人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

ソニー生命変額保険の積立金の引き出しについてお尋ねします。
内容をあまり理解していないまま加入して、サイトを読んで自分なりに整理できたのか,おそら出来ていないと思います。(担当者さんには、聞きずらく)

オプションAに加入しています。昨年加入したばかりですので、まだ、1度も引き出しをしたことがありません。引き出し方もわからないからです。
ときどき送られてくるはがきには,+3万の時もありましたが、次の月には-になるときも。

まだ、引き出したことがないのですが、今後の参考に。
サイトには、増えているときにむやみに引き出さないほうがいい場合も。なぜですか?

年2回までは、引き出し可能。+の時に2回まで、例えば何10万引き出したとしても、死亡保障は、変わらないのですよね。積立金の意味が分からないのでこんな言い方になってしまいますが、いつ -になるのか分からないようなら、毎年2回引き出したほうが良いですよね。すみません。いやしくて。

最後にもう1つ。今年も引き出さないまま終わろうとしています。年2回とは、契約日が基準ですか?
すみません。わからないのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

素人の爺ですが、実際にソニー生命の「変額終身保険」や「変額年金」に私や家族が加入しています。



オプションAの場合予、定利率以上に運用が上手にいった場合、変動保険金が+になります。
+の場合年2回まで引き出せます。

(1)引き出す場合は「書類で行う」・・・数日必要 
 
「インターネットの手続きを行っている場合は」・・・瞬時に、1日単位で引き出せます。

変動保険金は「1日単位で変動」しますので変額保険には「インターネットの手続き」は必須です。
当然変動保険金が-の時は引き出せません。

(2)引き出しても死亡保証は変わりません。・・・そのとうりです。

(3)年2回とは?・・・基準は契約日(契約日から1年単位)です。

(4)むやみ引き出さないほうがいい?・・・これは考え方です。
私の場合目的は「無料で終身保険や年金保険」に加入することです。契約してから長いもので10年程度、経過しています。運用利率は結構、順調(波はあります)ですので、変動保険金は「保険料支払い金額」に対して一番よいもので35%程度、悪いもので15%程度です。
変動保険金が100%を超えれば、理論的には無料で終身保険や年金保険に加入できることになりますが、変動保険金は雑所得になりますので、引き出す金額を無税にするには年「20万以内」に抑えることが肝腎です。但し「生命保険控除の金額」は変動保険金の金額分へります。

変額終身保険は保険付きの「博打商品」ですどんなに失敗しても死亡保証は必ずありますので、「インターネット契約」を行い、思い切って運用してください。欧米ではこの手の保険商品は一般的な保険商品です。
運用上手の加入者がひとりでも多くなれば、ソニー生命の「特別勘定」の安定性が増します。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ありがとうございます。大変よくわかりました。終身で持つ予定ですので、思い切って運用に挑戦します。

お礼日時:2012/11/25 07:54

担当者を呼んで、もう一度、


一からしっかりと説明を聞きましょう。

担当者に聞きづらい……
ということ自体が問題ですよ。
そのための担当者です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。ご指摘の通りです。わからないことは、質問するようにします。

お礼日時:2012/11/25 07:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q変額保険は解約したほうがいい?

4年前にSニー生命のFPの勧めで変額保険に3個はいりました。
そう当時の説明では長い期間みれば必ずプラスになるといってました。

主人が4月より転職し公立学校の教員になりましたので、これを機会に保険を見直そうと思い、
ネットで無料の保険相談(mもす保険)を受けました。
変額保険は現在ほとんど進めることがなく、満期時は元本割れがほとんだ。
その保険会社は会社のリスクがないので変額保険を進めるようにいわれている。
変額保険は解約したほうがいいといわれました。

実際のところどうなのでしょうか?

