在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

西洋の民族音楽、特にアイルランド音楽やケルト音楽に興味があります。

自分なりに探してはみたのですが音楽大学ばかりしか出てこず…。
楽器のレッスン等に通っているわけではないので音楽大学の受験は無理だと思います。

音楽の奏法や表現など、それこそ音大で学べるような技術的なことではなく、
なぜ、どこでどのように生まれたかなどの学問的なを学びたいです。
(奏法の勉強や表現の勉強などに興味がないわけではありませんが…)

青山学院大学の文学部や、早稲田大学の文化構想はどう?と学校の先生に言われたのですが
そこではアイルランド音楽ケルト音楽を学べるのでしょうか?

また、質問が多くて申し訳ありませんが
例えばピアニストやヴァイオリニストなど楽器のプロではなく
そういう人を支えたり音楽について研究できる職業ってどんなものがありますか?

ご存じの方がいらっしゃいましたら回答よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

西洋史が学べるところで,まずはアイルランド史を勉強する。

古代ケルト語・アイルランド語も(必要ならば独習で)やる。自分ではまったく演奏・採譜できないでは困るので,バグパイプなども練習する。そして大学院から留学する。これが順当なところじゃないかと思います。

ちなみに,アメリカン・ジョークでは,バグパイプ・ジョークというジャンルがあります。たとえば:
 トランポリンとバグパイプのちがいは?
 トランポリンの上で飛び跳ねるときは靴を脱ぐ。
といったもの 笑。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

passersby2さん、回答ありがとうございます!

なるほど、歴史等の勉強も必要ということですね…。
音楽だけ学べばいい!と思っていたのでそういうのも視野に入れてさがそうと思います。

お礼日時:2013/03/04 21:49

早稲田大学文化構想学部に在学中です。

文化構想学部ならば、多元文化論系の渡辺愛子教授がイギリス文化の専門家で「イギリス・アイルランド・英連邦諸国(BIC)ゼミ」を担当されています。「60年代ポップ革命 ―ビートルズとイギリス社会のヘゲモニックな関係―」という発表もされていることから、現代までを射程にとらえて学びたいならば、選択肢としては有力ではないでしょうか。

参考URL:http://www.waseda.jp/trns_cult/site_staff.html
    • good
    • 0

http://www.nuigalway.ie/centre_irish_studies/jap …
上記サイトを開いてください。良い情報があると思います。
    • good
    • 0

アイルランド語/アイルランド文化/歴史等の研究とと正式の音楽技能、知識などが不可欠でしょう。

日本の大学ではそのような専攻学科は有りますか? 
音楽大学でも音楽学専攻学科に民族音楽研究の課程があると思います。 芸大の音学学部にはあるようです。また、東大などの美学専攻で特に音楽/民族音楽研究へ進まれた人もおります。 現地でそれなりの研究も必要でしょう。 無論、英語は必須ですね。それも、外国人として最高に近い英語運用能力が、、。 その他、歴史学から進むこともありでしょう。

青山学院や早稲田にそれらを研究分野として専攻できる学部があるか否か、HPページなどで調べられましたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

wy1さん、回答ありがとうございます!

アイルランド語について学べる大学を調べてみましたが、
東京外語大にもありませんでしたのでそう多くないのでしょうか…。

レベルが高い大学だと結構やりたいことができそうなので、
今から勉強をしないとだめですね。
英語もがんばろうと思います。

お礼日時:2013/03/04 21:59

http://japan-ireland.jugem.jp/?month=201201

この人に聞いちゃうとか。

http://open-waseda.jp/gakubu/syllabus/list.php?k …
早稲田だと、授業というより教養講座みたいな感じもしますね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tanuki4uさん、回答ありがとうございます!

なるほど、そういう手もあるんですね…

科目一覧なんて見ることができるんですね!
初めて知りました。

もう少しいろんなところを調べてみようと思います!

お礼日時:2013/03/04 21:54

文化人類学という選択肢はどうでしょう.



「音楽」に凝り固まるとちょっとかじ取りが利かなくなりそうなので,もう少し幅広く音楽をとらえて,民族文化の一端として考えると,文化人類学が一番近いかな,と思いました.
学部として存在しているわけではないので,そういう研究室がある大学を探さないといけないことと,そこの教授以下助手までのだれかが,その地域の文化の専門家でないとちょっと厳しいかもしれません.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ciel_bleuさん、回答ありがとうございます!

ほー、文化人類学ですか。
Wikipediaで見てみましたがそれも面白そうですね!

教授も関係してくるのですね…。
もう一度探してみます!

お礼日時:2013/03/04 21:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゲール語って・・・?学ぶなら何語?

私は今度高校3年生になります。
外国語に興味があって大学が英語科に進もうと考えています。
私はアイルランドに大変興味があり、祖由来は住みたいって思うんですけど、ゲール語というアイルランドの昔の言葉?について興味があります。
今は田舎のほうでは話されているらしいんですが、都会のほうでも、母国語として英語と両方で使われているんでしょうか?
あと、日本にはゲール語が学べる大学や学校は当然ありませんよね・・・?
もし、英語とゲール語の両方が話せたらアイルランドでの就職に有利になるってことはありますか?

Aベストアンサー

 
  puni2 さんの説明の後では、大して役に立つことは書けませんが、アイルランド語は、昔から、わたしは憧れていたのですが、言語の資料が、どういう訳か見つかりません。(それにしても、puni2 さんは凄いですね。色々な言語を知っておられます)。ドイツ語ではだめなので、英語とのあいだの辞書とか文法書を捜していましたが、なかなか見つかりません。
 
  Teach Yourself の Irish は入手し易いですが、かなり薄い本です。巻末に簡単な辞書がありますが、文法書付属の語彙集ではとても足りません。大学書林に『ゲール語四週間』(「ゲール語四週間―アイルランド」カハル・オー・ガルホール (著), 三橋 敦子 (著) 単行本 (1983/03/01) 大学書林:価格:¥4,700)がありましたが、これは、TY の Irish と規模的に同じか、もう少し大きく、日本語なので、読みやすいです。英語の文法書で文法を学ぼうとすると、その言語にかなり通じていないと、説明が理解できないことがあります。特に言語の場合そうです。同じ大学書林に『ゲール語基礎1500語』がありますが、1500語では、話になりませんが、2600円で高いですが、日本語で辞書があるだけでも貴重なことです。日本語では、これ以外に、文法書や辞書はないはずです。
 
  英語だと、辞書は小さいのが色々ありますが(5,6種類は少なくともあります。英ゲール/ゲール英です)。大学書林の「1500語」とあまり規模が変わりません。ニュアンスが分かりにくいので、大学書林の方がいいかも知れません。ただ、英ゲールで、アイルランドの単語を引けるのはいいです。もう少し大きな辞書になって来ると、ゲール語-英語は中辞典規模のものが、日本円にして6000円かそれ以上であります。中小辞典は、3000円ぐらいのものがありますが、収録語彙数が、5000語を越えるのは難しいです(わたしは、この規模の辞書を、三、四冊持っていますが、説明が少なく、語数が少なく、役に立ちません)。2万語ぐらいは必要なのですが、それだとあったとして、数万円とかの価格になります。(いま、Amazon.com と Amazon.uk で調べた限りでは、中辞典も怪しいです。zShops(これは中古本を扱う書店のグループです)だと、100ポンドぐらいの辞書がありますが、100ポンドとは、何万円ということです。このぐらいの本でないと、辞書の役割を果たさないのです。つまり、大学書林の「基礎1500語」などは、単に、単語の意味が簡単に羅列してあるだけで、用例とか、複雑で多様な意味の広がりとかの説明がなく、実際に使用に耐えないのです。英語でも、小型辞書は、全部、そういう状態で、少し複雑な単語は出てきませんし、意味説明も簡単過ぎて、役に立たないことが多いのです)。
 
  珍しい言語は、文法書もありませんし、辞書も、まともなものは少ないというのが実状です。日本では、英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・ロシア語当たりなら、かなり安く、詳細な辞書も文法書も手に入りますが、少し特殊な言語、例えば、ギリシア語とかラテン語になると、辞書はありますが、小規模過ぎるか、極端に高価だとなります。まだあるだけましですが。アイルランド語やポーランド語は、そもそも日本では需要がないので、旅行者用の本ぐらいしかないのです。英米でもおかしなことに同じような事情のようです。(特殊な言語を学ぼうとすると、英語かドイツ語かフランス語ができないと、まともな文法書や辞書に接近することもできません)。
 
  アイルランドの出版社なら、英語とアイルランド語のあいだの詳細な辞書や文法書をかなり安く出版して売っている可能性があります。丸善で、アイルランドの出版社の出版物を調査してもらい、丸善から取り寄せるのが、一つの方法です。(アイルランドでは、当たり前過ぎて、子供用の辞書とか文法書しかない可能性もあります)。
 
  アイルランド語(アイルランド・ゲール語)は、ケルト語の子孫で、大陸ケルト語と島嶼ケルト語のなかの島嶼ケルト語に属します。島嶼ケルト語は、ゴイデル語系(Goidelic)とブリタニック語系(Brythonic)に分かれ、ゴイデルが、アイルランド・ゲーリック、スコトランド・ガーリック、そしてマン島語に分かれます。(ブリタニックは、ウェールズ語、ブリトン語、コーンウォール語です。……イギリス本島は、イングランド、スコットランド、ウェールズに分かれていますが、スコットランドには、スコットランド・ゲール語とはまた別にスコットランド語があり、ウェールズにはウェールズ語がありで、英語はイングランドにしか、その昔は通じなかったのです。英語とは、イングランド語のことです)。
 
  アイルランドでは、首都ダブリンでは、英語が主に話されているそうですが、共和国全体には四つの言語があるとされます。北部地域、ドネゴールなどでは、ゲール語が話されています。歌手のエンヤは、この地域の出身です。本名は、Enya と書くのではなく、ゲール語の綴りなのですが、どう見ても、「エンヤ」とは、世界的に読めないので、そう読めるような綴りにしたと言います(Enya の出身地については、以下のURLのわたしの回答にあります)。
  >No.180913 質問:エンヤの出身地
  >http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=180913
  
  ところで、四つの言語というのは、いま言った、英語とアイルランド・ゲール語、そして、アイルランド語発音のアイルランド風英語(ハイバーノ・イングリッシュ)と、アイルランド語の慣用語法が英語に取り入れられて、特殊な言語に響くアングロ・アイリッシュです。アイルランド北部が主要なゲール語地区(ゲルタハトゥ)ですが、その他にも、英語や、以上のアイルランド風英語が話され、使用される地域に混じって、ゲルタハトゥがあります。ゲール語地区でも、英語は通じますので、アイルランドで、アイルランド語でないと通用しないという訳ではありません。(なお、アングロ・アイリッシュの世界的文学者が、W・B・イェイツです。この人の詩を読んでから、感動と憧れで、ケルト語を捜しているのですが、無能なため、未だに訳が分かりません。……コミックで、あしべゆうほの『クリスタル・ドラゴン』(秋田書店だったと思います)を見てください。これは、紀元1世紀のブリタニアに話が始まり、イケニ(アイシーニ)族の女族長ボーディセア(Boudicca)のローマに対する叛乱とか、史実を織り込んで行き、ファンタシーには違いないのですが、どこで調べたのか、もの凄く詳しく、ケルトの歴史や言語を調べて、作品にしています。作品が始まって、十年以上経ちますが、いまだに未完です。最近、数年ぶりか、二年ぶりぐらいで、新しい巻が出ました)。
 
  というような事情です。検索すると、京都大学文学部で、場所を借りてか何か分かりませんが、アイルランド語講座というのを現在開いているようです。
 
  ゲール語は、アイルランド語のことのようです。英語で、Gaelic と言い、他方、Irish もあり、どう違うかよく分からないのです。イギリスでは、ゲール語というと、スコットランド・ゲール語のことを指すようです。
  

 
  puni2 さんの説明の後では、大して役に立つことは書けませんが、アイルランド語は、昔から、わたしは憧れていたのですが、言語の資料が、どういう訳か見つかりません。(それにしても、puni2 さんは凄いですね。色々な言語を知っておられます)。ドイツ語ではだめなので、英語とのあいだの辞書とか文法書を捜していましたが、なかなか見つかりません。
 
  Teach Yourself の Irish は入手し易いですが、かなり薄い本です。巻末に簡単な辞書がありますが、文法書付属の語彙集ではとても足りません。...続きを読む

Q民俗学を勉強できる大学

私は大学では民俗学を学びたいのですが、些かマイナーなので歴史学や文化学に組み込まれていて上手く大学が探せない状況です。
そこで、民俗学を勉強できる学科がある大学を教えて欲しいのです。
(○○学科の「中」で学べる、というので結構です。メインじゃなくて構いません)
出来れば、関西の共学がいいです。国公立、私立問いません。
条件が多いですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2の者です。
ひょっとしたらもうご存知かもしれませんが、割と簡単に検索できるところを見つけました。
よければ参考にしてください。

参考:リクルート進学ネット

参考URL:http://shingakunet.com/cgi-bin/shingaku.cgi?DUMMY=000&SYSTIME=20050315023316&SCRIPT=scl_gakkou_guide.cgi

Qどなたかアイルランド・ゲール語の単語の読み方を教えて頂けませんか?

どなたかアイルランド・ゲール語の単語の読み方を教えて頂けませんか? ceol[音楽.歌] cheasta[正直.誠実] curadh[戦士.英雄] saontacht[純真] seanchas[伝説] sochma[のんきな] suairc[愉快な.楽しい] paidir.guigh[祈る] farraige.muir[海] boladh[香り] toradh[果実] gaoth[風] luach[価値] foirfe[完全な] airgead[銀] dubh[黒] aistear[航海] fiosracht[好奇心] uasal[高貴な] file[詩人] firinne[真理] coill[森林] ionraic.umhal[素直な] aois[世紀] meas[尊敬] deoir[涙] duille[葉] foighne[忍耐] iontach[不思議な] uabhar[誇り] ciorcal.timpeall[丸] fonn[メロディー] すごく質問の量が多いですが何卒宜しくお願い致します_(。_。)_

Aベストアンサー

 ダブリンのトリニティー大学のホームページで聞いてみました。聞こえたのを雑な発音記号で書き、片仮名表記を加えました。#16の d には入破音があるように聞こえました。声門化された鼻音があるらしいのでそれぞれ[m'][n']と書きました。s はサの、sh はシャの、c はツァの、ch はチャの子音、x はドイツ語の ch に当たります。: は母音が長い時です。母音は文字化けするので5つにまとまましたから、あまり正確ではありません。

 http://www.abair.tcd.ie/index.php

1。ceol[音楽.歌] [cho:l]「チョール」

2。cheasta[正直.誠実] [sha:sta]「シャースタ」

3。curadh[戦士.英雄][koru]「コル」

4。saontacht[純真] [si:ntaxt]「シーンタハト」

5。seanchas[伝説] [shanas]「シャナス」

6。sochma[のんきな] [saxmi]「ソヒミ」

7。suairc[愉快な.楽しい] [swayk]「スワイク」

8。paidir.guigh[祈る] [po:jagui]「ポージャグイ」

9。farraige.muir[海] [fa:rigemui]「ファーリゲムイ」

10。boladh[香り] [bo:lu:]「ボールー」

11。toradh[果実] [ta:ru:]「タールー」

12。gaoth[風][gui]「グイ」

13。luach[価値][luwax]「ルワハ」

14。foirfe[完全な][forfan]「フォルファン」

15。airgead[銀][a:rgad]「アールガッド」

16 dubh[黒][du:]「ドゥー」

17。aistear[航海][a:shtan] 「アーシタン」

18。fiosracht[好奇心] [fistra:]「フィストラー」

19。uasal[高貴な][wassal]「ワッサル」

20。file[詩人] [fele]「フェレ」

21。firinne[真理][faidene]「ファイデネ」

22。coill[森林][kal]「カル」

23。ionraic.umhal[素直な][an'rehyu:l]「アンレヒュール」

24。aois[世紀][i:sh]「イーシ」

25。meas[尊敬][m'as]「マス」

26。deoir[涙][djo:i]「ジョーイ」

27。duille[葉][dalia]「ダリア」

28。foighne[忍耐] [faine]「ファイネ」

29。iontach[不思議な][i:ntax]「イーンタハ」

30。uabhar[誇り] [e]「エ」

31。ciorcal.timpeall[丸][teakulcancul]「テアクルツァンツル」

32。fonn[メロディー][fon]「フォン」

 ダブリンのトリニティー大学のホームページで聞いてみました。聞こえたのを雑な発音記号で書き、片仮名表記を加えました。#16の d には入破音があるように聞こえました。声門化された鼻音があるらしいのでそれぞれ[m'][n']と書きました。s はサの、sh はシャの、c はツァの、ch はチャの子音、x はドイツ語の ch に当たります。: は母音が長い時です。母音は文字化けするので5つにまとまましたから、あまり正確ではありません。

 http://www.abair.tcd.ie/index.php

1。ceol[音楽.歌] [cho:l]「チョー...続きを読む


人気Q&Aランキング