はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

特別支援学級にいる生徒さんに対し、「ハンディのある人」という言い方は失礼にあたりますか?
生徒さんは、手足の不自由な方、精神疾患を抱えている方など様々で、彼ら全体を指しての言い方です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

学級新聞」に関するQ&A: 学級新聞の作り方

A 回答 (4件)

失礼には当たらないとおもいますが、より丁寧にいうなら、「ハンディキャップをお持ちの生徒さん」


「ハンディキャップをお持ちの方」といった表現になるかと。
ただし、特別支援学級にいる生徒さんてそもそも全員そうなんですよねえ。それをわざわざ「ハンディキャップをお持ちの生徒さん」というと、それじゃ「~をお持ちでない生徒さん」とはいったい誰のこと?
という疑問が生じます。質問者さんのニーズとしては、一般学級の生徒と区別したいということだと推察しますが、その意図が生徒に伝わるかどうか、不快感を与えないかどうかが問題となるでしょう。

学校教育法が特に定めていないなら、「特別支援学級生」と事務的に呼ぶ方が無難です。これなら、「手足の不自由な方」と「精神疾患を抱えている方」を区別する意図が無いことは明白ですし、不快感を与える懸念もなさそうです。

特別支援学級生が絵本づくり 益子 |下野新聞「SOON」
http://www.shimotsuke.co.jp/town/region/central/ …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

そうですね。より丁寧に言えましたね。私達の心が足りないところでした。

>「手足の不自由な方」と「精神疾患を抱えている方」を区別する意図が無いことは明白ですし、不快感を与える懸念もなさそうです。

仰る通り、区別する意図はありません。
でも、これからも特別支援学級の方々とおつきあいがありますので、もっと心のアンテナを張っていきたいと思います。

お礼日時:2013/04/19 12:23

 近眼の子どもも、母子世帯も、家が貧しい世帯もそれぞれハンディを抱えています。

「いろいろ困難をお持ちの皆さん」あたりでいかがでしょうか。それと例示だからこだわる必要はないともいえますが、トップは知的障害ではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

今回は手足のみにハンディキャップのある方の代表と思われる方(健常者です)から、言葉の誤りを指摘されたのですが、あたりまえですが、他意はなくても言葉を受け取るのは相手方ですので、難しいところがありますね。

お礼日時:2013/04/19 12:26

>失礼にあたりますか?



個人的には大丈夫とは思いますが、
どいういう言い方をしても気に入らない人、一言いう人はゼロではないでしょうからね。

>彼ら全体を指して
ひとまとめにされる事を気に入らない、と言う人もいるでしょうし。

ここはひとつ、客観的事実で呼ぶのがつっこみどころなくてよろしいかと。

>特別支援学級にいる生徒さん
なら「特別支援学級の生徒さん」と。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>>彼ら全体を指して
>ひとまとめにされる事を気に入らない、と言う人もいるでしょうし。

そうなのです。
こちらもよくわからず対応してしまったこともあるのですが、
お体の不自由のみある方の代表の方から「精神は問題ありませんので(精神の疾患がある方と)ひとくくりにしないでください」と指摘があったのです。

私達は特別支援学級で歌を披露したのですが、私達の不勉強なところもあり、ちょっとがっくりです…。

お礼日時:2013/04/19 12:18

「ハンディキャップのある人」とかなんかごまかす手しか思いつかないです。


言いようがないですものね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

そうですね。できるだけ正しく他意の無い言葉を使いたいですものね。

お礼日時:2013/04/19 12:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q身体障害者に代わる用語はありませんか

福祉関連の仕事を始めるものです。以前新聞か何かで「精神薄弱」を「知的障害」に置きかえるという記事を見かけたことがあります。今では、「精神薄弱」という言い方は公の場では聞かれなくなり、「知的障害」に変ったのかなと感じております。
 社内の会議で、「身体障害者」と「精神障害者」という言葉について話題になり、”公の場で「身体障害者」や「精神障害者」という言葉を使うときは注意して使って下さい。差別用語として相手に伝わることがあります。”という注意がありました。
 「身体障害者」に代わる言葉、「精神障害者」にかわる言葉は、どんなものがあるのでしょうか。
 

Aベストアンサー

 米国ではハンディキャップという表現をしていますが、実用上は和製英語的に「ハンディのある方」はどんなもんでしょう。

Qネイティブはハンディキャップを何と言うの?

最近ネイティブの人は、障害者のことを「handicap」と言わないと聞きました。
障害者・ハンディキャップのことは何といってるのか知りませんか?

Aベストアンサー

Great-dayです。

handicappedやdisabledも通常使われている単語です。 たしかにこれらの単語に関して「うるさく」言う人はいます。 しかし、障害者がそれを気にしているかと言うと逆だと私は彼らから感じます。

challengedとかいう表現もたしかにhandicappedとかdisabledと言うような単語の持つネガティブは意味あいをなくすようにできた単語ですが、部落民などと呼ばれていた人たちが法律で平民と同じように扱われるべきだと言う事で新平民というように呼ばれました。 名前だけ変わっただけのことで平民と差別した事に変りはありません。

challengedも他のPC語もこれと同じなのです。challengedがhandicappedと同じ意味で使われていると言う事が分かれば、障害者にとっては何の役にも立たない単語なのです。

だからこそ、建物やお店の入り口に近い方のparking lotには今での100%handicapped parking totとかかれていますし、diabled parking lotと表示されており、障害者を証明するタッグやライセンスプレートがなくては駐車違反となります。

障害者の殆んどは障害者である事を意識的に感じたくない、扱われたくないんですね。 必要以上の同情を持ってもらいたくない、と言うことなんです。

対等に自然に付き合うことが非常に大切な事なんです。 人間である以上、気持ちのこもった手助けは喜ばれます。 しかし形だけのものならいらないと言う事でもあります。

人間誰でもハンディキャップはあるものです。 それが近眼で視力の弱い人もハンディキャップです。 英語になれていない外人もハンディキャップをしょっているのです。 身体障害者だけがハンディキャップをしょっているわけではありませんね。

人間である以上、俗に言うハンディキャップをしょっている障害者でも、そうでない人よりももっと強い点はあります。 自分のハンディキャップを超える強い精神力や、人一倍の愛情、また、技術の面でもすばらしい人たちはたくさんいます。

それらの人たちを見下げるような形の同情はいらないという気持ちはこれで分かるとおもいます。

下手にchallengedと言うようなPC語を使う事で、「私を障害者として意識しているんだ」と言う気持ちがより強くなる事を避ける事はできなくなるわけです。

人にはできない事がたくさんあります。 そのできない事に対し心から手助けしたいという気持ちがあれば、handicappedと言うような言葉は全く意味をなさない事になります。

この姿勢はかなり前からアメリカにはあります。 同情すること無しに普通に付き合うことで自然とそれらの人に対しhandicappedと言う単語もでなくなるわけです。

下手に優越感を感じる人こそ精神的障害者であるとまで私は言います。 

私などはHey, you guys are not handicapped at all. I'm handicapped and reverse-discriminated by the handicapped parking lot. I have to walk a longer distance after I park my car!! hahahaと一緒になって笑っています。

障害者を障害者と呼ぶ必要がどこにあるのでしょうか。 また、障害者のために努力する事で「障害者」と言う単語を使ってどこが悪いのでしょうか。 

差別用語は差別する為の単語であって、状況を示す為であれば使ってもおかしくは無いはずですね。 だから、おかしくはないのです。 だから、公然としてHandicapped parking lotと大きく書いてあるのです。 ここでparking lot for the challengedとなんて書いてあるところは私は知りません。

身体障害者の多くの団体ですら、彼ら自身をhandicappedと呼んでおり、団体名もhandicappedと言う単語がそのまま使われています。

口先だけで単語を変えても彼らにとってなんの役にも立たないのだと言う事を知ってください。

と言う事で、PC語はありますが、handicapと言う単語は未だに殆んど問題なく使われています、と言う回答を書かせてもらいました。

Great-dayです。

handicappedやdisabledも通常使われている単語です。 たしかにこれらの単語に関して「うるさく」言う人はいます。 しかし、障害者がそれを気にしているかと言うと逆だと私は彼らから感じます。

challengedとかいう表現もたしかにhandicappedとかdisabledと言うような単語の持つネガティブは意味あいをなくすようにできた単語ですが、部落民などと呼ばれていた人たちが法律で平民と同じように扱われるべきだと言う事で新平民というように呼ばれました。 名前だけ変わっただけのことで平民...続きを読む

Q「障害をもつ」から「障害がある」に表現するようになったのはなぜ?

「障害をもつ」から「障害がある」という表現にするようになったのは、いつから、どのあたりで、どのような理由から、そして現在の状況等について・・・教えてください。
障害は自発的にもつものではないことは理解していますが、「障害をもつ」と言う言葉を使ってはいけないとか、また使わないようにしようというようなことを明文化したものがありますでしょうか? 決して反対の立場にいるものではありません、詳しく知りたいのです。
放送・行政関係では使ってはいけないと言うようなルールが定められているのでしょうか、どなたか教えていただけないでしょうか、些細なことでも結構ですからよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

さあ、どういうことがきっかけだったのか、90年代前半から新聞各社で自粛が始まったのは記憶しています。障害児を持つある母親が全国紙の新聞社に投稿しました。「障害を持ちたくて持っているわけではない。だから『障害を持つ』という表現はやめて欲しい」。個人の記憶では、これがきっかけだったのではないかと。ちなみに投稿先は朝日新聞だったと思います。

その投稿による自粛が始まったのは、92年ごろではなかったかと…。大ざっぱで申し訳ないのですが、とにかく私が記憶にとどめている限りでは90年代前半です。

明文化されたものはたぶんないのでは。ただ、マスコミはそれぞれの社で「差別用語ガイドブック」みたいな物をつくっているはずです。内部文書扱いで一般には出回っていないと思います。頼めば見られると思うんですが。秘密にするようなものでもないし。

問い合わせる先としては放送・新聞各社とも読者広報室というような部署があるので、まずそこに当たってごらんになればいかがでしょう。

現在の状況ですが、少なくとも大手マスコミは「障害がある」に言い換えています。上司や校閲者の判断にもよるのでしょうが、社外筆者に対しても言い換えを要求しているようです。なんだったかで、筒井康隆さんの「マスコミの言葉狩り」に対する怒りのエッセーを読みました。

どうも記憶があいまいで済みませんね。わたくし自身、重度障害者なので、少々興味があるご質問でしたが、書いているウチに恥さらしみたいな気がしてきた…。

さあ、どういうことがきっかけだったのか、90年代前半から新聞各社で自粛が始まったのは記憶しています。障害児を持つある母親が全国紙の新聞社に投稿しました。「障害を持ちたくて持っているわけではない。だから『障害を持つ』という表現はやめて欲しい」。個人の記憶では、これがきっかけだったのではないかと。ちなみに投稿先は朝日新聞だったと思います。

その投稿による自粛が始まったのは、92年ごろではなかったかと…。大ざっぱで申し訳ないのですが、とにかく私が記憶にとどめている限りでは90年...続きを読む

Q障害がある、障害を持つ どっちが正しい言い方?

障害者について語るとき、「障害のある方」とか「障害を持つ方」と言う言い方をしますが、公的な文書を作成する場合、どちらの言い方の方が的確なのでしょうか?

また、「障害」「障碍」「しょうがい」の記述の仕方ですが、それぞれ皆さんの考えがあると思いますが、どう記述すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

まずはじめの質問ですが、「ある」のほうが一般的に使用されているようですが、前後の文脈でどちらを使うか考えたほうがよさそうです。

しょうがいの表記ですが、まだ「障害」が一般的です。ただ、「害」の文字を使わなくしようという運動が活発化してきて、「障碍」「障がい」を使うケースが増えてきています。「障碍」は読めない方もいらっしゃることを考慮し、まだ一般的な「障害」か「障がい」を使うとよいのではないでしょうか。

Q障害者という言い方について

 一般に、障害者と言う言われ方がされていますが、この言い方ではなくて
障{}者とか言う別の言い方があって、そのほうがふさわしいと聞いたことがあります。何だったかおもいだせないのですが・・・・お願いします。

Aベストアンサー

sassyさんが言われているとおり、かつて障害者というと、「害」と言う字が使われマイナスイメージどころか、社会的に害となる存在として認識されていました。
ですが、ノーマライゼーションの認知やバリアフリーが叫ばれるようになり、害という字を使うこと自体が人間として扱っていないと批判になり、一部では障碍と当てはめられるように変わりました。メディアなどでは、今もなお「障害」と言う字を使われています。
そして最近では、障害者・健常者という人種はいないと言うことから、
「」をつけ「障害」者とされることが多くなりました。意味合いとしてはいわゆる障害のある人となります。

Q身体(肢体)不自由な方の呼び方

手足目耳声など不自由な方を傷つけなく指すときどう言う言い方をすればいいのでしょうか?「○○さんは耳が不自由なので」とか「×××さんは目が不自由です」でいいのでしょうか?

又ご本人に確認するときは「不自由な手はこちらですか」でいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

#1の方がおっしゃってるように「不自由」で全ての障害(これも”害”の字がイヤだとおっしゃる方も居ますよね)を表現するのは、気を悪くさせない表現とは言い難いですよね。^^;

全盲の方は「目が見えない方」弱視の方は「目がよく見えない方」と具体的な表現で第3者に紹介したりはしますが、ご本人が居る場合、ちょっと困りますよね。^^
私は、ご本人が居たら「自己紹介」して貰ったりします。(汗

確認の場合は、一対一なら「動かしづらいのはこちらの手ですか?」とか「どこに麻痺があるのですか?」とかズバって聞いてますが・・・信頼関係がない初対面なら人によっては傷つきますよね。

う~ん。回答になってないですね。

Q間隔は「開く」?「空く」?

今日の新聞の夕刊に「間隔は開かない方がいい」という文章がありました。
この場合、「開かない」は「ひらかない」であって「あかない」ではないですよね?

間隔を「あける」時は「空ける」で、間隔を「ひらく」時は「開く」という漢字の使い分けでいいのでしょうか。
また、そもそも「間隔を開く(ひらく)」という表現はありますか?
間隔が主語ならいいのかな……

考えれば考えるほど混乱してきました……普段使っているような使っていないような……

Aベストアンサー

「開かない」の読み方ですね。

「あく」に使う漢字は、
空(あ)く=からになる。席が空く。間が空く。手が空く。
開(あ)く=ひらく。穴が開く。戸が開く。幕が開く。店が開く。
明(あ)く=ひらいて見える。目が明く。埒(らち)が明かない。

よって、意味から考えると「空(あ)く」を使うべきでしたよね。

開(ひら)くと使う場合は、扉(を)開く。大会(を)開く。本(を)開く。店(を)開く。
となります。反対語が「閉じる」である事から、
閉じないものをひらく様な使い方には使わないと思います。
「間隔」は、詰める事はあっても閉じるとは言わないので、
「あかない」と読む事例ではないですね。

Q障害者への接し方

気になることがあったので質問させてください。
私はいままで多く障害者と接することがありました。
以前、傍若無人に振舞っている障害者がいたので
私がその人に注意したところ、まわりから
冷ややかな目で見られ、
知人から「障害者だからもっと気を使ってやれ」という
指摘を受けました。
また、別の人で偽足の人に
私が卓球をやってみないかと
私が勧めたら、物凄く傷つけられたという
リアクションが返ってきました。
私はそのひとが偽足といえど
普通に歩いていたので卓球はできると
思って勧めたのですが、
「そんなことできるわけないじゃないか」
ということでしょうか、私がとても悪いことを
したようなことになってしまいました。
向うから足の事を愚痴ってきたこともあったのに
私が障害のことに触れると悪いように言われるのは
矛盾してるように感じますが。
私が一番聞きたいことは「障害者の人には
健常者と同じようには接してはいけないの?」
ということです。
御意見お聞かせ下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

貴方が仰ることは間違ったことではないと思います。間違った事をしていたり、人に嫌われる言動があったならその人が誰であれ注意はするべきでしょう。また体に不自由なところがあっても出来る趣味やスポーツなど、気分転換や生き甲斐になることを勧めるのは間違いではないと思います。

しかし、話の持って行き方などには配慮するべきでしょうね。
障害の有無に関わらず人には触れて欲しくない部分はありますし、そこをつかれると不愉快に感じるでしょう。障害を持つ方がその事をどのように感じているか、それは性格によって違うのですから、そこを理解してないと傷つける事になると思います。

1人の人間として尊重し対等に接するべきですが、同時に障害を持っている事への配慮も忘れてはいけないと思っています。
同じように接するべき所と、接してはいけない所を相手の視点に立って考えるべきではないでしょうか?

Q○○ゼミ記入→担当教授の名前を記入?

エントリーシートなどでよくゼミ名記入の欄があるのですが、私は今までそのゼミの内容、専攻(例えば『近世文学ゼミ』)の名前を書いていましたが(その方が他の人にも分かりやすいと思って…)、どうやら説明会などで周りを見ていると皆、そのゼミの担当教授の名前(例えば『山田太郎ゼミ』など)を書いているようです。

やはり、この欄には担当教授の名前を書くべきなのでしょうか?
今まで専攻のゼミ名を書いてエントリーシートを提出していたので、心配になって来てしまいました。。

どなたか教えて下さい!よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

結論から言えばどちらでも良いと思います。

担当教授が、その研究分野で知名度が高い場合は
教授名を書いておくと良いような気がします。
また、履歴書の中の自己アピールのような欄に、
これまでの研究について書いていく場合は、
同じく担当教授名を書いておけばよいと思います。

そうでない場合は、あなたがなさってきたように
ゼミの内容を書かれているほうが、面接をする側にとって親切だし、これまで勉強してきた内容をアピールしやすいので良いと思います。

納得のいく就活をしてくださいね☆

Q「輩(やから)」ってどういう意味ですか?

テレビやラジオで関西の芸人さんが「ヤカラや」って言ってるのを聞いたことがあるのですが

意味が分かる方、教えてください。

関西方面の言葉(大阪弁)なのでしょうか?

Aベストアンサー

大阪出身のものです.
疑問に思われたということは,一般に使われている「・・・する人たち」というような意味ではなく,いきなり一つの名詞のようにして「やから」が出てきたのではないですか?
もしそうなら,それは「やくざや不良など,理不尽な言い分を押し付ける人」という意味に使われているものです.特にやくざ限定というわけではなく,街のおっさんでも,変な因縁をつけてきたら,やからです.
また,「やかられる」(=因縁をつけられる,からまれる)などという言葉もあります.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング