人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

25年くらい前の白ワインを開けたら、茶色くなっていました。地下のセラーで保管されていたもののようですが、コルク栓は柔らかくボロボロで、液漏れのようなあとがあります。甘口のワインだと思うのですが、甘味はなくコルクや木の樽の匂いが移ったような香りです。一口だけ飲んで、栓をして冷蔵庫にしまっていますがこのまま飲んでも可能でしょうか?熟成しているのか、酸化・劣化しているのか判断がつきませんのでお分かりになる方、お教え下さい。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ddeanaです。

補足を拝見いたしました。
・水割りのように薄めの茶色
・濁りはない。
・浮遊物は確認できない
・カビ臭はなし
・ちょっと酸味を予感させる香り
・木樽と思える香り
・うっすらとした甘さ
・酸味はあるが飲めないほどではない
・アルコールの味わいはあまりない
・後味に苦味

以上の観察から、時間が経過してあきらかに飲み頃を過ぎてしまったワイン。時間と共にアセトアルデヒド、およびアルコールとアセトアルデヒドが結合して形成されたアセタールの影響で、シェリーやマディラなどに見られるようなゴムと木樽のまざったような香りがするものと推測いたします。甘味がいまだ残ってることから劣化のスピードが遅く、よって酢酸菌などあきらかにワインをお酢へと移行させる菌の繁殖もゆるやかだったと考えられます。

長期保存に大切なタンニンが豊富な赤ワインと違い、白では甘さがあるかないか、また使用品種の種類、アルコール度数によっても保存年月にかなりの差が出ます。一概に甘口は辛口に比べて保存が出来ます。濃度が高くアルコール度数も辛口よりも高めになっている場合が多く菌が繁殖しづらい環境と言えます。だからこそソーテルヌ、トカイ、ドイツのTBAなどは何十年もの長きにわたって味わうことができるのです。でも私50年経過のトカイ、エッセンシアというデザートワインを飲んだことがありますが、やはり長期の化学反応によりアルコールの厚みのようなものはほとんどなく、さっぱりとした酸味のあるジュースのような味でした。なのでアルコールのあじわいがなくなっているから飲めないということではありません。

で、飲めるか飲めないかということであれば「飲めます」とお答えします。ただし先に述べたように「飲み頃」は完全に過ぎてしまった、劣化したワインというのが私の考えですので、補足にお書きになったように「古くなり飲み頃を過ぎたワインはこういうものだ」と思って召し上がってください。

あまり美味しくないなあ~と思ったらそのまま召し上がることに固執せず、炭酸水をまぜる、ガムシロップや果物、ジュースなどをまぜてカクテルにするなど、美味しく飲める方法を工夫しながら召し上がってみてください。意外に思えるかもしれませんが、薄っぺらなワインに厚みを加えるには、コンビニなどで売っている安い日本酒を少しだけ混ぜるのがお勧めです。ただし多すぎると日本酒特有の吟醸香のようなものが前面に出てきますので、マドラーでかき混ぜながらちょっとずつ足していくと結構面白い味わいになります(笑)。宜しければ一度お試しください。
    • good
    • 20
この回答へのお礼

再びご回答を頂きましてありがとうございます!

たしかに風味とアルコールの足りなくなったワインに日本酒を混ぜたら美味しくなりそうですね!捨てないでよかった~。試してみます。炭酸も入れてみようかなと思いました。

今回、とても深い知識をお持ちの方にお答えいただき光栄です。ワインは好きで、たまにワイン会などに参加しますが今一つ味わい方が分からず(美味しく飲めればいいのでは、という考え方もありますが・・・)もっと系統立てて知識を身につけたいと思っておりました。
最近、ワインアドバイザーの資格をお持ちの方にお勧めの本を借りて読んでみたりしているのですが、なかなか理解をしたり憶えたりするのは大変だなというのが正直なところです。
しかし今回の古いワインについては、これはこれで物凄く興味深く勉強になりました!
ddeanaさまのレベルまではとても成れそうにありませんが、少しずつでも知識を身に付けつつワインを味わって、さらに理解できるようになりたいと思います。

本当にありがとうございました。

また何かありましたら質問箱でご相談をしたいと思いますので、またぜひよろしくお願いいたします。

お礼日時:2013/10/04 00:20

ワインビジネスに従事しております。



25年前というと1888年ヴィンテージの白ワインということになりますね。色が茶色になるのはさまざまな理由で「酸化」が進んでいる証拠です。酸化自体は自然な化学反応であり、茶色になったから即座に飲めなくなるというものでありません。が、コルクが古くなり液漏れの跡が見られるということは、悪い意味での酸化が進んでいるものと推察いたします。悪い酸化が進んだ場合、色だけでなく香りがお酢のようなツンとした香りや、少々カビくさい香りなどがするようであれば、かなり劣化が進んでいる証拠であり、味も酸っぱかったり、薄っぺらい感じの複雑さがない味となります。一口召し上がった時の味はどんな感じでしたでしょう? それを教えていただければより詳細なアドバイスが出来ると考えます。もしピリッとした酸っぱさがあった場合は残念ながらワイン単体としての飲み頃は過ぎているものと考えられますので、料理に使うなど別の方法を考えた方がよいかもしれません。色は濁っていませんか? 色があきらかに濁っていたりコルクではない浮遊物があった場合はバクテリアの繁殖も疑われますのでお捨てになった方がいいかもしれません。またかりに飲めるとしても早めに召し上がるに越したことはありません。またこれ以上の酸化を防ぐ為には、出来るだけ空気に触れる面を少なくするのがベストなので、やわらかいペットボトルなどに入れ替え、口のところぎりぎりまで液面が来る状態でしっかりふたをなさる方が宜しいと思います。

この回答への補足

詳しいご回答ありがとうございます!
状態について補足をさせていただきます。

色は茶色くなっておりますが濁りは無く、グラスに注ぐとウイスキーの水割りのようです。
栓を抜くときにコルクがボロボロになって中に破片が入ってしまいましたが、それ以外の浮遊物は無いと思われます。

瓶の口に鼻を近づけて香りを嗅いだときは「ワインが熟成された香りなのかな?」と一瞬思いましたが(具体的に熟成された香りがどのようなものかは解りませんが・・・)グラスに移して良く嗅いでみると、カビ臭くは無いのですがいかにも酸味がありそうな感じです。また、木の樽のような香りも感じます。

只今勇気を出してもう一度味わってみました・・・

>味も酸っぱかったり、薄っぺらい感じの複雑さがない味となります。
との事ですが、この薄っぺらいという表現は結構しっくりきます。
口に含むと酸味は意外にきつくは無いのですが、うっすらとした甘さと相まって風味の複雑さは無くなっているように思います。そして樽っぽい風味と後味に少々の苦み。通常のワインのようにアルコールを感じることはあまりありません。そのような意味では、時を経てマイルドになっているということなのでしょうか・・・
良く分かりません。
カビ臭さ等は無いので「古いワインとはこのようなものだ」と言われたら「そうなの??」って思ってしまいそうです。でも決して美味しいとは思えなさそうです。飲んで飲めないことはない、というような味です。

飲み比べようと、自宅にあった2010年のオーストラリアのシャルドネを開けてみましたが、高価なワインではないものの新しいものはそれなりに色々な風味を感じるな、と思いました。そのような印象は古い方のワインにはありません。

大体このような感じです。
よろしければ、またご教示いただければと思います。
よろしくお願いいたします。

補足日時:2013/10/01 00:20
    • good
    • 8

飲めません。

 商品の、何処かに、印字されていませんか?

確認してみて下さい。

私からすると、アホな質問するなと言いたい。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

念の為確認をしてみましたが、特に賞味期限等の印字はありません。

お礼日時:2013/09/30 23:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古くなったワイン飲めますか

特別に高級なワインではないのですが、押入れから国産のワインが出てきました。
ラベルは、角がぼろぼろの状態です。
飲んでも支障ないでしょうか。

Aベストアンサー

密封した状態でしたら、押入れは光が当たらない場所なので
飲んでも大丈夫でしょう。

しかし、夏場にかなりの高温になり、味が劣化している可能性があるので、
そのまま飲むよりも、料理に利用したらいかがでしょうか。
タップリのワインで、肉や魚を煮込んだら、美味しいと思いますよ。

Q超長期放置のワインが5本…困っています。

職場のOBの方が引越しをするので、今まで手付かずだったワインを譲ってくれました。
が、困ったことにどれも1989年、1990年のもので、特にワインセラーに保管
していたわけでもなく、暗所にしまっていただけだそうです。
頂いた銘柄は下記の通りです。

・(1989年)Ladoix 赤 …澱は出ていません
・(1990年)Chenas 赤 …澱は出ていません
・(1990年)おたる 北海道ワイン(株) 白
・(1980年代後半?)アスティ・スプマンテ(スパークリングワイン)×2本

素人目で見た感じ、変色等はなさそうなので、死ぬわけでないなら味見
しようと思っていますが、詳しい方から見てこの状況どうでしょうか。
危険であれば捨てることにしますが…。

何卒ご回答よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

「ワインセラーでない暗所」の環境次第です。
暗所とのことなので光は問題ないと判断されますが、他に温度・温度変化・湿度・振動・異臭等の要因が気になります。

温度が10度~20度でかつ短周期で急激な温度変化が無く、湿度が50%~80%程度に収まっていて、ワインに継続的な振動が与えられるようなこともなく、異臭を放つ他のものと一緒に置かれていなかったこと、という条件が最低限満足されてさえいれば、充分試しに飲む価値はあると思います。

ワインの熟成というか経年変化というか、どの段階で飲むかというのは大雑把に「この程度から、この程度まで」という目安はプロのソムリエならだいたい持っていると思いますが、この範囲には大きなばらつきというか個人差がありますので、ある人が「これは枯れている、味が変わっている、だめだ」というのを別の人が「これは実に旨い」という評価を下すようなことはよくあることです。

澱について懸念されているようですが、古いワインに澱はつきものです。古いボルドーなど、澱のないワインはほぼ皆無です。ノンフィルターだと若いワインでも澱はあります。澱を飲まなければよいだけのことですから気にする必要は無いです。

私は100年近く経過したシャンパーニュや、150年以上経過した赤ワインを多く飲んでいますが、人間よりワインが長生きであることを痛感させられることが多かったです。いわゆる長熟タイプの高級銘柄の話だろうと思われるかもしれません。たしかにそういうものは大好きです。しかし中には1960年頃のボージョレ、それも畑の名前もつかない「ヌーボー」をラフな環境で40年以上経過した状態で飲み、あまりの旨さに剋目したことがあります。ラベルを見ずブラインドで飲んでいた同席者(プロソムリエ含む)は「これはブルゴーニュのピノだ」「いや古いシュヴァルブランでこういうのがあった」などと言っていましたが、普通は数ヶ月で飲まれてしまうようなワインが40年経過してこんなふうになるのか! と口々に驚愕の言葉を発していました。こういうことがあるからワインは楽しいのです。この楽しみを捨てるなんてもったいない、と私は思ってしまいます。捨てるなら譲っていただきたいぐらいです。

「ワインセラーでない暗所」の環境次第です。
暗所とのことなので光は問題ないと判断されますが、他に温度・温度変化・湿度・振動・異臭等の要因が気になります。

温度が10度~20度でかつ短周期で急激な温度変化が無く、湿度が50%~80%程度に収まっていて、ワインに継続的な振動が与えられるようなこともなく、異臭を放つ他のものと一緒に置かれていなかったこと、という条件が最低限満足されてさえいれば、充分試しに飲む価値はあると思います。

ワインの熟成というか経年変化というか、どの段階で飲むか...続きを読む

Qワインの保管方法と賞味期限について

兄から「これいらないからあげるよ」と常温保存されていたと思われるワインを3本もらいました。

ラベルを見ると2001年と書いてある赤ワインです。

常温保存では、たとえワインといえども
7年も経つとどうなのでしょう。

風味が落ちてまずい・・というだけで
別に飲んでも体に支障はないのですか?

飲むよりお料理に使うくらいにしたほうがよいのでしょうか。

もしこれが
冷蔵庫の中に置いてあったとしたらどうですか?
冷蔵保存であれば、何年でもOKというわけではないのですか?

その辺のところを教えてほしいのですが・・。宜しくお願いします

Aベストアンサー

こんにちは。

結論から申しますと、抜栓してみませんと分かりません。
ただ、あまり神経質になる必要も無いと思います。

>2001年と書いてある赤ワインです。

どのような物か分かりませんが、例えばフランス産の赤でいうとカベルネ系やシラー・メルロなどの品種は一般的に長期の熟成に耐えますが、タンニンやアントシアニン色素などのフェノール類が少ない軽めのワインは熟成させて飲むというよりも果実味を楽しみながら早めに飲む方が好ましいです。
また、長期に耐えるためには高いアルコール度数と高い酸や残糖が必要とされますが、最近のワインのほとんどは出荷後速やかに飲むべき物とされております。

>常温保存では、・・・7年も経つと・・・

ワインにおいては7年程度は長期とは言えませんが、常温というのが問題です。

一般的には保管の理想は10℃~15℃での冷暗で静かな環境が好ましいとされておりますが、最近の日本は四季の温度変化が激しく夏は本当に暑いですよね。
ワインにとっては高温というのは最も避けたい要因ですので、もしそのワインが毎年の夏を過ごしてきた物でしたら多少劣化している可能性があります。
でも、コルクが押し上がっていたり液だれがしていない限りは、本来の状態を保ってはいないにしてもそんなに心配する必要は無いと思います。

>別に飲んでも体に支障はないのですか?
 
全く問題はございませんよ。
もし体に悪いようなものになっているとしたら、ちょっと口にふくんでみただけで違和感を感じると思います。変に酸っぱかったりしたらいけませんけど。

>飲むよりお料理に使うくらいにしたほうがよいのでしょうか。

もったいないですぅ・・・。
でも、3本あるんでしたら1本を煮込み料理に使ってもいいかもしれませんね。

>冷蔵庫の中に置いてあったとしたらどうですか?

冷蔵庫は結構振動が大きいのでワインの長期保管には向かないとされております。ワインにとっては高温とともに振動も避けるべきものですので市販のワインセラーでも良い物は振動無く保存できる物です。


長々と記しましたが、外観から判断する方法としてはコルクの下辺りからガラス越しに眺めてワインが変に濁っていたり コルク自体が押し上がっていたり キャップシールからの液だれがある ということがない限りは大丈夫と思います。(ワイン自体の品質にも因りますけど・・。)

また最近の各シャトーやワイナリーは、蔵出しし出荷したものについては一般的な消費者レベルでは長期の保存を目的とせず速やかに飲まれる事を前提にしておりますので、今回頂いた3本も速やかに飲まれる方が宜しいと考えます。
なお、数日~数ヶ月程度でしたら冷蔵庫の野菜室などに入れておくのもよいでしょうし、お飲みになる前日ぐらいに冷蔵庫に入れておき、飲む1・2時間前に抜栓し常温になじませておくのも美味しく頂ける方法です。

ご参考にしていただけましたら、幸いです。

こんにちは。

結論から申しますと、抜栓してみませんと分かりません。
ただ、あまり神経質になる必要も無いと思います。

>2001年と書いてある赤ワインです。

どのような物か分かりませんが、例えばフランス産の赤でいうとカベルネ系やシラー・メルロなどの品種は一般的に長期の熟成に耐えますが、タンニンやアントシアニン色素などのフェノール類が少ない軽めのワインは熟成させて飲むというよりも果実味を楽しみながら早めに飲む方が好ましいです。
また、長期に耐えるためには高いアルコール度...続きを読む

Qかなり古いウイスキーは飲めますか?

多分20年くらいは経っていると思います。
大きい方は、開封して半分飲んだもの、小さい2本は未開封です。
私も家族も下戸ですので、未開封のものは、誰かにあげたいと思うのですが、非常識でしょうか?
捨てるのも、もったいないような気がして、質問します。
教えてください。

Aベストアンサー

スーパーニッカなら、私もいただきたいくらいです。
いずれにしても、好きな人なら問題ないでしょう。
http://www.nikka.com/start/trivia/keep.html
製造年などは、表記されていませんが、表記する必要がないということもあると思います。
それに、ウィスキーの場合、普通に流通しているものはいくつかの樽で熟成された原酒をブレンドしています。それらは8年のものもあれば、10年、12年など様々です。
シングルモルトやピュアモルトというウィスキーだと、12年とか21年とかラベルに表記しているものもありますが、こういうのは一番新しい原酒の熟成年数です。なので、もっと長く熟成された原酒がブレンドされているわけです。
ということもあり、ビールのように鮮度が重視されるものではないので、製造年などは気になさる必要はないと思います。

Q白ワインの賞味期限…

おそらく1年くらいまえに
スーパーで料理用にって買って開封した
白ワインが台所の下の収納スペースにあって
それはまだ飲めますか?
ネットで検索するとコルクの状態を見て下さいって
言うのが多くてでもコルクじゃなくてアルミの蓋なんです…
果実酒とか書いてました…
お酒には全然詳しくなくてわかる方いたら
至急教えてほしいです
お願いします。

Aベストアンサー

酸化がすすんでうまくいけばワインビネガーのようになってる可能性はありますがほぼ腐敗して全くどうにもならないものに
なってると考えるのが普通です

尚ワインの栓ではコルクよりはるかにねじ切り式のスクリュウキャップの方が向いてることは実証されてます
ですから急速にスクリューキャップ化が進んでます

数年前に高いワインセラーが金持ち向けにブームになりましたがそれもスクリューキャップ化を見越しての商法だったと
考えれますね

Q古いウイスキーに価値はあるのでしょうか?売り方がありますか?

自宅に古いウイスキーが10本ほどあります。
母が30年以上前に、空港の免税店で購入したものです。
当時1本7000円~10000円ほどしたそうです。

我が家は誰もお酒を飲まないのですが、「ウイスキーを長く置いておいたら熟成しておいしくなるはず」と母が思い、大切に保管していました。
しかしここ5年ほど、湿気の多い場所においてしまったため、ウイスキーの瓶自体は未開封ですが、箱やラベルがボロボロになってしまいました。

このウイスキーを、「そろそろ価値が出てきたかもしれないから、売ったりできないかな。インターネットのオークションで売れたらすごく嬉しいんだけど」と母に相談されました。


お酒のことがさっぱり私にはわからないので、以下のことを教えていただけたらと思います。

1.ウイスキーは長くおくほど価値がでてくるものなのですか?
  むしろ、古いと価値がないのでしょうか・・? 
 (未開封の瓶のウイスキーです)

2.もし価値があるとするなら、オークション以外に売る方法はありますか?

3.箱やラベルがボロボロのウイスキーは、たとえ未開封でもオークションで売るべきではないのでしょうか?(食品衛生上の問題で。)


どれかひとつでもいいので教えていただけると助かります。
よろしくお願いいたします。

自宅に古いウイスキーが10本ほどあります。
母が30年以上前に、空港の免税店で購入したものです。
当時1本7000円~10000円ほどしたそうです。

我が家は誰もお酒を飲まないのですが、「ウイスキーを長く置いておいたら熟成しておいしくなるはず」と母が思い、大切に保管していました。
しかしここ5年ほど、湿気の多い場所においてしまったため、ウイスキーの瓶自体は未開封ですが、箱やラベルがボロボロになってしまいました。

このウイスキーを、「そろそろ価値が出てきたかもしれないから、売ったりで...続きを読む

Aベストアンサー

1.瓶詰めでは熟成しません。
 栓がしっかりして、日に当てなければ品質の悪化は無い
 でしょう。悪化か維持か、どちらかです。

 価値は希少なものがあるかどうかです。
 例えば、数十年前のグレンリベット12年物は今の12年
 物と品質の悪化が無ければ同じ価値です。
 数十年前は免税店でなければ1万円以上したと思います。
 今は3千円ほどで買えます。2千円切ったこともあります。

 なので、殆どは買った時よりも安くなっていると考える
 のが自然です。
 ただもう生産が終了して、世界に何本も無いような酒であ
 れば、当時安くても話は違います。
 アブサンとかは当時でも無かったでしょうが、今、1本出て
 きたら幾らの値段が付くか想像出来ないです。凄い高値で
 しょう。

 ボロボロでもラベルを読み、何の何年のものかを明らかに
 するのが先決でしょう。何年ものというのが樽で熟成され
 た年数です。
 ワインと違って作られた年は関係が無いです。
 またウィスキー以外も混ざっているかもしれませんね。

2.分かりません。なんらかの方法で価値のあるものが
 安く出ていたら私は買いたいです。情報が得られるか
 どうかでしょう。

3.栓さえしっかりしていたら関係ないでしょう。
 何かが分からないほどにボロボロだったら、まあ価値はほぼ
 ゼロでしょうけど。

1.瓶詰めでは熟成しません。
 栓がしっかりして、日に当てなければ品質の悪化は無い
 でしょう。悪化か維持か、どちらかです。

 価値は希少なものがあるかどうかです。
 例えば、数十年前のグレンリベット12年物は今の12年
 物と品質の悪化が無ければ同じ価値です。
 数十年前は免税店でなければ1万円以上したと思います。
 今は3千円ほどで買えます。2千円切ったこともあります。

 なので、殆どは買った時よりも安くなっていると考える
 のが自然です。
 ただもう生産が終了して、世界に...続きを読む

Q古いワインですが飲めるものでしょうか。

ナイアガラオンザレークで1998年に購入したアイスワイン(イニスキリン)です。甘い味で有名なものです。

保存条件ですが、冷蔵庫の下段の野菜保存庫に横倒しにしていました。一度も冷蔵庫の電源が切れたことはありません。

2014年(現在)に開栓してちょっとだけ飲んでみました。思ったより色が濃くなっていて、味は極めて甘いです。出荷時よりも濃厚な感じでしたが、予想と全然違うというようなことはありません。飲めるのだろうと思いますが、家ではアルコール摂取が極めて少なく、アルコール通が誰もいません。

以上のような状況ですが、いかがでしょうか。健康上避けた方が良い(腹痛をおこすとか)状態でないといいのですが。

Aベストアンサー

さらに熟成されて濃くなったと思われます。
普通に飲めますよ!

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Q約60年前のワインの保存と劣化について教えてください

親の誕生日プレゼントにとワインをネットオークションで一万数千円で手に入れてしまいました。
実は落札できると思ってなくて手に入ることになってからあわてていろいろネットで調べたのですが、不安です。どうぞよろしくお願いします。

質問1
保存方法について教えてください。
来年の7月まで手元で保存しなければならないのです。
冷蔵庫で保存しようと思います。
一人用の小さい冷蔵庫ですが、一番下(冷蔵庫中一番温度が高い)
の引き出しを丸々使ってねかせて保存しようと思います。
温度は常に一番弱い設定にしようと思います。
あとネットで見ると冷蔵庫で保存する最大の問題点は乾燥のようです。
そこで引き出しの上にぬらした布で覆っておこうかと
(もちろんワインには触れません)思うのですが、
これは余計なことでしょうか?
もしかすると余分に湿度が高くなるかもしれません。
乾燥しすぎるのと湿度が高すぎるのはどちらがいいでしょうか。
ほかにもっとこうしたほうがいいということがあればお教えください。

質問2
このワインはまともに飲めるのでしょうか?
いろいろネットで見ると60年もたつとワインがビネガーになったり、
まずい水のようなものになったり、
とても飲めたものじゃないものになる可能性があるということです。
物がいいと大丈夫な可能性もあるようなのですが、
このワインは飲めると思いますか?
ワインのラベルは以下のとおりです。
上のラベル(首の辺りに張ってある細いラベル)
Pierre Andre
1949
下のラベル
Corton-Bressandes
Grand cru
appellation corton grand cru controlee
Mis en bouteilles par
Pierre Andre
au chateau de corton-andre a aloxe-corton
(cote-d'or)france
欄外に750cleと13%vol
ネットで調べようとしたんですが、ぴったりなものが出てきません。
長期保存が利くタイプなのでしょうか?
それともラベルを見ただけでこれは多分もうまともに飲めないなと、
思われるようなものなのでしょうか?
出品者様はセラーで保管されていたようです。

(発酵するとコルクが抜けるというのをネットで見たので)コルクが膨らんでないかと思って、
口の部分(カバーがかかっている上から)をちょっと押したら、
じわっとワインの中身らしきものがにじみ出てきてしまいました!
これはまともなワインでもある現象なのでしょうか。
それともやはり駄目になっているのでしょうか!
びっくりしました。
すごく不安です。
どうぞよろしくお願いします。

親の誕生日プレゼントにとワインをネットオークションで一万数千円で手に入れてしまいました。
実は落札できると思ってなくて手に入ることになってからあわてていろいろネットで調べたのですが、不安です。どうぞよろしくお願いします。

質問1
保存方法について教えてください。
来年の7月まで手元で保存しなければならないのです。
冷蔵庫で保存しようと思います。
一人用の小さい冷蔵庫ですが、一番下(冷蔵庫中一番温度が高い)
の引き出しを丸々使ってねかせて保存しようと思います。
温度は常に一...続きを読む

Aベストアンサー

No.4の回答者です。

メインのプレゼントをご用意されたようで、なぜか私もちょっと安心しました。
味に関しては反射的にゲホゲホとなるか楽しめるかは正直言って飲んでみないとわかりません。それがあるからワインは面白いっていうのもあるんですけど。

ご心配されているコルクの抜栓ですが、これは私もちょっと心配しておりました。通常のワインオープナーだとスクリューをねじ込んで引っ張るとスクリューの太さだけコルクがボロボロと引っ張り出されて周りのコルクが竹輪状に瓶口に残る、なんてこともよくあります。オールドビンテージ用のワインオープナー等も売ってはいますが、一度きりの為に買うのはもったいないと思いますのでお勧めしません。
普通に挑戦してもしそうなったら、綺麗に拭いたスクリューを再度空いた穴の中央からそっと入れて周りのコルクを引っ掻き出すように何度も根気良く掻き出して下さい。耳かきのようなものでも代用できます。
ただ、ちょっとはコルク屑がワインに入ってしまいますがそれはご愛嬌ということでグラスに注いだあとに取れば大丈夫です。グラスに注いだ後に取りづらいときはグラス内のワインに浮いているコルク屑にティッシュなどを近づけるとコルクがティッシュに付いてきます。

お父様の還暦のときにリヴザルトを贈られたということですが、リヴザルト等のヴァン・ドゥ・ナチュレルやポルト、ブランデー、ワインでも貴腐ワインなどでしたら60年どころか何百年ももつものが多いので、もし次回同様のことがあれば参考にしてください。
とはいえ1949年のコルトンブレッサンドを1万円台で手に入れることが出来たこと自体が幸運だと私は思います!

あと、余談ですがピエール・アンドレはご推察の通り人名ですよ。ピエール・アンドレ社の創始者でブルゴーニュのワイン業界に大きく貢献した方の一人です。

No.4の回答者です。

メインのプレゼントをご用意されたようで、なぜか私もちょっと安心しました。
味に関しては反射的にゲホゲホとなるか楽しめるかは正直言って飲んでみないとわかりません。それがあるからワインは面白いっていうのもあるんですけど。

ご心配されているコルクの抜栓ですが、これは私もちょっと心配しておりました。通常のワインオープナーだとスクリューをねじ込んで引っ張るとスクリューの太さだけコルクがボロボロと引っ張り出されて周りのコルクが竹輪状に瓶口に残る、なんてこともよ...続きを読む

Q古いワインの抜栓のコツを教えて下さい。

古いワインの抜栓のコツを教えて下さい。
ある方に教わったのですが、忘れてしまいました。
古いワインを斜めに寝かせ(パニエに寝かせ)、ソムリエナイフのスクリューを斜めにコルクに差し・・・と聞いたのですが、実際どんな感じでどの方向で差し、どのように抜くのか、ご存じの方、教えて下さい。

Aベストアンサー

話がそれて申し訳ありませんが、No.2の方が紹介されている2本のヘラ式の栓抜きを使っている者です。
これを使い出すと、もうスクリュー式には戻れません。
少々難があるとすれば、てこの原理を活用するタイプのスクリュー式に比べると力が要るというぐらいでしょうか。
コツがあるとすれば、思い切りよくクニクニと差し込んでいって、思い切りよくひねりを掛けて少しずつ引き抜くことですね。
これで630円なら一家に一本あってもいいんじゃないでしょうか。

参考URL:http://www.ideal-shinkousha.co.jp/cooking/cooking03-10.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング