痔になりやすい生活習慣とは?

「アレロックはヒスタミン以外のアレルギー惹起物質も抑制できる抗アレルギー薬に分類されるから、抗ヒスタミン薬ではない」という意見がありました。

私はアレロックはヒスタミンH1受容体に対する拮抗剤なので「抗ヒスタミン薬」だと思うのですが、どちらが正しいのでしょうか?

言い換えると「抗ヒスタミン薬」禁忌の人にアレロックを処方できますか?

詳しい方、ご意見頂けると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

おはようございます。



アレロックの作用は他の回答者さんが答えてくれていますので割愛しますが、
主にヒスタミンと拮抗する薬剤を抗ヒスタミン薬、
ヒスタミンだけでなくそれ以外のアレルギー惹起物質も抑制する作用を持つ薬剤を抗アレルギー薬を呼んで分類しています。


>私はアレロックはヒスタミンH1受容体に対する拮抗剤なので「抗ヒスタミン薬」だと思うのですが、どちらが正しいのでしょうか?

アレロックは抗ヒスタミン作用だけではないので、分類上は抗アレルギー薬ですね。
ただし、抗ヒスタミン作用も有しているので、抗ヒスタミン薬禁忌の人には処方しないほうがいいでしょうし、「アレロックが抗ヒスタミン薬ではない」というのは、作用の点からみると間違いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
おかげさまで頭を冷やすことができました。
分類については理解したつもりです。
用法・用量を守って2剤併用する分には一向に構わないと思っています。

「第2世代の抗ヒスタミン薬であるアレロックは抗ヒスタミン薬ではない」
これには正直、面食らいましたが、単純に日本語としておかしいですもんね。
副次的な作用ならまだしも、主たる作用を否定とか(汗
たとえ相手がプロでも情報を鵜呑みにしてはいけないことを再認識できました。

お礼日時:2012/10/31 22:51

あなた様は医療関係者ではないのでしょうか?



抗ヒスタミン薬とは第1世代薬と第2世代薬に分類されます。アレルギー症状を惹起する生体内物質のうちヒスタミンのみをブロックする薬剤とヒスタミンのみならずロイコトリエンやトロンボキサンA2などのアレルギー惹起物質を広汎に抑制できる薬剤と区別するためにアレロックをはじめとする薬剤は抗ヒスタミン薬と分類せず抗アレルギー薬として分類されています。

また抗ヒスタミン薬でも第1世代薬は脳に移行する薬剤があり、小児において熱性けいれんを誘発する可能性があること、成人において眠気やだるさ、集中力を欠くことなどインペアードパフォーマンスという面において抗ヒスタミン薬は使用が限定される方向にあります。これに対し抗アレルギー薬は抗ヒスタミン薬と比べてこのような副作用発現が少ないために汎用されている訳です。

抗ヒスタミン薬禁忌の人という表現はちょっとおかしいです。たとえばペリアクチン禁忌の患者にアレロック処方できるかという質問ならありえます。一般的に薬剤アレルギーは薬剤特有なものと構造活性相関性にあるものがあります。患者さまのいろいろな既往によって変わりますので一概に処方できるとか処方できないということになりません。

アレロックが抗ヒスタミン薬に分類されないのですが、ご指摘の通りヒスタミンH1受容体拮抗作用がないという意味ではないことを理解してください。ヒスタミンH1拮抗剤は併用しないのが原則です。しかし抗アレルギ薬が併用処方されることもあります。その理由は先に述べたことからです。この違いを良く理解してください。

医療の現実と化学から薬剤とは違いがあることもあります。その辺を良く理解されると良いと思います。

この回答への補足

>抗ヒスタミン薬禁忌の人という表現はちょっとおかしいです。
新ルルAゴールドの使用上の注意に、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等を服用している間は使用しないで下さい、という表記があったもので。

念のため、第一三共ヘルスケアに問い合わせたところ、アレロックは抗ヒスタミン作用があり、新ルルAゴールドの成分と作用が重複することと、思わぬ副作用が懸念されるため、併用はやめて下さい、との返答がありました。
このような場合、総合感冒薬を使うより、抗ヒスタミン剤を含まない症状にあった薬を処方してもらうか、葛根湯などの生薬を使うのが正解だそうです。

「アレロックは抗ヒスタミン剤ではない」と言い切ってしまうのは、分類にとらわれて本質を見逃している気がします。

補足日時:2012/10/30 13:33
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
薬効分類上は違うというあなたの言い分は分かりましたが、
残念ながらスッキリできませんでした。

お礼日時:2012/10/30 01:08

素人です。



添付文書には下記のようにあります。
H1受容体拮抗作用があるので抗ヒスタミン剤といえるとおもいます。
自分の判断だけなら、自分が抗ヒスタミン剤禁忌なら付かわないとおもいます。

薬効薬理
1. 作用機序
オロパタジン塩酸塩は、選択的ヒスタミンH1受容体拮抗作用を主作用とし、更に化学伝達物質(ロイコトリエン、トロンボキサン、PAF等)の産生・遊離抑制作用を有し、神経伝達物質タキキニン遊離抑制作用も有する。

2. 薬理作用

(1) 抗ヒスタミン作用21)22)
受容体結合実験において、ヒスタミンH1受容体に強い拮抗作用(Ki値:16nmol/L)を有するが、ムスカリンM1受容体にはほとんど親和性を示さず、その作用は選択的である。また、モルモットにおけるヒスタミン誘発気道収縮反応にも抑制作用を示すことが確認されている。

(2) 実験的抗アレルギー作用
実験的アレルギー性鼻炎モデル(モルモット、ラット)において、抗原誘発による血管透過性亢進や鼻閉を抑制した。23)~25)
ラット、モルモットにおける受身皮膚アナフィラキシーやアナフィラキシー性気道収縮を強力に抑制した。26)27)
能動感作モルモットにおける遅発型気道収縮と炎症細胞の浸潤を抑制した。28)
また、モルモットにおいて、血小板活性化因子(PAF)による気道過敏性亢進を抑制した。29)

(3) 化学伝達物質の産生・遊離過程に及ぼす影響30)~32)
ラット腹腔肥満細胞からのヒスタミンの遊離を抑制(IC30値;72μmol/L:卵白アルブミン刺激、110μmol/L:ジニトロフェニル化ウシ血清アルブミン刺激、26μmol/L:A-23187刺激、270μmol/L:コンパウンド48/80刺激)するとともに、アラキドン酸代謝系に作用して、ヒト好中球からのロイコトリエン(IC30値;1.8μmol/L)、トロンボキサン(IC30値;0.77μmol/L)、PAF(産生:10μmol/Lで52.8%抑制、遊離:10μmol/Lで26.7%抑制)等脂質メディエーターの産生あるいは遊離を抑制することが確認されている。

(4) タキキニン遊離抑制作用33)34)
知覚神経終末から遊離する神経伝達物質タキキニンは、アレルギー性疾患の発症・増悪に関与することが知られている。
オロパタジン塩酸塩は、モルモットの主気管支筋標本において、フィールド電気刺激時のタキキニン関与の収縮反応を抑制(IC30値;5.0μmol/L)した。その作用はカリウムチャネル(SKCaチャネル:small conductance Ca2+-activated K+チャネル)の活性化を介したタキキニン遊離抑制作用によると考えられる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私もそう思います。

お礼日時:2012/10/30 00:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジルテック錠10とアレグラ錠60mg

アトピーで朝晩にアレグラ錠60mg、ハイチオール錠、ビタミン剤1錠ずつ、寝る前にジルテック錠10を1錠飲んでいます。

最初はアレグラとハイチオールとビタミン剤だけだったのですが全然痒みが止まらないので実家の近くの病院でみてもらいました。(遠方)

実家の近くの先生に今飲んでる薬が弱いと言われジルテックを処方されたの
ですが今飲んでいる薬を止めて下さいと言われなかったのと薬剤師さんが
ジルテックも一緒に飲んでも支障ないと思いますと言われたので飲んでいますが本当にどれも止めずに全部飲んでもいいのでしょうか?
薬剤師さんも先生が何も言っていないのなら大丈夫だと思います。とはっきりした言い方でなかったのでちょっと心配です。
抗アレルギー剤がダブってますよね。

ジルテックを飲んでから痒みがほとんど無くなりました。
やはりジルテックの方が強かったのでしょうか?

Aベストアンサー

抗アレルギー剤は、一概にこのお薬が強いとは、言えない事があります。服用する方によって、こちらが効いたり、あちらが効いたりと違いが有るようです。その方にとって、効果がある方が強い薬と言う事になります。

今回のアレグラとジルテックについて考えてみますと、作用の有る場所というか、効果が出る作用が全て同じ薬というわけではありません。
基本的には抗ヒスタミン作用(H1受容体拮抗作用)は一緒ですが、ヒスタミンが分泌される原因となるケミカルメディエーター(生体の化学反応物質)のどこを押さえるかが、微妙に異なります。
同じ医師の処方で、同時に2剤は同じアレルギー剤になりますので、保険で認められない場合が多いですが、実際の服用では相乗効果がある事もあります。

質問者様の場合はただ単に、ジルテックが効いているだけなのか、2つ服用しているから効いているのか?アレグラの服用を止めてみれば、解ります。

どちらにしても痒みが無くなって良かったですね。

Qタリオンとアレロックの併用は?

こんにちは。
この時期は花粉症の人にとっては地獄の様な時期です。
自分も重度の花粉症で、日々格闘中です^^

現在、
タリオン錠10(朝、晩1錠)、オノンカプセル112.5mg(朝、晩1錠)+ザジデンの点鼻薬(市販のもの)を使用しております。
で。自分が1番辛いのが鼻づまりなのですが…。
主治医の先生に相談した所、
鼻づまりの症状が強い様であれば、プラスで。アレロック錠5を飲んで下さいと言われたのですが…。

タリオンとアレロックの併用ってどうなんでしょうか?
眠気倍増何でしょうか…。

Aベストアンサー

アレロック、タリオンどちらも眠気が少ないといわれている
抗ヒスタミン剤ですが、併用することで眠気倍増するかといわれると
これは個人差があるとしか言いようがありません。
併用については問題はありませんので
あとは実際に服用してみるしかないでしょう。
眠気が心配、ということであれば、
休日に服用してみて様子を見たほうが宜しいのではないでしょうか。

Q蕁麻疹が全く治らない

蕁麻疹が発症し始めてからもう5ヶ月ぐらいになるけど全く治らない。
地元の皮膚科で貰った飲み薬【アレロック5mg】と【ニコルダ錠250mg】を飲んで、あと塗り薬【アンテベート軟膏】を塗ったりしている間は蕁麻疹は出ないけど、飲み薬と塗り薬を大体2日ぐらい止めるとまた蕁麻疹が一気に発症するのだ。
蕁麻疹の出方が半端ではなく、頭から身体全体と足にかけて凄い出方なのだ。
以前に地元の内科医院で内科的に診察をして貰ったけど全く問題が無かった。
原因は何だろう?。
凄い心配。
何が原因しているのか全く分からない?。
蕁麻疹が全く出なくなる方法ないかな?。
一度病院を変えるべきか迷っているのだ。
考えられるとしたら、私生活の方か普段の食事関係か生活状況しか考えられないけど・・・・・。
全国の皆様のご意見をお聞かせ下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

質問者さんに当て嵌まるかどうかわかりませんが、思い当たることがあれば参考になさって下さい。

蕁麻疹ができやすいタイプにはある程度共通したところがあります。まず運動嫌い、屋外、屋内とも運動してもその量が少ない、野菜類が少なく過食気味、体型は普通以上、肥満タイプ、どちらかというと肌はみずみずしく色白、ポッチャリ、甘いもの好き、炭酸飲料が多い、もともと性格はおっとり、等々です。

こういうタイプはリンパ球が多く、増えれば増えるほどちょっとしたストレスに敏感に反応するようになります。いままで体に入ってもストレスとはならずなんともなかったものにまで反応してしまうのです。体内に入ってストレスになるものは食べ物(異種蛋白)だけではありません。人間関係のストレスもあります。

何かが体にストレスとなったとき体はそれを体内に溜め込むことを拒否して体外へ排泄しようとします。人によってはあまりにそのストレスが強い場合、吐き気や下痢となってしまいますし、そこまで至らなくても皮膚から排泄しようとします。これが湿疹や蕁麻疹です。これらはリンパ球の反応ですのでリンパ球が多いほど敏感に反応して症状は強くなります。

痒みや腫れなど辛い症状が続きますが、全て体にとって毒となるものを必死に排泄してる姿です。これを対症療法の薬で抑えることは出すべきべきものを出さないようにしてるわけですからなかなか治らずどんどん治癒は遅れていきます。

症状の引き金になるものは食べ物や精神的なもの、温度、環境など色々なストレスがありますが、根本原因はリンパ球過剰体質です。適正なリンパ球ですと少々のストレスでも一々反応することはないでしょう。

直ぐには体質を改善することは出来ませんが、過剰なリンパ球を減らすことが治療になります。そのためにはさきほど書きましたが、その逆をすれば良いわけです。例えば運動不足であれば屋外で日に当たったり、運動する機会を増やしたり過食気味であれば減らしたり、心身を鍛えることが必要でしょう。そうすることで多過ぎるリンパ球は減らせます。
急にやるとストレスになりますので、少しずつすることが必要です。

リンパ球の数は多いほど免疫力が高いわけですが、過剰になるとその免疫力が仇となってアレルギーや一過性のアレルギー反応をおこしやすくなってしまうのです。しかし、毒を出す反応ですので、それ自体は体の防衛反応です。それを止めるのではなく血流をよくしてどんどん出すスタンスでいてください。

質問者さんに当て嵌まるかどうかわかりませんが、思い当たることがあれば参考になさって下さい。

蕁麻疹ができやすいタイプにはある程度共通したところがあります。まず運動嫌い、屋外、屋内とも運動してもその量が少ない、野菜類が少なく過食気味、体型は普通以上、肥満タイプ、どちらかというと肌はみずみずしく色白、ポッチャリ、甘いもの好き、炭酸飲料が多い、もともと性格はおっとり、等々です。

こういうタイプはリンパ球が多く、増えれば増えるほどちょっとしたストレスに敏感に反応するようになり...続きを読む

Qアレロックというお薬

アレロックというお薬を処方されました。
花粉症ではなく、蕁麻疹です。
これはどういうお薬で、何と一緒に摂ってはいけないのでしょうか?
相性の悪い食材や飲み物はありますか?

(コーヒーを毎日数杯飲みます。ナイトキャップする日もあります)
朝夕、食後に服用とあります。

Aベストアンサー

調剤薬局に勤務する薬剤師です。

アレロックは簡単に言えばアレルギーを抑える薬です。
鼻水が出る、くしゃみが出る、皮膚がかぶれる、涙がでる、これら全ては体が外界からの刺激に対しての防御反応反応なんですね。蕁麻疹も広義にとらえればアレルギーの一種と考える事が出来ます。
ですのでアレロックが処方されてもそれはごく自然の内容だと思います。
具体的には、アレロックの作用が外界からの皮膚への刺激物質をシャットアウトして、その結果として蕁麻疹そのものが次第に消滅していきます。
ですので、蕁麻疹そのものを治すのは貴方の体の自浄効果になります。
薬はこの様に受動的に働くものが結構あります。
それに対して能動的に働く薬も当然あるのですが、私見ではございますが、この様な薬は副作用が強く出ます。
その代表例が抗癌剤といわれる薬で、細胞を死滅させる効果を持つために正常な細胞にも効果を表すことがあるので、副作用が強いんですね。
多分、この様な説明が分かりやすいかなっておもいましたので投稿させて頂きました。
実は今日、投薬時に全く同じ質問をされたのです。

調剤薬局に勤務する薬剤師です。

アレロックは簡単に言えばアレルギーを抑える薬です。
鼻水が出る、くしゃみが出る、皮膚がかぶれる、涙がでる、これら全ては体が外界からの刺激に対しての防御反応反応なんですね。蕁麻疹も広義にとらえればアレルギーの一種と考える事が出来ます。
ですのでアレロックが処方されてもそれはごく自然の内容だと思います。
具体的には、アレロックの作用が外界からの皮膚への刺激物質をシャットアウトして、その結果として蕁麻疹そのものが次第に消滅していきます。
ですの...続きを読む

Q慢性じんましんを治すには

30歳の主人が3ヵ月ほど前から蕁麻疹が出てかゆみがひどいようです。
原因は不明ですが慢性的に発疹していて、
特に朝夜や緊張した時などに手足に赤く小さいプツプツが出てかゆくて仕方ないらしく、
ボリボリかいてばかりでもともと乾燥肌の皮膚がひどく傷ついてしまってかわいそうです・・・。

最初はいくつかの皮膚科に行ってみましたが原因はわからず、出された薬を飲んでる間は多少おさまるけど、
薬に頼りすぎると逆に薬が切れたときに我慢できなくなるという話を聞いて不安に思い、今は飲んでいません。

他の皮膚科に行っても同じ結果になるだけだろうし、仕事が忙しくていく暇がないということで今は皮膚科に行っていません。。。
ただ最近は呼吸も苦しいと言っており、それも蕁麻疹と関係があるのかもしれないとますます不安に思っています。

私が何とか家庭で治してあげたいのですが、こちらの過去の質問を検索しても病院でもらった薬についてはよく書かれているのですが、
原因や根本的に治すにはどうしたらいいのかについてはわかりませんでした。

ホコリなどが原因かもと思って部屋はよく掃除しているしふとんもよく干しています。食事もなるべくバランスの取れた手料理を出しています。
共働きでお互い忙しい中夫婦で規則正しい生活になるように努めています。これ以上どうしたらいいのかまったくわかりません。

誰かアドバイスください。よろしくお願いします。

30歳の主人が3ヵ月ほど前から蕁麻疹が出てかゆみがひどいようです。
原因は不明ですが慢性的に発疹していて、
特に朝夜や緊張した時などに手足に赤く小さいプツプツが出てかゆくて仕方ないらしく、
ボリボリかいてばかりでもともと乾燥肌の皮膚がひどく傷ついてしまってかわいそうです・・・。

最初はいくつかの皮膚科に行ってみましたが原因はわからず、出された薬を飲んでる間は多少おさまるけど、
薬に頼りすぎると逆に薬が切れたときに我慢できなくなるという話を聞いて不安に思い、今は飲んでいません...続きを読む

Aベストアンサー

まず、湿疹や蕁麻疹などの症状は発赤、痒みや腫れを伴って実に不快ですが、体に不利な異物、毒を体から追い出す反応だと思って下さい。体の防御反応、治癒反応です。異物、毒と言っても物理的な微細な抗原もあるし、寒冷、温熱や、心身のストレスでも反応が起こることがあります。

痒くなるのは心身がストレスから解放される夜や、ストレスを感じた直後です。自律神経反射が起きて体にたまった異物を排除しようとするものです。

実はこういう反応が出易い体質の人がいます。もともと白血球の中のリンパ球が過剰気味の人なのですが、リンパ球が多いと色んなモノ、事に反応しやすくなってしまいます。これはアセチルコリンの作用が強まり、ヒスタミンやプロスタグランジンなど腫れ、痒みなど起こす物質が大量に産生されるからです。これが蕁麻疹の根本原因です。

日頃から運動不足、小さい頃からTVゲームなど室内にいることが多かった、屋外で紫外線も浴びず、余り動くことがない、過食気味、どちらかというと筋肉質でなく、色白で肥満気味、甘いものや炭酸飲料を好んでいた、小さい頃からどちらかというと過保護に育ち、それほどストレスを抱え込む生活はしてこなかった、など過去や現在の生活の有り様がリンパ球を過剰にします。

以上でお分かりように、蕁麻疹が出易いのは、元々リンパ球過剰体質のがストレスに過敏に反応するようになったからです。

そうすると、二つの事を考えなくてはいけませんね。一つはストレスの原因を具体的に把握して、それを遠ざけたり、できるだけ解消することです。

もう一つは、これがもっとも大事で原因治療になるのですが、少々のストレスにはびくともしないように心身を鍛えて過剰なリンパ球を減らすことです。
直ぐに改善するわけではありませんが、食生活を見直したり生活に屋内外の運動を取り入れ、徐々に体を鍛えることから始められると良いと思います。

抗ヒスタミンや抗アレルギー剤はおっしゃるように原因を治療するものではありませんし、せっかく体から異物を追い出そうとしてるのですからそれを止めてしまうことはあまり良いことではありませんね。

まず、湿疹や蕁麻疹などの症状は発赤、痒みや腫れを伴って実に不快ですが、体に不利な異物、毒を体から追い出す反応だと思って下さい。体の防御反応、治癒反応です。異物、毒と言っても物理的な微細な抗原もあるし、寒冷、温熱や、心身のストレスでも反応が起こることがあります。

痒くなるのは心身がストレスから解放される夜や、ストレスを感じた直後です。自律神経反射が起きて体にたまった異物を排除しようとするものです。

実はこういう反応が出易い体質の人がいます。もともと白血球の中のリンパ球が...続きを読む

Qじんましんに効く薬

夜になるとじんましんがお尻、背中にでます。痒くてつらいです。皮膚科に行ってもストレスといわれるのが落ちです。これを使ってじんましんが治った 又はじんましんにはこれが効く!!どんな情報でも結構です。ご教示頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

私もよく蕁麻疹が出るので必ず常備している薬があります。
三共製薬の「アレルギール」という内服薬(錠剤)です。
とてもよく効きます。が、とても眠くなるので日中服用することはあまりお薦めできません。
市販薬ですので、薬局で普通に購入することができます。

やはり皆さんのおっしゃるとおり、病院には一度いらっしゃった方がいいと思いますよ。
もしかしてストレス以外になにかアレルゲンがあるのかもしれませんし。

Q薬剤師さんに疑義紹介について質問

薬の重複について質問です
以下のような場合、疑義紹介しますか?

・降圧薬で同じ作用の薬が重複
 ディオバンとオルメテック(両者ARB)やシルニジピンとアダラート(両者Caブロッカー)など

・降圧薬で作用が一部重複するもの
 アーチストとミニプレス(αβとαでαが重複)

・レニン系で重複
 オルメテックとラジレス(ARBと直接レニン拮抗薬)

・利尿剤で同じ系統の薬が重複
 ルプラックとラシックス(両者ループ利尿薬)

・利尿剤で別系統の薬
 ルプラックトアルダクトン(ループとK保持性)

・ドパミンD2遮断薬の重複
 セロクエルとドグマチール など

・抗凝固系薬の重複
 ワーファリンとプラザキサ(プラザキサはビタミンK非依存だが抗凝固という点では同じ)

・去痰薬で作用が違うものの重複
 ムコダインとムコソルバンやクリアナール(粘液修復薬、粘液潤滑薬、気道分泌細胞正常化)

・PPIやH2ブロッカーと消化剤の併用
 (消化剤は胃酸による胃への攻撃を強くしないか?)

・アルサルミンとマーズレン(どちらも胃の防御因子増強で、潰瘍病巣保護薬)

・SU剤と即効型(糖尿病薬で作用がほとんど同じ)

・抗血小板薬のうち、作用が同じもの
 プレタールとオパルモン(どちらもADP受容体拮抗にて抗血小板作用)

・抗血小板薬のうち、作用が違うもの
 プレタールとバイアスピリン(ADP受容体拮抗とTXA2の阻害)

・違う系統の複数の抗生剤や化学療法薬

・違う成分の複数の酵素製剤


などいろいろあるのですが業務をしており
これは疑義紹介するがこの重複は疑義紹介しないなど
明確に決まっておらず困惑しています

ほかの薬局ではこの場合は疑義紹介しているとか
さらにこういう理由だからこれは疑義紹介してこれはしない
などの理由というか指針などがあればぜひ教えてください

薬の重複について質問です
以下のような場合、疑義紹介しますか?

・降圧薬で同じ作用の薬が重複
 ディオバンとオルメテック(両者ARB)やシルニジピンとアダラート(両者Caブロッカー)など

・降圧薬で作用が一部重複するもの
 アーチストとミニプレス(αβとαでαが重複)

・レニン系で重複
 オルメテックとラジレス(ARBと直接レニン拮抗薬)

・利尿剤で同じ系統の薬が重複
 ルプラックとラシックス(両者ループ利尿薬)

・利尿剤で別系統の薬
 ルプラックトアルダクトン(ループとK保持性)

・ドパミ...続きを読む

Aベストアンサー

・降圧薬で同じ作用の薬が重複
 ディオバンとオルメテック(両者ARB)やシルニジピンとアダラート(両者Caブロッカー)など
→基本的に疑義照会する。併用薬や血圧の状態によってはしないかも。シルニジピンは腎保護効果があるので、重複でも照会しないかもしれない。

・降圧薬で作用が一部重複するもの
 アーチストとミニプレス(αβとαでαが重複)
→たぶん疑義照会しない。副作用について説明して注意して飲んでもらう

・レニン系で重複
 オルメテックとラジレス(ARBと直接レニン拮抗薬)
→一応照会する。

・利尿剤で同じ系統の薬が重複
 ルプラックとラシックス(両者ループ利尿薬)
→浮腫の状態や腎機能、K値を勘案して(ルプラックにはK保持作用があるので)疑義照会するかどうか決める。

・利尿剤で別系統の薬
 ルプラックトアルダクトン(ループとK保持性)
→たぶんしない

・ドパミンD2遮断薬の重複
 セロクエルとドグマチール など
→セロクエルはD2遮断作用弱いのでしない。薬剤性パーキンソニズムに注意しながら投薬

・抗凝固系薬の重複
 ワーファリンとプラザキサ(プラザキサはビタミンK非依存だが抗凝固という点では同じ)
→疑義照会する。ブラザキサはINR下がってからでないと使えないので

・去痰薬で作用が違うものの重複
 ムコダインとムコソルバンやクリアナール(粘液修復薬、粘液潤滑薬、気道分泌細胞正常化)
→しない。比較的よくある処方

・PPIやH2ブロッカーと消化剤の併用
 (消化剤は胃酸による胃への攻撃を強くしないか?)
→消化酵素剤であれば胃酸分泌に関係ないのでしない。総合健胃薬であれば制酸剤が含まれていて、PPIの薬効下がる可能性もあるので疑義照会する

・アルサルミンとマーズレン(どちらも胃の防御因子増強で、潰瘍病巣保護薬)
→作用点が違うので疑義照会しない

・SU剤と即効型(糖尿病薬で作用がほとんど同じ)
→する。速効型の効果が期待できない。添付文書上も併用しないことになっている。

・抗血小板薬のうち、作用が同じもの
 プレタールとオパルモン(どちらもADP受容体拮抗にて抗血小板作用)
→しない。作用が全く同じというわけではないので。出血傾向に注意する。

・抗血小板薬のうち、作用が違うもの
 プレタールとバイアスピリン(ADP受容体拮抗とTXA2の阻害)
→しない。出血傾向に注意する

・違う系統の複数の抗生剤や化学療法薬
→抗菌薬が2種類以上でていれば疑義照会する。

・違う成分の複数の酵素製剤
→対象がよく分からないので、回答保留

他の併用薬や患者さんの状態、Drの処方のくせなどがはっきりしないと分からないですが、
大まかな考えです。
患者さんと話してみて、おかしい所があれば(Drから変更すると言われた、Drの言っていた薬の名前と違う等々)もちろん全て疑義照会します。

・降圧薬で同じ作用の薬が重複
 ディオバンとオルメテック(両者ARB)やシルニジピンとアダラート(両者Caブロッカー)など
→基本的に疑義照会する。併用薬や血圧の状態によってはしないかも。シルニジピンは腎保護効果があるので、重複でも照会しないかもしれない。

・降圧薬で作用が一部重複するもの
 アーチストとミニプレス(αβとαでαが重複)
→たぶん疑義照会しない。副作用について説明して注意して飲んでもらう

・レニン系で重複
 オルメテックとラジレス(ARBと直接レニン拮抗薬)
→一応照会す...続きを読む

Q花粉症です。「プランルカスト」という薬について教えてください。

花粉症で毎日つらい思いをしています。今までは「アレグラ」と「セレスタミン」を飲んでいて、症状も落ち着いていたのですが、今年は花粉の量が多いのか、その薬では症状が抑えきれなくなってきました。
仕事にも支障が出てきて困っていました。
そこで初めて病院を変えてみたら「プランルカルト」112.5mgが処方されました。朝アレグラ1錠とプランルカルト1錠・夜アレグラ1錠とプランルカルト1錠を飲み始めました。
すると花粉症であることを忘れるくらい、症状が改善しました。
セレスタミンは飲んでいません。
嬉しいことなのですが、あまりの効きように「それほど強い薬?」と怖くなりました。
どのようなお薬なのか、症状が改善されたら薬の量を勝手に減らしたりしていいのか、教えていただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

他の方もおっしゃっているように、プランルカストは特に怖いお薬ということはありません。
アレルギー薬の一種ですが、アレグラとは少し働きが違います。
アレグラを含め花粉症などでよく使われるアレルギー薬というのは、
「ヒスタミン」というアレルギー症状を起こす物質を抑えるものです。
プランルカストもアレルギー薬なのですが、
ヒスタミンではなく「ロイコトリエン」という物質を抑える働きがあります。
ロイコトリエンの拮抗薬は気管支喘息とアレルギー性鼻炎に適応があり、
鼻炎においては特に鼻閉(鼻づまり)の改善に効果があると言われています。
花粉症の症状で併用するケースも結構ありますよ。

アレグラにしろプランルカストにしろ、継続して服用することで症状をできるだけ出さないようにすることができるので、
調子が良いと思っても花粉の飛散時期が終了するまではしっかり服用を継続した方がよいです。

プランルカストは子供用のドライシロップもあり、小児でも喘息の予防で長期的に服用を継続することも多いお薬です。
ですので、安心して服用を継続して下さい。

他の方もおっしゃっているように、プランルカストは特に怖いお薬ということはありません。
アレルギー薬の一種ですが、アレグラとは少し働きが違います。
アレグラを含め花粉症などでよく使われるアレルギー薬というのは、
「ヒスタミン」というアレルギー症状を起こす物質を抑えるものです。
プランルカストもアレルギー薬なのですが、
ヒスタミンではなく「ロイコトリエン」という物質を抑える働きがあります。
ロイコトリエンの拮抗薬は気管支喘息とアレルギー性鼻炎に適応があり、
鼻炎においては特に...続きを読む

Q陰部の痒み・・・

20歳くらいの頃から、陰部が痒くなるようになりました。

痒くなるたびに、婦人科へ行って検査をしてもらうんですが、毎回異常はありません。
「菌はいないから、湿疹だね」と言われます。

普通の湿疹なら婦人科にしようと思い、途中から皮膚科に切り替えて、
ステロイド入りの塗り薬と、軽いステロイドの入った飲み薬を処方され、それを飲むとほんとに1週間ほどで改善して、薬が無くなる頃には痒みも無くなります。
ですが、薬が切れてまた1カ月ほどすると痒くなりだし、
さらに1カ月ほど放っておくと、夜も寝れないくらい痒くて死にそうな状態になり、また皮膚科で薬をもらって治す・・・という繰り返しで10年ほど過ぎてきました。

長年慢性的にステロイドを使用してきたため、体が慣れてしまったのか、最近では量も増やして処方されているのに、それでも効かなくなってきました。

久しぶりに婦人科へ行きまた検査してもらいましたが、やっぱり「菌はいないねえ」とのこと。
念の為、血液と子宮の検査もしてもらいましたが、全く異常なしでした。
皮膚科でもらっていた薬が効かなくなってしまったということを婦人科で話したのですが、
「皮膚科では出せない婦人科の薬と組み合わせて、様子を見よう」と言われ、
1週間ごとに通い、そのたび薬を変更したり1カ月試してみましたが、やはり改善しません。

診察料もばかにならないし、ないよりもうステロイドと縁を切りたいので、
もう通っていませが、どんどん悪化してきて、過去最悪な状態です。
股のつけ根、毛の生えている部分、割れ目の内側(粘膜の部分)、肛門までぜんぶ異常な痒さです。
我慢できないので、素手でかきまくっているため、血が出て、ずっとひりひりしており、
トイレやお風呂の時はしみて痛いし、普通にしてても、しゃがんだりして、服が陰部をこすると激痛です。
もう触っただけでも痛いので、かかないように我慢しても、あまりの痒さにどうしてもかいてしまいます。
なぜ私だけ、こんな湿疹になってしまうのでしょうか?
カンジダとかのがましです。
皮膚科でも「これは体質だから。治らないよ。こうやって薬と併用してうまく付き合っていくしかない」って言われてきました。

その薬も効かなくなってきた私は、
いったいどうすればいいのでしょうか?とてもつらいです。


それに、陰部のステロイド吸収率がものすごく高いということを、つい最近まで知らなくて、
ステロイドを陰部の割れ目の中(粘膜の部分)まで慢性的に塗っていました。
皮膚科の先生は、女性のくせに全くそういうことは教えてくれませんでした。
将来赤ちゃんができたときに、奇形児にならないかとても心配です。

だから、もうステロイドは使いたくないです。
近所の皮膚科へ行くと、絶対ステロイドの量を増やされるだけなので、もう嫌です。


どなたか助けてください。

20歳くらいの頃から、陰部が痒くなるようになりました。

痒くなるたびに、婦人科へ行って検査をしてもらうんですが、毎回異常はありません。
「菌はいないから、湿疹だね」と言われます。

普通の湿疹なら婦人科にしようと思い、途中から皮膚科に切り替えて、
ステロイド入りの塗り薬と、軽いステロイドの入った飲み薬を処方され、それを飲むとほんとに1週間ほどで改善して、薬が無くなる頃には痒みも無くなります。
ですが、薬が切れてまた1カ月ほどすると痒くなりだし、
さらに1カ月ほど放っておくと、夜も寝れ...続きを読む

Aベストアンサー

経験者です。
パンティーは木綿のもので柔軟剤をを使ってしあげる。まいにちとりかえる。
大きいのをしたときは、周辺をアルコール除菌のウエットティシュで消毒する。
薬は使わない、馬油の皮膚の復元作用を利用して、かゆみのあるあたりに塗っておく。
わたしはそんばーゆをつかっています。ホームページあり。
お風呂ではその個所を石鹸で洗わない。
ためしてみてください。

Q抗ヒスタミン剤の長期連用について

アトピー、鼻炎などがあり、かれこれ3年程抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤を服用しています。
医者が変わるたびに種類も変わって、これまではアレロック、アレジオン、ジルテック、アレグラ、など、現在はアタラックスPを飲んでいます。

体質を改善できるよう、食事や運動など気をつけてはいるのですが、これらの薬はどれくらい飲み続けてもいいものなのでしょうか?医者に聞いても大丈夫といわれるだけで心配です。
また、抗ヒスタミン剤などを飲んでいる人は献血ができない、とか、妊娠中は飲めない、などと聞いたのですが、本当ですか?

Aベストアンサー

私も25年ほどアレジオンやアレグラなど服用して医者はいつも大丈夫の連発でした ところがここ数カ月前から尿もれの様な症状が出てきましたそんな年令では無いのですが・・・泌尿器科で診察してもらいましたら抗ヒスタミン剤を長期服用する人に男は前立腺が悪くなる人が多いと言われました 女性には関係ないかもしれませんが 尿もれなどに早くなる可能性はあると思います 呉々も薬には気を付けて私の様に医者の
藥ずけにならないようにして下さい


人気Q&Aランキング