[PR]ネットとスマホ OCNでまとめておトク!

現在イギリスの大学に正規学生として通っている者です。

高校卒業後、一年間日本の専門学校で留学科という学科に所属しておりました。
そこでは主にIELTSのスコア向上に努めておりましたが、同時にBusiness、Economics、Marketing、Philosophy、Accountingなども英語で学んでおりました。
そしてその専門学校を今年度3月に卒業し、今夏からイギリスにやってきたのですが、ここに来て当初の予定が多きく変わったんです。

当初の予定では、イギリスの大学に三年間通い、2016年の大学卒業と同時に日本に帰国し就職するつもりだったんですが
私情により、2014年5月(夏休み前の一年間の講義が終わるとき)に大学を辞め日本に帰国し就職活動を行うことになるかもしれません。

この場合、イギリスの大学を退学したという言葉が適切なのかもしれませんが、イギリスでは(他国のことは詳しくありません)
とりあえず一年間のコースを修了すれば日本で言う短期大学卒業と同等の資格が得られると聞きました。
しかし、私自身その話が本当なのかどうか定かではありません。

仮に、一年間だけのコースのみを終えて来年日本に帰国した際、就職活動はどのようになるのですか?
募集要項に、"大学卒業程度"と記載されている企業にはエントリーできないと思いますが、
では、"短期大学卒業程度"と記載されている企業にはエントリーできるということで解釈して良いのですか?
それとも、私の最終学歴は高校卒業になるのですか?

現在は大学で、Tourism Managementを専攻しており、観光業界の問題点や改善策、さらに経営方法などのビジネスを学んでおります。
就職先としては、観光(旅行)業界が第一希望です。

英語力としましては、ビジネスのエキスパートまでとはいきませんが、日常会話、さらに講義を英語で受けることができる程度です。


また、仮にイギリスの大学をきっちり三年通い卒業したとしても、厳格には日本で就職する際には大学卒業程度として認めてくれないことも知っています。
日本の文部省的には、海外の大学卒業者は”大卒”になりませんよね?
採用する企業側がイギリスの大学卒業を認めてくれ、それを日本の大学卒業者と同じ扱いにしてくれるかが問題ですが、
現実的に海外の大学卒業者を日本の大学卒業者と同等に見てくれる企業は多いんでしょうか?


文章にまとまりがなく読みづらくなってしまい申し訳ございません。

私は、今の大学を一年間で辞め、2014年度6月ごろに日本の観光業界(旅行会社)で就職したいと思っております。
しかし私の中途半端な学歴ではまともな職種に就くのは難しいですか?
このまま当初の予定通り三年間大学に通い、きちんとイギリスの大学を卒業した方が無難ですか?

どうか皆様のアドバイスをいただけたらと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

『とりあえず一年間のコースを修了すれば日本で言う短期大学卒業と同等の資格が得られると聞きました。

しかし、私自身その話が本当なのかどうか定かではありません。』
就学年数が一年足りないので短大卒と一緒ではないと思いますが、一つのコースを修了する(終了証をもらう)のであれば、“xx大学xxコース修了”と履歴書に書くことは出来ますよね。

『それとも、私の最終学歴は高校卒業になるのですか?』
仮にイギリスの大学のことを考慮しなくても専門学校卒ではないのですか?

『では、"短期大学卒業程度"と記載されている企業にはエントリーできるというとで解釈して良いのですか?』
厳密には高卒(もしくは専門学校卒)の枠で応募するのでしょうけれど、高校を卒業されてから専門学校にも行って卒業されたし、イギリスの大学も少なくとも1つのコースは修了予定なのですから、短大卒程度で応募してみてもいいのでは?あとは先方が判断することです。履歴書を見て興味があれば面接してくれると思います。

『英語力としましては、ビジネスのエキスパートまでとはいきませんが、日常会話、さらに講義を英語で受けることができる程度です。』
今の時代、英語ができることがどれくらい評価されるかは分りませんが、一つのアピールポイントにはなると思います(喋れない人もたくさんいるし)。

『現実的に海外の大学卒業者を日本の大学卒業者と同等に見てくれる企業は多いんでしょうか?』
大卒は大卒なのでしょうけれど、例えば、日本の大学なら東京大学を出ました、慶応大学をでました、地方の私立大学をでました、と聞けばその人のレベルやバックグランドがだいたい推測できますが、海外の大学の場合はよく分りませんよね?オックスフォードとかケンブリッジを出ているとか言うのなら評価されるでしょうけれど。だから、評価しようがないのです。

『しかし私の中途半端な学歴ではまともな職種に就くのは難しいですか?』
難しいと思います。仮に、当初の予定通り三年間大学に通い卒業しても(その方が幾分良いけれど)難しいと思います。出来たら卒業してイギリスでの就職を考えられたら一番いいとは思いますが、その考えは全くないのですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

確かに私は専門学校を卒業しましたが、国で定められている専門学校卒業者は二年以上通った人のみなんです。
私は一年間だけのコースだったため、私の最終学歴は専門学校卒業ではなく高校卒業になってしまうんです。

私が現在所属している大学はイギリス内でしたらそこそこ有名ですが、多くの日本人は知らないところだと思います。
レベル的に見れば、オックスフォードやケンブリッジとは比較のしようがないほど下の大学です。

イギリスでの就職は今の段階では全く考えておりません。

現実世界の厳しさを考慮したうえで、もう一度自分の将来について考え直してみようと思います。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2013/11/11 00:28

学歴は高卒で大学中退ですね。


1年では2年制の短大と同資格なんてあり得ません。
1年ぐらい留学して英語が少々できる人など、大勢いますから、資金がゆるせば、大学を卒業するのが望ましいと思います。就職は、学校のテストとはちがい、会社にとって役立つ人であることが大事です。英語と観光を学んで、それを生かせるのかどうかです。たとえば、イギリス中を旅してよく知っているとか、歴史に造詣が深いとか、そういうことがないと、英語だけ少し出来ても大卒にかなわないと思いますよ。

以上、ご参考になればと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございます

やはり、一年間だけイギリスの大学に通ったからと言って日本の短期大学卒業者と同等ということはないですよね。

はい、今の時代一年ぐらい留学して少し英語が話せるだけでは就職活動において何も特別視されないのは十分承知しております。
しかし、今回は大学を退学してでも日本に帰国しなくてはならなくなるかもしれないんです。

イギリスには住んで長くないですが、毎週どこかしらに出かけているのでイギリス国内で言えば結構分かります。
日本に関しては、47都道府県すべてに行ったことがありますし、自分の足だけで回ったのである程度知識もあります。

だからといって就職活動の際に一つのネタにはなりそうですが、有利になるかと言われたら私自身そうは思いません...

このままイギリスの大学を三年間かけてしっかり卒業できるようにもう一度自分の周りの環境も考えた上で決断したいと思います

どうもありがとうございました

お礼日時:2013/10/16 04:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最終学歴。日本の大学?アメリカの大学?

現在アメリカでA.A.(準学士号)を取得し卒業を間近にしている留学生です。
将来日本に帰国し、就職し、永住予定しています。
国内航空会社で客室乗務員になる目標を持っています。

日本の大学へ編入し卒業するか、このままアメリカの大学へ編入し卒業するかで迷っています。
日本での就職希望なので、やはり日本の四年制大学を卒業していた方が有利だと思うのですが、どうでしょうか?
情報が入ってきたり、エアラインスクールに通えたり、採用試験に挑戦できたり、だから日本の大学の方が良いのではと思っています。

もし何か小さなことでもご存じでしたら、アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

#1の者です。

現在、世界恐慌の中でかなり狭き門である事は覚悟しておいた方が良いでしょう。
貴方の為に言っておきますが、もし合格できなかった場合のことも考えておくべきです。堅実な貴方なら判るでしょう。
本題に入ると、やはり本邦の企業は保守的な思想が強いとでしょう。
試験の結果は合格者レベルになればピンキリだと思います。
やはり、面接と論文が明暗を分けるでしょうか。
細心の注意を払い、一字一句を丁寧に進めていくべきでしょう。
特に提出書類など、気を使いましょう。
見てないところを結構見てますよ。

Q大学3年次編入で実力以外に成績はどの程度考慮されますか

オール優が理想かと思いますが
可などがあっても大丈夫でしょうか?
やっぱり基本的には編入テストの結果ですよね?

Aベストアンサー

基本的には現在の大学での成績はあまり重視されないと思います。ただし、取得単位数が少ないとか、あまりにも可が多いとかいうことがあれば、悪影響はあると思います。
そもそも、試験は公正に行われるわけですから、公平な立場での点数化が困難なものは評価基準とはしにくいと思います。大学の格差もあるでしょうし、高専、短大卒業生が入り交じった状態で大学等の成績の評価というのは難しいと思います。
したがって、編入学試験の結果が最も重要でしょう。ただし、それは筆記試験だけではなく、口頭試問(あるいは面接)の成績を含めてという意味です。

最近では、いわゆる学歴ロンダリング、すなわち、一流大学卒業の学歴のためだけに入学を目指す人が増えています。しかし、大学が求めているのは、そういう人たちではなく、やる気のある優秀な人物ですので、それを判断する手段としての口頭試問は重視されます。
口頭試問や面接では差がつかないと高を括るっていると失敗します。

Q"卒業"と"修了"の違いは?

タイトルそのままなのですが、
"卒業"と"修了"違いはなんなのでしょうか?

広辞苑によると、下記のようになっていました。
 "卒業":1つの業を終える事。学校の全課程を履修しおえる事。
 "修了":一定の課業を修めおえる事。

一般の学校以外ですと、"修了"が使用されることが多いような気もします。

卒業の方が修了よりもいっぱいの授業数を受ける事は分かるのですが、
厳密にはどのようになっているのでしょうか?

Aベストアンサー

もしも、同一の答えがあれば、ご容赦を

 大学は、所定の単位(普通130単位程度)を取得すれば、学士(現在は、学位になっています)として、卒業します。すなわち、単位数が卒業に必要な単位を超えると、学士として「卒業」させます。

 大学院は、博士課程前期(修士)と博士課程後期(博士)があります)。大学院でも、授業(人数が少なく、ゼミに近い)や理系ならその上に実験など、所定の単位(30単位程度)が、修了のために必要です。
 これらの単位を取得して、なおかつ、修士論文または博士論文の審査に合格して、初めて修士号、博士号の学位がとれ、「修士」「博士」を名乗れるのです。

 修士に関しては、修了者は、修士論文の審査もほぼパスできます。指導教員か面子にかけても、とれるように指導します。
 博士については、所定の単位をとっても、博士号はスンナリ取れません。理系はともかく、文系は、ほとんど取れなかったのです。理系の教員は、ほとんど博士号を持っていますが、文系では教授でも、持っていない人は、少なくありません(若い人はともかく、40才以上の文系の博士は貴重品です)。
 その時代は、『そんなに簡単には、取らせないぞ』という風潮があったのです。ですから、大学院後期課程(博士)で、授業などの単位は取得し、修了として、院を終えるというのが一般的でした。指導教員も、敢えて、取らそうとはせず、「研究が完成したら、もってきなさい」程度でした。

 すなわち、大学院後期課程(博士)修了とは、所定の単位は取得しているので、これ以上大学院生として在籍はできません、ということになります。文系の場合は、社会も、修了者の学力や研究能力は、大学院レベルである、として待遇しました。
 理系は、博士号を持っていないと、一人前の研究者として扱ってもらえません。
 
 大学の卒業生は、必ず「学士」という学位があります。大学院生は、前期課程の2年、後期課程の3年で、所定の単位を取得しても、「修士」「博士」の学位論文が合格しない場合(合格させなかった場合)も少なくないので、「修了」と区別するのだとか。

 もしも、終了時に取れた場合は、履歴書に、2005年 大学院後期課程修了(学位取得)など、付け加えて明らかにします。最近は、「取得させるように」という文部科学省の指導があります。

もしも、同一の答えがあれば、ご容赦を

 大学は、所定の単位(普通130単位程度)を取得すれば、学士(現在は、学位になっています)として、卒業します。すなわち、単位数が卒業に必要な単位を超えると、学士として「卒業」させます。

 大学院は、博士課程前期(修士)と博士課程後期(博士)があります)。大学院でも、授業(人数が少なく、ゼミに近い)や理系ならその上に実験など、所定の単位(30単位程度)が、修了のために必要です。
 これらの単位を取得して、なおかつ、修士論文または博士論文の審査に合格し...続きを読む


人気Q&Aランキング