私の知り合いがTV番組制作会社(地元大手TV局社員)のディレクターをしています。もう32になるのに、家賃滞納など生活が苦しいらしいのです。生活は不規則で食事はほとんど外食で家にも帰れないこともしばしば。大変忙しく、企画・ロケ・編集と寝ない日々もあるというのに、給料はどの位もらえているのでしょう?最近はロケ弁等も経費削減、ロケ先での急な出費も自分で立替えているらしいのです。この業界の事情を教えてください。

A 回答 (2件)

前に書かれた方と同様に、


「TV番組制作会社」なのか「TV局社員」なのか
どちらかが判らないのですが、

私はテレビ番組制作会社に勤めています(東京ではありません)が、
現在33歳女性で、年収は500万円ほどです。

おっしゃるとおり、数ヶ月休みがなかったり、
生活は不規則で食事はほとんど外食で家にも帰れないこともしばしばで、
1週間近く家に帰れないことも多々あります。

「立て替え金」についてですが、
基本的には「仮払い」と呼ばれる経費を事前に預かって
それでやりくりする事が多いですが、
忙しさのあまり精算が追いつかなかったり、
仮払いの出勤事務作業を怠っていたりすると
何十万も立て替える事になってしまうこともなくなないと思います。

参考になるかどうか判りませんが…
    • good
    • 5

ん?まず番組制作会社なのか?地元大手TV局社員なのか?どちらなんでしょうか?


お住まいの場所も解りませんが、東京の場合で書きます。
32歳でTV局社員だとすれば1000万は超えますね。
そしてTV局出資子の制作会社で7~800万円
大手制作会社で5~600万円
そしてこれが多いですが中小の制作会社で3~400万
こう言う感じだと思います。
もし地元大手TV局社員が地方だとすれば東京の70%ぐらいだと思えば良いのではないでしょうか?
    • good
    • 7

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【テレビ局のディレクターってどういう仕事をする人ですか?】海外に1人で行って取材してくる仕事をしてい

【テレビ局のディレクターってどういう仕事をする人ですか?】海外に1人で行って取材してくる仕事をしているのもディレクターだし、タレントと一緒に取材に行くのもディレクターですよね。

ディレクターって何をしている人でしょう。

Aベストアンサー

テレビ局のディレクターの仕事です。
http://tvman.jp/occupation/director.html

低予算の海外ロケではカメラマン、音声、編集までします。

Q映像ディレクター

海外で音楽のプロモーションビデオを制作して活躍している日本人っていますか?

Aベストアンサー

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1115647396

このサイトが役に立つのではないでしょうか。

Qテレビディレクター

私は将来テレビディレクターになりたいと思っています。なのでテレビディレクターについて気になる事をこの場をおかりして質問させて下さい。

1フリーディレクターとはなんですか?また、どうしたらなれるんでしょうか?
2よく番組が終わると打ち上げがありますが、その打ち上げにはディレクターというものは参加出来るのでしょうか?それとも忙しくて参加出来ないのでしょうか?

3テレビディレクターにもいろいろな種類のテレビディレクターがいると聞きました。私が知ってるのはチーフディレクターとフロワーディレクターです。あと他にどのような種類のテレビディレクターがいるのでしょうか?

長くなってすいませんm(__)m是非、お答え願います。

Aベストアンサー

元テレビディレクターです。

1.放送局や制作会社に所属せず、主として番組ごとの契約で制作の仕事を請け負う人のことです。通常はいきなりなれるものではありません。ある程度、放送局や制作会社でキャリアを積んで、実績が認められないと、とてもフリーで食っていけるディレクターにはなれません。

2.本来は、打ち上げの仕切りも含めてディレクターの仕事です。中には、ADに丸投げしたり、この仕切りだけがやたらうまい人がいたりしますが・・・
 ところで質問者さん、ひょっとして「打ち上げが楽しそうだからディレクターになりたい」なんて考えていませんか?これは放送業界に対する大変な誤解です。以前にも回答したことがあるのですが、「芸能人と親しくなりたいから」「打ち上げに参加したいから」なんて理由は志望動機になりません。むしろ、仕事を進める上で有害です。
 もし、そういう目的でこの業界を目指しているのでしたら、止めて下いただきたい。クリエイティブな仕事をしようとしている仲間たちの足手まといになるだけです。

3.ディレクターはディレクターです。
「チーフディレクター」は、社にもよりますが、キャリアを十分積んだ人で、予算の管理など一部管理職としての権限を持っている人を指すことが多いです。
「フロアディレクター」というのは、副調整室で指示を出すメインのディレクターと出演者やカメラマンの間に入って、スタジオのフロアで、副調のメッセンジャー、時には手足となって働く人のことです。
あとは、「テクニカルディレクター」なんてのもありますね。これは技術さんの中で、その番組の責任者(スイッチャーの場合が多い)となる人です。
また、美術の責任者を「アートディレクター」と呼ぶ場合もあるようです。最近は番組にCGを使う場合が多いので、そういう呼称ができてきたのかもしれません。
AD(アシスタントディレクター)については、#1さんが仰っているように、いろんな情報が出回っていますので検索してみてください。

元テレビディレクターです。

1.放送局や制作会社に所属せず、主として番組ごとの契約で制作の仕事を請け負う人のことです。通常はいきなりなれるものではありません。ある程度、放送局や制作会社でキャリアを積んで、実績が認められないと、とてもフリーで食っていけるディレクターにはなれません。

2.本来は、打ち上げの仕切りも含めてディレクターの仕事です。中には、ADに丸投げしたり、この仕切りだけがやたらうまい人がいたりしますが・・・
 ところで質問者さん、ひょっとして「打ち上げが楽...続きを読む

QWEBディレクターになりたい

29歳男性(既婚)です。
前職は不動産会社で営業を5年、広告・企画を2年経験したのですが、少し前に退職しました。

次の仕事として、WEB制作会社でディレクター系の仕事を検討しています。
きっかけは、前職のときサイト制作の提案に来たディレクターさんの働きぶりを見てとてもやりがいのある(大変そうですけど)仕事だと思ったからです。また、前職での営業経験を活かせるのではないかとも思っています。

ただ、当然実務経験はなく、ホームページビルダーでのサイト制作経験(実家の商売用サイト)しかありませんので、これから勉強することになります。

現在、転職活動をするか、いったんスクールに通うか、迷っています。
「スクール通うくらいなら会社入って働いたほうが勉強になる」というようなことをよく耳にしますが、素人をディレクター候補として採用するような可能性はあるんでしょうか?
また、就職するには実務経験が必須という会社がほとんどなのですが、みなさん派遣で経験を積んでから就職しているということなのでしょうか?
実際、スクールに通ったからといって、ディレクターにはなかなかなれるものではないのでしょうか?

何だか、ただの就職相談みたいになってしまい恐縮です(しかも長文・・・)が、WEB業界に友人もいないので、こちらで色々とご意見いただければ幸いです。
宜しくお願いします。

29歳男性(既婚)です。
前職は不動産会社で営業を5年、広告・企画を2年経験したのですが、少し前に退職しました。

次の仕事として、WEB制作会社でディレクター系の仕事を検討しています。
きっかけは、前職のときサイト制作の提案に来たディレクターさんの働きぶりを見てとてもやりがいのある(大変そうですけど)仕事だと思ったからです。また、前職での営業経験を活かせるのではないかとも思っています。

ただ、当然実務経験はなく、ホームページビルダーでのサイト制作経験(実家の商売用サイト)しか...続きを読む

Aベストアンサー

未経験からWebディレクターになりました。
私の場合、かなり運も良かったと思っていますが・・・

もともとは制作したくて、スクールに通っていました。運良く入社できた会社では
制作の仕事をさせる余裕がなく(利益が少ないので)、気がついたら事務になっていました。
「これでは意味がない!」と退職し、別の機会で制作に携わったものの、派遣社員のため、
すぐに契約満了。また事務に戻り、現在運良くディレクターとして派遣で働いています。

ディレクターというと、企業によって名前は様々ですが、制作者とお客様を結ぶ役、
ということが多い気がします。
私の場合、上司が営業、所属も営業なので、営業寄りのディレクターと思います。
(実際、人材紹介会社にそう言われました。)
上司の手伝いで見積もりを作ったりもします。

制作寄りのディレクターになると、数字のことは営業に任せて、簡単な修正をしたり、
という場合もあります。
もちろん私も修正作業もしますが・・・

営業経験を活かしたい、ということであれば、営業とディレクターが兼任のような
制作会社も多いので(特に小さいところ)、その経験を活かしてアピールは
できると感じます。
ただ、ディレクターは、営業でもそうですが、お客様に「こういうページに
したいんだけど、技術的に可能?」「いくらくらいかかる?」などと気楽に聞かれます。
そんな時、どういった作業をするのか、大変なのか簡単なのか、などがある程度把握できて
いないと、調べてからの回答になってしまいます。
ですので、知識はどうしても必要になりますね。

Webの業界って、意外とスクール出身者って少なく、独学とか、運良く新卒で
入ってそういう職種に就いた、なんて人もいます。
ですので必ずしもスクールに行く必要はないのですが、効率よく学ぶことができるので
私は行って良かったです。
でも、それで転職に有利になるとは思わないほうがいいです。
つまり、スクールに行けば希望の仕事に就ける、ということは非常に難しいのが
現実です。
ただ、誰もが実務未経験から入っていますので、チャンスはゼロではありません。
諦めないことと、これまでの経験とWebをどう結びつけていくかがアピールポイントに
なるのではないでしょうか。

未経験からWebディレクターになりました。
私の場合、かなり運も良かったと思っていますが・・・

もともとは制作したくて、スクールに通っていました。運良く入社できた会社では
制作の仕事をさせる余裕がなく(利益が少ないので)、気がついたら事務になっていました。
「これでは意味がない!」と退職し、別の機会で制作に携わったものの、派遣社員のため、
すぐに契約満了。また事務に戻り、現在運良くディレクターとして派遣で働いています。

ディレクターというと、企業によって名前は様々ですが、...続きを読む

Qテレビ番組を作る ディレクター

テレビのディレクターという仕事に興味を持っています。

どうすれば、ディレクターになれるのでしょうか?
また、女性のディレクターっているのでしょうか?

Aベストアンサー

放送局の元職員です。

放送局に入社するのも良いですが、必ずしも希望の職種に就けるとは限りません。
利潤を追求しなくてはなりませんから、営業、事業、編成、総務や経理など、番組制作ではない仕事に就く人が多くいるから、会社として成り立っています。

また、最初はADを経験し、ディレクターを経験後、若くしてプロデューサーという形で、本人の実力の有無を問わずに年齢と共にステップアップさせられます。

もしディレクター業務を長期間やりたいのであれば、番組制作会社に入社するほうが良いと思います。
番組では、プロデューサーは放送局社員が、ディレクターは放送局社員か番組制作会社のスタッフが務める形式がほとんどで、プロデューサーは予算管理や社内調整など事務方が多く、ディレクターは作家やタレントとの打ち合わせなど、番組の中身に深く関わる事が出来ます。

自分は中途入社で番組制作とは違う仕事をしていたのですが、異動でいきなりプロデューサー業務をせねばならず、逆に年上のディレクターや放送作家さんに色々と助けてもらい、何とか仕事をこなせたので、今でも感謝しています。

こんな感じで大丈夫ですかね?

放送局の元職員です。

放送局に入社するのも良いですが、必ずしも希望の職種に就けるとは限りません。
利潤を追求しなくてはなりませんから、営業、事業、編成、総務や経理など、番組制作ではない仕事に就く人が多くいるから、会社として成り立っています。

また、最初はADを経験し、ディレクターを経験後、若くしてプロデューサーという形で、本人の実力の有無を問わずに年齢と共にステップアップさせられます。

もしディレクター業務を長期間やりたいのであれば、番組制作会社に入社するほうが良いと思います...続きを読む

Qwebデザイナーとコーダーとディレクターの違い

webデザイナーとコーダーとディレクターの違いを教えてください。

ディレクターが方針(そのページのイメージ?)を決めて、
デザイナーがwebページを作って(レイアウトでいいのですか?)
という感じでしょうか・・・

Aベストアンサー

●WEBディレクター
クライアントと打ち合わせ、サイトの運用・管理、デザイナーやプログラマーやコーダーに指示を出して制作スケジュールの管理などもやります。

●WEBデザイナー
そのまんまですが、サイトのデザインを作ります。コーディングももちろんします。

●コーダー
デザイナーの作ったデザインをHTMLに直す仕事です。
WEBデザイナーと比べると仕事の幅が狭いので単純作業とも言えます。

強いて言うならこんな感じですが、実際の現場では肩書きの境界線はとても曖昧です。
一人で制作管理・デザイン・コーディングすべてこなす場合もありますし、よほど大きなプロジェクトでもなければデザイナーとコーダーが別れていることの方が少ない気がします。

Qwebディレクターの再就職を目指してます。

webディレクターの再就職を目指してます。

諸事情により、ブランクがあります。

これからエントリーしようと思っている会社で
作品URLの入力が求められています。

過去自分がディレクションしたサイトは、完全リニューアルされていたり
会社が倒産などの理由でなくなってしまい提示出来ません。


しかし、エントリー項目の一つの内容は
「WEBサイト、ブログ、作品URLではなくても
自分がPRとなると思ったら自分のサイトじゃなくてもOK」との事なんですが

写真が趣味で一眼レフで10年ほど撮り続けています。
ネットアルバムに写真はアップしてるので
このURLを作品として提示しても大丈夫でしょうか?

それと「自分がPRとなると思ったら自分のサイトじゃなくてもOK」とは、
自分が勉強素材としているブログやサイトの事を指しているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

元人事の者です。
ほとんどは、やはりサイトであったりブログを指しますね・・

ですが、職務経歴書でご自身のディレクター歴が書いてあるのであれば
その写真集でも可能かもしれません。
ないよりはよいかと思うので、そちらを添付されてはどうでしょうか?

ディレクターなので制作の力などはそこまで求めないと思うのですが。
頑張ってくださいね。

Q30代未経験からのアート・クリエイティブディレクターへの道は?

今年34歳、東京都在住、短大卒(非美術系。一年間海外の美術学校履修あり)の独身女性です。
アート・クリエイティブディレクターを自分の最終形態として目指すことにしましたので、是非ご意見・アドバイスをお願いします。
デザイン職で勤務したことはありませんが、フリーランスイラストレーターを本職の他に6年ほどやっています。依頼頻度は年数回程度で、出版・WEB系のイラスト制作、まれにペラのデザインもやりました。時々公募展に出して選に入ったりもしています。
本職は、出身が医療系なので、医療関係の事務系職です。先月末までは、医療系冊子の編集・進行管理職についていて、契約終了で現在求職中です。
やはりクリエイティブ系を諦められないのと、体力的に二足のわらじがきつくなってきたので、これを機に思い切り方向転換をしようと思います。また、まとめる仕事が得意だとわかったので、将来的にもCDなどの職が向いているのでは、と思います。
しかし、やはりAD/CDはデザイナースタートの方がほとんどですよね・・・。編集・進行管理のキャリアが生かせないかとも思うのですが、どうでしょうか?
・派遣でディレクションありの進行管理→経験者として転職
が自分としては可能性有りそうな気がするのですが、どうでしょうか?しかし、これでは必要となる高度なデザイン眼の有無がネックとなってくると思います。やはり、ここは未経験歓迎のデザイナー職を探した方が良いでしょうか?(年齢的に厳しいと思いますが・・・)
そろそろ夢追うのも諦める歳なんでしょうが、可能性諦めたくないです。補足必要で有れば教えてください。アドバイスよろしくお願い致します。

