dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

ただの主婦ですが、逆に日中会社員の身動きできない時間に公式情報を「ラジオたんぱ」とかの情報を知りたい「ロイター」などの情報を早く知りたいと思いますが、1か月数千円程度までなら投資しても良いかと考えています。
赤字会社が黒字になったとか、○年間無配当から配当を出せるようになったとか、どこかと提携等したとかの公式情報をインサイダー以外ではどこが早いでしょうか?
小さく分ければ銀行よりよいかと考えます。
株の経験はあります。
生活に影響するほどの金額は投資する予定もありませんし、恥ずかしながら予算もありませんが、将来の年金について、某国営放送を見て心配になりました。

A 回答 (4件)

「日経press release」というHPがあります。


新聞記事になる公式の情報が載っています。
かなり多いので、投資の前にチェックされることを
お勧めいたします。
http://release.nikkei.co.jp/

また「兜町ネット」のライブニュースも詳しいので
時々チェックされるといいでしょう。
http://www.kabutocho.co.jp/

「投資WEB」もわかりやすくてイイデスネ。
産経新聞の株式サイトです。
http://www.sankei.co.jp/advertising/toshin/

お気に入りに入れて置かれるといいでしょう。

参考URL:http://release.nikkei.co.jp/,http://www.kabutocho.co.jp/,http://www.sankei.co.jp/advertising/toshin/
    • good
    • 0

インサイダーがある以上、ニュースバリューは小さいです。


インサイダーがない情報の方が株価にインパクト与えます。
私は、TVのニュース番組をハシゴしてます。

>>赤字会社が黒字になったとか、○年間無配当から
>>配当を出せるようになったとか
株価にインパクトがある情報公開は大引け後が多いのではないですか?
ですから、ヤフーファイナンスのニュースでも十分使えます。

特定の銘柄に絞って売買を繰り返す方法を取っているのでしたら
ニュースよりもテクニカカル分析で売買した方が大きく稼ぐチャンスが
広がります。

テクニカル分析の問題点は、出来高の少ない銘柄は役に立ちません。
取引金額から低位にある大型株を狙う方法を勧めます。

どんなことをするかは参考URLの株式部門を参考にして下さい。
テクニカル分析が役に立たないと言う人が多くいますが
上述の様な向かない銘柄を分析しても駄目ですし
向いている銘柄でも、分析方法を理解していない人の
話だと考えています。

相場は相場に聞けと良く言いますが、聞く方法がテクニカル
分析です。それに、ファンダメンタルの分析が出来れば
鬼に金棒です。

参考URL:http://www.sevendata.co.jp/option/kenkyu_menu.htm
    • good
    • 0

#1です。


補足します。
まず、ダイエーやライブドアは、最初に出たニュースで利益を出したのではないことをご理解ください。
最初に変われたときの株価の推移を見ていただければ一目瞭然だとは思いますが、ご購入前にすでにそのニュースは織り込まれてしまっているはずです。では、なぜ利益が出たかというと、市況全体の上昇や、二の矢三の矢のニュースの発表によるものです。なにが言いたいかというと、ニュースに頼って購入したとしても、実はそのニュースがすでに織り込まれた株価で買っているということです。

ライブドアであれば、例えば100分割が発表された後、そのニュースで2日連続ストップ高しましたが、その後分割まで一度もその値段まで戻していません。ということは、ニュースで買っていれば損ぎりをしていたということですね。これは極端な例ですが、ライブドアに限らず、ニュースで吹き上がると必ずいったんは調整します。ここで5%の損切りルールに引っかかるということです。
でも、長く持ち続ければ今当時の値段よりも高い値段がついていますのでOKということです。
日本信販が、UFJグループ入りを発表したときも緩やかですがそうなっています。
例えば、赤字が黒字に変わったニュースが発表された。これは、良いニュースですが、ニュースではなく悪い会社からいい会社に変わったということです。ですから中期で持てばかなりの確率で利益がでるでしょう。
あくまでも短期ということであれば、ニュースではなくテクニカルに頼って売買されることをお勧めします。
短期でニュースを使うのであれば、ニュースで吹き上がった、または暴落したその後の跳ね返りを狙ったほうが精度は高いですよ。

この回答への補足

再度の回答ありがとうおございます。
中途半端に補足したので、誤解されたと思います。
私が購入したのは、両銘柄とも3月15日です。
L社は確かリナックスがらみで、
D社は再建銘柄で2月から注目していましたが、福岡の関連で、買いました。

L社は某バーチャルの達人の購入した銘柄も参考にしました。
その達人の購入銘柄を研究すると、どうも、ニュース情報から、判断して、購入しているようでしたので、日中は私もできると思いました。
私はテクニカルには自身も知識もありませんが、経済の情報と人がどう動くかはある程度予想できると思いますので、ディトレードというより、週のトレードなら何とか損しないで、運用できると考えています。
生活費には手を付けず、3か所以上に分散し、損切りを早くすると生活に困るような損は少ないと思います。
日中の時間が最大の武器かもしれません。
バブルの時はいずれ下がると予想はついていました。
私が株を始めたのはバブル後です。

補足日時:2004/03/21 23:07
    • good
    • 0

今は、開示システムが整ってきています。

公式情報ということであれば、東証の適時開示情報システムが一番早いです。なぜなら、どの会社もここに掲載するイコール開示だからです。公式情報でここより早いものはありません。(大証の銘柄は大証のHPに同様のコーナーがあります)

お求めのものがいわゆる「スッパヌキ」情報なら、ネット上に怪しい情報サイトがたくさんありますが、信憑性の部分で?ですね。

また、私の経験則で申し上げますと、いわゆる早駆け情報で売買をするとろくなことがありません。理由は情報で売買するいわゆるデイトレーダーみたいな人のおかげで必要以上に株価が乱高下します。いい情報で買っても高値掴みというパターンがおおいです。

剰余金で10倍20倍を狙って遊ぶという趣旨でなければ、財務のしっかりした成長企業に分散投資し、成長している間持ち続けるのが一番硬いと思いますがいかがでしょう。

参考になればさいわいです。

参考URL:https://www.release.tdnet.info/inbs/I_main_00.html

この回答への補足

回答ありがとうございます。

経験話もありがとうございます。
私の今の考えとしては、赤字企業からの黒字予想がでたとか、回復銘柄、提携など素人が見ても良い材料(発明・新製品等)で短期に投資を考えております。
値上がりしなければすぐ売る考えです。
バーチャル株で練習後、実践でも少し「ダイエー」「ライブドア」で利益がでました。高い株は予算がありませんので。
株価が100円程度のところは結構あるようです。
100円を2000株で購入すると手数料525円(税込み)で
200525円ですが、2円あがると
204000円から
525円光れ
203475円で2950円の差益で、銀行より良いと思いますが、考え方はおかしいでしょうか?
リスクも考えて、3か所以上に訳、長期では持たない、
週末はなるべく売っておくなどしてリスクを減らそう戸考えています。今のところは数%は利益がでていますので、
主婦の日中の時間を利用しようと考えています。
昔は100万円単位の取引もしましたが、今はインターネットを利用して損切りは5%下がればとにかく売る考えです。3から5銘柄なら見張っていられます。

経験てきにはどうでしょう。

補足日時:2004/03/21 09:16
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!