今度将来の夢について英作文で書きます。
しかし英語がとても苦手で困っています...。
是非力を貸してください。中3で習うような表現(文のつくり)だと嬉しいです!。

矢印の後の文を英訳してもらえますか?。






何になりたいかを述べる → 私はウエディングプランナーになりたい。



職業に関する紹介 → お客様の理想の結婚式の演出をサポートする。
               ふれあいの心を大切にする仕事。



さらに一言加える → 一生に一度しかない結婚式のお手伝いをする。



まとめを述べる → お客様に喜びと感動を与えられるウエディングプランナーになりたい。







是非お願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

とりあえず、



I want to be a ~ (~になりたい)

I want to do ~ (~をしたい)

など使ってみては。

ウエディングプランナーは、a wedding planner で良いみたいです。

もし教科書か何かあるんだったら、例文を使って単語を入れ替えて応用するといいですよ。
辞書も和英と英和と引いてみて、例文を拝借してアレンジするんです。

で、難しいなと思ったら、単純な日本語に言い換えるとか。

ふれあい
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/je2/67315/m0u/
ってなんか違う気がするな。
どういえばしっくりくるんでしょうね。

warm-hearted [warm] hospitality
心温まるもてなし
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/je2/26168/m0u/% …
とかどうなんでしょう。

ちなみに上記の〔〕の意味は、
warm-hearted hositality
warm hospitality
どちらでもOKという意味です。

がんばってください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q科学に対する基本的な取り組み方について述べた論説文です。

ある大学入試の第一段落、第一文からの質問です。
科学に対する基本的な取り組み方について述べた論説文を題材にしています。

一段落 一文In a sense , it is not surprising that our social knowledge is still at an early stage of scientific development. 2文Less than a century has passed since the first attempt to work out a strict sciecnce of society. (1)(How far this goal can actually be fulfilled remaines to be seen)But there is no doubt that many kinds of progress can and will be made.

※()は和訳です。解答は、
厳密な社会科学に最初に取り組もうとするこの目標が、実際に、どの程度まで達成できるかは、まだ未解決の問題である(まだわからない)、となると思います。

模範解答は
厳密な意味での社会科学を作り上げるという目標がどの程度まで達成できるかはまだわからない。

厳密な意味での社会科学!?とは、どういう意味でしょうか?社会科学、自然科学が理科系の学問であることはわかります。

work outは「~を練って作る」とありますが、「作り上げる」ぐらいの意味でいいだろう、と解説にありますが、「取り組む」ではダメでしょうか?

この一段落のトピック(主張)はなんでしょうか?
考えとしましては、主張はbut前後で「目標(科学を作り上げるという
目標)の達成はわからないが、進歩は着実にしている」だと思います。いかがでしょうか?

1行目の「ある意味とは」、どういう意味ですか?「違った視点から見ると」、となると思いますが、なんとなく{漠然とした感じに}思えてしまいます。どう解釈したらいいですか?

この第一行目は3回ほど読んでようやく意味していることがわかる感じです。

訳すと「我々の社会的知識が、まだ科学の発達の初期の段階であることは、ある意味では驚くにはあたらないだろう」となると思いますが、読んでいく時に「社会的知識」で意味は{合っているはず}なのに、「よくわからない」となってしまいます。
日本文にしたけど、意味がはっきりわからないというのは、何が不足しているのでしょうか?

もしこの部分だけではわからないという場合は、第一段落の後も書きます。

よろしくお願いいたします。

ある大学入試の第一段落、第一文からの質問です。
科学に対する基本的な取り組み方について述べた論説文を題材にしています。

一段落 一文In a sense , it is not surprising that our social knowledge is still at an early stage of scientific development. 2文Less than a century has passed since the first attempt to work out a strict sciecnce of society. (1)(How far this goal can actually be fulfilled remaines to be seen)But there is no doubt that many kinds of progress can and will...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

試験問題としての解答には相応しくないかもしれませんし、試験に出たとして、私の考えるようなことはないと思いますが、一応、回答として書かせていただきます。

>厳密な意味での社会科学!?とは、どういう意味でしょうか?

あえていうなら、「厳密な社会科学」という「社会科学」は、例えば、マルクスなどが浮かびますが、すでに数世紀過ぎています。それに比べて、「科学」は、例えば、原子力にしても、コンピュータにしても、未だ、1世紀は経っていません。科学は、現代科学と古典的な科学があって、"strict science" の科学は、現代科学(modern science)ではないかと考えました。

・社会における厳密な科学の最初の試みをなんとかやり遂げ(work out)て以来、未だ、1世紀が経ってはいない。

science of society は、社会(における)科学で、「社会科学」とは私は読めないです。一般科学と、社会科学では、意味が違います。「社会科学」は、"social science" と言うと思います。

>模範解答は
>厳密な意味での社会科学を作り上げるという目標がどの程度まで達成できるかはまだわからない。

社会科学は、「作り上げるもの」ものでもなく、work out は、あれこれと最後までやり遂げる、とかいう意味だと思います。

「ある意味では」としても、社会科学というのは、国家、政治を科学的に分析し、法則性を見出すことだと思いますが、「社会科学」が、そのような主旨の元にあるものとは思えません。何かの間違いではないでしょうか。この範囲では、判定できません。

>この一段落のトピック(主張)はなんでしょうか?

(実際は目標に達成する先がどのぐらいになるか、まだ分からないが)
科学の最初の試みは、まだ初期段階ではあるが、「科学」は、あらゆる進歩が可能であり、進歩するだろう。

という「予定調和」で結ぶのが良いだろうと思います。混乱させてしまったら、すみません。

こんにちは。

試験問題としての解答には相応しくないかもしれませんし、試験に出たとして、私の考えるようなことはないと思いますが、一応、回答として書かせていただきます。

>厳密な意味での社会科学!?とは、どういう意味でしょうか?

あえていうなら、「厳密な社会科学」という「社会科学」は、例えば、マルクスなどが浮かびますが、すでに数世紀過ぎています。それに比べて、「科学」は、例えば、原子力にしても、コンピュータにしても、未だ、1世紀は経っていません。科学は、現代科学と古典的な...続きを読む

Q選択疑問文のつくり方

   What do you want to drink?

を選択疑問文にするには,どうすればよいのでしょうか?

まず考えられるのは,

   Which do you want to drink, tea or coffee?

でしょうが,「I like coffee better.」という文にあるように,正確には,

   Which do you want more to drink, tea or coffee?

と,betterを加えるべきではないかという気がしてます。しかし,違和感があります。

正解を教えてください。<(_ _)>

Aベストアンサー

Which do you want to drink, tea or coffee?
(I want) tea.

ぶっきらぼうですがこのようにするしかないでしょう。want よりも would like の方が普通ですが。

want は「どっちが欲しいか」と選択を迫るのに対し、like better は正確には「どっちの方がより好きか」と比較しています。want は「欲しい程度」を比較することはできず、more や better とは馴染みません。want more という表現はありますがこれは程度の比較ではなく「これでは足りないからもっと欲しい」ということです。I want more than you give me.「くれる分だけでは足りないからもっとくれ」のように。

Which do you like better, tea or coffee?
I like tea better.

これは正確には「どちらも好きであるが、比較すればお茶の方が好きの程度が高い」ということであり、コーヒーが嫌いという訳ではないのです。ただ実際には「どちらが好きでどちらが嫌いか」と選択を迫っているような場合もあるでしょう。すこし語気を和らげているような感じです。

Which do you want to drink, tea or coffee?
(I want) tea.

ぶっきらぼうですがこのようにするしかないでしょう。want よりも would like の方が普通ですが。

want は「どっちが欲しいか」と選択を迫るのに対し、like better は正確には「どっちの方がより好きか」と比較しています。want は「欲しい程度」を比較することはできず、more や better とは馴染みません。want more という表現はありますがこれは程度の比較ではなく「これでは足りないからもっと欲しい」ということです。I want more than you...続きを読む

Q単文→複文 節→句 の書き換えについて

ある問題集を解いていて分からいところが2点あったので、教えていただけたらと思います。

1つめは、単文から複文の書き換えで、
Her death at so early an ege is greatly regretted.
を複文に書き換えよ、というものなのですが、答えでは
It is very regrettable that she should have died at so early an age.
となっていました。ここで疑問に思うことは、
that節をshe died at so early an age としてはいけないのでしょうか。もしいけないのであれば、その理由もおしえていただけたらうれしいです。

そして2つめなのですが、
節から句の書き換えで
(Though I repeatedly declined the reward),he strongly insisted that I should accept it.

の()を句に書き換えよというものなのですが、答えでは、
In spite of my repeated refusal to take the reward,
となっていました。ここで疑問なのですが、なぜrepeatedなのかがよく分かりません。別解として、in spite of my declining the reward
repeatedly となっています。ここでは名詞の役割をしている
decliningをrepeatedlyで修飾しているように思えるのですが、いったいこの違いはどうしてなのでしょうか。

1度に2つも書いてすいません。どちらか1つでもいいので、おしえていただきたいです。よろしくお願いします。

ある問題集を解いていて分からいところが2点あったので、教えていただけたらと思います。

1つめは、単文から複文の書き換えで、
Her death at so early an ege is greatly regretted.
を複文に書き換えよ、というものなのですが、答えでは
It is very regrettable that she should have died at so early an age.
となっていました。ここで疑問に思うことは、
that節をshe died at so early an age としてはいけないのでしょうか。もしいけないのであれば、その理由もおしえていただけたらうれしいです...続きを読む

Aベストアンサー

1.1つめは、単文から複文の書き換えで、
Her death at so early an ege is greatly regretted.
を複文に書き換えよ、というものなのですが、答えでは
It is very regrettable that she should have died at so early an age.となっていました。ここで疑問に思うことは、that節をshe died at so early an age としてはいけないのでしょうか。もしいけないのであれば、その理由もおしえていただけたらうれしいです。

特に間違えではないと思います。単にどんな意味を表現するかと言うことであり、「そんなにも早く死ななければならなかったのは」とするか「そんなにも早く死んだのは」とするかの違いですから、どちらでもいいのではないでしょうか。ただ、元の文、つまり、Her death at so early an egeは、「そんなにも早く」と言う意味を強調しているので、その強調の意味合いがより出ている文として解答の文が示されているのでしょう。

2.そして2つめなのですが、節から句の書き換えで
>(Though I repeatedly declined the reward),he strongly insisted that I should accept it.の()を句に書き換えよというものなのですが、答えでは、In spite of my repeated refusal to take the reward,
となっていました。ここで疑問なのですが、なぜrepeatedなのかがよく分かりません。別解として、in spite of my declining the reward
repeatedly となっています。ここでは名詞の役割をしている
decliningをrepeatedlyで修飾しているように思えるのですが、いったいこの違いはどうしてなのでしょうか。

つまり、In spite of my repeatedly refusal でもいいのではないかということですね。これは、言えないのです。 違いは、refusal が、完全な名詞であるのに対し、decliningが動詞的な動名詞であるということです。
動名詞には二種類あると言われていて、動詞的なものと名詞的なものがあります。I make a box.からmy making a box のように、直接目的語を取る形の動名詞は動詞的な動名詞です。よって、普通の名詞のように、the making a boxと定冠詞をつけることが出来ません。また、動詞の性格が強いので、形容詞でなく、副詞で形容することになります。my making a box perfunctorily:「おざなりに僕が箱を作ること」
名詞的な動名詞は、my making of a boxのように、直接目的語を取らない形です。定冠詞での修飾が出来、the making of a boxとできますし、副詞ではなく、形容詞を使って形容します。 my perfunctory making of a box

なお、動詞的な動名詞は、単に、元の文を動名詞で言い換えたにすぎませんが、名詞的な動名詞は、名詞として色々な意味が派生することが多いようです。

1.1つめは、単文から複文の書き換えで、
Her death at so early an ege is greatly regretted.
を複文に書き換えよ、というものなのですが、答えでは
It is very regrettable that she should have died at so early an age.となっていました。ここで疑問に思うことは、that節をshe died at so early an age としてはいけないのでしょうか。もしいけないのであれば、その理由もおしえていただけたらうれしいです。

特に間違えではないと思います。単にどんな意味を表現するかと言うことであり、「そんな...続きを読む

Q助動詞の入った文を未来文・否定文に

こんばんは。
次の1,2の文を未来形に、3,4の文を否定文に書き換える問題なんですが、1,2は助動詞の前にwillを。3,4は助動詞の後にnotを入れたのでいいのでしょうか?
1、She can sing well. →
2、You must do it yourself. →
3、The story must be true. →
4、We must change trains here. →

分かる方いらっしゃいましたら御願いします。

Aベストアンサー

こんにちは!

(1)She can sing well. 未来形にするのに、×She will can sing well.はできません。助動詞は2つ並べられないのです。これは、can を別の言い方 be able to にすることによって解決します。

 (答え)She will be able to sing well.

(2)You must do it yourself. 同じく、×You will must do it yourself. ですね? これは、must → have to の書き換えによって解決します。

 (答え)You will have to do it yourself.

(3)The story must be true. は「その話しは本当にちがいない」という意味です。ところが must not にすると、「してはいけない」の禁止になってしまい、否定になりません。「ちがいない」⇔「はずがない」ですから、must ⇔ cannot なんです。

 (答え)The story cannot be true.

(4)We must change trains. これは、「われわれは電車を乗り換えねばならない」です。この場合も、must not にすると、「してはいけない」の禁止になってしまい、否定になりません。「しなければならない」⇔「しなくてもいい」ですから、must ⇔ don't (doesn't) have to なんです。

 (答え)We don't have tomust change trains.

以上、御参考になれば幸いです。

こんにちは!

(1)She can sing well. 未来形にするのに、×She will can sing well.はできません。助動詞は2つ並べられないのです。これは、can を別の言い方 be able to にすることによって解決します。

 (答え)She will be able to sing well.

(2)You must do it yourself. 同じく、×You will must do it yourself. ですね? これは、must → have to の書き換えによって解決します。

 (答え)You will have to do it yourself.

(3)The story must be true. は「その話しは本当...続きを読む

QGREの問題文より、この文はペドに関する文ですか?

The old man couldn't have been accused of lavishing his affection on the child; however, certain aspects of his conduct toward her betrayed his actual feeling of fondness.

この文はGREのプレップコースの問題からです。したがってコンテキストはありません。
私は最初この文は孫を持つどの親が孫に対していだくやさしい眼差しの愛情、と捉えたのですが、回答者さんに教えていただいたところ、ペドが子児に抱く変態愛に関する文と読めるそうです。以下の解釈に分かれると思いますが、いったいどちらにとれますか?私はペドフィリアに関する文には読めませんでした。

(1) be accused of を「告発される」ととるのか、「非難される」ととるのか、どちらにも取れるのか。
(2)この文で fondness をペドフィリアックな異常愛ととるのか、どの老人も孫に対していだくやさしく見守るような愛ととるのか、どちらとも取れるのか。

The old man couldn't have been accused of lavishing his affection on the child; however, certain aspects of his conduct toward her betrayed his actual feeling of fondness.

この文はGREのプレップコースの問題からです。したがってコンテキストはありません。
私は最初この文は孫を持つどの親が孫に対していだくやさしい眼差しの愛情、と捉えたのですが、回答者さんに教えていただいたところ、ペドが子児に抱く変態愛に関する文と読めるそうです。以下の解釈に分かれると思いますが、いったいどち...続きを読む

Aベストアンサー

lavishing his affection on the child「惜しみなく愛情を子供に与えること」だけでは「告発・非難される」は通常ないと考えると,
「ただ愛情をそそいだだけなら告発・非難されることはなかったであろう」という日本語は納得いくものです。

しかし,The old man couldn't have been accused of lavishing his affection on the child という英語には,
「ただ~だけなら」という意味は含まれていません。

文字通り,「惜しみなく愛情を子供に与えたことで,告発・非難されなかっただろう」という意味しかありません。

ここでは,「この老人は,あまり子供に愛情を示さないような人なので,愛情を注ぐことで告発・非難されることはなかった」ということだと思います。

もちろん,子供に愛情を注ぐことはほめられることはあっても,告発・非難されることはありません。
ここの accuse はいってみれば praise にしてもいいのです。

「子供に愛情をそそぐような人でなかった,あるいはそのように見えた」というのを
「愛情をそそぐことで告発されることはなかった」と言っているわけです。

couldn't have been の部分は「告発しようと思っても」という意味を補って仮定法過去完了として「告発されることはなかったであろう」と解釈してもいいですし,
couldn't have 過去分詞=can't have 過去分詞「~したはずがない」として,
「愛情をそそいだことで告発されたはずがない」と解釈してもいいでしょう。

基本的に,この老人は子供に愛情をそそぐようなタイプでなく,愛情をそそいだことで告発されることはなかったであろう。

このように解釈すると,however 以下で
「しかし,彼のその子に対する行為のある側面は,本当は愛情を持っていることをさらけ出していた」とつながります。

「一見,この老人は子供に愛情をそそぐような姿勢は見せず,冷淡な感じなので,この子に愛情をそそぐとして告発されるようなことはなかったはずだ。しかし,そのような彼の行為の中にも,本当はその子に愛情を抱いていることがかいま見えた」

lavishing his affection on the child「惜しみなく愛情を子供に与えること」だけでは「告発・非難される」は通常ないと考えると,
「ただ愛情をそそいだだけなら告発・非難されることはなかったであろう」という日本語は納得いくものです。

しかし,The old man couldn't have been accused of lavishing his affection on the child という英語には,
「ただ~だけなら」という意味は含まれていません。

文字通り,「惜しみなく愛情を子供に与えたことで,告発・非難されなかっただろう」という意味しか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報