今年34歳、東京都在住、短大卒(非美術系。一年間海外の美術学校履修あり)の独身女性です。
アート・クリエイティブディレクターを自分の最終形態として目指すことにしましたので、是非ご意見・アドバイスをお願いします。
デザイン職で勤務したことはありませんが、フリーランスイラストレーターを本職の他に6年ほどやっています。依頼頻度は年数回程度で、出版・WEB系のイラスト制作、まれにペラのデザインもやりました。時々公募展に出して選に入ったりもしています。
本職は、出身が医療系なので、医療...続きを読む

Aベストアンサー

経歴拝見しましたが、誰が見てもデザイン、コピーともに経験なしと判断すると思いますので、その前提で話をします。

おっしゃるようにADはデザイナー、CDはコピーライター上がりが多いのですが、どちらも経験なしでは厳しいものがあります。確かに管理職なんですが、完全に下任せではなく、アイディアは自分で出さなくてはなりません。クライアントの要望を把握し、ぴったりの表現を探し出さなくてはならないのです。その上でデザイナー等に具体化への指示を出します。

また、下がやっていることを的確に把握できない者に管理などできっこありません。それにはやはり実務経験が必須となります。そしてかなり酷なようですが、34歳の未経験者を採用する所はまずないと断言していいでしょう。

ですが道が完全に閉ざされたわけではないです。最後の手段として「自分でのし上がる」があります。かなり厳しいイバラの道となりますが、自分でデザイン事務所を起こすんです。自分に適正ありと判断されるのでしたら、トライしてもいいんじゃないでしょうか?

繰り返しますが、かなり厳しいと思います。しかし諦めさえしなければ……と思いたいです。

経歴拝見しましたが、誰が見てもデザイン、コピーともに経験なしと判断すると思いますので、その前提で話をします。

おっしゃるようにADはデザイナー、CDはコピーライター上がりが多いのですが、どちらも経験なしでは厳しいものがあります。確かに管理職なんですが、完全に下任せではなく、アイディアは自分で出さなくてはなりません。クライアントの要望を把握し、ぴったりの表現を探し出さなくてはならないのです。その上でデザイナー等に具体化への指示を出します。

また、下がやっていることを的確に把...続きを読む

Qクリエイティブディレクターとは?

とある会社で広告やDM、販促物を制作する「クリエイティブ課」のデザイナーとして働いてます。
1年以上デザイナー2人しかいなかったのですが、3ヶ月前からディレクターが入社しました。

私はディレクターがいる会社で働いたことがないので、ディレクターとはどういうことをする職種なのかよく分かりません。

しかし、入社したばかりのディレクターの行動には少し疑問が…

まず、ディレクターを入れたのは、社内と社外で制作している販促物のクリエイティブがバラバラなので、もっと統一感が必要だということになり、全ての制作物を把握できるようなディレクターを入れなさい。という経緯がありました。
入社したディレクターは、今まで広告制作会社でディレクターというより営業的なことをしてきた人です。

まず、企画部とディレクターが他社へ依頼した制作物について、デザイナーに何の説明もなし。出来上がったものも見せません。
制作したものをディレクターが何度か校正を入れますが、最終的に企画部に見せた時に、結局ディレクターが校正を入れる前の方が良かったとなり、元に戻すはめになる。
入社して間もないのに、勝手な判断が多く間違いが多い。
等々…。

高学歴で今までやってきた事に自信があるのはよく分かりますが
新入社員なので人に教えてもらうという姿勢も大切だと思うのですが

色んな事がデザイナーの知らない所で色々動いていて困っています。

そもそもディレクターとはそういう職業なんでしょうか?
自分の判断だけで何でも進行してしまえる仕事なんでしょうか?

文章が足りなくて状況が分かりにくいと思いますが
一般的にクリエイティブディレクターとはどういう事をしているのかお分かりになる方、教えて下さい。

とある会社で広告やDM、販促物を制作する「クリエイティブ課」のデザイナーとして働いてます。
1年以上デザイナー2人しかいなかったのですが、3ヶ月前からディレクターが入社しました。

私はディレクターがいる会社で働いたことがないので、ディレクターとはどういうことをする職種なのかよく分かりません。

しかし、入社したばかりのディレクターの行動には少し疑問が…

まず、ディレクターを入れたのは、社内と社外で制作している販促物のクリエイティブがバラバラなので、もっと統一感が必要だとい...続きを読む

Aベストアンサー

ディレクターには二種類あって、ひとつは下積みから自分で積み上げてきて全てをこなすことが出来るが、より良いものを作ると同時に、時間短縮のために人を使う人。部下の能力を引き出し、やり直しが起きないように最善の注意を払います。先頭に立って下を引っ張ることの出来るタイプ。

もうひとつは、基礎が出来なくてディレクターにシフトした人。部下の頭を押さえる事で自分が目立つことが最重要項目で、実力がなく自分で方向性を打ち出せないため、部下に丸投げして出てきたものを叩きます。試行錯誤を部下の成果で行うため手戻りは当然のごとく起こり、無駄が非常に多くなり、時間切れで「部下ひとりでやったほうがもっといいものができた」ということがまま起こります。部下が非常に上司を気遣ってくれるタイプだと、うまく回りますが、これは事実上のディレクターが部下に居るということです。官僚主義の会社で生き残りやすいタイプ。

本来のディレクターとは映画で言うと現場監督、クラシックなら指揮者となります。実際の作業からは見えにくいですがクリエイターのトップです。

全体の出来に責任を負い、主なアイデアや枠組みを作り出し、方向性を定め、その方向に向かって部下が力を出せるように導くと同時に (多少専門が違っても) 教育をし、スケジュールの執行に関しても気を配ります。

通常は、プランの段階で数人のスタッフとブレインストーミングで試行錯誤し、方向性が定まった時点で作業に入ります。作業に入ったら独裁者でなければなりません。(逆に言うと自分の案が上にあがって折れるような実力では困る)

営業とはあくまで潤滑油のようなもので、浮き草のように流されます。ししかし、ディレクターは基本クリエイター(むしろ芸術家)ですから芯がなければならない。営業はディレクターというよりプロデューサーに近いでしょう。間違った人選だったと思います。

あなたが困っていることについて上に訴えましょう。今回追い出せなくても、少なくても「追い出さない」と判断した人が責任を持つことになりますので、再度失敗したときの対応が違ってきます。下のものの声も、集まれば威力があります。

趣旨としては、「出てくる案が劣っているため、権限を与えるのは問題がある。ポリシーや指針が早くに出てこないことと、コミュニケーションを遮断するため、無駄な作業が多く、却って現場が混乱する。」

ということでいいと思います。残るなら調整役として残す程度にするのが得策。

なお、コミュニケーションを遮断するのは、制作手法としてありえますが一般的にはマイナスです。ただし、一旦決まった方針の下に作るのであれば、ピラミッド構造の末端ではそんなに密なコミュニケーションは必要ないはずです。もちろん、企画段階ではサブリーダー間の非常に濃密なコミュニケーションが行われるはずです。(泊り込み合宿とか)

もっとも、素人が見よう見真似でやって、上記のようなメリハリのある運営が出来なくてぐちゃぐちゃになるケースのほうが多いと思いますけどね。

ディレクターには二種類あって、ひとつは下積みから自分で積み上げてきて全てをこなすことが出来るが、より良いものを作ると同時に、時間短縮のために人を使う人。部下の能力を引き出し、やり直しが起きないように最善の注意を払います。先頭に立って下を引っ張ることの出来るタイプ。

もうひとつは、基礎が出来なくてディレクターにシフトした人。部下の頭を押さえる事で自分が目立つことが最重要項目で、実力がなく自分で方向性を打ち出せないため、部下に丸投げして出てきたものを叩きます。試行錯誤を部下...続きを読む

Q美大を出ないとアートディレクターにはなれないのか?

私はこの春大学生になった者です。
マーケティングや広告について学ぼうと経営学部に入ったのですが、
広告批評などの広告関係の本や雑誌を読んでいくうちに自分のやりたい
ことはアートディレクターの仕事ではないかと思うようになりました。
ですが電通さんや博報堂さん等のHPを見ても、やはりアート部門は美大
か美術系専門学校を卒業した方しか雇ってもらえないみたいなので、
今とても悩んでいます。
このまま大学を卒業して頑張って総合職から入りクリエイティブ方面に
異動するか、または卒業後美術大学を受けなおしアート部門から入るか
、それとも退学(または編入)して美術大学を受けなおすか。
ですがただでさえ今私大に(MARCHです)通わせてもらっているので
これ以上他の大学に入って(美大ですから国立は難しいですよね)
学費を出してもらうなんて、口が裂けても言えません。かと言って
基本の知識も技術も身についていないのに、普通の大学を出ただけで
クリエイティブな仕事はさせてもらえないのではないかと心配です。
これは単に今在学中に通信講座なりセミナーで補えるようなもの
なのでしょうか?私自身高校入学時までは美大志望で美術の勉強や練習
は苦にならないので、今の学業と両立できるのが一番なのですが・・。
やるとなったら本気でやります。中途半端なことだけはしたくないです。

アドバイス頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。

私はこの春大学生になった者です。
マーケティングや広告について学ぼうと経営学部に入ったのですが、
広告批評などの広告関係の本や雑誌を読んでいくうちに自分のやりたい
ことはアートディレクターの仕事ではないかと思うようになりました。
ですが電通さんや博報堂さん等のHPを見ても、やはりアート部門は美大
か美術系専門学校を卒業した方しか雇ってもらえないみたいなので、
今とても悩んでいます。
このまま大学を卒業して頑張って総合職から入りクリエイティブ方面に
異動するか、または卒業後美...続きを読む

Aベストアンサー

まず、大手代理店のADになる、という選択肢についてです。

上位広告代理店の場合、アート職は東京芸大・多摩美・武蔵美…等、
特定の四年制美大からしか採用しません。
というわけで、大手代理店のADになりたければ、
最初から、代理店の指定校に在籍していることが必須です。
しかも大手代理店には、新卒採用時に年齢制限も設けられており、
確か3年以上ダブり(3浪、1浪2留等)は全てNGと聞きました。
事実、私の知人で東京芸大に3浪で入学した人は、大手代理店に全て落ち、
プロダクションにしか入れなかったという人がいます。

また、代理店に入社後、他部署からの異動によってADになるのも不可能です。
理由は、わざわざ社内から登用する意味がないから。
仮にADが必要になっても、経験者を中途で外から採用すればいいだけですし、
ADとして大成するかどうか分からない人物を、いちいち育てる暇もありません。

今の質問者さまの条件で、最もベストな選択としては
現在の大学を退学して、美大に入りなおすことでしょうね。
「中途半端なことはしたくない」のでしたら、
今の状態のまま、何とかしよう等とは思わないで下さい。

なお、大手代理店にこだわらなければ、ADになることはなれます。
私の知人にも、普通大卒後、普通の仕事を数年経験した後で
クリエイティブの世界に飛び込み、ADになった人は大勢います。
それでも、一旦普通大を出てからのスタートですと、
既出のご回答者様も仰る通り、かなりの遠回りをすることになろうかと思われますので、
質問者さまのADになる気持ちが相当に固ければ、今すぐ動いたほうが後々のためだと思います。

まず、大手代理店のADになる、という選択肢についてです。

上位広告代理店の場合、アート職は東京芸大・多摩美・武蔵美…等、
特定の四年制美大からしか採用しません。
というわけで、大手代理店のADになりたければ、
最初から、代理店の指定校に在籍していることが必須です。
しかも大手代理店には、新卒採用時に年齢制限も設けられており、
確か3年以上ダブり(3浪、1浪2留等)は全てNGと聞きました。
事実、私の知人で東京芸大に3浪で入学した人は、大手代理店に全て落ち、
プロダクションにしか入れな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング