【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

 消防署に聞くと、何箇所かの消防署で言われる事がバラバラなのでどなたかこちらでもお聞きしたいのですが。。
 当方飲食店をしており、建物自体は表と裏に図面上は分かれているのですが壁や廊下等は繋がった状態です。裏の建物は6畳2間の2階建てになっており、1階は半分が倉庫半分が休憩所となる場所になっており、2階は住居となってます。

 表側は、3階建てで建坪30坪。
1階・・・店と厨房。席数はカウンタ6人・テーブル4人・座敷12人です。
2階・・・座敷。席数36人。
3階・・・住居

 大体ですが以上のような環境の中、どのような設備が必要になってくるのか教えていただきたく思います。 収容人数、またはm2数で何がどのように必要になるのか。
 
こちらのとある署では、住居は除外され店舗でのm2数300m2以上あるのと収容人数が30人超してるので報知器、管理者が必要と言われ、とりあえず講習を受けそこの職員に聞けば収容数は管理者が必要になり機器類はm2数によるもので、当方の場合は300m2あるなら機器類は付けた方が良いとの話。で、しまいには雑居ビルに値するところがあるとか何とか。。。

もっと細かい部分もあるんですが大雑把に言うとこんな感じです。実際どうなんでしょう。

県や市あるいは各自治体?によって規律が違う部分もあるとの事ですが、どこからどこまでが共通でどこからどこまでが各県や市によって変わるのか、大体でも解る方等が居られましたらご意見よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#2です補足ありがとうございます。



こちらも補足します。

いずれにしても裏表あわせた延べ面積がどのくらいあるのかきちんと計算したほうがいいでしょう。財産としての建物としても税金上も、きちんとした面積を明らかにしておくべきです。

次に、延べ面積が300平米ないなら、自火報の設置義務はほとんどないといえるでしょう。本来なら無窓階判定が必要ですが、個人住宅部分があるのですから、押し切ってもいいような気がします。

>裏の一階の倉庫の部分は備品と言えば備品になるかと思います。(器類、室内冷凍庫、米、家庭の物など。。)
冷凍庫がある時点で、店舗の付属施設です。飲食店運営に欠かせない設備である食料庫になっているからです。家庭のものをついでにおいてあるのは関係ありません。

気になったのは、
>表と裏の建物の間には一応壁と双方にドアがあり、その間には店とは別の家族が使う階段があります。
というところです。
これは「裏の2階部分は私ども家族の寝室と子供部屋兼用のリビングと言いましょうかその様な状態です。」のための階段なのでしょうか。それとも全く別の誰かに貸している、ということなのでしょうか?

一応分かる範囲で答えるならば、
・店舗のみで300平米を超えていないようなので、残りの部分が個人住居ならば火報は不要
・賃貸で貸している部屋があるなら、店舗・賃貸・個人住宅の複合用途で全体で300平米を超えているなら火報が必要
ということです。

まず全体の延べ面積、そして賃貸で貸している部屋があるかどうか、で300平米の基準を当てはめる範囲が変わってくるということです。

前回書いたように、防火管理者は30人を超えているので必要ですが、上記同様、賃貸があれば総合防火管理で甲種、店舗・個人住宅なら店舗のみで乙種防火管理者が必要になります。

この回答への補足

本当に有難う御座います。家族ともども助かっております。

>財産としての建物としても税金上も、きちんとした面積を明らかにしておくべきです。
 はい、そういたします。

>「裏の2階部分は私ども家族の寝室と子供部屋兼用のリビングと言いましょうかその様な状態です。」のための階段なのでしょうか。それとも全く別の誰かに貸している、ということなのでしょうか?
 そうですね、家のもののためだけのプライベートでの階段です。私どもは私夫婦と私どもの父母との家族だけでやっていますので、家賃を貰うような人材を雇っているわけでもありませんし、バイト一人すらも居ません。
 
 ちなみに私どもの店は家族4人で経営する日本料理と仕出しの店ですが申告は青色です。少し考えたのですが、ひょっとすると私たち自身が従業員扱いをされ裏の2階部分も店舗とみなされているのかなァとも思いましたが、そうだとすると、これが所轄消防署の考え方になるのかもしれませんね。
 にしても300m2には全然届いていませんので署の話を聞く必要があると思ってます。

 こちらの署では、席数で火災報知器が必要と言われましたがこれも所轄消防署の考えと言うものになるのでしょうか?

いずれにせよ今、図面を改めて書いていただいているのでそちらが出来次第本署にまずいってから所轄消防署に言って話してこようと思ってます。

補足日時:2012/10/25 14:58
    • good
    • 1

消防設備士です。



原則から言えば飲食店(3項ロ)は延べ面積300平米を超えると、自動火災報知設備の設置が必要になります。

質問者様の自宅兼店舗が悩ましいのは、どこまでが自宅でどこまでが店舗なのか分かりにくいからです。
特に個人住宅は、消防設備の設置基準の算定に入りませんから、どこで線を引くかで変わってきてしまうのです。

ですので本来なら図面や正確な面積が必要になるのですが、分かる範囲で整理してみます。

・裏と表の建物について
この二つの建物は、壁や廊下がつながっている、ということですので防火壁や防火扉などがないかぎりは、「一つの建物」として扱います。
今後、消防などと相談するときは、裏表合わせた延べ面積を提示してください。

・店舗と住居
表の3階建てのうち、1階と2階は間違いなく店舗として計算します。3階は個人住宅で計算します。
問題なのは裏の部分で、休憩所は店舗の付帯設備として考えてよいのでしょうが、倉庫を店舗の付帯設備に入れるかどうかが問題になります。また裏の住宅の2階部分も「住居」となっていますが、質問者様の家族が使用している「個人住宅」なのか、従業員が寝泊りまたは住んでいる「店舗の付帯設備としての寮」なのか、全然別の誰かに貸している「共同住宅」なのかによって、扱いが異なります。
これらはそれぞれの面積を算定しておき、状況によって各面積を合計できるようにしてから消防と相談してください。

また裏の2階が「共同住宅(5項ロ)」と扱われる場合は、3項ロと5項ロそして個人住宅の特定複合用途防火対象物(雑居ビル)に該当することになり、規制がより厳しく扱われることになります。

上記のことをまとめると次のパターンになると思います。

A 表1・2階+裏1階は店舗と付帯設備、表3階と裏2階は個人住宅
  -店舗と付帯設備の合計面積が300平米を超えなければ火災報知設備はいらない。
  
B 表1・2階+裏1階休憩室は店舗と付帯設備、表3階と裏2階は個人住宅で裏1階の倉庫は住宅の付帯設備
  -店舗と付帯設備の合計面積が300平米を超えなければ火災報知設備はいらない。

ただしA・Bとも店舗が無窓階算定なら100平米以上の面積で火災報知設備が必要

C A・Bどちらの場合も裏2階は共同住宅
  複合用途防火対象物なので、建物全ての面積(延べ面積)が300平米を超えていれば火災報知設備が必要

こういう感じになると思います。ざっくりとパターン化していますが、面積だけではなく図面も見ないと正確にはわかりません。

また防火管理者については、飲食店(3項ロ)ですので、収容人数が30人を超えていれば防火管理者の選任が必要になります。後は面積が300平米以上なら甲種、以下なら乙種という違いしかありませんので、いずれにしても防火管理者講習を受けて防火管理者を選任する必要があります。

またパターンCの特定複合用途防火対象物の場合、飲食店の防火管理者だけでなく建物全体の防火管理者が必要になりますので、必ず甲種防火管理者講習を受けることになります。
飲食店の経営者と建物の所有者が同じなら、兼任という形で1人で飲食店も建物の管理もひとつの資格で対応できるはずです(このあたりは各市町村の火災予防条例によるので確認してください)


このような建物は消防も私たちも判断が非常に困るのです。火災報知機をつけたくないから倉庫を個人住宅の付帯と言っていたのに、消防が査察をしたら飲食店の備品置場だった、などの例が後をたたないからです。

ですので消防も具体的なところは中々判断できないのでしょう。

質問者様がきちんと対応したいということであれば、各階の平面図(最低限の寸法と面積が記載されたもの)を用意して、各階の用途をはっきりさせてから消防に相談に行ってください。

それでも多少のばらつきはあるかもしれませんが、その場合は質問者様の住所に対応してる所轄消防署の見解が優先されます。

この回答への補足

有難う御座いました。

 当方は家族経営ですので、表の3階には親の寝室やお風呂等があり裏の2階部分は私ども家族の寝室と子供部屋兼用のリビングと言いましょうかその様な状態です。
 表と裏の建物の間には一応壁と双方にドアがあり、その間には店とは別の家族が使う階段があります。
 裏の一階の倉庫の部分は備品と言えば備品になるかと思います。(器類、室内冷凍庫、米、家庭の物など。。)
 ただ裏を合わせたとしても300m2はなさそうです。

 ですが所轄消防署の見解と言う事になるのでしょうね。

補足日時:2012/10/24 11:16
    • good
    • 0

細部については、消防長の判断になります。



ですので、消防署ごとに違う扱いになることは当然出てきます。

所轄消防署の判断に従ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座いました。
ただここまでくるのにも色々経緯があったのもありますし、
当方の所轄消防署が人を代えこられるのですが同じ消防署であっても
コロコロ変わるもので正直家族も気分悪くしているもので。。

最終署の判断に委ねる事になるのは回答者様のおっしゃる事が当然のことだと当然思っております。

当方はこれから改めて防災機器を設置していかなければならないため、
そうなると店も休みを取らざる終えなくなることも有るでしょうし、金銭面ももちろん出てきます。
 家族経営であるがゆえに納得が出来ない部分はしっかりと説明を頂きたいと思う部分もありますので、この度こういう場をお借りして質問させて頂きました。

有難う御座いました。

お礼日時:2012/10/24 10:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自動火災報知設備工事費は幾ら位するんですか?

我が家は、4階建で1階に店舗と1DKの部屋が7部屋と2DK1部屋ある小さなマンションです。総延べ床面積460m2なんですが、今度の消防改正に伴う自動火災報知設備の取り付けを求められています。入居者も少なく店舗の入居者も無くとても経営が苦しいのですが この設備予算をどれだけ見れば取り付けれる物でしょうか? 
このところ老朽化が進んで修繕工事に追われていてとても金銭的に困っています。なるべく安く上げたいんです。お知恵がありましたなら教えて下さい。

Aベストアンサー

 今回の消防法改正で自動火災報知設備が義務設置になった事業所の方に聞くと、No.2の方が言われているように、100万円前後の見積もりの方が多いような気がします。が、数社の見積もりを取られて検討されるのが良いともいます。また、当座の出費を抑えたいのであれば、松下電工のリース方式があります。6年または7年契約で支払いは方法は月単位です。(私は松下電工の関係者ではありませんので詳細は松下電工に確認してください。リーフレットもあるはずです。)それ以外のメーカーでリース方式を行っているところは今のところは多分無いと思います。
 融資制度については、地元の消防本部に確認されると制度についてある程度は教えてもらえます。しかし、消防機関が融資するわけではないですし、無償貸与ではないので金利も必要となります。
 ところで、消防署の担当者から聞いてみえるとは思いますが、工事依頼をされる時に、住宅部分でも住宅用の感知器では対応できませんので注意が必要な事と消防機関に届出が必要ですので注意してください。

Qお店を開店させるためには消防の許可はいるのですか?

雑貨と飲食のお店を開店させるために現在不動産屋と保健所を行ったりきたりをしています。何とか保健所の許可がおりたのですが開店に際して他に許可を取らないといけないところはあるのでしょうか?保健所にオーケーをもらえたらもう開業可能ですか?心配なのは店舗のまどりが入り口に広い間口があるだけで店内には窓が1つもありません。これで営業可能なのでしょうか?保健所の人はそこまではわからないそうです。消防の査察とか開店した後に来たりするのですか?営業するためには保健所の許可だけでいいのでしょうか?しってたら教えてください。消防にも許可がいるのでしょうか? 飲食店を経営する時に消防の人に店舗をみてもらって営業可能か聞くんじゃないの?と友人に言われ困惑しています。誰か知っている人いたら教えてください。

Aベストアンサー

どのような内容・規模の店舗かが判然としませんが、概ねこれまで寄せられている皆様の回答のとおりです。
ただ建物の構造や、そのお店の階層・種類にもよりますが・・・窓がないというのは気になりますね。

届け出後、防火管理者や消防設備に関しては消防署が検査に来ます。また消防設備は有資格者(消防設備士)が毎年点検し、その報告をする必要があります。また査察も、場合によってはあります。

いずれにせよ不安があれば、消防署に聞くのがいちばんです。消防はたいてい親切なので、アドバイスしてくれると思います。出張所クラスではなく、本署クラスへいくと間違いがないです。

Q火災報知器について

火災報知器について教えてください。
住宅には設置義務化になりましたが、会社の事務所は火災報知器の設置義務はあるのでしょうか?
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

専用住宅以外の用途の建物(防火対象物)の場合、建物用途、構造、建物床面積によって設置する消防設備の種類があります。
事務所 延床面積1000m2以上で自動火災報知設備が必要となります。
店舗等の併用建物の場合は、延床面積300m2以上で自動火災報知設備が必要となります。
建物の新築時で必要とされている設備です。

貴方の質問の建物が事務所等兼用住宅の場合、住宅用火災報知器は、火器の使用室、就寝を主とする居室、二階階段通路上天井に設置が義務付けされています。
事務室については、就寝を主とする居室には該当しませんので設置義務はありません。

ご参考まで

Q店舗併用住宅について

店舗(美容室)併用住宅を設計しているのですが、数点疑問な点がありますので教えてください。

店舗(美容室)面積30m2、住宅部100m2
新築 木造2階建て
都市計画区域内で、用途地域・防火地域等は指定なし

(1)上記店舗併用住宅は特殊建築物へ該当するか?

(2)排煙窓の設置について
 店舗部の無窓条件はクリアしているのですが、(1)の特殊建築物に該当した場合は排煙窓が必要か?

(3)確認申請の際には、建築士の設計による4号建築としての特例が適用されるのか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

店舗等の併用住宅の場合
排煙規制は、店舗部分のみに規制を受けます。
有効採光1/20以上、有効排煙1/50以上確保されていれば、改めて排煙窓の設置は必要無し。

延200m2未満なので住宅部分に、排煙規制は掛かりません。

また、4号建築物申請となります。
計画敷地に物置等の建物が既に建っていれば、申請工種は、増築となります。
何も建っていなければ、新築申請となります。

以上

QPDFからJwcへの変換方法

まったくの素人です。教えて下さい。
設備会社の事務をしていますが先ほど社長から
『PDFファイルの図面をJwcへ変換してくれ』・・・と言われましたm(__)m そんなの私には出来ないよう・・・・涙

そんな事出来ますか?ちなみにPCはXPです。
フリーソフトなどあればURLで結構ですので教えてください。
至急お願い致します。

Aベストアンサー

No.3の回答をみての補足です(^-^)b

イラストレーターの体験版があったんですねぇ。
これならできますよ!

ただし、No.3さんもおっしゃってるように、PDFにした
もとがなんだったのかによります。
CADソフトなどからPDFファイルを作成したなら
ベクター情報をもっているので、先にお伝えした
やり方で変換すれば、CADデータとして扱えるものに
できます。
でも、たとえばアウトプット図面をスキャンしたもの
(要はただの画像データですね)や、画像として書き出した
ものをPDF化したものだとCADデータにはなりません。
(厳密に言うとできますが、いわゆるCADデータとしての
有効な使い方ができないということです)
No.2の回答で紹介されたようなソフトで自動か手動で
なぞり書きをして、書き起こさなければダメですね。

そのPDFファイルがどっちなのかは、よーくみてみれば
なんとなくわかると思います。
でもまぁとりあえずイラストレーターで読み込んでみては
どうでしょうか?
読み込んでみて、それぞれの線を一本づつ選択できる状態
になっていれば、それはベクターデータなので
JWCにして有効に使えます。

なおNo3さんが心配しておられるスケールについては
イラストレーター上で縮尺変更できますし、JWCにして
からでもできると思うので大丈夫ですよ。

No.3の回答をみての補足です(^-^)b

イラストレーターの体験版があったんですねぇ。
これならできますよ!

ただし、No.3さんもおっしゃってるように、PDFにした
もとがなんだったのかによります。
CADソフトなどからPDFファイルを作成したなら
ベクター情報をもっているので、先にお伝えした
やり方で変換すれば、CADデータとして扱えるものに
できます。
でも、たとえばアウトプット図面をスキャンしたもの
(要はただの画像データですね)や、画像として書き出した
ものをPDF化したものだとCADデ...続きを読む

Q新築の電気工事費がコレで妥当でしょうか…

新築に際して、電気工事の見積もりが出たのですがかなり高いような気がします。素人なのもので下記のような説明でわかるかどうか不安ですが皆様のご意見お聞かせください。
・47.5坪(木造2階建て)
・LDK(ネット配線あり)、洋室4室、書斎(照明、ネット配線あり)
・蓄熱暖房エコキュート導入(7K-1台と3K-2台、エコキュート460リットル)
・照明込み(洋室4室と納戸については量販店で購入し支給する)
・トイレ3ヶ所、ウォーキングクローゼットは人感知センサー付
・TV配線は各部屋
・ELB-60アンペアと図面にあります。
・エアコンも全室、コンセントも各部屋3ヶ所くらいあります。

大体こんな感じで約100万円(税込)です。
配線?銅線?の値段が今週もまた上がったとかでこれで精一杯と言われました。
当初は80万円といわれ、その後50万といわれ、結局図面を基に金額をはじいたら100万です。
この金額(この電気屋)信頼してもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>高くない…安心しました。
はい。ちなみに私の判断はもちろんエコキュート、蓄熱暖房機本体の代金は含めていません。含めたらその金額はありえないので。

Q自火報について

自火報について

自火報を設置しなくてはいけないかどうについて教えてください。

私が務めている事務所は、4階建ての延べ床面積が880m2の建物です。
今まで、自火報を設置してなかったのですが、先日業者の方が、3階と4階の床面積の合計が
450m2(3階230m2、4階220m2)になるので、建物4階全部に自火報を設置しなくてはいけないと言われました。
消防法を少し読んでみると、施行令第21条の第11項で「地下階、無窓階、3階以上の階
の床面積300m2以上のもの」となっていました。
この場合、3階以上の階の合計の床面積になるのでしょうか?こうの条文の解釈がよくわかりません。
また、設置しなくてはいけないときには、3階以上の階だけに自火報を設置すればいいのでしょうか?
それとも建物全体に自火報を設置しなくてはいけないのでしょうか?

 消防法に詳しい方、教えて下さい。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

建物の用途によって変わってきますが、4階全部が事務所の場合
防火対象物の区分では15項にあたり、述べ床面積1000m2以上が対象になります
また、地階・無窓階・3階以上の階で床面積が300m2以上となっていますが、
これは3階以上でその階の床面積が300m2以上ということで、3階230m2、4階220m2の場合は
300m2以下なので対象にはなりません。
事務所以外の飲食店・販売店などの特定防火対象物がテナントとして入っている場合は、変わってきます
消防法はお住まいの市条令などで規制が変わっている場合もありますので、お近くの消防署・予防課などで確認された方がいいと思います
また、自火報を設置するにあたっても建物の持ち主(オーナー)に設置義務があって、入居者には
設置義務はありません
建物を建築後に増築・用途変更等をしていなければ、建物完成時に消防で検査を行っているはずなので不備があれば、その時点で指摘されているはずですよ


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング