結局、アメリカ帰ったんですか?
オファーがあれば日本でやるとか言ってましたよね。
アメリカで野球してるんですか?
「引退」って最初言ってましたよね。
なんだったら、ベスターズ帰ってきてもらいたいなぁ…。
抜けた穴、かなりデカイですよね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

確かにいなくなった穴は大きいですが、彼は膨大な年俸を要求しました。


ベイスターズサイドはそこまでお金を出すなら若手などに期待してチャンスを与えようと
考えたのでしょう。森監督に代わりいまチームは変わろうとしています
今年は厳しいかも知れませんが、来年以降森野球が浸透すれば優勝争いに確実に
顔を出してくるでしょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんかまだ、全然「森野球」浸透してませんね。
なんかちぐはぐしてますよね。
チーム打率あんなにいいのに最下位なんて…。
いなくなった人のこと、今更いってもしょうがないですよね。
今まで通り、応援します。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/28 15:47

向こうで悠々自適に過ごしてるんじゃないですか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

じゃあ、引退って事ですか?

お礼日時:2001/05/20 12:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q石井一久投手が現役引退。引退後は

石井一久投手が現役引退されるとのことで、引退後はどのような活躍をされると思いますか?

Aベストアンサー

夫婦で、野球の報道とかしてくれたらおもしろいですね!

あの夫婦、なんか好きです♪

Qメジャーリーグのクオリファイリング・オファー

前ヤンキース(現FA)黒田投手が、ヤンキース側のQO(クオリファイリング・オファー)を拒否した。
これで黒田投手は、全世界球団と交渉が可能になった。
QOとはどういうものなのか?
またメジャーリーグ機構は、なぜQOを導入したのか?

Aベストアンサー

私も詳しくはありませんが……
Qualifying Offer とは、MLB選手会からの要望で今季から導入された制度です。

今まで MLB では、一定の条件を満たした FA 選手が他球団に移籍した場合、移籍元球団へドラフト指名権を譲渡する必要がありました。
今季からはその条件制は廃止となり、交渉解禁前に元の所属球団から予め決まった内容での再契約を打診(=QO)されて拒否した選手の獲得時にのみドラフト指名権の譲渡が必要になります。
QO の内容は MLB 所属選手の年俸から算出された年俸額の1年契約で固定されており、今年の年俸額は 1330 万ドル(約 10.5 億円)だそうです。

この制度によって、従前の制度において一定条件を満たしているが、ドラフト指名権までひきかえにするかどうかは微妙、という「そこそこ」の実力の選手をドラフト指名権の譲渡なしで獲得できるようになり、FA 市場が活気づくというメリットがあるようです。

Q韓国は在日系にオファー出さないの?

WBCの国籍ルールは非常に曖昧で、片親が国籍を持つだけで代表になれます。つまり日本の野球界にも、韓国代表の資格を持つ選手は金本を初めたくさんいます。

では韓国としてこういった選手に代表オファーを出しているのでしょうか?勝つためには当然だと思うのですが、まったくそういう話が聞こえてこないです。

Aベストアンサー

水面下の話になるとこれはわかりませんが、ひとつ言えるのは韓国は反日感情が強く、在日同胞にも敵国日本に住み続けている裏切り者という感情を持っています。なので在日の人が韓国へ戻ると日本人と同じように差別を受けることもあります。韓国の社会は日本に絡む出来事(政治でもスポーツでも)は一般紙のトップ記事になるぐらい敏感です。

要は、こういった中でオファーでも出したら、新聞のトップ記事となり韓国の国民から大きな反発を招くことになりますね。韓国の野球のレベルは今は日本に肩を並べるほどになり、技術はまだしも、パワーなら韓国のほうが上という声もあるほどで、韓国にも選手はたくさんいるのに何故日本から、ということになるでしょう。

なので、もし在日の人にオファーを出したら監督などは国民の批判の対象となるので、出したくても出せないという背景があるからですね。

Q野茂投手以前の時代にメジャーからのオファーを受けた日本人選手

野茂投手に始まって、様々な日本人選手がメジャーで活躍する時代です。

しかし、かなり以前に、広島の大野豊投手がメジャーからのオファーを受けて固辞したという話を聞きました。あと、昔の杉浦投手とか。

メジャーから誘われた日本人選手はほかにどんな選手がいますか?

Aベストアンサー

長島茂雄は朝日新聞のインタビューに「ドジャースからオファーが来た」と話していました。
ここから、推測すると王貞治もオファーがあっても不思議じゃありませんよね。
あと元広島の野村謙二郎も引退した後に出演したニュースステーションで全盛期に「メジャーからオファーもあり、悩みました」と言っていまいた。しかし、野村謙二郎の全盛期となると野茂がドジャースに入団する前を示しているのか後を示しているのかは微妙です。
95年から野茂はドジャースでプレーしていますが、野村がまさに全盛期を象徴するトリプル3を達成したのも95年でこの年の活躍に目に付けたのであれば野茂の後となりますが、95年以前から盗塁王を三度獲得する選手でしたので、以前であった可能性も否定できませんが、個人的な推測からすると、おそらく後だと思います。

Q巨人の選手はなぜデカイ

ここ2年程ちょこちょことプロ野球をテレビで見るようになったのですが、巨人のスタメン選手は身長180cmを越えている選手がほとんどですよね?
サッカーの各国の代表を見てもそういう大きい人が集まっている国は、ノルウェーとか中国などの大きい人が多い国ぐらいで、180を越える人たちばかり、というようなチームは見つける方が難しいと思います。
じゃあなぜ小さい人が多い日本の中でこれだけ大きな人が集まっているのか疑問です。
野球は大きい人の方が有利なのでしょうか?小さい人は活躍するのは難しいのでしょうか?
小さくてもバットに当てて人のいない所に飛ばせばいいと思うのですが、それは甘い考えですか?
僕は野球の事はよくわかりませんので特に経験者の方回答お願いします。ルールは知ってますが。

Aベストアンサー

まず、「体が大きい方がいいの?」という質問ですが、アマチュアレベルではさほど気にしなくてもいいと私は思います。しかしプロに進むとなると重要視されるべきだと思いますね。なぜかというと「持久力」が必要になるからです。といっても、マラソンとかで必要とされる持久力ではありません。約半年にわたるシーズンを乗り切る、という意味での「持久力」です。プロの野球選手は、1月の自主トレから2月のキャンプで長いシーズンを乗り切るための体を「造る」わけですが、わかりやすく言えば、野球に必要な筋肉をつける、ということです。野球というスポーツは「ひねり」運動が主となるスポーツなんです。しかも、「速い」というよりは「強い」ひねり運動が必要なのです。あくまでイメージ上、ですが。話すと長くなるので割愛させてもらいますが、半年という長丁場を乗り切れる、強いひねり運動をささえる筋肉をつけるには、しっかりした「骨」が不可欠なのです。ありていに言えば「骨太」ってやつですかね。そこで体の大きな人はしっかりした骨を持っている確率が高いので(大きな体を支えているわけですからね)、体が大きい人がプロ野球界には多いのです。中継を観てて、解説者が「プロの体」って言っているのを聞いたことありませんか?それは「強いひねり運動をシーズン通して行える体」ってことなんです。
小さい人でも努力次第で一流選手になることはもちろん可能ですよ。メジャーリーグにだって身長170cmそこそこの選手もいますからね。でもそんな選手は、たぶんたくさん食べる人だと思いますね。筋肉と骨を維持するために。
それから「人のいないところに飛ばせば」ということですが、「強く」打とうとしないと人のいないところには飛ばないようになってるのが、野球というスポーツなんです。そのようにポジションが位置づけられてるんです。ウソみたいなホントの話です。一度でも本格的にプレーしたことがある人ならわかってくれると思います。
そして「巨人が~」ということですが、それは球団の方針かもしれません。昔から、実績のある選手を獲るFAやトレードは別にして、ドラフトで選手を獲る場合、体の大きさ=成長の土台の大きさ、と考えてる球団は多いとは思いますが、良くも悪くも伝統的な巨人軍は特に重視してるのかもしれません。確かに、生え抜きの選手でも、背の高い選手が多いようにも感じますね。
こんなもんでどーでしょーか?

まず、「体が大きい方がいいの?」という質問ですが、アマチュアレベルではさほど気にしなくてもいいと私は思います。しかしプロに進むとなると重要視されるべきだと思いますね。なぜかというと「持久力」が必要になるからです。といっても、マラソンとかで必要とされる持久力ではありません。約半年にわたるシーズンを乗り切る、という意味での「持久力」です。プロの野球選手は、1月の自主トレから2月のキャンプで長いシーズンを乗り切るための体を「造る」わけですが、わかりやすく言えば、野球に必要な筋肉を...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報