あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

翌年払う金額は
去年の収入と聞きますが
それは、住民税だけですか?

厚生年金と雇用保険とかも
前の年の収入で決まりますか?

無知で、すみません

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

長いですがよろしければご覧ください。



>翌年払う金額は去年の収入と聞きますがそれは、住民税だけですか?

いえ、「厚生年金」と「健康保険」も前年の「給与額【など】」が影響します。(保険料は「9月~翌8月」が一区切りです。)

ちなみに、住民税(および所得税)については「収入」ではなく、収入から「所得」というものを求めて、そこからさらに「所得控除」というものを差し引いて「課税される所得」を決定します。
ですから、「収入」が同じでも「所得控除」次第で税額が大きく違ってくることがあります。

※「控除」は「金銭などを差し引く」ことで、(なるべく公平に課税するために)税金には各種の控除が用意されています。

『所得税・住民税簡易計算機【給与所得用】』
http://www.zeikin5.com/calc/

>厚生年金と雇用保険とかも前の年の収入で決まりますか?

「厚生年金保険」「健康保険」「雇用保険」ともに「社会保険」と呼ばれるもので、それぞれ保険料(掛金)の求め方は違います。

『職域保険』
http://kotobank.jp/word/%E8%81%B7%E5%9F%9F%E4%BF …

○「厚生年金保険」と「健康保険」は前年の「4月~6月」の給与額【など】をもとに「9月~翌8月」までの保険料が算定されます。9月分は通常10月に支給される給与から差し引かれます。(定時決定)

『定時決定』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/yougo/detail.jsp?i …
『標準報酬月額 | 日本年金機構』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/yougo/detail.jsp?i …
『保険料額表(平成24年9月分~)(厚生年金保険と協会けんぽ管掌の健康保険)』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp …

健康保険については「全国健康保険協会(協会けんぽ)」以外の「組合健保」の場合はそれぞれの組合で「保険料率」や「被保険者負担」の割合が違います。

『あなたも入るかもしれない?協会けんぽって何』
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/2008 …

○「雇用保険」は【毎月の】給与【など】で決まります

『従業員負担の雇用保険料の計算方法は?』(2008年1月18日の記事)
http://www.sr-kyuyo.com/koujyo/koyouhokenryo/hok …
『[PDF] 平成 24 年度の雇用保険料率』
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/dl/hokenryorit …

(参考)

『住民税とは?住民税の基本を知ろう』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/

『彦根市|各種控除一覧表』
http://www.city.hikone.shiga.jp/somubu/zeimu/shi …
『国税に関するご相談について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_souda …

『随時改定』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp …
『日本年金機構>全国の相談・手続窓口』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/section/index.jsp

『社会保険料(等)計算ツール』
http://www.soumunomori.com/tool/

※間違いがないよう努めてはいますが最終判断は【必ず】各窓口に確認のうえお願いいたします。
    • good
    • 10

サラリーマンは、毎月給与、年X回の賞与から、


所得税、健康保険他社会保険料が引かれています。

住民税、介護保険料は、前年所得に基づき
翌年6月から徴収されます。
    • good
    • 3

会社員なら、前年の収入が関係するのは住民税だけです

    • good
    • 4

一年の内で査定期間があるのでその間の収入です。

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住民税は、およそでいいのでいくらなのか教えて下さい

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払ってる人がいるようです。

国民年金が全国一律15240円だったと思います、年間約18万円
国民健康保険が私の市だと、月16000円くらいで、年間約19万円

この2つだけで年間37万円も払わなければならないです。

住民税というのが、いくらかかるのか全くわからず
ネット上では年間10万以上は払うように書かれているのですが

ということは、年金、健康保険、住民税を合計すると年間50万以上
必要のように思えてしまうのですが、これは本当なのでしょうか?

私は年収200~230万位で 
年金は銀行引き落とし、健康保険は払い込み用紙で毎月払う形
住民税は毎月払うのでしょうか?

毎月払えれは、楽なのかと思いきや、年収200万くらいで
年間10万~30万 高い人は50万くらいだそうなんですけど

自由になるお金減りすぎますよね。

あと40歳になると、介護保険料 というのが発生するみたいなんですが・・

年収からこれらを全部引いてしまうと、手取り150万くらいになってしまうのですが
こんなんで、ひとり暮らしは可能なのでしょうか?

月の収入で見ると

月給 180,000円
年金  -15,000円くらい
健康保険-16,000円くらい
所得税 -7000円くらい
住民税 -???円(仮に10,000円として)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄手取り 132,000円 

醜い数値が出ました。

ひとり暮らしをしたら

知人の話では家賃4万円で光熱費いれるとトータル6万円くらいだそうです。
食費が、節約を常に考えても、1日1000円でも月3万円
この時点ですでに9万円です。 
残りは42000円、これで生活できるのでしょうか・・

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払...続きを読む

Aベストアンサー

年収210万円とした場合の住民税
住民税は「所得割」と「均等割」の2つの課税があります。
所得割
1360000円(所得)-370000円(社会保険料控除)-330000円(基礎控除)=660000円(課税所得)
660000円(課税所得)×10%(税率)=66000円
これに、均等割5000円がプラスされ71000円が税額です。
なお、給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。

71000円÷12=5900円/月
が、毎月の給料から天引きされます。

なお、所得税は7000円も引かれません。
4000円くらいですし、最終的には引かれた所得税の一部が年末調整で還付されます。
年末調整のとき、1年間に払った年金と国保の保険料申告することを忘れないですることです。

Q収入が下がりました。前年度の収入に対した税金はいつまでかかるのでしょうか?

前年度に比べ収入が下がりました。前年度の収入に対した税金は、いつまでかかるのでしょうか?(1年丸々?それとも数ヶ月?)勉強不足で申し訳ございませんが、是非教えてください。

Aベストアンサー

所得税は前年度の年末調整、または翌年の確定申告にて清算済みです。
今年にかかっている所得税は今年の所得に対してです。

昨年度の所得で計算された住民税、国民健康保険税(もし加入していれば)は、来年5月までと考えればよいです。

Q国保保険料:「前年」の所得により決まるとは?

先日、自治体Aから自治体Bに転居しました。A市では国保に加入していたため、B市でも加入の手続きをとりました。

その際、窓口担当者に「平成22年の源泉徴収票はありますか?」と言われて、提示しました。しかし、国保は前年の収入により計算されるのではなかったでしょうか。現在は平成24年なので、平成23年の源泉徴収票で計算するのではないのですか?

それから、保険料の決定通知書はまだ届いていませんが、窓口で市の担当者が源泉徴収票からあれこれ転記する際、所得ではなく収入額を記入していたのが気になります。まさか、収入額で決めるつもりではないですよね?なるべく多めに徴収する気満々のがめつそうな職員だったので、気になります。

Aベストアンサー

>現在は平成24年なので、平成23年の源泉徴収票で計算するのではないのですか…

あなたのようなサラリーマンは、既に H23年分の所得額が確定していますが、国保の多くは自営業者です。
自営業者は 3/15 に確定申告が締めきられるまで、H23年分の所得額が確定しません。
したがって、3月末までに国保に新規加入しようとすると、H22年分を算定根拠とせざるを得ないのです。

>所得ではなく収入額を記入していたのが気になります…

そうですか。
年末調整を受けている源泉徴収票なら、確かに「給与所得控除後の金額」=「所得」が明記されていますが、年の途中で退職した人の源泉徴収票には「支払金額」=「収入」しか載っていないので、収入を控える癖が付いているのでしょう。

>まさか、収入額で決めるつもりではないですよね…

それはないですよ。

Q住民税は、前年の所得を基準に決められるのですか?

住民税は前年の所得を基準に決められると聞きました。そうすると、同じ給料でも、前年も同じ給料だった人と、前年は失業中だった人では、納税額が異なるのでしょうか?
そうすると、今年働き始めた人は、前年の所得証明か何かを提出するのですか?

Aベストアンサー

>住民税は前年の所得を基準に決められると聞きました。
 そうすると、同じ給料でも、前年も同じ給料だった人と、前年は失業中だった人では、納税額が異なるのでしょうか?
 ・その様になります
>今年働き始めた人は、前年の所得証明か何かを提出するのですか?
 ・前年の所得から住民税が課税される方には、市の方から直接郵送で住民税の納付書が送られてきます
  入社した会社から給与天引きにして貰いたい場合は
  その納付書(納期限が先の物)を会社に提出して、給与天引きの手続きをして貰うようになります
   (会社から市の方に連絡して給与からの徴収に変更します)
  会社に提出しないで、ご自分で納付書で支払うのも可能です(何もしなければこちら)
 ・来年からは、市の方から会社の方に連絡が行きますから、6月以降からは自動的に給与からの徴収になります

Q年収によって決まる税金

前年の年収によって所得税や住民税、厚生年金など、次年の税金が決まると思います。
例えば、前年の年収が500万円で次年の年収が300万円に下がった場合、上記の税金に払い過ぎが発生すると思います。このような場合、払い過ぎた税金は年末調整、若しくは他の方法で返ってくるのでしょうか?
また、それらが解る参考ホームページなどがありましたら教えて頂きたいです。宜しくお願い致します

Aベストアンサー

>前年の年収によって所得税や住民税…

「所得税」はその年のうちに完結します。
確定申告は翌年 3月までですが、確定申告時にはあくまでも前年の所得に対する前年分として課税されます。

「住民税」はたしかに、前年の所得に対して当年分が決まり、6月ごろから 1年かけての納税となります。

>上記の税金に払い過ぎが発生すると思います…

払いすぎではありません。
おたずねの例で所得税については、300万を元に計算された額となります。
住民税は、前年の所得で納税額は確定していますので、よほどの事情がない限り、納税額見直しはありません。

なお、サラリーマン等の場合は、月々の給与から所得税と住民税が天引きされますが、このうち所得税はあくまでも仮の分割前払いです。
1年が終わったときに、年末調整として正しい納税額に是正されます。
これに対し住民税は、前述のとおり確定額です。

住民税で某市の例
http://www.city.fukui.lg.jp/j150/sizei/kojin.html

税金 (国税) について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>前年の年収によって所得税や住民税…

「所得税」はその年のうちに完結します。
確定申告は翌年 3月までですが、確定申告時にはあくまでも前年の所得に対する前年分として課税されます。

「住民税」はたしかに、前年の所得に対して当年分が決まり、6月ごろから 1年かけての納税となります。

>上記の税金に払い過ぎが発生すると思います…

払いすぎではありません。
おたずねの例で所得税については、300万を元に計算された額となります。
住民税は、前年の所得で納税額は確定していますので、よほ...続きを読む

Q健康保険資格喪失証明書について

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が必要ということだけはわかりました。

しかし、退職時にはいただいておりません。
退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。

そこでお聞きしたいのですが、
1.健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか?
2.問い合わせは前の会社でよいのか?
3.現状で最短で保険証を手に入れる手順は?

以上です。大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。


早く歯医者行きたいです。
痛みでよるも眠れません;;

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が...続きを読む

Aベストアンサー

喪失証明書は送付義務はありません。
また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。
通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の
コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。

前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。
通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。
保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。
健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。
また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない
場合もあります。

このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。
誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。
分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。

Q転職して給与が大幅に下がった場合の控除について

転職を考えている中高年です。

転職により
例えば、固定給33万円から20万円になった場合

控除されていた、厚生年金や健康保険、諸税で減額されるものは?

やはり所得税だけでしょうか?

因みに、転職がスムーズに進んだ場合、7月末退職、8月より新しい勤務となります。

簡略的で構いませんので、どうか、ご教示下さい。

Aベストアンサー

給与の額によって、社会保険(厚生年金、健康保険、雇用保険)の金額自体が変動します。
この場合、給与が下がるということは、社会保険も下がります。当然、所得税も下がります。
市民税は昨年での金額で計算されていますので1年間は高額のままです。1年待てば下がってきます。

Q県民税・市民税について

税金に対して全く無知なので、教えてください。

私は今まで正社員で働いていて、その間は県民税・市民税は自分で振り込みしていました。
(お給料からの天引きではなかったので)
去年仕事を辞め、今年の1月1日から旦那の扶養に入っています。

旦那の扶養に入っている場合でも、県民税・市民税は自分で払うのでしょうか?
こないだ振込み用紙がきました。
旦那のお給料から、県民税・市民税が天引きされているので、私の分も一緒に天引きされてると思っていました。
扶養に入っていても、一緒に天引きはされないものなんでしょうか?

また、県民税・市民税はその人の所得で計算されてるのでしょうか?
所得が全く無い人でも払わなきゃいけないものなのでしょうか?
私は現在働いてないので、収入はゼロです。
なのに払わなきゃいけないんだー…って感じなのですが。

無知すぎて恥ずかしいのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

住民税は、その年の1月~12月の収入に対する税額を、翌年6月から翌々年5月までの期間に、支払います。

現在の例で考えると、平成19年の収入に対する住民税を、今年(平成20年)6月から来年(平成21年)5月までの期間に、支払います。
ただし、納付書による支払いの場合は、通常は「最初に一括払い」か「4回払い」で、4回目の支払い期限はだいたい1月末なので、5月まではかかりませんが。

つまり、今月から、平成19年の収入に対する住民税の支払い期間が始まったわけです。
くどいようですが、あくまでも「平成19年の収入に対する住民税」なので、現状が無収入かどうかは関係ありません。平成19年に、住民税が課税される収入があった人は、現在は所得が全くない人でも、払わなきゃいけないのです。

また、税金というのは、1人1人に対して計算され、1人1人に対して請求するので、扶養に入っている(=税金上、配偶者控除の対象になっているとか、健康保険で扶養家族欄に名前が書いてあるとか、国民年金の種別が第3号になっているとか)という状態でも、だからと言って夫に請求が行って、夫の給与から天引きされることはありません。
ちなみに、健康保険や国民年金は、払っていないと思われますが、これは「夫の給与から、自分の分も天引きされている」のではなく、質問者さんの保険料が0円なので、自己負担額が無いだけです。

ということで。
送られた納付書の通りに、住民税を支払いましょう。
ご主人の給与から天引きしてもらうのは、不可能です。(ただし、ご主人にお金を出してもらうのは、もちろん問題ありません)
平成20年に所得がなければ、来年の6月に納付書が送付されることはありません。また、もし再就職した場合も、住民税の負担が発生する程度の所得を得た年の、次の5月までは、住民税の給与天引き/納付書の送付はありません。

住民税は、その年の1月~12月の収入に対する税額を、翌年6月から翌々年5月までの期間に、支払います。

現在の例で考えると、平成19年の収入に対する住民税を、今年(平成20年)6月から来年(平成21年)5月までの期間に、支払います。
ただし、納付書による支払いの場合は、通常は「最初に一括払い」か「4回払い」で、4回目の支払い期限はだいたい1月末なので、5月まではかかりませんが。

つまり、今月から、平成19年の収入に対する住民税の支払い期間が始まったわけです。
くどいよう...続きを読む

Q住民税は無職でも払うのでしょうか?

平成18年~平成20年8月まで無職の期間があり、その間に現在の所得の状況を教えて欲しいような書類が来ました。所得がなかったので税金がかからないと思い、返送しなかったのですが、無職でも住民税を払わなければいけなかったのでしょうか?ちなみに国民保険は無職の期間も払っていました。
現在は平成20年9月から始めたアルバイトの仕事で月13万程度の収入があります。現在もアルバイトの方は続いていおり、社会保険、雇用保険に加入しています。その間住民税はアルバイトでも給与から天引きされているのでしょうか?
確定申告をしたらいくらか戻ってくるのでしょうか?
今まで確定申告をしたことがないのですが、今までの分をさかのぼって申告できるのでしょうか?
質問がわかりづらくてすみませんがわかる方教えてください。

Aベストアンサー

>無職でも住民税を払わなければいけなかったのでしょうか?
いいえ。
正確に言えば、住民税は前年の所得に対して翌年課税ですので、去年無職で所得が0なら今年はかかりませんが、今年無職でも去年一定の所得があればかかります。

>その間住民税はアルバイトでも給与から天引きされているのでしょうか?
いいえ。
前に書いたとおりです。
また、収入があっても、扶養する人がいない場合、年収が93万円~100万円(市町村によって違います)を超えなければかかりません。
ですので、貴方の場合今年もかかりません。

>確定申告をしたらいくらか戻ってくるのでしょうか?
年収103万円以下なら所得税かかりません。
バイト先で年末調整というのをしてあれば、確定申告しなくても還付されているはずです。
バイト先から「源泉徴収票」をもらったと思いますが、その中で「源泉徴収税額」の欄に数字が0(もしくは未記入)であれば、年末調整されていて所得税は還付されています。

そうでなければ、所得税天引きされたままになっています。
源泉徴収票、印鑑、通帳を持って税務署に行ってください。
所得税全額戻ってきます。
なお、確定申告の時期は3/16日までですが、貴方の場合は還付の申告なのでいつでもできます。
急ぐ必要ありません。
明日は税務署めちゃ混みです。
避けたほうがいいです。

>無職でも住民税を払わなければいけなかったのでしょうか?
いいえ。
正確に言えば、住民税は前年の所得に対して翌年課税ですので、去年無職で所得が0なら今年はかかりませんが、今年無職でも去年一定の所得があればかかります。

>その間住民税はアルバイトでも給与から天引きされているのでしょうか?
いいえ。
前に書いたとおりです。
また、収入があっても、扶養する人がいない場合、年収が93万円~100万円(市町村によって違います)を超えなければかかりません。
ですので、貴方の場合今年...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング