない文書で申し訳御座いませんが、ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

急な出張が入り、御礼が遅くなって申し訳ありませんでした。
非常に丁寧な解答をいただきまして、透明・半透明ということを越えて大変参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/06/05 23:47

 前の回答で「透明である」ことと「無色である」ことは別だ、とあるのですから、「透明なはず」の「空気や水」が青かったり赤かったりしても疑問じゃあありませんねえ。



 光が透過せずに反射してしまうと、黒くなります。アルミをこすると、「銀色」のはずのアルミが真っ黒の粉になります。
 光が透過するものが粉になると、真っ白になります。雪や砂糖など。(量が多いと別)

金属もつるっとしたところは光っていますが、表面がザラザラしていると鈍くなります。ガラスは、ザラザラすると、すりガラスのように、白くにごってきます。
ダイヤも、磨き上げると無色透明ですが、原石はすりガラス状でしょう。結晶内部は透明ですが。
透明でも透過する間にいろんな波長の光を吸収したら、色がつきます。
 不透明にも、乱反射で不透明なのと、金属(炭も)のように光を通さずに不透明なのがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

急な出張が入り、御礼が遅くなって申し訳ありませんでした。
ああ、更に深くなって。。。(爆)

お礼日時:2001/06/05 23:54

えぇっと、透明なモノに関しては、もう十分な回答が揃っているので、不透明なモノも含めて答えます。


光が透過せずに反射してしまう事によって、不透明になります。
で、どの波長の光が反射するか、吸収されるかによって、色が決まります。
例えば、紫の光が吸収されればその補色である緑になります。
また、全ての光が吸収されれば黒になりますし、全ての光が反射されれば白になります。
反射でモノを見ても同じ事が言えます。
金箔は金色(黄色)をしていますが・・・光にかざして裏から見てみると、青く見えます。
これは黄色の光が反射、吸収してしまい、透過してくる光が青だからです。

グラファイトが黒い理由はダイヤモンドが透明な理由と同様、その分子構造にあります。
グラファイトは方向性を持った導電性の物質です。
この導電性がある・・・と言う事は自由に動ける電子があると言う事です。
つまり、この電子が全ての電磁波、つまり光に対するエネルギーを吸収してしまうのです。
金属のように反射が多い場合は黒にはならないんですけどね。

問題は分子構造内の電子です。
自由電子や有機物内の二重結合や不対電子対の連続などによる電子の移動、原子内のエネルギー順位による電子の移動などなど、電子の移動で見た目の色や透明性などが決まると言っても過言ではありません。
ちょっと考えると、シリコン単結晶であるシリコンウェハは透明ではないですが、ちゃんとした結晶構造のないガラスは透明です。
これはダイヤモンドとグラファイトの違いと似た所はあります。
そして、その物質がどれだけ反射して、どれだけ透過するかにより、見た目は変わります。

さて、ここまでの説明(みなさんの説明です)を理解すると、一つ疑問が浮かぶはずです。
水も空気も透明なのです。
でも、透明のはずの水も空気も、量が多いと青く見えたり(海や昼の空は青い)赤く見えたり(夕焼け)するのです。
これはフェルミ拡散が問題になるからです。
・・・って、本題から外れるので、この事はまたどこかで・・・って事で♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

急な出張が入り、御礼が遅くなって申し訳ありませんでした。
やはり奥は深いです。。。(^-^;)

お礼日時:2001/06/05 23:52

ほかの方の回答で十分な気もしますから、ちょっと違う角度から。



まず、「透明である」ということと、「無色である」ということがべつべつの
ことだということを覚えておいてください。

そして、透明であるためには、次の2点が必要です。
それぞれの分子、結晶が透明であること。
なるべく一つの分子、結晶が大きいこと。

ひとつめは、可視光が通過するか、吸収されるかによります。
ふたつめは、たとえば、透明なガラス玉をたくさん瓶に詰めた状態を考えてください。
ガラス玉の数が増えるほど、不透明に見えますよね。光は空気からガラスにはいるとき、
ガラスから空気にでるときなどに大きく屈折するのです。だから、なるべく連続した構造
をとった方が、光が直進しやすいのです。

上等な宝石は曇りが少ないというのも、結晶としての連続性が優れているからなのです。
また、カラーセンターを含む宝石でも、アルミニウムがあるはずの場所にクロムなどが
存在して発色するのですが、これだけでは、有色にはなりますが、不透明にはなりません。
どこかで結晶の連続性が崩れたときに不透明になるのです。

ここで本題に戻ります。
ダイヤモンドは共有結合により巨大分子を形成し、きわめて連続性に優れています。
一方、炭はダイヤモンドのように連続した構造をとっていないのです。
もったいない話ですが、ダイヤモンドを砕いて、粉々にすればたぶん不透明に見えますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

急な出張が入り、御礼が遅くなって申し訳ありませんでした。
なるほど。わかりやすい実例ありがとうございます。

お礼日時:2001/06/06 00:01

>例えばダイヤモンドも炭も、分子構造としては炭素原子が繋がっているだけですよね。


その「分子構造(本当は結晶構造といいます)」の違いによるものなんです。
例えば、ダイアモンドは、1個の炭素原子の周りに4つの分子が正4面体の4隅に位置し、共有結合する形で、整然と並んでいます。
それに比べて、炭は、その配列がぐちゃぐちゃだと思ってください。
配列が整然としていると、ジャングルジムを横から見たときのようにそこを通る光の通り道ができやすいのです。それに対して配列がぐちゃぐちゃだとその光の通り道が限りなく小さくなるので、そこで光が乱反射されて、見えなくなるというわけです。

透明なものに色が付くのは、そこに不純物が入るからで、(ジャングルジムの間にボールが入ったと思ってください)、例えば純粋なコランダム(Al2O3の結晶)は無色透明ですが、そこに少量のCr2O3が混ざると赤色を呈して、ルビーにと呼ばれるものになり、少量のFe2O3もしくはTiO2が入ると青色を呈してサファイアと呼ばれるものになります。
水に絵の具を少し混ぜた時を想像していただけると良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

急な出張が入り、御礼が遅くなって申し訳ありませんでした。
ある意味で一番わかりやすい言葉で教えていただいた感じがします。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/05 23:37

ダイアモンドと炭の違いは、分子結合の配列が違うからです。

炭は分子が不規則に結合しているのに対しダイアモンドは規則的に整然と結合しているから、透明に見えるのです
他の鉱石(宝石)については、残念ながら知識不足で分かりません、ゴメンナサイ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

急な出張が入り、御礼が遅くなって申し訳ありませんでした。
早速お返事いただいたこと感謝いたします。

お礼日時:2001/06/05 23:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Aベストアンサー

(*)式が間違っているように見えますが・・・。これではn=3のときにしか成立しません。
n=4のとき
P(C(1)∪C(2)∪C(3)∪C(4))
= P(C(1))+P(C(2))+P(C(3))+P(C(4))
-P(C(1)∩C(2))-P(C(1)∩C(3))-P(C(1)∩C(4))-P(C(2)∩C(3))-P(C(2)∩C(4))-P(C(3)∩C(4))
+P(C(1)∩C(2)∩C(3))+P(C(1)∩C(2)∩C(4))+P(C(1)∩C(3)∩C(4))+P(C(2)∩C(3)∩C(4))
-P(C(1)∩C(2)∩C(3)∩C(4))
というのは理解されていますか?

正しくは、
P(∪[i=1..n]C(i))
= Σ[i=1..n]P(C(i))-Σ[i1,i2=1..n, i1<i2]P(C(i1)∩C(i2))+Σ[i1,i2,i3=1..n, i1<i2<i3]P(C(i1)∩C(i2)∩C(i3))
-Σ[i1,i2,i3,i4=1..n, i1<i2<i3<i4]P(C(i1)∩C(i2)∩C(i3)∩C(i4))+…+(-1)^(n-1)P(∩[i=1..n]C(i))
となり、交互に符号が代わり共通部分を取る集合の数も1つずつ増えます。

証明の方針はあっていますよ。

(*)式が間違っているように見えますが・・・。これではn=3のときにしか成立しません。
n=4のとき
P(C(1)∪C(2)∪C(3)∪C(4))
= P(C(1))+P(C(2))+P(C(3))+P(C(4))
-P(C(1)∩C(2))-P(C(1)∩C(3))-P(C(1)∩C(4))-P(C(2)∩C(3))-P(C(2)∩C(4))-P(C(3)∩C(4))
+P(C(1)∩C(2)∩C(3))+P(C(1)∩C(2)∩C(4))+P(C(1)∩C(3)∩C(4))+P(C(2)∩C(3)∩C(4))
-P(C(1)∩C(2)∩C(3)∩C(4))
というのは理解されていますか?

正しくは、
P(∪[i=1..n]C(i))
= Σ[i=1..n]P(C(i))-Σ[i1,i2=1..n, i1<i2]P(C(i1)∩C(i2))+Σ[i1,i2,i3=1..n, i1<i2<i3]P...続きを読む

Q生体高分子の構造と合成高分子の構造と異なる点

このたびは宜しくお願いします。
生体高分子の構造が合成高分子の構造と基本的に異なる点と言うのはなんでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

構造については、#1、2の方々がご回答されている通りかと思います。
欲しい回答とは異なるとは思いますが、生体高分子と合成高分子の最大の違いは、分子量の分布です。
生体高分子は、分子量の分布はほぼないと言っていいのではないでしょうか。
それゆえに、Building Blockとしての働きが可能であると思います。
ようするに、分子の構造というより、分子集合体としての構造と働きが合成高分子とは別と考えたほうが良いかもしれません。
最近では、合成高分子でも分子量の分布を抑えたものがありますが・・・。

Qクールノー競争について 私の大学の授業ではクールノー均衡を一般化して p︰価格 J︰企業数 c︰費用

クールノー競争について

私の大学の授業ではクールノー均衡を一般化して
p︰価格
J︰企業数
c︰費用
aを固定された定数とおき、
D(p)=a-p として

p=(1/J+1)a+(J/J+1)c
と表しています。

これに数を代入してクールノー価格を導出したりしてあるのですがあまり参考書ではみません。
これはクールノー均衡の“公式”のように捉えてよいのでしょうか。

Aベストアンサー

あなたのいう公式とは、その式を暗記しておいて、たとえば、試験のときなどに、それを直接つかって答えを書いていいのか、ということでしょうか?いいえ、それほど、一般的な式ではないでしょう!。だいたい、この式を覚えていたとしてもも、ちょっと複雑にした設定のもとではこの式は役に立ちません。たとえば、各企業が同質でなく、それぞれ異なった限界費用をもっていたとしたら、もう使えません。各企業が同質だとしても、限界費用が一定でなかったら、あるいは需要曲線がリニアでなければ、この式は成り立たない。あなたの以前の質問のような場合、利潤最大化問題を解くことによって、最適反応関数を示し、それらを満たす生産量の組を求めることによってクールノー=ナッシュ均衡を示すことが必要だと思いますよ。

Q陽子や分子構造などをお箸でつまんで動かす技術

陽子や分子構造などをお箸でつまんで動かせるような技術があれば、如何なる物質も作る事が出来るのでしょうか?
例えば、水素の陽子を増やして鉄素にしたり、
酸素の分子構造を変えて二酸素からオゾンに変える事が出来るのでしょうか?
また、自然界でそのような変化はそれ相応のエネルギーが必要だと思いますが、つまんで動かすような技術があった場合、その様なエネルギーは必要なくなるのでしょうか? 例えば、炭素からダイヤモンドにするためには高温高圧が必要ですが、その際のエネルギーが必要なくなるのでしょうか?
こういうジャンルに詳しい方、回答お願いします

Aベストアンサー

発想は面白いですが、水素から「鉄素???これ何」、は無視してしても、原子核は核力(グルーオンが介在)で出来て居るので、一つ作るのも大変。
全ての困難を排除し、
もしその様な技術が出来たとして、
amgk様はアボガドロ数を知らないとは言わせません。
例の6.0×10^23
と云う奴。
これどの位の時間を想定すれば良いか考えられましたか?
一つの核を作るのに一秒掛かるとして、
1molの「物質」を作るのにいかほどの時間がかかるでしょう。
ビッグバンを信ずるとして、その時点から今まで、百億年とし、幾つ作れるか。
100,0000,0000×365×24×3600
しか出来無いのです。
余りにも少なくて、利用価値「無し」
 m(__)m

QJPモルガン証券とモルガン・スタンレー証券

JPモルガン証券株式会社[平成18年4月1日付でJPモルガン証券準備株式会社から商号変更]とモルガン・スタンレー証券株式会社[平成18年4月1日付でモルガン・スタンレー証券準備株式会社から商号変更]は、何か関係(資本関係等)があるのでしょうか?
 JPモルガンとモルガン・スタンレーの関係という方が適切かもしれませんが。
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

もともとJPモルガングループというものが19世紀からあったのですが、1935年に投資銀行部門が独立したのがモルガン・スタンレーだそうです。

参考URL:http://www.jpmorgan.co.jp/about/history.shtml

Q【分子】「大きい分子は目でも見れる」 肉眼で見れる「大きい分子」って何があるか教えてください。

【分子】「大きい分子は目でも見れる」


肉眼で見れる「大きい分子」って何があるか教えてください。

Aベストアンサー

検索してみたら「巨大分子」っていうのがあるようです。
https://kotobank.jp/word/%E5%B7%A8%E5%A4%A7%E5%88%86%E5%AD%90-53418
びっくりですね!

QJ-PHONE(Jフォン)のP(Panasonic)って・・・

たしか以前はJフォンにもPの機種があったと
思うのですが、最近なぜかないように思います。
最近のPは薄く携帯するなら魅力的です。
なぜPはなくなってしまったのでしょうか?
いまJなのですが、出ないのならDocomo
に切り替えるかもしれません。
あと、デジカメ機能がもっとしっかりして、
薄くなればSOもいいなと思っています。
Jフォンにソニーは出ないのでしょうか?

Aベストアンサー

ソニー製のJ-PHONE端末はすんごい前にJ-SY01が出ただけで撤退しました。(出したのはソニエリになる前です)

Pはたしかウワサ情報だと来年中にはだすといった情報もありますが...

まぁ今でもJ-P51は探せばありますが(近くのJ-PHONE SHOPでは新規1円でした)

Q水晶が透明なのは共有結合により電子が動かないためですか?

水晶が透明なのは共有結合により電子が動かなく、光を吸収しないためですか?また水が透明なのはなぜですか?

Aベストアンサー

いずれも可視領域に電子が遷移する強い吸収を持たないからです。
紫外領域も200nm程度までは吸収が無いです。
確かに両者とも共有結合出来で出来ていますが、共有結合でもπ結合を持つ化合物には吸収がある化合物があるので、共有結合だから吸収がないというのは正しくありません。
なお、水には深い赤色領域に弱い吸収がある為、深い水や、大きな氷の結晶には青い色が見えます。お風呂でも白い風呂桶に水を汲むと青く見えます。

QモルガンスタンレーとJPモルガンについて

モルガンスタンレーとJPモルガンは何か関係があるのでしょうか。

Aベストアンサー

JPモルガンは1838年の設立の金融会社です。
あの世界恐慌後、1935年のグラススティ-ゲル法(日本の証券取引法のモデルとなった法律)施行による銀行・証券分離にともない、JPモルガン商会から債権部門が独立したのがモルガン・スタンレーです。

両者とも独立したまったく別の会社です。

参考URL:http://www.jpmorgan.co.jp/about/index.shtml,http://morganstanley.co.jp/

Q化学の質問ですが、ケクレ構造のかきかたがわかりません。 二重結合とかloanpairのかきかたはわか

化学の質問ですが、ケクレ構造のかきかたがわかりません。
二重結合とかloanpairのかきかたはわかるのですが例えばオゾンだと斜めになるのがわかりません。酢酸のHが90度ではないのも謎です。sp3だからですか?
この見分け方をおしえてください

Aベストアンサー

ケクレベンゼンは交互に二重結合入れる表記が認められている、面倒だからだ。
>オゾンだと斜めになるのがわかりません
酸素三つを三角形にしなければ、後はどうでも良い。
>。酢酸のHが90度ではないのも謎です
どこの水素のことか知らないけど、直角になる水素なんて無い。

sp3とかloanpairとか無理に大学の化学を使っているのに、化学の基礎が分かっていない、
自分の無知をひらかしている。愚劣だ。


人気Q&Aランキング