『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

厳密にいうと、「女性が被害者意識を強く持っている」という事ではありません。
「女性は被害者である(、それによって特別な存在である)」という意識です。

この意識は、当然ながら女性自身も持っている人が結構居ますし、更には男性も持っていますし、何よりも恐ろしいのが、「社会的習慣にいつのまにか刷り込まれている」事ですね。

最近社会問題になっている、痴漢冤罪事件とかも、悪意の女性による完全な誣告以外は、殆どがこれが原因です。
女性は被害者なんだ、という決めつけから、証拠がなくても女性が言ってる事が正しいんだ、とされたり、下手すると「痴漢をする奴が悪い、つまりは男性が悪いんだから、仮にこの当該男性がシロだろうとクロだろうと構う物か、だったらクロにしちまえ」としか思ってないんじゃないか、という状況にすらなってきます。

痴漢冤罪とは違うのですが、自分も前にえらい目にあった事があります。
ここで何度も何度もしつこく例に挙げる事ですが、自分がスカート男子で、あるショッピングモールで買い物をしていたら、帰り際に突然、黒服の保安員に「パンツ穿いてないんじゃないか!?」とケンカを売られて、否定して事情を聞いたのにも関わらず、話を全く聞いてもらえなかったという事件があります。
さすがにこれはひど過ぎると思った為、後日家族を通じてクレームの電話をした所、やっと事情を断片的に聞く事ができましたが、原因は別の女性客が変な事を吹き込んだ事が発端だったそうです。

その黒服は「パンツを穿いていない」と最初からやけに具体的な事を言っているので、恐らく女性客は、当方がパンツ穿かずにスカート穿いてるとでも言ったのでしょう。
でも、これって矛盾していますよね。
なぜなら、いくらなんでもスカートの上からパンツを穿いているかどうかなんて、分かる訳がありません。
エスパーじゃあるまいし、当方がスカートを穿いている所まではそりゃ分かるでしょうけど、下がどうなっているかが分かるというのは、矛盾した発言です。

でも、そこで黒服はその矛盾を全く見抜くことができませんでしたし、黒服自体も当方のスカートの下がどうなっているかなんて、同じ理由から分かる訳もありません。
だというのに、あの仕打ちをしてきたということは、いかにその女性も黒服も、「女性の被害者意識」と言う物がとんでもなく強かった、としか思えません。
感情論が先立って、証拠もロジックもメチャクチャです。

勿論、こんな経験はいつもいつもしている訳でもありませんし、全員が持っているとは思いません。
しかし、社会的には根付いていますし、女性の被害者意識が強い人もいます。
ある公立図書館では、女性専用席なんて物を作り、物議を醸し出しました。
当方が大学時代も、なぜか女性用の休憩室なるものが、別に一カ所ありました。
その他、公営施設や、教室で行われるサークルやクラブ活動などでも、女性しか入会出来ないサークルというのはたくさんありますが、男性しか入会出来ないサークルというのはまず有りません。
なんかにつけて男性を排除する、そんなところがとても多いです。

「女子会」なんていう言葉もわざわざ作られました。
(一方「男子会」という言葉が使われることはレア。)

ラディカルフェミニズムの団体とか、もはや女性の被害者意識団体そのものです。

女性差別がいけないというのは分かっていますし、自分もその様なことはしない様にしています。
しかしながら、それにかこつけて性差別を抜本的に改善するのではなく、なにかと理由をつけて男性を弾圧したり、男性が悪いからだと男性に一方的に責任を押し付けたりするのが多く、またそれが本質的な意味で大きな社会問題として扱われないから、由々しき事だと思います。
僕は譲り合いはしますし、自分が譲るべき状況であれば相手に譲りますし、譲ってもらうべき状況であれば、遠慮なく譲ってもらいます。
しかし、レディーファーストだけはしない事にしています。
全く意味の分からない習慣だと思っていますし、むしろこれは男女平等に極めて反する物だと考えていますので、反対の立場です。
無論、女性には絶対に譲らない、ということではないし、レディーファーストじゃないからメンズファーストかというとそういう意味では全くなく、男女問わずこちらが譲るべきだと思える理由が他にあるのであれば、当然積極的に譲ります。

あ、こんな質問を書いちゃうぐらいだし、自分だって人の事は言えないと思いますし、そんな事は分かってるつもりです。
しかしながら、それ以上に「女性の被害者意識」というのは、あまりにも強いと思います。
当然女性にも、更には男性にも、トドメには社会習慣、にそれが根付いていて、これはいくらなんでもあんまりだと思っています。

どうして女性の被害者意識って、こんなに強いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

お礼ありがとうございます



ショッピングは女性客の醍醐味と いっていいくらいですから、女性の割合が多いんです。
だから 女性のマナー違反が目立つのは当然?かな。女児が スーパーでローラースケートで滑ってるの割合も多いのは確かですが、一歩外に出たら 男児の自転車違反のほうが 目立ちます。
まぁ 必ずしも女性が弱者ってのもおかしなことですが、女性が集う場所 男性が集う場所で違ったマナー違反が見受けられます。まぁ そこで 贔屓なく悪いことは悪いと言えればいいのですが・・・。
現実的に 女性が感じる女性差別もありはしますが、男性差別を取り上げてるので今回省きますが
男女平等社会を作り上げて 改善した部分もありましたが 最近は女性進出するや逆DVが増えつつあります。男性からよりは致命的でも 数も多くは無いですが 男性と違うという例外はないと遺憾に思いますね。たとえ女性でもDVした者は贔屓するのではなく ちゃんと罪は罪として男性とであれ同等に取り扱いして欲しいと感じる次第です。それは男女うんぬんではなく 人権侵害したのには変わりありませんので。男性も女性から殴られると痛いのは事実だし 弱い男性だっているのですから。男だからって見捨てられたらたまらないです。たかが女性の力であれど簡単に男性を致命傷にさせることも出来ますし、女性だって強い人もいます。男女の力の差なんてたかがしれてますので。女性が払う慰謝料は少なくて男性が払う慰謝料が明らかに多いのは意味不明です
これは改善して欲しいです。

まぁ 前にも言いましたように 男女とは 区別がある限り 差別もおまけですから お互い頑張るしかないです。
人生なんて80年くらいしか生きないから 小さいことはあまり考えないほうがいいですよ。



<死んだら性別なんか無い>悔しくなったら思い出して少ない人生乗り切っちゃえ
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

まあ、確かに前回の車の例もそうですが、現実的に事故が起きれば、弱者が優先されてしまうかも知れません。
その点、具体性のないことはどうなのでしょうかね。

被害者意識ってのは、基本的に「具体性は無い」事が多いと思います。
なんとなく男性が排除されてみたり、そもそも起きなかった事件が起きた事になっていたり、という事ですね。
ちょっと不思議です。

お礼日時:2013/08/22 01:12

車の法律も 弱い立場から順に強いんですよね。



僕は車に乗ってる身なので 一応安全運転を心がけてますが、
もし 乗用車と歩行者とで事故したとします。どんな理由にせよ乗用車のほうが悪でちゃんとした証拠も無い限り脇見運転と片付けられることがほとんどです。例え歩行者が飛び出して来ても 歩行者に慰謝料はらう立場になってるのが車の宿命です。
昔は上記の法律を餌にして 当たりや?がいて自分が怪我をしないくらいのスピードで走ってる車にわざと突っ込んでお金を騙し取ったということもしばしばありました。
それを 男女の人権に置き換えて痴漢を狙ってる 犯行ですよね。
いずれにせよ そういう法律を作らない限り 歩行者は事故 女性は痴漢に遭う確率が高くなるから少しでも減らすため作られた法律です。

そういう法律を狙ってる犯行は勿論許される訳ではあるませんし だとしても弱者を救うための法律も棄てるにも行かないのも事実。

犯罪は別として
弱者 強者 共に悩みは付き物です。どちらが差別されてるという感覚は皆 自分の陣地を守りたいからではないですか。

弱者は 自分自身ではなにも出来ず、法律に頼らないと助からないというもどかしさ。
強者は 自分自身を守る力はあるものの その力を分けてあげなければならない惨めさ。

この世は区別がある限り差別は付き物と乗り切ったほうが得策になりますよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

でも、必ずしも女性が弱者なもんなのでしょうかね。
自分は、女性に対して怖いと思った事はないかというと、結構ある気はしますし、勝てなかった事はわりとあります。

子供の頃母と買い物に行った時、出先で壮年の女が混雑した中を歩く時、回りの人を強引に押しのけたり、ちょっとでも邪魔な人には睨みつけて体当たりをして、無理矢理通り抜けるのが居ました。
当時母親が小声で「あのオバサン嫌ねえ...」と言っていたのを覚えています。
当たり前ですが、我々はそんなことはしません。

勝てなかったと言えば、二年程前にスーパーに行った時、エレベータが来ていたので乗ろうとしたら、前に立ってるばあさんがエレベータの中のおばちゃんと、突然立ち止まってぺちゃくちゃとお喋りを始めました。
「早く乗ってくれ、乗ってから喋ってくれ」と思ったのですが、お構い無しにぺちゃくちゃやってますし、ドアにすごく接近してどーんと突っ立って喋るので、横を通る事すらできません。
更にとどめには、こちらが乗ろうとするそぶりを見せているのにも関わらず、結局そのばあさんはエレベータに乗らず、中のおばちゃんはこちらを残したまま、エレベータのドアを閉めてしまいました。
「ああああっ」と言ったのですが、知らん顔されて閉められました。

ばあさんを押しのけて乗る事や、空気読まずに突っ立ってたばあさんに文句を言うとか、そういうことはできませんでした。
ばあさんも、中でお喋りに付き合った上に一方的にエレベータのドアを閉めたおばさんにも、相当頭に来ましたけど、結局泣き寝入りをして、次のエレベータに乗りました。

同じスーパーでのまた別の一件です。
食品売り場のレジに並んでいたら、前の方に居た中年の女性客と、レジ店員が値段のことで押し問答になっていました。
客は、売り場では(その客が把握している)この値段だった、と言うのに対し、店員は、調べたがそこには商品はなかったしレジの値段が正しい、という主張で揉めていました。
やれやれ、困ったぞ、他のレジに並ぼうかなと思っていたら、突然自分の前か後ろかそれぐらいに並んでいた、30歳前後の女客が突然!!
「あ~、はやくしろっ!! こんのクッソババア!!」と暴言を吐きました。

僕は男ですけど、普通にこの女客が怖いと思いました。
自分が怒鳴られた訳ではありませんけど、思わず身体に力がキュッと入るぐらいでした。
間違ってもこんな状況で暴言は吐きませんし、待てないなら別のレジに行きます。
押し問答に待たされてイライラした気持ちは分からんでもありませんが、いきなり別の客や店員などをクソババア呼ばわりするなんて、ちょっとあり得ません。

あとこちらは子供ですが、最近女児がショッピングモールやスーパーマーケットなどでローラーシューズを履いて走り回るのをしばし見ます。
転倒や衝突など、自他共に危ないと思うし、そもそも公共の屋内で使うのはマナー違反ですが、守らないし保護者も止めないしです。
一方男の子には、ローラーシューズで暴走する様なのは全く見た事がありません。
走り回るのは居ますけど、これは男女問いません。
そんな訳で、基本的に、ショッピングモールやスーパーで、危険度がより高いと感じるのは、男児より女児ですね。

本当に女性は必ずしも弱者なんでしょうか?
これらは余程の例外と言える状態なんでしょうか?

お礼日時:2013/08/19 13:42

レディファーストについて



昔のヨーロッパの貴族は、女性にうやうやしく接していたそうです。
お姫様扱いね。
そうされる事により、女性はそれにふさわしくあれと自然に己に課し
貴婦人というものになっていったらしい。
ただ、これは幼少の頃から音楽や芸術や召使に囲まれ、女性はかくあるべし
という価値観を叩き込まれていた下地があるから、そうなるのであって。

下地がない女にいきなり手を取ったりエスコートなんぞやらかしたら
当然ふんぞり返ってあぐらかいて鼻糞ほじるよな。 言い過ぎか(笑)?
お山の大将にはなるがレディにはならない。

女性=被害者 という横暴

「あ々野麦峠」「女工哀史」という作品等に書かれているように、
女は虐げられてきました。
色んな女性や男性が戦って、人間として生きる為の権利を少しずつ勝ち取っていった
のはいいが、
この「勝ち取った」だけが変に一人歩きしているのが現代ではないでしょうか。

とは言え、女はそうそう男には勝てません。セクハラや痴漢は横行してるし。
私もセクハラに苦しんだ女ではあるので、あなたの意見を全面的に肯定はしないが
一方で、ギャーギャーわめく強引な女の被害に会う
あなたのような男性がいるのもよく分かります。
その手の女に一方的に悪者にされて振り回された事もあるものでね。
単に私がヘタレ?知ってるよ…

結局は声のデカい奴の意見が通る。
これは男女関係ない子供の頃からそんなものですね。
女もデカい声で唱えられるネタが、あなたが書かれているようなもので
これが暴走しているのではないでしょうか。

感情ばかりで理屈もへったくれもないように見えますが、
実は一本通っています。「お姫様扱いしろ」
フェミニズムとか何とか、言いたい事は結局こればかりです。
あなたが変な言いがかりを付けられたのも
「私を襲うんだわ」というものかも知れない。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。

何かのバランスが崩れている、これは確かの様ですね。

お礼日時:2013/08/17 02:38

アナタの理屈は、「自分は悪く無い。

自分はちゃんとやっている。だから自分以外が悪い。」ですね?
アナタ自身はそう言う考え方なのに、他人や女性が「そう考えるのはおかしい!」と言ってるだけです。

女性や黒服のみならず、一般人から見れば、アナタはスカートを履いている時点で、奇人・変人なんです。
同好の士が「常識人だ!」なんて言われても・・・大会社の社長さんが、裏ではSMクラブの常連さんみたいな話しでしょ?

そう言う性癖や嗜好は、全く構わないのですが、SMクラブ通いの社長さんとの違いは、アナタの性癖や嗜好の場合、言わば、一目に触れるところでSMのコスプレをしているワケですよ。

そんな人に、元気に挨拶されたって、「あぁ、この人は常識人だ!」なんて思うワケがないでしょ?

自衛策ってのは、そう言うリスクがあると言う前提で、法的に相手を言い負かすとか、場合によっては弁護士を呼ぶとか。
あるいは、それこそ同好の士と集団で行動し、互いに潔白を証明し合うとか、女性が多そうなトコには立ち寄らないなど、現実に考えられるリスクに、具体的に対処することですよ。

そう言う準備もせずに、「自分は悪くない。周りが悪い!」なんて言われても・・。
少なくとも、「キッカケや原因は自分が作っている」と言う前提で考えないと、社会はそれほど奇行者に対し、親切ではないですよ。

最近は女装家だのオカマだのが、やたらテレビに出てますけど、あれは作られた世界です。
現実社会とは、明確に区別して、ご自身の奇行を客観的に分析することをお勧めします。

「やるな」とは言いませんが、やるからには、それなりの覚悟や準備が必要です。
それらが無く、「自分は正しい」だと、アナタは何度も黒服にケンカを吹っかけられるだけです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

まあ、確かに自分も被害者意識は強い方ですけど、かといって自分だけが悪くないとは思っていませんよ。

後、少々誤謬がある様なので、ちょっと気になりました。
>アナタはスカートを履いている時点で、奇人・変人なんです。
確かにそうでしょう。
でも、だから何?って思うんですよね。

>大会社の社長さんが、裏ではSMクラブの常連さんみたいな話し
ちょっと意味が分かりかねますけど、その例えだったらそれの何が問題なのだろうかと思います。
公私ともに法を遵守し、社員を大切にし、更に社会的に貢献している社長さんであれば、何の問題もありません。
SMクラブに行っていようと、(社内規定で定められている範囲内の)休暇を取って毎年コミケに行っていようと、それを問題点にするのは、これは問題点のすり替えじゃないのかと思うのです。
無趣味な人よりは、もしかしたら凄い社長さんになるかも知れませんよ。
スティーブ・ジョブズだって、もう言葉にならないぐらいの変人ですが、Appleというすごい会社を作り、それまでは研究所や大企業でしか使わない、高価で大規模なコンピュータを、皆が使えて実用的で安価な物にした訳です。
エジソンもアインシュタインも、すごい変人ですけど、天才的な学者で世の中の色んな事に貢献しました。

>一目に触れるところでSMのコスプレをしているワケですよ。
あまりに例えが突飛過ぎると思いますけど、女性もズボンを穿く世の中ですし、男性がスカートを穿いて何の問題点があるのかと思っています。
勿論まだまだ極一般的とも言えませんが、それと悪いだの悪くないだのがごっちゃになっているのは、誤謬じゃないのでしょうか?

「変わっていること」と「悪い」ことを、どこかで混同なさっている様に思えます。

ちょっと話しがズレて来たので、本題の「被害者意識」の話しに戻ろうかと思います。

さて、何度も言いますけど、自分だって人の事は言えないと思いますし、誰だって理不尽な事をされている場合、自分に非のない事で批判を受けた場合は、「相手が悪い」と思う事だと思います。
でも、「被害者意識」というものが、一個人ではなく「ある程度の集団に広がっている」「社会的に正しい物として組み込まれてしまっている」
これは若干異質の問題かと思う訳です。

お礼日時:2013/08/12 20:19

エロい事件起こすのは男が圧倒的に多い以上、男が弾圧されるのはしょうがないでしょう



あなたの意識は女性にいってますが、私からするとおかしなことするバカ男共のせいで、自分までおかしな目で見られることに腹たちますけどね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
でも、弾圧されるのがしょうがないというのは、同意しづらいですね。

アメリカでも黒人街というのは、得てして治安が悪いです。
黒人の街として有名なセントルイスも全米有数の犯罪都市として有名です。
また、ロサンゼルスもウィルシャー以南から徐々に南に行く程黒人の多いエリアになりますが、やはり治安は悪化して行きます。
かといって黒人を差別したりするのは、れっきとした人種差別ですよね。

これは男性だけに責任を問うものじゃなくて、もし連帯責任を負わねばならないのがいるならば、それは社会全体であると思います。
男性を弾圧すれば、悪い男が減るかと言えば、そういう問題じゃなくてただ善良な男性に迷惑がかかるだけでしょうし、ますますもって互いの被害者意識が強まって、関係の改善が計れない状態になっていくのではないかと思う訳です。
憎しみは憎しみを生みます。
相手を敵だと看做せば、相手だってこちらを敵だと看做します。
社会全体がそういう問題のある人を、どうやって減らすかというのと、後は男女がお互いをきっちり理解し合う事の方が、現状の改善にはもっと良いのではないかと思うのです。

お礼日時:2013/08/12 19:58

自問自答すりゃ良さそうです。


アナタは、「自分はその女性に被害者だ!」的な被害者意識を持ってる様なので。

それとスカートを履いた男が、変態と間違えられただけの話しでしょ?
性癖とか嗜好はどうでも良いけど、「スカート男子」なる奇行に対し、世間はそれほど好意的では無いと言うだけの話しでは?

別に「男がスカートを履くな!」と言うほど、保守的な考え方じゃないですけど、変わった行為をする以上、それなりのリスクは付きまといますので、それなりの覚悟を持つとか、それなりの自衛手段を講じるべきではないですかね?

一方、性犯罪の被害者は圧倒的に女性であると言うことは、男女に限らない共通認識です。
変態っぽい男が居れば、女性が警戒するのは当然で、警察に事情聴取を受けるくらいは、別に不思議でも何でもないですよ。

それにも関わらず、「自分は被害者」としか思わないなら、アナタの被害者意識は女性より強いでしょうね・・。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

まあ、自分にも被害者意識が人よりは強いのは重々分かっています。
だからこそ、こんなことが気になるんだと思いますし、こういう意見は出るだろうとは最初から思っていました。

しかしながら、女性の被害者意識は、社会制度にしみ込んでいるので、それは僕自身の被害者意識とは異質の物だと思います。
スカートを穿いた男が変態と間違われた、というのならば確かにそうでしょうけど、今回の場合その過程が凄く矛盾があるんですよね。

まず、「パンツを穿いていない」も、エスパーじゃないんだからパンツを穿いているかどうかが外から分かる筈もないし、分かる筈も無い事を分からない人がいたり、そしてその人が更に自分は分かっていない事に、自分で気づいていなかったり。
それに性犯罪と言われれば確かにそうですけど、これとそれの関連性って無いよねとも思う訳です。
スカート男子が性犯罪を起こしやすいという話しは聞いた事がありませんし、自分が知る限りは横の繋がりもTwitterのフォロワーさんなどにいらっしゃいますけど、皆さん常識人の方ばかりですよ。

後大変な問題として、この黒服は「聴取」をした訳じゃなくて、「単にこっちにケンカを売って来た」訳ですよ。
細かい説明は割愛しましたが、当時そんな感じでした。
どこがそうかと言うと「パンツを穿いていないだろ」と言ったことに対して、こちらはあくまで感情的にならずに理性的に、「そういう事はありませんけど、どういうことなんですか?」と丁寧に聞き返しています。
しかしながら、それに対して更に詳しい話しができるのかと思いきや、「いや、穿いてないだろ」と怒鳴り声で言い切った訳です。

正常な話し合いができていませんし、第一向こうはその証拠を示す事を怠っています。
何かを訴える場合は、訴える側が証拠を示す必要があるのは当たり前です。(逆は悪魔の証明と言い、正しくない)
ましてやそれも無しに怒鳴りや恫喝で進めるのは、聴取でも質問でも話し合いでもなく、ただの言いがかり、ケンカの売りつけ、と取られても仕方ないかと思います。

自分が思うに、その黒服もその買い物客も、女性の被害者意識が強過ぎて理性的なやり取りも、本当は矛盾していてあり得ない事も、何もかにもすっ飛ばしたとしか説明がつきません。
下の方にある、関係ない人を痴漢で訴えたというのも、この類いと思います。
本人が被害者意識が強い上に、取り巻きも被害者意識が強いので、正しくないことにも歯止めが効いていない。
そういう傾向が見られます。

基本的に自衛手段と言われても、こちらは社会道徳を重視して、目があった人や話しをした人への礼を忘れない様にする。
病院に行ったら診察室に入る前にノックをして入る、出る時には「ありがとうございました」と言って出る。
電車やエレベータでは、子供連れ(特にベビーカーを使っている人)や、身体の不自由な人や高齢者に譲り合いをし、危険がない様に留意をする。
お店で買い物等をする時も、店員さんに対してこちらは客だからという理由で、上から目線で扱ったり向こうの言ってる事に無言で対応したりしない(親切な事をしてくれたり、サービスをしてくれた人には「ありがとう」と言うなど)。

人がパッと見て分かる様に態度で示すとなれば、自分が今直ぐできるのは、やっているのはそれぐらいですね。
知り合いでも友達でもなんでもない行き刷りの人に、自分の内面を知ってもらうのは難しいものです。

お礼日時:2013/08/12 15:45

感情論が先立って、証拠もロジックもメチャクチャな「質問」ですね。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

あー、言われると思った。

でも、一応なぜ被害者意識が強いと思うか、ちゃんと理由を提示していると思いますよ。
条件反射的にうまいことを言った気には・・・はい。

お礼日時:2013/08/12 15:23

男性重視から急に女性に配慮したシステムと社会に強引に変えたため歪んでるんだと思います。


女性にとってマイナス100から急にプラス50になった感じでしょうか。
あげすぎた部分のバランスを取る時期だと思います。

まあ、私に言わせれば大人の男女のバランスだけ目が行って子どものこと忘れてるように見えますがね。
一番被害を受けるのは力の弱い子どもです。
子どもの権利保障など親の過保護かお題目だけって感じです、現場は。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

まだまだ制度のやり直しが過渡期なのかもしれませんね。
子供の問題確かに思います。

子供の人権を守るのは大切な事です。
ただ、子供の人権を傘に着た、モンスターペアレンツみたいなのが出て来ると、それはそれで厄介ですね。
それは子供の人権じゃなくて、タダの親のワガママですよね。

結局の所、家族の絆というのが壊れて来ていますし、それに基づいた二次的な物だと思います。
モンスターペアレンツも、逆に体罰問題も。
良くない傾向だと思います。

もっとも、体罰は太古の昔から問題でしたし、正直なところ今以上に手が早くて危険な教師はいたと思います。
それは今も昔も問題です。
そういう意味での体罰、拷問は、やめるべきと思います。

しかしながら、今新たに問題となっている体罰問題の一つで、家族の絆が崩壊しているだけに、家庭教育も崩壊し、やむなく教師が手を上げざる状態を得ない状態になっているのもありますよね。
これは、体罰を加えた教師を責めるだけじゃなくて、家族問題をちゃんとして欲しいと思います。
それこそ、「吉本荒野」に、「壊されなければならない家族」なんかも日本に無数にある事でしょうね。
男女問題も、家族(親と子)の問題も、バランスよくやって欲しいものと思います。

お礼日時:2013/08/12 15:22

 これまで、歴史的に女性は弾圧されてきました。


 女子に教育は要らない、女子は男子の奉仕こそ美徳などという感覚がありました。

 女性が社会に参加してまだ間もないのです。
 
 だから「女子会」という単語も生まれた。
 男子が集まって飲むのは当たり前で、女子においてはあまりに頻繁じゃなかったのが社会進出で目立つようになったから作られた言葉です。過敏になってはいけません。

 被害者意識についてはやはりどこかで女性は体力・腕力で男性に負けるから・・・というのがあると思います。

 でも実際、失恋して立ち直れない男性がなんと多いことか・・・・びっくりするし、ストーカーも男性の方が固執し悪質であるとも言えます。もちろん鬼女や喪女もいますけれど・・・・。

 抑圧されてきた歴史的女性の位置関係を正しくしない限りはこのままでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

まだ、女性の立場がはっきりしていない、という物の裏返しがあるのかも知れませんね。

お礼日時:2013/08/12 15:14

いや~でも、男性の「加害者意識」も少なすぎる。



卵が先か、鶏が先か・・・というところか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

まあ、確かにそうかも知れません。
まあでも、具体的にはどんな所かは気になる所です。

お礼日時:2013/08/12 13:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自己中な女性が多いのは何故?

誤解を招くタイトルで申し訳ないのですが、時々見かける「自己中な人だなぁ…」と感じる人たち(全体の中で、それほど多いわけではありません)の比率を見ると、女性(特に、若い女性)の比率が高い、という印象を受けています。
それは何故でしょうか?(それは気のせいです、というご意見も歓迎です)

公共の場や車の運転などでも、以前から感じていたことですが(例:頭に来る運転をする車の多くが、女性ドライバーなど)、こちらの質問サイトを見るようになってから、改めて感じていることです。

※「女性は自己中な人ばかり」という意味ではありません。視野の広い、親切な人も沢山いると思っています。その逆でして、「自己中な人たちを見ると、女性の比率が高い気がする」ということです。


「自己中」と感じる人たちに、見られることの多い特徴:

・自分の立場や視点からしか、ものを考えられない(相手の立場を考えられない、自分のしていることを客観的に見ることが出来ない)

・「自分さえ良ければいい」というスタンス。なおかつ、そのことを自覚していない。

・自分は何かを「してもらう」ことや、特別扱いしてもらう事が当たり前だと思っている。だから、そうでなくなると(むしろそちらが当たり前なのに)「ないがしろにされた」と怒る。

・他人に対しては「許せない」と言っている事を、自分は平気でしている。なおかつ、その自覚が全くない。

・自分にとって都合の良い意見や、賛同してくれる意見、共感してくれる意見だけに耳を貸す。(「あなたの気持ちはよくわかります」という言葉をかけられるのが大好き)
・自分にとって都合の悪い意見は、そういう意見が大多数の場合でも、全部スルー。

少し不愉快に感じている時もあるため、少しボヤきも入りましたが(^_^;)、知りたいのは「何故なのか(あるいは気のせいなのか)」ということです。

よろしくお願いします。

誤解を招くタイトルで申し訳ないのですが、時々見かける「自己中な人だなぁ…」と感じる人たち(全体の中で、それほど多いわけではありません)の比率を見ると、女性(特に、若い女性)の比率が高い、という印象を受けています。
それは何故でしょうか?(それは気のせいです、というご意見も歓迎です)

公共の場や車の運転などでも、以前から感じていたことですが(例:頭に来る運転をする車の多くが、女性ドライバーなど)、こちらの質問サイトを見るようになってから、改めて感じていることです。

※「女性は自己中...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
女性30代です。
ぜんぜん当たってない回答かもしれませんが、
現代の女性は人生に対してある種の絶望があるんじゃないかと思います。
それは女って結局女なのよねという諦めであり、
じゃあ、その分、女を楽しんでやるわよという開き直りじゃないかなと思います。
なんの諦めかというと、古くは平塚らいてうとかから始まった女性解放が
結局、実質、挫折している。
ということなんじゃないかと思います。
この前どこかのデータで男女平等ランクが日本で101位だったんですが、
なんで101位かたぶんほとんどの日本人はわからない。
たぶん大本は単純に言って労働比較です。
女性の年齢別就業率のデータを見つけたので
リンクします。

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1500.html
欧米と日本じゃえらい違いがあるのはわかりますよね。
これ女性の比較ですが、男性の曲線があると、
男性は日本も欧米とよくにています。
(この表、韓国と日本がよく似ているんですが、韓国はランク108位で日本と似ているなというのは
ちょっと皮肉っぽくて面白いです。)
要するに女性は適齢期になると結婚退職しなければならない社会が
日本には厳然として残っているのです。
女性も男性と同じく社会でキャリアアップしていこうという思いが
女性解放の中にあると思うのですが、
確実に達成されていません。
しかし、法的には色々、参政権とか雇用法とか達成されていて平等なはずなんです。
だから、女性も差別されていると思ってないんですよ。
でも実質労働差別がデータとして出てくるんです。
でもどうしていいか女性もわかってないし、男性もわかっていない。
社会認識もない。
なんで漠然とした挫折があるんじゃないかなと思います。
そこでどうせ手に入らないならほかの所で我侭しているのではと思います。
もし、労働曲線が男性と同じになったら、
責任を感じるようになるし、無理無体できなくなると思います。
今の日本の女性ってOLにしてもキャリアウーマンというより女子力とか女らしくを
アピールしているのは、
結局結婚して子供生んでということは退職するということで養える男性を探すしかないということかなと思います。
もし、子供生んで育てても退職しないで男性並みにキャリアつんで給料が入るようになったら、
確実にシングルマザーが増えるとおもいます。
自己中女性は少なくなると思いますよ。自己中してられませんから。
結婚しないで子供を生む女性が増えます。
少子化対策にはもってこいだと思うのですけどね。
甘やかしもレディースデイもいらないから、
女性が男性並みに生涯バリバリ働ける環境が日本に整わないかなと思います。


駄文でした。
何か方向性の違う回答をしていたらすみません。

はじめまして。
女性30代です。
ぜんぜん当たってない回答かもしれませんが、
現代の女性は人生に対してある種の絶望があるんじゃないかと思います。
それは女って結局女なのよねという諦めであり、
じゃあ、その分、女を楽しんでやるわよという開き直りじゃないかなと思います。
なんの諦めかというと、古くは平塚らいてうとかから始まった女性解放が
結局、実質、挫折している。
ということなんじゃないかと思います。
この前どこかのデータで男女平等ランクが日本で101位だったんですが、
なんで101位...続きを読む

Q仕事場で被害者意識の強い人への対応

同じ仕事場で働いてるパートさんのことです。(私もパート勤務です)
彼女は被害者意識(という表現が適切かどうが分かりませんが、自分で前向きに改善しようとせず、上司からひどい仕打ちを受けてるようにいつも言います)が強く、始めはグチを聞いてあげていたつもりでしたが、最近ではうんざりします。

具体例を上げると長くなってしまいすが、多少書き出すと

上司からいつも自分だけが怒られる(ミスの注意ですが)ように話ますが、似たような注意は誰もが受けていることです。というか仕事をしていて当然な範囲の注意です。ただ上司の言い方はきついですが。

勤務時間にいつも文句があるようです。確かに彼女は私よりハードに働いていますが、私は「この時間帯でしか働けません」と面接で承諾を得て働いてます。何度か「無理な時間帯曜日の勤務は相談して避けてもらうようにした方がいいよ」と相談にのったのですが、自分では上司に何も言わず、いつも「また私だけ○時まで勤務になった」とぼやくばかりです。

その他にも毎日のように昨日はこんなことで私は嫌な思いをした・・・と毎日のように聞かされ、始めは仕事上のグチとして聞いて上げていたのですが、そのほとんどが彼女の対応の悪さがほとんどで、仕事もただやってるだけというか前向きさが感じられず、今ではあまり相手したくないのが本音です。

しかし小さな職場ですし、無視もできず、彼女が前向きに働いてくれないとしわ寄せが私にもくるわけで、最近はどう対応したものか、困ってます。
彼女のようなタイプにはどのように説明したら分かってもらえるのでしょう。

同じ仕事場で働いてるパートさんのことです。(私もパート勤務です)
彼女は被害者意識(という表現が適切かどうが分かりませんが、自分で前向きに改善しようとせず、上司からひどい仕打ちを受けてるようにいつも言います)が強く、始めはグチを聞いてあげていたつもりでしたが、最近ではうんざりします。

具体例を上げると長くなってしまいすが、多少書き出すと

上司からいつも自分だけが怒られる(ミスの注意ですが)ように話ますが、似たような注意は誰もが受けていることです。というか仕事をしていて当...続きを読む

Aベストアンサー

まともに聞くから、腹が立つのかと思いますよ。
こういう人は何をしても文句、愚痴が出るんですよ。パートの人はお幾つか分かりませんがきっと何をしても常に不満、満たされない何かを心の根元にあるのかもしれませんね。何でも人のせいにして、自分を正当化して、それが当たり前になってるのかと思いますよ。そういう人って結構居ますよ。
私も何人か見てますが、相手がもっともらしく愚痴をこぼすから真剣に聞いてたのに、蓋を開けると結局、貴方も自業自得でしょ?とか、ただの被害妄想じゃない?と思う様な大した事のない話なんです。
なんだか真剣に話を聞くのが馬鹿らしくなってしまいました。それは、さておき こういう人の対処法ですよね。角が立つのも嫌かと思いますが、本人にはっきりと言ってもいいかなと思うんですよ。
もし「勤務時間がぁ~」とか言ってきたら、だから上司に相談して見たらとアドバイスしたじゃない、と言い切ってしまえばいいと思います。
ミスの時は「皆、同じで怒られてたよ貴方だけじゃないよ」とか、昨日はこんな嫌な事があったとか愚痴って来たら「へ~詳しく聞かせて」と嫌でも聞いて
彼女の説明を事細かく聞く様にするんですよ、そうすると自分が悪いのに愚痴ってる人は話してるとボロがでるので その時に指摘してあげてもいいと思いますよ。きちんと彼女に言ってあげたらいいかと思いますよ。

まともに聞くから、腹が立つのかと思いますよ。
こういう人は何をしても文句、愚痴が出るんですよ。パートの人はお幾つか分かりませんがきっと何をしても常に不満、満たされない何かを心の根元にあるのかもしれませんね。何でも人のせいにして、自分を正当化して、それが当たり前になってるのかと思いますよ。そういう人って結構居ますよ。
私も何人か見てますが、相手がもっともらしく愚痴をこぼすから真剣に聞いてたのに、蓋を開けると結局、貴方も自業自得でしょ?とか、ただの被害妄想じゃない?と思う様な...続きを読む

Q女性は何故、女性優遇・男性差別を理解・認識しない?

タイトル通り、女性は何故、女性優遇・男性差別を理解・認識しない(できない?)のでしょうか?このサイトで見ても、「どこが女性優遇・男性差別なのか分からない」という女性からの回答が非常に多く見受けられることから、そんな風に思いました。

女性優遇
最近ではレディーズデイなど、女性だけの特典が非常に多くなっています。それは企業の戦略なので、女性優遇にならないというのは、一理あります。
しかしそれならば、「女性は産休になれば休むので、企業の生産性を考えると男性を積極的に採用する。そして重要なポストに就かせやすいようにする」・「女性のお茶汲みは企業のイメージ向上につながるので、女性にしてもらう」ということは、男性優遇・女性差別ではないということになりますよね。

男性差別
まず、女性専用車両。本来なら任意協力で男性も自由に乗車しても良いのに、執拗に男性を追い出すことはよくあることです。これって、男性差別ですよね。
あとは、DV。男女共同参画では男性から女性への暴力は禁止はありますが、女性から男性の暴力は禁止ということが書いてありません。それどころか、女性から男性の暴力は許される風潮があって、笑いのネタなることもよくあることですよね。

ほかにも女性優遇・男性差別は色々とあると思うので、ご自身で調べていただけたらと思います。

追記
「だったら男性が積極的に訴えるべきです」・「女性に何か恨みでも嫌なことでもあったの?」・「じゃあ、その逆はどうなの?」といったような回答・感情むき出しの回答は無しでお願いします。

タイトル通り、女性は何故、女性優遇・男性差別を理解・認識しない(できない?)のでしょうか?このサイトで見ても、「どこが女性優遇・男性差別なのか分からない」という女性からの回答が非常に多く見受けられることから、そんな風に思いました。

女性優遇
最近ではレディーズデイなど、女性だけの特典が非常に多くなっています。それは企業の戦略なので、女性優遇にならないというのは、一理あります。
しかしそれならば、「女性は産休になれば休むので、企業の生産性を考えると男性を積極的に採用する。そして...続きを読む

Aベストアンサー

>女性は何故、女性優遇・男性差別を理解・認識しない(できない?)のでしょうか?

日本においては、女性の権利解放時に「義務」を同時に負担させなかったからです。また、歴史的に日本の女性は、世界的に見て古来からかなりの権利を持っていたことも原因です。

そもそもウーマンリブ=女性解放運動は第一段階として19世紀後半に女性参政権として、第二弾として戦後アメリカで反戦運動の一派としてウーマンリブ運動が盛んになり世界中に広まったのが機運であり、現在の日本の女性解放運動も原則的には第2波の影響を受けたもの、といえます。

日本の女性解放運動が推進される際には、欧米で当たり前とされている「権利と義務」の「義務」がすっぱり抜け落ちているのが、男性を苦しくさせているのです。

そもそも最初の「参政権」の時点で、男性も参政権を持つ者、持たない者、に分かれていました。それが普通選挙として男性なら誰でも持てるようになったのは、参政権=国政参加権=戦争をするかどうかの可否=徴兵制、という流れがあったからです。
民主的な選挙というのは古代のギリシャやローマ時代からありましが、この時代から参政権=軍務、だったのです。
つまり戦争をするかどうかを決める権利とその戦争に参加する義務、が一体であり近代民主主義であっても「社会を運営する権利」と「社会運営にかかる費用負担の義務」は同一であり、だからこそ最初は多くの税金を負担する人のみの権利であったものが、社会が成熟するにつれて税金を払う人(男性のみ)の普通選挙に変わっていきました。
それは、社会運営が段々に複雑になっていったからです。

女性の参政権についていえば、欧米にはその前に必要なことがありました。19世紀初頭の女性にはそもそも財産権が無かったということです。
財産権が無い、ということは社会運営コストを自分の財布(自分の稼ぎ)から出すことができない、ということです。ですので、欧米では女性の参政権付与と同時に女性への財産権の付与も行われ「社会に参加する権利」を与えられるということは「社会に対する義務を果たすということ」という不文律が女性にも広まっていったのです。

日本ではこの「権利と義務」のうち「社会に果たすべき義務」という観点が抜け落ちたまま、女性解放が進んだのです。

なぜなら、日本では江戸時代すでに女性には男性と同じ財産権があったからです。もっと昔、鎌倉時代には女性が家を相続する、というのも普通に行われていました。
戦国時代を経て、武家は男性優位社会になったものの江戸時代でも人口の9割以上を占める庶民では男性も女性もほぼ同じ権利を有していたのです(ということは義務も同じです)

このため、たとえば持参金を女性に返さないと離縁できない、とか三行半は男性しかかけないものの、女性側の圧力で強制的に書かされた、などの事例がたくさん出ているのです。


結局、欧米では女性が解放され社会に参加するなら義務も果たす、という意識が生まれたのに比べ、日本の女性解放は単に「女性により多くの権利を与えた」=「本来果たすべき義務を明確に意識させなかった」という結果になっています。

たとえば女性専用車両の問題でいえば、その車両に乗ることで痴漢被害を軽減できるなら、同時に痴漢冤罪撲滅のために尽力するのが義務といえます。女性の側が「私達は痴漢のリスクを理解して、混合車両に乗るので、痴漢冤罪が起きないように努力します」というのが社会運営に必要なコストになるからです。
それが出来ないならむしろ女性専用車両に乗るべきであり、それが「優遇」というものの本質なのです。

また日本女性は「優遇」に甘えていて、本質を見失っているといえます。
そもそも「優遇」というは、子供やリタイアしたシニアのように「社会運営の負担」から自由になっている人々のためのものです。その点では障害者など「負担したくても事情が許さない」人も含みます。
その代わり、子供であれば自由に権利を行使することは出来ず保護者の監督を必要とします。リタイアしたシニアで言えば「社会運営の負担」から自由になって老後を楽しんでください、という御褒美の意味合いが強いのです。

ですので、社会運営に関っていると自負している女性なら本来「優遇とは何事だ!子ども扱いするな!私はちゃんとお金を払うだけの稼ぎもあるし、負担もしている。馬鹿にするな!!」といわなければならないはずなのです。

それをせずに嬉々として「女性優遇うれしい!!」と飛びつくのは本来の「ウーマンリブ」のリブの精神に著しく違反している、といわざるをえないのです。

また適齢期の女性が「私よりも年収が多い人」というのも権利と義務を忘れた発言といえます。
古来の結婚観であればこのような発言も許されるでしょうが、少なくとも男女雇用均等法が施行されてから20年以上経つ以上、本来なら男性がつくことが出来たポストに女性が付いていることも少なくないからです。

これは「高収入の男性を少なくして、高収入の女性を増やす」ということですから、「私よりも年収の多い男性」が少なくなり、結果として女性にとってよりより配偶者の数を減らしていることになります。

これを解決するには「女性は高ポストにつかず、高収入を得ない」か「自分の収入で結婚した男性を養う」覚悟のどちらかしかありません。これが「社会運営として負担すべきコスト」の具体的な事例です。

しかし、実際の日本女性は、どちらも負担しない、のです。

このような事例はたくさんあり、一言で言えば「日本の女性は権利だけ確保して、義務を果たさないから、結果として男性がより苦境にあえぐ」のです。

これが女性をして「認識しない」原因であり、一度覚えた権利のために後から義務を果たす人は誰もいない、ということです。

ですから今後何かの折につけて「男女平等・義務平等」といい続けるしかないのです。

ところで、DVについても現在では「女性から男性への暴力」もDVとして認定されています。また暴力だけでなく「相手の携帯電話を勝手に見る」こともDVに該当しますので、底まで含めれば女性側のDVも相当数に上ると思われますし、実際に隠れていますが女性からのDVもかなりの数に上るといわれいます。
(平成21年横浜市調査では男性からも女性からも被害数はほぼ同じですが、誰かに相談した件数は女性被害者24%・男性被害者8%とかけ離れています。これは男性被害者の社会的受け皿が少ないからでもあります)

>女性は何故、女性優遇・男性差別を理解・認識しない(できない?)のでしょうか?

日本においては、女性の権利解放時に「義務」を同時に負担させなかったからです。また、歴史的に日本の女性は、世界的に見て古来からかなりの権利を持っていたことも原因です。

そもそもウーマンリブ=女性解放運動は第一段階として19世紀後半に女性参政権として、第二弾として戦後アメリカで反戦運動の一派としてウーマンリブ運動が盛んになり世界中に広まったのが機運であり、現在の日本の女性解放運動も原則的には第2波の...続きを読む

Q男が結婚するメリットって何ですか?

常識という概念を捨てて、
みなさんは「結婚」というものを考えることができますか?

「育った環境が違う赤の他人同士が何十年も同じ家で生活すること」
これが「結婚」ですよね?

僕にはなぜ”男”が「独身」の今の生活を捨てて、
そのような生活スタイルを取りたいのか・・わかりません。

・恋人同士の時に愛情が芽生えてこの女と一生暮らしたい!と思った。
→しかし現実は20年も経てば愛情も薄れ、夫はやっかいもの扱い
・自分の働いたお金は妻、子供にとられてしまう
→独身なら自分のお金は自分のためにだけに使える
・男は仕事なので、子供はなついてくれない
→子供のため・・妻のために・・働いても、結局むなしいだけ

キレイ事は抜きにして、
以上にあげたことは事実じゃないですか?

「男にとって結婚ってなんなんでしょう?」

・仕事から帰ってきて口うるさい親父には子供はなついてくれない
・女である母親はいつも子供の傍にいるからなついてくれる
・それでも嫌われた子供、妻を男は一生養っていかなくてはいけない
・離婚すれば養育費を払うのはたいてい仕事をもつ男の方・・

何一つ僕にとって「結婚」にメリットを感じないんです・・残念ながら。
デメリットしか思いつきません。

子供がほしいから・・結婚するというのは
女性ならいい!
男にとっては・・なんのメリットもないですよ。

なのに何故、結婚することが常識なのか?
社会は結婚しない男を認めないのか?
反発しているぼくはおかしいんですか・・??

老後のためといっている方もいます!
→パートナーが先に死んだらどうします?
→子供なんて今の時代あてにはできませんよ!

一人なら
・休みの日は自由に友達と遊ぶことができる
・自分の給料はそのまま自分のもの
・妻には小言は言われない
・趣味、友達さえ見つければ寂しいなんて思わない
・老後も自分で費用を貯めれば老人ホームに入ればいい

デメリットを見つける方が難しいです。
メリットしかないんです!

僕にとって”男の結婚”とは
「女と子供を育てるためのボランティア活動としか思えません」

なぜ、あなたは結婚したんですか?
僕に結婚の魅力を教えてほしいです。
キレイ事は抜きにして!
よろしくお願いします!

常識という概念を捨てて、
みなさんは「結婚」というものを考えることができますか?

「育った環境が違う赤の他人同士が何十年も同じ家で生活すること」
これが「結婚」ですよね?

僕にはなぜ”男”が「独身」の今の生活を捨てて、
そのような生活スタイルを取りたいのか・・わかりません。

・恋人同士の時に愛情が芽生えてこの女と一生暮らしたい!と思った。
→しかし現実は20年も経てば愛情も薄れ、夫はやっかいもの扱い
・自分の働いたお金は妻、子供にとられてしまう
→独身なら自分のお金は自...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。私は34歳、嫁33歳、結婚9年目、子供7歳(娘)を持つ既婚男性です。

結論から言いますと

「結婚にメリットはない」

です。タイムマシンがあるなら、独身の自分に
「結婚だけはするな!」と忠告します。

これからの若者には、性欲処理は風俗かセフレで解消し、
働いた金は趣味や老後の貯蓄に回し、気楽に生きて欲しいと思います。

現代では晩婚化、少子化も進み、離婚件数も増え続けています。
この原因を探って行くと、女性が社会に出て、男性と同等の立場と
勘違いしている事に原因があります。昔の女性と違い、生意気になってしまったのです。
旦那に寄生し、給料が少ないなどと生意気な口をきき、旦那には死なない程度の昼飯代を渡し自分は友達とホテルでランチ。
旦那が仕事で疲れて帰って来ても、昼間遊んでる主婦が疲れたと言って
家事を旦那に押し付ける。それを拒否したら「旦那は家事を手伝わない」などと抜かす。

もうやりたい放題です。

賢い男はそれらを察知し、結婚はデメリットしか無いと感じているのです。
下記のアドレスに悲惨な状況がUPされています。
この旦那さんは撮影の2ヵ月後にレンタカー内で練炭自殺をされたとのことです。ご冥福をお祈りいたします。

http://kabup.tank.jp/img/1210925441153.jpg
http://kabup.tank.jp/img/1210928749093.jpg
http://kabup.tank.jp/img/1210970343814.jpg

この例を見ても、結婚しようと思うマゾ属性なら結婚すれば良いと思いますが、正常な人間なら結婚はしない方が賢明です。

こんにちは。私は34歳、嫁33歳、結婚9年目、子供7歳(娘)を持つ既婚男性です。

結論から言いますと

「結婚にメリットはない」

です。タイムマシンがあるなら、独身の自分に
「結婚だけはするな!」と忠告します。

これからの若者には、性欲処理は風俗かセフレで解消し、
働いた金は趣味や老後の貯蓄に回し、気楽に生きて欲しいと思います。

現代では晩婚化、少子化も進み、離婚件数も増え続けています。
この原因を探って行くと、女性が社会に出て、男性と同等の立場と
勘違いしている事に原...続きを読む

Q今の日本って女性が男女平等を都合よく利用してませんか?

今の日本って女性が男女平等を都合よく利用してませんか?

これをいうと『まだ差別がある』だの『時代遅れ』とかを主張してくる方もいると思うのですが、私はそういう風習があると感じます。そして、語気を荒げたい所で今の男と女の関係じゃ不平等が『 当 り 前 』と思います。むしろ不平等は女性側にも問題があるでしょって思います。

まず女性自身が仕事自体に男と同じだけの義務感がないでしょ?
女性では『専業主婦になって弁当を作ってあげる』っていうのが優しさとして感じられますが、男が『主夫になってパートで一生懸命家庭を支えてやるから安心しろ』って言って安心する女性はまあ・・・聞いたことがないですよね。それどころか冗談にすらならない仰天発言ですよね。理屈で言う男女平等なら別にそれも有でしょ。

それに、一般的に収入が低いであろうショップの店員とか芸術系の仕事が気軽に選択肢に出来て、どう考えても定年まで働けないキャバクラとか『とにかくやりたいことができる』環境ですよね。でも、それ以降は明らかに男に頼る気満々でしょう。

逆に男は同レベルの月給じゃ、結婚は難しくなりますよね。最近の晩婚化・未婚化が原因として男の収入が低いということが言われてます。さらに『バンドで売れたい』『芸能人になりたい』なんていって夢を追いかけていたらとんでもない話です。逆に女性がピアニストや芸術面を仕事にし、収入が10万以下でもなんら問題ではないですよね。


ですから、逆にいえば明らかに女性にとって生きやすい社会ですよね。

でも、女性に対して上記のような発言をすれば、残念なことに僕は駄目な男としてレッテルを張られますよね・・・。男として情けないだの都合の良いことは『男らしさ』という便利な言葉を多用し、一方で『平等』を謳う。

僕の言ってることっておかしいでしょうか?


実際に今は女性の方が住みやすいとかなりの書籍で伺えます。そのうちの一つとしてかなり共感したのが勝間和代さんの書籍で、勝間さんが女性の差別問題について、女性に対して男性への『庇護』の排除、積極的に女性への『独立心』を促していたのですが、やっぱりそう思うんだと思いました。
同じ書籍を読んだ方からしたら、今回の質問にもいくつか垣間見えると思うのですが、これは以前から僕も感じていたことで、上手く表現されてると感じましたので引っ張りました。

昨今でも女性が男性にもつ経済的に頼る傾向は、結婚する際の希望貯蓄の統計にしても明らかですよね。そもそも結婚は経済的に頼れることを前提にしている。こうなると仕事では差が付くのが当り前ではないでしょうか?


ちなみに、勝間さんの書籍には触れられてませんでしたが、よく女性が経済的に頼るというのを、そもそも社会的弱者であるから頼る構図になっている。とする人もいるでしょうが、ここは鶏卵になっちゃいますので、視点をちょっと他へ向けるならば、少なくとも今の10代後半~20代前半の女性が以前ほど社会的弱者の立場に置かれてるとは到底思えませんので、次世代では女性が男性に経済的に頼る傾向は、平等とともに無くなっていくことが当然になりますよね。
僕はそんな世の中になるとは到底思えなかったのでそれを前提に質問しました。結局女性差別が無くならない原因は都合の良いことに甘んじていると解釈できるんじゃないでしょうかね。

今の日本って女性が男女平等を都合よく利用してませんか?

これをいうと『まだ差別がある』だの『時代遅れ』とかを主張してくる方もいると思うのですが、私はそういう風習があると感じます。そして、語気を荒げたい所で今の男と女の関係じゃ不平等が『 当 り 前 』と思います。むしろ不平等は女性側にも問題があるでしょって思います。

まず女性自身が仕事自体に男と同じだけの義務感がないでしょ?
女性では『専業主婦になって弁当を作ってあげる』っていうのが優しさとして感じられますが、男が『主夫にな...続きを読む

Aベストアンサー

今の日本って女性が男女平等を都合よく利用してませんか?
していると思います。

ただ、このような議論をする際に、女性が意識的に(あるいは無意識に)混同させて議論を別の方向に持っていき、男性を混乱させるテーマもあります。まずはそれらを分けるべきです。

重要なのは、「結婚」して「子供」を授かった場合は、男性の負担と女性の負担は必ずしも同じではなく、特に授乳期から幼児期の子供に対する男性(父親)の負担はより経済的に、女性(母親)の負担はより保護者的になっていくことは必然であり、その点においては男性の仕事に対する負担は女性より重くなり、だから結婚に際して(子供を作る前提であるならば)女性が男性の経済的事情を斟酌するのは合理的である、という事実です。

問題はこの前提に立ったとき、保護されるべきは母性であり、女性ではない、というコンセンサスが男女間で異なっているという点です。
端的にいえば女性は「いずれ母になるのだから、男性より優遇されるべき」と考え男性は「仕事への扱いは同じなのだから、平等であるべき」と考えていることです。またさらに話がややこしくしているのが、キャリアを優先したい女性(だから仕事に対して平等であるべきと考える)と仕事は腰掛で結婚したい女性(だから女は優遇されるべきと考える)がいて、それが男性からはどちらのスタンスなのか分からない、また状況によって使い分けることです。
一番良い例が、キャリア志向だったのに挫折して「ああ、お嫁にいっっちゃおうかな・・」と考えるような場合でしょう。

私は基本的に、仕事への男女の能力の差はほとんどなく、その点については平等であるべき、と考えているほうですが、同時に(だからこそ)仕事に対する責任感が薄い女性を見ると腹立たしく思います。
特に、たとえばその人に与えられた仕事なのに「重いものは女性でもてないから男性がやるべき」などと公然と放言する女性が一番腹立たしく感じます。
男女平等思想の進んでいる欧米の女性でそのようなことを言う人はほとんどいません。なぜなら、そのような発言は「私にはこの仕事に対する任務遂行能力が無いのでクビにして下さい」と言っているに等しいからです。
欧米の男女平等は機会が均等である代わりに、義務も平等なのです。

日本の女性の一番の問題点はまさにこの点で「権利は平等」と主張する割には、社会や仕事に対する責任(または義務)を放棄し男性に押し付けている点です。

このような押し付けをする際のキーワードが「男性だから・・」とか「男の癖に・・」というセリフです。男性はこのような発言を許すべきではありません。

また結婚制度ももうすこし手直しするほうがいいでしょう。保護するべきは母性なのですから、子供のいる家庭には税の減免や保証を充実する代わりに、結婚しただけでは配偶者控除などのメリットは享受できないように改正するのです。
また、子供をつれている親に対しては、飛行機の搭乗などで行っているような優先措置をもっと広範囲に取り入れるべきでしょう。たとえばバス停で優先的に乗り込めるとか、スーパーで優先的にレジを通れるなどです。
こうすれば保護するべきは「母性(または父性)」であることが明確になり、逆に女性であっても社会人の属性しか持たない人々は男性とまったく同じ程度の優遇でよくなる、ということです。ああ親子連れサービスはあってもいいですが、当然レディースデーは廃止ですね。(経済的、マーケッティング的な有効性はここでは対象にしていません。あくまでも男女の義務平等だけの観点からの指摘です)

これからは「男女の権利平等」ではなくて、「男女の権利義務平等」と表記してもらいたいところですね。

今の日本って女性が男女平等を都合よく利用してませんか?
していると思います。

ただ、このような議論をする際に、女性が意識的に(あるいは無意識に)混同させて議論を別の方向に持っていき、男性を混乱させるテーマもあります。まずはそれらを分けるべきです。

重要なのは、「結婚」して「子供」を授かった場合は、男性の負担と女性の負担は必ずしも同じではなく、特に授乳期から幼児期の子供に対する男性(父親)の負担はより経済的に、女性(母親)の負担はより保護者的になっていくことは必然であり、そ...続きを読む

Q女性が他人の悪口を好んで言うのは、なぜでしょうか

質問者は、男性です。

一般的に女性は、他人の悪口をよく言うと云われています。
女性のほうが、男性よりもこういった傾向が多い理由は、
どういった要因
教育(男性のほうが愚痴を言わないように育てられている)
遺伝(脳の作り等)
環境(母親・祖母などの周りの女性が悪口を言っているから)

が考えられますか?

Aベストアンサー

男性の8倍も偏桃体が活発に働くからです。


扁桃体は情動が生まれる部分、喜怒哀楽が生まれる部分。
ここを切除されたサルは蛇を怖がらなくなった。

ある意味生きるために必要なところなのですが、活発に活動しすぎると、生活に支障が出てしまうこともある。

「きっとそうよ 私を嫌っているのよ」と泣く人に「気のせいじゃない?」って言っても無理。

扁桃体がわーわー騒ぐので、それが収まらない限り、感情が落ち着かないので冷静にものごとをみることができない。

あまりに強く働きすぎると、ずーっと喋ってハイテンションで暴走しつづけることになったり、なんてことないことでも悲観的に考え、日常生活が営めなくなったりする。


言葉で説得しても無理、扁桃体の活動を下げる薬を投与しないと、感情失禁は収まらない。


というわけで、男性と女性では脳のつくりが違うため、そうなちゃうわけです。
オカマの人の中ですっごい喋り捲る人がいますが、平均的な女性並みに扁桃体が活動する人なんじゃないかと。
おしゃべり好きという女性的な特徴から、女っぽいとされますが、扁桃体だけ女っぽい特徴があるだけ。


扁桃体が女性並みじゃないオカマの人は、喋り捲らないし、周りの状況に疎く、他の女性がなんなく気づくことも、このオカマの人だけ気づかない ということになる。

真似ても本来脳がそうじゃないと、ずっと誰かの噂して、おばちゃんちっくなことをしようとしても、脳が特化していないので、長い間やりつづけることはできない。

脳がそういう脳なら、難なくできちゃう。

ってことで、こりゃ 仕方ないです。
その状況を把握しやすい脳を持っているので、育児が男よりうまくできるわけですから。

中にはそういう女性特有の脳を持っていないママもいて、気づかないことがありますが、お姑さんと同居していると、「いつもと違う泣き声」と敏感に気づき、ほったらかしにされている孫を見に行って「あーら大変」となり「なんで気づかないの」と嫁を叱ったりできちゃうわけです。

「いつも泣いているから またぐずっているのかと思った」と嫁はいい、「ぐずっているときの泣き声と、熱があるときの泣き声は違うの どうしてその違いがずっといながらわからないの 信じられない あなたが産んだんでしょ」となるわけです。

お姑さん 無理、嫁の脳は男脳だから気づけない・・・。

男性の8倍も偏桃体が活発に働くからです。


扁桃体は情動が生まれる部分、喜怒哀楽が生まれる部分。
ここを切除されたサルは蛇を怖がらなくなった。

ある意味生きるために必要なところなのですが、活発に活動しすぎると、生活に支障が出てしまうこともある。

「きっとそうよ 私を嫌っているのよ」と泣く人に「気のせいじゃない?」って言っても無理。

扁桃体がわーわー騒ぐので、それが収まらない限り、感情が落ち着かないので冷静にものごとをみることができない。

あまりに強く働きすぎると、ずーっと喋...続きを読む

Qなぜ日本では男女平等=女性優遇がまかり通っている??

日本では男女平等と言いながら女性優遇ばかりして男性が生きにくくなっています。なぜこんな偏ったことがまかり通っているのですか??

ケース1
女性専用車両
同じ運賃を支払っているのになぜか女性だけが一車両多い。しかも女性の乗車は任意。(何のための女性専用車両だ?)

ケース2
国が企業に女性管理職30%という努力目標を押し付ける。
国家公務員の採用人数を女性30%達成するために試験内容を変更する。
名古屋市や大阪府・大阪市も同様。
なぜ機会の平等ではなく結果の平等を重視する?女性は男性に劣っているから下駄を履かせてもいいのか?

ケース3
国公立の女子大があっていいのか?

ケース4
公立図書館に女性専用席を設けていいのか?

このように日本の男性差別は酷いものですが、なぜか社会問題にならず放置されています。なぜだと思いますか?

※感情論抜きで論理的に説明できる方だけ回答してください。感想は要らないですw

Aベストアンサー

まず男女平等に限らず、不公平だった環境を「平等」な環境にするためには、もともと利益者だった人たちを制限して不利益者と同じレベルにすることと、不利益者を優遇して利益者と同等にする方式があります。

こういうやり方を「アファーマティブ・アクション」といい、アメリカでは、白人中心主義を是正するために、大学入試の点数を黒人だと合格点を少し下げたり、逆にアジア人だと上げたりすることがある程度許容されています。
 これにより「白人であることが不利である」という主張も最近は多くみらえるようになってきました。

という点を踏まえたうえで、
ケース1
女性専用車両
痴漢被害の回避、という点で見ればある程度は肯定せざるを得ない面もありますが、問題点ももちろん存在します。特に大きな問題点は「男性を潜在的な痴漢予備軍とみなしていること」です。またその男性が任意またはほぼ強制的に協力して成り立っていることも問題であり、それを女性が「女性としての権利・優遇」と見なすのが大問題であるといえます。

もし本質的に「通勤弱者を守る」と言う観点でいえば、まず10代と20代の女性に限定して保護すればよいし、30代以降は申請して乗れるようにすればいいでしょう。そして同時に、車いすの男性や足が不自由な男性、さらには外からは見えにくい疾患を抱えている男性も申請すればのれるようにして「弱者を保護」する体制にしていくことが必要であるといえます。

なぜなら、「通勤弱者とは、痴漢にあう女性だけではなく、諸々の事情の弱者」が存在するからです。

そこに思い至らず「痴漢が居るから必要」などと主張する女性は「権利の上に胡坐をかき、義務を果たそうとしない」ものであると私は思います。そのような女性があたかも権利のごとく女性専用車を「優遇」と勘違いすれば、男性側の不利益はドンドン大きくなるでしょう。



ケース2
国が企業に女性管理職30%という努力目標を押し付ける。
国家公務員の採用人数を女性30%達成するために試験内容を変更する。
名古屋市や大阪府・大阪市も同様。
なぜ機会の平等ではなく結果の平等を重視する?女性は男性に劣っているから下駄を履かせてもいいのか?

これこそアファーマティブ・アクションの際たる例です。ただし、これらの結果については他国でもよく分かっていません。たとえば、経営職の30%を女性にするなどの政策を掲げている国はけっこうありますが、そのために業績が落ちた、と言う事例もあります。

日本では女性の社会進出の過渡期であり、これがキャリアパスを作るよい足掛かりになるかどうかも検証する必要があるでしょう。

もっとも、一つだけ注文を付けるとすれば「なぜ男性上司が女性部下を別扱いしなければならないのか」という部分でしょう。ネット検索しれ見れば「女性部下の扱い方。OKとNGの見分け方」とか「女性部下の言い分」などのようなものがたくさん見受けられます。たしかにセクハラはいけませんが「なぜ、男性部下と同じ指導法ではダメ」なのでしょうか。
「女性は男性とちがって、○○だから・・・」それは部下というか女性の勝手な都合ですよね。

女性だから・・というのはなんでも通用するわけではありません。社会的に必要なアファーマティブ・アクションはするべきですが、それにかこつけた女性の無駄な優遇はてって的に排除すべきです。


ケース3
国公立の女子大があっていいのか?

こればっかりはあってもいいと思います。同時に男性だけの公立大があってもいいと思います。
男性と女性はどうしても意識と立ち振る舞いが違います。男性は競争して、女性は協調して学習するほうが効果が上がる、とされています。女子大は私立では費用の問題で入学できない女子を救済する目的もあるし、世の中は競争原理のほうがニーズが高いので、協調原理で運営できる女子大が存在するのはそれだけで意味があるといえます。

ただし、公立である以上こういう問題は困ります。
http://www.huffingtonpost.jp/2014/11/14/fukuoka-womens-university_n_6162290.html
これは男性が入れる大学に講座を設ければ済む話なので、ニーズを細かく拾い上げる大学の姿勢が問われるでしょう。

ケース4
公立図書館に女性専用席を設けていいのか?

これは明確に男性差別です。なんの妥当性も見出せません。


>このように日本の男性差別は酷いものですが、なぜか社会問題にならず放置されています。なぜだと思いますか?
男性も含めて「女性は差別されている」と刷り込まれているからです。このサイトでも、女性専用車両などの回答に男性が「女性を守るためには当然必要」と言う書き込みが随所に見られます。

そもそも男女平等であれば「男性が女性を守る」という考え方自体が差別なのですが、そこは考慮されないのです。
そして女性の側も権利に胡坐をかいてばかりで、正しい平等のあり方について意識がありません。あるのは文句と被害者意識ばかりです。

まず、なぜ男女平等で「男性が女性を守る」のが不当かを説明します。あらかじめ書いておきますが、これは恋人同士など個人的な話は除外します。あくまでも社会として「男性が女性を守る社会」ということです。

男性が女性を守り保護する社会、究極的にはイスラム社会がその典型になります。保護・守る、ということを行うには実は監視・管理が必要になります。子供を見れば分かりますが、勝手に夜出かけたり、こずかいを無制限にもらえたりはしません。勝手に出かけられたら親は守れないし、こずかいを無制限にもらったなら監視が行き届かなくなるからです。
 つまり「守る」ということは管理する、ということと表裏一体なのです。

しかし男女平等、というのは男性も女性も大人であれば自由に自分の意思で行動し、誰にも監視・管理されない、ということです。当然ですが、その代り自分の身は自分で守る必要があります。
 女性専用車両というのは、この点が「男女平等」として非常におかしいのです。ですから、10代の子供20代のまあ、経験の浅い女性は無条件で保護してもいいでしょうが、30代や40代の大人の女性なら自分で保護されるかどうか考えてください、というのが「申請」という言葉の趣旨です。

本来なら「女性専用車両」という言葉を聞いて「なんで他人が勝手にあたしのことを保護したいっていうんだ。自分で自分の身を守れるよ!」というのが正しい、女性解放なのですが、そう言う点で怒る女性がいないのがとても残念に思います。

ですから、日本の女性は「優遇されることが当たり前」な女性ばかりなのです。ほとんどの女性が「あたしは女だから守ってもらって当然」であって自立した個人がもつ権利と義務の意識に非常に鈍感なのです。

権利意識もそうですが、女性はもっと義務の意識も高めないと、結局社会の言いとこ取りばっかりで、男性とだんだん対立していくようになるでしょう。

まず男女平等に限らず、不公平だった環境を「平等」な環境にするためには、もともと利益者だった人たちを制限して不利益者と同じレベルにすることと、不利益者を優遇して利益者と同等にする方式があります。

こういうやり方を「アファーマティブ・アクション」といい、アメリカでは、白人中心主義を是正するために、大学入試の点数を黒人だと合格点を少し下げたり、逆にアジア人だと上げたりすることがある程度許容されています。
 これにより「白人であることが不利である」という主張も最近は多くみらえるよう...続きを読む

Q女ってどうして卑怯なヤツが多いの?

女ってどうして卑怯なヤツが多いの?

「女が非正規雇用や無職ニートなのに養って貰う事が目的で男をアテにする」
・自分は無能で努力しなかったのに、男の評価だけは一丁前なヤツが多い。
・表には出さなくても「本音」「願望」は確実にそう

「プロポーズ&告白も男にさせる=女は誘導する卑怯者」
・自分が断られて恥をかきたくないだけ
・男に告白させれば後から「彼から告白してきた」とか言える卑怯さ

「デート代は男に奢って欲しいが大多数の願望」
・建前は割勘OKでも本音は嫌だ…頼りないという女は多い(自分勝手)
・ランチやディナーは男に払わせて、自分はコーヒー代だけでお互い様気取り

「金の切れ目が縁の切れ目になる」
・大企業勤務中は媚を売ってくる女もリストラされて次が決まらないと手の平返す
・男に金があっても、女に使わないと男は捨てられる(超・自己中心)
・男は死ぬまで女と子のために働いて金を捧げ続ける。子が思春期時は父はゴミ同然。退職したら熟年離婚が3人に1人。それでも男は働き続ける

「女のせいで男は早死にする」
男が女より10年早く死ぬのは男が外で働いて女がぬくぬく家事とパートをしてるせい。ストレス大国日本で40年働けば10年縮むというデータもあり(検索してください)

「男の金はアテにされるが女の金をアテにすると・・・」
読んで字の如し。女は自分の金は好きに使えるようにしている。普段は男に使わせる卑怯さ




大学の教授に聞いても「オスは動物界でも基本的にメスより劣るからね。オスはメスのサポートのために後から生まれた生物なのよ。人間には本能と別に理性もあるけど、「願望」は本能に従うものでしょ?だから女が男と付き合う時は「本能=願望」が表に出るから、男から見ればそれがズルく見えるなら付き合わなきゃいい。でも男にも「本能=願望」があるから無理だろ?

つまり、オスとメスが「本能=願望」を出し合ったらそういう形になって男が骨の髄まで吸い取られるのはしょうがないこと。ソレが嫌なら男は「理性」を持って女コントロールする必要がある。

などと生物学的な事を言われましたが・・・え?ならお前らエリートになればいいって?中学時代に成績表オール5の人って何人いました?エリートの男性なんてその程度しかいませんが?

結局、女はズルくて寄生虫とは言わないけど「他人のフンドシで相撲を取る」ってことですよね?

女ってどうして卑怯なヤツが多いの?

「女が非正規雇用や無職ニートなのに養って貰う事が目的で男をアテにする」
・自分は無能で努力しなかったのに、男の評価だけは一丁前なヤツが多い。
・表には出さなくても「本音」「願望」は確実にそう

「プロポーズ&告白も男にさせる=女は誘導する卑怯者」
・自分が断られて恥をかきたくないだけ
・男に告白させれば後から「彼から告白してきた」とか言える卑怯さ

「デート代は男に奢って欲しいが大多数の願望」
・建前は割勘OKでも本音は嫌だ…頼りないという女は多...続きを読む

Aベストアンサー

残念ながらその通りです。

しかし、「じゃあ女と関わるな。ずっと1人でいればいい」っと言われてその通りにできますか?男性ならきっと無理だと思います。AVや風俗で誤魔化しても虚しくなるばかりかと思いますよ。

女性は男性に潤いを与えます

ただ、女性は男性と違い、努力しなくても潤いを与えられるんですよねー
男性は血の滲む努力をして勝ち抜かないと力は得られません・・・負け犬になったらそれこそ男性には何も与えられません・・・・

なので、私も女性を「ズルいな~」と思ったことは何度もあります
基本的に女性って優遇されてるケースが多いですからね。まぁ、結局

本能に従って女を手に入れて女に骨の髄までしゃぶられて都合よく扱われるか?
女に従わず、生涯孤独で虚しさと寂しさの中で自分を慰める日々を生きるか?

その違いだと思いますよ。

ただ、女性を手に入れたい。で、甘い汁を吸いたいというのも出来なくはないです「ホスト」がいい例です。でも、ホストの人は「選んだ女性」ではなく「好きでもない女性」に貢がれてるのです。

ボストロールのようなブス女に貢いでもらうために結婚できますか?って話です。嫌ですよね?美人で優しい女がいいですよね?そうなると、そういう女性はホストなんて相手にしません。だってモテるんだから・・・ホストなんて相手にする必要ないんですよ。

で、そういう女を欲しければ男を磨いて出世して女に都合よく扱われてアピールして交際をお願いするしかないのです。まさに動物ですねー




PS


女だってブスやアホな人はモテませんよ?
そして結婚やら独身やらバツ1やらでキモがられるのは女
30歳過ぎたらモテなくなるのも女(男は20代は遊べる)(女は20代で選ぶ運命)
女の独身は男の独身より惨めな社会風潮
歳取ったら女はモテなくなるが、男はナイスミドルになる(女の天下は29年だけ)

なので・・・

※ ただし普通レベルの女に限る

っと付け加えるといいかもしれません。

残念ながらその通りです。

しかし、「じゃあ女と関わるな。ずっと1人でいればいい」っと言われてその通りにできますか?男性ならきっと無理だと思います。AVや風俗で誤魔化しても虚しくなるばかりかと思いますよ。

女性は男性に潤いを与えます

ただ、女性は男性と違い、努力しなくても潤いを与えられるんですよねー
男性は血の滲む努力をして勝ち抜かないと力は得られません・・・負け犬になったらそれこそ男性には何も与えられません・・・・

なので、私も女性を「ズルいな~」と思ったことは何度もありま...続きを読む

Q言いやすい人のミスにはキツく騒ぎ立てる人の心理

 冷静に見ても、
「ハキハキしていてポンポン物を言い、弁舌滑らかでキツめの毒を普段から吐く(軽口を叩くことが簡単にできる)性質の人たち」というのは、
逆のタイプ(「おっとりした物言いで、言葉を選びながらしゃべり、反論・悪口を言う事無く、いろいろと我慢してしまう性質の人」が犯したミスにはキツくあたることが多いです。

 また、このような人達(ハキハキしている強気の人)は、仲間内のミスには優しく甘く、まるでなかったことのように接するのですが、逆のタイプ(おっとりしていて反論しない人)のミスには、一つ一つ騒ぎ立てて目くじらを立てます。

 彼ら(気が強い人達)は、自分たちの態度や見方の不公平さに、気づいているのでしょうか?不公平さに、引け目を感じることがないのでしょうか?ターゲットにした大人しくて弱く見られがちな人に聞こえるように、言葉でボコボコに攻撃すれば、彼らは満足感が得られるのでしょうか?一体、どういう心理なのでしょうか?おっとりした人を、精神的に追い込んで、周囲にもその人のミスを認知させ、追放しよう(辞めさせよう)と努力しているのでしょうか?
 

 冷静に見ても、
「ハキハキしていてポンポン物を言い、弁舌滑らかでキツめの毒を普段から吐く(軽口を叩くことが簡単にできる)性質の人たち」というのは、
逆のタイプ(「おっとりした物言いで、言葉を選びながらしゃべり、反論・悪口を言う事無く、いろいろと我慢してしまう性質の人」が犯したミスにはキツくあたることが多いです。

 また、このような人達(ハキハキしている強気の人)は、仲間内のミスには優しく甘く、まるでなかったことのように接するのですが、逆のタイプ(おっとりしていて反論しない...続きを読む

Aベストアンサー

たぶん、その人たちは、そうすることで自分を守っているんでは。
自分がおとなしくないなら色々言われないだろうって思っているか、おとなしい人を責めとけば、みんながそのおとなしい人が仕事出来ないと思うから、自分は仕事出来ないとは思われないと思っているとか。
または、人とつるみ、人にこびることで自分のミスをごまかしてもらおうとしているとか。
だれかを標的にして自分を守るしかすべがないのかも。
中には他人にきつくあたることでストレス発散している人もいます。
私の職場にそっくりですね。どこも同じなんですね。あきれる。
私は、むやみやたらにすみませんを言うのはやめました。そして、言い訳にならないようにはっきり堂々とものを言うようにしました。そしたらだいぶ変わりましたよ。
会社では別人格になりましょう。演技です。
そして、私はミスをなくす努力をたくさんしました。仕事がはやくなるように努力もたくさんしました。
でも、まだ、誰にも何も損失をあたえないささいなミス(誰もいない、何も置かれていない場所を歩いていてうっかりこけそうになっただけで叱られるとか)を拾い上げてつつかれます。わざわざ拾い上げてやろうと必死な人もいます。
だから、いびりに慣れるしかありません。いびりが当たり前、いびられて給料がもらえると考えるしかありません。
私なんて腕が人に少し軽くあたっただけで、骨折して病院に行くことになったら病院代払えよ、会社休んだら休んだ分の保証を払えよ、骨折したらどう責任取るんじゃって言われました。そんなの毎日です。

たぶん、その人たちは、そうすることで自分を守っているんでは。
自分がおとなしくないなら色々言われないだろうって思っているか、おとなしい人を責めとけば、みんながそのおとなしい人が仕事出来ないと思うから、自分は仕事出来ないとは思われないと思っているとか。
または、人とつるみ、人にこびることで自分のミスをごまかしてもらおうとしているとか。
だれかを標的にして自分を守るしかすべがないのかも。
中には他人にきつくあたることでストレス発散している人もいます。
私の職場にそっくりですね...続きを読む

Q女は元々クソな生き物(男は本音でお願いします)

失礼なタイトルで反発もあるかもしれませんが…
特に男の皆さん、世間体向けの綺麗事や建前はいいです。
本音では、質問タイトルみたいな事を思うことありませんか?
正直言うと、決して口には出さないものの私はそう思う事が多々ありました。
これって普通の事?皆面倒になるから言わないだけじゃなですか?

例えばクソ女の特徴として…
・女の人は自分はやらない、やれないクセに男には求める自分勝手さ。
・自分の間違いや非を認めるだけの精神力がないので誰かの責任にする。
・「でも」「だって」「できない」「やって」「ウザい」「キモい」が口癖で繰り返す。
・依存心が強くて求めるばかり自分で打開しようとしない。
・誰かに当たり前だと思ったり、甘えるのが当たり前だと思っている。
・女同士の会話も、よく見ると自分の話をすること以外に興味なし。
・思い通りにならないとすぐにヒステリーを起こして暴れる。
・男女平等の意味を自分の都合の良いようにしか理解しない。
・専業主婦なのに男が家事を手伝って当たり前だと思っている。
・恋すると周りが見えなくなり、明らかなバカな男騙される。
・また学習力がないので、同じようなバカ男に、何度も騙される。
・話に論理も結論もない。ただしゃべれば満足するだけ。

などです。このようなクソ女は自分勝手でご都合主義でみせかけの協調性。
人間として未熟なクセして、認めない、自分が理解できないクセに
自分を理解してくれない男はバカだ。と思って居る人も多い気がします。
皆さんはどう思いますか?これが女の本性ではないでしょうか。

皆さんが日頃思って居る女性への不満やエピソードを教えてください。
また、女性に対する不満や反論などのご意見があればお教えください。
逆にそんな女性に、どう対処するのが良いでしょうか。
質問の意図としては、男の立場から女性と言う生き物をどう解釈したらいいのか
間違えて居るなら、考え方をただす切っ掛け、あるいは知る事でより女性の形が
分かることにより理解を深めようと思うのもです。
主に男女間の違いの話ですので、それが良く現れるのは恋愛時だと思うので
広くご意見を頂けると思い恋愛相談で質問する事にしました
恋愛エピソードなどもあれば、男女問わず様々な回答をお待ちしております。

※当たり前ですが前提として全ての女の人がクソ女だと言いたい訳ではありません。
また男にも、このようなクソ野郎は居ますが全体的な女性の傾向の話です。
その当たりは柔軟に考え適当に対応していただければ幸いです。

失礼なタイトルで反発もあるかもしれませんが…
特に男の皆さん、世間体向けの綺麗事や建前はいいです。
本音では、質問タイトルみたいな事を思うことありませんか?
正直言うと、決して口には出さないものの私はそう思う事が多々ありました。
これって普通の事?皆面倒になるから言わないだけじゃなですか?

例えばクソ女の特徴として…
・女の人は自分はやらない、やれないクセに男には求める自分勝手さ。
・自分の間違いや非を認めるだけの精神力がないので誰かの責任にする。
・「でも」「だって」「できない」...続きを読む

Aベストアンサー

再びNo6の者です。お返事ありがとうございます。

そうですね、hope_menthさんが期間限定で女性になれたらいいのにって思います。百聞は一見に如かず。そうしたら女性の気持ちが分かるのに、残念です。

反対に私も、数日間限定で男性に変身して女性とデートしてみたいです。でもなんとなく想像がつきます。大変だろうなって。私が言うのも変ですけど、もし自分が男だったら、女性ってほんと難解な生き物だと思うんです。想像ですけど、何考えてるか本心が見えなさそうだし、どこに地雷があるか分からない。そんな不可解な生き物を、デートでは楽しませなくちゃいけない。これは一体、何の試練なんでしょうね。 ほんとに。男女平等とは言いながら、この構図は今後もなかなか変わることはないのではないでしょうか。

でもね、少しだけ弁解させてください。女性も大変なんです、実は。hope_menthさん批判じゃないので、お気を悪くしないでください。女性にも女性の言い分があって…。

じゃあ、例えばこれ

・女の人は自分はやらない、やれないクセに男には求める自分勝手さ。
・誰かに当たり前だと思ったり、甘えるのが当たり前だと思っている。

これね、逆になんでもきちっとやると、それはそれでかわいくない女のレッテルを貼られるんですよね。苦しい言い訳ですみません。でも実際、なんでもキビキビできる女性って男性が遠のくんです。もてないんですよね。まれにそういう女性が良いって言う男性もいます。今、世の中変わってきてるかもしれません。でも基本的にやっぱり、女は女らしさを求められるのでしんどい立場です。私には出来ないことができる男性ってステキ、ってことにしておかないと、男性もすねる人いるんですよ。いや、これほんとです。
あと甘えるが当たり前だと思ってる女性がいるとすれば、そう思わせたのはその方の周りの男性でしょうねえ、多分。

なので、女性が男性批判をするのは許して欲しいとまで言わないけど、もう仕方ないと思っていただければ…。それじゃ納得できないかもしれませんが。
女性側からしても、男性に対して悪口書こうと思えばいくらでも書けるんだと思いますよ。自分の事を棚に上げればいくらでも。女性同士、このテーマで朝まで語れるかもしれません。あくまで、自分を棚に上げればですけどね。
でもそれって、きっとお互い様ですよね。hope_menthさんは、男性から見た男性についてはよく知ってるかもしれないけど、女性から見た男性のことは知らないでしょう?そういうことです。

あ、もちろん、女性としての甘えを仕事の場まで持ちこむのは良くないです。職場で甘える女性は私も好きじゃないです。給料もらってるでしょって思います。今甘えた分の給料をくれ!って思います。

というわけで、まとまってませんが、すごく面倒な生き物だと思います。女って。
でもなんだかんだ言って、そんな女性という生き物に(特に好きな女性に)にっこり笑顔を向けられると、かなわなかったりするでしょう?むかつくのに、納得できないのに、許してしまうでしょ?
…男性のみなさん、ほんとご苦労様です。
この運命は神様のイタズラか何かでしょう、きっと。

願わくば、hope_menthさんが少しでもマシな女性に多く出会えますように。

再びNo6の者です。お返事ありがとうございます。

そうですね、hope_menthさんが期間限定で女性になれたらいいのにって思います。百聞は一見に如かず。そうしたら女性の気持ちが分かるのに、残念です。

反対に私も、数日間限定で男性に変身して女性とデートしてみたいです。でもなんとなく想像がつきます。大変だろうなって。私が言うのも変ですけど、もし自分が男だったら、女性ってほんと難解な生き物だと思うんです。想像ですけど、何考えてるか本心が見えなさそうだし、どこに地雷があるか分からない。そんな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング