親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

ピアノを教えています。
先日、レッスンに来て2年になる6才の子供の親御さんに、レッスンを続けるのは無理がありますので、出来ればお休みしていただきたい、と、半ば強制的に辞めてもらいました。
というのも、その子供は、レッスンで思い通りにならないとすぐに泣き、楽譜を投げたり、教室の机を蹴ったりしたので、今まで3回ほど親御さんに相談したりしていました。その度に、家ではケロッとしていますので、また宜しくお願いします、という感じで、この件に関しては何の改善も見られなかったので、こちらの我慢が限界に達したため、レッスンを続けるのは無理があると最後通告しました。
すると、その母親は、メールで、次回レッスンに子供を連れて話をさせてくれと言ってきましたが、そんな事をしても、今まで変わらなかったものは変わらない、何をしてもいつも許してくれる先生だと思っている所があるうちは無理だと断りました。
するとそれから返事がなく、次のレッスン日に親が一人で来て、今日で辞めさせてもらいます、子供ももういいと言ってます、それではありがとうございました、と言って少しムッとしながら帰って行きました。
辞めてくれたことは本当に嬉しかったのですが、その子供の最後のレッスンの時、終わりの時間がきた時、また自分のしたいこと(レッスンとは関係ないこと)を通そうとして、また来週時間のある時にしよう、と言ったにもかかわらず、嫌だと大泣きして、私も頭に来てしまって、泣いている子供をムリヤリ帰らせてしまったことなどを思い出せば、頑固で、好き嫌いも激しい子供だったので、先生に嫌われた、ピアノも嫌い、もう二度とピアノは弾かない、などと思っているかもしれないな、ピアノを嫌いにさせる最悪の教師だな、とかなり自己嫌悪におちいります。
もう、辞めてしまった生徒のことはスッキリ忘れてしまえばいいのですが、とても後味が悪いです。
そこで質問ですが…よく似た状況で、ピアノを辞めたことがある方、または辞めさせた親御さん、その後はピアノ嫌いになりましたか?
くだらない質問ですが、どんなご意見でも結構ですのでお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

7歳の息子をピアノ教室に通わせています。


3歳のときから同じ男性の先生です。子供が小さいころは一緒にレッスン室に入って見ていましたが、落ち着きのない息子を見ているこちらがイライラしてしまい、レッスンの後で何度も子供を注意してました。そんな余裕のない母親に対し、辛抱強く、大らかな心で、熱心に息子を指導してくださる先生には本当に感謝しています。

先生がおっしゃるには子供はみなお母さんに褒めてもらいたい一心だということ。ピアノが好きか、自分で進んで練習をするかというのは6歳、7歳の子供では到底自覚する段階ではないそうです。先生自身、練習を本気で頑張り始めたのは小学4年生ごろからだと仰っていました。

息子は今でこそ集中してピアノに迎えるようになりましたが、習い始めのころはホワイトボードに落書きしたり、ボールを投げて遊んだり、ピアノとはまったく関係ないことをしていたので、高いレッスン代を払っている親としては気がきじゃありませんでしたが(^^;)いまとなっては幼児にピアノを教えるにはまず楽しい気持ちを引き出したり、絵が上手に描けたり、ボールが上手に投げれたりすることを褒めてあげてやる気をUPさせたり、下ごしらえが大切なんだと理解できます。

先生、今回はGIVE UPしてしまったのかも知れませんがこれから先に同じことがまたあるかもしれません。子供は怪獣です。人間だと思うと腹が立ちますが、怪獣がピアノ教室に習いに来てると思えば多少のことは我慢できると思います。怪獣なんですから物を投げたり、じっとイスに座ってられないのが当たり前で、まず、レッスンに来て挨拶できたことだけでも褒めてあげてください。その時は思い切りオーバーに!

すると今度はお母さんだけじゃなく先生に褒められるために頑張ると思います。息子の通う教室の先生はおっしゃいます。
生意気な怪獣だった子供が成長する姿を見るのがとても嬉しいって。個人的にはまたそのお子さんが相談者様の教室に戻って来られるよう願っています。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

何度も何度も、自分なりに反省し、生徒を楽しませようと頑張ってきました。
でも、この生徒だけは本当に無理でした。仕事に自分の好き嫌いは持ち込んではダメだとわかっているのですが、
どう頑張っても好きになれない生徒でした。本当に何度も何度も好きになろうと努力しましたが
駄目なものは駄目でした。
同じような行動をする生徒も何人かいます。でも何故か、他の生徒なら笑って許せても、その子供だけは駄目だったんです。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/03/05 07:00

こんにちは。

何度も投稿させて頂こうと思い文章を書きながら、二、三度、消去してしまいました。今回は消去せずに投稿できそうです。

私自身の様々な経験から推測するに、現在のあなた様と子どもさんの立っている場は、同じ地平線だろうと思います。人間対人間という同じ高さに立っているのです。ほとんどの教える人間(99%)は「教えを受ける人間」に対して同じ地平線で向き合っているのを気がついていないと思います。同じ地平線だから相手が反応すればすぐさまその刺激を受け反応してしまう。しかし普通は「教えを受ける者」は同じ地平線に立っているのではない、「教えを授ける者」はひとつ上の地平線に立っており、「教えを受ける者」ひとつ下の地平線に立っているという気持ちが無意識のうちにずっとあります。だから後者は前者の指導に従わなければならないと考えるのが普通の考え方でしょうね。

>「その母親は、メールで、次回レッスンに子供を連れて話をさせてくれと言ってきましたが、そんな事をしても、今まで変わらなかったものは変わらない、何をしてもいつも許してくれる先生だと思っている所があるうちは無理だと断りました。」
** これも三者が同じ地平線上で反応している状況ですね。「何をしてもいつも許してくれる先生だと思っている所があるうちは・・・」というところですが、相手をあやすようにしていても同じ地平線ではあやしたことにならないのではないかと思います。その「あやし」も単なる同じ地平線での刺激対反応にすぎません。顔では笑って心では怒りで一杯。

** ここが人間の世界にどっぷりつかってしまうと誰も逃れられない心境なんです。この心境に気づくのにかなりの年月が必要です。私もやっとこの心境に気づくようになりましたが、ちょっとしたことで、また元に戻ってしまうのです。
** 同じ地平線から高いところに浮かんで対人間の関係を築くこともありますし、知らない内に同じ地平線にたって、怒り、憎しみをむき出しにしている自分をはっと発見することもあります。この後者の方が多いかもしれません。しかし常に軌道修正しようと努力する連続です。油断するとずーっと後者のままなんです。

>「ピアノを嫌いにさせる最悪の教師だな、とかなり自己嫌悪におちいります。もう、辞めてしまった生徒のことはスッキリ忘れてしまえばいいのですが、とても後味が悪いです。」
** あなた様もこの地平線のことを気づいているもう一つのご自分がおありです。ピアノの技術・音楽の知識ではあなた様は生徒の地平線より高い地平線に立っておられます。しかし人間対人間という同じ地平線に立っていることも事実です。

昔といっても今もやっておられるでしょうが、地元のピアノの先生が催されるピアノ教室の発表会に何度か出席させてもらったことがあります。その生徒さんの発表会で、車いすで歩けないお子さんをだっこしてピアノの前に座らせて、ピアノを弾くお子さんがおられました。演奏技術は拙いものでした。何年か経ってやはり同じお子さんを先生がだっこしてピアノの前に座らせておられました。その生徒さんも大きくなり、先生はかなりしんどそうでした。これが数回続きました。いつも先生がお世話されておられました。

また別のお子さんは心理的にハンディをもった方で、ピアノの前に座ると、まずじっと我々聴衆の方を向いて演奏するまでに結構時間が掛かりました。また途中で聴衆の方を向いてしまいました。

このお二方のお子さんの演奏を聴きまた仕草を見て失笑する聴衆は1人もいませんでした。推測ですが、涙を浮かべておられたのではないでしょうか。(私がそうだったから。)

他の生徒さんは音楽の方面に進まれる方もおられました。色々な生徒さん、人間を教えられていたこの先生。親御さんからピアノのレッスンを頼まれた時、どのような気持ちでお引き受けなさったのでしょうか?私にも分かりません。ただ生徒集めのお金儲けという理由だけだったとは思えません。

先の発表会の最後に先生の演奏がありました。素晴らしく上手な演奏で聴衆がみな賞賛の拍手を贈っていました。

>「あなただったらこの状況ならどうしますか?」というようなご質問を拝見しました。

今の自分なら「よしここまでできたな。もう少し頑張ってみようか。」などといって、進度は度外視すると思います。しかし勝手にそうするわけではなく、親御さんと念入りに話し合った上でのレッスンにしなければならないでしょうね。親が状況を知っていることが必要条件です。そこで親御さんが不承知なら、辞めさすのではなく、向こうから去るのは自由ですということを納得させなければなりませんね。

もう一つのアドバイスになるか分かりませんが、教室の発表会を開催される方向に努力されたらいかがでしょうか。これはお一人の力ではなかなか難しいですね。他人の助けが必要です。費用の徴収、会場の手配など色々なことをしなくてはなりません。

人間の世界で教える立場として活動するのは一見楽のようですが、ノルマを自分に課すと、自身にも相当なプレッシャーがかかります。他人の目が気になりますし、オリンピック柔道の指導の世界もある意味似たものが合ったと思います。ピアノの技術レベルのアップだけを自分に課すか、ピアノを媒介として人間と遊ぶ気持ちになるかはあなた様の選択すべき道でしょうね。すべての生徒さんに同じものを課すか課さないかということにも通じると思います。あなた様が正しい、あなた様は間違っているという問題ではないと思います。

自力で何かしようとしてにっちもさっちも行かなくなった場合、何かしら自分よりも大きなものに任せてしまう気持ちも必要ではないかと思います。現代語で「諦める」という語は、古語で「明らむ」つまり「明るくする」と書いていました。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

自分がもっと大きくならないといけないな、と思い、反省しています。
親身に回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/03/05 06:51

当たり前の話ですが、貴女のしたことは、人に道を教える「教師」としては完全に失格です。


ただ、質問を読む限り、貴方自身もともと教師に必要な能力を持っていないようですから(文章や対応の仕方から、おそらく貴方自身、教育学を学んだ経験はないと推察します)、もともと出来ないことは出来ないわけで、仕方がないかなとも思います。
そのお子さんにとっても、貴方にとっても、お互い、もっと教師としての力量がある先生についた方が幸せでしょうし。

誤解して欲しくないですが、ピアノの先生は必ず教師としての力量が必要だ、と言っているわけではありません。そのお子さんを教えるならば、教師としての力量が必要だ、というだけで、別のお子さんには教師としての力量よりもむしろピアノの腕が必要という場合もあるでしょう。
ようは、貴方が持っている能力と、そのお子さんを教えるのに必要な能力が合致していない、ということです。この状態は、お互いに不幸ですから、貴方が教えることを諦める、という今回の対応自体は仕方がない、というか現時点では貴方がとれる最善の策かな、とは思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

貴重なご意見、ありがとうございます。
確かに、この生徒に対しては、私の指導力が足りなかった思います。
ピアノの弾き方を教えるということとは別の点で、かなり難しかったです。
逆に質問なのですが…、もし回答者様が、このような生徒を教えていた場合、
今回の件はどのように対応されますか?
私はこの仕事が大好きなので、今後のため、できれば色々な対応を勉強したいと
考えています。
是非教えていただきたいです。お手数ですが、回答お待ちしております。

お礼日時:2013/03/02 09:39

今回の内容ですと、親御さんが無理矢理通わせていたとしか考えられません。



普通でしたら、子供がしたくないことをさせないものです。

走るのが嫌いなのに陸上部を選んだりしないですよね?

明らかに親御さんのエゴですから、悩まないで下さい。

たまたま通われたお子様が、親御さんから無理矢理ピアノをやれと言われていたとしか考えられませんので、仕方のない状況だと思います。

大変でしたね。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはりそうなんでしょうね。
合格すればお母さんに褒めてもらえるからピアノを弾いていたような感じでした。
なので、弾けないものは合格しないから嫌い、なんですよね。

どんなに小さな子供でも、心から好きでピアノを弾く子は聴いてわかりますが、
この生徒の場合、弾く音が粗くて、とにかく叩いているようで、愛情のない音でした。

参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/27 21:16

こんにちは。


ピアノではありませんが、家の息子は保育園時代からずっとサッカーをしています。 我が息子も一人っ子と私の教育が悪かったせいか(汗) それはそれは指導者の方には迷惑を掛け通しでしたが、何とか本人の意志と周りの方の理解、私自身の改善など、色々有りましたが、現在14歳、今年の7月には引退後に受験、サッカーで有名な高校を受験目標にしております。
質問と少しズレた回答かも知れませんが、お許し下さい。
ただ、質問者様の抱えている後悔や疑問は、指導者として当然だと思いますし、頭に来てしまうお気持ちも当然だと思います。
一生懸命指導し、少しでも上達させ、その成長を見守り、職務を果たすのが質問者様の仕事ですし、やる気のない、話を聞かない、大切な楽譜やピアノを粗末に扱うなど、それは我慢ならないに決まってます。
私が何より疑問に思ったのは、親御さんの対応です。親が見ている前ではちゃんとやっているのか、それともその姿を見ようとせず、親のエゴで通わせたかったのか…?
どちらにしても、自分が本当にやりたい事は、どんなに小さい子供でも大切にするべき事は少しは理解出来る筈ですし、大切な物を壊そうとする行為は言語道断です。
再三伝え、改善されなければ、やる気がないと見なして間違いはないと思います。
ただ、一つだけ思ったのは、我が息子も相当でした。何度も親の私が申し訳ない余りに辞めさせたいと願い、何度も子供とぶつかりながら今に至りますが、息子は絶対に辞めませんでした。
本当に本当に少しずつ、でも確実に、周りの方の理解と協力のお陰で、問題行動は改善されました。
質問者様の対応は間違っていないとは思いますが、もし今度またやっぱり続けさせたいと連絡が来ましたら、最後にもう一度だけチャンスをあげてもいいかな?と思いました。
全く回答にならない回答になってしまい、本当に申し訳ありませんでした(;_;)少しでも参考になりましたら幸いです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

息子さんとのお話、お聞かせいただきありがとうございました。
息子さんはサッカーが大好きなのですね。
問題の生徒は、ピアノを弾いて、合格できるとお母さんに褒めてもらえる、という理由で
レッスンに来ていたと思います。家でも、お母さんに言われて、10分間、イヤイヤ毎日練習していたようです。
でも、曲が合格すればピアノは好き、もう一度やり直しとなるとお母さんに褒められないからピアノは嫌い、という感じでした。
なので、本当にピアノが好きなのかは疑問でした。

そうですね、もしまた、ピアノを本当に弾きたい、と来られたら、何とか受け入れようと思います。
回答ありがとうございました。最後になりましたが、息子さん、志望校に合格されますように(^ ^)

お礼日時:2013/02/27 21:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピアノの先生への不信感 どう思いますか?

 6歳の娘が個人のピアノの先生に変わって、数か月経った所です。

  
  指導歴は3年と短く 音大も出ていませんが、口調が優しく 幼稚園の先生のような感じで、話も良く効いてくれたので、この先生に決めました。


 
  この先生のお母さんもピアノを教えられていて、小さい頃から厳しく練習させられた経験があるみたいで、自分がイヤな思いをしたからか、練習はあまりやらなくていいと言う考えのようです。(始める時に、音大までは目指さないけれど、ある程度のレベルまで弾けるようになってほしいと伝えています)


  うちの娘が練習嫌がってるとかそういうふうな事を言った訳でもないのに、『練習5分以上はやらなくていいです。あまりやりすぎるとしんどいからね』と言われます。5分は少なすぎると思いますが。20、30分くらい練習するのが当たり前だと思っているので、違和感を感じました。


 『家での練習は一人でやらせてください。お母さんは口出ししないようにみたいな感じに言われました。』

  練習を一人でやらしていると、指の番号などめちゃくちゃ弾いていたり、間違っていたり・・・なので、少しは見てあげたいと思うのですが、先生は、間違っててもレッスンの時に見ますから。と言われました。
 


 メールで質問した時も、レッスン時に 質問してもらいたい。と言われました。初めてメールでの相談だったのに、こう言われたので、不快な気分になりました。生徒数も少ない先生だし、メールくらい返す時間はあると思います。



  宿題の曲が、娘の手が届かない和音だったので、どういうふうに練習したらいいかメールで聞いた事もあったのですが、返信には、レッスン時にみますが・・・みたいな対応で、メールはしないでほしいような印象も受けました。

  
 レッスン中の私がいない時(偶然聞こえたのですが)。
娘にしつこく何度も『お母さん練習しなさいって怖い?』『いつも練習の時隣でみててくれる?遠くから練習しなさい~って言ってる感じ?』など何度も聞いていました。

 娘は返事にこまってると、勝手に『ちょっと怖い?そうかぁ・・・』っというような具合でした。

もちろん私は、すごく不快でした。


   教え方がうまいかどうかは わかりません。

ただ娘には優しい口調で教えているし、褒め方も上手で、よくできました。がんばったね。などは良く言ってくれます。娘自身は、好きでも嫌いでもない先生らしいです。


  ただ、私はすごくストレスを感じてしまっているみたいです。思い切ってやめた方がいいのかなとも思います。


  この先生についてどう思われますか?子供とは相性悪くないので 続けていいと思うなど。
何でもいいので、ご意見聞かせてください。

 6歳の娘が個人のピアノの先生に変わって、数か月経った所です。

  
  指導歴は3年と短く 音大も出ていませんが、口調が優しく 幼稚園の先生のような感じで、話も良く効いてくれたので、この先生に決めました。


 
  この先生のお母さんもピアノを教えられていて、小さい頃から厳しく練習させられた経験があるみたいで、自分がイヤな思いをしたからか、練習はあまりやらなくていいと言う考えのようです。(始める時に、音大までは目指さないけれど、ある程度のレベルまで弾けるようになってほしいと伝...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは
人それぞれ考え方があります。子供も、親も、先生も。
ただ、向いている方向が違うとあまり良い結果は出ないように思います。
親が先生を信頼出来ないなら、子供も先生を尊敬しなくなるでしょう。
子供が小さければなおさらです。

子供が練習させられると感じ、ピアノが嫌いになるのを怖がって、やらなくて良いと言われる方もあるでしょう。それはそれで意味があると思います。

少しぐらいなら無理をさせても弾けるようにして、弾けることの楽しみを味あわせたいと考える人もいます。
私はこれです。
しかし、気をつけなければならないことは「少しぐらいなら」というところです。
子供に大人が要求をしすぎると、子供は背中を向けてしまいます。

親も先生も、コンクールにまっしぐら。子供が何を考えているかお構いなし。
これはいただけません。
この場合、10歳ぐらいでショパンの簡単なものぐらい弾けていたのに、中学受験でピアノから離れてしまうパターンです。

6歳で一日5分の練習では、そこそこ弾けるようになるのは難しいかもしれませんね。
本人がある日、音楽に目覚めて、オタクのごとく弾き始めれば別ですが・・・

先生しだいで、こどもが嫌がらず練習をしてこれるように仕向けられるようですよ。
なかなかそんな先生に出会えませんけどね。

経験から言って、親が付きっきりで練習させるのも、自立するのに苦労します。
しかし、小さい時に一人でやっていては進みません。それも確かです。
年齢に応じた関わり方を間違えずに、上手に引っ張って行くことです。
その道筋を作ってくれる先生がいるのも確かです。

ピアノが楽しくなるのは、聞いたことのある曲が弾けるようになってからのような気がします。
ほとんどの人がそこまで行きつけずに辞めてしまいます。
学校、受験、部活など忙しくなりますから。
ある先生が、勉強が忙しくなる前にある程度弾けるようになっていれば、そこでやめたとしても
自分で楽しめるから、そこまで持って行きたいと言っていました。
私自身は、賛成です。

我が家は音大生が一人。もう一人は勉強にシフトした高校生。
その高校生は、滅多に弾きませんが、気が向くとショパンやドビュッシーの有名な曲をを弾いています。
やっぱり、小さい時頑張っていなかったら、今頃ピアノなんて触らないでしょう。

というわけで、
5分しか弾かないのも有り。
親がついて練習するのも有り。(方法が問題ですが。)

こんばんは
人それぞれ考え方があります。子供も、親も、先生も。
ただ、向いている方向が違うとあまり良い結果は出ないように思います。
親が先生を信頼出来ないなら、子供も先生を尊敬しなくなるでしょう。
子供が小さければなおさらです。

子供が練習させられると感じ、ピアノが嫌いになるのを怖がって、やらなくて良いと言われる方もあるでしょう。それはそれで意味があると思います。

少しぐらいなら無理をさせても弾けるようにして、弾けることの楽しみを味あわせたいと考える人もいます。
私はこれです。...続きを読む

Q子供のピアノの先生からやめてくださいといわれました

お知恵をお貸しください。
妹の幼稚園生の子供が、通っているピアノの先生から、お子さんの態度が悪いのでやめてくださいと言われました。
妹は、ピアノのレッスンを続けさせたいのと、そのような理由でやめさせられると今後どこの教室も受け入れてはもらえないだろうと大変悩んでいます。
妹の子供はそもそも音楽に興味がないようですが、妹はどうしてもピアノが出来る人になって欲しいようです。子供の方はレッスン中も落ち着かず、家でも練習してこなかったようなので、もしかしたらやめたいのかもしれませんが・・・
教室ではすでにうわさが広まってしまいました。

早急に答えを出さなくてはいけない様子です。

このような場合、ピアノの先生のお怒りを静めるよい方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

うちの子も幼稚園の頃からピアノを習わせています。男の子ですから、まあ女の子に比べれば態度が悪いようです(ピアノの先生ご自身が男の子の母親なので理解があるようで、続けられているようです)

ただ、質問者様の内容で
>子供の方はレッスン中も落ち着かず、家でも練習してこなかったようなので、もしかしたらやめたいのかもしれませんが・・・

中の「家でも練習してこない」というのが気になります。

ピアノの先生が問題視しているのは、子供のほうではなく親(質問者の妹さん)のほうなのではないでしょうか。

そもそも子供自ら「ピアノやりたい!」というのは多いとはいえません。他の習い事も含めて「親のエゴ」であることが多いですし、幼児にレッスンをつけている先生もその点はよくご存知ですし、工夫もしていらっしゃいます。

それでもなお「この子に教えることが出来ない」と感じるのは、子供の適性というよりも「親も含めた学習の意欲・本気度」ではないでしょうか。

また子供も親の期待を敏感に感じますので、本当に嫌なら自分から「やめたい」というものだったりします。

質問の内容を見てみると、お母様が先生に預けっぱなしで自分が参加していないように見受けられます。

生徒の態度が悪く、宿題も(自宅練習)もやってこない、親も一生懸命習わせようとしているように見えない、ならどんな先生でも「これ以上教えるのは無理だ」とお感じになるでしょう。

そういう感じはありませんか?

うちの子も幼稚園の頃からピアノを習わせています。男の子ですから、まあ女の子に比べれば態度が悪いようです(ピアノの先生ご自身が男の子の母親なので理解があるようで、続けられているようです)

ただ、質問者様の内容で
>子供の方はレッスン中も落ち着かず、家でも練習してこなかったようなので、もしかしたらやめたいのかもしれませんが・・・

中の「家でも練習してこない」というのが気になります。

ピアノの先生が問題視しているのは、子供のほうではなく親(質問者の妹さん)のほうなのではないでしょ...続きを読む

Qピアノの先生をされている方に質問です

約6年間 娘に個人宅でピアノを習わせています。
先生のおかげで上手に弾けるようになり、その点ではとても感謝しています。
しかし、指導がとても厳しいので、娘はピアノを楽しめなくなりました。
いやいや練習する→レッスン後泣く泣く帰宅 これの繰り返しが私も辛くなってきて
娘と話し合った結果、やめることにし、その旨を先生に伝えました。

先生は渋りましたが 本人にやる気がないので続ける意味がない とこちらの意見を押し通しましたが、 それでしたらグレード7をとってからやめましょう と提案されました。
娘のレベルだともうとれるので、せっかくここまで続けてきたのだから形に残しましょう、履歴書にも書ける資格ですよ、と。
私自身ピアノに関して全くの無知で、そんな資格があるんだったら娘のためになると納得し、娘も納得の上で継続することにしました。 
その間、発表会等はでないで、レッスンはグレードに向けてのレッスンでお願いしてきました。
娘に楽しんでもらえるよう、好きな歌手の楽譜を買い、グレードのレッスンと並行してその楽曲を練習していました(初見の練習にもなってると先生には言われました) ここまでは昨年秋のことです。

年が明け、その好きな楽曲が仕上がりつつあるので発表会にでましょうね、と娘が言われたことがきっかけで疑問を持つようになりました。
肝心のグレードは 春に試験があるのに 夏に受けましょう、と。
話が違うと思いました。
(1)発表会は出ないといったのに、出るよう勧められた(勝手にエントリーされている)
(2)グレードはもう受かれるレベルと言うので継続したのに なぜ夏に受けることになったのか
この二つを電話で先生に問いました。
(1)に関してはあいまいにされ、(2)に関してはグレードの合否の判定ができる資格を先生自身が取得しようとしていて それが取れたら合格に有利になるので、というのです。
つまり 娘のグレードの審査員を先生がやって合格にしますよ、とのこと。
はぁ? と思いました。
カチンときて 今月いっぱいで辞めます。 グレードはもう結構です と言いました。
そしたら、 いろいろ諸経費がかかっているので 二月三月分のお月謝を支払ってくれ 四月分はこちらで負担する と言われたんです。
ひと月月謝は1万5千円。
2か月分ですので 三万円になります。
どんな諸経費がかかっていると思われますか。
旦那はメンドクサイから払ってすっきりやめてしまえば といいますが
私としては納得いきません。
せめて こんな諸経費があるのでは?という予測があれば気持ちも少しは落ち着くと思います。
先生に直接聞くのがはっきりしそうですが
私は口下手で うまくいいくるめられてしまうのです。
賢い人だったら、その時の電話でどういう諸経費が?と切り返すことができたと思うのですが
早口でまくしたてるように言われると 早く電話を切りたくなり 話そこそこに受話器を置いた私も悪いのですが。。。

納得してないのに三万支払うのは嫌。
(先生もお金をもらうからには4月までレッスンにきてくれといいます。しかし、先生のこういうところが娘は嫌と言ってるんです という話もしているのに、お金のためだけに娘をレッスンに通わせるのは酷ですよね。それだったら お金だけ払ってくださいね となるんですよ・・)
レッスン受けないのに 来月さ来月分の月謝って発生するものでしょうか。
そもそも諸経費ってそんなにかかるんですか。
教えてください。 あと ご意見もお聞かせください。
よろしくお願いします。

約6年間 娘に個人宅でピアノを習わせています。
先生のおかげで上手に弾けるようになり、その点ではとても感謝しています。
しかし、指導がとても厳しいので、娘はピアノを楽しめなくなりました。
いやいや練習する→レッスン後泣く泣く帰宅 これの繰り返しが私も辛くなってきて
娘と話し合った結果、やめることにし、その旨を先生に伝えました。

先生は渋りましたが 本人にやる気がないので続ける意味がない とこちらの意見を押し通しましたが、 それでしたらグレード7をとってからやめましょう と提案さ...続きを読む

Aベストアンサー

 何度もすみません、No.7です。

 上の方もおっしゃっているように、ご主人のメールは、要点を押さえていて、
かつ問題点も簡潔に指摘されていると思います。

 ずっと疑問に思っていましたが、
先生は、いったい4月分の月謝を
誰に立て替え払いするんでしょうね?
個人の教室だというのに、不思議です。


 少々ご面倒でしょうが、
この質問ページでいろいろ回答してくださった出来事すべてを、
時系列で整理しておかれたらいいかもしれませんね。

 先生(もしくは父親か弁護士?)と話をする時に、
もれなく話せますし、
先生が締めが20日だと言っておられることと
benbo-さんが19日に止めると意思表示をしたことから、
2月分の月謝は発生しないと主張できると思います。


 先生のガンはお気の毒ですが、
資格を取ってグレード合否を夏に判定する仕事をしようとされていたり
発表会もやろうとされているのですから、
この件について話し合いもできるのでは?と
感じます。

 また、合唱部の話はとてもおかしいですね。
ピアノの先生に怒鳴り込む親はいないでしょうし、
ましてやピアノの先生が『一軒一軒回って謝ってきなさい』とは、
筋違いもはなはだしいです。
 その一件だけでも、
不信感が芽生えてやめることになっても無理ないと思います。


 蛇足ですが、
私が通っているヤマハピアノ教室は、
月謝が自動引き落としなので、
止める時は前月の末日までに申し出る規約になっています。

「今月で止めます」と申し出たら、翌月分までが引き落とされて
退会となります。


 私は趣味でピアノをやっていて、
初めの15年間は個人の先生に習っていました。
良い先生でした。
 
 受験や就職でピアノから離れ、
ブランクを経て、
14年前から今のピアノ教室に行き出しました。


 ピアノ教室にする良さは、
先生と合わないと感じたり 教え方に疑問があれば、
事務に話して解決できるという点だと思っています。

 直接先生と話さないので、トラブルが起きにくいです。
実は、2回、先生を変えてもらいました。

 初めの先生は、
「ピアノに役立つから歌も一緒に習え」と執拗に言われ、
あまりにうるさく薦められるので、我慢できなくなりました(^^;)

 次の先生は熱心すぎて、
家や仕事の都合で練習不足だったりレッスンを休むと怒られました(^^;)

 今の先生とは楽しくピアノを続けていけています。


 個人の先生でも良い方はたくさんおられますし、
娘さんにピアノの楽しさを教えてくれる先生と巡り会われますように、
そして、うまく解決なさいますように、と願っています。

 何度もすみません、No.7です。

 上の方もおっしゃっているように、ご主人のメールは、要点を押さえていて、
かつ問題点も簡潔に指摘されていると思います。

 ずっと疑問に思っていましたが、
先生は、いったい4月分の月謝を
誰に立て替え払いするんでしょうね?
個人の教室だというのに、不思議です。


 少々ご面倒でしょうが、
この質問ページでいろいろ回答してくださった出来事すべてを、
時系列で整理しておかれたらいいかもしれませんね。

 先生(もしくは父親か弁護士?)と話をする時に、
もれ...続きを読む

Q6歳の娘のピアノ・・・このままで上達しますか?

年長になる娘がおります。今6歳で3月からピアノを始めました
私自身がピアノの経験がなく子供の頃から習いたいとずっと思っていましたが習えずでした
娘にはピアノを弾ける子になってほしいと思っていて娘も是非やりたいと言ったので習うことにしました

今行っているピアノ教室は30分の時間です
幼稚園児では30分が限界だそうです(確かに途中あくびをしたりしています・・)
まず音階を歌って、先生のピアノの通り弾いて、教材の楽譜を先生が一度弾いてそれを娘が2度ほど弾いてあとはうちで練習してきて下さい
これで終わりです
え?これだけ?毎回そんな感じです
私はピアノをやったことがないのでよくわからないのですが、うちで練習しなければ全く進まないはずです
娘は飲み込みも遅く楽譜がいまいちわかっていないようで記号の意味もわかっていないと思います
たいして弾けてもいないのに上手に弾けました!と言われてシールをもらうのですがシール選びに時間がかかっています・・・
30分しかないのに・・・

先生にこれで本当に弾けるようになるのですか?とは聞けません
なんとなく失礼かと思いまして・・・

当の娘は嫌いではないようでとりあえず練習したら?と言えば練習して1回弾けたらおしまいみたいな感じです
楽譜もいまいち読めてないのでしどろもどろに弾いている感じです
水泳をやりたいと言われピアノやめるならいいよと言えばピアノをやめる!と言う始末です
でも今日はピアノだよと言うとはりきります

そこで、ピアノを習っていた方にお聞きしたいのですが、最初はみんなこんな感じでレッスンするのでしょうか?
レッスンを続けていくと誰でも両手で弾けるようになるのでしょうか?楽譜も自然とわかるようになるのでしょうか
本人のやる気が一番だとは思いますが・・・
娘のピアノ教室について行ってわたしが家で練習したりしていますが私も弾けるようになるといいなと思っていますがそれは無理な話でしょうか
未知すぎるピアノについて教えて下さい

よろしくお願いします

年長になる娘がおります。今6歳で3月からピアノを始めました
私自身がピアノの経験がなく子供の頃から習いたいとずっと思っていましたが習えずでした
娘にはピアノを弾ける子になってほしいと思っていて娘も是非やりたいと言ったので習うことにしました

今行っているピアノ教室は30分の時間です
幼稚園児では30分が限界だそうです(確かに途中あくびをしたりしています・・)
まず音階を歌って、先生のピアノの通り弾いて、教材の楽譜を先生が一度弾いてそれを娘が2度ほど弾いてあとはうちで練習してきて下さい
...続きを読む

Aベストアンサー

ピアノを教えている者です。
6歳と言うことですが、1年生ですか?それとも年長さんですか?
もし1年生だったら他の教室に変えたほうがいいかもしれませんね。
普通ピアノは先生が弾いてあげてはいけません。
なぜなら譜読みの力がつかないからです。
子供は耳が良いので何度か聞けば楽譜が読めなくても弾けてしまいます。
ですからその指導法で楽譜が読めないのは当たり前です。
もしかしたら昔ヤマハに勤めていた先生かもしれませんね。
ヤマハは耳から入りますから。

あとは先生にも考えがあって1年生になったら、もしくは習い始めて半年経ったら譜読みを始めるという指導法なのかもしれません。まあ普通その年の場合、初めから読ませますが。
その様子だと手の形などの指導もなさそうですね。
少し様子を見て他の教室に変えたほうが良いかもしれません。

Qピアノの練習方法について(妻が子供を叩く)

妻の子供に対するピアノの練習方法について、ご意見をお聞きかせ下さい。

小学1年生の子供にピアノを習わせてるのですが、家で練習させる時、子供がうまく弾けないと妻が子供の頭をゲンコツやビンタで叩くのです。
妻自身は子供の頃から習っており、ピアノに関してはかなりの自信があるようで、ピアノ講師の資格が取れる程です。
ですから、我が子が弾けないのが、よほど腹立たしいのか、弾き間違えると頭をげんこつで叩くのです。当然子供は大泣きですが、泣けば泣くほど更にエスカレートして叩きます。
また、言葉でも激しく罵り、「何度練習したら覚えるんだ、このバカ!」「(楽譜の音符を指して)この音はなんだ?・・・早く答えろ!5秒以内に答えなかったらゲンコツだ!」「こんど上手く弾けなかったら、あんたがお気に入りのたまごっちは取り上げだ!」(当然上手く弾けるはずなく取り上げです) そして最後には「そんな汚い音で弾いてたら近所迷惑だからもうやめろ!」
私が止めに入ると「ピアノが弾けない者は口を出すな!」と言い、やめようとはしません。
妻は「この子には(自分と同じぐらいに)上手くなってもらいたいから、こうして厳しく教えている。上のレベルを目指している母親の多くは、皆こうして子供を叩いて厳しく練習させている。こうしなければ上手くなれる訳がない」と言います。
自分の教え方が正しいと主張し、私の言う事をまったく聞き入れようとはしません。

この状態が、ほぼ毎日繰り返されているようです。(私は平日は会社に行っているので見ている訳ではありませんが)

妻が言うように、世間一般の母親は、このように厳しくピアノを教えているのでしょうか?
私には、小学1年生の子を叩いてピアノを教えるなんて、とても正常な人間がする事とは思えないのです。

妻の子供に対するピアノの練習方法について、ご意見をお聞きかせ下さい。

小学1年生の子供にピアノを習わせてるのですが、家で練習させる時、子供がうまく弾けないと妻が子供の頭をゲンコツやビンタで叩くのです。
妻自身は子供の頃から習っており、ピアノに関してはかなりの自信があるようで、ピアノ講師の資格が取れる程です。
ですから、我が子が弾けないのが、よほど腹立たしいのか、弾き間違えると頭をげんこつで叩くのです。当然子供は大泣きですが、泣けば泣くほど更にエスカレートして叩きます。
...続きを読む

Aベストアンサー

あまり良い教え方ではないですね。。。ただのDVです。ピアノを弾くのにそんな教育不要です。すぐにおやめください。音楽教育を馬鹿にされているとしか思えません。。。とまで言っておきます。

人が怒る裏側には、自分自身の弱点や欠点と向き合った時です。怒る人や誰かの言動にイライラを感じる人は、自身にも似たような部分があるためです。失礼ですが、奥様も、覚えが悪かったりしたと思います。これは、責めるべきところではなく、奥様自身が『覚えが悪い自分』を許して、『だから、そんな人のための教育』をやさしく提供できるように工夫することが、まず、奥様の指導人生のスタートラインだと思います。

良質な教育を受ければ、良質な教育が提供できます。推察ですが、奥様は、あまり好ましいピアノ教育を受けてこなかったように思います。


まず、どこかで個人の先生を探して、やさしく教えていただける人の教え方を見習ってください。

ピアノの指導は、他の指導と同様で、言葉だけでは伝えられないことが多いです。どうか、早めに、その間違った指導方法をやめてください。


厳しい発言が目立つ投稿で申し訳ないですが、心理についても多少の知識を持つ僕からは、今の方法は好ましいと思いません。また、国外の指導方法も見ていますが、国内の教育範囲でさえ問題がある現状、国外に学ぶ必要がまだまだある今、日本独自の『怒って育てる』では、ピアニストへの道を閉ざしかねない気がしますがいかがでしょう?

この先、正しくピアノを学んで、音楽界において、貴重な人材を羽ばたかせてあげてくださいね☆

あまり良い教え方ではないですね。。。ただのDVです。ピアノを弾くのにそんな教育不要です。すぐにおやめください。音楽教育を馬鹿にされているとしか思えません。。。とまで言っておきます。

人が怒る裏側には、自分自身の弱点や欠点と向き合った時です。怒る人や誰かの言動にイライラを感じる人は、自身にも似たような部分があるためです。失礼ですが、奥様も、覚えが悪かったりしたと思います。これは、責めるべきところではなく、奥様自身が『覚えが悪い自分』を許して、『だから、そんな人のための教育...続きを読む

Q小学1年生、今ピアノをやめるのはもったいない?

小学一年生の娘についてです。
3歳からピアノを始めました。
音楽自体は好きなようで1学期の通知票で音楽だけはAをもらってきました。
しかし、わたしも夫もピアノの経験がないのと、共働きなのとで家での練習がおろそかになります。
つきっきりで見てあげればよく練習するときもあります。
そんなんで当然レッスンのときうまく弾けることはめったになくつらい思いばかりしています。
娘はピアノをやめたいとたまに言います。
実際、ピアノよりダンスや歌の方が向いているとわたしも思うし周りの人からも言われます。どちらかと言うと楽器をやるより踊ったり歌ったりミュージカル的なことの方が得意です。
しかし今まで習ってきてせっかく軌道に乗り始めたところで他の習い事をするためにピアノをやめてしまうのはどんなものでしょうか。
共働きなせいで習い事に連れて行く余裕があまりないので、現状では平日に1つだけしかできません。それに勉強の方も・・・と通信添削を始めようかとも思ってますし、金銭面でも今は3つは無理です。
ピアノはできれば6年生までは続けてほしい(やる気があればいつまででもいいのですが)と思っていますが、6年までしかやらないのなら、今やめても同じでしょうか?
それとも好きな習い事をさせてあげた方が本人のためになるのでしょうか。

小学一年生の娘についてです。
3歳からピアノを始めました。
音楽自体は好きなようで1学期の通知票で音楽だけはAをもらってきました。
しかし、わたしも夫もピアノの経験がないのと、共働きなのとで家での練習がおろそかになります。
つきっきりで見てあげればよく練習するときもあります。
そんなんで当然レッスンのときうまく弾けることはめったになくつらい思いばかりしています。
娘はピアノをやめたいとたまに言います。
実際、ピアノよりダンスや歌の方が向いているとわたしも思うし周りの人から...続きを読む

Aベストアンサー

もしかしたら、何かピアノ以外で気をとられることが何かあるのかもしれません。例えばもっとゲームをしたいとか、もっと遊びに行きたいとか。

あるいは、何かピアノの練習をするのがイヤになるようなきっかけがあったのかもしれません。レッスンのときにうまく弾けない、もっとがんばりなさいと言われる、なんていうのもきっかけかもしれません。

そういうものがあるのであれば、それを放置したまま、ただ「もう少しがんばりなさい」と言っても、それは無理な相談です。

例えばレッスンのときにうまく弾けないのであれば、それは練習不足なわけです。そして練習不足を解消するには練習するしかないわけですが、もっと練習するように言い付けるとか、何か褒美を約束するとか、それだけではきっとうまく行かないと思います。いま現在、練習を「つまらない」と思っているのであれば、ただ言葉で何か言ってもその練習が「つまらない」ものであることに変わりはないからです。

私が小学生に上がる前~小学生の頃、両親はピアノの経験がなく共働きでしたが、母が一緒にピアノの練習をして、レッスンも受けてくれていました。(大人は頭で理解できるから、最初のうちは子供より進みが速いんですよ。だんだん頭打ちになるんですけど。)

それがなかったら、つまらない反復練習なんてしたいと思わなかっただろうと思います。いや、当時も「したい」と思ったことはありませんでした。ただ、親と一緒にするから何となく「まぁいいか」と思って練習していたというところです。(それでも、中学に上がるとサボることを覚えて、ずいぶんサボりましたが。)

もし続けさせるのであれば、止めたい理由を探り出し(問い詰めは逆効果だと思いますが)、それを何とかして解消するのが先決かと思います。それができないまま続けるのは当人にとって辛いだけなので、止めるのも仕方がないかなと思います。

もしかしたら、何かピアノ以外で気をとられることが何かあるのかもしれません。例えばもっとゲームをしたいとか、もっと遊びに行きたいとか。

あるいは、何かピアノの練習をするのがイヤになるようなきっかけがあったのかもしれません。レッスンのときにうまく弾けない、もっとがんばりなさいと言われる、なんていうのもきっかけかもしれません。

そういうものがあるのであれば、それを放置したまま、ただ「もう少しがんばりなさい」と言っても、それは無理な相談です。

例えばレッスンのときにうまく弾...続きを読む

Q電子ピアノを買ったのですが、だめだったんでしょうか。

6歳の娘がヤマハ音楽教室に通っている時、電子ピアノのクラビノーバCLP-120を買いました。(今年の4月)8月に入って個人で教えている先生のピアノ教室に変わったんですが、その先生から電子ピアノで練習している子とピアノで練習している子では差がで出てくるから折角買うならピアノにすればよかったね~と言われました。

私はピアノに全く無知で、クラビノーバを買うときは、続くかどうかわからないし、もし続けばその時ピアノを買えばいいや。位の軽い気持ちだったんです。

先生のお話を聞くうちに小さい時も大切なんだということがわかってきましたが、クラビノーバを買ったばかりなのでまた買い換えるのももったいない気もします。

現在1年生ですが、最悪何年生位を目安にピアノに変えたら良いでしょうか。
また、うちはマンションですが騒音面でも気になっています。今クラビノーバは角部屋なのでどことも隣接していない壁面に置いています。げたばきマンションの2階なので下は駐車場です。
あわせてアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

電子ピアノとピアノでは音色や響きの余韻が違ってしまします。たしかにピアノの方がいいですが、最初のうちは、とりあえずは、電子ピアノでもそれなりの力はつくと思いますよ。
私は幼稚園の時はオルガンで練習していて、その後、小学生からはアプライトピアノを買ってもらいました。高校の頃は、アプライトピアノだけだと、隣の家のことを考えると、夜10時くらいまでしか練習できないので、自分でお金を貯めて夜の練習のために電子ピアノを買いました。昼間はアプライト、夜は夜中まで電子ピアノで練習をしていたので、試験勉強で追いつめられた時も、朝の3,4時にピアノを練習することがありました。なので、電子ピアノも使いようによっては、便利なものになります(私はその後、音大に行ったので、高3の時にアプライトを売り、グランドピアノを買いました)。

電子ピアノをアプライトピアノやグランドピアノに切り替える時期ですが、中学生くらいまでは電子ピアノで様子をみてもいいのではないでしょうか。
その子の上達の度合にもよりますが、もしその子がいつまでもピアノが好きで、これからもずっと続けたという意志を強く持っているなら、いつの日か、その子の方から、電子ピアノではもう自分の表現したいことを表現しきれないから新しいピアノを買って欲しい、という風に言う時が、必ず来ると思います。そうしたら、その時に、買ってあげればいいと思いますよ。
また、それが音大受験にまでつながる情熱と能力である場合には、アプライトではなく、グランドピアノが必要になります。

お子様の上達に合わせて、その子の方から、新しいピアノが欲しいと思えるような、そういう実力がついたときに、買ってあげてください。
私の場合は、高校生の時にすでに、アプライトピアノでも響きに不満を感じるようになって、自然にグランドピアノを求めるようになりました。中学の時まではアプライトで十分に満足していて最高のピアノだと思っていたのですが、自分の力が上達していくと、自然に新しいピアノを求めるようになるものです。

ピアノが上達する鍵は、ジャンルを問わず、多くの音楽をCD,DVDで聴くことです。そして、川の流れをみても、山にいっても、海に行っても、自然そのものに音楽を感じられるようになる力をつけることです。
いろいろな音楽をたくさん聴いて、いろいろなところに旅行することも、ピアノの上達につながります。さらうことだけではないということを、どうか忘れないでください。

電子ピアノとピアノでは音色や響きの余韻が違ってしまします。たしかにピアノの方がいいですが、最初のうちは、とりあえずは、電子ピアノでもそれなりの力はつくと思いますよ。
私は幼稚園の時はオルガンで練習していて、その後、小学生からはアプライトピアノを買ってもらいました。高校の頃は、アプライトピアノだけだと、隣の家のことを考えると、夜10時くらいまでしか練習できないので、自分でお金を貯めて夜の練習のために電子ピアノを買いました。昼間はアプライト、夜は夜中まで電子ピアノで練習をしてい...続きを読む

Qピアノの先生を替えたほうが良いのか?

私の娘は3歳(年少)よりピアノをはじめ、現在6歳(年長)で4月でピアノを始めて丸3年になります。正直娘はピアノに向いていないのかやっと現在両手に入った状態で、一年しかピアノをやっていない子と同じレベルで本当にこのまま続けるのが親としても無駄金を使っているような気がしてなりません。個人レッスンの教室ですが、先生はゆっくりとその子にあったペースでやりましょう。とおっしゃってくださるのですが、私はやる以上はある程度のものになって欲しいし、なぜ他の子は上達して娘は上達しないのか疑問でならず、私のほうが落ち込んでしまっています。ピアノを習っている他のお母さんから先生を替えてみたら上達するよ。というアドバイスを受けて考えています。娘はピアノは辞めたくはないといっていますし、今の先生がいいとは言っていますが、娘にはあっていない気がします。私も子供を比較したくないのですが、同じ年の子はピティナに何度もでており、優秀賞をとる子が何人もいます。その子たちと始めた年齢も大差はありません。娘がそのくらいのレベルになるにはあと3年くらいかかる気がします。指導法があっていないのか、先生があっていないのか、上達が遅すぎるので本当に残念でしかたありません。どうしたらよいでしょうか。専門家の方よろしくお願い致します。

私の娘は3歳(年少)よりピアノをはじめ、現在6歳(年長)で4月でピアノを始めて丸3年になります。正直娘はピアノに向いていないのかやっと現在両手に入った状態で、一年しかピアノをやっていない子と同じレベルで本当にこのまま続けるのが親としても無駄金を使っているような気がしてなりません。個人レッスンの教室ですが、先生はゆっくりとその子にあったペースでやりましょう。とおっしゃってくださるのですが、私はやる以上はある程度のものになって欲しいし、なぜ他の子は上達して娘は上達しないのか疑...続きを読む

Aベストアンサー

ピアノ教室を主宰しています。

・毎日練習している。(幼児であれば、30分やれば十分だと思います。)
・家にあるのは本物のピアノだ。(電子ピアノはピアノではありません。)
・子どもが、その先生を嫌っている
・先生が、他の生徒と比べて「あなたは下手だ。」などと子どもに言う。
などが当てはまれば、先生を変えた方が良いと思います。

逆に、
・ピアノを弾くのはレッスンの時だけ、または、前の日に慌てて練習する
・家にあるのは電子ピアノ(キーボードは論外)
・子どもはその先生が好き
・先生は、多少他の子よりも進みが遅くても、比べずに教えてくれる。
という感じであれば、上達しないのは先生のせいではないので、変えない方が良いです。

質問文を読んだ限りでは、指導力・人間性ともに良さそうな先生ですので、変えない方がいいじゃないですか?
ピアノは、早く始めれば良いってものではないです。
3歳~小3まで、初心者を教えていますが、一番すんなりと上達するのは、年長~小1に始める子のような気がします。
3歳で始めても、5歳で始めても、6歳には同じくらいになります。
その後は、練習量で決まります。

未就学児が、自分の上達のためにテレビや遊ぶ時間を削って自ら練習するはずがありません。
幼児のうちのピアノのうまさは何で決まるかというと、親です。
親が毎日教え込むという意味ではありませんよ。
弾けた楽しさ、理解した喜びを一緒に分かち合ってあげるのです。
幼児の弾く曲ですから、スラスラ弾けたのか、そうでないのかは、音楽を学んできていなくたって、大人にならわかりますよね。
「ここが違うよ。」「これはミの音でしょ」などと言うのではなく、「あー、今ちょっと止まっちゃったね。残念だったね。」「今の、スラスラひけて楽しかったでしょ?」と言ってあげるだけで良いのです。
小さいうちは、うまく弾けた、うまく弾けなったというのは、自分ではわからない子が多いです。
そういう下地を地道に作っていくと、2年後くらいには自分でちゃんと練習できるようになると思いますよ。

センスがない子もいることは確かです。
でも、そういう子だって練習すれば上達します。
回りの上手な子と比べれば下手に感じるかもしれませんが、過去の自分と比べれば絶対上手になっているはずです。
親のあなたが、周りの上手な子と比べているうちは、上達しないと思っておいてください。
娘さんが、素敵な音楽ライフをおくれることを祈っています。

ピアノ教室を主宰しています。

・毎日練習している。(幼児であれば、30分やれば十分だと思います。)
・家にあるのは本物のピアノだ。(電子ピアノはピアノではありません。)
・子どもが、その先生を嫌っている
・先生が、他の生徒と比べて「あなたは下手だ。」などと子どもに言う。
などが当てはまれば、先生を変えた方が良いと思います。

逆に、
・ピアノを弾くのはレッスンの時だけ、または、前の日に慌てて練習する
・家にあるのは電子ピアノ(キーボードは論外)
・子どもはその先生が好き
...続きを読む

Qピアノの先生との関係がこじれた時

ピアノの先生の方針についていけず教室を替わりました。先生はかなりご立腹な様子で今となっては、やはり辞めてよかったと思っていますが
習い事で辞めるときの上手な断り方ってあるのでしょうか?理由は色々在るのですが先生に悪いと思い随分思い悩みました。それがもう限界になってしまって・・・・・。今後先生を替わりたいときにはどうすれば円満に解決するか教えて下さい。

Aベストアンサー

はじめまして。
自分は演奏家兼教師をしています、ただ、ヴァイオリンですが…。

先生と生徒の間には、多分に相性、というものが関わっている気がします。
音楽は日本では何百年も敬遠されてきた「自分の心を伝える」というものなので、確かに遠慮は薄くなり、感情的なひとも多くなりがちです。
しかし、これを魅力のひとつと捉えられる音楽家も沢山います。
つまり、相手の心を読もう、気持ちをわかってあげたい、という気持ちのある音楽家は、とても真剣に、社交辞令で無い部分を求めることもあるかと思います。
レッスン中に、そういう感情のコントロールをしながら気持ちよくやってこれていたのであれば、おそらく辞める、ということにもなりにくいとは思いますが…、長い間うまくいってなかったのでしょうね。
泣いたり、腹を立てたり、という強烈な先生の態度は何故おきてしまったのか、ここの質問からはちょっとわかりづらく、察しかねます。
心のぶつかり合いを求めての、一種のパフォーマンスだったのか、本当に常識の無い変わった先生だったのか…?!
それが、スッと分かり合える相性の時と、時間をかけて丁寧にして、段々分かり合えるようになる場合と、やはり相性として生徒の数、ご家庭の数だけ色々あります。人間同士のすることなのですから。
互いが素直に向き合える関係であることは、音楽の一教師として(勿論演奏家としても)大切なことだと考えますし、音楽を教えるという立場からすると、それはとても理想的な関係です。大人の方ですと人生相談も音楽を通してレッスン中に行ってしまったりもするものです。(音からはその時の生徒さんの日常の生活や想いが感覚的に聴こえてくるからです。)
社交辞令はとても有効な場合もありますし、ビジネスと割り切ることも出来ますが、そればかりが良いとも思いません。
どれを相手が望んでいるのか、それを互いが見計らいながらやっていくしかないと思います。相手の「気」を読むことは、教えるときにも大事な視点ですから、おのずと気付く先生は気付くはずです。
生徒さんの方から先生の胸のうちに飛び込むとか、入り込む位の気持ちが持てると、レッスンも自然上手く行くと思います。
心のやり取りだと考えたら良いと思います。芸術、音楽というものが、そういうものですから…。

はじめまして。
自分は演奏家兼教師をしています、ただ、ヴァイオリンですが…。

先生と生徒の間には、多分に相性、というものが関わっている気がします。
音楽は日本では何百年も敬遠されてきた「自分の心を伝える」というものなので、確かに遠慮は薄くなり、感情的なひとも多くなりがちです。
しかし、これを魅力のひとつと捉えられる音楽家も沢山います。
つまり、相手の心を読もう、気持ちをわかってあげたい、という気持ちのある音楽家は、とても真剣に、社交辞令で無い部分を求めることもあるかと思い...続きを読む

Q娘のピアノの発表会の選曲に不満です

2ヶ月後の発表会のためにと、先生が選んで下さった曲に不満があります。
簡単過ぎるような気がするのです。

そこで、質問です。
先生の指導法を信じて、不満は述べるべきではないのか、
あるいは、
簡単過ぎるというのは素人の判断で、娘にとって妥当な曲なのか、

アドバイスをお願い致します。

小2
ソナチネ アルバム1 7番  終了
ツェルニー 30番 6     終了

発表会
バッハ ミュゼットニ長調    です

Aベストアンサー

約30年前、音大卒。
ピアノ講師、学校の音楽専科の教師をしていた経験からお話しします。
お気持ちはわからないではありませんが、結論から言うと、今回はこの選曲でやった方がよいのではないかと思います。
実際のお子さんの実力というのは、今弾いている曲というのは、参考にはなりますが、聞いてみないと何とも言えませんが、理由はいくつかあります。

よく、ピアノのレベルを聞かれた時、〇〇を弾いている、〇〇は弾けるなどと言いますが、教える側からすると、音を沢山間違えるけど何とか止まらずに終わりまで弾ける、のか、、音符を間違えずに終わりまでは弾ける、のか、曲想までつけて弾きこなせているのか、実際、曲の完成度はピンからキリまで様々です。
発表会は、曲が間に合わないということは避けなければなりません。
普段は、もう何か月か弾いているので、どうしてもここが上手く弾けないけれど、まあ先へ行きましょう、とかが出来ますが、そういう訳にいかないため、やはり、どうしても実力相応か、少々簡単な曲で完成度を上げるということが多いかもしれません。
そのあたりはお子さんによります。
日頃どれくらいのペースで1曲仕上げているのかによります。
普段は音符さえ間違えないように弾けたら、大抵は次の曲に進むことも多いですが、発表会は曲の完成度を高めることが求められます。
たとえ低学年、簡単な曲を弾く場合でも、です。
暗譜もしなければいけませんし。

お子さんは何回目の発表会なんでしょうか?
今まではどうだったんでしょうか?
小2のお子さんとしては、進度的には進んでいる方だと思いますが、2か月前というと、週1回レッスンで8回くらいありますよね。
でも風邪で休んだりするかもしれませんし、やはり先生は無難に、余裕が残るくらいの日数を見込んでいるのだと思います。
ここまで教えていた先生なら、そのあたりは熟考された上での選曲と期間だと思いますが。

親御さんから、今からもっと難しい曲に変えてほしいというのも、日頃先生と充分コミュニケーションが取れているような関係なら言ってみても問題ないと思いますが、言わない方が無難かと思います。
変えてもらって逆に間に合わないことになったら大変ですし。
子供は素直な感想で言うことはあっても、親御さんからのそのような申し出はあまり聞いたことがないですし、もし申し出られて、逆に今から変更するような教師なら、私ならその力量を疑います。
次回の参考にするしても、言われたからいちいち変えているようでは教師としてはどうかと思ったりもするんですが…。


今回の曲が、簡単すぎてこまるくらいなら、次回は必ずそれ相応の曲を選んでくると思いますよ。
それくらい、ピアノ発表会や、学校の音楽会の選曲は、先生の日頃の指導力が現れる場面でもあるので、教師側は考えに考え抜いて選曲しているはずです。
基本的には冒険もしませんが、簡単すぎる曲も選ばないということになるでしょうか。

日頃はいろいろチャレンジしてみたり、曲の完成度までは、とてもそこまで丁寧にやっている時間はないと思いますので、発表会は少し簡単なように思えても、細かいところまで丁寧に弾き、完成度の高い曲に仕上げることを目標にしたらいかがですか?
それが発表会の目的の一つでもあると思います。
難しいといわれるような曲を弾けるようなことも大事ですが、音楽はただ譜面どうり演奏できればそれでいい、終わり、なのではなく、本当はそこからです。
難しい曲だと間違えずに弾くことが精いっぱいで、そこから先の余裕がなくなってしまうこともありがちです。
むしろ技術的に少し余裕がある方が、表現力豊な演奏ができると思います。
ピアノが上手下手というのは、まさにそこの差ですから。

発表会後、ちらっと「うちに子にはちょっと簡単すぎたみたいです」と言ってみたらいいどうでしょうか?
それなりの先生なら、それくらい言われなくてもわかるはずだとは思いますが…。

約30年前、音大卒。
ピアノ講師、学校の音楽専科の教師をしていた経験からお話しします。
お気持ちはわからないではありませんが、結論から言うと、今回はこの選曲でやった方がよいのではないかと思います。
実際のお子さんの実力というのは、今弾いている曲というのは、参考にはなりますが、聞いてみないと何とも言えませんが、理由はいくつかあります。

よく、ピアノのレベルを聞かれた時、〇〇を弾いている、〇〇は弾けるなどと言いますが、教える側からすると、音を沢山間違えるけど何とか止まらずに終わりま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング