色付きののフィルムをとおして光を当てると、光の色がフィルムの色に変わるのは
なぜですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

すいません。

またまた補足です。
一応厳密に言っておきます。色付きのフィルターはその色しか通さないと言いましたが、
それはこの質問の場合、それほど物理的に厳密に答える必要がないと思ったので。
厳密には、普通のフィルターは、その色とスペクトルで近い波長の色も、多少通します。
しかし、結果として見える色が「赤」だから、赤なのです。はい。

ちなみに前の補足で、「吸収など」と書きましたが、これは「吸収」ということにしといてくだ
さい。別の色の光は反射せず、ほぼ全て吸収されます。だから、赤いフィルターは赤く
見えるのです(赤い光を通す、ということは置いといて)。
あっ、最初の回答にも、「吸収」なんてこと書いてしまいました。あれは訂正です。
    • good
    • 0

NO.1で答えた者です。


horo1000さんも補足しているようなので、ついでに私も。

私もhero1000さんと同意見です。赤以外の色がカット(吸収など)されるから、赤に見えるのです。
ametsuchiさんの回答はどこかずれているような気がするのですが。
    • good
    • 0

No.2で答えた者です。


補足します。

例えば「赤いフィルム」であれば、「赤い(赤に見える)光しか通さない」
で合ってますよ。赤成分の補色にあたる色が吸収、拡散されているからこそ
「赤いフィルム」なのですから。

ametsuchiさんがおっしゃっている内容を読んでいると、「ある光しか通さ
ない」という言葉の意味を「ある光を通さない」という意味と間違われてい
るのではないでしょうか?
    • good
    • 0

「ある光しか通さない」というのはいい過ぎだと思います。



ある波長域の光を通さないと、その補色が見えます。例えば「単色の緑」に対応する中波長域をカットすると、その補色である、マジェンタ(=赤紫)が見えるはずです。この際、中波長域の光を50%カットしても色(=色相)は変わらないでしょうが、彩度が落ちます。

色彩理論は私もシロートで、このSiteで詳しい方に教えてもらったり、本で勉強しましたが、シロートの生半可な知識が通用するほど甘くないです。
    • good
    • 0

以前出た質問に参考になりそうなものがあります。


下記URLを参照してみて下さい。

簡単に言うと、例えば「赤いフィルム」は、光の色を赤に変えるのでは
なく、赤の光しか通さないフィルムだということです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=76825
    • good
    • 0

光には様々な色が含まれているのですが、色付きのフィルターを通すと、その色以外の色の光は


吸収、反射されてフィルターを通過せず、その(フィルターの)色の光だけが通過するからです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報