標記の件、「工事の種別」の記載に関する質問です。

自営業を営んでいた親の死去に伴い、店舗一体型だった木造住宅の店舗部分
を居室に改装し、ついでに台所・居間・浴室等の改装&模様替えを行いました。
所謂、「4号物件」で建築確認は不要な範囲で、登記の変更も済ませています。

確定申告で住宅借入金等特別控除を受けようと考えており、増改築等工事証明
書を作成しようとしていますが、この場合、工事の種別としては「第1号工事」の
「大規模の模様替え」に相当するものと考えていますが、この理解で正しいでしょ
うか?
又、「工事の内容」欄には、上述の様な説明を記載すれば宜しいのでしょうか?

建築・税法には素人で、苦戦しております。ご教示の程、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

そもそも大規模模様替とはなんぞや、という話かと思いますが、


大規模模様替とは「建築物の主要構造部の一種以上について行なう過半の模様替」となっています。
主要構造部とは「壁・柱・床・梁・屋根または階段」を言います。

一般に言うところの模様替と建築基準法の模様替は若干違います。
同じ位置でも異なる材料や仕様を用いて作り替え、性能や品質を回復する工事を「模様替」といいます。
クロスを貼り替えた、ペンキを塗り替えたなどは建築基準法では「模様替」とは言いません。

> 店舗一体型だった木造住宅の店舗部分を居室に改装し、
> ついでに台所・居間・浴室等の改装&模様替え

詳しい工事内容はわかりませんが、大規模模様替えはないかと思います。
「建築物の主要構造部の一種以上について行なう過半の模様替」
に該当する工事はないと思います。面積が家の半分作り替えてるならわかりませんが。

多分、3号工事になるかと思います(規模によっては2号ということもあります)。

質問では全てが分からないので、
工事をした工務店や現場監督に確認をしながら書くことをお勧めいたします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速のご回答、誠に有難うございました。

3号工事ですと「いずれかの一室の・・・」と有りますので、該当しない
のかな?と考えていました。

具体的には、
・店舗部分を居室に改造
・一階居間部分を畳からフローリングへ変更
・居間と台所の間の引き戸や壁を撤去して対面式キッチンに改造
・浴室の位置を変えて改造
等々、といった工事ですが、お話によると、2号工事になりそうですね。

お忙しいところ、お手数をお掛けして申し訳ございませんでした。
助かりました。

お礼日時:2013/01/28 12:01

増改築等工事証明書は建築士などの資格がある者しか作成できません。


請け負った工務店などに紹介してもらいましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答、有難うございました。

確定申告の準備を始めて色々と調べている中で、増改築等工事証明書に
ついて工事を請け負って頂いた工務店さん(二級建築士です)に相談し
たところ、必要事項を記入して持参すれば、確認して署名/捺印して下
さるとのお話でしたので、自分で準備を始めた次第です。
本来は、工務店さん側で作成するものなのですね・・・。

何れにしましても、有難うございました。

お礼日時:2013/01/28 12:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q増改築等工事証明書の入手で分からない事が有ります。

以前、記載内容に関する質問をさせて頂いた者です。

工事を行なって頂いた知り合いの工務店さん(二級建築士です)に相談し、一応は署名/捺印
も頂いたのですが、個人経営の所謂「大工さん」であり「建築士事務所」に所属していない為、
「建築士が証明を行った場合の当該建築士の属する建築士事務所」の欄が空欄となっています。

色々と調べてみましたところ、証明を行う「建築士」とは「建築士事務所に所属している建築士」
でなければならない旨の記述も見受けられました。

相談した工務店さんもこの増改築等工事証明書については良くご存知でないらしいのですが、
この場合、この工事証明書は効力を有しないという事になりますでしょうか?
或いは、上述の「建築士が・・・建築士事務所」の欄は空欄でも効力を有するものなのでしょうか?

又、当該証明書が入手出来ない人の為に発行を行なってくれる建築士事務所をネット上で見付
けましたが、身近に依頼出来る様な建築士(事務所)が無い場合、そういった業者さんにお願い
するしか無いという理解で宜しいでしょうか?

度々の質問で誠に申し訳ございませんが、ご教示の程、お願い致します。

以前、記載内容に関する質問をさせて頂いた者です。

工事を行なって頂いた知り合いの工務店さん(二級建築士です)に相談し、一応は署名/捺印
も頂いたのですが、個人経営の所謂「大工さん」であり「建築士事務所」に所属していない為、
「建築士が証明を行った場合の当該建築士の属する建築士事務所」の欄が空欄となっています。

色々と調べてみましたところ、証明を行う「建築士」とは「建築士事務所に所属している建築士」
でなければならない旨の記述も見受けられました。

相談した工務店さんもこの増改築...続きを読む

Aベストアンサー

「又、当該証明書が入手出来ない人の為に発行を行なってくれる建築士事務所をネット上で見付
けましたが、身近に依頼出来る様な建築士(事務所)が無い場合、そういった業者さんにお願い
するしか無いという理解で宜しいでしょうか?」

そお言うことです。

建築基準法上、問題がないと判断できるような資料があり、その上で現況調査を行ない基準法に適合していると判断できれば、もちろん書いてもらえると思います。資料がないとやっかいかもしれません。
勿論そんなの関係無いって言う設計事務所もあるかもしれませんが、証明する以上、違反が有れば建築士に責任が及びますので。

Q増改築等工事証明書は、どこで入手可能ですか?

リフォームをしましたが、住宅財形からの引き出しに伴って、増改築等工事証明書を要求されています。この証明書はどちらで、入手可能でしょうか?

Aベストアンサー

『頭に増改築等工事証明書とあり、末尾に日本工業規格 A4』

この書類の販売している所は、全国にあります
社団法人・建築士会で一部30円で販売しています。

用紙は、型番NF801
日本建築士事務所協会連合会 書式
用紙名は 増改築工事証明書 です。

建築士会は各都道府県にありますので
NTT番号案内で お聞きになられましたら
すぐに判ると思います。
宜しく。

Q増改築工事証明書はリフォームで発行されるのでしょうか。

住宅財形を長年かけてきました。
家もそろそろ古くなり、バリアフリーとキッチン回りのリフォームを計画しています。

住宅財形をかけている会社に連絡したところ、増改築工事証明書が出ないと対象にならない。対象にならずに使う場合は解約になると指摘されました。
バリアフリーとキッチン回りは増築でも改築でもないと私は思うのですが、増改築工事証明書は発行されるのでしょうか。
業者の大成建設は、住宅財形会社に聞いてくれと言っています。

Aベストアンサー

基本 水回りの分(キッチン)も改築に含まれます。

今、お勧めするのは役場、建設課に補助金・エコポイントなどパンフレットがあります。 
地元の工務店や建設会社を使うと補助金が出る物あります。
リフォームは助成金対象が多いのでそれを見ながら 業者さんと適応出来るように改築するとお得です。  
キッチンでも仕様付け加えると対象なる物あるしバリアフリー工事は対象です。
申請書式や図面が似てると思うので一回ですませると良いです。

数社、気にしないで見積もりを取りながらご検討すると良いです。

Q中古住宅(マンション)を購入と同時にリフォームした場合の住宅減税について

教えて欲しいのですが、このページ
http://sumai.nikkei.co.jp/know/soudan/case_tax20010313i7000pd.html
では、
NIKKEI NET「住宅サーチ」の住宅購入の税金講座の「第4回 住宅ローン減税(3)リフォームしてもローン控除」の中で、「<中古住宅の購入と同時に増改築・リフォームした場合> 中古住宅を購入して、住み始める前に増改築・リフォームをした場合は、その費用を住宅価格に上乗せしたうえで、住宅購入のローン控除の条件、減税額などが適用される。」
とあり、
このページ
http://allabout.co.jp/house/mansionlife/closeup/CU20050126A/index2.htm
では、
)中古住宅の購入と同時にリフォーム工事を行なった場合
よくあるケースです。この場合、中古住宅を取得するのに要したローンおよびリフォームローンの両方が控除の対象になると考えがちですが、減税が適用されるのは中古住宅取得のための借入金だけです。リフォームローンは対象外となります。

と正反対のことが書かれています。中古マンションを購入と同時に大規模なリフォームしたのですが、どちらが正しいのかご教示ください。

教えて欲しいのですが、このページ
http://sumai.nikkei.co.jp/know/soudan/case_tax20010313i7000pd.html
では、
NIKKEI NET「住宅サーチ」の住宅購入の税金講座の「第4回 住宅ローン減税(3)リフォームしてもローン控除」の中で、「<中古住宅の購入と同時に増改築・リフォームした場合> 中古住宅を購入して、住み始める前に増改築・リフォームをした場合は、その費用を住宅価格に上乗せしたうえで、住宅購入のローン控除の条件、減税額などが適用される。」
とあり、
このページ
http://allabout.c...続きを読む

