親からの遺産相続について単刀直入にお伺いします。
3年前、実家で父親と同居している妹とトラブルが発生し、
その後実家の父親と妹とは連絡が途絶えています。
半年ぐらい前に、風の便りで『2年前に父親が亡くなった』と聞きました。
1ヶ月前に法務局で父親が所有している2つの不動産のうち1つだけ
ですが調べたところ父親名義のままでした。
今は、遺産相続の為、妹と直接会って、再び地獄絵図を見る気もありませんし、
また生活、仕事におわれ、弁護士さんを頼むお金の余裕もありませんので、
こちらから、アプローチをとる気はありません。
私の希望としては、10年先でも、20年先でも、
あるいは私が死んでからでも、法定分を私、あるいは私の子供にでも相続できたらと思っています。
ネットで調べたら、自分の法定分が侵害されているの知ってから、
時効のカウントダウンが始まると書いてあり、そう理解しました。
このまま何もしないで、いつか将来、法定分を相続する事は可能でしょうか?
(余談ですが『気持ち』の問題は今から少しずつ自分なりに考えていこうと思っています。)
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

"このまま何もしないで、いつか将来、法定分を相続する事は可能でしょうか"


    ↑
権利の上に眠る者は保護しない、という法格言があります。
何もしない、というのは一番いけないことです。

遺産の分割については、時効がありません。遺産分割協議書が作成されていなければ
遺産は何時までも放置状態になります。
ただ、このままではお父様が残された資産が消滅するばかりになる惧れがあります。
時間が過ぎれば、元々どれだけあったかも不確かになります。
しかるべき専門家に早期に依頼されるようお勧めします。

なお、相続には時効があります。相続に関して権利を侵害されていることを知ってから5年、
相続が開始してから20年で時効となります。

尚、お父様に借金はありませんか。
あれはそれも相続してしまいますよ。
相続を放棄する必要はありませんか。
相続放棄は、相続開始を知ったときから三ヶ月以内が
原則ですよ。

イヤでも何でも、必要なことはやらねばなりません。
何もしないでもらうものはもらいたい、そういう人は
法律は保護してくれません。

せめて法律相談ぐらいは利用すべきです。
30分0~5千円ぐらいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御礼が大変遅れてしまい申し訳ございません。
投稿してから1年がたってしまいました。
何度か書こうとしたのですが、メールアドレスを変更した訳でもないのに、
その度『メールアドレスが送れないので投稿できません」
というメッセージがあらわれ、いろいろ編集しなおしたりもしたのですが
うまくいきませんでした、
今回、『新しいアドレスに変更』の欄に従来のアドレスを書いて変更したところ
うまくいき、御礼が書けるようになりました。
長くいい訳を書いてしまった事も合わせてお詫び申し上げます。

ご回答では的確なアドバイスを頂きましてありがとうございました。
まずアドバイスいただいた通り法律相談から始め、
昨年中におかげさまで解決する事ができ、
心中思うところはありますが、今年より新しい1歩を踏み出すことができました。
いろいろと法律的なアドバイスを頂きまして本当にありがとうございました。
お礼申し上げます。
この返信がhekiyu様に読んで頂ける事を願っております。
ありがとうございました。


貴重な助言をありがとうございました、

お礼日時:2014/02/25 17:23

私のところでは祖母がなくなった際、県の区役所から連絡がきました。

父は既に他界しており、親族としては父の姉、兄、自分、自分の妹
でした、父の姉、兄は1/3で、私と妹が1/3の半分でした。
私の所も、父の姉、兄が険悪で姉の旦那さんのお葬式にもこない関係でした。その姉は自分でなく、息子さんを代理人として話を進めました。私の兄弟などは祖母の死も知らず遺産だけもらうのに引け目もありましたが、しっかりともらいました。

あなたの息子さんが成人を迎えていれば代理にとして遺産相続をしてもらえばいかがですか?
お母様の事は書かれていませんでしたので、亡くなっていると仮定すると貴方と姉さんが一番の相続人になりますので1/2の相続権はありますので、先延ばしにするのは如何なものかと思います。
また、息子さんが成人を迎えてないなら、弁護士さんに頼むのも手です。法テラスという安くすむところ(国や理事体)などで安くすみます。一度相談にいかれてはどですか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御礼が大変遅れてしまい申し訳ございません。
投稿してから1年がたってしまいました。
何度か書こうとしたのですが、メールアドレスを変更した訳でもないのに、
その度『メールアドレスに送れないので投稿できません」
というメッセージがあらわれ、いろいろ編集しなおしたりもしたのですが
うまくいきませんでした、
今回、『新しいアドレスに変更』の欄に従来のアドレスを書いて変更したところ
うまくいき、やっとお礼が書けるようになりました。
長いいい訳を書いてしまった事も合わせてお詫び申し上げます。

貴重な経験をふまえてのアドバイスを頂きましてありがとうございました。
NO1の方の欄にも書きましたが、昨年まずアドバイスいただいた通り法律相談に行ってきました。
おかげさまで昨年中になんとか解決する事ができ、
心中思うところはありますが、今年より新しい1歩を踏み出すことができました。
いろいろと貴重なアドバイスを頂きまして本当にありがとうございました。
お礼申し上げます。
この返信をhiromititan様に読んで頂ける事を願っております。

貴重なアドバイスをありがとうございました、

お礼日時:2014/02/25 21:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法定相続分による共同相続登記が遺産協議、遺言書分割を先行している時

法定相続分による共同相続登記を一方的に次女が行使し、元に戻したく法務局で聞いた時1000分の20登記料が掛ると云われました。

1)持分移転登記又は持分更正登記を請求する訴訟を起こさないと元に戻せないのですか?

2)又遺産協議の成立時、遺言書確認訴訟で分割が有効な場合元に戻す事無く、直接持ち分移転で相続登記料とみなし1000分の4になりますか?

3)既に法定相続分に準じ相続税は払いましたが、新たな配分で税金が再調整されると思いますが贈与税みたいなものは発生しないのでしょうか?

Aベストアンサー

1)持分移転登記又は持分更正登記を請求する訴訟を起こさないと元に戻せないのですか?

共同相続人であるABCの共有名義で登記されているが、遺産分割が成立してAの単独所有となった場合、Aが登記権利者、B及びCが登記義務者として共同申請により、
遺産分割を原因としてBC持分移転登記手続をします。ですから、AがB、Cに登記手続の協力を求めたが拒否されたのであれば、AはBCを相手取って、登記手続を
求める民事訴訟を起こすしかありません。
 なお、Aに相続させる旨の遺言があったが、共同相続人ABC共有名義で登記されているというのであれば、所有者Aにする所有権更正登記になりますが、BやCの
持分に抵当権の設定登記がなされているなど、登記上利害関係人がある場合は、利害関係人の承諾が必要です。その場合、利害関係人に承諾を求める裁判をするか、
承諾を得る必要がない、真正な登記名義の回復を原因としてBC持分全部移転登記をする方法があります。(抵当権はついたままになりますが。)

2)又遺産協議の成立時、遺言書確認訴訟で分割が有効な場合元に戻す事無く、直接持ち分移転で相続登記料とみなし1000分の4になりますか?

 遺産分割を原因として移転をするのであれば、1000分の4,所有権更正登記であれば、1物件につき1000円、真正な登記名義の回復を原因とする持分移転であれば
1000分の20になります。

3)既に法定相続分に準じ相続税は払いましたが、新たな配分で税金が再調整されると思いますが贈与税みたいなものは発生しないのでしょうか?

 遺産未分割として申告したのですよね。であれば、贈与税は発生しません。もし、遺産分割が一旦成立したが、相続人全員の合意で遺産分割協議をやり直したので
あれば、譲渡所得や贈与税の問題が生じ得ます。
 遺産未分割として申告して、その後、遺産分割協議が成立した場合、申告額より多く取得した人は修正申告、申告額より少なく取得した人は更正の請求をしてください。

1)持分移転登記又は持分更正登記を請求する訴訟を起こさないと元に戻せないのですか?

共同相続人であるABCの共有名義で登記されているが、遺産分割が成立してAの単独所有となった場合、Aが登記権利者、B及びCが登記義務者として共同申請により、
遺産分割を原因としてBC持分移転登記手続をします。ですから、AがB、Cに登記手続の協力を求めたが拒否されたのであれば、AはBCを相手取って、登記手続を
求める民事訴訟を起こすしかありません。
 なお、Aに相続させる旨の遺言があったが、共同相続人ABC共...続きを読む

Q遺産相続 法定相続分で分割しなくてもいい?

母が亡くなり、父と私が法定相続人ということで、遺産を相続します。

遺産総額は相続税のかからない範囲の額です。

父は不動産(土地)を結構持っているので、二次相続に備え、

母が残した不動産や預貯金を私がすべて相続しようと思っています。

遺産分割協議書というものも作成しようと思っていますが、

このように二分の一ずつではない相続も認められますか?

また、このような相続をすることで、私にだけ相続税がかかってくるということはありませんか?


もちろん私がすべて相続することを父も了承しています。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

相続人全員の承認があれば、どのようにでも可能です

質問者が全遺産を相続でも、全遺産をどこかに寄付でも

遺産分割協議書に、そのように記載し相続人全員が署名捺印(登録印鑑で)し、印鑑証明を付けます
その遺産分割協議書と相続を証明する戸籍の謄本があれば、相続登記できます

相続人二人で相続税が課税されないならば、質問者が全てを相続しても相続税は課税されません

Q法定相続人でない人が遺産を相続する場合の税務関係

ご存じの方、ご教示をお願いいたします。

<事実関係>
親の逝去により、遺産の相続が発生することになりましたが、現在、
遺言書は発見されておらず、捜索中です。相続財産としては、金融
資産の他に、一体となった田舎の家・土地があります。金融資産・
不動産総額を合計すると、相応の相続税支払いの対象になると思われ
ます。法定相続人は、子供二人以外おりません。法定相続人間の話し
合いでは、両者とも在京生活なので、仮に、遺言書が発見されない
場合、家・土地については、その近くに居住する田舎の親戚に引き
取ってもらうのが、もっとも望ましい解決であると合意しております。

<質問>
1)法定相続人でない田舎の親戚に対して、法定相続人間の話し
合いによって、上記不動産を渡す場合、これを「遺贈」と考えて、
今回処理する相続税の範囲内として処理することは可能でしょうか。
(5000万+法定相続人x1000万を超えた分についての
相続税支払いで済ませたいとことです)それとも、法定相続人が
一旦すべての遺産を相続をして相続税を支払った後、新たに当該
親戚に「贈与」を行って、さらに贈与税を支払う対象になる、
もしくは、通常の売買行為によって成立させなければならない話
になるのでしょうか。

2)仮に遺言書が発見され、その中に、当該「田舎の親戚」が
「遺贈者」として記載があるとします(その可能性があります)。
弁護士や関連法制などのHPによれば、相続人間の協議によって、
遺産の分割については、遺言書の指定内容と異なる割合に決定して
もかまなわいとのことでした。この考え方に沿えば、本件の場合、
全相続人(法定相続人と遺言書記載の「遺贈者」)の協議によって、
遺産の分割比率を、遺言書と変更して相続を行うことで(被相続人
は、まるまる不動産を当該親戚に残すのではなく、不動産を子供
たちとの共有名義とする内容を書き残している可能性あります)、
本件不動産を当該親戚に全部引き取って貰うことが、あくまで
「相続」の範囲内の内容であって、1)のような「贈与」などに
は当たらない(1がそう見なされる場合ですが)と主張することは
可能でしょうか。

多少込み入りますが、ご存じの方、アドバイスをお願いいたします。

ご存じの方、ご教示をお願いいたします。

<事実関係>
親の逝去により、遺産の相続が発生することになりましたが、現在、
遺言書は発見されておらず、捜索中です。相続財産としては、金融
資産の他に、一体となった田舎の家・土地があります。金融資産・
不動産総額を合計すると、相応の相続税支払いの対象になると思われ
ます。法定相続人は、子供二人以外おりません。法定相続人間の話し
合いでは、両者とも在京生活なので、仮に、遺言書が発見されない
場合、家・土地については、その近くに居住す...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

遺贈とは遺言で自分の死後の財産をどう処分するか、はっきり書かれてない限りダメだと思います。
遺言が見つからない、あるいは見つかっても無効だったらダメですね。
私の父も「遺言書」を作ってましたが、最後の日付と印鑑が抜けてて使い物になりませんでした。

この場合、有効な遺言が見つかり、その中に親戚の方が遺贈の受領者としての記載があれば、法定相続人と共に遺産分割協議に入れると思います。
で、書かれていた割合よりも多く財産を受け取った場合どうなるのかは・・・司法書士さんや弁護士さんとよくご相談されたらいいと思います。
こういう場合、登記もややこしいので、遺産分割協議書も弁護士さんに作っていただき、登記も司法書士さんにお願いしないと難しいと思います。


さて、遺言がなかった場合、第3者に相続させるのは無理だと思います。
なので、一度相続人が相続してから、親戚の方に贈与する形になります。
この場合、もちろん贈与税がかかりますし、不動産取得税もかかります。
登録免許税も相続より高い税率になります。
ただ、売買するよりも贈与される方の支払額は少ないはずですから、納得して頂けるのなら、安く済むと思います。

遺贈の場合でも、登録免許税も不動産取得税も同じだけかかり、ただ相続税を払うことになるので、この部分がお安くなるようです。
相続税は法定相続人の場合の2割増かかるそうですが、きっと贈与税よりかなり安く済むと思います。

ちなみに売買の形をとって、安く譲ると、これも適正価格との差が贈与とみなされ、贈与税がかかるそうです。

司法書士さんや弁護士さんの無料相談とか利用されたら、詳しく教えてくださいますよ。

こんにちは。

遺贈とは遺言で自分の死後の財産をどう処分するか、はっきり書かれてない限りダメだと思います。
遺言が見つからない、あるいは見つかっても無効だったらダメですね。
私の父も「遺言書」を作ってましたが、最後の日付と印鑑が抜けてて使い物になりませんでした。

この場合、有効な遺言が見つかり、その中に親戚の方が遺贈の受領者としての記載があれば、法定相続人と共に遺産分割協議に入れると思います。
で、書かれていた割合よりも多く財産を受け取った場合どうなるのかは・・・司法書...続きを読む

Q相続の代償分割について質問させていただきます。父親が亡くなり遺産分割を

相続の代償分割について質問させていただきます。父親が亡くなり遺産分割をすることになったのですが、財産は自宅の土地と私と共有の自宅建物の3/10だけです。この財産を代償分割という形で、私が土地と建物の3/10を取得する代わりに、他の相続人に現金を渡したいと思うのですが、その場合、土地や建物の評価はどのように計算すればいいのでしょうか?教えてください。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

土地は相続の場合、路線価から算出します。
建物は固定資産税評価証明書から。

内々で代償するのであれば、
固定資産税評価証明もしくは名寄せ帳で
資産評価額を確認すればよいでしょう。

路線価からの評価の方が少し高く算出されます。

Q相続の法定相続分について。

両親や子がいなくて本人以外に兄弟や姉妹が一人しかいない場合

1. 遺言がない場合、全財産を兄弟姉妹が相続ですか?

2. 遺言で全財産を寄付などとあった場合、遺留分も不可能なため、全財産を寄付になりますか?

3. もし、兄弟姉妹も亡くなってた場合で遺言がない場合は国庫ですか?

4. 兄弟姉妹が亡くなってるが、兄弟姉妹の夫や妻の配偶者や子供がいた場合は?

4が一番分かりづらいのですが、配偶者は0でしたっけ?
遺言がない場合は子に全財産でしょうか?

これらの場合って「遺言」次第でガラリと変わるのでしょうか…


以上、ご教授願います。

Aベストアンサー

他回答者とダブってしまう部分もありますが一応。

>1. 遺言がない場合、全財産を兄弟姉妹が相続ですか?

法定相続人はその人だけになりますのでそのとおりです(民法第886条~第890条)。

>2. 遺言で全財産を寄付などとあった場合、遺留分も不可能なため、
> 全財産を寄付になりますか?

遺言に不備がない限りはそうなります(民法第1028条)。
ただ,寄付(遺贈)を放棄される可能性も否定できません(民法第986条)。

>3. もし、兄弟姉妹も亡くなってた場合で遺言がない場合は国庫ですか?

相続人があることが明らかでない状態となりますので,
被相続人の相続財産は相続財産法人となり,相続財産管理人が選任され,
公告の後,相続債権者等に弁済がなされます。
その後,相続人の捜索が行われ,それでも相続人が明らかにならないときに
特別縁故者から請求があると,家庭裁判所の判断で分与されることがあります。
それもないと国庫帰属になります。
(民法第951条~第959条)

>4. 兄弟姉妹が亡くなってるが、兄弟姉妹の夫や妻の配偶者や子供がいた場合は?

兄弟姉妹が被相続人よりも先に亡くなっている場合,それらの人は
相続人にはなりませんが,その人が特別縁故者に当たるのであれば,
分与請求するとそれが認められるかもしれません(民法第958条の3)。

>5. 遺言がなくて、被相続人以外に配偶者、兄弟姉妹一人、被相続人の父か母が一人
> の場合で、父か母が高齢で認知症などの場合で面倒を兄弟姉妹が見てる場合で
> 判断能力がない場合はどうなりますか?

配偶者と父または母が相続人になりますので,その両者の共有で相続するか,
それ以外の相続とするならば遺産分割協議をする必要がありますが,
認知症では,程度によっては遺産分割協議をする能力がないものと思われます。
そこで面倒を見ている兄弟姉妹が父母に代わってそれができるかというと,
それは無権代理となり,本人の有効な追認を受けることがなければ無効になります。
正規に手続きを行いたいのであれば認知症の人に関しては成年後見等の申立てをし,
手続きを進めていくべきだと思われます。
(民法第7条,第8条,第113条,第859条,第898条,第907条ほか)

他回答者とダブってしまう部分もありますが一応。

>1. 遺言がない場合、全財産を兄弟姉妹が相続ですか?

法定相続人はその人だけになりますのでそのとおりです(民法第886条~第890条)。

>2. 遺言で全財産を寄付などとあった場合、遺留分も不可能なため、
> 全財産を寄付になりますか?

遺言に不備がない限りはそうなります(民法第1028条)。
ただ,寄付(遺贈)を放棄される可能性も否定できません(民法第986条)。

>3. もし、兄弟姉妹も亡くなってた場合で遺言がない場合は国庫ですか?

相続人が...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報