ちょっと変わったマニアな作品が集結

晩婚化、少子化の理由は若い世代の所得が落ちているからとよく言われます。

しかし、戦前戦後の日本は今より貧しかったにも関わらず、なぜ子沢山だったんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中1~10件)

若い世代の所得が落ちているからではないと思います。



ざっくりとしたイメージですが生物学とかで使われる r戦略 k戦略というのがあります。
子孫を残すに一個体にそれほど投資しなくて数を増やすのがr戦略 数は少なくひとつに多く投資するのがk戦略
魚とかはr戦略、哺乳類とかK戦略かな
(正式にはちがうかもしれないが)

乳幼児の死亡率を見てみましょう。
更生労働省
図7 乳児死亡数及び乳児死亡率の年次推移 -昭和30~平成18年-
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/to …

戦前の資料はないですがこれより高いと思います。つまり先進国になることや医学の進歩(抗生物質など)で子供が死ななくなっています。

つまり多く育てて万が一子供が死亡しても他の子が残るという戦略をとる必要がなくなったということです。


もうひとつの要因として先進国になると教育に投資が必要になり1人当たり多くのお金が必要になるということです。
文部科学省
大学・短期大学等の入学者数及び進学率の推移
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chuky …

戦前は数%程度で限られた人が大学に行っていましたが、最近は大学進学で40%以上短大や専門学校を入れると70%以上です。義務教育の基本は無料でも教科書や塾は有料です。高校は最近実質無料でも100%に近い進学率では厳しいものがあると思います。

結論として先進国になったことが少子化になった原因と思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。すごく助かりました。参考にします
教育にお金をかけて優秀な子供を育てようと頑張った割りには、日本経済は衰退の一途をたどってるのは何故なんでしょうか?

お礼日時:2012/12/16 01:57

・貧しい方が、他に楽しみがないので、子だくさんだとは言われます。



・豊かになって、他に楽しみが多くなっただけでなく、夜遅くまで仕事
 したり、精神的ストレスがたまったりして、その気が失せるのも事実。

・高度経済成長において核家族化し、世代間の文化的伝承が
 うまくいかず、性的なものに疎くなったり、お見合いなどの伝統的
 婚姻システムがなくなったのも大きい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました。回答ありがとうございます。とても勉強になりました。

お礼日時:2012/12/22 21:31

経済成長で豊かになった為です 先進国病とも言います 金持ちは昔から少子化です


先進国は皆少子化で イギリス、フランス、ドイツ、イタリア等 最近はノルウェーも
生活が豊かになると子育てに時間を費やすよりレジャーや美味しい食事&旅行等に使いたくなるのでしょう
未婚者でも結婚を急ぐより好きな事に時間を使いたくなるのです 結果晩婚化となるのです

フランスは50年前に少子化対策に子供手当てを大幅に増額しましたが
効果があがらず外国人労働者を増やして労働人口を確保したのです イギリス等も同様です
だから先進国では外国人が多いのです フランスの外国人は一割を占めるそうです

日本も最近になって先進国の仲間入りしたので同様に労働人口の確保が必要と言われて久しいです
でも積極的ではありませんでしたが大分増えましたね?近所にもフィリッピン人の奥様がおります
アメリカは不法移民が労働人口を支えているのです

外国人労働者が増える原因には もう一つ理由があります
豊かになると3k仕事を嫌がるので外国人が肩代わりしているのです
就職難と言いますが実は3k仕事を嫌がるからなのです 選ばなければ就職出来るのです

ですから子供手当てを増やしても それなりの効果はあっても大きな期待は出来ません
少子化は贅沢病の結果なのです 貧乏国、貧乏県ほど出生率が高いのです 
所得は関係ありません 先進国特有の病気なのです だから貧乏国に転落すれば自動的に解消します 
転落して欲しくはありませんがなりそうな気配がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答頂いて、解決の糸口が見つかりました。ありがたいです!やっぱり聞いてみるもんですね。スッキリしました(-^〇^-)ありがとうです

お礼日時:2012/12/22 21:32

>教育にお金をかけて優秀な子供を育てようと頑張った割りには、日本経済は衰退の一途をたどってるのは何故なんでしょうか?



それは、偏差値45の子供を勉強させて50に引き上げることは比較的容易ですが70の人を75にするのは至難の業で今の日本は70のレベルの先進国にいるということです。

アメリカは移民大国でまだ新たに意欲的な人が増えていますが日本は移民が少なく先進国の少子化が直接出ているからでしょう。島国とか日本だけで使われる日本語なども閉鎖的で新たな人が入りにくい状況を増していると思います。(EUなどもアメリカほどではないですが移民がありますし陸続きで人の移動があります、そして言語の基本がある程度同じで習得しやすいとか子供のころに多くの言語に接しているのでマルチリンガルな人も意外と居ます)

悪いことばかりではなく治安がよいとかまじめに仕事に向き合うとかもあります。現代のグローバルで戦う経済環境では不利な面が多いという理解が良いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

めちゃくちゃ助かりました。これでスッキリです!参考にします(^O^)色々な意見があるんですね!考えさせられました。

お礼日時:2012/12/22 21:33

日本人の性欲が減退したからです。


男と女がセックスをしなくなったからです。
それ以外の理由はありません。
ましてや所得の問題などではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私が思うにネットにエロ動画流しすぎなのも原因だと思います。

お礼日時:2012/12/16 01:54

貧困が同程度でも、価値観の多様さに違いがあります。



たとえば、夜中に一人で部屋に籠って、PCのオンラインゲームに興じるとか、深夜営業のコンビニで立ち読みするなどと言う選択肢(価値観)は、戦前・戦後にはありません。

上記は物質文化的な面の価値観の多様化ですが、同様に、精神文化の面でも価値観が多様化しており、物質・精神を掛け算すれば、選択肢が少ない時代に比べると、何倍,何十倍と、選択肢が増えるワケです。

選択肢が少ない時代でも、価値観は5や10はあったと思いますが、現在はそれが100や数百となるわけですが、それは即ち、同じ様な価値観に出会いにくいとか、個々の価値観やライフスタイルがバラバラになって、個人主義化していくと言う方向性でもあります。

「オンラインゲームしませんか?」「私はSNS派です」
「ランチでも行きませんか?」「コンビニのバイトが夜のシフトなので、昼間は寝てます」
なんてコトになって行くワケですよ。

逆に、戦後の高度経済成長時代だと、夜には家に帰って、深夜0時頃にはテレビ放送も終わり、夫婦で床に就く・・と言うくらいしか、選択肢は無いワケですよ。
戦前になれば、テレビ放送さえありませんし、田舎だと電気さえありません。

因みに、ニューヨークで大停電が起きた際には、その後、子供が沢山生まれたそうです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

めちゃくちゃ勉強になりました(o^∀^o)質問して良かったです!

夜の過ごし方が多様化したのも一因って事ですね。

お礼日時:2012/12/16 02:10

こんにちは。



昔の日本は女性の社会進出があまり出来ていなかった。
その変わり、近所の子供の面倒見が良かった。
現在は女性が社会進出し、近所付き合いも良くなく、
子供を預ける保育園の数が足りません。
ですから少子化が進んでいると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!そういう見方もある訳ですね。考えさせられました(^w^)
環境も大事って訳ですね!

お礼日時:2012/12/16 02:12

経済成長著しく、将来に希望を持てたから。


子どもを育て上げた挙句就職難で仕事ができない現代に必死で育児しようなんて思わないから。
    • good
    • 0

昔の貧しかった頃の日本では子供も労働力だったからです。



発展途上国では、家族が食べていく為に、子供が学校に行かず働いて生計を助けていたりします。
子供が多ければ多いほど親は家計が助かります。
例えば、長男は何時間もかけて川、若しくは共同の井戸に水汲みに行く。
次男と長女は、街で売る商材を家で作る。
三男、四男、次女は兄姉が作った商材を街に売りに行く。などなど、このような家族がごまんといます。

昔の日本や現在の発展途上国の人達は、将来の事より、今日1日をどう生き延びるかの方が重要なのです。
    • good
    • 0

「避妊方法の未発達」 書き忘れました。


裏返しに、中絶方法の未発達もあります。

今の日本は、少子化はしていても、中絶はすごく多いんですよ。
婚外子が社会的、法律的に不利になるという社会背景の影響が強いそうです。
フランスでは婚外子に法的差別はなく、PACS制度により少子化を脱したそうです。

戦前戦後よりも前の話かも知れませんが、
子どもが多すぎたら、口減らしのために「間引き」といって、
赤子を産んでから殺すということもあったそうです。

あと、若いうちに子作りしていたから、子どもも出来やすかったんでしょうね。
今みたいに30すぎの結婚で不妊のカップルとか少なかったのでは。

女性が仕事をするということがまだ珍しく、
奥さんも家業を手伝うなど働いてはいても、今のように外で働いてはいなかったので、
結婚したあと子づくりしやすい環境だったのではないかと思います。

今は、お金の面だけでなく、いろいろな意味で、子作りしやすい環境があまりないのだと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子供って10人出来るもんなんですかね・・・(笑)

先週日曜に学校に行きました。一時間目を終えて二時間目が特に出なければいけないと言ったような授業はなかったので学校の友人と三人で話をしていたのですが、その話の内容で、一人が皆は結婚できる自信あるって聞いてきたんです。自分は「こんな不細工な顔やからできへんやろうなぁ」とまぁ、そこはそう言ったのですが、今度は子供何人欲しいと言って来たので、俺を含めたもうひとりは「まぁ、せいぜい2~3人ぐらいですね」と答えたのに大して、質問してきた彼は「10人以上!」と自慢げに言ってきたので、最初にこの人と初めてあったときも、「少しかわっとんなぁ~」とは思ってましたが、やっぱり改めて変わってるなぁ~と。(笑)

別に何人でもいればかまわないと思ってますけど、過去によくテレビで大家族の特集した結構お子さんがいらっしゃる家庭が放送されてたことを思い出したので、出来ないことでもないのかなとは思ったのですが。

ぶっちゃけこれは彼にお願いされて質問してるので俺の質問ではないことを解ってもらいたいです。

子供10人以上とかいると色々大変ですよね?
というよりそんな子供10人以上産める女性の方って居るんですか?

先週日曜に学校に行きました。一時間目を終えて二時間目が特に出なければいけないと言ったような授業はなかったので学校の友人と三人で話をしていたのですが、その話の内容で、一人が皆は結婚できる自信あるって聞いてきたんです。自分は「こんな不細工な顔やからできへんやろうなぁ」とまぁ、そこはそう言ったのですが、今度は子供何人欲しいと言って来たので、俺を含めたもうひとりは「まぁ、せいぜい2~3人ぐらいですね」と答えたのに大して、質問してきた彼は「10人以上!」と自慢げに言ってきたので、最...続きを読む

Aベストアンサー

 日本人の最高齢出産は62歳ですよ~。もちろん体外受精でしたが・・・。

 最近2ケタのお子様って少なくなっているようですが、私たちの親の時代は10人前後も珍しくなかったみたいです。昭和も初期の頃。
 さすがに昭和も後半、41年の丙午の頃はグンと減ってきましたよね。標準家庭が子供2人って言われていたころです。

 なので産めるかと言われれば産めるでしょう。けれど、産まないんです。女性の選択権とでもいえばいいのかな。高齢になっても大丈夫になりつつあるから、余計に!

Q昔の人は、何歳まで出産していた?

30歳代後半の妊婦です。
高齢出産なので、いろんな不安があります。
確かに「最近は、結婚・出産年齢が上がってる」とか言われますが・・・
この間「昔の人なんて、10人くらいザラで産んでいたから、40歳とか50歳まで出産していたんだよ~」なんて励ましてくれる方がいました。
でも、昔の人って、20歳前後で結婚していたと思うので、いくらたくさん産んでも、そんな年になるのかな?
なんて思ってみたり・・・
実際のところ、どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

さすがに50歳くらいになると、閉経してるとか、そこまで行かなくても妊娠しにくくなってる気がします。

「昔」がいつくらいかにもよりますが、「赤とんぼ」の歌では、ねえやは15歳でお嫁に行ってますよね?(もちろん、現行の日本の法律では、16歳にならないと女性は結婚できませんが)
15歳で結婚して、すぐに妊娠・出産し、生理の再開をみないうちに、また妊娠……という感じだと、3年間で2人くらい出産、15歳から30歳までの15年間で10人くらい産むのも可能だ!と、以前、職場で(20台の女の子ばかりで)盛り上がったことがあります。

実際、昔の人は、初潮が遅かったうえに結婚(=妊娠)が早く、しかも出産人数が多かったため、生理が起きる回数が少なかったそうです。病的な意味ではなく、生理が起きる暇がなかったということです。
正常な理由で生理が起きないので、逆に子宮は「生理を起こさせない」という意味で充分に休むことができて、ある意味で健康的だった……らしいです。

でも、その逆で、助かる命も助からなかった時代です。
10人産んでも、全員が生存しているわけではなく、幼いうちに亡くなったり、死産や出生直後の死亡(=生まれなかったことにする事もあったでしょう)というのも、少なくなかったと思います。
医療技術が、その頃に比べたら進んでいます。安心して大丈夫ですよ。

さすがに50歳くらいになると、閉経してるとか、そこまで行かなくても妊娠しにくくなってる気がします。

「昔」がいつくらいかにもよりますが、「赤とんぼ」の歌では、ねえやは15歳でお嫁に行ってますよね?(もちろん、現行の日本の法律では、16歳にならないと女性は結婚できませんが)
15歳で結婚して、すぐに妊娠・出産し、生理の再開をみないうちに、また妊娠……という感じだと、3年間で2人くらい出産、15歳から30歳までの15年間で10人くらい産むのも可能だ!と、以前、職場で(20台の...続きを読む

Qベビーブームはなぜ起った?

ベビーブームはなぜ、どのようにして起ったのでしょうか?
文化的な背景となっているものがあったら知りたいです。
詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

第二次世界大戦が1945年に終戦し、軍務から離れた人たちが大量に帰国、帰宅して、妻帯者の場合、子づくりをすることができるようになったためです。
そのため1947~8年あたりに出生者数が急激に増えました。
これが第1次ベビーブームです。
そのとき生まれた子が、成人して子供を産むようになる1970~75年あたりが第2次ベビーブームになります。

Q江戸時代の農民は何を食べていたのか

以前、読んだ本の中に書かれていたことです。
(題名や著者名は忘れてしまっています)

「江戸時代の多くの農民(小作)は滅多に米を食べることは出来ずに稗や粟などの雑穀を食べていたとされている。しかしながら、日本全国で生産された米の総量から算出すると酒や味噌などで消費される米の分を差し引きしても、当時の総人口2000~3000万人が主食として食べるのに十分な量があったはずである。」

ということでした。確かに米は貨幣の代わりに売買・流通していても、貨幣なら保存できても米はいつまでも保存は出来ないでしょう。腐って捨てる位なら小作農民もそれなりに(月に数回程度は)食べて消費していてもおかしくないと思います。

江戸時代の米は最終的にはどのように消費されていたのでしょうか。

Aベストアンサー

もし粟や稗を常食にしていたのならそれらを育てる広大な農地が必要です。それだけの農地があるならまず稲を作ることを考えたはずです。つまり江戸時代の農民は米を常食にしていたと小生は考えています。(気候等の理由で稲が作れない所は別ですが)
しかし農民は米は高価で売れるためできるだけ売るようにし、麦を多く食べていたようです。
年貢については五公五民とか四公六民といわれますが、小生が生まれた村は八公ニ民という”悲惨な”村でした。しかしこの数字は収量に対するものでなく、高に対する割合です。
高は江戸初期に検地で決まりますが、その後は総検地でもない限り変わりません。一方生産量は時代とともに増加します。武士は実際の生産量を正確に把握しており、適宜年貢を課します。その結果八公ニ民というとんでもない数値が出てくるわけです。当村の実際の生産量は正確には不明ですが、村高の5~6倍あったと推定しています。その結果実際の年貢率は生産量の15%程度でした。
こういったことを推定する数値として私は村高を村人口で割った「一人あたりの村高」を使用しています。その根拠ですが、まず年貢はいくつかの村で調べてみたところあまり差はなく一人あたり5斗程度。食糧は1石。これに最小限の雑費を加えた2石が最低必要な生活費と考えたからです。農民が生きていた以上これだけ生産量は絶対にあったと思っています。
「一人あたりの村高」を近隣の村で調べたところ、だいたい A:5斗前後の村、B:1石前後、C:2~3石 がありました。そしておもしろいことに貧乏村ほど年貢率が高い傾向にあり、A(当村)は80%、Bは50%、Cは25%程度なのです。しかし実際の生産量に対してはどの村もせいぜい20%止まりだったと考えています。
江戸時代はホンネとタテマエに大きな差がありました。現在に残る記録は武士が残したものが多く農民の状況を正確に記していません。年貢については不思議なことが多いですから貴兄も調べてみてください。

もし粟や稗を常食にしていたのならそれらを育てる広大な農地が必要です。それだけの農地があるならまず稲を作ることを考えたはずです。つまり江戸時代の農民は米を常食にしていたと小生は考えています。(気候等の理由で稲が作れない所は別ですが)
しかし農民は米は高価で売れるためできるだけ売るようにし、麦を多く食べていたようです。
年貢については五公五民とか四公六民といわれますが、小生が生まれた村は八公ニ民という”悲惨な”村でした。しかしこの数字は収量に対するものでなく、高に対する割合です...続きを読む

Qどうして日本は高齢者が一番で優遇されないといけないのか?

どうして日本は高齢者が一番で優遇されないといけないのか?

過去に投稿した内容に近いのですが。本当に「高齢者のマナー違反」と「病院のサロン化」には頭がきています。

「病院のサロン化」は早朝になれば病院はご老人方でいっぱい。酷いケースは内科よりもを需要の少ない眼科で9時からなのに既に7時から並んでいる。他のサイトでは「あるご老人が友人の診察券をまとめて投函したり名簿に書いたりする等悪質化している」等あります。正直「緊急度が高くないのに何で朝からわざわざ病院に行くのか(しかも単なる話し相手で行く)」等。そんな高齢者を優遇するあまり「小児科や産婦人科、救急外来はお金にならないからしない」等医療崩壊が起こっています。

マナーの悪化はあるフードコートで食事をしたときにあるご老人が「荷物見はっといて」と言われ無視したのでいいのかなと思えばお願いとの事。他にも席を譲らない(無駄に取っている等)図書館で大声を出す。他にも「携帯電話をマナーモードにはせずに病院では話す酷さ」酷いのはNTTドコモショップに「お前たちの携帯電話は電池が切れるから切れたらお前のところで充電してもらう」都の事で高齢者の方の電源を充電するあまり結果「対応するべきお客に対して待ち時間が30分」等本末転倒な事が起こっていました。

そんなご老人方に「何で年金や医療等サポートを現役世代がするべきなの?今の」と疑問に思っています。大年寄りだから当たり前。席を譲っても当たり前等。日本は「高齢者が一番優遇されるべき?」と間違っている気が居ます。例えば病院だったら「欠勤や欠席を防ぐために朝病院に行っても1時間待ち。しかもその1時間が殆ど緊急性のない患者(病院をサロンと思っている悪意のある高齢者)」

正直な話「一部のお年寄りにも自覚をするべきだけど」「若い人もマナーの悪い高齢者に威厳をもって注意をする事が大切で無いでしょうか」そうでないと医療問題もマナー問題も悪化します。皆さんの意見はどうでしょうか?お年寄りには「感謝の念」はないのでしょうか?

http://www.higashinihon-group.com/jichitai_topics/000820.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1443668384

どうして日本は高齢者が一番で優遇されないといけないのか?

過去に投稿した内容に近いのですが。本当に「高齢者のマナー違反」と「病院のサロン化」には頭がきています。

「病院のサロン化」は早朝になれば病院はご老人方でいっぱい。酷いケースは内科よりもを需要の少ない眼科で9時からなのに既に7時から並んでいる。他のサイトでは「あるご老人が友人の診察券をまとめて投函したり名簿に書いたりする等悪質化している」等あります。正直「緊急度が高くないのに何で朝からわざわざ病院に行くのか(しかも単な...続きを読む

Aベストアンサー

たしかに、「タチの悪い」 高齢者も目立ちます。 どちらかと言えば男性に多いでしょうか。

ちょっとした事で店員に対して大声で怒鳴りつける、電車の列も順番を守らない、切符を買うにも販売機に現金を入れてから運賃表を確認する、信号は守らない ・・・ 周辺を見渡しても、こんな年寄りは多いです。

好き放題やっていながら責任を追及されると、「いやあ、年だから ・・・」 と誤魔化す。

これは、おそらく儒教の影響がまだ残っているのが原因のように感じられます。 と言うか、儒教の教えを都合の良いように、「年寄りは尊敬されて当然!」 という解釈を本人はともかく、日本社会全体がそのように捉えているのが原因ではないかと思います。

お隣の韓国でも、タチの良くない年寄りは多いです。

これは本当はおかしな話で、何も年をとったから尊敬されるのではなく、年を経るごとに品格や人間性が熟成されて若年層の鏡、あるいは理想の姿になるから尊敬されるわけです。

最低の人間でも年をとれば尊敬されるという意味ではありません。 ここを勘違いと言うか、都合の良いように解釈しているようです。

もう一つあるのは、政治の責任もあります。 日本の政治は若年層ではなく高齢者層をターゲットとして政策が実行されてきた経緯があります。

そのため、必要以上に手厚い高齢者保険制度や公共運輸機関での老人パス、その他各種優遇制度がそれです。 これは自民党が高齢者層の支持を得ようとして考えられた制度です。

そのお陰で、どの機関や自治体でも予算不足に悩む結果となっています。

目に余るようでしたら、相手が年寄りであろうと叱ってやれば良いです。 何せ相手は 「してもらって当然!」 と考えているし、他人の目とか迷惑なんて一切考えない人だからです。

今の日本の900兆もの借金を作ったのは彼らだと思えば良いでしょう。 とにかく日本の年寄りは長生きし過ぎです。

たしかに、「タチの悪い」 高齢者も目立ちます。 どちらかと言えば男性に多いでしょうか。

ちょっとした事で店員に対して大声で怒鳴りつける、電車の列も順番を守らない、切符を買うにも販売機に現金を入れてから運賃表を確認する、信号は守らない ・・・ 周辺を見渡しても、こんな年寄りは多いです。

好き放題やっていながら責任を追及されると、「いやあ、年だから ・・・」 と誤魔化す。

これは、おそらく儒教の影響がまだ残っているのが原因のように感じられます。 と言うか、儒教の教えを都合の良い...続きを読む

Q農地改革を、もししなかったらどうなっていましたか?

農地改革を、もししなかったらどうなっていましたか?

農地改革のプラス面は、小作人が自作農になり、経済基盤が改善されたこと、それによって自作農になった人にインセンティブが生まれたこと、地主の不労所得がなくなったこと、小作人⇒共産化、を防ぐための施策として、意味があったかもしれないこと。

マイナス面としては、農業の大規模化が遅れたこと、やたらと零細な農家の保護をしてきてしまったこと、それによって国際的な競争力が全くなくなってしまっていること。

農地改革をせず、小作人が農村に残っていたとしても、結果的には高度成長期に、都市部での大きな労働力需要があって、そちらへ流れることができたわけですし、結果からみれば、しなかった方がよかったんじゃないかと思うのですが、どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

質問者さんは日本共産党の山村工作隊を知っているかな。二・一ゼネストを指導したのも日本共産党だ。もし日本共産党の武装革命が成功していたら高度成長どころでは無かった。農地改革によって共産革命を防ぐことができたのだ。戦前の農民運動は小作争議一色で、本業の農業にはエネルギーが向かわなかった。生産性を向上させるよりも、地主の不当な搾取を止めさせることが最優先の課題だったからだ。小作争議とは小作料減免を目的とした小作人主体の集団交渉であった。農民は日本農民組合を作って団結し、地主も地主組合を作って対抗した。こういう状態を放置しておけば、小作人が共産革命に呼応する可能性はあった。戦前は地主を支持基盤とする政友会の反対で、農地改革はできなかった。マイナス面?何を馬鹿なことを。誰が農業の大規模化を推進できたというのか。地主は不動産業であって、農業を経営していたわけではない。地主はあっちこっちの村々にばらばらの土地を保有していただけで、そもそも大規模な農地だったわけじゃないのだ。

江戸時代は村請制といって庄屋さんが村全体の年貢を取りまとめて領主に納めていた。村は運命共同体で強いものも弱いものも皆で助け合って生きてきたのだ。

それが明治維新後の地租改正によって村落共同体が解体に向かう。もはや村請制も庄屋さんもない。農民が一人づつ自分の責任で税金を納めなければならなくなったのだ。誰も助けてはくれない。冷害で不作、凶作になるとたちまち納税にいきづまって高利貸しから田畑を担保として納税資金を借りる他なかった。戦前の銀行は、重工業・軽工業・商社に金を貸すだけで農民になど融資しなかったからだ。誰が農民に金を貸したか。それは高級官僚、戦争成金、にわか資本家といった小金持ち階級であった。それが不在地主、寄生地主なのだ。金を借りたが結局農民は返済できず土地を取り上げられてしまった。しかし不在地主は農業などできない。結局、元の土地所有者を小作人として雇って、そのまま営農させるしかなかった。土地の所有権は地主に移ることになるから納税義務は地主が負って、地主だけが選挙権を持つことができたのだ。小作人は結局、納税分に地主の取り分を加算した小作料を納めさせられたので、以前よりも貧窮することになってしまった。こうして自営農は次々と小作人に転落していったのだ。一握りの地主だけにどんどん土地が集中していったが、この土地は虫食い状態で全然大規模化したわけではない。全体として地主の所有地が増えても全く連続していないのだ。それでも小作人から小作料をふんだくるだけだから、何の不都合も無かった。「農業の大規模化が遅れた」というのは全く実態を知らない者の妄言に過ぎない。高度成長期に都市の工場労働者になったのは、土地の相続が無かった農家の次男、三男だ。それは農地改革があろうとなかろうと同じこと。

中国が共産化したのは、地主と都市の商工業者を支持基盤とする国民党が農村の小作人を支持基盤とする中国共産党に敗れたからだ。台湾でどうして中国共産党が勢力を拡大できなかったか。それは台湾が日本に統治されていて、小作人がいなかったからなのだ。中国共産党がどうして農村で勢力を拡大できたか。それは中国共産党が農地改革を勝手に推進したからだ。暴力的に地主を縛り上げて、地主の所有地を強引に小作人に分配してしまった。土地政策を巡る妥協を許さない対立が国民党と共産党が暴力的に対立した理由なのだ。

そういう中国の歴史をみれば、日本が実施した農地改革が世界史に記録されるほどの大成功であったことが理解できるはずなのだ。実は日本共産党が農村に山村工作隊を組織したのは中国共産党にならって農村を日本共産党の支持基盤にする為であった。しかし時既に遅し。農地改革によって自営農となった農民はもはや小作争議に明け暮れることもなく、農業経営に専念していた。日本共産党のオルグは全く成功しなかった。日本と中国の農村の実情の違いに全く気づかずに、中国共産党の成功に習おうとした当時の日本共産党幹部はあまりにも馬鹿すぎた。

まあ余談に過ぎたかも知れないが、戦後60年経ってなお、農地改革の歴史的意義が正当に評価されていない日本とはいったいどういう国なのであらうか。

質問者さんは日本共産党の山村工作隊を知っているかな。二・一ゼネストを指導したのも日本共産党だ。もし日本共産党の武装革命が成功していたら高度成長どころでは無かった。農地改革によって共産革命を防ぐことができたのだ。戦前の農民運動は小作争議一色で、本業の農業にはエネルギーが向かわなかった。生産性を向上させるよりも、地主の不当な搾取を止めさせることが最優先の課題だったからだ。小作争議とは小作料減免を目的とした小作人主体の集団交渉であった。農民は日本農民組合を作って団結し、地主も地...続きを読む

Q高温期の途中で

こんばんわ。
じつは、今回高温期10日目頃までずっと36.7度
あたりだったのがこの2日、36.3度までカクンと
下がり、「あぁ、また妊娠じゃないなぁー」
と思ってるんですが、今朝は急にまた36.8度まで
急上昇してて、???
状態は生理前のように腹痛もあるのに、
予定より2日くらい遅れてます。

もし妊娠してたら、高温期中に急に下がる日なんて
ありませんよね?
ちなみに今日で高温期14日目です。

Aベストアンサー

現在妊娠9ヶ月になるところです。
この子はまさに高温期中に低温期に何度かなった子です。
2人目なので、1人目のときの体温と比べてももともと低かったのですが、がくんと下がる日がありました。
見づらいかもしれませんが、参考に書いておきます。
(ついでに、排卵日も通常生理予定日18日目ですが、そのときは31日目~33日めあたりだったようです)
生理周期
24日 35.65度
25日 36.45度
26日 36.10度
27日 36.15度
28日 36.15度
29日 36.10度
30日 36.15度
31日 36.40度(おりものが違う)
32日 36.05度
33日 36.35度
34日 36.15度
35日 36.65度
36日 36.85度
37日 36.72度
38日 36.60度
39日 36.00度
40日 35.00度
41日 36.65度
42日 36.15度
43日 36.62度
44日 36.35度
45日 36.65度
46日 36.72度
47日 36.68度
48日 36.76度
49日 36.39度
50日 36.42度
数字だけでわかりにくいので、グラフにしてみてください。
がくっと下がっているのがお分かりになると思います。
それから、1人目2人目ともに、妊娠前生理がくるようなお腹の違和感がありました。

現在妊娠9ヶ月になるところです。
この子はまさに高温期中に低温期に何度かなった子です。
2人目なので、1人目のときの体温と比べてももともと低かったのですが、がくんと下がる日がありました。
見づらいかもしれませんが、参考に書いておきます。
(ついでに、排卵日も通常生理予定日18日目ですが、そのときは31日目~33日めあたりだったようです)
生理周期
24日 35.65度
25日 36.45度
26日 36.10度
27日 36.15度
28日 36.15度
29日 36.10度
30日 36.15度
31日 36.40度(おりものが違う)
...続きを読む

Qうつ病は昔はなかった?

うつ病は昔はなかったと聞きました。

現代病だと言われているそうですが、

昔と今を比べることでうつ病を治すために
必要な事がわかりそうなきがするのですが…

うつ病を治すためには、何が必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

>うつ病は昔はなかったと聞きました。

つい先程も書いたのですが、
http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/depppl.html
によれば、
イギリスの首相チャーチル (Churchill, 1874-1965)
ルネサンスの時代のミケランジェロ (Michelangelo, 1475-1564)
ヘミングウェイ (Hemingway, 1899-1961)
トルストイ、バルザック
みんなうつ病でした。

>うつ病を治すためには、何が必要なのでしょうか?

昔はただ治まるのを待つだけでした。
その後電気ショック療法が開発されました。
抗鬱薬が発明されたとき、はじめは研究者でさえ薬で鬱が治ることに懐疑的だったそうです。
抗鬱薬は3環系の第一世代、4環系の第二世代、SSRI/SNRIの第三世代と発展してきました。

それでも薬の効きが悪い難治性のうつ病があります。
私も4年目の難治性うつでmECT(修正型電気痙攣療法)を受け大分よくなりました。もっと早くmECTを受ければ良かったと後悔しています。

>うつ病は昔はなかったと聞きました。

つい先程も書いたのですが、
http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/depppl.html
によれば、
イギリスの首相チャーチル (Churchill, 1874-1965)
ルネサンスの時代のミケランジェロ (Michelangelo, 1475-1564)
ヘミングウェイ (Hemingway, 1899-1961)
トルストイ、バルザック
みんなうつ病でした。

>うつ病を治すためには、何が必要なのでしょうか?

昔はただ治まるのを待つだけでした。
その後電気ショック療法が開発されました。
抗鬱薬が発明されたと...続きを読む

Q固く閉まったネジを外すコツってあるでしょうか?

固くしまったネジを外すコツってあるでしょうか?
何年か前に取り付けたカーテンレールを外して、新しい物に取り替えようとしているのですが、何年も前に取り付けたネジなので固く閉まっていて中々外せないんです。
電動がないので、プラスのドライバーを手で懸命に回しているのですが、固くて固くて・・・
しまいにはネジ山が一つ潰れてしまいました・・・。

油とか挿したりしたら外れやすくなるでしょうか?
ネジを外すコツが もしあるのなら教えて下さい!

Aベストアンサー

ネジというのがボルト・ナットなのか木ネジなのか解りませんが、お話の様子では木ネジでしょうか?

いずれにせよ、固く締まっているというのは、ボルトや木ネジのネジ山と雌ネジとの摩擦面が、サビなどによって摩擦が非常に強くなった状態のわけです。

サビ・腐食が進行して雄ネジ雌ネジが一体化してしまったような状態でさえなければ、適切な衝撃を与えてやることで、ゆるませてやれる場合が多いです。もちろん、シリコンオイルなど潤滑油を使える状況なら、先にネジ部に浸透させておけばなお良いです。

皆さんの回答に重なりますが、私の場合は、堅く締まったネジを(専用工具なしで)はずす場合は、大体以下のようにしています。コツと言えるかも知れません。

1)ねじの頭溝に合ったドライバをあてがう(合わないドライバを使うと溝をつぶすおそれが大きくなります)。

2)ドライバの柄をハンマあるいはスパナなどで軽く叩き込む。

3)ドライバをネジに押しつけながら柄を回す(押込み6分、回し4分の力配分)
 →ネジをゆるめる方向に回してみて、動かないようなら締める方向にも回してみる。どちらかに少しでも動けば◎。あとはゆるめる一方でOK。

4)動かない場合はもう少し強く叩いてみて、繰り返す。

5)それでもダメなら、ペンチ(プライヤがベスト)でドライバの柄を挟み、(ネジ頭溝を壊さない程度に)渾身の力でネジを押込みつつ回してみる。

※以上の方法でダメでネジ溝をつぶしてしまったような時には、下記Q&Aなどを参考にして下さい:
http://virus.okwave.jp/kotaeru.php3?q=1961150

参考URL:http://virus.okwave.jp/kotaeru.php3?q=1961150

ネジというのがボルト・ナットなのか木ネジなのか解りませんが、お話の様子では木ネジでしょうか?

いずれにせよ、固く締まっているというのは、ボルトや木ネジのネジ山と雌ネジとの摩擦面が、サビなどによって摩擦が非常に強くなった状態のわけです。

サビ・腐食が進行して雄ネジ雌ネジが一体化してしまったような状態でさえなければ、適切な衝撃を与えてやることで、ゆるませてやれる場合が多いです。もちろん、シリコンオイルなど潤滑油を使える状況なら、先にネジ部に浸透させておけばなお良いです。

...続きを読む

Qアフリカは、なぜ、貧困なのか・・・

アフリカでは、今も病気で死ぬ人や食べられない人が大勢います。そもそも何でアフリカの地域は、貧困が多いのでしょうか?ダイヤなどの資源がとれるので、貧困にならないような気がするのですが・・・民族に対する差別的な意見(なまけものだから・・・)などじゃくて。。。ちゃんとした理由がわかる人がいればご指導ください。また、どうすれば、経済というのは発展するのでしょうか?解決策も教えてください。

Aベストアンサー

当然の疑問だと思います。
アフリカはあなたのおっしゃるようにダイヤや石油・希少鉱物など天然地下資源も豊富で、しかも農作物も実は生産量は高いです。
ではどうして今の状況にあるかと言えば世界の近代史を知る事で見えてきます。

アフリカはナイル川流域のエジプト文明に代表されるように、古代から文明の栄えた地でもあります。数々の王国が栄え、ローマ帝国やイスラム帝国、オスマン帝国との興亡もありました。
しかしアフリカの人は豊かに暮らしていました。これは北米や南米・オーストラリアの原住民も同じです。
そして白人が来ます。時は大航海時代です。アフリカ人は捕らえられ、船積みされ世界中に奴隷として売り飛ばされました。南米・北米・オーストラリアの人は虐殺され土地を奪われました。北米のインディアンなどがそうですね。「最後のタスマニア人のトルガニーニ」のように絶滅した民族もあります。

もともと原住民には土地の所有と言う概念はなく、みんなのものと言う意識でした。しかし白人の持ち込んだ価値観により、土地は一部の白人の所有となります。アフリカは植民地となり、白人は農園を開き、現地の人間を労働力として安く使い、生産された利益はすべて白人、つまり欧米諸国に吸い取られました。ここで社会の構造が現地の人を安い労働力としてのみ固定してしまいます。
アフリカと言うとサバンナのイメージがあると思いますが、農業生産も盛んで地下資源の輸出が増えた現代でも、アフリカの輸出品の55%は農産物です。
~~~余談になりますが、地球の人口爆発の原因の最も大きいのはアフリカです。この原因は一人あたまの収入が少なく、また収入の大きな職につけない事で、子供を増やす事が収入を増やす事につながるからです。つまり子供イコール労働力です。一人あたまの収入は少なくても、人数で補おうとする考えです。また貧困の為に乳幼児の生存率が低く、その為また人数を生もうとします。生存率が低いのに一人っ子では、その子が死んでしまえばそれまでだからです。悪い循環になっています。
逆に先進国では一人頭の収入は多いが、子供がいる事で支出が増える為に少子化になっています。
アフリカの人口爆発の原因を教育が遅れているせいだとする人がいますが、それは違います。なぜなら白人が来る前の原住民のあいだでは、人口爆発はなかったからです。白人が作った経済格差と社会構造が人口爆発の原因です。~~~

20世紀に入り植民地支配の時代は終わります。数々の国が独立します。しかし今度は植民地ではないが、欧米諸国の経済支配となります。相変わらず農産物は欧米の多国籍企業がその利益を吸い取ります。
そしてつい最近、ここ数十年で豊富な地下資源が発見されます。独立したアフリカの国は「何とか自国での採掘をしたい」と思います。しかし悲しい事にその為の「資金」も「技術」もありません。欧米にその為の援助・協力を要請しても、絶対にそんな事の為には援助はしません。またすでに欧米に多額の借金もあります。結局はわずかなお金と引き換えに、欧米の多国籍企業にその採掘権を売り渡します。そのせいで、アフリカからどんなに資源が出ても、その利益は欧米に吸い取られ、アフリカは借金が減るどころか増えているのが現状です。事実、アフリカの石油はほとんどがアメリカの企業が持っています。
そして国内に問題も多く、政治的にも不安定で汚職や犯罪・貧困などもはびこっています。それを何とかしたくても、どうにも出来ない・なかなか改革は進展しないというのが現状です。またアメリカにとっても、その状態が都合がいいという事もあります。常に経済的優位に立て、利益を確保できるからです。これはアフリカに限らず、中東のゴタゴタにも多分にアメリカの石油戦略が絡んでいます。イラクの問題もそうですね。イラン・イラク戦争の時、フセインに武器援助をし軍事専門家を派遣し、あそこまで軍事国家に育てたのはアメリカですし、今のアメリカ政府のトップはブッシュ大統領を含めほとんどが石油企業を持っています。ブッシュ大統領の親族企業はビンラディンの兄との共同出資で作った石油企業を持っているのは有名な話ですw。
これが政治というものです。

21世紀でアフリカの貧困はもっとも大きな問題の一つです。これを解決して行くには、欧米・アフリカなどの当事者ではなく、アジアの、特に発展している日本の役割は非常に大きいです。しかしご存知のように、日本はアメリカ追従の姿勢で、アフリカどころかアジアの中でまだゴタゴタをしている国です。「経済は一流、外交は三流」などと揶揄される所以です。最近は経済も二流ですがw。アジアの中で未だに近隣諸国の感情も理解できず、逆なでしているのみの情けない外交です。これはアメリカにとってもそのほうが都合がいいので、なかなかアジアとしてまとまる事ができません。アメリカは中国と日本が接近するのは非常に都合が悪いですし、アジアに共同経済圏・巨大連合体が出来るのは自らの利益を損なう事になります。政治的には反目しあってくれてるくらいがちょうどいいです。

ネットの中でもここを見ていても、中国・韓国の話題がでると非常に感情的な誹謗・中傷や、不毛な議論を始める人が多々います。情けない事です。
もっと歴史を知り、欧米や日本が何をしてきたかを知り、変な思想には惑わされずに事実は事実として受け止め、その上で世界に対して日本が何を出来るかを真剣に考えられる政治家が出てくる事を望みます。
21世紀、日本が中心になってアフリカの問題を良い方向に進められれば、これはすばらしい事ですね。

当然の疑問だと思います。
アフリカはあなたのおっしゃるようにダイヤや石油・希少鉱物など天然地下資源も豊富で、しかも農作物も実は生産量は高いです。
ではどうして今の状況にあるかと言えば世界の近代史を知る事で見えてきます。

アフリカはナイル川流域のエジプト文明に代表されるように、古代から文明の栄えた地でもあります。数々の王国が栄え、ローマ帝国やイスラム帝国、オスマン帝国との興亡もありました。
しかしアフリカの人は豊かに暮らしていました。これは北米や南米・オーストラリアの原住...続きを読む


人気Q&Aランキング