(1)変額保険 有期型 15年 保障金額100万円
(2)変額保険 終身型 70歳払い込み 満期金額1920万円
(3)変額保険 終身型 70歳払い込み 満期金額300万円
年齢は40歳 

Aベストアンサー

確かに高すぎます。
その金額を先ずためるとしてあなた方のライフプランはいい生活環境に変わると思いますが。
いかがでしょう。

私がサイトで調べるとデジタル生命保険会社?がありますが、教員専門のアドバイザーがいるそうです。

でも、そこも一応保険会社ですから気をつけて良く話を聞いてください。

Q変額保険・終身型の運用について

ソニー生命の変額保険(終身型)に入っています。払い込みはあと20年弱です。特別勘定の運用実績によって保険金額が変動するものです。運用対象は8つ。株式型(現在の保険料繰入比率10%)、日本成長株式型(5%)、世界コア株式型(10%)、世界株式型(15%)、債券型(48%)、世界債権型(12%)、総合型(0%)、短期金融市場型(0%)の繰入比率を1%単位で自由に選べます。また、年12回の範囲内において、いつでも特別勘定の資産を他の特別勘定へ移動させることができます。繰入比率や特別勘定を変えて、変動保険金額をアップする方法を教えてください。

Aベストアンサー

私は、分散せずに世界株式型に100%集中させています。
世界株式型の過去の運用実績は、他の特別勘定に比べてはるかに高いものとなっております。
ベンチマークと比べてもはるかに高い運用をしています。
http://www.sonylife.co.jp/contractor/operation/index.html

運用先は、主にタバコ・食品・飲料関係の企業となっているので、
一時的なアップダウンはあるかもしれませんが、長期的に見れば
安定して運用できると考えています。

変額保険(終身型)に複数も入っていますが、
すべて世界株式型100%で運用しています。
ここ数年はダウン傾向ですが、
戻り方は他の特別勘定と比べても早いので、
20~30年先に使うものと割り切ってほってらかしにしてます(笑)

ただし各種のデータはあくまで過去の実績であり
将来を約束するものではありませんので自己責任でお願いします。

Q変額保険の運用について

2か月前、変額終身保険に加入しました。加入までに3か月間検討を行いましたので、変額終身保険のリスクについては十分承知の上で、月々の小遣いで資産運用を行ってみたいと思い加入をしました。
インターネット上の書き込みと虎の巻、約款を一通り読んで、変額終身保険加入の先輩方に教えて頂きたく質問させて頂きます。

加入内容:S生命/変額終身200万/積立機能重視/月払い/60才まで/30才・会社員、女、既婚

質問1:資産分配について
加入時は担当さんのおすすめ通りに投資先を決定。自分でインターネットで変更可能とのことですが、資産分配はどのように決定するのが一般的ですか。
虎の巻のモデル・ポートフォリオによると安定的と出ましたが、このパーセンテージに皆様は合わせるのでしょうか。

質問2:運用実績について
上積み部の引き出しですが、書面以外は不可能でしょうか。
担当の方に聞いたところ、書類請求→返送→処理の時点での金額確定と案内がありました。
(こちらの質問内ではインターネット契約を行い、資産移動が可能との書き込みがありました。)

質問3
変額保険の運用について学ぶ方法はありますか?
約款、虎の巻読みましたが…もう少し深く知りたいです。
職業は全く関係ないのですが、長期的な面から少しでも知識を身につけたいです。

よろしくお願いします。

2か月前、変額終身保険に加入しました。加入までに3か月間検討を行いましたので、変額終身保険のリスクについては十分承知の上で、月々の小遣いで資産運用を行ってみたいと思い加入をしました。
インターネット上の書き込みと虎の巻、約款を一通り読んで、変額終身保険加入の先輩方に教えて頂きたく質問させて頂きます。

加入内容:S生命/変額終身200万/積立機能重視/月払い/60才まで/30才・会社員、女、既婚

質問1:資産分配について
加入時は担当さんのおすすめ通りに投資先を決定。自分でインターネ...続きを読む

Aベストアンサー

追記
素人の爺です。
お金の運用
・・・・預貯金で運用するには「金利の高いとき」
・・・・株で運用するには「株に人気がなく誰も株に見向きもしないとき」
ですから今「まとまったお金」を運用するのは得策でありません。

変額個人年金なら毎月3000円から運用できます。(20歳以上)
お子さんなら200万の終身保険の加入でも(運用期間がメチャクチャ長いので)将来、数千万程度の資産価値になる可能性も十分あります。

Qソニー生命変額保険

変額保険の仕組みが分からないまま契約して1年経ちます。ご契約内容のお知らせがきて、+だったり-だったり。年2回までは、引き出せると聞いたものの、金額に関係なく、プラスの時は、引き出しても良いものなのでしょうか?
契約年数は関係ありますか?+の部分引き出して今後何か不都合なことがありますか?

何も分かりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ソニー生命の変額保険を売りまくっている代理店です。

3年全期前納の場合の1年目は、
1年目の保険料のみが運用されており、
2年目、3年目の保険料は保険会社にストックされているだけです。
(「未経過保険料」といわれます)
「+になった」ということは、
予定利率(3,5%)を超えて運用しているということであり、
死亡保険金が+の分だけ増えているということです。
増えた分は死亡保険金まで減額(要するに現金として引き出す)できます。
+の部分が1万円を超えていれば年2回まで無料で引き出せます。

変額保険は+の部分が翌日の元金として運用される性質、
(利息が利息を呼ぶ=複利ともいいます)
ですので、右肩上がりで増えているときには頻繁な引き出しは考え物です。
ただ、増えた分が翌日-になることもありえるので(リーマンショックのときはそうでした…)
キホンとなる死亡保障があればいいというのであれば
死亡保障は減ることはありませんから+の部分は積極的に引き出してもいいと思います。
(実際、死亡保障付きの投資信託みたいな感覚で前納されている方は意外と多いです)

契約年数は関係ないです。いつでも引き出せます。
「解約」ではなく「変動保険金の減額(限度額いっぱい)」という手続きをします。

ソニー生命の変額保険を売りまくっている代理店です。

3年全期前納の場合の1年目は、
1年目の保険料のみが運用されており、
2年目、3年目の保険料は保険会社にストックされているだけです。
(「未経過保険料」といわれます)
「+になった」ということは、
予定利率(3,5%)を超えて運用しているということであり、
死亡保険金が+の分だけ増えているということです。
増えた分は死亡保険金まで減額(要するに現金として引き出す)できます。
+の部分が1万円を超えていれば年2回まで無料で引き出せま...続きを読む

Q変額保険について

ソニー生命の変額保険の変額部分は、年に2回引き出すことができると聞きましたが、どういう手続きが必要でしょうか?

また、年に2回ずつ引き出していったら、解約返戻金が少なくなってしまい「損」することになってしまうのでしょうか?

変額保険についての知識がない為、わかりにくい質問ですみません。

Aベストアンサー

 kirataさんの言っているソニー生命の変額保険は、他社の変額保険と異なりますのでちょっと分かりにくいかもしれませんね。

 変額保険では基本保険金額を支払う為の資産を超えた(下回った)部分を超過資産と言い、kirataさんのは超過資産=変動保険金額となり、他社のは超過資産で買える保障額=変動保険金額となります。

・手続きは書類の提出が必要。ネットで手続きはできません。
・変動保険金部分だけの引き出しですので、損することにはなりません。
基本保険金額(契約したときの保障額)は維持されます。但し、運用に回せる資金は引き出した分減ります。

Qソニー生命の変額保険の特別勘定について教えてください。

私は現在27歳です。32歳の妻と0歳の子供がいます。

現在65歳払い済み500万円と15年払い100万円(子供の教育資金)の2つに加入しています。
保険屋に勧められて加入しましたが、私自身に運用の知識がなく、
特別勘定をどのような割り振りにすればいいかわかりません。
現在は保険屋の勧めるがままに、
株式35%
世界株式30%
債権15%
世界債権20%
となっています。

これで大丈夫でしょうか?
皆様はどのように割り振っておられて、何%ぐらい実績があるのか教えていただけませんか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

元生保です。

変額保険は「死亡保障付の投資信託」と考えて差し支えありません。
ただし、実際の投資信託などよりもはリスクが少ない、というものです。

ソニーなどの場合でも、どこかの運用会社に、お客さんからあずかった保険料の一部をあずけ運用させるわけです。それで儲かった部分が、満期時にちょっと上乗せしてもらえるわけです。

運用は基本的に、株式はリスクが大きいかわりリターンも大きく、国債はリスクが小さいかわりにリターンも少なくなります。

ですから、要は、あなたの変額保険に加入する目的しだいなんですね。
あなたが、運用にもっと力をいれたいと思うならば、株式の割合を多くすればいいし、運用も大事だけど、保障もね・・・という場合には国債の割合を多くすればいいわけです。

加入している方は、それぞれだと思います。
お金に余裕がある人だったら株式の割合を増やしているかもしれませんし、そうではないけど、ちょっとでも将来に備えてお金を準備したいと思っている人は堅実に国債の割合を増やしているかもしれません。

世界的には景気は決して悪くないと思います。10年くらいの保険だったら株式の割合を増やしてもいいかもしれません。

元生保です。

変額保険は「死亡保障付の投資信託」と考えて差し支えありません。
ただし、実際の投資信託などよりもはリスクが少ない、というものです。

ソニーなどの場合でも、どこかの運用会社に、お客さんからあずかった保険料の一部をあずけ運用させるわけです。それで儲かった部分が、満期時にちょっと上乗せしてもらえるわけです。

運用は基本的に、株式はリスクが大きいかわりリターンも大きく、国債はリスクが小さいかわりにリターンも少なくなります。

ですから、要は、あなたの変額保険に...続きを読む

Qソニー生命 変額保険A B について

夫の生命保険の加入を検討中の主婦です。
ソニー生命の変額保険終身型A、変額保険終身型Bについて質問です。

先日、ソニー生命のLP(ライフ・プランナー)の方に家に来て頂いて、設計をお願い致しましたら、「変額保険終身型Bが絶対良い!!」と断言されました。(設計書は、来週持って来てくださる予定)

そして、数日後、保険代理店にも相談に行きましたところ、代理店の方は、ソニー生命の変額保険終身型であれば、「Aを勧める!!」とおっしゃいました。ソニー生命からも「Aを勧めるように言われている」とのことでした。私が、ソニー生命のLPの方から、「B」を勧められたと申しましたら、「そのLPの方のお名前は何とおっしゃるのですか?!」と腑に落ちない、納得のいかない様子でした。おそらく、ソニー生命のLPさんと保険代理店の方は、同じ業界で、交流があるため、そのような言葉が出たのだと思います。

以下は、保険代理店の方からの説明です。
●変額保険終身型A → 積立機能重視(解約返戻金重視)

●変額保険終身型B → 保障機能重視(死亡保険金重視)

ソニー生命のLPの方が、Bを勧める理由は、
・解約をしてほしくない。
・できるだけ長く、保険料を預かっていたい。
のでしょうか?

保険代理店では、「A」を勧めるのが一般的なのに、どうして、LPさんは、「絶対Bだ!!」と断言されるのか、根拠が知りたいです。初めての生命保険の加入で慎重になっております。このLPさんを本当に信頼しても良いのでしょうか?あまり親しくない方からの紹介なので不安です。

こちらのコーナーでも、「おすすめはA!!」と回答が寄せられていただけに、不安です。お詳しい方に教えて頂きたいです。宜しくお願い致します。

夫の生命保険の加入を検討中の主婦です。
ソニー生命の変額保険終身型A、変額保険終身型Bについて質問です。

先日、ソニー生命のLP(ライフ・プランナー)の方に家に来て頂いて、設計をお願い致しましたら、「変額保険終身型Bが絶対良い!!」と断言されました。(設計書は、来週持って来てくださる予定)

そして、数日後、保険代理店にも相談に行きましたところ、代理店の方は、ソニー生命の変額保険終身型であれば、「Aを勧める!!」とおっしゃいました。ソニー生命からも「Aを勧めるように言われている...続きを読む

Aベストアンサー

変額保険の保険料が安いというのは、その通りで、中途解約せずに、死亡保険金を受取るならば、確かに担当者の言うとおりです。
しかし、大きな事故も病気もなく、高齢まで無事に過ごしたら、それは何十年後の話になるのでしょうか?

人生、その前に、お金が必要になることがたくさんあります。
住宅の購入、お子様の教育費、老後の生活費、介護費用……
死亡しての葬式などは、一番最後です。
そのためには、ライフプランに基いたキャッシュフロー表と言う、今後30年、40年間の毎年の収支、累計の収支を一覧表にしたものを作成します。
このキャッシュフロー表でシミュレーションをして、余裕たっぷりとなれば、今から終身保険に契約することも良いと思います。

Qソニー生命の終身保険(変額型)

夫の加入している第一生命終身保険を解約して、ソニー生命の終身保険(変額型)に入ろうか迷っています。変額型はその名の通り、保険料は投資に運用され、利益があれば解約時の受取金は増え、損失があれば受取金も減るということらしいのですが、保険金の支払い方法を一括にしようと思っているので大金を支払うこととなり、本当にこの変額型にして大丈夫か不安です。変額型についてどう思われますか?

Aベストアンサー

>ソニー生命の方に利率をよくできるから預け替えしてはどうですかと薦められたんです。

ここに登場なさる、他の専門家の方も、ビックリの輩ですねえ・・・・そもそも、預け替え→中途解約になるので、第一生命さんの、中途解約の目減りを計算して、そのソニー生命のヤツは話してるのでしょうか??現時点で預け替えたら、いくらソニーの利率が高くても、赤字になるはずですが・・・・私がそういった担当者に当たったら、速攻で追い返します。

基本的には、#2様のおっしゃる、
>変額終身保険の貯蓄を目的とするのなら、お勧めしません。
と、私も同意見・・・より、他の真っ当なFPなら、みんなそう答えます。

そもそも、変額保険は変額です。元本保証はありません。 質問者様の場合なら、利率変動型終身の方が、しっくりくると思いますが・・・・
貯蓄目的で変額終身買うくらいなら、先に申し上げたように、米国ゼロクーポン債、もしくは、今流行の?外貨建て個人年金でも買った方が、よっぽどマシです。外貨建て個人年金は、たとえばドル建てだったら、規定の期間預けたら、ドルベースでは元本保証で、あとは為替リスクですが、一度、見積もりを取られるのをお勧めします。為替がいくらなら元本割れしないと書いてありますから。(投資は自己責任で)

あなた様の場合、お子様なし、住宅ローンなし、住宅修繕費・車に関しては用意済みということで、比較的、余裕的に運用できる資金をお持ちと思います。ならば、これを機会に、堅めの投資信託とか、債券購入とか、ちょっとリスクがある(ハイリスクではない)商品にも目を向けてはいかがですか? 

(くれぐれも、投資は自己責任で。生活費を突っ込んではいけません。)

>ソニー生命の方に利率をよくできるから預け替えしてはどうですかと薦められたんです。

ここに登場なさる、他の専門家の方も、ビックリの輩ですねえ・・・・そもそも、預け替え→中途解約になるので、第一生命さんの、中途解約の目減りを計算して、そのソニー生命のヤツは話してるのでしょうか??現時点で預け替えたら、いくらソニーの利率が高くても、赤字になるはずですが・・・・私がそういった担当者に当たったら、速攻で追い返します。

基本的には、#2様のおっしゃる、
>変額終身保険の貯蓄を目的...続きを読む

Qソニー生命の医療保険どうすればいいでしょうか? 

今、ソニー生命の総合医療保険に加入しています。6年前に加入、60歳払い済み、現在40歳です。保険料は5400円、解約返戻金があるタイプです。この度、見直しに何社か(総合窓口)相談にいったところ、医療保険に死亡給付金はいらないのでは。といわれました。いろいろ考えて、オリックス生命のキュアに入りなおそうかと考えているのですが、
ソニー生命
(1)5日目から120日まで   一日5000円
(2)解約返戻金が60歳の時点で約130万円ある。死亡保障は基本は50万円
 47歳以降50万以上の死亡給付金となります。
(3)支払い総額168万

オリックス生命
(1)1日目から60日 7大生活習慣病の場合120日   一日5000円
(2)月3775円  60歳払い済み
(3)支払い総額91万
 
です。今の医療からすれば60日で十分だと思いますし、短期入院が多くなっているときに、1日目からでないのは支払っていても悲しいような気がします。ソニーの担当者は120日は必要といいます。初期入院特約もいらないと。

ちなみにキュアとソニーの差額分で別に100万円の終身の死亡保障に別に入ったとしても 総額同じくらいになります。

5日目から120日と1日目から60日 どちらがメリットがありますでしょうか?

なので、どうすればよいか、ご意見いただけたらと思います。
よろしくお願い致します。

今、ソニー生命の総合医療保険に加入しています。6年前に加入、60歳払い済み、現在40歳です。保険料は5400円、解約返戻金があるタイプです。この度、見直しに何社か(総合窓口)相談にいったところ、医療保険に死亡給付金はいらないのでは。といわれました。いろいろ考えて、オリックス生命のキュアに入りなおそうかと考えているのですが、
ソニー生命
(1)5日目から120日まで   一日5000円
(2)解約返戻金が60歳の時点で約130万円ある。死亡保障は基本は50万円
 47歳以降50万以上の死亡給付金となります。
...続きを読む

Aベストアンサー

oyuryoriさん

ソニー生命の医療保険にするかオリックス生命「CURE」にするか、この2つのうち、どちらにするかで考えてみます。

結論から申し上げれば、2つで比較した場合、私ならソニー生命を選びます。

<理由1>
今40歳であるoyuryoriさんが、
今後60歳までにいくら支払うか、
そして最低限いくらもらえるか、
差し引きいくらの負担となるか、
どちらが得か?

ソニー生命 
40歳~60歳支払い保険料 5400円×12ヶ月×20年=130万円
最低限もらえる金額   50万円(死亡保険金)
差し引き負担額     80万円

オリックス生命
40歳~60歳支払い保険料 3775円×12ヶ月×20年=91万円
最低限もらえる金額   0万円
差し引き負担額     91万円

oyuryoriさんが見直しを考えているのは40歳である、「今」です。
ですので、40歳以降負担する保険料総額で比較しました。   

<理由2>
保障内容での比較
検討ポイントは、ANo.6の方がおっしゃっている通り、
1.入院1日目からもらえるか、5日目からもらえるか
2.入院1回保障限度日数は60日か120日か
3.死亡保障(50万円)があるかないか
これに加え、
4.解約返戻金があるかないか

まず、「1.」については、医療保険選択に当って重要性は薄いと考えています。
入院給付金を、1日目からもらえるのと5日目からもらえるのとの差は、2万円だけの差です。
もし、4日間の入院で2万円をもらうために診断書作成料5千円を払ったら、差し引き15000円です。

保険に加入するのは、困る度合いが高い場合であるはず。
たった2万円を多くもらうことを、保険に入りなおす主目的と考えるのはやめたほうが良いと思います。
☆3ヶ月(90日)入院の場合の給付金額
 オリックス生命(7大生活習慣病以外)30万円(5千円×60日限度) 
 ソニー生命             43万円(5千円×86日)

「2.」について考えてみます。
保険に入るのは困る度合いが高い場合であるはず、とは先に申しました。
現在、平均入院日数は30日程度と言われていますが、その程度の入院であれば、医療保険なんて不要です。健康保険診療内であれば、手術しようがしまいが、30日入院で病院に支払う医療費は10万円程度。
http://health.nikkei.co.jp/ins/point/step01/14.cfm
10万円を補てんするために、15万円(5千円×30日)の入院給付金をもらうために、保険料支払い総額100万円を払いますか?
2ヶ月入院と4ヶ月入院と、どちらが困る度合いが高いでしょうか?

「3.」については、確かに医療保険に死亡保障は必ずしも必要有りません。しかし、<理由1>で申したとおり、2つの医療保険で比較した場合には、あっても悪くはないのではないかと思います。

「4.」について、
一般的に、解約返戻金があるほうが保険料は割高になるのですが、
<理由1>で申したとおり、差し引き保険料で比べると、ソニー生命の方がトータルとして安くなっています。
差し引き保険料で安いにもかかわらず、万一解約したときには返戻金ももらえるので、2つの保険比較で考えた場合には、ソニー生命医療保険も悪くないと考えました。

以上、だいぶ長文になってしまいましたが、ご検討のご参考に。

oyuryoriさん

ソニー生命の医療保険にするかオリックス生命「CURE」にするか、この2つのうち、どちらにするかで考えてみます。

結論から申し上げれば、2つで比較した場合、私ならソニー生命を選びます。

<理由1>
今40歳であるoyuryoriさんが、
今後60歳までにいくら支払うか、
そして最低限いくらもらえるか、
差し引きいくらの負担となるか、
どちらが得か?

ソニー生命 
40歳~60歳支払い保険料 5400円×12ヶ月×20年=130万円
最低限もらえる金額   50万円(死亡保険金)
差し引き負...続きを読む

Qソニー学資保険検討で変額保険をすすめられ…

もうすぐ5歳の息子、1歳になったばかりの息子がいます。

上の子の学資保険を検討の際、変額終身保険をすすめられ、すすられるがまま加入してしまいました。
被保険者は息子で、死亡保険金額600万のものです。

そのときもネットで嫌になるほど調べたはずでした…。
下の子の保険検討でやはり変額をすすめられ、再度調べてみたところ、悪いことばかり言われているのが目に付き、心配で心配で仕方ありません。

だまされてしまったのでしょうか。

今解約すると、だいぶマイナスです。

納得の上で加入し、加入して現在も納得している方、いらっしゃいますか。
また、学資保険の変わりに変額終身保険に加入することについて、肯定的な見方の方はいらっしゃいますか。

また、
損を承知で今解約したほうがいいのか、継続したほうがいいのか。
下の子は変額終身保険か、学資保険がいいのか。
これからどうしたらよいのか。
アドバイスをお願いします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

学資保険を検討していて何故変額終身保険なのでしょうか。
よくもまあそんな保険に加入しましたね。驚きです。
ソニー生命の営業マンも地に落ちた感じがします。
さて本題ですが、
> 損を承知で今解約したほうがいいのか、継続したほうがいいのか。
下の子は変額終身保険か、学資保険がいいのか。
これからどうしたらよいのか。
変額保険は損を承知で今解約しましょう。
学資保険も入らないでおきましょう。
保険屋が言うのもなんですが、
お二人のお子さん名義で、積み立ての定期預金をするのが
一番確実な方法です。どうしても保険でというのなら、
変額ではなく、子供で加入できる普通の終身保険で、
お子さんの学資が必要な年齢(大学進学時が高校進学時より
よほどお金が必要です。国公立に確実に行けるのなら別ですが)で
解約しても解約返戻金が掛け金より上回る商品を探してください。
保険に関しては、養育費等がご心配ならご両親の補償をきちんと
付けておけば問題ないと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング