地球温暖化が進むと、今まで雨の多かった地域ではさらに降水量が増し豪雨に見まわれ、雨が少なかった地域ではさらに少なくなり干ばつに見まわれるそうですが、どうしてですか?

A 回答 (2件)

これに答えるのは簡単ではありません。

何しろ気象は複雑系なので、はっきりと予測できないことも多いのです。ではなぜこのように言われているかというと、気候モデルで計算しているからです。気象は物理現象なので、基本的には物理方程式を立てる事が出来ます。しかし、その方程式は非線形なので解析的には解けません(つまり式を変形して未知数を解くことが出来ない)。それでコンピューターを使って、その方程式をモデルに組み込んで数値的に力任せに計算して解くわけです。それを今の世界の状態を使って将来の予測をするのです。しかし、まだいろんな面で精度に限界があります。ただそれを承知である程度は言われたようにそう言う風になりそうだという計算結果が出ているのです。
    • good
    • 0

雨ができるメカニズムと、乾燥のメカニズムを考えれば、ある程度は想像できるかと思います。


気温が上がれば蒸発量も多くなりますし湿度も下がります。
これにより、降雨も多くなり、干ばつ被害も受けるかもしれませんが、必ずしもそうなるとは限らないと思います。
温暖化が進めば、低気圧と高気圧の性質にも変化が出てくるでしょうし、いつまでも気候の形態が一定であるとは考えられません。
もしかしたら気団の移動速度に大きな変化を生じて気候の逆転現象も生じるかもしれません。
予測不可能と考えるのが自然ではないでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ地球温暖化は魅力的か

地球温暖化は、今や誰でも知っていて、最も深刻で重要な環境問題として考えられているような気がしているのですが、そのほかの環境問題(例えば生物多様性の衰退など)よりも、これほどまでに地球温暖化が一般の人の心を捉えているのはなぜだと思いますか?

また、生物多様性という考え方の認知度を調べた資料などが載っている本やサイトがあれば教えて欲しいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

追加の追加です。
「人為的に排出される温室効果ガス」が温暖化の原因であるという科学的な根拠が無いために、あえて科学的な説明をしなかったのですが、それについて少々。

一般に、二酸化炭素(を含む人為的に排出される温室効果ガス)が増えたから、地球の平均気温も上がったと言われていますが本当にそうでしょうか?地球温暖化で検索をかけると、地球の平均気温が上がった後に二酸化炭素濃度が上昇し、平均気温が下がった後に二酸化炭素濃度が下がっているデータを見ることができます。

http://env01.cool.ne.jp/ss02/ss023/ss0231.htm

これは、地球の平均気温が変化したから二酸化炭素濃度が変化した、という原因と結果が逆の結論を示しています。一般に、海水温が高くなると気体の溶解度は小さくなります。だから、この結果は不思議なことではないのです。このデータが本当に正確なものか私には判断できません。しかし、このデータに対する明確な反論を見ることができないのも事実です。

さらに、スーパーコンピューターによる気候変動シュミレーションですが、それがはじき出した予測が、さも事実であるかのように報道されています。しかし、いくらすばらしいコンピューターを使っても、その計算式や初期数値が間違っていれば結果が違って当然です。エドワード・ローレンツが、コンピューターによって気象予測をしようと試み、それが不可能だと悟った(いわゆるバタフライ効果の発見)出来事を知らないのでしょうか。地球(惑星)システム学が提唱されてまだ日の浅い現在、海や大気、陸地などのそれぞれの場所から他の場所へどの程度物質やエネルギーが移動量、フィードバックの大きさなど、各系間の相互作用はまだ分かっていません。なのに、何故正しい数式を入れることができるのでしょうか。要するに、気候変動シュミレーターなんて、誰かにとって都合のいい数式を勝手に入力してたまたま出てきた都合のいい結果だけを報道しているに過ぎません。

言い始めるときりがないですが、科学的な視点で見れば見るほど(素人ではない人間であるほど)、二酸化炭素が地球温暖化の原因である根拠が見えなくなります。
しかし、素人は「二酸化炭素が地球温暖化の原因だ。二酸化炭素を減らせば地球温暖化を防ぐことができる」という非常に分かりやすい理屈を無邪気に受け入れます。この分かりやすさが一般の人の心を捉えているのでしょう。

追加の追加です。
「人為的に排出される温室効果ガス」が温暖化の原因であるという科学的な根拠が無いために、あえて科学的な説明をしなかったのですが、それについて少々。

一般に、二酸化炭素(を含む人為的に排出される温室効果ガス)が増えたから、地球の平均気温も上がったと言われていますが本当にそうでしょうか?地球温暖化で検索をかけると、地球の平均気温が上がった後に二酸化炭素濃度が上昇し、平均気温が下がった後に二酸化炭素濃度が下がっているデータを見ることができます。

http://env01....続きを読む

Q地球温暖化について

温暖化が進むと生物種が減少するということですが、
具体的にどういったシステムでそのような事が起こってしまうのか、そして現状もできれば教えてください。お願いします。
それと温暖化が進むとおこるいい事(ロシアの作付け面積が増える等)って何かあるのですか?こちらもわかれば教えてください。

Aベストアンサー

ryon2さんの回答を少し補足します。

植物の年間移動距離は,わずか数十メートルから数百メートルです。種子が散布され,それが生育し,また種子を散布する。この繰り返しで植物は移動します。

温度上昇が長い年月で進行するようですと植物も移動できます。例えば,高山にある高山植物は,気温上昇で北や高山に移動し,高山に取り残された植物です。

ryon2さんの言うように,現在の気温上昇が早すぎるから問題なわけです。

地球では過去に何回も大きな気候変動を経験してきました。しかし,その変動のスピードは,生物種が進化するに十分ではありませんが,一応対応できる範囲であったわけです。

ロシヤの現状ですが,ツンドラ地帯は衛星写真等で比較すると,厖大な湖沼に変貌しつつあります。タイガの針葉樹を伐採しますと,地表に光が届き,地温がわずか上昇し,永久凍土が解けるために起こります。伐採された木材は日本が輸入しているのですが…

作付け面積の増加は,地球規模で考えたら砂漠の増加等で差し引き大きく増えることはないと思います。残念ですが

Q地球温暖化で溶けた氷河の水のゆくえ

地球温暖化というけれど、氷河から溶けた水は本当に海面上昇にしか寄与しないのでしょうか?
氷河の溶けた体積から考えて、平均気温上昇に伴う飽和蒸気圧の上昇で飽和水蒸気量は20℃で17.31g/m^3が20.5℃で17.8331g/m^3で気温が2.5%上昇すると飽和水蒸気量は3%増える。空気中で吸収される割合の方が大きい。
氷の融解熱、蒸発潜熱考えてもなんとなく納得できないのですが、誰か教えてもらえないでしょうか?物質収支とかエネルギ収支とか合うのでしょうか?
人に何故と聞かれて、よう答えられませんでした。

Aベストアンサー

下記は有限会社 ゴッドフット企画(システム開発)のリンクです。
その中の地球温暖化による海面上昇計算ヘージです。
http://homepage1.nifty.com/gfk/sea-level.htm

下記リンクは第4次IPCC 市民のための環境学ガイド
http://www.yasuienv.net/IPCC4thRep.htm

下記リンクは気象庁のIPCC 第4 次評価報告書の技術要約
http://www.data.kishou.go.jp/climate/cpdinfo/ipcc/ar4/ipcc_ar4_wg1_ts_Jpn.pdf

以下レポートより
氷河と氷帽の質量欠損は、1961~2004 年にかけて、海面水位の変動に換算して年0.50±0.18mm、また1991~2004 年にかけては年0.77±0.22mm と見積もられる。
グリーンランドと南極の氷床が、1993~2003 年にかけての海面水位上昇に寄与した可能性がかなり高い。
全雪氷圏は、1961~2003 年にかけて、年当たり0.2~1.2mm の海面水
位の上昇に、1993~2003 年にかけては年当たり0.8~1.6mm の上昇にそれぞれ寄与している

地球上の雪氷の量は。観測結果によれば、雪氷は、一部に増大している地域やほとんど変化のない地域があるものの、世界的な規模で多年にわたり減少している。

近年利用できるようになった、ほぼ世界全体の海洋の水温データセットを使うと、熱膨張を直接計算できる。1961 年から2003 年にかけては、平均すると、観測された海面水位上昇の約4 分の1 が熱膨張による一方、陸氷の融解の寄与は半分以下と考えられている。

追記、冷凍庫の話を出されているようですが南極に扉は付いていません、つまり開けっ放しの冷凍庫の状態です。
暖流がせき止められるのではなく、真水の流入により塩分濃度が減り深層海流の大循環が弱まるという事です。
データを見たら分かりますが南極の海氷面積は数年で上下しており、特に増えているわけではありません。体積や厚さは不明な点が多く、人工衛星からでは分からない部分の調査の積み重ねが重要である。

下記は有限会社 ゴッドフット企画(システム開発)のリンクです。
その中の地球温暖化による海面上昇計算ヘージです。
http://homepage1.nifty.com/gfk/sea-level.htm

下記リンクは第4次IPCC 市民のための環境学ガイド
http://www.yasuienv.net/IPCC4thRep.htm

下記リンクは気象庁のIPCC 第4 次評価報告書の技術要約
http://www.data.kishou.go.jp/climate/cpdinfo/ipcc/ar4/ipcc_ar4_wg1_ts_Jpn.pdf

以下レポートより
氷河と氷帽の質量欠損は、1961~2004 年にかけて、海面水位の変動に換算して年0.5...続きを読む

Q地球温暖化の原因=CO2は嘘!?

海外テレビ番組の「地球温暖化詐欺」という番組内で、「二酸化炭素と地球温暖化の因果性は解明されていない」と言われていたのですが、本当でしょうか?

Aベストアンサー

「地球温暖化の原因=CO2」は本当。

CO2の出所が問題で、
「地球温暖化の原因=人為排出CO2」が嘘。

それで、実は正確には、
「地球温暖化の原因=海から放出CO2」が全く本当。



さて、
実は地球温暖化の原因はややこしい。



CO2は「海から放出」している。

遠い昔は、そのCO2を「地球森林が吸収」していたので問題なかった。


ところが、
過去8000年間にわたる「人間の森林伐採」で地球森林は激減し、CO2を吸収せず、CO2が大気中に溜まり増え、現温暖化は起きている。

つまり、
8000年前からの人間による「森林伐採」 → 「CO2を吸収する森林」が地球規模で激減 → 「海から放出CO2」が吸収されず、大気中にCO2は溜まり異常増加 → 現異常温暖化


つまり、
8000年前からの「人間の森林伐採」が現温暖化の根本原因。



温暖化を止めるには、世界的、国家的大植林しかない。

Q地球温暖化の原因、その勘違いについて

最近地球温暖化に関して調べる機会があり、その中で微妙な意見なども見つかったので質問させてください。

・二酸化炭素を排出削減しても二酸化炭素自体を減らすことは出来ないのか

・植林活動を行っても木は枯れると分解される際に二酸化炭素を排出、さらに燃料として使用されると無意味どころか排出が増える

・温室効果ガスは二酸化炭素やメタンなどが上げられているがそれ以上に水蒸気の温室効果が高い

・エコバッグや太陽光発電のパネルなどの生産で二酸化炭素を排出、一見本末転倒だが遠い目で見れば・・・・・の真偽(本当に遠い目で見れ
ば成果は上がるのか)

・北極の氷が解けても水面は上昇しない。では水面上昇の原因は気温上昇による海水の膨張なのか?それともグリーンランドなどの大地の上の氷が解けたためなのか?

・海水が気温上昇により含んでいた二酸化炭素を放出、また気温上昇の繰り返し→→食い止められるのか?

・もはや温暖化は食い止められない

・それより実際は周期的な気温上昇で異常とはいえそのうち下がる

・というか学者でもどーなるかわからない

・話は少し変わるがマイナスイオンが無意味だったときに企業が裁判にかけられたように今回もし温暖化が気のせいで、温暖化を叫びすぎた企業は裁判にかけられてもおかしくないのでは?

です。
出来れば一般常識的意見ではなく、学者などが出したような(わからないというのに変な話ですが)結果をお答えして頂きたいです。
よろしくお願いします。

最近地球温暖化に関して調べる機会があり、その中で微妙な意見なども見つかったので質問させてください。

・二酸化炭素を排出削減しても二酸化炭素自体を減らすことは出来ないのか

・植林活動を行っても木は枯れると分解される際に二酸化炭素を排出、さらに燃料として使用されると無意味どころか排出が増える

・温室効果ガスは二酸化炭素やメタンなどが上げられているがそれ以上に水蒸気の温室効果が高い

・エコバッグや太陽光発電のパネルなどの生産で二酸化炭素を排出、一見本末転倒だが遠い目で見...続きを読む

Aベストアンサー

http://www.nhk.or.jp/kokokoza/library/2007/tv/chiri/archive/chapter032.html
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/library/2007/radio/r2_syakai/index3.html
http://www.jcp.or.jp/seisaku/2008/20080625_ondanka.html
http://www.jccca.org/
http://www.erca.go.jp/ondanka/
http://www.nies.go.jp/escience/ondanka/ondanka01/index.html
http://www.ondankaboushi.jp/boushi/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報