Aベストアンサー

住宅ローン減税では、ローンが控除の対象となるかどうかが重要です。
そのローンが対象となるかどうかはローン契約個別に判断されます。

ご質問の前者の例では、ローンの内容が明記されていませんが、おそらく、住宅取得ローンを原資にして中古住宅購入とリフォームを併せて行った例を想定しているものと思われます。
住宅取得ローンは住宅取得の為の資金であることが前提ですが、居住前であれば中古購入費もリフォーム費もどちらも取得のための費用であることに変わりありませんので、住宅ローンの年末残高と合計取得費用のうち少ない方の額が毎年の控除対象額となります。

一方、後者では住宅取得のローンとリフォームローンの二つの契約があって、それぞれを購入とリフォームに充てた例ということになります。
住宅取得のローンとリフォームローンでは控除該当となる要件に矛盾がありますので、個別に判断すると、回答の例となります。
この場合、リフォームローンの方の契約内容が購入ローンの該当要件も満たしていれば前者の例によりどちらも該当とできることもあり得ます。
また、リフォームローンを控除該当要件どおりに居住後契約としておけば、合算して両方の控除が受けられます。

住宅ローン減税では、ローンが控除の対象となるかどうかが重要です。
そのローンが対象となるかどうかはローン契約個別に判断されます。

ご質問の前者の例では、ローンの内容が明記されていませんが、おそらく、住宅取得ローンを原資にして中古住宅購入とリフォームを併せて行った例を想定しているものと思われます。
住宅取得ローンは住宅取得の為の資金であることが前提ですが、居住前であれば中古購入費もリフォーム費もどちらも取得のための費用であることに変わりありませんので、住宅ローンの年末残高...続きを読む

Q建築確認申請書・確認済証はどこからもらうもの?

今住宅ローンの借り換えを考えております。

審査の必要書類をそろえていたところ「建築確認申請書・確認済証」の2点がどうしても見当たりません。

今の家は5年前に分譲住宅を新築で購入しました。

この2点の書類について聞くとしたらどこに聞けばよいのでしょうか?
それと再交付などはしてもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

重複する点もありますが。

基本的に、施工者あるいは設計者が審査機関から受取、引渡時に建築主に渡されるます。

ただ、ローンの借り換えとなると、当社のローンがあるわけですよね。
その当初ローンの審査の際に、建築主から、あるいは施工者(設計者)から銀行に一度行っているはずです。
まれですが、返却されていないこともあるのではないでしょうか。私は建築会社 営業やってますが、過去にそういう例が一度だけありました。

ですので、竣工書類、あるいは当初のローンの書類と一緒になっていないか。銀行に貸したままになっていないか。あるいは、なんらかの理由で施工者(設計者)の手元にないか確認してみてください。

あと、確認申請、済証の番号は、引渡書類に記載がある場合があるので、確認してみてください。(施工会社によって異なりますが)

Q大規模な修繕や模様替えって?

親戚が家をリフォームしようとしています。
屋根をふき替え、外壁を金属板からサイディングに貼替える計画です。
これって大規模な修繕や模様替えに該当にて確認申請が必要ですか?
材料を変えなければOKですか?

Aベストアンサー

先の方が的確に書いておりますのでオーム返しになりますが「四号建築物(特殊建築物100m2以下、木造2階建て以下で500m2以下もしくは高さ13m以下、木造以外の構造で平屋200m2以下等)の場合」
・・・イメージとしては一般的な2階建て木造住宅以外、でしたら確認申請は不要です。(イメージなんて書くとかえって誤解を生みますか。)

屋根も外壁も主要構造部です。
主要構造部の過半の修繕、模様替えで確認申請が必要になりますからやはり規模の確認が全てでしょうね。

仮に申請要となった場合。
最近(6/20)の大法改正の絡みもありますので詳細は省きます、所轄の審査機関で提出書類等御確認を。
ちなみに完了検査はありませんが(やってる所もあるかもしれませんが)かと言って法規に準じませんと毎日麦飯を食べる事になる「かも」しれません。(査察が稀ですがあります)
ご注意下さい。

http://72.14.253.104/search?q=cache:UxCEuzLhuq8J:http://www.city.furano.hokkaido.jp/contents/View.asp%3FBOXNO%3D10810+%C2%E7%B5%AC%CC%CF%A4%CE%CC%CF%CD%CD%C2%D8%A4%A8&lr=lang_ja&hl=ja&ie=EUC-JP&output=html&client=nttx

先の方が的確に書いておりますのでオーム返しになりますが「四号建築物(特殊建築物100m2以下、木造2階建て以下で500m2以下もしくは高さ13m以下、木造以外の構造で平屋200m2以下等)の場合」
・・・イメージとしては一般的な2階建て木造住宅以外、でしたら確認申請は不要です。(イメージなんて書くとかえって誤解を生みますか。)

屋根も外壁も主要構造部です。
主要構造部の過半の修繕、模様替えで確認申請が必要になりますからやはり規模の確認が全てでしょうね。

仮に申請要となった場合。
最近(6...続きを読む

Q22条地域で外壁に杉板を使いたい

この度、22条地域に自宅(延床30坪程度)を建築することになりました。延焼の恐れのある部分に建物がかかる敷地条件のため、普通の杉板は使用できないと思います。

その際に、不燃加工してある杉板を使用すると思うのですが、
難燃、準不燃、不燃と種類もあり、
どのランク以上のものを使用せねばならないのか?、
また下地を防火構造としなければならないのか(逆に下地を防火構造とすれば普通の杉板が使える?)、
とかよくわかりません。

過去の質問&回答も読みましたが今ひとつ理解できません。
現在検討中の工務店にも質問しましたが、本来施工地域が防火規制とはあまり縁の無い地域の工務店なので、あまり詳しくないようです。

そこで皆様のお知恵を拝借できればと思い質問させていただきました。
何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

内装制限の場合は、不燃、準不燃という基準なのですが、外壁の場合は、防火構造になっているかどうか、となります。
木造の防火構造は告示でいろいろ決められた方法か、
メーカーが実験により認定を取っている方法(防火サイディング+内部PBt12仕上げなど)があります。
また、防火構造(たとえばサイディングの平板や、PBに鉄板など)の上に可燃の木材を表面材として貼っても性能を損なわないと判断されます。(#1のご回答にありますが)
下地を防火構造にしない場合は、防火構造の認定をとったメーカーなどの木材を認定の仕様で使うことになります。
防火構造の認定は表面のみでなく、壁の内部までの構造でPC030BE-○○○などの認定番号がそうです。

http://www.channel-o.co.jp/home.html

http://www.koshii.co.jp/a-02.html

参考URL:http://www.channel-o.co.jp/home.html

Q増改築等工事証明書とは

増改築等工事証明書とは、どのような使途に利用されるのですか?
箇条書きでも結構ですので、教えてください。

Aベストアンサー

固定資産税の減税
但し、耐震補強工事等の市町村が規定する条件が入った工事が対象

所得税の減税
但し、省エネ等の条件とする規定が入った工事が対象

家屋の相続税減税
但し、建物が耐震規定であると証明されたものが対象

工事証明には、建築士事務所に所属する建築士、自治体の建築担当課、民間検査機関の検査員、としたいづれかの署名が必要となります。

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Qガレージ・自動車車庫の内装制限

お願いします。
ガレージや自動車車庫は規模に関係なく内装制限を受けると思うのですが、よくガレージ用シャッターなどのカタログを見ると、木造で天井は梁や野地板が現しになっているのを見ます。

天井現しは可能なのでしょうか??
それともガレージは自動車車庫扱いされないような事ができるのでしょうか??

Aベストアンサー

No.3さんの回答が少し・・・と思うことがあったので書き込ませていただきます。

>内装の制限を受けないのは、無指定(市街化調整区域)ぐらいなので、注意です。

日本全国で内装の制限を受けます。

>車庫扱いされない車庫とは、
倉庫、物置をいつの間にか転用するとか。

それを行っている方が多いのは否定しませんが、違法です。
用途変更の申請を行い、当然、法適合状態とすることが求められます。

>イナバやヨドの車庫を作っちゃえば?内装制限なんて関係しなくなっちゃいますよ。

当然、建物ですので、確認申請や内装制限が求められます。

建築基準法はザル法と言われていますが、法施工以前の既存建築物の存在と罰則が甘いためだと思います。建築基準法は建物を建てる上で最低限の基準を定めたものですので、ザルとか言わずに法令順守しましょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報