これからの季節に親子でハイキング! >>

お世話になります。

譲渡所得の計算のため、セキスイハイムの骨格材の肉厚が知りたいです。

肉厚が3mm超え4mm以下であれば、償却率は0.025でいいのでしょうか?

肉厚が分かる方いたらよろしくお願いいたします。

建物は、平成2年7月に新築しました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

3mm以下は使っておらず、3.2mmだと思います。


したがって、減価償却の計算は、金属造(2)・償却率:0.025 になると思います。
参照URLをご覧ください。 
この中に、3.2mmの文字が見えます。
また、「鋼材は高層ビルの構造にも用いられる強さと柔軟性を併せ持つSS400鋼」とも書いてあります。

金属造(1)(肉厚3mm以下) なら償却率:0.036であり、「木造:0.034」よりも、「木骨モルタル:0.034」よりも耐用年数が短いことになってしまいます。

セキスイハイムにお聞きになった方がより確かと思いますが・・・・・。

参考URL:http://www.sekisuiheim.com/appeal/safety/quality …
    • good
    • 0

<譲渡所得の計算のため、セキスイハイムの骨格材の肉厚が知りたいです。

>

譲渡所得の計算のためにそのような詳細は必要ありません。どこから言われたのですか?
もう少し詳しく質問して下さい。

この回答への補足

軽量鉄骨ですので、厚みが3mmこえてるかで償却率が変わってきます。

税務関係の本にそのように書いております。

よろしくお願いします。

補足日時:2014/01/08 16:02
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄骨造(骨格材肉厚)の厚さを知る方法

手元に竣工図があります。
素人です。鉄骨造ですが、下記のどれか知るためには竣工図のどこを見ればわかりますか。

鉄骨造(骨格材肉厚4ミリ超)
鉄骨造(骨格材肉厚3ミリ超)
鉄骨造(骨格材肉厚3ミリ以下)

Aベストアンサー

構造図の中の「柱梁リスト」という図面があるとおもいます。
H鋼ですと、#1さんの回答です。
角の柱などもサイズの後に書いてあるのが厚さです。
□300×300×12
でしたら厚さ12ミリということです。

Q減価償却と耐久性

現在、アパートの建設を計画中です。
本日、ハウスメーカーさんのお話を聞いてきたのですが、
そこのハウスメーカーは軽量鉄骨なんですが、軽量鉄骨の場合、建物の減価償却は定額法で27年だと聞いておりました。
しかし、今日のところは19年で償却できると言ってました。
柱の鉄骨が3ミリがどうのこうのと、、、
要は鉄骨が薄いみたいなんです。
そこで、
そのような基準で減価償却は19年になるのでしょうか?
また木造ですら、減価償却期間は20年を下回らないとおもいますので、単純に考えて耐久性などに問題ないのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 減価償却の耐用年数は法律で決まっていて、実際の耐久性とは時に無関係である場合が多いのです。例えばパソコンですが、秒進分歩といわれるほど陳腐化が速いにもかかわらず1セット30万円以上のものだと耐用年数は確か4年だったはずです。

 法定耐用年数は実態を必ずしも反映しているとは思えないのですが、それが法律である以上、建物の場合下記にあるような表であてはまるものを探しその対応する法定耐用年数を採用するしかないのが実際です。
http://www.jfast1.net/~nzeiri/taiyo_tatemono.htm
http://www.oshidakaikei.com/genka/genka-
 なお建物の法定耐用年数に関して下記のサイトにあるような国税不服審判書の裁決があります。
http://www.tabisland.ne.jp/news/news1.nsf/0/76962dtatemono.html
968d74af4e49256a470005f0a8?OpenDocument
これによると、あくまでも耐用年数の判断の基準は建物の主要構造部分に着目して求めるとの判断が示されています。

 ですので例えば建物の主要構造体である柱の肉厚が3mm以下で、用途が住宅であれば、これらの表から19年と判断できるわけです。
 
 なお現在は建物の減価償却は定額法で計算しますが、所得価額に0.9をかけたあと、法定耐用年数で割る人がいますがこれは間違いで、法定耐用年数に対応する償却率をかけることによって算出します。取得額が大きいと誤差も大きくなるのでお気をつけ下さい。

 余談ですが法定耐用年数が長くても悪いことばかりではありません。その建物を売却するときに残存価額が大きくなり、同時に譲渡益が小さくなって、その分税金が安くなるというメリットもあります。

 実際の建物の耐用年数の判断は非常にたくさんの条件(用途、立地等)を加味しない限り客観的にさだめることはむずかしいですし、一戸一戸の建物を、そういった条件を加味して評価するわけにもいかないというのは、確かにその通りかと思います。

 減価償却の耐用年数は法律で決まっていて、実際の耐久性とは時に無関係である場合が多いのです。例えばパソコンですが、秒進分歩といわれるほど陳腐化が速いにもかかわらず1セット30万円以上のものだと耐用年数は確か4年だったはずです。

 法定耐用年数は実態を必ずしも反映しているとは思えないのですが、それが法律である以上、建物の場合下記にあるような表であてはまるものを探しその対応する法定耐用年数を採用するしかないのが実際です。
http://www.jfast1.net/~nzeiri/taiyo_tatemono.htm
htt...続きを読む

Q【主体構造部】軽量鉄骨造と鉄骨造の違い

 ど素人です。

 構造が軽量鉄骨造と鉄骨造では、使われている鉄骨(の厚さ)が違うため、分けられているのだと思いますが、具体的にどこで区別しているのでしょうか?

 私見ですが、
 (法人税とかの)償却の計算上で、主体となる鉄骨の厚さが4mm、3mmで区分けされているので、4mmを境に軽鉄造・鉄骨造を分けているのでは? と推測しました。あと調べましたが、分かりませんでした。

 大変基本的な質問と思います。
 基本的過ぎて、力が抜けられるかも知れませんが、ご存知の方よろしくお願いいたします」。

Aベストアンサー

>4mm、3mmで分けていました。(軽鉄造とか鉄骨造という言葉は使っていませんでした)

固定資産の件(だったと思う)で以前(と言ってもだいぶ前)に聞いた際には確か6mmで分けてるって聞いたのですが、現在は変わってるんですかね?
ただ、↓のページの「か行」から「軽量鉄骨」を調べてみたらやっぱり6mmでした。

ちなみに建築基準法上は「軽量」とか「重量」とかって一切分けてないんですが、建築業界の通例って感じではNo.2の方の言われる通りやはり6mmで分けてますね。

ただ、プレファブ等の型式認証(または認定)は別として余程特殊な工法でない限り、軽量鉄骨であっても普通に構造計算はできますよ。

参考URL:http://www.re-words.net/

Q築30年のセキスイハウスの軽量鉄骨。リフォーム出来る?

S52築のセキスイハウス製2階建ての実家を今度、完全に取り壊して新築を建てようか、リフォームしようか迷っています。
資金の関係上できればリフォームしたいのですが、もう30年以上が経過している軽量鉄骨って今後、20年も30年も耐えうるんでしょうか?

最近のリフォームは新築みたいに出来ると聞き、骨組み以外は改築したいと考えています。出来ればベタ基礎じゃないのでベタ基礎にしたいのですがそれはリフォームじゃ無理かな?

築30年の軽量鉄骨のリフォーム、実用性はあるんでしょうか?
詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

メーカーの軽量鉄骨の住宅は構造計算で安全が保証されています。
当時の建築基準法の強度計算では現在の基準が満足出来ないと思います。木造などでは、筋交いを増やしたり、基礎を補強したりして耐震補強できますが、メーカーのユニット住宅では難しいでしょう、建物全体で保つように設計されていますので。

ベタ基礎の件ですが、何故ベタ基礎にされようと思っているのでしょうか、ベタ基礎にすれば建物の自重が増えるので、圧密沈下の恐れがある場合もあるのです。何でもベタ基礎にすれば強度が増えるというわけでもないのです。

私はセキスイハウスの者では無いので、ひょっとするとセキスイハウスに相談すれば補強方法について何らかの技術があるかもしれません。
一度相談されてみればどうでしょう。
(まあ、新築を進められそうですがね)

Qセキスイハイムの浴室の耐用年数は20年ですか?

20年点検で、外壁を塗り替えることにしました。セキスイ独自の塗料とかで、150万くらいです。
まあ、それは、やることにしましたが、浴室の交換で250万もかかるといわれました。浴室の壁は汚くなり、塗り替えたいと思っていますが、風呂、床もいつ壊れるかわからないと言われました。壁の塗り替えだけなら30万くらいだそうです。耐用年数は20年だそうです。浴室ごと替える時期なんでしょうか?ハイム(うちはアバンテ)にお住まいの方教えて下さい。

Aベストアンサー

お家の耐用年数は26年くらいです。
それでお家を建て替えなければいけないのでしたら、
塗装をするのも、浴槽を替えるのも、もったいない気がします。


貴方のためを思っての営業ではありません、自分のために売り上げを上げるための営業です。
浴室の耐用年数が寿命ではありません、浴室は壊れてから取り替えれば済むのではないでしょうか。
他にもキッチン、トイレなどもリフォームする時期が来ます。
営業の言っていることを真に受けて、工事をしていては、破綻します。

浴室の工事の250万円はとても高いです。
20年しか持たない浴室にそんなにお金をかける必要はないと思います。
いろんなメーカーのユニットバス、値段を調べてみてください。
相見積もりもしてみてください、適正な値段が判ります。

又20年でユニットバスを取り替えた人を私は知りません。
(ユニットバスの浴槽だけを替えたことはあります)

Q軽量鉄骨造一戸建ての寿命

積水ハウスの中古住宅(築18年)の購入を考えています。
空家だったので中も外もじっくり見てみましたが
素人目で見た限りでは、中も外もまだまだしっかりしていていました。
地盤も、丘陵地を積水ハウスが開発分譲したところと
いうことでとてもしっかりしているように思いました。

ただ不動産屋の営業マンが
「鉄骨造だから木造に比べて丈夫です!!」
とあまりにも連呼するので
逆に「ホンマか?」と疑ってしまいました。

一般的に軽量鉄骨造の家って、大きな補修(構造的なもの)
をせずに、どれくらい住めるものなんでしょうか。

あるいは、何年おきにこれくらいの費用をかけて
補修すれば長持ちする、というようなことでも
いいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その昔、積水ハウス軽量鉄骨造の平屋に住んでいました。築26年まで住みました。
(今残ってたら築31年なんですが、5年前建て替えました)

取り壊すキッカケは
猫を飼っていたので壁紙など爪でバリバリにされた事
台所の流しの前の床が湿気で腐り、落ちそうになっていた事。
戸の建て付けがあちこち悪くなっていた事です。

取り壊す時に解体業者の方に言われましたが、鉄骨の柱はまだ
全然しっかりしていたそうですよ。(素人目ですが、私にもそう見えました)

台所の床が腐ったのは、長年ちょっとずつこぼれた水で湿っていたの(だろう)という事と
元々土地が田んぼを埋めたてたところだったので、湿気が多かったセイだと思います。

戸の建てつけも蝶番部分が錆びてきて膨れたり、引き戸の下についている
車輪が磨耗していびつになっていることからのようでした。
(その部分だけ直せば住めたのにと思いましたが、私が戸主ではないので(^^;)

そのお家は手入れは必要かもしれませんが、まだ住めると思いますよ。
補修が必要だろうと思う部分は上に書きました、床(耐久性)と内壁(美観)
戸の建てつけですかね。
ワックスかけたり、油さしたりで耐久性はぐんと上がると思いますよ。

あ、屋根はトタンですか?うちは錆びて穴が開いて押入れに雨漏りしましたよ。
(数年に一回ペンキを塗ってたら、防げたようですが)
屋根がトタンだったら、雨がふったらバラバラと音がします。
慣れれば風情として楽しめる程度ですが(^^)
私は雨の音が好きだったので、今の家は殆どしないので残念です。

あと、これは建て替えないと判らなかった点なのですが
今の家は前の家に比べて気密性が高いので、冬温かく夏涼しいです。
冬の事ですが、暖房を切って寝て、次の日の朝起きたら温かく感じます。
(昔の家に比べて)あれ?今年は温かいねって言ってたら、外は雪。
それで中が温かいんだと気付きました。この点は大きい利点でしたね。
前の家では、1度暖房を付けに起きて、また暖まるまで布団に戻る感じでしたから。

他の点での不満は得に有りませんでしたから、前の家に手を加えてまだまだ
住めば良かったのにと思っています。
でも、親もどんどん年をとることだし、冬温かい家はやっぱりよかったのかも?
(断熱工事ができるんならそれの方がいいかもしれませんが)

どちらの地方かわかりませんが、断熱という面でも覚悟が必要かもしれません??

あまり役に立たない話でしたね(^^;(思い出話みたいになっちゃった)
他の方の回答も待ってみてください。

その昔、積水ハウス軽量鉄骨造の平屋に住んでいました。築26年まで住みました。
(今残ってたら築31年なんですが、5年前建て替えました)

取り壊すキッカケは
猫を飼っていたので壁紙など爪でバリバリにされた事
台所の流しの前の床が湿気で腐り、落ちそうになっていた事。
戸の建て付けがあちこち悪くなっていた事です。

取り壊す時に解体業者の方に言われましたが、鉄骨の柱はまだ
全然しっかりしていたそうですよ。(素人目ですが、私にもそう見えました)

台所の床が腐ったのは、長年ちょ...続きを読む

Q築30年の軽量鉄骨セキスイハウス。価値は0?

今度、自宅(2年空屋)を売るのですが、不動産屋が外観を見たところ家屋の資産価値は0と言われました。ネットでの見積もり依頼だったので軽量鉄骨だとは言わなかったのですが、・・・不動産屋なら言わなくても分かってたのかな?

ところで築30年のセキスイの軽量鉄骨のうちの家って、資産価値0なんでしょうか?

木造と違って軽量鉄骨は多少価値があると思っていたのですが・・・

Aベストアンサー

>資産価値0なんでしょうか?

建物の償却期間などの観点からいくと、建物の価値はゼロということは言われます。
また、その建物の現在の状態によっても「取り壊すしかない」と客観的に判断されるようであれば価値はゼロか、または先の回答にあるように逆に解体費分がマイナスになる場合もあります。

しかし私は、昔から査定依頼をされると、築年数も大切ではあるが「利用空間の価値」というものを度外視してしまうのはいかがなものか・・・という視点も大切ではないかと思っています。
でないと、分譲マンションなどは耐用年数60~70年あるような物件でも土地値で判断しなければならないという結論になるのは有り得ない話であると思うからです。

ネットで査定依頼されたとのことですが、一度、物件を見てもらう査定を受けられてはいかがでしょうか?
状態によっては、もちろん「土地値のみ」あるいは「解体費は売主持ち」を覚悟しなければなりませんが、リフォームすれば使えそうだという買い客さんもいるかもわかりませんので、もしそういう査定をしてくれる業者がいるなら、当初より土地の査定額プラスアルファーで販売活動をしてくれるはずです。

>木造と違って軽量鉄骨は多少価値があると思っていたのですが・・・

問題は状態だと思います。メンテナンスもよく行なわれて、躯体部分の損耗損傷がさほどなく雨漏りもしていないなど判断してもらえれば、中古一戸建てという形で売りに出すことは、充分可能だと思います。

>資産価値0なんでしょうか?

建物の償却期間などの観点からいくと、建物の価値はゼロということは言われます。
また、その建物の現在の状態によっても「取り壊すしかない」と客観的に判断されるようであれば価値はゼロか、または先の回答にあるように逆に解体費分がマイナスになる場合もあります。

しかし私は、昔から査定依頼をされると、築年数も大切ではあるが「利用空間の価値」というものを度外視してしまうのはいかがなものか・・・という視点も大切ではないかと思っています。
でないと、分譲マ...続きを読む

Q建物の骨格材の見方

建物の骨格材の長さの見方なんですが、建物耐用年数を選択するときに使うのですが、何の資料を見れば分かるのですが?または測ったりするのですか?

Aベストアンサー

その建物の骨格材の太さ(肉厚)を調べるには、建築確認書か建物仕様書や設計図などから調べます。
判らない場合は、その建物の建築会社や設計管理をした設計事務所に聞きましょう。

建物の骨格材の太さが判っている場合は、耐用年数表から
該当の建物の耐用年数を調べます。
耐用年数表は、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.brainjim.com/zei801.html

Q陸屋根(ステンレス)のデメリットを教えてください

戸建てを鉄骨ユニット工法で、建て替え検討中です。
セキスイハイムから陸屋根(ステンレス)を勧められていますが、デメリットを教えて下さい。

私なりに調べたデメリットは
(1)ほぼ平らなので、三角屋根より長期的にみて雨漏りしやすい。
(2)5年ごとの塗り替えメンテナンスが必要。
(3)春秋の気温差が大きい時は、鉄の伸びる音が聞こえる。
(4)雨音などが聞こえて、遮音性が低い。
(5)三角屋根にある小屋裏換気がない為、三角屋根より結露になりやすい。

もちろんメリットもあります。金額的に瓦より安い、軽いので耐震性に優れる、部屋を大きくとれる(瓦の庇がないぶん)事に惹かれています。
とは言え、メンテナンス費用がかさむようでは、瓦にすべきか迷っています。

これらについて、実際にステンレス陸屋根に住まれている方、陸屋根を検討された事がある方、専門家からの更なる詳しい情報を頂けると、大変助かります。
また、陸屋根を採用した場合の、事前の対策などありましたら教えて下さい。
屋根についてどんな些細な事でも構いませんので、回答お願い致します。

戸建てを鉄骨ユニット工法で、建て替え検討中です。
セキスイハイムから陸屋根(ステンレス)を勧められていますが、デメリットを教えて下さい。

私なりに調べたデメリットは
(1)ほぼ平らなので、三角屋根より長期的にみて雨漏りしやすい。
(2)5年ごとの塗り替えメンテナンスが必要。
(3)春秋の気温差が大きい時は、鉄の伸びる音が聞こえる。
(4)雨音などが聞こえて、遮音性が低い。
(5)三角屋根にある小屋裏換気がない為、三角屋根より結露になりやすい。

もちろんメリットもあります。金額的に瓦よ...続きを読む

Aベストアンサー

(1)ほぼ平らなので、三角屋根より長期的にみて雨漏りしやすい。
 平らなほうがしにくい。
(2)5年ごとの塗り替えメンテナンスが必要。
 10年位は大丈夫(早すぎるのが不良を起こします)艶がなくなってきた位に塗っておけば、長持ちします。
(3)春秋の気温差が大きい時は、鉄の伸びる音が聞こえる。
 そんなに大きくわからないでしょう。
(4)雨音などが聞こえて、遮音性が低い。
雨音は瓦に比べると、歴然としていますが、断熱や遮音の改良をすれば音も気にならなくなります。
(5)三角屋根にある小屋裏換気がない為、三角屋根より結露になりやすい。
結露はどちらでも一緒ですが、勾配がないほうが危険は低いですね。

良い点は、メンテナンスが割安に出来るのと、点検もらくですし、ソーラーも発電率がいいでしょうね。地震にも強いし。
こんな位でいいでしょうか。

Qセキスイハイムの十年目の定期点検を受けたのですが、外壁と屋根の塗装を勧

セキスイハイムの十年目の定期点検を受けたのですが、外壁と屋根の塗装を勧められました。
確かに、劣化している部分はあるのですが、十年で、外壁塗装をする必要があるのか疑問です。
話を聞いていると、10年毎に塗装をした方が、いいという話です。
60年だか耐えられる家という話だったのに・・・
そんなに、もろい物か疑問です。
確かに、早めに対応していけば、傷みも酷くならず、もちが違うという話もわかるのですが、急がせる部分があって、なんだか怪しい気もしています。
レンガを貼るということも勧められましたが、その必要性が本当にあるのか、営業の人に乗せられているのか心配です。
たった10年で塗り替えをしないと長く持たない家だったのかと思うととても損した気分です。
外壁と屋根の塗装は、どれくらいの頻度で行うのが良いでしょうか??
他の業者にやってもらうと、セキスイの素材に合わないので、はがれたり、傷めることがあるみたいなことも言っていたのですが、本当にそうなのでしょうか?
教えていただけると幸いです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、選ぶ建材と立地条件により劣化は多少異なります。
それが平均的だとしても、60年手入れなく持つ家(建材)なんてありません。
もつということも、倒れずに住めるという点ではもつといえても、外見にヒビが入ったり、剥がれが来たり外見もあります。

メーカーが進める10年後との手入れというのは、60年(たとえば)持たせるための理想的処置です。

外壁や屋根の塗装が不十分であると、水などが浸透しやすい、太陽光による材質母体の劣化が早いなど、劣化を早めることになります。
最初に言ったように立地条件などにもよるのですが、10年とか15年目の手入れをせずに20年まで来てしまった場合、22年目で外壁や屋根がはがれおちるなんてことになりかねません。
メーカーはそうならないように、やや早めの手入れを勧めているわけです。

例として、10年、10年で塗装、30年目で外壁や屋根材の吹き替え、というのが標準的かと思います。
最初の塗装を15年目でも構いません。その場合、25年目で吹き替えの必要が出てくるかもしれないというイメージです。

15年塗装が絶対に要らないなんて材質は私は聞いたことがないです。

塗装のみを例として書きましたが、シーリング剤、防水加工など10年ぐらいで点検する必要があります。

さらに私が知っている事情としては、材質に当たり外れというのがあるので、6年目ぐらいから、材質の痛みやたわみの変化、シール部の痛みなどを目を光らせておき、早めにメーカーに相談(保証のうちなら好ましい)するのがよいと思います。

60年住めるようにするのは、最初に建てた業者だけでは無理で、ユーザーの手入れやチェックも必要ということです。

煉瓦は、それによりより強くなったり、飽きずに住めることの勧めでしょう。不要なら不要といえばよいです。

補修が必要かどうかは、ほかの業者に一度見て見積もりしてもらえば、妥当な処置かどうかわかります。

他の業者だと材質が合わないのではなく、立てたセキスイが理想と思う材料や工法で補修してもらえるか積水は不安ということでしょう。

まず、選ぶ建材と立地条件により劣化は多少異なります。
それが平均的だとしても、60年手入れなく持つ家(建材)なんてありません。
もつということも、倒れずに住めるという点ではもつといえても、外見にヒビが入ったり、剥がれが来たり外見もあります。

メーカーが進める10年後との手入れというのは、60年(たとえば)持たせるための理想的処置です。

外壁や屋根の塗装が不十分であると、水などが浸透しやすい、太陽光による材質母体の劣化が早いなど、劣化を早めることになります。
最初に言ったように立地条...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング