柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

になったのでしょう。

官位につくには出自が重視されるので、豊臣秀吉は近衛家の養子になり、征夷大将軍に任ぜられようとしますが、これを自ら断り関白を任ぜられます。

関白は、天皇と協議して合意を取りながら政務を行う職として、慣例として天皇の代理人として天皇と太政官の政治的なやりとりについて事前に把握したり関与する権利があり、実質上、統制権をもつものと認識しています。

一方、徳川家康は清和源氏と称し、征夷大将軍に任じられます。征夷大将軍は、天皇勅令のもと、武家政権の長とする地位に任ぜられます。

当時は、武家の勢力が強く、朝廷は権威を保ってはいたけれど実質的な政権は武家勢力が握っていたものと推測しています。
そのため、官位については表向きは朝廷が任じようと、実は武士側の方で公家の養子になったりして出自を高貴なものにすれば選べたのではないかと考えています。
どうして、豊臣秀吉は、征夷大将軍職を断り、関白を選んだのでしょう?
そして徳川家康は関白ではなく征夷大将軍職を選んだのでしょう?
結局、その後の徳川家は幕府を設立し、禁中並公家諸法度を作成して朝廷を統制し、政治における実権を握ったことを考えると徳川家康は、武家の棟梁としての位を望んだのも頷けます。
しかし、豊臣秀吉も関白として同じことができたのではないかと思います。
自分の考えでは、豊臣秀吉は幕府を作ることは考えておらず、平安時代からあった摂関政治を狙っていたのではないかと推測します。
逆に徳川家康は武士の時代と考え、朝廷からの実質的な政権を奪うことをもくろみ征夷大将軍職についたのかと考えています。
自分には歴史の知識があまりないため、このあたりの政治的な部分に興味があり、いろいろ文献を読んだのですが、なかなか答えがだせません。
そのため、皆様のご高説を賜りたい次第です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

kuwantan さん、こんばんわ。




平安時代からあった摂関政治を狙っていたのではないかと推測します。
その通りです。秀吉は日本を統一し、さらに朝廷から関白の官位を受けることでその権威をもって日本全国の大名を支配しました。
実は秀吉は小牧長久手の役の終わった時に朝廷から征夷大将軍の称号をうけるかどうか打診されていましたが、断りました。これはまだ、足利義昭が将軍の在職中であったため、遠慮したのだという説があります。また、一説に義昭の養子となるように工作したのですが、義昭が嫌ってうまくいかなかったという説があります。
ちなみに彼が辞職するのは天正16年になってからです。私も知りませんでした。
関白も棚から牡丹餅でなったのです。それについては関白相論を見てください。
どのみち、実力で天下の覇者になった秀吉としては官位が高いほど自分の権威が高まって行くと考えているだけで、それほど執着はしなかったのでしょう。


豊臣秀吉
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%8A%E8%87%A3% …
足利義昭
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%B3%E5%88%A9% …

関白相論
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%A2%E7%99%BD% …

この回答への補足

>実は秀吉は小牧長久手の役の終わった時に朝廷から
>征夷大将軍の称号をうけるかどうか打診されていま
>したが、断りました。

ご説明ありがとうございます!
あげて頂いた二つの説のうち、私は秀吉が自ら断ったのではないかという説の方を有力と見ています。

ご紹介いただいた関白相論を拝見したかぎり、秀吉は右大臣就任を拒否していますよね。しかも次のような理由で

「主君であった信長は右大臣を極官として光秀に殺害されており、右大臣は縁起が悪いので出来るならば右大臣は避けて左大臣への昇進をお願いしたい」

これが事実であるならば、すごいですね。縁起が悪いから左大臣にしてくれなどと、よくも言えたものだと思います。ウィキにもあったとおり、当時、日本国内に秀吉に対抗する存在が最早存在しないことが明らかなことから、態度はへりくだりつつも、その主張は身分を弁えずに信長よりも上の位を要求をしていますよね。(認識に誤りがあったら申し訳ないですが、左大臣の方が右大臣よりも位が上であったと記憶してます。もしくは同等。右大臣の失敗の責任をとらせるための位とも言われていますが、位的には左大臣が高かったと思います。)そう考えると征夷大将軍の位が欲しいなら足利義昭が死んだ後に簡単に身内に任命することもできたんじゃないかなと思ったんです。ただ、豊臣秀次を粛清したことを考えると、謀反をさけるために自らや実子の秀頼に権力を集中させるために結局は空位にすることを選んだのではないかと思います。あと人心を読むことにも長けていたので室町幕府の記憶が残っている時点で征夷大将軍に就いて民衆からなりあがりといわれるのを避けたかったとも思えます。

補足日時:2013/12/22 23:02
    • good
    • 5
この回答へのお礼

わざわざ二回もご説明をしてくださり、ありがとうございました。
他の皆様にも御礼申し上げます。みなさまにベストアンサーを贈りたいところですが、今回、ithi様から最初に頂いた回答に対して私が誤解してしまったのを、わざわざ時間を割いてもう一度ご説明くださったことに感謝の意を表したいと思います。

お礼日時:2013/12/24 13:56

秀吉は信長の後継者で、信長のやろうとした事をやっただけです。

大坂城や、朝鮮出兵など。・・・後々天皇家を滅ぼして、朝鮮、中国を手に入れるのが信長の野望なので、秀吉も同じです。多分。大日本国、国王が目標なので、征夷大将軍とか、興味ないです。とりあえず、政治のトップの関白でって事です。朝鮮出兵に失敗して、挫折です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

>後々天皇家を滅ぼして、朝鮮、中国を手に入れるの
>が信長の野望なので、秀吉も同じです。

信長は暗殺されたため、彼の政権構想は謎に包まれていますが、VARMOさんの仰られるとおり、天皇家を滅ぼそうと考えていたのではないかと思ってました。
傀儡政権ではなく、新たな国王として。
秀吉の朝鮮出兵は正直謎でした。諸大名に与える褒賞のためかと思っていましたが、VARMOさんの仰られるとおり、朝鮮を足がかりに日本よりも大きい中国を手中に治めて大陸の王となれば自動的に天皇家の権威は失墜し、その後はゆっくりと出家させるなりして力や反抗心を奪っていき、民衆から忘れ去られるように仕向ければいいわけですものね。
しかし、そう上手くはいかず、福島正則らが東軍につく切っ掛けを作ってしまったとも思えますね。

お礼日時:2013/12/23 08:17

ithiです。




身内を征夷大将軍にするということは幕府を作らせるということです。それはやっと天下を自分の手で統一したのにまた争いの種をまくのと同じことです。だから、ほかの一族や大名を朝廷の官位でまとめたのだと思います。
また、彼自身実力は日本一ですが、出自の問題で権威が足りませんでした。だから、少しでも高い官位をもらって朝廷の権威をもって、日本全国の大名を支配しようと思ったのでしょう。

この回答への補足

ご指摘ありがとうございます!

>身内を征夷大将軍にするということは幕府を作らせ
>るということです。

仰られるとおり、豊臣家内の勢力を二分することになりますね。それに諸大名に余計な権力を与えるきっかけにもなりますね。
室町幕府や戦国時代の発端となった応仁の乱に関してウィキを読んだのですが、将軍家内のお家騒動に始まり、諸大名の家督争いに発展、その後、権力を持つ有力な勢力がそれぞれ将軍候補を擁立し後見人争いをはじめたことなどを見ると、同じ轍を踏むのを避けたとも思えますね。
足利家は義教暗殺後に徐々に衰退の一途を辿ったけれども、その後も10人の将軍になったことを考えても、一度、政権を築きあげたものから、身内でもないのに権力を奪うというのは、いくら戦国時代でも難しかったんですね。

補足日時:2013/12/23 07:58
    • good
    • 3
この回答へのお礼

>出自の問題で権威が足りませんでした。だから、少
>しでも高い官位をもらって朝廷の権威をもって、日
>本全国の大名を支配しようと思ったのでしょう。

やはり、出自の問題は避けられないのですね。戦国時代の混乱期であれば、朝廷を屈服させるだけの圧力がかけられたのではないかと思ったのですが…
あの、信長や家康でさえ、平家や源氏を名乗ったぐらいですから、やはり血筋は重要視されたのですね。

お礼日時:2013/12/23 08:04

足利義昭が生きていたからです



ご存知室町15代将軍足利義昭は信長に追放されますが
死んではいません 毛利家の庇護で暮らしていました
秀吉は義昭に征夷大将軍を譲れと迫りますが 農民の出の秀吉にはやらん!と固辞します

そこで仕方なく秀吉は近衛前久の融子(名目上の養子・相続権は無い)になりました
ご存知近衛家は藤原道長直系の子孫で代々摂関家として続いていました
秀吉が農民の出なのはみんな知ってたので家系図をいじる事は不可能 つまり自分は源氏の子孫だとは言えなかったわけです
そして義昭が生きている以上征夷大将軍は空位にはならず秀吉が就任するのは不可能でした
だから関白となったのです

関白・太政大臣は天皇の代わりに政治を行う者で これは貴族の頂点ということです
征夷大将軍は天皇より国の統治を任された武家の棟梁です


秀吉は関白になりたかったわけではなく 関白にしかなれなかったのです(まぁ関白になれたのも凄いけど)
ちなみに家康も源氏の出ではないですね 家系図を改ざんしています



ちなみに源平交代論って知ってますか?
日本は源平が交代で統治することです

最初は平清盛(平氏)→源頼朝(源氏)→北条氏(平氏)→足利氏(源氏)→織田信長(平氏)→
となると信長の次の天下人は源氏の出でなくてはいけません
それで当時最高の実力者だった家康は源氏の出ということにしたのでしょう

この回答への補足

>ちなみに源平交代論って知ってますか?

詳細なご説明、ありがとうございます。一応、源平交代論は存じ上げています。(テレビで見た程度なので正確にはといいがたいですが)
信長や、秀吉、家康が、血筋に重きをおいていたとは思えませんが、いくら武力や勢力があろうと大義名分がなければ、ただの逆賊、成り上がりと民衆に謗られるのは避けられませんよね。人心を得るには源平交代論にならってその血脈であることを証明したほうが、やりやすかったんでしょうね。

補足日時:2013/12/22 21:47
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>足利義昭が生きていたからです

将軍が生きていたからですね!
足利義昭についてウィキを見てみました。
秀吉が関白就任後、2年間は将軍として勤め、その後、辞ししていますね。
こう考えると2年の間に秀吉は政治勢力を強め、穏便に足利義昭から将軍職を辞しさせ(義昭が年だったのもあったんでしょうが、その息子 足利義尋が既に信長によって出家させられており、その息子も義尋自身が出家させていたことから、足利家は政権交代を納得し、家の存続を選ばせたようにも思えます。結局、嫡流は絶えてしまうわけですが)、将軍職を家康が任ぜられるまで空位とすることで政権を維持しようとしていたのかもしれませんね。

お礼日時:2013/12/22 21:38

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%81%B7% …

日本史では
三職推任問題

というのがあります。

朝廷からのオファーとして平氏を自称している信長に対して

征夷大将軍でも
関白でも
太政大臣でも

お好きなモノを選んでくださいというもの。

信長何を目指したかはいろんな説があるがあるが、明確なくのは
「どれでもお好きなモノを選んでください」と朝廷側からオファーがあった(あるいは朝廷側にオファーを出させた)

なので、源氏でないと征夷大将軍になれないとか、藤原氏でないと関白になれないというのは、結果として信長なっていないだけであって、なんら信長が任官することを妨げるものではない。


秀吉の関白任官に対しては、朝廷の官位による組織づくりという面で朝廷での頂点に自分がなる必要があったと思われます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E5%AE%B6% …

武家官位というもの。

豊臣政権で、五大老と言いますが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E5%A4%A7% …

その呼称
の部分にあるように、武家社会では「おとな=老」は主人の代行を行えるのに対して、奉行は命令を受けて実行するという認識がありました。
そのために、
「関ヶ原の戦いの折、前田玄以・増田長盛・長束正家の三人は、家康弾劾状「内府ちかひの条々」を諸大名に発したが、その文中でも家康らを「御奉行衆」、自分たちを「年寄共」[6]としている。だが家康に与した大名や徳川家臣団は、玄以らを「奉行」[7]と呼び、けっして彼らを「豊臣家年寄」とみなしてはいなかった。」以上引用
というような、呼称へのこだわりが生じます。

このことを別の視点で言えば豊臣政権における武家由来の役職名は未確定であったということです。

そのために秀吉が使ったのが武家官位となります。
武家官位を活用するには秀吉本人が官位の上で最上位に立つ必要があるわけです。



一方、家康の場合、1603年の段階で「関白」つまり秀吉の後継者であると宣言することは、関白子飼いの大名が多く生存している段階ではあまりに危険です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>一方、家康の場合、1603年の段階で「関白」つまり
>秀吉の後継者であると宣言することは、関白子飼い
>の大名が多く生存している段階ではあまりに危険です。

ああ、確かに仰られるとおりですね!
そもそも関が原の戦いはあくまで秀頼様の御為という豊臣家の家臣同士の内紛にすぎなかったわけですから、大阪夏の陣で豊臣家を完膚なきまでに滅ぼしたとしても、その後に自分が関白に就いては、関白子飼いの大名から反感を買いますし、民衆からは逆賊といわれる危険性もありますよね。
特に豊臣秀吉は、民衆からの人気が高かったと聞きます。
角川書店『日本史探訪10』によると次のような話があります。

-----
慶長9年8月、秀吉の七回忌。亡き太閤秀吉への親しみと、新しく誕生した徳川幕府への反撥が民衆を駆り立て、老若男女あげての華やかな報告祭が、京の街に繰り広げられた。
---

秀吉が神格化されるのを家康が恐れた理由もわかる気がします。だからあえて関白にはならなかったのかもしれないですね。
関白だろうが、征夷大将軍だろうが、当時は武家の勢力が圧倒的だったのでなんとでも朝廷を牛耳ることができたわけですから。

お礼日時:2013/12/23 00:05

武家の最高権威である征夷大将軍は、源氏しかなれないというルールがあり、


家康は、源氏を名乗り征夷大将軍に。公式文書には徳川**ではなく源**という表記がされたものもあります。

一方、秀吉は家系図にどんな細工をしても、源氏であるという証明ができず、朝廷も問題外と任命拒否回答。武家のトップがだめなら、公家のトップ狙いで、豊臣という新しい姓を造り関白へ。
 若干、武家として家柄の良い武将たちへの対抗心から、武家たちは無縁の公家の身分に着眼した部分があるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>若干、武家として家柄の良い武将たちへの対抗心か
>ら、武家たちは無縁の公家の身分に着眼した部分が
>あるかもしれません。

ご説明ありがとうございます!!
実は、それも考えていました。一説では秀吉は、血筋に対するコンプレックスを抱えていたと聞きます。
だから、天下統一を成し遂げた後、古典文学、連歌、茶道、禅、儒学、能楽と教養を高めようとしていますよね。もともとの頭の良さと嗜好もあったのでしょうが、貴族としての嗜みに憧れたのもあるのではないかと考えています。
時代によりますが、当時を考えると身分的には武家よりも公家の方が格式があり位も高かったと考えています。(ただし、武家を統制するような権力は全くありませんでしたが)そういったことからも公家の身分を賜ることに重きを置いた可能性が高いですよね。

お礼日時:2013/12/22 23:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「幕府」と「朝廷」の違いを教えて

中学校1年生の子供からの質問なのですが、

・「幕府」と「朝廷」の違いが分からない。
・そもそも「幕府」って何?「朝廷」って何?

と言われました。
お恥ずかしながら的確に説明できません。
教科書には説明が載ってないし、「先生に聞いてみたら?」と言うと
「先生は授業が終わるとすぐに職員室に戻ってしまうし、あまり質問しやすい先生じゃないもん!o(;△;)o 」
とのこと・・・(´_`;)

どなたか教えていただけますか?
私も勉強したいです。よろしくお願いします。<(_ _;)>

Aベストアンサー

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるということはほとんどなく、武士に言われるがままに任命していたわけですから、実権は武士の側にあったということになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%81%E5%A4%B7%E5%A4%A7%E5%B0%86%E8%BB%8D
これを端的にお子さんに説明するのは難しいかもしれません。
ただ、今の天皇陛下も政治的な実権はまったくなくて象徴として存在しているわけなので、それとちょっと似ているというような説明は、できるかもしれませんね。(今でも首相を任命するのは天皇と決まっています。ただし天皇が首相を選ぶことはできず、国会が選んだ人を形式的に任命するだけです)

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるという...続きを読む

Qなぜ,徳川家康は将軍を選んだのでしょうか.

徳川家康は,将軍(征夷大将軍)になりました.

でも,秀吉は,「関白」から「太閤」になりました
詳しくは知りませんが,関白というのは天皇の直接の家臣であり,たぶん,「征夷大将軍」よりもかなり上の位だと思います.

信長は,「将軍」就任を拒否したと言います.
おそらく「関白」のようなモノを目指していたのでしょう.

この時代(戦国時代),秀吉の選択した「関白」と家康の選択した「征夷大将軍」とはどのような違いがあったのでしょうか.

一説には,将軍は,足利の直系でないとなれないとか,
そのために,将軍になった人は,「系図を適当にでっち上げた」とか言われていますが,強いだけではダメで,
「血統」も関係しているのでしょうか.

ご存じの方おられましたらお願いします.

Aベストアンサー

やはり「征夷大将軍」が武士の棟梁という認識が家康にも他の武将にもあったからではないでしょうか。
秀吉の「関白」職は他の方が書かれた様に征夷大将軍になれなかったので・・・というものです。

仰る通り、形式上は関白は征夷大将軍よりも遥かに上です。
ただ、あくまでも形式上です。
本来、征夷大将軍は蝦夷征伐の為の司令官職です。
それが幕府を開き国内の政を一手に引き受ける最高権力を持つ訳ですから、既に形式上の上下より実質的な上下関係が優先される訳です。
鎌倉・室町時代にも歴代関白が存在しましたが政を行うのは幕府でしたので、この時点で権力はの上下関係は逆転しています。
つまり、一端、落ちた関白の地位を秀吉が実力で最高位に引き上げたという状態です。
それが家康が征夷大将軍職に就き、関白職は元の形式的な位・・・征夷大将軍より権力の低い職となりました。

実力の無い形式・肩書は何の意味も持ちません。
実力に箔をつけるために形式・肩書を利用したのが関白職・征夷大将軍職であったのです。
先に書きました様に秀吉は征夷大将軍職に就けなかったので関白を選んだ。家康は征夷大将軍職に就ける可能性があったのでそれを活用した。

信長は「太政大臣」「関白」「征夷大将軍」の三職のどれかに就任するよう推されましたが回答をせず。
その後、信長は本能寺の変で討たれてしまいますので
信長の真意がどの職に就く事にあったのか?或いは拒否しつづけたか?さらに上を目指したか?は私たちは憶測するしかありませんが・・・。
何れにせよ、過去にも信長は「形式」をフルに利用し、利用出来なくなればサッサと捨ててしまう経歴を持っていたので「源氏だけ・・・」等と言う慣習を強引に破る事も、全くあたらな地位を設けてしまう事も有り得ることでしょう。

秀吉・家康はそこまで強引な手は用いず、従来の形式・肩書を自分の可能な手段で活用したのでしょうね。

> 強いだけではダメで,「血統」も関係しているのでしょうか.
身分制度の無い今日でさえ、有栖川宮様と偽っただけで金を集める様な詐欺が行われる程ですから血統というものは目に見えない有り難味があるのでしょう・・・。

やはり「征夷大将軍」が武士の棟梁という認識が家康にも他の武将にもあったからではないでしょうか。
秀吉の「関白」職は他の方が書かれた様に征夷大将軍になれなかったので・・・というものです。

仰る通り、形式上は関白は征夷大将軍よりも遥かに上です。
ただ、あくまでも形式上です。
本来、征夷大将軍は蝦夷征伐の為の司令官職です。
それが幕府を開き国内の政を一手に引き受ける最高権力を持つ訳ですから、既に形式上の上下より実質的な上下関係が優先される訳です。
鎌倉・室町時代にも歴代関白が...続きを読む

Q秀吉が将軍にならなかった理由

天下を統一した豊臣秀吉が将軍になって幕府を開かなかったのは何故でしょうか?
よく言われる理由として、将軍は源氏しかなれないからで、秀吉は源氏どころか百姓足軽の出なのでなれなかったというのがあります。
しかしそんな理由で将軍になれないなら、関白にはなおさらなれないはずです。
関白になれる家柄は明確に決まっています。
一方将軍が源氏のみという根拠はあるのでしょうか?
鎌倉幕府の源氏将軍は三代で絶えて、その後は皇族や藤原氏を将軍に据えています。
信長は平氏と自称しているにもかかわらず、関白・太政大臣と並んで将軍への就任を打診されています。
信長が将軍就任を朝廷の方から持ちかけられているのに、信長の後継者として天下統一した秀吉がダメなのでしょうか?
天下人になった以上家系なんてどうとでもなるんじゃないでしょうか?
もう一つ、将軍より格上の関白になれるのにわざわざ将軍の座を欲しがる理由もない、という意見もあります。
しかこれもどうでしょうか?
確かに律令制の上では征夷大将軍というのはそこまで高位の職ではなく、帝の代理人である関白とは比較になりません。
しかも鎌倉幕府でも室町幕府でも将軍が実権を握っていた時期などわずかであり、ほとんどの時代でお飾りの存在だったのは事実です。
したがって将軍という地位にそれほどの魅力は無かったというのも一理あると思います。
しかしながらそうは言っても、名目的ではあっても何百年かにわたって武家の棟梁を意味する地位として認識されてきたのも事実です。
官位の上下とは違う次元で武家においては特別の意味を持つ地位ではあったのではないでしょうか?
また先にあげた通り、信長は関白・太政大臣・将軍のどれかへの就任を打診されています。
ここでこうやって並べられているという事は、将軍が関白や太政大臣と並ぶ地位という認識があったという事ではないでしょうか?
将軍がさほどの職ではないなら、ではなぜ家康は将軍を選んだのかということにもなりますし。
また仮に将軍が関白より格下の地位だとしても、だからといって将軍を全く顧みない理由にもならないと思います。
まず将軍として幕府を開いて二、三年やってから、将軍の地位は秀次なりに譲って秀吉自身は関白になるというような事も考えられそうです。
まあそう論じても結局秀吉はそう考えなかったし、そういう選択をしなかったという事が結論かもしれませんがw
秀吉が将軍を選んでいたら、豊臣政権が長続きしたわけでもないでしょうしw

天下を統一した豊臣秀吉が将軍になって幕府を開かなかったのは何故でしょうか?
よく言われる理由として、将軍は源氏しかなれないからで、秀吉は源氏どころか百姓足軽の出なのでなれなかったというのがあります。
しかしそんな理由で将軍になれないなら、関白にはなおさらなれないはずです。
関白になれる家柄は明確に決まっています。
一方将軍が源氏のみという根拠はあるのでしょうか?
鎌倉幕府の源氏将軍は三代で絶えて、その後は皇族や藤原氏を将軍に据えています。
信長は平氏と自称しているにもかかわらず...続きを読む

Aベストアンサー

朝廷の官位ってやつはかなりややっこしいところがありまして、それをまともに書けば本が一冊まるまる書けてしまいます。私もそれについてはあまり詳しくはないのですが、秀吉が関白についたというのは色々な事情が絡んでいるのは事実です。

実質的に天下人になった秀吉はその実力と資金力においては他の追随をまったく許しませんでしたが、唯一足りないのが(血統的な意味も含めての)権威でした。
で、当然しかるべき官位を求める猟官運動をしていたのですが、内大臣の地位までを得ることができました。んで、その一つ上の官位である右大臣はどうかといわれたのですが、これを断ります。理由はちょっと私もよく分かりません。信長が右大臣でしたから縁起が悪いと嫌ったとか色々いわれているようです。
しかしその秀吉の強引なまでの猟官運動が公家の間での内紛を招くことになります。

内大臣より上の官位は、上から太政大臣、左大臣、右大臣、内大臣と続きますが、太政大臣は非常任官位なんだそうですので、通常は左大臣が最高官位となります。既に秀吉は内大臣であり右大臣を断ったのであとは左大臣にしかなりません。
元々左大臣は二条昭実が就いていて、関白も兼ねていました。しかし、秀吉を内大臣にしたので玉突き人事で二条昭実は関白に専任となり、左大臣は近衛信伊が就きました。ところが秀吉が左大臣となると近衛信伊の官位がなくなります。あとは関白に就くか一時的であれ降格人事となるしかないのですが、降格人事は「前例がない」と近衛信伊は強烈に抵抗し、二条昭実に関白を譲るように迫ります。しかし二条昭実も関白になったばかりなのでこれまた「そんなに早く辞めるのは前例がない」と強烈に抵抗します。そして二条昭実と近衛信伊の間で官位を巡っての争いごととなります。

生き馬の目を抜く戦国時代のサバイバル戦争を勝ち上がった秀吉はもちろん老獪な政治家でもありました。秀吉はこの二条家と近衛家の争いをまんまと利用しようとします。
官位を巡って揺れる公家衆に対し秀吉は、「だったら俺が関白になれば万事解決」とゴリ押しをします。はっきりいってメチャクチャな論理なのですが、当時から見ても800年も前の前例を引っ張り出してきたりして拡大解釈に拡大解釈を重ねてまんまと関白に就いてしまいます。

ですので元から関白にターゲットを絞ってそれを狙い撃ちしたというより、他人の争いごとにつけ込んでタナボタ式に手に入れたというのが真相に近いんじゃないかと思います。そもそも武家なのに関白ってのがおかしいといえばおかしいですからね。
そして本来であれば秀吉一代でしか就けなかった関白を豊臣家に代々継がせるために強引に秀次を関白に就けさせ、そしてそれが結局は豊臣家滅亡の一因ともなったのですから皮肉というしかありません。

家康の征夷大将軍についてはやはりその原動力となったのは謎の怪僧天海の影響が大きいみたいですが(三河武士は宮中のまつりごとに疎い人たちばかりなので)、しかし家康らしくオーソドックスな考え方に基づいているのではないかと思います。
すなわち、江戸(関東)に幕府を開くのであれば征夷大将軍が最も自然であるということです。その他の官位であれば、その政治的中心地は京都もしくはその周辺でなければなりません。政治的首都を関東の地にするのであれば征夷大将軍が最もふさわしいということになろうかと思います。

地位(官位)というものは、今も昔もしち面倒くさい様々なしきたりによって権威づけ(裏付け)がされているケースが多いです。例えば現代でもA銀行とB銀行が合併したAB銀行では頭取を旧A銀行から出したら次はB銀行から出すというようなたすき掛け人事が慣例になっているなんてのが珍しくありません。それで、旧A銀行系で不祥事が発生したので旧B銀行出身の頭取を二代連続で出そうとすると熾烈な権力争いが起きたりします。そういうもんなんですね。

朝廷の官位ってやつはかなりややっこしいところがありまして、それをまともに書けば本が一冊まるまる書けてしまいます。私もそれについてはあまり詳しくはないのですが、秀吉が関白についたというのは色々な事情が絡んでいるのは事実です。

実質的に天下人になった秀吉はその実力と資金力においては他の追随をまったく許しませんでしたが、唯一足りないのが(血統的な意味も含めての)権威でした。
で、当然しかるべき官位を求める猟官運動をしていたのですが、内大臣の地位までを得ることができました。んで、そ...続きを読む

Q徳川家はなぜ天皇家をつぶさなかったのか

徳川家はなぜ天皇家をつぶし、最高の権威を手に入れなかった

のでしょうか?

自分は徳川家が早い段階で天皇家を滅びさせていれば

明治維新は起きなかったのではないかと思っています。

徳川家は惜しいことをしたと思うのですが、やはり天皇家は

日本人にとって切っても切れない存在だったのでしょうか?

Aベストアンサー

ヨーロッパの王権神授説は有名ですが、中国でも漢民族の王朝の交代
に際しては、武力による旧王朝の打倒であれ家臣や姻族による簒奪で
あれ、タテマエだけでも禅譲という形式を取ったります。徳を失った
皇帝が徳のあるものに権力を譲るという「形式」ですね。イスラムは
宗教と王権が合体?していますね。前の方々も述べられているように、
要は、武力や経済力による実効支配だけではダメなんですね。

日本の場合、天皇からの権力の委任という形を取っているのが特徴で
すね。ですから、天皇家をつぶす為には、天皇に代わる権威(支配の
正統性)が必要なのです。徳川に限らず、結局のところ、力では圧倒
しても、天皇に代わる権威を見出せず、実行できなかったのだと思い
ます。

平家は都落ちに際し安徳天皇を拉致?しますが、京都には天皇家の家
長である後白河院が健在であったため、焼け石に水。
承久の乱では、北条義時が天皇家の家長である後鳥羽院の島流しを敢
行しますが、北条得宗専制ですらまだ始まってはおらず、あまりにも
時期尚早。天皇を頂点とする公家勢力・寺社勢力の息の根を止める以
前に、まだそれ以下の鎌倉「将軍」の権威で武士の統合が必要な時代。
元弘の乱の後醍醐天皇の配流と、建武新政崩壊後の南朝への攻略は、
持明院・北朝の存在を前提としたもので、天皇家抹殺の意図なし。
足利義満による皇位簒奪計画という学説もありますが、事実だとして
も未遂。
織田信長が将軍や関白などの官職を受ける意志がなかったとすれば、
どのように権威(支配の正統性)を樹立するつもりだったか、興味深い
ところ。信長自身の神格化?がそれという説も。
豊臣秀吉は天皇を中国に移し、自分はインド方面まで手を伸ばすつも
りだったとか。天皇を一国王としての地位に留め、その地位を保証す
る世界皇帝になることで、天皇を超えようとしたという説も。
で、本題の徳川家ですが‥
徳川家康の場合は、京都や大坂を掌中に置くのに時間がかかり過ぎ、
短期決戦できなかったのがネックでしょう。家光の代までに幕府も安
定し、禁中並公家諸法度などで従来の権門(公家・寺社)を幕府の法制
下に置き、武家官位と公家官位を分離するなど、色々と手は打ってい
るようですが‥
でも綱吉になると、生母桂昌院に従一位を貰って喜んでみたり‥
そうこうしているうちに将軍の継承問題、そして改革と挫折の連鎖の
時代となり、天皇家に構っている余力はない‥ 要は支配の正統性の
問題は、権力を握ったらすぐに手を打たないと、手遅れになるという
ことですね。

あと、蛇足ではありますが、源・平・藤原・豊臣などの「氏」が、
日本の場合天皇から与えられるという性格を持つという点も、天皇制
存続に関して何らかの意味を持つのかもしれません。平清盛・源頼朝
・平(北条)義時・源(足利)義満が姓を自分で決めて自称せず、織田信
長・徳川家康が源・平姓を名乗り、羽柴秀吉が豊臣姓を貰って喜んで
いるうちは、天皇の風下に甘んじるという一面を持ちます。もっとも、
姓を自分で決めて自称するとか、姓を捨てて天皇家と同じ無姓となる
という発想自体が、思考力の枠を超えるものでしょうけど。でも、信
長あたりは長生きしていたらやっていたかもしれないし‥

ヨーロッパの王権神授説は有名ですが、中国でも漢民族の王朝の交代
に際しては、武力による旧王朝の打倒であれ家臣や姻族による簒奪で
あれ、タテマエだけでも禅譲という形式を取ったります。徳を失った
皇帝が徳のあるものに権力を譲るという「形式」ですね。イスラムは
宗教と王権が合体?していますね。前の方々も述べられているように、
要は、武力や経済力による実効支配だけではダメなんですね。

日本の場合、天皇からの権力の委任という形を取っているのが特徴で
すね。ですから、天皇家をつぶす...続きを読む

Q征夷大将軍と太政大臣の差

中学の歴史の勉強をしているんですが
平清盛が太政大臣になり そして 源義経によって殺害され 
源頼朝が 征夷大将軍になり、鎌倉幕府を開きました

そこで 幕府を開いた 征夷大将軍の方が 太政大臣より 上の身分なの? 
と 思ったので 調べてみたら 

とんでもない 太政大臣の方が 上の方だよ

と書いてありました

じゃあ もし 同じ時間に 源頼朝が 征夷大将軍で 平清盛が 太政大臣で
源頼朝が 鎌倉幕府を開いても 平清盛の方が 身分は上なのですか? 

ハチャメチャな話ですみません

Aベストアンサー

なるほど。面白い質問ですよね。とてもいい疑問だと思いますよ。

征夷大将軍→武士で一番上の位。つまり武士のボスです。
太政大臣→これは貴族社会の高い位です。

つまり、単純には比べられないのです。
A中学校の校長先生とB高校の校長先生はどっちが偉いか、というのと同じですなのです。

そして、覚えておいてほしいのはここからです。
貴族社会(中学生なら平安時代とおぼえておいていいです)で、
「俺たち貴族の領地を荒らす者が出てきたぞ!そうだ!武に長けた者を雇うよ!」
ということになって、雇われたガードマンの役目をしたのが武士のはじまりなんです。
貴族が雇い主、武士は雇われる人、こういう風に覚えておいて下さい。

そうすると、貴族社会の高位である太政大臣と、雇われ人の武士のボスである征夷大将軍では太政大臣のほうが偉い人、ということになりますよね。

最後に、あなたのいうような、「清盛と頼朝が同時に存在したらどっちがえらい?」
という質問に答えると、太政大臣にあった清盛が上、ということになるのです。

Q江戸時代、藩がどう分布していたかがわかりやすい日本地図を探しています。

たとえば、
今の山口県のあたりには長州藩があり、藩主は毛利家
ということが見てわかりやすい日本地図を探しています。
そのような地図がおいてあるサイトをご存知の方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

江戸時代初期は大名の取り潰しが多かったので、いつの時代が必要なのか難しいですが、一応300藩と言うことで参考URLをご覧ください。
地方ごとに分かれています。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

Q天皇陛下は家康・信長・豊臣家の子孫?

ニコニコ動画には、「天皇陛下の御先祖様を16代前まで遡ってみた」
というのがあって、それによると現在の皇室は、織田信長・徳川家康・
豊臣秀吉(の母)の子孫であるとの事だそうです。
だとすれば、現代の皇室は日本史オールスターですね。

残念ながら、どういうわけか私はこの動画を見る事が出来ないんですが
皇室が上記の人物の子孫だというのは、どういう流れになるんでしょうか?

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4182383.html
ちなみに天皇が徳川家康の子孫という部分はちょっと違うという
指摘があるようです。(他のルートで繋がっている可能性は大ですが)

Aベストアンサー

血は流れていますね。
大名と公家は色々と婚姻関係を結びますので、その関係で色々と有名な人の血が流れたりします。
だから色々なルートで繋がったりします。
そのニコニコ動画とやらは見ていないので知りませんが、以下のようなルートで繋がってたりもしてます。

まず織田信長ですが・・・
信長の次男「信雄」という人がいまして戦国時代を生き延び5万石の大名となります。
その「信雄」には子供がたくさんいまして、その四男「信良」は小幡藩藩主となります。
その「信良」の娘が、臼杵藩第四代藩主の「稲葉信通」に嫁ぎます。
そして次の第五代臼井藩藩主になる「稲葉知通」を産みます。
その「稲葉知通」の子「稲葉恒通」が臼杵藩第六代藩主になります。
その「稲葉恒通」の正室(お嫁さん)になったのが徳川家康の血筋の女性です。

ここで、ちょっと話を置いて、徳川家康に行きますが・・・
徳川家康の次男に「結城秀康」という人がいまして福井藩藩主となります。
この人も子供がたくさんいまして、その六男「松平直良」が大本藩藩主となります。
その「松平直良」の三男「松平直明」の娘が、臼杵藩第六代藩主「稲葉恒通」の正室(お嫁さん)になりました。

そして臼杵藩第六代藩主「稲葉恒通」と、その正室(お嫁さん)の間に娘が産まれます。
つまり、ここで「信長」と「家康」の両方の血をひく子供ができたわけです。
この娘さんが、公家の勧修寺家の当主「勧修寺顕道」に嫁ぎます。
そして跡継ぎの「勧修寺経逸」を産みます。
その「勧修寺経逸」の娘「勧修寺ただ子」が、第119代天皇である光格天皇に女官として仕え、後に光格天皇の子供を産みます。
その子供が第120代天皇になった仁考天皇です。
ここで「徳川」「織田」の血が天皇家に入りました。
そして第121代の考明天皇、第122代の明治天皇、第123代の大正天皇、第124代の昭和天皇、そして現在の天皇陛下へと血は繋がっていきます。メデタシ、メデタシ。


豊臣家の場合は・・・
秀吉には、「日秀」という実姉がいました。
この「日秀」が結婚し「秀勝」という子供が産まれます。
この「秀勝」を秀吉が養子にしたりしますが、それは置いておいて・・・
その「秀勝」が結婚し娘が産まれます。
この娘「完子」が公家の名門「九条家」に嫁ぎ、その跡継ぎを産みます。
そして時は流れて・・・
第123代天皇の大正天皇に九条家の娘さんが嫁ぎます。
そして第124代の天皇となる昭和天皇が産まれました。
つまり、ここで「秀吉」の姉の血が天皇家に入りました。
そして現在の天皇陛下へと血は繋がっていきます。メデタシ、メデタシ。

「織田」と「徳川」なら探せば他にも繋がってるルートが複数あると思います。はい。

血は流れていますね。
大名と公家は色々と婚姻関係を結びますので、その関係で色々と有名な人の血が流れたりします。
だから色々なルートで繋がったりします。
そのニコニコ動画とやらは見ていないので知りませんが、以下のようなルートで繋がってたりもしてます。

まず織田信長ですが・・・
信長の次男「信雄」という人がいまして戦国時代を生き延び5万石の大名となります。
その「信雄」には子供がたくさんいまして、その四男「信良」は小幡藩藩主となります。
その「信良」の娘が、臼杵藩第四代藩主の「稲葉信...続きを読む

Q公家とは?

武家は武士の家ですよね?
公家は何の家なのでしょうか?
小学生でもわかるレベルで教えてください。ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

武家はお侍さんたちです。ちょんまげで刀持って、どちらかと言うと「ござる」な感じの人達です。どちらかと言うと、幕府側の人たちになると思います。

公家は、天皇や天皇に近い人達などです。「~でおじゃる」なんかを使ってたりします。朝廷側の人たちですね。

Q最初の天皇はなぜ誕生したのか?

初代天皇は、どういう経緯で出来たのですか?
神武天皇は、国王(日本で一番偉い人)みたいなものだったのですか?

Aベストアンサー

実はそのことについてわからないので困っているんです。
というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。
神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたのであろう。と予測する立場があるんですね。
ですから国家や天皇の成り立ち自体はよくわかっていない中で、神話などの古伝承から国家や天皇の成り立ちを整合性を以って説明できるのでは?と目下奮闘中といった人々もいる。とのあり方が現況では一番進歩が見られるスタンスであり、逆にそのような暗中模索な状況こそが、現在の学界における日本国家成立の研究、ないし天皇支配の淵源の研究などの現状だと思います。

そして天皇(大王)を中心とした国家といった概念が表れたであろうとされるのが、いわゆる4世紀の古墳時代と呼ばれる時代であったことは、考古史料から、特に前方後円墳などの規格性の強い墓制の出現で見当がつきつつあるのですが、そこの詳しい実態は、日本はもとより、3世紀段階における日本の国情を伝えた古代中国の史書などが4世紀時点ではないためよくわからないんです。いわゆる「謎の4世紀問題」ですね。

いずれにせよ『魏志』倭人伝などの記述から、卑弥呼が活躍する前後(3世紀)にあっては「倭国大乱」と評価できる内戦状態が、その規模は別として事実あったのでしょうね。もちろんその戦闘状態は天皇の出現と無関係であるとも思えないんです。その様な中、詳しい経緯はわかりませんが、倭国大乱と呼ばれる混沌とした戦乱の世にあって、統一的国家としてのヤマト政権を樹立するだけの武力ないし交渉力が、4世紀段階における天皇(大王)の祖先にあったことは疑う余地はないのかな?と思いますし、考古史料などが語る結果から帰納法的に糸を手繰りつつ明らかにしようと試みている、3世紀から4世紀にどのような経緯で歴史がつながるのか?といった問題は、識者はもとより僕に限らず古代史に興味を持つ者が一番知りたい部分なのです。

ですから率直に申し上げれば「初代天皇は、どういう経緯で出来たのですか?」という質問については「こっちが知りたい部分です」といった頼りない回答になり、せっかくのご質問に明確にお答えできないことを心苦しく思いながらも、現状をご理解いただければありがたいと思う次第です。

実はそのことについてわからないので困っているんです。
というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。
神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたの...続きを読む

Q関白秀吉と朝廷

秀吉が関白となったことにより戦国の乱世は治まりましたが、京の公家衆は秀吉のことをどう考えていたのでしょうか?

百姓・足軽階層出身の秀吉が天下人(それも将軍ではなく関白に)となったことに反発のようなものはあったのでしょうか?

Aベストアンサー

木曽義仲も 一時の 支配者
織田信長も 一時の 支配者
秀吉はんも そないなものでしょうなぁ
で、奪われていた荘園は戻らなかったけど、領地を確保してもらったし、まぁ、、、
そのうち おさるさんも いのーなりまっしゃるでっしゃろな

なんて くらいで たいしたことは 思ってない


人気Q&Aランキング

おすすめ情報